グラスサウンドスピーカー 「LSPX-S3」特徴・海外のレビュー「ノーとは言えない」 

LSPX-S3 スピーカー

有機ガラスが奏でるリアルでクリアなサウンド

LSPX-S3

有機ガラス管を震わせて音を出し、リアルでクリアな音色と、イルミネーションLEDの柔らかな光で空間を満たすBluetooth対応のグラスサウンドスピーカー
グラスサウンドスピーカーは、本体の有機ガラス管から水平方向に音が広がります。離れた距離で聞いても音の減衰が少なく、目の前で生演奏を聴いているかのような空間を創出します。

プレスリリースはこちら

 

ソニー直販ストア

グラスサウンドスピーカー NEW
LSPX-S3 メーカー保証内容<3年>付き
⇒現在の納期・価格を見る

⇒ソニーストアで購入するメリット

特徴

リアルでクリアな音を奏でるスピーカー構造

透明な有機ガラス管は高域を再生するトゥイーターになっており、中央に配置されているウーファーからは中低域を再生します。スピーカー下部のパッシブラジエーターが低域を増強し、豊かな低音を実現。クラシックやジャズはもちろん、ボーカルの入った曲など幅広いジャンルの曲をスピーカー全体から広がる高音質で楽しめます。

 

くつろぎの空間を演出するあたたかな光

キャンドルのような柔らかな光が心地よい空間を演出します。LEDの明るさは、32段階から部屋の雰囲気やお好みに合わせて調整が可能です。本体のタッチセンサーでライティングのオン/オフや輝度の調整、「キャンドルライトモード」の選択ができます。キャンドルのように揺らぐ「キャンドルライトモード」では、光を「強中弱」から設定できるほか、音楽に連動させることも可能。音と光に包まれる贅沢なひとときを楽しめます。

 

インテリアになじむ洗練されたデザイン

空間にすっと溶け込むようなスタイリッシュなデザイン。LEDレンズ部分の形状を工夫することで接地面にできる光の影の面積を小さくしており、光の雰囲気を最大限お楽しみいただけます。また、ボディ表面のミネラルシルバーは、金属感と鉱物のような柔らかい輝きを持つ粒子を組み合わせた滑らかな触感です。よく使用するボタンは本体側面に配置し、それ以外のボタンは本体の底面に配置することで、洗練されたシンプルな外観を実現しました。

 

ハンズフリー通話機能

スマートフォンやタブレット・PC等と接続して快適に通話(*)を楽しむことができます。マイクを最適な配置にしたことで、自分の声をより鮮明に収音し、相手にクリアな声を届けることができます。また、オンライン会議で発生する不快なハウリングやエコーを抑え、音途切れのない快適な通話を実現します。

 

快適な使い心地を実現する様々な機能

無料アプリ「Music Center」対応で、LEDの明るさやライティングモードの選択、低域を強化する「ベースブースター」の設定など、自分好みにスピーカーをお使いいただけます。また、2台接続してステレオ再生が楽しめる「Stereo Pair」(*1)や最大100台まで接続して音楽再生可能な「パーティーコネクト」(*2)(*3)にも対応しています。

*1 本機を2台ご用意いただく必要があります。「Stereo Pair」機能使用時、Bluetooth対応コーデックはSBCのみ使用可能です
*2 対応機種のみ(対応機種:LSPX-S3/SRS-XG500/SRS-XP500/SRS-XB43/SRS-XB33/SRS-XB23)
*3 LSPX-S3/SRS-XG500/SRS-XP500/SRS-XB43/SRS-XB33/SRS-XB23で組み合わせた場合
※ 映像と音声が若干ズレる場合があります
※ Bluetooth対応コーデックはSBCのみ使用可能です
※ 無料アプリ「Music Center」で設定が可能です

 

リアルでクリアな音を奏でるスピーカー構造

透明な有機ガラス管は高域を再生するトゥイーターになっており、中央に配置されているウーファーからは中低域を再生します。スピーカー下部のパッシブラジエーターが低域を増強し、豊かな低音を実現。クラシックやジャズはもちろん、ボーカルの入った曲など幅広いジャンルの曲をスピーカー全体から広がる高音質で楽しめます。

 

水平に音が広がる「サークルサウンドステージ」

有機ガラス管全面から高域・中域・低域が水平方向に均一に広がる独自の音響構造で、離れた距離で聴いても高音質で楽しめます。通常のトゥイーターは指向性が狭く、スピーカーから離れるほど聞こえにくい特性がありますが、グラスサウンドスピーカーは有機ガラス管全体が縦に長い円筒状の振動板であるため、距離による音の減衰が少ない特長があります。そのため、目の前で生演奏が行われているようなリアルな音が部屋を満たします。

 

生演奏のようなリアルな音を再現する技術「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」

弦楽器や打楽器を物理的に指ではじいたり、叩いて音を出すのと同じように、加振器が有機ガラス管(振動板)の端面を叩き、振動を有機ガラス管全面に伝えます。音の出し方の原理が楽器に近いことで、楽器の質感描写に優れ、人の細かな息遣いまでもリアルに再現することを可能にした、ソニー独自のスピーカー駆動技術です。さらに、加振器を支える土台に亜鉛合金を採用することで、クセや歪みの少ない高音質を実現します。

 

 

明瞭で豊かな低域を実現する「パッシブラジエーター」

低域を効果的に増強する「パッシブラジエーター」をスピーカー下部に配置。パッシブラジエーターのエッジにはソニー独自の技術のノッチ形状を採用し振幅動作を最適化し、明瞭で豊かな低域を再現します。音楽のジャンルやお好みに合わせて無料アプリ「Music Center」から低域を強調する「ベースブースター」をON/OFFすることができます。

 

圧縮音源を原音により近い音で再現「DSEE」

圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完しクリアに再現する「DSEE」。音楽配信サービスなどの圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生します。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聴き疲れしにくい自然な音で楽しめます。

 

デジタルアンプ「S-Master」

ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術「S-Master」を搭載。音声信号をデジタル処理することにより、音のひずみを抑制。小音量から大音量までどのボリュームレベルでも、クリアで臨場感あふれるサウンドを再現します。また、高効率なスイッチング方式の採用により発熱が少なく、アンプ部の小型化が可能になりました。

 

 

幅広い音声コーデックに対応

高音質コーデック「LDAC(TM)」に対応。従来比、最大約3倍(*)の情報量でBluetooth高音質再生を実現。また、iPhoneの高音質コーデックAACにも対応しているから、iPhoneに保存された音楽も高音質で楽しめます。

 

 

くつろぎの空間を演出するあたたかな光

キャンドルのような柔らかな光が心地よい空間を演出します。LEDの明るさは、32段階から部屋の雰囲気やお好みに合わせて調整が可能です。本体のタッチセンサーでライティングのオン/オフや輝度の調整、「キャンドルライトモード」の選択ができます。キャンドルのように揺らぐ「キャンドルライトモード」では、光を「強中弱」から設定できるほか、音楽に連動させることも可能。音と光に包まれる贅沢なひとときを楽しめます。

※ ライティングはタッチセンサーもしくは「Music Center」から設定できます

 

インテリアになじむ洗練されたデザイン

空間にすっと溶け込むようなスタイリッシュなデザイン。LEDレンズ部分の形状を工夫することで接地面にできる光の影の面積を小さくしており、光の雰囲気を最大限お楽しみいただけます。また、ボディ表面のミネラルシルバーは、金属感と鉱物のような柔らかい輝きを持つ粒子を組み合わせた滑らかな触感です。よく使用するボタンは本体側面に配置し、それ以外のボタンは本体の底面に配置することで、洗練されたシンプルな外観を実現しました。

 

 

Bluetooth(R)でワイヤレス

Bluetooth標準規格Ver.5.0に準拠。Bluetoothに対応したスマートフォンやウォークマン(R)、タブレットなどとペアリングすることで、音楽・映像をワイヤレスで再生したり、ハンズフリーで通話をすることも可能(*)。Xperia(TM) やiPhoneなどのスマートフォン、タブレットなどで音楽を聴きながら、手もとでインターネットやゲーム、SNSなどのアプリケーションを楽しめます。

 

 

音楽を楽しむ

スマートフォン、iPhone、ウォークマン(R)などに保存した音楽やストリーミングの音楽をワイヤレスで高音質にしかも快適に楽しめます。

 

 

動画を楽しむ

スマートフォンでYouTube(TM)などの動画やワンセグ放送の音声をワイヤレスで高音質にしかも快適に楽しめます。

※ 映像と音声がずれる場合があります

 

ゲームを楽しむ

スマートフォン、タブレットでダウンロードしたゲームの音声をクリアなサウンドで楽しめます。
※ 映像と音声がずれる場合があります

 

電話を楽しむ

スマートフォンとBluetooth接続し、ハンズフリー通話を楽しめます。リラックスしながら、友人や家族との電話をすることができます。
※ 接続するBluetooth機器が、HFP(Hands-free Profile)またはHSP(Headset Profile)に対応している必要があります

 

マルチデバイスコネクション

最大2台まで同時接続可能。複数人でもスムーズな楽曲変更ができます。

 

 

約8時間のバッテリー駆動

充電式のバッテリーを内蔵。約5時間(*1)の充電で、約8時間(*2)連続して音楽を再生できます。リビングでみんなで囲んで音楽を楽しむのはもちろん、コンパクトなサイズなので寝室など部屋の様々な場所に持ち運んでリラックスしながら音楽を楽しめます。
*1 周囲の温度や使用状態により、上記の時間と異なる場合があります
*2 Bluetooth(R)接続時。イルミネーション輝度:Level 16(最大32)、サウンドモード:ベースブースターオフ、音量: Level 41(最大50)で使用の場合。音量や再生楽曲、周囲の温度や使用状態により、記載の時間と異なる場合があります

 

LSPX-S3とLSPX-S2の違い

LSPX-S3はBluetooth(Ver.5.0)のみ、LSPX-S2はWi-FiとBluetooth(Ver.4.2)を搭載

LSPX-S2はオーディオ入力端子(ステレオミニジャック)ありますが、LSPX-S3はなしです。

価格はLSPX-S3 38,500円(税込)、 LSPX-S3 44,000円(税込)
※ソニー直販(ソニーストア) 2021年11月3日時点価格です。さらに割引あり

 

海外のみなさんのレビュー


2021年12月21日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


スタイル

これは非常に特殊なニッチ向けのスピーカーで、クリアで低音が多すぎず、スタイルの良いバックグラウンドサウンドを求めている人向けです。

友人や妻と食卓で食事をするときに使います。
私はそれをそこに乗せ、スピーカーキャンドルの光モードと素敵な音楽のボリュームであなたにロマンチック/居心地の良い気分を与えます。
とにかく美しく、会話のきっかけになる。 2021-12-13


返品には20%の返品手数料がかかります

返品には20%の返品手数料がかかります。不良品でも。 2021-12-05


ノーとは言えない

これは私に素晴らしい経験をさせてくれたスピーカーです。
音質は最高、照明はさらに素晴らしい!
なんと素晴らしいソニーの傑作でしょう!
音楽に合わせて光が踊っていると、とてもロマンチックでエレガントです。 2021-11-29


LDACによる見事なエレガンスとプレミアム音質

そのスタイルは市場では無敵です。
一見しただけではBluetoothスピーカーとは思えません。
RGBライトにはうんざりです。
筒に入ったキャンドルライトは温かみがあり、落ち着いています。
私の計画はBose SoundLink Revolve 2かSoundLink miniでした、LSPX-3から目が離せませんでした。
チューブは有機ガラスでできているので、そんなにもろいものではありません。
ベースが重いので安定しています。
2匹の猫が壊わす心配はありません。

音質は期待以上です。私はBose SoundLinkマイクロを持っています。
Boseのようなバランスの取れたサウンドプロファイルが好きです。
LSPX-3はバスをそれほど強調しませんが、サブウーファーのような振動を感じることができます。
ピアノソロを弾くときには、非常にサクサクとした響きで多くのディテールを表現します。
ショパンのノクターンを弾くと胸がいっぱいになります。

最高のパフォーマンスを得るには、デバイスにLDACコーデックを使用することを忘れないでください。
Pixel 4 a (5 G) とiPad Pro 12.9 (2020) で、YouTube Music Appを使って試してみました。
Pixel 4 a (5 G) はLDACを搭載しているため、明らかな勝利を収めている。 2021-11-28


スタイリッシュでエレガントなデザイン

-スピーカーは間違いなくとてもスタイリッシュでよくできています。ベースが小さくて重い高層がとても上品
-キャンドルスタイルが好きだった私はこれをキッチンとダイニングエリアに持っていて、そこがこれを保管するのに最適な場所だと思います。キッチンやダイニングスペースが広い場合に便利です
-音質が良い
-Bluetooth接続で使いやすく、Bluetooth接続は正常に動作する
-設定を調整するアプリが付属していませんでした。マイクはあまり役に立たない
-価格は私が予想していたよりも少し高いです。 2021-11-10


今まで持っていた中で最も美しいスピーカー。

これは、私がこれまでに見た中で最も美しいスピーカーです。
あなたの家に来る人は誰でも、最初は水パイプみたいだと言ったり思ったりしますが、私は気にしません。
なぜなら、それは美しい水パイプのようなスピーカーだからです。
キャンドルライトがとてもよく見えます。
オールメタルのベースはとても重くて丈夫です。
Bluetoothは常に迅速かつスムーズに接続できます。
音がとても澄んでいてクリアです。

しかし、いくつか小さな問題があります。
音量が大きいとバッテリーの持ちがかなり短く、8時間近くは無理だと思います。
私はチューブが壊れることをとても心配していますし、それを持って旅行したり、動かしたりするつもりは絶対にありません。
指紋もかなり悪く見えるからです。
低音はかなり良いですが、他のスピーカーがこの価格帯で提供しているような深みのある低音は間違いなくありません。
音質は全体的に非常に良いですが、チューブのデザインも音の要素になっているので、高・中・低の音が他のスピーカーとは少し違うと思います。
高音と中音は、弱いがパンチの効いた低音よりも目立つようです。 2021-11-03


複雑な気持ち

かなり試してみました。最近ソニーの製品がたくさん出てきましたが、私にとっては本当に当たり外れでした。
昨年の私のSonyのレビューを見てみると、星1~2個のレビューが多く、星4~5個のレビューが多く、頻度はほぼ同じだった。

私がこのS 3に興味を持った理由は2つある。
まず、私がソニーから持っている他のいくつかの360度サウンド製品は私にとってヒットで、同じ品質を望んでいました。
2つ目は、とてもユニークなデザイン!
私の夢は、これをテーブルの上に置いて、みんながそれを見世物か飾りだと思って、それからブーム!
ソニー360のサウンドでみんなを圧倒!

もう1カ月近くもこれを経験しているので、そのことについては複雑な心境です。
デザインから始めましょう。ええ、かっこいいですね。
でも、ボング(水パイプ?)のようにも見える…そんなかんじ。
ある姉妹に指摘されるまで気づかなかったことです。
かっこいいですが、私には子どもと犬がいます。
1週間ほどエンドテーブルに座って何度も電話をかけた後、私はようやく敗北を認め、リビングルームとキッチンの間にある棚にこれを置きました。
これは決して子ども向けではありません。
私もこれを買う前にビデオを見て、それを家のあちこちに持ち歩く夢を見ました…それはガラスではあまり良い考えではありません。
それで、私のは持ち歩きません。

音質については、他のスピーカーと同様に360のサウンドが得られますが、それほど顕著ではありません。
音質は良く、かなり良いですが、期待していたほど素晴らしいものではありません。

全体的に、私はこれを理解するのに苦労しています。
小売価格では申し訳ありませんが、私はそれを買うこともお勧めすることもないと思います。
もしそれが半分なら、子供やペットがいない限り、イエスと言うだろう。
ビデオが示唆しているように、家の中や外に置いて使うと壊れてしまうガラスの無料交換品をソニーが提供しない限りは無理だ。
私はあなたが今までとは違うことをして、ソニーの新しいことを試したりするのが好きです、でもこれだとは思わない… 2021-11-02


美しいデザインだが低音が不足

このソニーGlass 360スピーカーのほとんどすべてが本当に好きです。
スピーカーというよりも、キャンドルのような装飾のようで、見た目は素晴らしい。
音楽に合わせて点滅するはずだった「ろうそく」モードは、リズムに合わなかったようですが、それでもクールでした。
私はそのガラスの自然な外観が好きだ。
設定も超簡単でした。
ただ、その音には感心しません。
部屋をきれいに埋めてくれますが、スピーカーの質が足りないようです。
私はこれをリビング/ダイニングルームに置いていますが、キッチンにBose Soundlinkがあり、私の意見では音質に大きな違いがあります。
ソニーはBoseのように低音が苦手なようだが、中音と高音ではどちらも良いです。
その価格では、私が聞いているものよりもずっと高い音質が期待できます。 2021-10-26


ユニークなデザイン、このスピーカーで素晴らしいサウンドと雰囲気

このスピーカー、クール!
美的に美しく、雰囲気のある照明と豊かな音の空間に優雅さと禅の趣を加えています。
私は瞑想室で使うのが好きですし、調整可能なリラックスできる光源があることが大好きです。
音は360で、部屋をきれいに埋めます。
低音は、私が持っている他のPARTYスピーカーをベースにしたソニーで期待していたものよりも軽くなっていますが、これはもっと控えめな雰囲気のためのものだと理解しており、それに応じて使用しています。
歌やクラシック、ジャズを聴くのが好きです。
スピーカーはかなり高価ですが、とても満足しています。
おすすめです。 2021-10-23


美しい形状と絶妙な音質

ソニーはまたやりました。
非常にユニークなガラススピーカーの第3世代です。
今回はコンパクトになり、価格も安くなりました。
私は前世代のスピーカーを持っていないので比較できませんが、今では私のお気に入りのニアフィールドクリティカルスピーカーになりました。

本題に入ります。
キャンドルライトの機能はあまり気にしません。
私は決して使わない仕掛けです。
これは、素敵なダイニングルームやリビングルームにムード照明やスピーカーを使うためのものだと理解しています。
もともとは同じことをしようと思っていたのですが、職場のデスクで聞いて、そのままにしておくことにしました。
なぜ? 音が絶妙!

ソニーは現在、さまざまな360度スピーカーを開発中です。
他のダイナミックスピーカーにはあまり感心しませんでしたが、このガラススピーカーは本当に素晴らしいです。
それは私の頭から約2フィート離れた職場の机の上にあります。
いろいろなジャンルの音楽を試してみましたが、特に楽器が1つか2つしかない場合は、高音質のアコースティック楽器を演奏すると本当に光ると思います。
ソロボーカルにも向いています。
私の他のスピーカーと比べて、近距離のリスニングは全く疲れません。
スピーカーは、バイオリンのソリストから録音されたすべての詳細を、すべてのノイズなしで表現することができます。
目を閉じると、楽器のすぐ隣にいるような感覚になります。
とても自然で美しいですね。
フルオーケストラが演奏を始めると、それほどいい音ではありません。

このスピーカーは私が上に挙げた音楽ジャンルを聴くのに使う特別なスピーカーだと思います。
私はそのリストを拡大できるか引き続きテストしてみます。

スピーカーはベースで最善を尽くし、それなりの仕事をしますが、ダイナミックスピーカーは小さく、それだけのことしかできません。

このスピーカーがバッテリーで動くのが気に入っています。
とても重いですが、持ち運びに便利です。
しかし、表面のほとんどが滑りやすいので持ちにくいです。
キャンドルライトのクリアシリンダーはプラスチック製です。
ガラスのような高品質プラスチックなので、触らないようにしています!

将来的には、両方のスピーカーを同期してステレオを再生できるように、もう1台購入したいと思っています。
モノラルでも、素晴らしいサウンドのスピーカーです。 2021-10-21


とてもスタイリッシュなBluetoothスピーカー!!

このソニーのスピーカーは私の期待を超えていました。
インターネットで初めて写真を見ましたが、ああ、これはなんて形ですか、とても特別で面白いです。
受け取ってみると、見た目の美しさだけでなく、音質もとても良い、とてもファッショナブルな製品であることがわかります。
「ろうそく」や「煙突」と同じように、予想以上に重かったし、透明なのはオーガニックガラスのチューブで、予想以上に重かった!
ソニーのシステムはセットアップがとても簡単で、私たちの携帯電話と簡単に組み合わせることができます、また、私はSony Music Center APPを使用して、スピーカーのすべての側面を制御することができます(音量、照明、スリープタイマー、電源)。
すべての機能はスピーカー本体のボタンでも操作できます。
LSPX-S 3のサウンドは360度のサラウンドサウンドで優れており、音質も非常にクリアです! 2021-10-19


はるかに安くなっていますが、全モデルより劣っています

これは頭を搔かせる物です。
昨年、私はLSPX-S 2を試す機会を得ました。
550ドル前後の小売価格で販売され、ソニーの上層部の誰かが本当に奇妙な賭けに負けた結果のように思えた、素晴らしくも完全に不可解なスピーカーです。
その後継者のように、それはまったく不必要なもので、世界に居場所のないスピーカーでした。
それは奇妙に見え、非常に壊れやすいように見え、ジャズやクラシックを演奏するときだけ音質が本当に優れていた。
中音はややぬかるみ、低音は弱弱しかった(それでもスピーカーは、私の音楽を完全に無視して、すべての低音スを下に向けたかのように私の机を揺らした。

馬鹿げた無意味なスピーカーでしたが、それでも私はそれが大好きで、私のオフィスでは今でもコメントを集める場所としての誇りを持っています。
そのため、LSPX-S 3をテストする機会が生まれたときには、 「はい」 と答える前に考える必要はありませんでした。結果は?うーん…

もう一度言うが、このスピーカーは完全に無意味です。
あなたはそれを*必要*しない、と私はあなたに約束します。
もっといいオールラウンダーを安く買うこともできるが、その価値を考えれば最新モデルの小売価格の方がはるかに手頃だ。
旧モデルより200ドルも安くなっています。
デザインが少し簡素化されているので、それ以上のことはわかりません。
LSPX-S 2の細くて繊細なネックは信じられないほどエレガントでしたが、今回はガラス管がベースからずっと手間をかけて伸びています。
見ても面白くないスピーカーだ。

私の訓練を受けていない耳には、音は前のモデルとほぼ同じ品質で、それはかなり良いと言うことです―そして、特定のジャンルを聞くときには非常に良いです―しかし、クラスを一気に打ち負かすことはありません。
より高性能なスピーカーが半額で手に入ります。

前モデルと同様に、この奇抜で無意味な「酔っぱらったときにデザインコンパートメントでできることを見てください」スピーカーの欠点の大部分は、見た目が素晴らしいことと、ガラスから出る音の斬新さにいまだに魅了されていることを理由に、あえて脇に置いておこうと思うが、簡単には許せない機能が1つ欠けています:外部入力がないことです。
LSPX-S 3はBluetooth経由でのみ接続できます。

もちろんこれは熱心なオーディオ愛好家のために設計されたスピーカーではありませんが、彼らの真骨頂であるオーディオ愛好家は、外部入力がなくてもハイエンドスピーカーを受け入れることはできません。以前のモデルには1つありました。
それがないのはささいなことではない。
つまり、最も高価なSpotifyサブスクリプションの料金を支払うときは、Bluetooth接続を介してその忠実度の高い音楽を再生する必要がありますが、これは間違っていると感じます。

不合理で、不必要で、素晴らしくて、馬鹿げているので、この4つ星を付けます、しかし、失望を隠すことは出来ません。
価格が大幅に下がったのは良いことだが、デザインが比較的落ち着いていて、外部入力がないのは、口当たりが苦いです。
私はLSPX-S 2を日常的に使用するオフィスに置いていますが、この「アップグレード 」は予備の寝室で時々使用します。 2021-10-17


音は大丈夫ですが、「キャンドル」デザインは分からない

通常、このようなものが配送されると、充電済みですぐに使えるようになります。今回はそうではありません。
これが普通かどうかはわかりませんが、試す前に一晩充電しなければならなくなりました。
セットアップのペアリングは思った通り簡単で、サイズが小さくサブウーファーがないのが嬉しいです。
でも、それはニアフィールドだけです。
スピーカーからわずか4~5フィート (約3~5メートル) 離れるだけで、音量だけでなく音質にも大きな違いがあることがわかりました。
大きな部屋を大きな音で満たすことを期待してはいけない。
しかし、コンピュータワークステーションの机の上に座っているのは素晴らしいことです。
電子キャンドルのデザインが気になりました。
正直なところ、音楽体験に何かを加えるべきかどうかわからない。
暗い部屋の中のロウソクの効果に近いものとは思えません。
ろうそくの炎を模したものを期待していたのですが、そうではありませんでした。
パーソナルスピーカーとしては十分だが、キャンドル効果を期待して買う人にはおすすめできない。 2021-10-13


美しいスピーカー!

Sony LSPX-S 3 ( 「S 3」 ) は、音が素晴らしく、美的にも魅力的な (可愛らしいとさえ言える) オーディオアートワークです。
他の特殊なオーディオ機器と同様に、1つのスピーカーシステムですべての人を満足させることはできません。
S 3はアンビエントオーディオ、バックグラウンドオーディオ用に設計されており、ユニークな装飾品として設計されています。
S 3はサイズが小さいにもかかわらず、部屋全体をクリアなサウンドで包み込むのに十分な大きさのオーディオを生成できます。
S 3は、テーブルトップ、エンドテーブル、マントルなどへの配置に最適です。
これは、パーティーや近所の人をイライラさせるためのヘッドバンギングオーディオではない。
これは携帯機器ですが、ガラスのステムがあるため、壊れやすいと考えて適切に取り扱う必要があります。

S 3は、擬似キャンドル、スピーカー、またはその両方として機能します。
スピーカーとしての機能以上の機能を持っています。
すべてのオーディオトラックは、Bluetooth接続されたモバイルデバイス経由でS 3に渡す必要があります。
WiFi機能はありません。
2つの入力デバイスを同時にペアリングできますが、一度にブロードキャストできるのは1つだけです。
別のS 3スピーカーとペアリングしてステレオを作成したり、照明をリンクしたりすることもできます。
最大200台のParty Connect互換スピーカーを相互にリンクして、スピーカーのネットワークを形成できます。
中程度の音量と軽い出力、そして低音ブーストをオフにするとバッテリーは8時間もち、最大音量と軽い出力、そして低音ブーストをオンにするとバッテリーは4時間もちます。
S 3の充電には、付属のUSB-Cコードを使用します。
独自のチャージ・ブロックを指定する必要があります。

照明システムには、照明とキャンドルの2つのモードがあります。
各モードの明るさを調整でき、キャンドルモードでは音楽との連動など4つのモードのいずれかに合わせて点滅効果を調整できます。
これらの設定はすべて、スピーカーまたはSony Music Center Appから設定できます。

S 3には、スピーカーやアプリから設定できるスリープタイマーがあり、スピーカーからは60分までしか設定できませんが、アプリからは異なる長さに設定できます。

使用できるオーディオ設定は、ベースブーストだけです。
これにより、低音出力の量が増えます。
低音のブーストがかかっているオーディオの方が好きです。
イコライザーがないので、高音と中音は調整できません。
トゥイーターからの高音がガラス管から放射されます。
明らかに、ガラス管の表面積は、これらのトーンを外側に放送するのを助けます。
ミッドレンジのトーンはチューブの下にあるスピーカーから、低音はシステムの底部近くにあるスピーカーから聞こえます。
この二つのスピーカーは360度の方向に音声を流す。

このような小さなパッケージにしては、オーディオは素晴らしいし、リビングルームをきれいに満たしてくれます。
揺らめくキャンドル効果とシステムの全体的な外観が大好きです。
私のインテリアにぴったりです。 2020-10-12


エレガントでモダンなデザイン

360度の放音が可能なモダンでミニマルな外観のスピーカーで、暖かみのあるLEDライトを選択して雰囲気を高めます。
音が360度に分配されるので、360度に分散するのに最適です。
youtubeとペアにしてみましたが、これもうまく動作していましたし、同期も良く、オーディオもクリアでした。

この商品は重量のあるアルミベースとガラストップを使用しているため、壊れてしまうのが少し気になります、ステレオではなく、机の上に置いてあります、私は構いませんが、他の場所に持っていくものをお探しでしたら、この商品はあなたには向いていません。

見た目、デザイン、機能性は商品をレビューする上で重要な要素であり、このステレオは3つのポイントすべてに当てはまるので、私のような使い方としては素晴らしい商品です。 2021-10-10


心地よいイルミネーションで魔法のような雰囲気を演出!

このユニークなスピーカーが大好きです!
360度に放射される音は驚くほどの音質です。
部屋がいっぱいになります。
私はそれを手に入れてからずっと使っていて、大好きな2つの瞬間は、スピーカーのLEDライトと私のキャンドルだけが点灯している、暗くて居心地の良い部屋で、ユーチューブのガイド付き瞑想を聞いていて、とてもリラックスできました。
この前、お風呂に入っているときにボンアイバーに乗ったときも、やはりLEDライトだけがついていました。
LEDライトが大好き!
とてもユニークなランプで大満足です。 2021-10-08


見た目もサウンドも素晴らしいですが、誰のためのものですか?

何年もの間、人々はソニーに「奇妙な」を求めてきたが、どうやら同社はLSPXシリーズのスピーカー「切取ったガラスのろうそく」に投資していたようだ。素晴らしい!
より多くの製品革新がいつでも歓迎される。
しかし、スピーカーは実際に買う価値のあるデザインオブジェクトになることに興味があるのだろうか?
LSPXシリーズの各製品は灯油ランプに似ているはずだが、LSPX-S 2を世代間で合理化した結果生まれたS 3 …を見れば、ソニーが最終的にどのような製品になったかがよく分かる。

良い点:
ソニーは、たくさんのスピーカーを非常に小さなパッケージ(あるいは、「有機ガラス」、すなわちプラスチック、チューブがなければ、少なくとも小さくなる。)に収めることに成功した。
彼らは日本のミニマリズムの美学を見事に確立しており、S 3を手に取ると非常に重く、頑丈なアルミ製シャーシにどれだけ詰め込まれているかを痛感させる。
これは廊下のサイドテーブルに置いておけば、ほとんどの人は装飾的なデザインのものだと思うでしょう。
Soundwiseではこれを私の最後のワイヤレススピーカー、Marshall Stocktonと比較しているが、品質は私が知る限りほぼ同じだ (このスピーカーは2018年に250ドルで発売され、わずか100ドルで購入された) 。
ジャズやクラシック音楽の音質は最高で、S 3は本当に360度のサウンドを提供します。
あらゆる角度から同じリスニング体験を得ることができますBluetooth 5.0の接続は非常に高速で、Youtubeのビデオを見ているときには同期の遅れは最小限に抑えられている、これは以前のBluetooth 4.0スピーカーにはあった問題でした。
低音は十分で、これがあなたの机の上にあればそれを感じるでしょう。

悪い点:
デバイスのバランスを取る物理的な方法がない!
ソニーが 「350ドル」 で販売しているもの (ただし、S 2の発売価格を大幅に上回っている) を購入するには、このデバイスとアプリをペアリングして低音を調整する必要があり、筆者はこれまでも自分のPCでこれを使用してきたため、そのようなことはおそらくしないだろう。
また、デバイスの動作(音を管の上方に投射し、それを外側に放射する)から、ボリュームは線形ではなく急加速的に動作するように思えます。
音量を30%に設定しても音が静かになるわけではなく、音楽や会話が聞こえなくなります。
音量を上げるだけなので、ちょっとしたあら探しかもしれませんが、静かに再生したい場合は、いろいろといじってみる必要があります。

最後に、S 3の最大の問題:
これは誰のためのものなのか?
音を出すために使われる「ガラス」チューブは明らかに壊れやすいので、これは「バッグに放り込む」スピーカーではありません。
バッテリー駆動時間はわずか8時間なので、1日中遊べるわけではないが、スピーカーはBluetooth経由でしか電源に接続できないため、オーディオファンには使えない。
ソニーはGalaxy S 3のベースに360度マイクを搭載し、電話会議に使うことを提案しているが、オフィスの99%が安価な専用マイクを選ぶことを考えると、これは不可解な選択だ。
350ドルでBoseやMarshall (おそらくソニーからでさえ)のより良いサウンドのスピーカーを買うことができるし、私はサラウンドサウンドのために2をペアリングするオプションや、S 3を100までチェーンできる「パーティモード」を使うオプションをテストしていないが、そこにもより良いオプションがある。

要約すると;
優れたスピーカーとエレガントなデザインのオブジェクトですが、伝統的な「多芸は無芸」の問題を抱えています。
これを200ドルで買いますか? もちろん、しかし余分な現金がない限り350ドルでは無理だろう (レビュー用に無料ユニットをもらった) 。
とはいえ、これはソニーの印象的な成果であり、デザイン志向の人なら購入をためらうことはないだろう。 2021-09-21

 

ソニーの商品詳細ページ(購入もできます)

グラスサウンドスピーカー NEW
LSPX-S3 メーカー保証内容<3年>付き
ソニーストア価格:38,500(税込)(2021年11月3日現在)

『LSPX-S3』商品詳細ページ

LSPX-S2

グラスサウンドスピーカー
LSPX-S2 メーカー保証内容<3年>付き
ソニーストア価格:44,000(税込)(2021年11月3日現在)
『LSPX-S2』商品詳細ページ

 

LSPX-S2の記事

グラスサウンドスピーカー『LSPX-S2』の海外のレビュー「間違いなくユニーク」
有機ガラスが奏でるリアルでクリアなサウンド 目の前で生演奏を行っているようなリアルでクリアなサウンドを360度部屋中に満たし、あなたの生活空間を彩ります。ハイレゾコンテンツにも対応。 海外のみなさんのレビュー 20...
グラスサウンドスピーカー『LSPX-S2』に関するQ&A
LSPX-S2はLSPX-S1の後継気ですか? LSPX-S1は生産完了ですか? LSPX-S2はLSPX-S1に比較して小型で持ち運びやすく、ハイレゾ対応・Wi-Fi機能を搭載していて、最大8時間駆動のバッテリーを内...
タイトルとURLをコピーしました