プロフェッショナル シネマレンズ シリーズ(業務用Eマウントレンズ)

ビデオカメラ

キャッシュバックキャンペーン

FE C 16-35mm T3.1 G(SELC1635G)

発売日:2020年12月11日

特徴

フルフレームシネマカメラ用の高速で柔軟な広角シネマズームをお探しの場合、ソニーの主力製品であるFE C 16-35mm T3.1 G Eマウントレンズは、一定のT3.1絞りを備え、一貫したパフォーマンスを発揮します。
16〜35mmのズーム範囲全体で、暗い場所でも高品質の画像を提供します。
ズームを手動で操作するか、取り外し可能なサーボユニットを使用して、劇的な高速または低速ズームを簡単に作成できます。


また、カメラのハンドルまたはオプションの外部グリップズームで制御することもできます。
FE C 16-35は、0.8 ピッチギアと114mmレンズ径を備えた真のシネデザインを特徴としており、標準のシネフォローフォーカスとマットボックスリグに適合します。

光学設計には、色収差を低減する2つの超低分散ガラスと、2つのXAレンズと3つの非球面レンズが組み込まれています。
これらのレンズは、球面収差を大幅に制御して、高度な画像の鮮明さと鮮明さを実現します。
さらに、Nano ARコーティングが適用され、ゴーストとレンズフレアを制限して、強い照明条件での作業時のコントラストと色の忠実度を向上させています。

光学資産を補完するこのレンズには、11枚の絞り羽根を採用、選択的なフォーカス画像を備えた滑らかでソフトなエッジのボケ味を生み出します。


フォーカスをコントロールするために、スイッチでAFとMFをすばやく切り替えることができます。
線形応答のマニュアルフォーカスにより、応答性が高く、ラグのない制御が可能になり、スムーズな操作が可能になります。
フォーカスリングは120°の回転を微調整で提供します。
また、クリックストップの設定も備えているため、ピントを合わせるときに触感が得られます。
拡張ハイブリッドオートフォーカスは、位相とコントラストの検出をサポートし、レンズは、PXW-FX9などのSonyCineカメラでサポートされている自動露出もサポートします。

  • フルフレームEマウントシネマカメラ用に設計された広角ズーム。このレンズは、PXW-FX9などのフルフレームシネマカメラとも互換性があります。
  • 付属の取り外し可能なサーボユニットは、動きの遅いドラマやプロモーションビデオに適したスムーズで段階的なズームのための快適な指先制御を提供します。レンズユニットのボタンでサーボと手動制御を切り替えることができ、サーボに設定した状態でカメラのハンドルやグリップズームでズームを制御できます。
  • 一定のT3.1最大絞りは、困難な照明条件での作業のためにズーム範囲全体で一貫したパフォーマンスを提供します。
  • 2つのXA(極度の非球面)レンズと3つの非球面レンズが光学設計に組み込まれ、非点収差、像面湾曲、およびその他の球面収差を効果的に制御するための優れた表面精度を備えています。
  • レンズ設計には2つの超低分散レンズが採用されており、色収差と色のにじみを減らして、透明度と色の中立性を向上させます。
    Nano ARコーティングは、表面反射、フレア、ゴーストを低減するために適用されており、強い照明条件でのコントラストと演色性を向上させます。
  • リニアレスポンスマニュアルフォーカスとエンハンストハイブリッドオートフォーカスは、シネアプリケーションに適した迅速、静か、正確なフォーカス性能を提供します。
  • 丸みを帯びた11枚羽根の絞りは、セレクティブフォーカス技術を採用する際に心地よいボケ味に貢献します。

 

SELC1635G サンプルムービー

 

ソニーストアページ

SELC1635G | ラージセンサーカメラ | ソニー
ソニー ラージセンサーカメラ 公式ウェブサイト。ラージセンサーカメラSELC1635Gの商品ページです。
タイトルとURLをコピーしました