DSC-RX10M4 海外のレビュー「不平を言う人は『荒らし』」超高速・超望遠

2019年10月15日サイバーショット

このカメラは「RX10Ⅲの高倍率」+「RX100Ⅴの目」+「α9の頭脳」を搭載したソニーの強みをすべて結集したカメラです

 

「DSC-RX10M4」の海外のみなさんのレビュー


2019年10月15日現在

レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 多くの機能 、信頼性が低い

これは本当に良いカメラで多くの機能が気に入っています。
残念ながら、1年後に私のは故障し始めました。
電源は入りますし写真も撮れますが、どのボタンも動かないので、メニューの呼び出しや設定の変更などができません。
カメラが動かなくなったときに有効だった設定でしか撮影できません。
保証修理のために一度返送しました。
その修理以来、全く同じ症状でさらに2回故障しました。
前回はSDカードを入れずに電源を入れて何とか動作させましたが、今回は何も動作せず、送り返すことを余儀なくされました。
もっとしっかりしたブランドに行こうと思います。 2019-08-30


 入手可能の中でおそらく最高の旅行カメラ

優れたズーム、優れたフォーカスシステム、信頼性、堅牢性、優れた写真出力

小さな問題-
私はただ上下にひっくり返すだけではなく、完全な関節式スクリーンが欲しかった;それは少し重く、安くない。

それを持ってサファリ旅行をしたばかり-レンズを交換する必要がなかったという事実、4輪駆動での埃だらけのでこぼこした環境では難しいことですが、それでもフルズームで素晴らしい結果が得られるということは、コストを完全に正当化しました。 2019-08-30


 素晴らしい

Lumix Zs80以来、パナソニックの代わりにこのカメラを使っていますが、とてもいい写真が撮れました最初から、それ以降も… 2019-08-30


 素晴らしいですが昼間のみ

この子と3週間になります。
まず、重さ、ズーム、手ブレ補正のために購入しました。
スチルばかりです。
冬の間、リマで試しています…。
暗くて湿気が多いということです。
とても良いカメラですね、はっきりさせましょう。
しかし、すでに夕暮れ時になってしまっているため、性能が劣ります。
ISOを800以上に上げると…。
軽くても非常にざらざらしています。
では、長時間露出の夜に試してみて、また連絡します。 2019-08-22


 カメラは素晴らしいですが、素晴らしい状態は間違っています。

カメラはタバコのような臭いがする。
Amazonには大いに失望した。 2019-07-09
※アマゾンは返品された商品を安い価格で再販していますが、その商品ではないでしょうか?


 非常に高性能なカメラ

これを買ったのはパナソニックFZ1000の最大ズーム倍率での画質に不満がありしました。
焦点距離が長いとピントが微妙になるだけでなく、レンズが「blooms(明るい光源からの光が周囲の物体に漏れるように見える光学効果?)」ことが多く、特定のオブジェをぼかします。

ソニーRX10M4は600mmでFZ1000の400mmより大幅にシャープです。
フォーカスは速く、かなり信頼性があり、その結果得られる写真、特に鳥の写真は、鮮明さとディテールが向上しています。
どちらのカメラも、より広い角度、ランドスケープショットではかなり良いです。

RX10には他にも好きな機能がいくつかあります:
レンズに別々のズームリングとフォーカスリング。
また、マニュアルモードや絞り優先モードにも対応しています。
プログラムモードでは、露出補正と露出変更用に別々のダイヤルを使用します。
ディスプレイごとにEVFと背面画面を設定できます。
通常のクイックメニュー、オートフォーカス、露出、フォーカスロックのボタンに加え、3つのプログラム可能なボタンがあります。

現場でフィールドでカメラの一部の機能にアクセスするには、追加のボタンが必要です。
ソニーのメニューシステムは非常に幅広く、多面的で、地獄のように紛らわしい。
慣れているとは思いますが、カメラ1の14のサブメニューやカメラ2の10のサブメニューから自分の設定を探しながら写真を撮るのはちょっと面倒くさいです。
また、設定はカメラ設定メニューにあるかもしれません。

それでも、カメラを自分の好きなようにセットアップすれば、速くてシャープで反応の良いカメラが手に入ります。
画像はISO1600でかなり綺麗です。
これはまた、かなり かさばりますし、600mmだと鼻が重くなりがちです。
はい、レンズが大きくて重いです。
一インチのセンサーでf4を600mmで撮影するレンズはそのようになるでしょう。
F4はこのカメラの最大回折限界に近い。
f 5.6までは良好な結果が得られますが、それを超えると小絞りボケが顕著になります。

最後に、価格があります。
はい、鼻血が出る領域です。
少し安くなってよかったのですが、これは高いおもちゃですね。
現在販売されているモデル3よりも300ドル高いが、IVのフォーカス性能が向上したことで価値があるかもしれない。
パナソニックのFZ1000の方がずっと安い(1000ドル未満)。FZ1000IIには、さらに数百種類の微調整が施されています。残念ながら、レンズは変更されていません。
Canon G3Xも600mmになりますが、レンズはフルストップで遅く、EVFには内蔵されていません。
残念ながら速度と全体的なレンズ品質をお望みなら、Sony RX10IVが唯一の選択肢であり、Sonyもそれを分かっています。 2019-07-01


 ずば抜けたブリッジカメラ

このカメラについて言うべきことは山ほどあります。
80年代からプロです。
「大口径」レンズを搭載した、たくさんのカメラを持っています。
私はフルフレームのデジタル一眼レフと対になる幅広いレンズを所有していますが、もっとコンパクトで1つの長いレンズで十分な品質を保つものが欲しいと思っていました。
いろいろ調べて、ソニーRX10M4に決めましたが、少しもがっかりしたことはありません。
このカメラには感心しています。
非常に良い長いズームを持ち、画像品質もマッチしています。
マクロ/ポートレート/アクション/ランドスケープを同じ品質で実行します。

このカメラは、ポイント・アンド・シュート(オートフォーカス・自動露出のコンデジのようなカメラ)の世界から来る場合は少し重いですが、プロの側から来る場合はそうではありません。
少し太めのストラップを使用すれば、重さの配分がもう少しよくなります。これが私の唯一の小さな批判であり、簡単に修正できます。 2019-06-27


 これまでのところ、非常に良い

私は風景写真に25枚ほどしか使っていません。
ピントが合っていて、露出もきれいです。
その映像はまさに傑出している。
カメラが長持ちすることを願います。
以前使っていたニコンのレンズをすべて持ち歩くのではなく、これを使ってみたいと思います。 2019-06-25


 お金に見合う最高のカメラ。

おしまい。 2019-06-24


 一体化された驚き

以前はCanon5d Mk3とたくさんのCanonレンズを持ち歩いていました。
この美形はヨーロッパのバカンス用に購入したものです。
キャノンを姪にあげるほど万能で高品質でした。
マスターするには時間がかかります。
私はアレキサンダー・ホワイトの本を買いましたが、それはすべての機能を説明していました……。
多分、あなたは、それを必要とします。
とにかく、このカメラは私の必要に応じてキャノンが小さいパッケージでしたことの約99%を行います。 2019-06-22


 返品しました

これは重いです!
静止させるのに苦労する、もしくはピントを合わせる問題がありました。
こんなに重くて狙いにくいと実用的ではありません。
もう少し扱いやすい方が良いので返品しました。 2019-06-02


 素晴らしい初心者カメラ!

このモデルを借りて、ボツワナのサファリで数週間試しました。
300mmくらいまでズームしていると、少しぼやけてきます。
オートフォーカスは完全に静止していないと、ファインダー内の画像がぼやけてしまいます。
私はカメラユーザーではありません(iPhoneは5年ほど前から)が、これは直感的に操作できるものでした。
これは一眼レフよりもはるかに管理が簡単で、レンズの知識があまり必要ないので、購入することを検討しています。
1つの欠点は、暗い場所では画質が大幅に低下することです。 2019-05-27


 良いカメラですが、Wi-Fiは使えません

私がこのカメラを購入した主な理由は、画質とWi-Fi経由で写真を転送できることの2つでした。
もし2つ目があなたの計画なら、ソニーのスマホやソニーのテレビを持っていない限り、それは忘れてください!
私の場合ではありません。
カメラはサムスンのテレビを見つけるが、接続できません。
私のサムスンS8以降も同じです。
ソニーアプリのPlayMemoriesを起動するが、開きません。
USBケーブルをコンピュータに接続して写真をペンドライブにコピーしテレビで見られるようになりました。
画像は非常に良く、ズームは滑らかで使いやすいです。
カメラにはさまざまな設定オプションがあり、本物の写真家でないと混乱します。
プロはあらゆる選択肢で大喜びすると思いますが、アマチュアにはちょっと圧倒されます。 2019-05-21


 印象的、そしてそれがソニー

Rx10IIIを所有していましたが、このブリッジカメラに非常に感銘を受けました。
私は経験豊富なビデオカメラマン兼写真家であり、通常、私のアプローチは臨機応変です。
その改善されたフォーカスのRX10IVは、「瞬間」を撮る上で、そして私がプロ意識をほとんど持たずに撮る上で、非常に価値があります。
私が添付した例では、カメラを起動して、何かが撮られるのを期待して約2秒間バースト撮影した結果。
処理されたバージョンはPhotoshopとアクションスクリプトです。
改善されたフォーカスは良いものでなければなりませんでした。
そうでなければカメラは戻ってきていましたし、今のRX10III(これも素晴らしいです)はそのままにしておきます。
はい、値段は高いですが、あなたの手にあるパワー、汎用性、信頼性は私にとって絶対に必要です。
私はこのブリッジカメラを家族全員、プロの(写真)イベント、特別なビデオ撮影に使っています。
私が使っているカメラ(たくさん使っています)にはそれぞれ異なる目的があることを覚えておいてください、しかしなによりも可能な限り毎回彼らは使用可能なショットをもたらさなければなりません…そしてこれはそのことを成します。
動的環境で並外れた良い写真を提供するために人々が私に頼っているとき、私はブリッジカメラを使います。
個人的には、大きすぎず、重すぎず、レンズを交換する時間がないハイキングや写真サファリでもこれを楽しんでいます。 2019-04-23


 素晴らしいカメラ

このカメラは1週間ちょっとしか使っていませんが、とても気に入っています。
私の学習/実験期間中に作成された画像は非常に優れています。
私が見る唯一の欠点は、一見無秩序で混乱したメニューシステムです。
ソニーも、画面のタッチ機能をメニューに組み込んでおけばよかったと思います。
内蔵NDフィルターも良かったです。
全体的に素晴らしいカメラだと思います。

追伸-ソニーのマニュアルは最悪です。
代わりに参考書 「Photographer’s Guide to the Sony DSC-RX10IV」 を購入しました。 2019-04-09


 鳥のための素晴らしいカメラ

私たちは1年近くカメラを使っていて、何千枚もの写真を撮ってきて、カメラに満足しています。
主に鳥の写真に使います。鳥の写真撮影に便利な機能がいくつかあります。
まず、ズームと画像の大きさで鳥に近づくことができます。
次に、オートフォーカスでピントをほぼ正確に合わせてから、ズームウィンドウで手動でピントを合わせ直す便利な機能があります(鳥が木に座っていることが多く、カメラがどのオブジェクトに焦点を合わせるべきか正確にわからないため、これを使用しています。)。
フォーカスは高速でかなり正確です(近接していない場合、気を散らす要素 (枝など) がセンサーを混乱させる)。
色再現がいいです。バーストモードはあまり使ったことがありませんが(多くの空間を占有する)、非常に高速で、動きの速いシーンで複数の「パーフェクト」ショットを撮ることができます。
レンズのサイズは、他の多くの競合製品よりも多くの光を通すので、シャッタースピードを考慮するには良いです。
他にも言いたいことはあるかもしれませんが、全体的に鳥の写真撮影を含め、多くの機能に適したカメラです。 2019-03-11


 注意してください。丈夫ではありません。

私はこのカメラを1年未満持っていて、私の三つのキャノンの一眼レフ(5D、7D、10D)と一緒に使っていました。
カメラが故障したのでソニーに修理を依頼したのですが、「腐食」のため修理できないとの結論に至りました。
キヤノン製品には問題がなかったので、カメラが過酷な環境や異常に腐食した環境にさらされていなかったことは知っています。
これは失敗するまでは素晴らしくて便利なカメラでしたが、私の経験からすると、キャノンのようなより確立されたブランドと比較すると、これらのカメラの作りの質と使用環境条件に疑いを持つでしょう。
ソニー保証期間はわずか6ヶ月です、これは彼らの問題ではありません。 2019-02-25


 愛鳥家に最高のカメラ

このカメラを買ったのは、ニコンD700のレンズを持ち歩くのに飽きたからです。
ズームが大きく速いカメラが欲しかったのです。
ソニーは私を熱心な鳥の写真家に変えました。24fpsは私のNikonにはできなかったフライトの動きを見事に捕えています。
私はRAWで撮影していますので、より鮮明な画像と編集が可能です。
添付した写真はjpegです。このカメラには確かに慣れが必要で、私はまだ勉強中です。
画質は明るい光の中で最高で、影や曇った日には多少落ちます。
これを持って海外旅行をしたことがあり、ほとんどいつもそれを持っているので、鳥の動きを見逃すことはありません。
外観はタフで手触りが良いです。
このカメラは私の写真撮影をかなり向上させました。
Wi-Fi機能も気に入っています。
また購入したいので、2個目を持っても構いません!
素晴らしいカメラですね。 2019-02-16


 素晴らしいブリッジカメラ!

このカメラは私が計画していたよりもずっと高かったですが、もし私の友達がそれについて絶賛するなら許容範囲内です。
それは支払っただけの値打ちがある!
良い35mmフルフレームを持つ主人よりもいい写真が撮れています。
鳥の写真を撮るのに使っています。
鳥が木や茂みに深く埋もれていても、初めてまともな写真を撮ることができました。
使いやすいです。とても嬉しいです!  2019-02-08


 低光下を除いてすべてに素晴らしい

今のところ、私は彼のカメラが非常に気に入っています。
600mmまでの全範囲でシャープな画像になります。
AFは異常で、すぐにロックされます。
製造品質は素晴らしいです。
このカメラは見た目も使い心地も一眼レフのようです。
写真を追加します。
生憎、私は家を出てしまって、犬以外は移せませんでした。
それらは、今朝ベッドに横たわってい犬を文字通り、オートで撮ったものです。
品質はそれ自体を物語っている。
260mmを超えたもの、薄暗い場所ではエッジが少し不明瞭になります。 2019-01-24


 わー、気に入った

以前いくつかのカメラを持っていましたが、アマチュア用のRX10Ⅳは今まで使ったカメラの中で最も多機能で使いやすいコントロールカメラです。
すごく嬉しいです、大満足です!!!!!こんな短い文章を書いてすみません。
レビュー、正直なところ私は専門家ではなく、経験があり、RX10を購入した知識のあるAmazonの多くは、彼らの経験をすでに説明しています。私に言えることは2週間でカメラを知って、そして「プロ」のようにすることが出来ました。
今までにない写真が撮れます。
私にとっては、レンズの大きな袋を運ばず旅行、家、家族に使える最高のカメラです。
私が少し残念に思う唯一の点は、低照度の問題です。
長いズームとセンサーの大きさのおかげで理解できました。
カメラ全体がとにかく素晴らしいので、それを使って仕事ができます。 2019-01-20


 60倍の方がはるかに安いのになぜ25倍を購入するのか?

光学に興味のある物理学者が書いたものです。退職する前は、大学で光学のコースを教えていました。

私は数年前からパナソニックのFZ50(コンデジ、12倍ズーム、焦点距離35~420mm相当、10メガピクセル)を所有しており、満足しています。
しかし、ここ数年で素晴らしいレンズや電子機器の開発があったことに気付いたので、アップグレードすべきだと思いました。
私は現在のパナソニックFZ80 60倍ズーム20-1200 18メガピクセルが約300ドルという魅力的な価格で販売されていることに惹かれていました。
鳥の写真に関する記事を読んだとき、購入をほぼ決めていました。
そこには、25Xズーム、600mm相当20Mpixel、約1700ドルのSony RX10IVが最適だと書かれていました。
ズームとピクセル数を考えると、クレイジーに聞こえますが、以下の議論によってソニーの画質は追加分の金額を払う価値があると確信しています。

画質は2つの主な要因によって制限されます。
次に、その2つについて考えてみます。
1.イメージノイズ(粒状性)
2.イメージ解像度(ブラーなどによって制限される、イメージのディテールの量。)

画像ノイズは、センサによって吸収される光の総量によって決定されます。
吸収される光が多いほど、ノイズは少なくなります。
2つの異なるセンサからの同じシーンの画像は、それらがセンサ上で同じ総量の光を吸収するとき、同様の量のノイズを有するように見える。
特定のシーンで吸収されるライトの総量は、次の3つの要因に依存します。
1.照射時間
2.絞り(f数)
3.センサー面積は、ソニー(1インチセンサー)の方がFZ80(1/ 2.3インチセンサー)より約4倍大きい。
両方のカメラを同じ露出と口径(例:f/4で1/100秒)の同じシーンで使用すると、ソニーのノイズレベルはかなり低くなります。
ほとんど静止したシーンの明るい屋外条件では、ノイズはどちらのカメラにも小さく、違いを見分けるのは困難です。
しかし、薄暗い条件、例えば、屋内照明において、または急速に移動する被写体に対して非常に短い露出が必要とされるとき、ノイズは、両方のカメラに対して明白であり得、パナソニックにとおてはかなり悪くなります。

イメージの解像度は、次の5つの要素によって影響されます。
1.センサ内のピクセル数(ソニーとパナソニックも同様)
2.回折:f数-f/8に比例するブラーを発生させる不可避の効果により、f/4の2倍の回折ブラーが生成されます。
3.光学収差:画像内の位置、絞り、焦点距離の設定に依存するため、指定するのは複雑です。
4.モーションブラー (Motion blur) :モーションをフリーズするのに十分な露出がない場合
5.ピントが合わない-両方のカメラがこれをほとんど避けてくれることを願う。

これらすべてを考慮して、まず、広角設定、例えば24mm相当での二つのカメラの相対的性能を考慮する。
上記のように、二つのカメラが同じ露出時間及び絞りに設定されている場合、パナソニックはより高いノイズを示し、これは薄暗い状態又はフリーズ動作に対する非常に短い露出において重要となる。
また、動く被写体に対しては、Sonyの感度を4倍、例えばISO100から400に高めることができ、露光時間を4倍短縮でき、これによりパナソニックと同じノイズレベルが得られるが、モーションブラーを4倍低減できる(20mm対24mmの同等品より広い視野を与えることができるという点で、パナソニックに軍配を上げなければなりません。;極端な望遠撮影よりも広角撮影の方が重要な場合は、パナソニックの方が適している)。

ボケは、対象が遠くの背景のぼやけの中ではっきりと見える、楽しくて役に立つ効果です。
同じ絞りで同じ焦点距離のときは、背景のボケが大きくなり、被写体が目立ちやすくなります。

極端な望遠性能は、パナソニックでは1200mm相当、ソニーでは600mm相当と考えてみよう。
第一の印象は、パナソニックが同等の焦点距離をより大きくしながら、同様の画素数を有するという利点を有するかもしれないということである。しかし、このような条件下(どなたかそれについての情報をお持ちですか?)での両カメラの解像度を直接比較したものは知らないが、回折効果のためにソニーの方が解像度が高いのではないかと疑います。
フルズームでの二つのカメラの実際の焦点距離は,ほぼ220mmであるが,Sonyの最大開口はf/4であり,パナソニックのそれはf/5.9である。
回折ぼけはf数に比例するので,パナソニックではほぼ50%高いはずである。
実際、パナソニックのフルズームの回折ぼけは、ピクセルサイズよりもかなり大きいことがわかります-少ないピクセルで同様の画像が得られことができた。
18Mピクセルのセンサーは、絞りを開けて広角設定のパナソニックには適しているかもしれませんが、フルズームには大きすぎます。

おそらく解像度の比較よりも重要なのは、画像の大きさの違いだろう-フルズームのSonyはパナソニックの4倍の範囲をカバーし、より多くの被写体をカバーしたり、興味深い細部を加えたりする可能性がある。
また、動きのある被写体を見つけて追跡するのも簡単になります。
パナソニックでは、ズームを60倍から30倍に縮小することによって同じ画像サイズを得ることができたが、明らかに解像度が低下した。

カメラ選びにはいろいろな要素がありますが、私にとって一番大切なのは画質です。
だから、私はソニーを使って、子どもへの遺産に大部分を費やすことに決めたのです! 2019-01-09


 素晴らしいカメラ

これは私が持っているカメラの中で断然お気に入りです。なぜか?

レンズはズーム範囲全体にわたってシャープです。

最も明るい領域と最も暗い領域の比であるダイナミックレンジは非常に良好です。なぜこれが重要なのか?

山や木や土に正確な色をつけたいですか、それとも青い空にしたいですか?両方を使用する場合は、広いダイナミックレンジが必要です。

ズーム範囲は素晴らしいです。

フォーカスは非常に速く正確です。

教会の裏から教会のコンサートを撮影する場合でも、ビデオの品質とサウンドは非常に良好です。

扱いやすく、持ちやすく、操作も簡単。つまりバランスが良いということですね。

製造品質は非常に良いようです。

すべての機能を備えたカメラをお探しの方は、Sony RX10Ⅳをしっかりとご覧ください。 2018-12-16


 ちょっとがっかり

このカメラが私たちが探していたものへの答えになることを望んでいました-とても良い写真を撮る素晴らしいオールインワンカメラです。

まあ、それはとても良い写真を撮るかもしれませんが、良いカメラには単に良い写真を撮るだけではない多くのことがあります – 残念ながら私はそれを知りました。

まず、私は40年ほど前から一眼レフを使っています。妻と私はキャノンの60D一眼レフを持っています。
レンズ交換が苦手な彼女のためにソニーを購入したのですが、キャノンのレンズは鳥の写真を撮るのに必要な長いレンズと一般的な写真用のレンズがついていて重すぎました。ソニーは完璧な答えのように思えました。

しかし、言ったように、少し失望した。

まずは良い点です
・かなり良い写真が撮れる(画質)
-重すぎず、大きすぎない1つのパッケージ。
彼らがこのような比較的小さなパッケージに入れたものは本当に信じられない。レンズを交換する必要はありません。
-鳥やその他の長距離写真のための超ロングズーム(600mm相当)。
しかし、24mm相当の幅もあります。
-1インチセンサー。これはコンパクトカメラの一般的なものよりはるかに大きいです、暗い場所(私はまだそれを限界点でテストしていません)。
しかし、私が見たテストデータによると、ソニーが優れたセンサーを作っていることは間違いない。
このセンサーの大きさは、オールインワンカメラとのトレードオフで利点になるはずです。
-驚異的な高速ショット(最大24フレーム/秒)-飛行中の鳥に最適です。

さて、悪い点
-ディスプレイとインターフェースの人間工学(使いやすさ)は、特にキヤノンと比べるとかなりひどい。
めちゃくちゃになっているものもあれば、意味をなさないものもある。
いくつか紹介します。
-このようなブリッジカメラ(一眼カメラとコンデジの中間カメラ)にしては複雑すぎます。
例えば、キヤノンではセンターフォーカスの選択は簡単です。
ソニーでは、センターフォーカスを選択できますが、小範囲、中範囲、または大範囲を選択することもできます。
さらに、カメラの中央に何かが見つからない場合は、周囲の領域を選択できます。
5,000ドルのカメラを持ったカメラマニアには最適かもしれないが、ブリッジカメラには向いていない。

-同じように複雑な、このような多くのコントロールが多数あります。
-ディスプレイはあまり明るくありません-キャノンより暗いので、日中は見えにくいです。
-バッテリの寿命が短い。これに加えて、首の近くにカメラを持って行くと「スリープ」にはほとんど行かなくなるという事実もあります。
これは、(私が思うに)がファインダーとバックディスプレイを交互に切り替えるからです(あなたがそれを使っていると思っている)。
スリープタイマーを1分に設定した場合です。
これは本当に迷惑です。
背面ディスプレイをオフにしてみましたが、これを行うとすべての機能がオフになり、背面のメニューにもアクセスできなくなります。
これは本当にばかげている。
カメラを目に当ててメニューを探し、後ろのボタンを操作しなければならない。
・カメラには「メモリ」機能があり、よく使う設定を保存することができます。いいですねでも…。
キヤノンのカメラでは、これを上部の操作ノブにかけています。
コントロールノブをお好みの設定に切り替えて、オフにします。
Sonyでは、まずMR(記憶想起)に切り替えてから、背面のメニュー上で希望の設定に移ります。これは痛いです。
実際にボタンを「メモリの節約」に割り当てることはできますが、「メモリのリコール」に割り当てることはできません。
本当ですか。このため、全体的にメモリ機能はあまり便利ではありません。
-レンズには絞りリングがあり、絞りを選択するために回転することができますが、このリングは私の意見を混乱させるだけです。
モードによってはまったく動作しません。
また、完全にズームされている場合、リングは正しい絞りを教えてくれません。
リングはf 2.4と言うかもしれないが、実際のカメラの設定はf4である。
これもまた、カメラオタク以外には混乱を招く。
-カメラにはバッテリー(他のカメラと同じように)が一つ付いていますが、充電器は別にありません。カメラでバッテリーを充電しなければなりません。
バッテリー寿命が比較的短いため、カメラを最大限に活用するには、2個目のバッテリーと専用の充電器を購入する必要があります。
したがって、実質的な目的のために購入価格に100ドルを追加してください。

このカメラを買う前に、私は自分のキャノンとレンズを売ることを考えて、ソニーの優れたセンサーと交換しました。
とんでもない!よく考えたキャノン固執します、ありがとう。

これが悪いカメラだと言っているわけではありません。個人的にはかなり良いカメラだと思いますが、人間工学的に良くないことが主な理由です。

素晴らしい写真を撮るだけではなく、カメラには多くの意味がある。それは楽しくなければならないし、ブリッジカメラの場合には、使いやすく、イライラしないものでなければならない。 2018-12-16


 このカメラを気に入っています

私は経験豊富な、高度なアマチュア、写真愛好家です。
多くのプロ級カメラを所有しており、それらの使い方を知っています。
地方および全国の雑誌に掲載されました。
もはや自分の作品を売ろうとするつもりはないし、40ポンドから50ポンドの機材を持ち運ぶのにうんざりしていて、70歳なので、このかなり大きい「ポイントアンドシュート(オートフォーカス・自動露出のカメラ)」カメラを購入することを選びました。
今、私は機材、重量、そして心配がはるかに少ない旅行をすることができます。
高品質で持ち運びが簡単なカメラをお望みの方には、これはおそらく完璧なカメラだと思います。
レンズは非常にシャープであり、カメラは多くの “プロの”機能を備えています。
家族のスナップショット、スポーツや野生生物、カジュアルな風景などなどに最適です。
このカメラは初めての写真家用ではないかもしれません。
これは初心者が取り組むかもしれない多くのプロ機能を持っています。
基本的な視点から立ち上がって、焦点と露出を理解している人にとっては、良いカメラでしょう。
それは高価ですが、私の意見では、支払う金額の価値があります。 2018-12-13


 スーパーカメラ、おそらく初心者用ではありません

このカメラはあまりに多用途です!気に入っています。
主にレンズとズームの範囲で購入しました。使用するのが超楽しい。
それは速く、正確で、応答性があり、あなたが求めるすべてのことをしてくれます。
ペリカンがダイビングするのを撮る時はとても楽しいです!
ミサゴがカメラに挑戦してきました、しかしトラッキングは驚くほどよく追跡が行われました、手持ちで600mmでした。
そしてレンズ!素晴らしい画像品質。
私は主に風景や自然を撮ります、その結果も大好きでした。
これの低光性能は気にしません(しかし、公平のために言うと私のメインカメラはフルフレームです)。
これは1600程度以上かそれぐらいの高ISOではそれほど素晴らしいものではありません(カメラになにも期待しません)
初心者のカメラとしてお勧めする自信があるでしょうか?
あなたがオートモードを使うことを計画しているならば、メニューは広範囲で、より多くのものを見つけのが難しく、さらに高価格です。
「私は写真を学びたいので、この高価なカメラを買うつもりです」と多くの購入を正当化しているのを聞きましたが、その後 結局失望します、というのはオートモードから抜け出すのが難しく、高評価のレビュー見るショットを得られないのです。 2018-11-30


 今日すぐに入手できる最高の万能カメラ、ライバルはいない

このソニーは非常にユニークです。
そのセンサーは最高のものではありませんが、1インチのセンサーでは驚くほど優れています、ほとんどのディスプレイサイズで、このカメラで撮影した画像と他の価格のものとの違いは分かりません。
Zeissズームレンズはセンサーを完全に補い、真に写真全体で断然優秀です。
24mmから600mm(35mm相当)まで、他のどんな価格のどんな場所で利用可能などんなズームカメラをはるかに超えて最高の画質を見せます。
マクロ機能は最高ではありませんが、本当に優れています。
オートフォーカス(Mk IIIと比較してMk IVの方がはるかに優れています)はすばらしいです。
良い/比類のないもののリストが続きます、それらをすべて列挙しようとは思いません(OK、チルトスクリーン、マニュアルFストップリング、優れた手振れ補正、優れた低光量能力、素晴らしいコントロールボタン(あなたが一度それらを使い方を学ぶ)などなど、
しかし、それを要約すると:これは、他のどの状況よりも多くの状況であなた写真を得る可能性が最も高いカメラです。
すべてのカメラそうですが、これは完璧ではないですが本当にそれ以前にはないような努力をしています。
私は複数のニコン、ライカ、キャノン、さらに多くの良いレンズを持っていて、まだそれらをすべて楽しんでいますが、このカメラは現在、ほとんどの状況で私が持っているものです、これは病みつきになります。 2018-11-22


 スローモーションのキャプチャ

スローモーションの機能は非常に良い 2018-10-30


 感銘を受けた

SLOG形式のビデオを撮影して以来、非常に汎用性の高いカメラが本当に好きです 2018-10-25


 素晴らしいカメラ

このカメラは素晴らしいです、コントロールがうまく配置されている、24から600mmのズームレンズはおそらくそれの最初のものであり、私は別のレンズをパックすることの手間を節約!
ビューファインダーとビューイングスクリーンはプラスで、ムービー機能はさらに優れています!
私の以前のSony α700のように専用のリモコンが好きだったのですが、スマホによるリモコンは素晴らしいです。
スマホのズームインとズームアウトは素晴らしい機能ですが、ただ私はあスマホの受信ができない地域でそれを試していません、それと私はブルートゥースの機能が入ることを望みます!
全体として、価格の価値のあるカメラです! 2018-10-25


 世界中でベストのオールインワンカメラ

このカメラをあまりに特別だということを表現にするのは難しいです。
はい、スペックシートは見事です、今おそらく、あなたが数多くのサンプル画像を見たと確信しています(下記のサンプルをご覧ください)。
※枚数が多いため掲載しませんでした。
私はあえて危険を冒して言います、優れた画像と柔軟性を求めているほとんどのアマチュア写真家や家族にとって、このカメラはおそらく利用可能などんな一眼カメラよりも優れていると。
もし、あなたが写真を販売することで生計をたてて入り場合は、その使用の目的のためにはプロギアが必要であることを分かっているでしょう。
その以外の誰もが、人生の特別な瞬間を捕えるのに、このカメラをトップに押し上げるでしょう。
動物園への旅行、子供のサッカー試合、世界旅行など、レンズの交換や煩わしい機材のバッグを抱える心配をする必要はありません。

画質

初めて素敵なモニターであなたのショットを見て「ワクワク」を感じた時、あなたは何か特別なものを持ったこと知ります。
光学的に優れているので、このレンズは特別な言及が必要です。
このカメラを所有する前に、私はレンズがこの広いズーム範囲全体でシャープなままだとは信じていませんでした-それはかなり素晴らしい。

ピクセルに対する拘りやスペックが見せられないのは、交換可能なレンズシステムがミスしてしまう このカメラでの撮影する写真の枚数です。
我々は皆、あなたと共にあるカメラが最高のカメラであることを知っています。
それには、一瞬の写真の機会が起こったときのカメラに最高のレンズを着ける必要があります。
このカメラは、画質(わずかな妥協点)と柔軟性と持ち運びのバランスが取れて解決を見出し、必要なときにあなたと共有する機会を増やします。
私は初めて花のマクロを撮ってから、すぐに遠くにある鳥を捕まえるために600mmにズームしました。(レンズは不必要でした)私は夢中になりました。

このサイズのセンサの限界は、比較的低い低光性能であり、被写界深度の制限されたコントロールです。
画像のノイズ側では、APS-Cセンサと比較して2〜3ストップペナルティが必要です。
たとえば、RX10 IVのISO 400画像は、良い一眼カメラのISO 1600-3200に相当します。
しかし実際には、そのギャップを埋める緩和要因がいくつかあります。
最初はf/4から600mmの範囲でレンズが適度に速く、ほとんどの同等の価格のギアよりも2倍以上高速で撮影できます。
次に、マルチフレームノイズリダクションモードがあります。これは、被写体が静止している場合にノイズを実質的に除去するのに最適です。
私はこの機能が夜の写真撮影に特に有用であることを発見し、驚くべき結果を得て多くの夜のシーンを撮影しました。
ただし、このモードはJPEG(RAW撮影者には申し訳ありません)に限定されています。

被写界深度については、あなたがズームして被写体に近づくことを望むなら、私の意見では気持ちの良いボケを得ることができます。
以下のサンプル写真は、RX10III/IVが写真のニーズに十分に対応できるかどうかを判断するのに役立ちます。

スピード

刺激的。フルオートフォーカスとフレーム間の露出で、24フレーム/秒なら、有効な写真を撮るのは簡単です。
オートフォーカスシステムはめったに失望しません。
速度が不足している唯一のことは、ズームモータとカードの書き込み速度です(過分なバッファを埋めるまれなケースです)。支払った価格に値します

価格

– 支払った価格に値します。私が所有している他の機器と比べて、より良い写真を撮り、経験を楽しんでいます。

バッテリー寿命

思っていたよりはるかに良い。ほとんどの投稿者は、50%のフラッシュ使用を前提とした1回の充電当たり約400ショットのCIPA評価を引用しています。
私は通常、ビューファインダーを使用し、まれにフラッシュを使用し、充電1回あたり平均約1200ショット(1シーンにつき5〜10ショットの短時間の連続撮影)です。

結論

結局、肝心なことは、このカメラは総合的にに所有している最高のものであり、何度も言いますが私は写真撮影にワクワクさせられてます。
私は今、このカメラを使用するのがとても楽しいので、より多くの旅行や日帰り旅行を計画しています!
私は決して交換レンズカメラを買うことはないと確信しています。
一度このレベルの利便性と品質に慣れると、それがなければ難しくなります。

結果

下の画像は切り取られて(私の21:9モニタ用のすてきな壁紙を作るために)、味を調整しました。いくつかのショットは、RX10-IVと交換する前に簡単に所有していたRX10-IIIからのものです(画質は同じです)。

私について

私は実際、自分自身を写真愛好家と考えています。
数十年前、私はノースウエストスプリントカーレース協会の公式写真を提供した小規模ビジネスを運営しました。
私の過去の一眼カメラボディは、Canon D30、Canon D60、Canon EOS 1D、Sony α77があります。 2018-09-14


 スポーツや子供に素晴らしい!

私は一眼レフの経歴から移ってきて、至る所にレンズを運ぶことに疲れました。
昨年、これを選んで、戻ることはありません。
フォーカスは稲妻のようで、カラーはリアルであり、ほとんどの明るさの条件で素晴らしい仕事をします。
たぶん、小さな外部フラッシュを使うかもしれませんが、いまだ 全然使用していません。 2018-08-12


 いくつかの不完全さにもかかわらず、万能のカメラのためにこれが大好き

このレビューを書く前にこのカメラで1万枚を撮影しました。
過去12年間私はニコンの男(D200、D7000、D750、D810)であり、私はまだ自分自身を考えています。しかし今年はこのブリッジカメラを購入して以来、ニコンのカメラよりもこのソニーのカメラで多くの写真を撮りました。
そして、ある日、私はソニーに全面的に移動するかもしれません、彼らの一眼カメラはニコンよりかなり小さいボディーを持っているからです-彼らのバッテリーはニコンの半分以上の寿命を持つことができます。

当初、このレンズを交換することができないので、このカメラを検討することを躊躇していました。
10,000の写真の後で、私はすべての写真がきれいであり、通常のDSLRのようなほこりやセンサースポットを持たないことがうれしいです。
このカメラは予期せぬ状況に素晴らしいです-その素早いショットを撮る必要がある場合-あなたがスポーツ関連であるか、あなたは国の外にいて、あなたは傷つけることなくAmishの馬車の遠くの写真を撮りたい時に。

ビデオ – 私は優れたパフォーマンスにもかかわらず、それをあまり使用していないので、私はこの機能について言及しようとしています。
遠く離れていても手振れ補正は素晴らしいです。4Kの品質はトップ、音は良いです。
5つの星を奪う唯一の不都合は、時折フォーカスの安定化(これは私が使用した任意のポイントと撮影カメラよりもはるかに優れています)と、ビデオ録画時のズームインとズームアウトの比較的小さなスピードです。

カメラ – 私が言及したように、私は毎日の状況にこのカメラを撮るのが大好きです。
広いズーム範囲(24〜600mm)は、私のDSLR-sよりも大きな柔軟性を提供します。
私は完全なズームで添付された白鳥の写真、山や湖の景色の写真など、多くの良い鳥関連の写真を撮りました。
時折焦点の問題があります。カメラにピントを合わせないようにしたり、適切な被写体にピントを手動で設定したりすると、連続撮影時のすべての写真が汚れてしまうことがあります。
スポーツモードのいくつかの例では、被写体と背景との間でフォーカスが異なることがわかります。
カメラは焦点距離が2.8-f4であると主張していますが、クロップファクタは考慮していません。
105mm F2.8ニコンレンズは私にこのカメラのものよりもはるかに優れた品質のアクション写真を与えます。
このカメラの最大の資産は、速度、連続した撮影状況でも画質が驚くほど優れています。
23年以上前に購入した私の最初のPentium PCには420MBのハードドライブがありました。このカメラでは、RAWとJPEGを撮影すると、420MBのサイズの画像を3秒以内で撮影できます。
私はLightroomでRAW形式の画像を使用しています。私のNikon DSLRと比較して、特にカメラがISOを6000まで上げることに決めたときに、よりピクライ化されていますが、画像はシャープです。
ソニーのカメラの場合、バッテリーは大変です。

全体的に – 私はオートフォーカスの問題のためにカメラを実質4に評価しようとしていましたが、交換レンズでDSLRでよく見られるようにダストスポットのためにたくさん修正する必要はないという事実が本当に好きなので5に決めました、ビデオは素晴らしいです。 2018-07-25


 よいオールインワンのブリッジカメラ

セットアップが簡単で、充電に2~3時間かかり、バッテリーで長時間持続します。
箱には、カメラ、電源コード、充電式バッテリパック、マイクロUSBケーブル、ACアダプタ、レンズキャップとレンズフード、アイピースカップ、シューキャップ、ショルダーストラップ、リファレンスガイドと取扱説明書が付属しています。
視覚的にはそれは素晴らしいカメラです、それはうまくいっており、それに24-600mm F2.4-4大口径光学ズームレンズがあります。
ウルトラテレスコープとマクロの両方の機能を備えています。
また、高解像度と広範囲の高さのための低分散ガラスエレメントを備えています。
Exmor RS 1.0型イメージセンサーとBIONZ X画像処理エンジンを組み合わせて、一度に24921フレームまで24fps18までのAF / AEトラッキングで連続撮影が可能で、速い動きのアクションに適しています。
コントロールダイヤル/ホイールを備えているので、各撮影モードの設定をすばやく調整したり、再生中に使用したり、Wi-Fi / Bluetoothアンテナを内蔵したり、ムービーを撮影するムービーボタン、スマートフォンを使って画像を確認することもできます撮影中の構図。
カメラは防塵と防湿です。
パノラマ的なクイックショットを連続して撮って、地平線の風景モードで撮影し、連続的にスナップショットを撮る機能を使用して、私は海の端にある木のブロックに座っていました…かなりのショット、多くの楽しみを得ました。
カメラはそれにいくらかの重さ(2ポンド程度)があるにもかかわらず、持ち歩くにはそれほど悪くありませんでした。全体的に、私はこのカメラを楽しんで、これは良いと思います。それは、高解像度のビデオ/写真を提供するよく作られたカメラです。 2018-07-22


 旅行に従来の一眼レフの重量をセーブに素晴らしいカメラ

私はこれを購入しました、なぜならヨーロッパで旅行をしていて一眼レフと2枚のレンズを持参したくないからです(重量を節約するため)。
しかし、私はトライアスロンの写真を撮っているので、必要なアクションショットを捕らえたかったので、応答時間の速いカメラが必要でした。
このカメラは、この必要性に適していました。
ズームレンズは素晴らしいです。私は小さなカメラでは撮れなかった遠くの写真をすばやく撮ることができます。

私は3つの不満しかありません。
まず、マニュアルは少し薄いです。
このカメラはすばらしい機能を備えており、私はそれらを十分に活用する方法を見ていきたいと思いますが、読むことはできません。
第二に、カメラが誤った被写体に焦点を合わせることがあり、正しい被写体に焦点を合わせることが難しい場合があります。
これは頻繁に起こることではありませんでしたが、そうしたときにフォーカスをリセットするのは難しい作業でした。
第3に、表示画面はカメラに折り込まれせんので、偶発的な衝撃の場合にはカメラ本体が保護することができない。

全体的に、私はこれを購入してうれしく、私はヨーロッパへの旅行から多くの素敵な写真を持っています。 2018-07-21


 低照度で良い

これまでのところ、それは私の期待を満たしています。
飛んでいる鳥に非常に速いフォーカス、低照度での良好な撮影、カメラ上でのフィルフラッシュおよびスローシンクロは非常に良好であり、あからさまではありません。
Raw / jpegを一緒に撮影する28fpsに感心しています。
それを買った理由は、旅行やカジュアルな散歩での歩き回るのためのものでした、レンズの範囲は私のためのセールスポイントでした。
私は2台のキヤノンフルフレーム、20ポンドのキヤノンLレンズ、ラインの2つのトップキヤノンフラッシュユニットを所有しています。
それらはすべて私がストックフォトで使用しています。
私はそのすべてを取り除くことを計画していません、私の目は このカメラの写真は今のところ全てを欺くといいます、しかし私の使用するハイエンドのプロギアを考える最も目の肥えた細かいところまで気にする人はすべて基本的に全てオートで撮影します。

60年代以降の写真家になった後、私は最終的に”すべてを支配する”という1つのカメラを見つけたと思います。
瞬時にマクロ、または24mmの広角から600mmのズームまで、優れた品質で行くことができるので、旅行やカジュアルな家族のために持ち運べる唯一のカメラです。
私は編集ショットにはまだ使用していませんが、大きな白いレンズよりもはるかに魅力で引き付けるでしょう。
欠点は、バッテリの寿命が私が慣れていたよりもはるかに少なく、私は2つのスペアを持ってゆくと思います。
私はビデオ専門ではないが、それを使ってみて非常にいいように思えた。
結論としては、これは大きなバッグやスイッチレンズを持たずにほぼあらゆるショットを撮ることができるカメラです。
私はすでに間違ったレンズを着けていたので、ショット(コヨーテが飛んでいる鳥を捕まえた)を逃していたこと何度か見ました。
私は大きな白いレンズで本当のプロのように感じました、そしてそれらが持ってくる羨望と会話を好んで、今はカメラで別人のように感じます、そのほうが好きです。 2018-07-14


 素晴らしいカメラ

このカメラのすべての技術的側面に入るつもりはありません。
私はただそれが非常に使いやすいことを投稿したかった。
超高速フォーカシングが大好きで、シャッター音を鳴らす能力(サイレント撮影?)はプラスです。 2018-07-09


 わぉー、ただ わぉー

私のカメラバッグが盗まれたとき、2台の一眼レフが入っていました。
私は替わりが必要でした。私の最初の直感は、Canon 80D(私は50Dの古いものを持っていましたが、それは素晴らしいサービスをしていました)を手に入れることでした。
私はこのカメラを見て、最初にそれを却下しました–よく見るまでは。
スペックは信じられないほどで、IQは良い明るさで優れていました。
私は1インチのセンサーは、より大きなセンサーと同程度の品質を持っていないことを知っていますが、私は低照度の写真をたくさん撮っていません。
私はエアショーを撮影して、私の積出は約15ポンドが3ポンド以下になりました。
ビデオ機能は信じられないほどのものでした、着陸や離陸のいくつかのスローモーションを含む。

私は続けられますが、インターネット上で十分な詳細なレビューがあります。
ああ、低照度の問題? ええ、分かりますが、私のCanon 50D以来、進んでいるので、最終製品はかなり近く、印刷されたものはいいです。 2018-07-06


 多彩で高品質のズーム!

ちょっと大きめで少し重いですが、写真やズームは素晴らしいです! 2018-06-22


 屋外で、長い距離、休日のビデオで素晴らしい

これは私のFZ1000を置き換えました。
ズーム、手振れ補正、フォーカストラッキング、すべての優れています。
初めての時、私はRAWファイルを使用しています。
これは、デフォルトのJPEG変換が特に明るい赤は好きではありません、例えばハンドバッグやスカーフ。
このカメラでは、1080pとパナソニック4Kの間のI/Oを必要とする4Kで録音すると予期せぬボーナスが得られます。
私が使っているものは、95Mbの読み取りと60Mbの書き込みです。
それは私にも合っており、それに応じてファイルサイズも小さくなっています。
私は64Gbカードで24時間60Mbのビデオを2時間録ることができると思います。
私は昨日 裏庭の2本のオリジナルと切り取られた長距離撮影を開示します。
どちらも手持ちで600mmフルズームです。
1つの否定的 – それは断然ソニーの小さな電池を供給です。
彼らは私のパナソニックFZ1000のバッテリーの約半分、そして私のパナソニックGH4Rのバッテリーの約6分の1 2018-06-22


 優れたカメラ、クラスでベスト、することが意図されているための。

これは1 インチセンサーの驚くべきカメラです。 
現時点ではこのような機能と画質のカメラは他にありません。
しかし、この(手持ちが難しい)200〜600mmの光学ズーム範囲が必要ない場合、よりコンパクトなフォームファクタが有利な場合は、同じセンサのEVF(ビューファインダ)がない、200倍までのズーム範囲のソニーRX100 M6を検討してください。処理された画像は同じになります。※注RX100 M6にはEVF(ビューファインダ)はあります。
また、ソニーのRAWフォーマットは、いくつかのプログラムにもっと面倒なことがあることを注意してください。
このカメラは、多くのことを行います。しかし、1インチセンサーが提供できる画質がより大きく期待しないでください。特に値札の印象で。
すべてのことを便利にする1台のカメラを持つなら、これがそうです。 2018-06-16


 見つけた本当の欠点はメニューだけです

素晴らしいカメラ。
今までに見つけた本当の欠点はメニューだけです。
それは混乱しており、読むことが難しい場合もあります。
それでも、まだカメラをもう一度買うだろうと言う。 2018-06-16  


 新装しなおしたカメラに見えます-新しいものにお金を払った

カメラについてはまだ分かりません、多分素晴らしいでしょう-しかし私は新品カメラにお金を払いました、そしてこれは多くを新装しなおしたカメラに見えます。
ボックスは内側がボロボロで、カメラに多少の傷があります。
明らかに新しいカメラではありません。満足できない! 2018-06-13


 優れた自然と旅行用のカメラ。

妻の以前のカメラでよく知っていたので、2017年のクリスマス前にSony RX10M4を購入し、今年3月に南アフリカでサファリに行きました。

予備のカメラボディといくつかのレンズを取った以前の旅行とは違って、今回は、RX10M4しか撮りませんでした。
国際線や国内線の様々な空港の不規則さや不一致を通って歩き回る際には、荷物の重量や荷物の大部分を気にする必要はありません。

私はその時に削除したものを数えずに、6000枚以上の画像を撮影しました。
カメラは完璧に鮮明で鮮やかな画像を提供しました。
フォーカシングは迅速かつ正確で、大部分の状況ではズーム範囲で十分でした。

画質に最大の価値を置いている人(ガチガチのピクセルにこだわる人)はおそらく同意しないでしょうが、私はデジタルクリア画像のズームがうまく機能していることがわかりました。
光が良好で被写体が周囲から十分に孤立している場合、画像は驚くほど良好です。
確かに、光学的なズームだけで撮影されたものほど画像を切り取ることはできませんが、通常これは必要ありません。
私が見つけた唯一の問題は、フォーカスエリアがはるかに大きく、きわどいフォーカスがあなたが望む被写体の部分にないかもしれず、フォーカスは正確ではなかったことでした。
個人的に、私はあなたがそれをシフトできない場合でも、スポットフォーカス機能をオンにできるようにしたいと思います。

RX10M4を600mmまで完全にズームアウトしたときや、(1200mm相当の画角を狭める)クリア画像ズームを使用するときの主な操作上の考慮事項の1つは、手ぶれを最小限に抑えるようにカメラを適切にサポートしていることです。
これにより、ISOを可能な限り低く保つことができます。
デジタルカメラは素晴らしいです;しかし、画質は依然として物理法則によって支配されています。
多くのいわゆる「画質の問題」は、厄介なテクニックから生じます。
すなわち、適切なシャッタースピードでない、および/または三脚、ビーンバッグまたは他のサポートを使用しない。
あなたがシャッターボタンを押すときに木、車、建物などの固体物体にぴったり傾きを合わせ呼吸を制御するだけで、キーパー率(取り置きする写真の率)を大幅に向上させることができます。

全体として、これは驚くほど能力のあるカメラです。
驚くほど優れた画質で、高速で正確です。これはセミプロSLRまたはミラーレスカメラの多くの操作機能を備えています。
使用するのが楽しく、レンズを交換する必要がないことは確かに便利でした。
実際に、私が見逃したかもしれない多数の画像を撮ることができました、単にこのカメラを持っていた、あるいはレンズを交換する必要がなかったのから。

ソニーRX10M4は、優れた旅行と自然のカメラです。
あなたが長時間の旅行でそれを取る場合は、USBソースから充電するか、車に直接差し込むことができる追加のバッテリーと充電器を2本用意してください。

次のモデルの改善?より速い起動時間がいいし、高品質の「フロントエンド」テレコンバーターレンズを追加する能力は、800mm f4.0相当が必要な場所では良いでしょう。
自然と鳥の写真撮影のために、これはRX10M5を最も要求の厳しい状況以外ではほとんど無敵にします。

その間にRX10M4をお楽しみください! 2018-06-08


 素晴らしい、しかし重すぎでかさばる

サイズ以外のほとんどすべての領域でこのカメラが本当に好きだった。色再現は特に素晴らしかったです。しかし、私にとっては重すぎてかさばる…


 一週間後に返品しました。バルブモードは…

バルブモード(夜景や天体撮影時などの長時間露光撮影時に使う機能)は笑い話です。これはsw(?)製品であり、カメラではありません。 2018-05-19


 カメラは焦点を合わせることと素晴らしいIQは…

カメラは焦点を合わせることと素晴らしいIQは驚くべきもので、すべてを独自に処理します。
これは、Bionzプロセッサを含むα7フルフレームカメラのほとんどすべての機能を備えています。
私はα7IIIを購入し返品しました、これのほうを気に入って。
あなたがマニアやプロシューマーであれば、素晴らしいズームや広角の一眼レンズに失望しようがないです。
これはあなたが手に入れることができる最高の旅行カメラです。 2018-05-18


 Moto GPのイベントでは素晴らしいかった

はるかに高価な、セミプロカメラから来て、これは画質でうれしい驚きでした。
私はまだカメラのニーズにどのように適合するかを学んでいますが、最近出席したMoto GP(2輪車のロードレースにおける最高峰)のイベントでは素晴らしいかったです。
高速のイベントを捕捉するのに十分速いです。
そしてズームのための長い範囲は本当に予想外のおまけです。
私は日々のキャリーカメラとしてこれを使用することを計画している休暇があり、それがどれほどうまくいくかを見ることに興奮しています。 2018-05-12


 素晴らしく頼りになるカメラ

このカメラにはとても満足しています。
すべてのメニューがどこにあるかを知るには数分かかりますが、タックシャープな写真を撮り、完全に調整可能で(手動モードで撮影する)、すばらしい望遠レンズを持ち、私の毎日のすべての撮影のための私の頼りになるカメラ。
あなたの通常のDSLRへのバックアップのためにそれを心からお勧めします。
ビデオとパノラマは美しく機能します。
欠落しているのは、レンズにフィルターを追加する機能だけです。
レンズを完璧にすることができます。添付の写真がいくつかあります。 2018-05-02


 多用途、高速かつ高価

速い:フォーカシングは閃光、連射モードは狂っている。
私は写真をじゅうたん爆弾で撮ることができるので、私はこれでズルをしているように感じます、あなたはキーパー(破棄しない写真)を得ることがほぼ保証されています。

ズーム:レンズのリング(どちらをカスタマイズするか)と電源ボタンのズームレバーを使用することができます。どちらのオプションもアクティブで、撮影しているものや撮影方法によって便利です。私はレンズリングを好む、それはズームにもっと有機的な感触を持っています。

レンズ:レンズのズーム範囲は非常に便利です。
24mmまで幅を広げると、数字では小さなもののように聞こえるかもしれませんが、フレームにさまざまな物や被写体を含めるときに非常に便利です。
それは言葉の真の意味でのマクロではありませんが、それは3cmに近い焦点を合わせることができます。レンズは光学ズームを使用して最大600mmになることができ、1つの構図で24mmから600mmに変わるだけで、そのようなレンズの多様性を示すことができます。
あなたがそれを必要とするなら。特定の焦点距離だけが必要な場合は、ミラーレスカメラとあなたのニーズをカバーする1つまたは2つのレンズを使う方が良いでしょう。

画像:画像はカメラから外に出すことができますが、もしあなたがそれらを処理するならば、より多くのものを絞り出すことができます。ビデオは、4Kや最近普及している高速スローモーションなど、多くの柔軟性を提供します。

手持ち:あなたは、片手(右手)で保持することができます。それはデジタル一眼レフよりも軽いが、明らかに一般的なデジタルカメラより重いです。
これは片手で持ち歩いてもバランスが良いです。
私はボディビルダーからほど遠いですが、私は手を使わなくても疲れずに1時間以上撮ることができます。
もちろん、より良い安定するため常に両手グリップやモノポッドや三脚を使用することができます。

タッチスクリーン:それはありますが、カメラの操作に完全に統合されていません。タッチスクリーンは2番目の入力オプション(完全なナビゲーションスマートフォンのタッチスクリーンよりもノートブックのタッチパッドと考えています)。
また、タッチスクリーンは上下に傾いていますが、横には動かないで回転します。これらの問題の両方で次のバージョンが改善されることを願っています。

テックの特徴:Wi-Fi、Bluetooth、NFCがあり、これを使用するか無視することができます。それでも、主力のスマートフォンは、技術者の機能の中でカメラに先んじています。

ボタン:カスタマイズオプションを備えたカメラのいたるところにたくさんのボタンがあります。あなたがこれを好きなら大きなプラス。
私は途中で邪魔になるどんなボタンも見つけられませんでした(例えば、それらを誤って押すなど)。

たくさんのメニュー:オプションだらけです。これがあなたの初めてのソニーのカメラなら、学習曲線があります。私は約4週間メニューに没頭していました。

充電:バッテリーはカメラ内で充電されます。充電器は含まれていません。それは約3時間かかり、その間にACまたは他の電源に接続する必要があります。充電はUSB-CではなくmicroUSBで行います。ケーブルとACアダプタが付属しています。それを頻繁に使用し、頻繁に充電する必要がある場合は、追加バッテリーと充電器が必要です。プラス面では、USB経由で充電中にカメラを使用することができます。

カード:私はSandisk Extreme PRO UHS-I V30カードをメインカードとして使用し、古いSandiskをバックアップとして使用します。
高品質のビデオや高速撮影やスローモーションの機会がいつ発生するかは決してわかりません。
カメラはUHS-IIをサポートしていないので、UHS-IIカードをさらに使用する必要はありません。

比較:以前の主なカメラはAPS-C デジタル一眼でした。私はそれを比較するために他のSony RXカメラを使用していません。ほとんどの撮影では、これは簡単で、より速く、多機能で(機能と焦点距離の面で)、私のデジタル一眼よりも便利です。
しかし、これがあなたに当てはまるかどうかは、あなたのニーズと好みによって異なります。より難しい撮影状況では、小型センサーからより多くのことを絞り出すことが出来るだけです。

価格:これは高価なカメラなので、多くの機能と利点があなたに気に入られなければなりません。
そうでないならミラーレスかは一眼レフカメラにより良い価値を得ることができます。

些細なこと:上からではなく下からタッチスクリーンに触れるように手を訓練する必要があります。
そうでないと、電子ビューファインダー ON(デフォルトでオン)の自動切り替えがあると電子ビューファインダーに切り替わります。
メモリカードのドアがあれば、メモリカードを取り出しやすくなりました。指を慣れさせるのに余分な時間がかかります… 2018-04-29


 とんでもないカメラ…あなたは一眼カメラを放棄したほうがいいかも

私はこれが買ってきたすべての中で総合的にベストカメラだと思うます、そして私は小さい一眼レフと同様にCanon 7Dと6Dを含め多くの一眼レフをたくさん買っています。

このカメラは、大きなレンズとピントを合わせる能力で「ショットを撮る」ことがこれまで以上に簡単になりました…なぜなら大きな一眼カメラとたくさんのレンズの束をに引きずる必要がないからです。

はい、もしすべてが最適で、もしあなたが実際にカメラを持っていて、もし正しいレンズが取り付けられていれば良い一眼カメラでより良いショットを撮ることは可能ですが、それは多くの “もし”です。

一部の人々は、1インチのセンサーを備えた他のカメラがはるかに安価であるため、高価すぎると言う人もいますが、このカメラのレベルではありません。
より良い比較は、これを少なくとも中間レベルの一眼カメラと比較して、良い(まともな)レンズの追加コストと比較、これが持っているズーム範囲あなたに与えるをことです…このカメラは “安い”ように見えます。 2018-04-28 

更新2018-05-06:
私はまだこのカメラについて学んでいます。
そこにある選択肢の量は “ビックリします”そして私はおそらく利用可能なオプションの半分を使用することはありません、そしてこの非常に良いガイドの道半ばです(あなたが本当にこのカメラを知りたいなら、):  Sony DSC-RX10 IVのフォトグラファーズガイド:ソニーの最新デジタルカメラを最大限に活用


 はい、価値があると思います…

OK、私は24時間しか持っていません。このカメラは素晴らしいです!
私は過去にいくつかのスーパーズーム「ブリッジ」カメラと、さまざまなレンズを備えたいくつかのDSLRキットを所有していましたが、これは正直に私が今まで必要だった最後のカメラであると信じています。
私は今までソニーを使っていないので、メニューやコントロールに慣れるのに少しかかるでしょう。
それらは容易にアクセス可能であり、論理的にレイアウトされているように見えますが一寸違います。
しかし、画質は素晴らしいです、オートフォーカスは非常に速く、一つのユニットで24-600の利便性、ボケを伴う速い連射モード、あなたが期待するすべての「通常の」撮影モード、いくつかの面白い創造的なシーンオプション…失望するのは難しいです。
私が望むものが一つあります。三脚の取り付けポイントを前方に移動する必要があります(ソニーさん聴いていますか?)カメラがマウント上でよりバランスを取るようにします。
じゃあ失礼します、私は写真を撮りに行きたいのです。
後で追加:レンズの品質について疑問を抱くならば、ゴールドフィンチの「クローズアップ」は、約30ヤード離れた鳥のフィーダーの600倍のズームである、より広い視野からのクロップです。 2018-04-28


 素晴らしいブリッジカメラ

1.あなたがブリッジカメラ(一眼カメラとコンデジの中間)を探しているなら、良い選択です。
DSLRとの比較しようとすると失望する可能性が高いので、そうしないでください。これはブリッジカメラです。
つまり、1つのレンズのコンパクトカメラよりも高品質の写真を撮ることになります。
2.このカメラの最大の不満は、カードに書き込むのに時間がかかることがあるようです – あなたの写真やビデオを見直す時間を賢明に選んでください、カードに書き込むとき何もできません。
カメラ内部のバッテリーを充電するためのマイクロUSBケーブルが付属していますが、カメラの外で充電できる市販のバッテリーを購入することができます。
液晶モニターの角度調節は非常に限られています。
3.それは大きくて重いカメラですが、複数のレンズを備えた完全なDSLRよりは軽いです。
4.品質と快適性に優れています。
5.画質は優れています。
6.フォーカスは優れています、時には少し遅くなることもありますが、難しい場合もあり、助けが必要です。
7.全体的に、私はこのカメラが大好きです。多くのレンズを持っていなくてもカメラを1つ選ぶ必要があるなら、それは素晴らしい選択です。

ご不明な点がございましたら、お気軽に以下のコメントをお寄せください。私はそれらに答えるために最善を尽くします。ありがとうございました! 2018-04-20


 だから素晴らしいですが、私はそれを送り返しました…

カメラに良い所がたくさんあったので、出来るならおそらく3.5星を与えていたと思います、そうは言うものの私は広範囲なテストの後にそれを返品しました。

その競争相手は、プロレンズ(17-55 2.8)を着けたNikon D7100でした。
もちろん、公平ではありませんが小さなセンサーは(他のブリッジカメラと比べると大きかったが、FXやDXフォーマットと比べると小さい)Nikon(RAWで撮影したもの)よりも人工的で彩度不足を作り出しました。
私はそれらを許容範囲内なので公開することができました(Lightroomを使用して)。
というのは、光学系とキャプチャシステムが全体的に良いということです。
私は並べて、十分な光、少ない光、高いコントラストの状況などで多くのテストをしました。

ここで私がソニーを返品する理由は次のとおりです:
ダイナミックレンジ – おそらくニコンの約半分です。
ダイナミックレンジが何であるかに精通していないなら、センサーが取り込むことのできる光の範囲です。
これは重要なことです。
なぜなら、フレーム内に明るい所と影のところがある場合、両方を見ることができるからです。
私はちょうどDXベースのカメラと比較される範囲の損失を逃すことができませんでした。

そして、主な理由(もし私がこの問題を抱えていなければ、私は返品しなかったかもしれません)は、ズームのフォーカスです。
スポットフォーカスを使用して、最大または最大ズームに近いところで、カメラは常にピントを追い、ときにはピントが合わないこともあります。
スポットフォーカスは、あなたが狙った対象をフォーカスして制御できます。
それは私が常に使うモードで、私が焦点を当てたいものをカメラが決めるのを望んでいません。
ほとんどの上級の写真家が混雑した場面でもフレームと焦点にあるものを完全に制御できるためこの方法で撮影します。
私の娘は約15フィートまでない離れたところに立っていました。中程度の明るさで屋内でした。焦点を合わせるのが非常に遅く、予測不可能でした。
瞬間を捉えるには、高速で信頼性の高いピントを持つカメラが必要です。このカメラはその領域で失敗しました。他のテストを行っても同様の結果でした。

私は、このキットにかなり感銘を受けたと言って終わらせてください。
これは非常にうまくできていて、一眼カメラや重いレンズから自身を解放することができるのにカメラに近いです。
しかし、焦点の信頼性は私にとっては許容範囲ではないので、次に出てくるものを待つつもりです。 2018-03-20


 素晴らしい画質、速いフォーカス、驚くべきズーム

このカメラが大好き。間違いなく、この価格帯のどんなタイプのカメラより良い。

フォーカスはとても速く、瞬時に感じます。
24-600mmのズームはとても長く決して終わらないように感じられ、画像の手ブレ補正は長いズームに対応します。フォーカスリミッター(無限遠-3m)は非常に便利です。

私は小さなバッテリーが大好きです。
それは私のSony α6000が使用するものと同じものです。
サードパーティのバッテリーは安いです。ダブルチャージャーでそれらを購入してください。”B01HFOJUCW”を探して。

あら捜し:
それは私の一眼カメラと同じくらい重くなります、でもこの巨大なズームで何が期待出来ますか?
私は24mmの広角がより広いことを望みます。
4Kビデオは安定しないので、代わりに1080pビデオを撮影します。 2018-03-15


 期待以上に良いものと悪いもの

RX10Ⅳは、Canon G3Xの代わりに2017年11月に初めて入手可能になったときに購入しました。
特に、アリゾナ州の冬休みに鳥の写真をほとんど独占的に撮ろうとしていました。
私は30年以上もキヤノンを持ち、使いやすさと豊かな色を愛していましたが、G3Xは動いている鳥に4フォーカスするのに問題を抱えていました。
したがって、RX10Ⅳの素晴らしい部分は、フォーカスが驚くほど速く正確で、フォーカスでウロウロすることが少なく、レンズはシャープでシャープでシャープです。
私は空中のハチドリをシャープなディテールで捉えることができます。

それほど素晴らしい程ではない:
キヤノンよりも重い – 余裕のfストップのためにやむを得ないことです-それでも持ち運んで撮るのに かなりの重さ。
また、明るい光でアリゾナで撮影すると、シャープさに必要な速いシャッタースピードを得る一方で、明白な問題があります。
はい、調整可能なダイナミックレンジ設定があります、しかし、カメラのDRO設定が使えなくなってしまうのをスグに(しばらくして)学びます。
ビビットモードで撮影しない限り、色が薄くなります。
私は数ヶ月間最適な設定を試みましたが、露光量は予想外に予測できません。
オートISOは、同じ光の同じ被写体の処理方式間で予測外に飛び跳ねるように思えます。
私はあわよくばと さまざまな測光モードを試しました。
私は、メモリカードやコンピュータの動きを妨げるRAWの画像を扱いたくないし、カメラの他で使えるJPEGが好きです、JPEGを後処理しても、ハイライトを露出してシャドウを引き上げようとしても、焼けたハイライトは修復されません。
これはソニーの恐ろしいカメラメニューシステムとの私の最初の遭遇です。
(特に)鳥や静的な被写体を撮影するのに余裕を持たなければならないほど調整に時間がかかります。
Canonのユーザーフレンドリーな体験に近いものは期待しないでください。
最悪の部分は、露出はとても許されないので、どれだけのショットが捨てられるかです。

なので、驚くほど速くピントを合わせ、レンズは600mmでめちゃくちゃシャープで、許されないほどばらつく悪い露出で、期待より悪いメニュー。

焦点のスピードとシャープさでこれを購入してください、しかし、あなたは多くの暴露をあきらめて、たくさんのショットを捨てることを認識してください。 2018-03-08


 素晴らしいカメラ

これはおそらく最も汎用性の高いカメラです。
ほとんどのブリッジカメラ(小型軽量のコンパクトデジタルカメラと、多様な機能をもつデジタル一眼カメラの中間のカメラ)よりも大きなセンサーを備えているため、画質が優れています。
私にとって、Sony サイバーショットRX10IVの利便性は、フルフレームカメラが提供する比較的小さな画質改善をはるかに上回ります。
このカメラは、大きなズーム範囲、非常に迅速かつ正確なピント、および24フレーム/秒の高速連写モードで、野生動物の写真撮影に特に適しています。 2018-03-04


 参考までに-これは35mm換算でf2.4-4.0の絞り値ではありません-だまされてはいけません!:)

このカメラは素晴らしいですし、正当な理由で素晴らしいレビューを受けて取っています。
しかし、ソニーは日常的に(意図的に)間違った絞り値を35mm(フルフレーム)換算の仕様で表記しています。
はい、8.8-220mmのレンズは24-600mmに相当します。
ただし、同じクロップファクタを絞り値に適用する必要があります。
8.8-220mmの仕様(1インチのセンサーの場合)はf/2.4-4.0で、24-600mmのフルフレーム相当のf/6.6-10.9と同じです。
物理学的にそんなはずありません。
ソニー(いくつかの他の罪深いメーカーも)は、絞り値の数学をするのを忘れてしまっています。
考えてみてください。600mm f/4レンズは15ポンドぐらいです。
絞り値の方程式によれば、直径150mmの前面レンズでなければなりません。
これは、ソニーのレンズが不良であるとか、カメラが悪い写真を撮るとかを意味している訳ではありません。
実際には正反対です。
しかし、物理学の法則に反することはできず、実際の600mm f/4レンズと同じレベルで実行することはできません。
同等の絞り値の違いに注目するのは、レンズのボケにあります。
このソニーレンズは、絞り値だけに基づいて、真の600mm f /4フルフレームレンズと同じように背景をぼかすことができません。
再度、このカメラがまったく悪いというのではありません。
これは非常に能力があり、それ以外のものは全く素晴らしいカメラです。
私はただ、ソニーがレンズの記述に正直になることを望んでいるだけです。 2018-02-18


 レモンを受け取り、Amazonのカスタマーサービスがそれを桃に変えました。

私は誕生日の贈り物のためにこのカメラを妻に贈りました。
そして、彼女は今日それを開きました。彼女は他のいくつかのソニーのカメラを持っており、ソニーのすべてのカメラの操作に非常に精通しています。
完全に充電されたバッテリーと新しいSDカードを挿入した後、カメラをオンにしたところ、カメラが動作しないことは明らかでした。
ビューファインダーを見て、ディスプレイ画面を見ると、それらは両方とも真っ白でした。
はい、レンズカバーは取り外されていました。
また、ディスプレイスクリーンから保護フィルムを除去した後、スクリーンが完全に台無しにされたことは明らかでした。
それは使用済みのカメラであり、それを非常にうまく処理していないように見えます。
私はAmazonに連絡して交換を依頼しました。
交換を受けて、私たちが新しい作業カメラを持っていることを確認した後、このコメントを更新します。

アップデート:
今日は2018年2月1日です。当初受信した使用済みのカメラの交換用カメラを受け取りました。
これは明らかに新しいものであり、我々はそれを喜んでいます。
今、私の1つの星のレビューは5つ星になります。
Amazonのカスタマーサービスは、記録的な時間で交換品を私たちに手渡す良い仕事をしました。
私が最初に受け取った使用済みのカメラに関連する2つの追加項目です。
まず第一に、バッテリーが完全に充電されていて、レンズのフードが箱に入っていないということでした。
私はカメラを使用した後に別のアップデートを提供します。
今はまだバッテリーを充電しています。 2018-01-29


 素晴らしいオールインワンカメラ

透明性のために(Amazonでの購入のマークがついていませんので)、今度だけはRX10ⅣをAmazonで購入していませんでした。
私は昨日、通りの真下の地元の実店舗で購入しました。
それを外して、これは私のソニーRXシリーズの4番目のカメラです。私は何年も前からRX10で始まり、今度はRX10ivまでラインアップしていきました。
このラインの様々な変化の間には、他のカメラがありました。
それらは、大きく /重い高価なレンズを備えたかなりハイエンドのDSLRから、1~2日持ってすぐに返品した小さなキヤノンカメラにいたるまで広範囲に及びました。
私はプロではありませんが、気軽なアマチュアな写真家よりもかなり本気です。
写真を素晴らしく見もらいたいが、重いフォトギアの大きいバッグを抱き、状況に合わせてレンズを交換しなければならないという考えをあきらめました。
私にとって “撮影は楽しいはずです”。…心地良くないリュックに写真機材を持ち運ぶのは楽しくない!
私は誰もが違っていることを理解してます、私の必要性/望みは私の願望です。
私にとってカメラとは
これは確かに”スイスのアーミーナイフ(十得ナイフ)!!
特にソニーが「もし、それを見ることができるならば、それを撮ることができる」RX10Ⅲの際立ったレンズを作って以来、私はいつも頭の中でアイデアを持っていました。
RX10Ⅳはすべてを行います。
(事前のレビューにすべて目を通していないので重複してたら謝ります)
このカメラのもう一つのこと、それは手にうまく収まります。
私は、RXシリーズの変化の間にフルフレームのミラーレスカメラを購入し、それを数日で返品しました。私はまったくそのカメラの感触が明らかに好きではなかった。
フォトグラファーは、これが何を意味するのか分かります。
合計で:ソニーRXシリーズのカメラは、私にとって、間違いなく完璧です、カメラの重量、重い/高価なレンズを備えた大きなDSLRと比較して、私にとっては…問題ではありません。パフォーマンスにピッタリです!
そして、私はレンズの素晴らしい範囲を言及せずに終了することはできません!
それは24-600mmとして記載されているが、カメラのクリアズーム機能の任意の使用は、最大1200mmに吊り上げます…と私はその範囲で悪い画像を持ったことはありません…それを気に入っています!
したがって、誰のためのカメラですか?
素晴らしい写真を望む人には誰にでも…高価なDSLR /関連レンズ/大型カメラバッグにはマイナーな財産を費やすことを望ましくない(または必要としない)…そして楽しい、素晴らしい結果を望んでいますオールインワンカメラで。 2018-01-28


 ISOパフォーママンスはISO800を超えると良くありません

小さなセンサーでは、多くを切り抜きをすることはできません。
ISOの性能はISO 800を超えると良くありません。(ちなみに私のCanon 7D Mark IIと比較しています。)
それでも、100〜400mmのレンズを備えた7Dよりもはるかに軽く、私が近所の街を歩いているときに使う相当なカメラです。
私は、野鳥観察家で野鳥写真家ですので、私はこれが実際に私の7D Mark IIを置き換わることを期待していました。
しかし、特徴セットであるように、オートフォーカスは高速です。 2018-01-25


 高品質で多目的なカメラ

これはスーパーカメラです。
私は多くの研究を行い、これまで他のカメラには完全に満足したことはありませんでした。
私は失望していません。こは私が望んでいたすべてをしてくれる!
静止フレームレートは驚異的です。ビデオスローモーション機能は優れています。
メニューシステムは広範囲ですが、カスタマイズ機能により、フルメニューシステムを使用する必要はほとんどありません。
敏速なフォーカスはすばらしいです。高いISO品質は非常に良いです。ワイドアパーチャーのボケはとても良いです。
重量はブリッジカメラにしては多少ありますが、これは一般的なブリッジカメラよりも一眼レフに似ており、手動焦点とズーム機能は一眼レフに似ています。
外部マイクとヘッドホンジャックは、プロのビデオ録画設定を行います。
ビデオと静止画の両方の手ブレ補正は非常にうまく機能します。
Auto HDRは非常に柔軟です。カメラは、無料のアプリで携帯電話で制御することができます。
インターバル撮影機能を備えたフリーソフトウェアを搭載したコンピュータで制御することができます。
私はgphoto2を使ってLinuxコンピュータでテストしたところ、うまくいきました。長時間の撮影には、外付けのUSB電源を使用します。 2018-01-17


 最高のブリッジカメラ

優れたブリッジカメラ。
高価ですが、それだけの価値があります。 2018-01-17


 これは最高の汎用カメラです

ちょうど今、これは最高の汎用カメラで 2018-01-08


 自然写真家のための素晴らしいカメラ

ハイキングやカヤックをしている間、写真を撮っている素人の写真家です。
私は、最小限の設備から最大限の能力を望んでいます。
レンズを交換したくはありませんが、遠くから動物の写真をたくさん撮ります。
カヤックでは特に、三脚や一脚で騒ぎ立てることはできません。
ショットを見たらすぐに撮影する必要があります。
Sony RX10 IVは、その機能と優れた写真を私に提供してくれます。 2018-01-08


 もし私がカメラを1台しか持てないなら、これがそのカメラです。

45年の愛好家とセミプロとして、私はしばしばパフォーマンスのために携帯性を犠牲にしました。
このカメラはあなたに両方を提供します。
光学系は、トップDSLRに匹敵する良好な光でクリアな写真を持つ最高品質です。
1インチのセンサーとレンズは独自のリーグを築きました。
私は野生動物を楽しんでいます。
このカメラの到達範囲と品質は、野鳥撮影の理想です、20ポンドの機材を持つことなしで。
サイズはエントリーレベルの一眼レフやレンズに匹敵しますが、より軽くてより多くの機能があります。

このバージョンのオートフォーカスはバージョンIIIよりはるかに優れており、最高の一眼レフと張り合えます。
連続動作の最大24fpsの速度は他に類を見ないものです。実際に、20メガピクセルでは、何千コマの激写とSDがいっぱいになる事に気を付ける必要があります。
幸いにも、それは3つのスピード設定を持っています。
私は防塵・防滴はテストしていません。

最大の欠点は価格です。私は最近、この小さな宝物とほぼ同じ価格でDSLRと150〜600mmのズームを購入しました。
もちろん、その装備の重量はこの約10倍です。
これは、低照度撮影には理想的なカメラでもありません。
ISO 400までの大型センサーDSLRとの違いは分かりにくいですが、その以降は大型センサーがこの1インチのセンサーを引き離します。
Nissin 40のようなコンパクトな外部フラッシュに投資するのは良い考えです。

あなたはお金があり、究極の旅行やハイキングカメラがほしい場合、疑問の余地はありません。 2018-01-02


 5つ星

2017-12-31


 優れた画質

驚くべきカメラ。
SLR、DSLR(現在はCanon 70D)、ミラーレス、コンパクト、ブリッジカメラなど、長年にわたりカメラを最大限活用してきました。
プロではなく、家族、スポーツ、アウトドア/ランドスケープ、乗馬、屋内グループのアクティビティショットをたくさん取る熱心なアマチュアです。
これは、多くの点で、私が所有している最も楽しいカメラです。
小さなサイズにもかかわらず、大きな鮮やかさで大きなリーチ。
確かに私はすべてのことを理解する時間がかかります。
特に低照度では、私は役に立たないショット撮ってしまうことが多いです。
しかし、カメラにはトレードオフ(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ない)があり、これも例外ではありません。
これは、正にたくさんのポジティブな制限があることだけです。
カメラは先週金曜日に到着しました。ジンジャーブレッドの家(クリスマス用のケーキに飾る家)を建てている若者達や、屋内でのらくらしたり、屋外で鳥が雪上に着陸する休暇の週末のちょうどいい時間内に。
私はそれでたくさんの素晴らしいショットを撮りました。
まだキヤノンの居場所はありますが、来週フロリダのサニベル島に行く予定でキヤノンの70-300のLのレンズを持つ代わりに、野鳥の撮影に今この最高の奴を持っていくつもりです。
ほぼ確実に、ソニーを買うことは、速い400のズームレンズを買うよりも安く、ずっと少ない額になります。
私はソニーのレンズのどちらの端(ワイド・テレ端)でも結果に問題は検出されませんでした。
より多くの努力(そして手元にある説明書付き)で、私はキープ率が上がると確信しています。

はい、これは高価です。
はい、これはちょっと複雑で、古いCanonユーザーにとっては直感的ではありません。
はい、良いレンズを備えた素敵なDSLRほど明るくないです。
はい、それは短所と癖を持っています。

しかし、これは素晴らしい画像の広い範囲を取る、多くの重量ではなく、バック全体を占めません。
あなたが迷っているとしたら、思い切って決断し楽しい時間を過ごしてください。 2017-12-26


 ニコンD800よりも良い画像

私のニコンD800よりも良い画像。
唯一私が変えるなら、電池の寿命を延ばし、SDカードを簡単に取出すことだけです(扉が近すぎます) このカメラは高速です。 2017-12-14 


 RX10 Mk 4は優れたブリッジカメラであり、最高のすべてのことができる…

数週間前にPanasonic FZ2500を購入しました。また、Sony RX10IV も購入しました。
どちらが最善であるかのレビューを読んで疲れて、それらを並べて比較することにしました。
私の考えでは、パナソニックはあり得ないカメラです。
それは数え切れないほど多くの機能ボタンを持っています。
すべてのボタンは素晴らしく計画的に考えられています。
カメラの人間工学という言葉は、バッテリーを三脚の挿入部から少し遠くに置いたほうがいいということ以外は素晴らしいと思います。
カメラの人間工学として、バッテリーを三脚の挿入部から少し遠くに置いたほうがいいということ以外は素晴らしいと思います。
重量はRX10IVと比較して優れていて、RX10IVよりもマグネシウム アルミニウムが少ないことは気にしません!
さて、私は少し怒っていることについて話をします、はい、パナソニックFZ2500は微速度撮影があります、フィルタを組み込むために3つの調整があります。RX10シリーズはやったことがありません。
パナソニックは「ここで私が作ることができる最良のブリッジカメラをあなたに提供しよう」と言い、ソニーは「微速度撮影、フィルタの件はありません、しかし貴方が幸運でもう一代後のブリッジカメラなら、あなたにそれを提供します」と言っているように感じます。

真実を今、私は歯を食いしばって耐えRX10Ⅳを購入しパナソニックを返品しました。
専門家を除きどれほどの人がこれら2台を並べて試したレビューを書いたでしょうか?
私は試しました!
マーク4のレンズが勝利しました、それは信じられないほどです。
ソニーはメニューを改良しました、カメラがFZ2500よりも重くても、これは防塵防水です。
このカメラのツァイスレンズはとても良いです!
私は74歳です。このカメラが私が購入する最後のカメラであると思っています。
しかし、もしパナソニックFZ2500に同じレンズがあれば、パナソニックを買ったでしょう。
私はここしばらくパナソニックブリッジカメラを購入しています。
FZ200とFZ1000を所有しています。どちらも非常に良いカメラです。
このレンズは非常に優れたレンズを持っていたので、パナソニックFZ2500より良いものを1つを持っている必要があります。
FZ2500を購入しようと思う唯一の理由は、優れたビデオ機能のためですから。
現状でも、もし私が望むならソニーができない別のもの、FZ1000で超高精細動画を撮り、8メガピクセルの静止画に変換することができます。

Sears Mail Order(通販カタログ)が王だった昔、カタログには3つの似た製品がありました、1つは良い、次の1つはさらに良い、そして次は最高に良いです。
私はFZ2500パナソニックを非常に優れたものとして、ソニーRX10IVが最高に良いです。

私の最終的な言葉は、ソニーは私を完全に読んでいる、その優れたレンズのおかげで、私はRX10IVを買う余計なお金が必要でした。

幸せな写真撮影を! 2017-12-13


 おそらく世界最高のブリッジカメラ

これは1週間の間、数百枚のショットといくらかのビデオを撮った最初の印象です。
私は上級のアマチュアです。
ズームレンズは見事です。結果は非常に気持ちの良い広角または望遠です。
私はまだその能力と限界について学ぶことがたくさんありますが、これまでの結果は非常に満足です。

私の以前の小型センサスーパーズームCanonブリッジカメラと比べると、それはまったく異なるレベルにあります。

キヤノンは私によく務めてくれましたが、フリップスクリーンはもはや機能せず、よりシャープな写真でより本気なものへの準備ができました。
キヤノンは良い色をしていましたが、ノイズレベルが特にズームインされたり、光が弱かったりした場合に私のパレットが限定されていました。

私は多くの研究の後、Canon SL2を買うことにしました。
絶賛されたAPS-CセンサーエントリレベルのDSLRです。
2個のレンズを購入しましたが、私の目的(汎用、マルチユース、モータースポーツ)では、改善された写真の品質は余分なレンズを持ち歩くことを正当化するのに十分ではないことをすぐに認識しました。
DSLRの画質を向上させたいと思っていましたが、古いブリッジカメラの持ち運びの良さを望んでいました。
私はキヤノンを返し、見つけることができる最高のブリッジカメラを買うことにしました。
それをLumix FZ2500とSony RX10 IVに絞り込みました。どちらもDSLRよりも小さいが、大多数の他のブリッジカメラよりも大きい1インチのセンサーを持っています。私のニーズのための良い折り合いです。

それがソニーの価格のほぼ半分であるために
ほとんどLumixを購入しかけました(SL2+レンズ2個と同じくらいです)。
多くの研究と魂の探求(付属品付き2000ドルが私が費やす予定以上のもの)の後、ソニーのツァイスレンズが私が望んだものだと結論づけました。それはルミックスレンズよりも長く、テストされています。

私はポストプロセッシングソフトウェアを豊富な経験しているので、ショットを強化したり操作したりすることができます、結果、より大きなセンサーカメラと同じくらい良い結果を入手することができると考えました。
私はまた、最高のブリッジカメラを買うことを決めたので、後で後悔に思うことはありません。
この技術は急速に動きます。しかしCanon SL2よりもわずかなノイズが発生しますが、このカメラの素晴らしいレンズは可能性の世界を広げています。
前モデルのSony RC10 Mark IIIを少しの間テストしましたが、Mark IVは動く被写体を撮影する際の私にとっては決め手のオートフォーカスシステムを備えています。
私はトラックでレースカーのテストを楽しみにしています。
非常に頼もしいのは、私がガチョウの複数の個体の大きな鳥群れを見て捕らえ同時に群れを追跡することができたからです。これは非常に素晴らしいです。

今私は自分が望むものを簡単に撮影できると感じています、そして1つの小さな袋にすべてを運ぶことができると考えると2000ドルの価値があるという素晴らしい気分です。
誤解しないでください。このカメラは他のほとんどのブリッジカメラに比べて最高ですが、国際旅行のための軽量パッケージを望んでいる人々を恐れているかもしれません、しかし、なんでもできるカメラとして、それは比類のないものだと思います。
画質はブリッジカメラとして素晴らしいです。ファインJPEGでさえPhotoshopで簡単に操作でき、RAWに依存する必要がありません。

短所:
かなり急な学習曲線(操作するのに最適なメニューではない)。
大きく重いものに分類。
バッテリーチャージャーが付属していない(内部で充電するので、撮影中に余分なバッテリーを充電したい場合は外部充電器を購入する必要があります)。
NDフィルターは内蔵されていません(私にとってはまだ問題ではありませんが、私はいつもねじを締めることができますが、過去のモデルを考えれば変な省略。)
残念ながらタイムラプス機能はなく使い辛くて残念です。
プレミアム価格、いくつかのDSLRに匹敵します。

長所:
何千ドルもの余分なレンズの持ち運びに代わる素晴らしいレンズ;高品質な造り-他のほとんどのブリッジカメラ、さらには私の手の中のSL2よりも優れています。
4Kビデオと良好なオーディオサポート。
RAWの超高速連写の写真は、この価格帯では業界では他に類のないものであり、最終的には世界的な威圧者であることを約束するオートフォーカスシステムです。

要点:おそらく世界中で最高の万能カメラです。 2017-12-13


 もし、RX10の旧バージョンのフォーカススピードに失望しているなら…

RX10 IIIを売却した後、ごく最近このカメラを買いました。
私がそれを買った主な理由はより速いフォーカススピードです。
アップグレードは価格に見合う価値がありますか?
おそらく、より速いフォーカススピードカメラが必要な場合は。
すべてのオールインワンで、以前のバージョンとほぼ同じカメラで、アップグレードされたセンサーとフォーカスのスピードが主な違いです。
レンズは素晴らしくシャープで、4Kのビデオを撮影、あなたの好みに合わせてカメラをカスタマイズできます。
私はまだ撮影にそれを持って行っていませんが、設定を調整したら、撮ったテストショットは素晴らしかったです。
あなたがこのカメラの価格を頭に浮かべるなら、あなたは市場で最も良いブリッジカメラ(コンデジと一眼カメラとの中間)を見つけたかもしれません。
私は休暇中に一眼カメラが家に留守番することを分かっています。
一括して運ぶことなく、レンズの交換やショットをミスすることを心配する必要はありません。 2017-12-12


 予想通り良い、しかしレンズが付属しているので

予想通り良い
レンズが付属しているので重さに注意してください 2017-12-12


 これはいいカメラ、しかし…

このカメラを1ヶ月以上使って、1000枚以上の写真を撮影しています。
私はこのカメラに5つ星を与えたいと思っていますが、次の理由からできません:

– LCDは、保持器の平面より少し上に位置します。
要するに、それは、LCDを引き起こす他の物体によって壊れるさる可能性があります。

私はカメラと双眼鏡を同時に着用し、常にこの事態を心配する必要があります。
なぜソニーはPanasonic FZxxxカメラに見られるような完全に関節運動のLC​​Dを使用しないのですか?
私は、ごくまれにLCDを使用し、それがFZ300で内側に折り畳まれていることを感謝します。
常にLCDを使用する人がいることを知っていますが、カメラをたくさん持たなければならないので、バッテリーを節約してEVFだけを使用するようにLCDをオフにします。
私の仕事は屋外で野生生物、主に鳥を撮影するので、LCDは明るい日のEVFほど良くはありません。
パナソニックFZxxx LCDを折りたたんでバッテリーを節約し、実質的な保護を提供します。
完全関節式LCDは、90度の角度で撮影する柔軟性を提供し、ソニーRX10IVでは不可能な目立たないストリートシーンの写真撮影を可能にします。
ソニーは、そにーなりにできますが、ポートレートモードとLCDの角度のビューに制限されています – 聞いてください:あなたはカメラを野原に持って行く私たちのもののために完全に関節運動のLC​​Dを開始する必要があります。

– 低照度の環境でAFが迷います。
それは良いことではありません。
しかし、私はFZ300で持っていた電子スライドスイッチよりも、はるかに優れた かなりきちんとしたアニュアルフォーカスを提供してくれるソニーの方を信じています。
AFは被写体を捕捉せず、近くの物体を捕らえたので、私は明るい光でもマニュアルフォーカスを何度か使わなければなりませんでしたが、きちんとしたマニュアルフォーカスに感謝します。

– ボタンの触感がよくない。
例としては、メニューボタンとC1&C2ボタン。
私はそれの外形または不便な配置(特にメニューボタン)のためにそれらを感じることができない、私はほとんどいつもカメラを降ろし、ポジションを見て指をあてます、鳥の写真では秒が重要です。
それ以外の場合は、カメラのレイアウトが整っていて、オンラインの指示があればメニューをナビゲートするのが簡単です。
私はコントロールリングにも3つの機能を割り当てることができるのが好きです。
これらすべての課題は、私がフィールドでメニューを頻繁に使用する必要性を避けてくれます。
しかし、センター ホイールを押すことでメニューを選ぶことができ、メニュー ボタンではない他のコントロールの機能は離れた配置を望みます。

このコメントがあなたにとっては問題でないなら、私のレビューを4-5星と考えてください。
それはほとんどの光の状態で良い写真を撮ります。
注意:まだ静止画しか撮影していないので、これはビデオ機能のレビューではありません。 2017-12-01


 はるかに良いオートフォーカスを得るために

私はマーク3を借りました…それはこのマーク4を待った甲斐があった…もっと良いオートフォーカスを手に入れた。
私のレーシングコミュニティはスローモーションファイルを愛用していますが、HFRモードと比べて120/60ノーマルスローモーションを使用するのが最良です。それらのファイルは毎回保存するのに15秒かかります! 2017-11-29


 写真を撮るのは簡単なはずがない…

プロフェッショナルな感じの写真に見える素晴らしいカメラ。
以前のカメラはiPhoneだったので、事前のカメラトレーニングなしでオートでの撮影だけで、私はこれらの写真を撮りました。 2017-11-19


 旅行にほとんど完璧なカメラです

私は旅行にカメラを使用を計画しました、lこれは多用途性なのでほぼ完璧です。
ズームは動物を撮影するのに優れています。それは非常に速いです。
私が5つ星を与えない理由は、タイムラプスの写真を撮る能力がないためです。
ソニーがすぐにこれを修正することを期待しています。 2017-11-19


 もしビデをを撮るなら、ただ旅行とスポーツ

フレキシブルスポットのロックはビデオモードでは利用できないため、ビデオによるトラッキングが妨げられます。
私は、ビデオでズームインされた鳥にたくさんの焦点の問題がありました。写真モードでは完璧に動作します。
1インチのセンサーのDOF問題は、このカメラを人物撮影やセパレーションを含むあらゆる創造性に向いていません。
これは旅行/スポーツカメラ用であり、あなたの唯一のカメラではありません。 2017-11-09


 驚くべきセミプロのポイントアンドシュート

まず、私はこのカメラを所有しています。数週間前からこれを持っていました。
友人が新しいソニーのポイントアンドシュート(大まかな意味で)を買ったと言ったときに私は懐疑的でした。
※ポイントアンドシュートとはオートフォーカス・自動露出いわゆる「ばかチョンカメラ」の意味

しかし、実際に手に取った瞬間、すぐに恋に落ちました。
このカメラがFULL AUTOで撮影する写真は、息をのむようなもので、ほとんど誰もがプロのように見えます。
ほとんどの焦点距離で美しいボケと、完全にシャープで焦点が合ったアクションショット…それは本当に私が何年もの間夢見てきたオールインワンです。

Nikon DSLRのセットアップ撮影や夜間撮影が大好きですが…子供と一緒に出かけたり、公園に行ったりすると、新しいカメラが75%の使用時間になります。
24-600MMのレンズで、それは文字通りニコンレンズの3つに置き換わり、前後に切り替える必要がないことは、大きな利点です!

これはセミプロ市場の大部分の宝になるでしょう…そして、彼らは他のものよりも使いやすくキャプチャできるため、彼らのギアを使わずに素晴らしい携帯電話(特にアクションショット)をしばしば掴んでしまうことに気付くでしょう。

(私は先週末に撮影した写真をFULL AUTOMATICモードで添付しました!) 2017-11-09


 まあ…私はこのバージョン持ってません。しかし、これは役立つかもしれません。;(

素晴らしいカメラ しかし>>>>ソニーはMAC OS10のみをサポートしていますがインストールしたばかりのHigh SierraそしてActionCam Movie Makerもダメになり、プラス RS10MIIのアップデートもインストールすることはできません。
昨日のソニーのサポートとちょうど話しました….. “修正が来ている”。
RX10のすべてのバージョンが影響を受けます、RX10MIVまで。 2017-11-09


 あなたが購入できるベストの”パパ”カメラ

こんにちは。パパが来ました。
私は、パパになるずっと前から写真を楽しんでいました。
私が覚えている以上の多くのデジタルカメラを持っていました、最初のデジタル革命からフルフレームのCanon 6D、そして現在はSony RX10 IVまで。
アメリカで入手可能になった直後にB&Hから、このRX10 IVを購入しました。

多くのお父さんのカメラマンのように、私はカメラの世界のキャプテン・アハブ(白鯨を追いかける船長)になりました。 必要なすべてができ、1つのパッケージにまとめられている神出鬼没の「白鯨」のようなカメラを常に探しています。

これらの条件には以下のものがあります:

*優れた画質(これは#1です)
*長いズーム範囲(子供がスポーツをしている時や学校行事の最後列で歌っている時)
*オートフォーカスで素晴らしいビデオが撮れる
*便利(たくさんの異なるレンズが必要ない)
*素晴らしい人物撮影かつ素晴らしいアクションショット

今まで、これを行うことができるものは本当にありませんでした。DSLRはこれらの多くの点で優れていますが、長いズーム範囲が必要な場合は、さまざまなレンズを購入する必要があります。
あなたの子供のサッカーの試合でのアクションがフィールドの遠端から手前側に行く場合、レンズをより広角レンズにチェンジする時間はありません。
また、多くのDSLRはビデオ中にオートフォーカスが酷いので、背面の小さな画面でマニュアルフォーカスでピントを合わせるのは悪夢です。(デュアルピクセルオートフォーカスのCanonカメラは実際にはこれで非常にうまくいきます。Sony SLTカメラもそうですが、まだ複数のレンズの問題が残っています)。

過去のブリッジカメラ(一眼とデジカメの中間カメラ」)は魅力的でした、1つか2つを試しましたが、画質が悪く、オートフォーカスに乏しい傾向がありました。
小さなセンサーでは、被写体にピントが合っていて背景がぼやけていても、どんな種類の分離も難しく、ISOレベルが最も低い画質はかなり悪いものでした。

Sony RX10の話しに入ります。私は第1世代、第3世代、そして現在第4世代のモデルを所有しています。
私の目的のために、子供の幼年期を記録化している父親として、私はついに常に探していた “すべてを行う”カメラを見つけました。
ワイドアパーチャレンズと組み合わされた1インチのセンサーは、(私の目に)非常に気に入ったボケ(ぼやけた背景)を持つ素晴らしいポートレートを可能にします。
マークIVを含む後発のモデルも、高いISO性能で大幅に改善されます。私の考えでは、もちろん、あなたが、できる限り低いISOで撮影したいと考えていると思いますが、ISO 3200はこのカメラで完璧に使えます。
はい、それを高くするとノイズがありますが、100%ズームしない限り、実際には問題にはなりません。
そして、600mm相当のズームでは、ポストでトリミングをする必要がないので、カメラでそのショットを取得することができます。(また、屋内では、可能であれば常にバウンスフラッシュを使用するべきです、なのであなたはISOでそれほど高くする必要はありません。)

私は第1世代RX10からマークIIIにアップグレードして、追加のズーム範囲と超スローモーションのようなビデオ機能を追加しました。
しかし、RX10マークIIIの弱点があったので、まだ自分のDSLR(キャノン6D)を手放すことができませんでした–オートフォーカス、特にズーム範囲の最望遠端では、どんな動きのアクションショットを取得するかは予測できません。
だから、サッカーの試合を録る事が出来る距離ではあったのですが、その範囲は、子供たちが動き始めたときにフォーカスを維持できないため、あまりうまくいきませんでした。

この1つの弱点は、RX10マークIVで対処されています。
近年、SLRカメラで数十年に渡って使用されてきたが、ミラーレスのカメラにしか使用されていない「位相検出」と呼ばれる焦点技術を使用しています。
この焦点技術は、以前のモデルで使用されていた技術(「コントラスト検出」として知られている)よりもはるかに優れています。RX10 IVは動きを非常にうまく追尾しています。
この改良により、私は最後のDSLRとすべてのレンズを喜んで販売しました。RX10 IVは、私が見てきた「do-it-all」カメラですために。

私はここにサンプルショットを添付しています。
1つはサッカーの試合で、私はそれを持っていた最初の週末にカメラを撮りました(ここは中西部で凍っていました、したがって、大きなコート)。
彼女の足にはモーションブラーがありますが、それはシャッター速度が十分に速くなかったからです。カメラはフィールドのまわりで彼女を完全に追尾しました。
もう1つのサンプルは、カメラで撮影したポートレートです。
私はこれを1インチのセンサーでポートレートを撮ることができないと言っている人たちのへ対抗として提供しています。
あなたはポートレートを撮るだけでなく、素晴らしいポートレートを撮ることができます。
同じ日に私はこれを撮りました。友人のためにいくつかの家族のポートレートを撮りました。
そのうちの1枚は24×36のキャンバスにプリントされていて、それは素晴らしいです。
このカメラは本当にすべてをやっています。(ああ、ソニーは、Mark IVのバック・ボタン・フォーカスを行う機能を追加しました、あなたがその方法でフォーカスを当てることに慣れれば歓迎すべき変更です。)

最後に、価格に関する簡単な注釈。
このカメラが高価であることは間違いありません–私が知る限り、あなたは文字通り高価なブリッジカメラを見つけることはできません。
しかし、このカメラのすべてを考慮すると、価格は実際には昔からのカメラのセットアップと複数のレンズで同じことをするために費やすことに比べて、実際に充分に値打ちがあります。
キヤノンの600mm F4レンズは、それだけで$ 11,000を超えています。あなたはそのレンズでRx10 IVよりも良い写真を撮っていただけますか?確かに。
しかし、価格のほんの一部で、90%の価値があると思う写真を(私の意見では)得ることができます。
RX 10 IVは、多くのDSLRカメラでは不可能なことをしています。
例えば、驚異的なスローモーションビデオトリックに加えて、RX10 IVは信じられないほど速いシャッタースピード(ほとんどのDSLRの1/200秒と比較して1/4000)でフラッシュと同期することができます。被写体が明るく、背景が完全に黒いところでその効果を得ることができます。従来のDSLRでは難しい。

もし、私がこのカメラで苦言を言わなければならない場合は、ポップアップフラッシュがカメラ外のTTLフラッシュのワイヤレスコントローラとして機能出来ません。
ソニーのデジタル一眼レフカメラは、内蔵フラッシュを使用してこれを行うことができます。
なぜソニーがこの機能を搭載していないのか分かりません。
また、ソニーのメニューシステムは直感的ではありません。すべてがそこにあり、それに慣れてもそれほど悪くはありませんが、あなたがそれらがメニューにあると予想するところで、ないものがあります。

まったく、このカメラに5つの星を付けるのは簡単です。
あなたがそのすべてを支配するためにそのカメラを探しているなら、これが一つです。あなたはそれを後悔しません。 2017-11-05


 このカメラが大好き

私はこのカメラを持っています、Amazonから購入しようとしていましたが、在庫切れだったため、B&Hから購入しました。
後から考えると、Amazonから購入していたはずです。もし、カメラを(税込で)購入して、アクシデント・プロテクション・プラン(SquareTrade社の落下などに対応する保証)を購入するのであれば、Amazonから購入するほうが安いかもしれません。
私はバッテリーグリップとキヤノン70-200f2.8 IIレンズを着けた7DⅡを持っていました。
そのカメラを気に入っていましたが、重いためサッカーゲームやバレーボールの試合の写真を撮るのにはあまり使っていませんでした。
このソニーのフォーカスは、キヤノン7DⅡとほぼ同じスピードです(きっと数百分の1秒の違いです、言うのは非常に難しいです – どちらも超高速です)。
しかし、違いは、ソニーの24コマ/秒の高速連写です。
自分は素晴らしい写真家とは思いませんが、ソニーで残したい写真がたくさんあります。

加えて、メカニカルミラーが約10回上下に開閉する必要があるカメラを持っているのは私には意味がありません-ミラーレスは絶対にうまくいくように思います。デジタルビューファインダーが好きです。

まだ、このカメラの日は浅いですが、いまのところ素晴らしいです。 2017-11-5


 3つ星

ソニーがRX10Ⅳから取り除いたアプリを知ってもらいましょう….もうタイムラプスアプリを使用できなくなりました… 2017-10-29


 ついに、驚異的なズームレンジ、高速フォーカシング&プロフェッショナル機能を備えたオールインワンカメラ

私は毎週AutoMatters&Moreコラム(DriveTribe.comや他の場所)で数万点の写真を撮影しています。
主な範囲は、プロの自動車レースやエアショー、製品のレビュー、サンディエゴコミックコン、その他(現在までに512の企業組合があります)。
そのためには、ほとんど、プロのNikon 一眼レフを使用していましたが、カメラを持っていなかったり、レンズ交換できるカメラ、またはプロカメラが特定のイベントで許可されていない時があります。
それに対処するために、自分のiPhoneを使いました。その後、発表されたNikon DL 24-500を一生懸命待っていました。
しかし、1年以上の遅れを経て、Nikonは発売前にカメラをキャンセルと発表しました。
代わりに、まさにソニーのサイバーショットRX10 IVを、予備のバッテリー、旅行充電器、B + W保護フィルターと何枚かの128GBサンディスクメモリカードと一緒に買いました。
そのすべてが今週に到着しました。私のNikon DSLRと600mmまでのレンズと比較して、ソニーの信じられないほどのズーム範囲、高速で正確な焦点合わせ、高品質の素材、RAW機能、実績のあるイメージセンサー(私のプロのNikon DSLRが使用してます!)、コンパクトサイズ、 比較的軽い重さ(私のNikon DSLRと最大600mmのレンズと比較して)、私は このカメラの能力を試すことを熱望します。それをした後、このレビューを更新することを楽しみにしています。 2017-10-27


 素晴らしいいカメラ、あなたにズームが必要なら値段の価値がある

実際にこのカメラを所有しています。私はBest Buyからそれを手に入れました。
あなたは、その性能と機能に近いものでさえ別のブリッジカメラ(一眼とコンデジの中間層)で見つけるのは難しいでしょう。
私はCanon 1DX MK IIと複数のレンズを所有していました。すべての “L”レンズも持っていました。 24~70,70~200,100~400、および11~24です。それらのレンズの私のバックパックは18ポンドの重さでした。
iPhoneで撮るなら、私のこのシステムを外してはいけないという点がありました。
Canonのシステムを売って、FujiFilm X-T2 APCのシステムを購入しました。
また同等のレンズと3つの単焦点(24,14、および60)を購入しました。
富士の100-400を購入せず、代わりにSony RX10 IVを購入しました。
ソニーのカメラの重さは、富士100-400レンズの重量よりも軽く、200ドルも安いです。
富士システムプラスソニーカメラの私のバックパックの重量は8ポンドです。
私はキヤノンでこれまでした以上に私のシステムを取り出します。
両方のシステムで撮影した写真は、所有していたキヤノンと同じレベルです。
印刷上にフルフレームとAPC / 1インチセンサーを備えた多くのブラインドテストが行​​われており、人々は差異を見ることを強く求められました。
画像を100%に拡大する「重箱の隅をつつく人」は確かに違いを見つけることができますが、写真の趣味を楽しむ人ではありません。センサーのサイズや画像の品質について不平を言う人は誰もが「荒らし」で、写真家ではありません。
彼らは、私たちのほとんどがこの趣味に入った理由を忘れてしまった – それを楽しむために!
フルフレームのカメラを持っている人には、「デジタルの中間フォーマットカメラが利用可能なときに、フルフレームのデジタルカメラしかないのですか?」と言うことができます。 2017-10-25


 5つ星

素晴らしいカメラ。あなたが望むことをすべて行います。 2017-10-23


 ソニーはプロビデオ用の潜在的に素晴らしいカメラを台無しにした

1インチのセンサーを搭載したf2.8-4レンズ?ソニーが元のRX10とRX10のmk2と同じレンズを使用できなかったのはなぜですか?
1インチのセンサーでf2.8を超えるものは、写真やビデオにひどい品質を与えるでしょう。
また、短いズームレンズに比べて重量が増えることは使うのに実際的ではありません。
もし、あなたが趣味での使用で、長いズームレンズを望んでいて、1インチのセンサーでf2.8の絞りで低光に陥るのを恐れていないのであれば、OKかもしれません。
そして、価格は1インチのセンサーが付いているカメラに対しばかげています 。 2017-10-22


このページのレビューです

 

特長


世界最速のAF取得速度0.03秒
RX10IVは、DRAM搭載の1 “Exmor RSスタックバックCMOSセンサと、センサの約65%をカバーする315の位相検出AFポイントのそれぞれの利点を組み合わせた高速ハイブリッドAFシステムにより、世界最速のAF取得時間を実現しています。コントラスト検出AFを使用して、最終的にカメラが0.03秒2の短い時間でピントをロックできるようにします。被写体は、広範囲の24-600mm3の範囲内で正確な詳細と明瞭さで追跡してキャプチャすることができます。

メモリー一体1.0型積層型CMOSセンサー
この1インチ(1.0型)裏面照射型Exmor RS積層型イメージセンサはDRAMチップを搭載しており、回路部が増えることでスタック構造によるA / D変換の効率とスピードが向上するだけでなく、それはまた、センサ構造に組み込まれたDRAMチップのおかげで、超高速読み出し速度を実現します。BIONZ X処理エンジンとフロントエンドLSIとともに、最大24fps4の連続撮影で最大20.1メガピクセル、AF / AEトラッキング、最大32分の1秒の驚異的な高速シャッタースピード、驚異的な249フレーム5 4k6ムービーと超スローモーションHFR7(ハイフレームレート)ムービークリップの録画は、960fps(40倍)まで録画することができます。

ツァイス Vario-Sonnar T * 24-600mm3超ズームレンズ
驚異的な24-600mm3 ツァイス Vario-Sonnar T *レンズは、F2.4-F4.0の最大開口を特長とし、超望遠ズーム全域で優れた画質を実現します。2つのED非球面レンズと1つのスーパーEDレンズを含む8つのED(超低分散)ガラス要素は色収差を補償し、ツァイスT *コーティングはフレアとゴーストを低減します。この信じられないほどのレンズはまた内蔵の4.5段の光学式手ブレ補正機能とテレマクロ撮影の0.49倍の最大倍率で約72cmの最小集束距離を備えています。

AF/AEトラッキングによる高速24fps撮影
高フレームレートで高解像度、連続撮影が可能なように設計されたRX10 IVはフロントエンドLSIを搭載したBIONZ X画像処理エンジンを搭載しており、最大24fpsで20.1メガピクセルの画像をフルオート/ AEトラッキング、最大249個の画像のバッファ制限があります。RX10 IVの処理能力を大幅に向上させることで、連続撮影中のEVF表示の遅れが大幅に軽減され、決定的な瞬間を確実に捉えることができます。また、画像再生時の利便性のために、連続して撮影された画像を個々のショットではなくグループとして表示することができる

4Kムービー直接ピクセル読み出し、ピクセルビニングなしの高速AF
RX10 IVは、ファーストハイブリット AFシステムを搭載した4K(QFHD 3840 x 2160)ムービーレコーディングの利点を提供し、高速かつ正確なピントスピードとビデオのAFトラッキングを実現します。4Kモードでは、ピクセルビニングなしでフルピクセル読み出しを使用し、4Kムービー出力に必要な情報よりも約1.7倍多くの情報をキャプチャして、細部まで正確にキャプチャします。XAVC Sコーデックを使用して高いデータレートでビデオを録画することで、4Kモードで24pまたは30p、最大100mpbs、またはフルHDモードで最大120pのフレームレートで撮影することができます。

アンチディストーションシャッター
スーパースピードアンチディストーションシャッターは最大シャッタースピードが1/32000秒まであり、動きの速い被写体でよく起こる「ローリングシャッター」効果を最小限に抑えます。この驚くほど速いシャッター速度により、カメラは明るい条件で広い開口部を備えた鮮明で鮮明な画像を捉えることができます。シャッタースピードの速いワイド絞りで撮影することで、写真家やビデオ撮影者は、最も困難な明るい照明条件下で、鮮明にピントが合った被写体やデフォーカスのある背景で美しいコンテンツを撮影できます。

高密度トラッキングAF技術
RXシリーズカメラで初めて、先進の高密度トラッキングAF技術(ソニーの絶え間ないα交換レンズカメララインの一部でしか利用できなかった)は、被写体の周りにAFポイントを集中させてトラッキングとフォーカスを向上させ高速で移動する選手や飛行中の鳥など、予測不可能な被写体まで簡単に取り込むことができます。

光学式ステディショットの画像安定化
内蔵の4.5軸光学式手ぶれ補正機能は、シャッタースピードの向上に相当する手ぶれによる像ぶれの軽減に役立ちます。これはレンズが600mmまでズームされても高倍率で特に便利です、ズーム全域で同じくらい良いです。

600mmのテレマクロ約72 cm最短焦点距離
ツァイス Vario-Sonnar T * 24-600mm3 F2.4-F4.0レンズは、最小限の焦点距離が約72 cmで最大倍率が0.49倍になることで、驚くほど詳細なテレマクロ画像。

スーパースローモーション映画HFR(ハイフレームレート)
プロ用の動画機器でしか撮影できなかった、最大960fps(40倍)のスーパースローモーション動画記録を実現。さらに、600mmの超望遠域までカバーすることで、スポーツやレース競技など、離れた場所からしか撮影できないシーンであっても、被写体を大きく捉えたスーパースローモーション撮影が可能です。

プロビデオワークフローのために設計されています
RX10 IVには、ピクチャプロファイル、S-Log3 / S-Gamut3、ガンマ表示アシスト、プロキシ録画、タイムコード/ユーザビットなど、MI(マルチインターフェイス)シューを使用した外部マイクロフォンの入力や、マイクジャックとヘッドフォンモニタリングのための出力。ピーキング機能とゼブラを尊重しながら、フォーカスと露出を監視して細かい制御が可能です。

 

ファインダー
明るく高解像度の有機ELファインダーは、2,359,296ドットの解像度を備えて実際に目で見ているように高精細に映しだします。
また当然、撮影前に露出調整をプレビューできるのは非常に便利ですね

 

 

液晶モニター
後部の3.0 “1.44mドットエクストラファインTFT LCDは、モニタリングとレビューに最適で、上向き109°、下向き41°傾斜のデザインがハイアングルとローアングルからの作業に役立ちます。
また、タッチしてフォーカス位置を選択できるタッチフォーカスと、ファインダーをのぞきながらのスムーズなフォーカス位置移動できるタッチパッド機能などがあります。

 

 

フォーカスする範囲を限定して迅速なフォーカシングを可能にするフォーカスレンジリミッターや、レリーズ操作に集中できる「AF-ON」設定(静止画撮影時、AF-ONをAELボタンなどに割り当てることによりAFによるピント合わせを行います)など、高速被写体の決定的瞬間を逃さない機能も搭載されています。

ボディ
厳しい環境下での使用のために、頑丈なマグネシウム合金製のボディデザインが防塵と防湿の両方を実現しています。

 

 

ボタンカスタム機能
カスタマイズ可能なボタンは、66種類のオプションから好みの機能を選択。10個の操作部にアサイン可能

 

快適な操作を実現する三連レンズリング
レンズ部分には、フォーカス・ズーム・絞りのリングを搭載。
絞りリングは新たに凹凸を下側にも配置し、どのように構えたときでもしっかりと指がかかるようにしました。(前モデルRX100M3は下側のは凹凸なし)

手動操作の絞りリングにより、露出設定に対して直観的な触覚制御が可能になり、ビデオアプリケーションに適した滑らかで静かなパフォーマンスを実現するためにリングをクリック解除することができます。
マニュアルフォーカスとズームリングもレンズのデザインに組み込まれています。

 

バッテリー寿命
付属のNP-FW50充電式リチウムイオンバッテリーは、LCDモニターの使用時に1回の充電で約400ショット、EVFでの作業時に1回の充電で370ショットを撮ることが出来ます。※予備は必要ですね

 

ズームアシ​​スト
ズームアシ​​ストは、カスタム機能ボタンに割り当てられ、被写体を再配置するためにシーンから自動的にズームアウトしてから、ズームインしてズームインした位置に素早く戻ることができます。

ステップズーム
ステップズームを使用すると4,28,35,50,70,85,100,135,200,300,400,500、および600mmを含むリングの回転に合わせて、一般的な固定焦点距離だけを循環するようにズームリングを設定できます。一方、クイックズームは、カスタム機能ボタンに割り当てられ、ズームリングを回転させることで、シームレスに流体のズーム範囲全体に移動することができます。

 

サイレント撮影
サイレント撮影モードは電子シャッター機能を使用して、シャッター音に敏感な撮影に理想的な、完全に静かなパフォーマンスを実現します。
※競技ゴルフなどのスポーツ、音楽会、室内のコンサート、ビデオを撮りながらの写真撮影(ビデオにシャッター音が入る)、小動物・野鳥撮影などに威力を発揮します。
この電子シャッターは、明るい条件での撮影に、1 / 32,000秒までのシャッタースピードでの作業も可能で、連写時もサイレント撮影に設定することが可能です。

 

 

発売前のこのカメラに期待する声

■ある人のコメント
M3で特に運動会撮影時に不満に感じていた数ヶ所が改善されているのは羨ましい
・AF合焦が劇的に速くなってるっぽい
・AF追従の連写時でも24コマ/秒撮れる(M3は5コマ/秒)
・連写時のブラックアウト軽減
・動画のAFもM3の約2倍

■ある人のコメント
世界最多315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー
・AF・AE追従の高速連写24コマ/秒
・タッチパネル
これで動き回っている鳩やカルガモがピンずれせずに写せそう。
母カモが子ガモ連れた一家団欒の写真とかもピンと合って写せそうだ。

■ある人のコメント
フルサイズに70-200mm付けてた連中から見ると1kgなんて超軽量の部類だからねw 70-200mmなんて天体望遠鏡か!ってくらいのでかさだったし 、連写も1D買っても11コマ連写しかなかったのに、6Kフォトだと30コマ連写で、しかも動画まで同時に撮れちゃうからな 便利になったよ

■ある人のコメント
フルサイズに200-500mmと付けて振り回すのには疲れた

 ■ある人のコメント
最初から絞り優先でf4に設定しとけば、近景からほぼの超望遠ズームレンズとして使える。
猫島に行ってきたけど10M3しか使わんかった。
24-600のレンズに4k動画で便利だった。
デカさは正義、はっきりわかんだね。
 
■ある人のコメント
フルサイズ持っていて小三元持っているが 旅を楽しみたいならM3が最高の旅カメラだわ。ジンバルも持っていけば 4k動画も手軽に撮れる。RX100系で望遠足りんな~と感じるけどレンズ交換式は・・
思ってる人にはお勧めしたい。

 

各部の名称

1. ON/OFF(電源)スイッチ
2. シャッターボタン
3. 撮影時:W/T(ズーム)レバー、再生時: (一覧表示)レバー/再生ズームレバー
4. セルフタイマーランプ/AF補助光
5. 絞り指標
6. レンズ
7. 前レンズリング
8. 後レンズリング
9. 露出補正ダイヤル
10. フラッシュ
• 発光させるには、(フラッシュポップアップ)ボタンを押してください。フラッシュ発光部は自動でポップアップしません。
• フラッシュを使わないときは、手で押して元に戻してください。
11. マルチインターフェースシュー
• 一部のアクセサリーでは接続時にマルチインターフェースシュー後方からはみ出る場合がありますが、先端まで入っていれば取り付けできています。
• マルチインターフェースシュー対応アクセサリーについて詳しくは、専用サポートサイトでご確認ください。
http://www.sony.jp/support/r/cyber-shot/connect/
アクセサリーシュー対応のアクセサリーも使用できます。他社のアクセサリーを取り付けた場合の動作は保証できません。
12. モードダイヤル
13. ショルダーストラップ取り付け部
ストラップの両方の先端をそれぞれ取り付けます。

14. フォーカスホールドボタン
15. フォーカスレンジリミッタースイッチ
16. フォーカスモードダイヤル
17. 絞りリング


1. 内蔵マイク
動画撮影時はふさがないでください。ノイズや音量低下の原因になります。
2. ファインダー
3. アイセンサー
4. アイピースカップ
5. 視度調整ダイヤル
6. MOVIE(動画)ボタン
7. (フラッシュポップアップ)ボタン
8. (表示パネル照明)ボタン
9. 表示パネル
10. C2ボタン(カスタムボタン2)
11. C1ボタン(カスタムボタン1)
12. ショルダーストラップ取り付け部
13. メモリーカード挿入口
14. メモリーカードカバー
15. アクセスランプ



1. MENU(メニュー)ボタン
2. イメージセンサー位置表示
イメージセンサーとは、光を電気信号に変えるためのセンサーです。
マークがイメージセンサー面の位置を表しています。
被写体までの距離を正確に測るには、この線の位置を参考にしてください。

レンズの最短撮影距離よりも近いものにはピントが合いません。撮りたいものに近づきすぎていないか、確認してください。
3. スピーカー
4. (マイク)端子
外部マイクを接続すると自動的に内蔵マイクから外部マイクに切り替わります。プラグインパワー対応の外部マイクを使うと、マイクの電源は本機から供給されます。
5. (ヘッドホン)端子
6. マルチ/マイクロUSB端子
• この端子にはマイクロUSB規格に対応した機器をつなぐことができます。
• マルチ/マイクロUSB端子対応アクセサリーについて詳しくは、専用サポートサイトでご確認ください。
http://www.sony.jp/support/
r/cyber-shot/connect/
7. HDMIマイクロ端子
8. 充電ランプ
9. モニター(タッチ操作時:タッチパネル/タッチパッド)
モニターを見やすい角度に調整して、自由なポジションで撮影できます。

取り付ける三脚によってはモニターの角度が調整できなくなる場合があります。その場合、一度三脚ネジを緩めてからモニターの角度を調整してください。
10. 撮影時:Fn(ファンクション)ボタン
      再生時:(スマートフォン転送)ボタン
      このボタンを押すとスマートフォン転送画面になります。
11. コントロールダイヤル
撮影モードごとに必要な設定を即座に変更できます。
12. 撮影時:AELボタン
      再生時: (再生ズーム)ボタン
13. コントロールホイール
14. 中央ボタン
15. 撮影時:C3ボタン(カスタムボタン3)
      再生時: (削除)ボタン
16. (再生)ボタン



1. 絞りリングクリック切換スイッチ
2. Wi-Fi/Bluetoothアンテナ(内蔵)
3. (Nマーク)
NFC機能搭載のスマートフォンと本機を無線接続するときにタッチします。一部のおサイフケータイ対応のスマートフォンはNFCに対応しています。詳しくはスマートフォンの取扱説明書でご確認ください。

NFC(Near FieldCommunication)は近距離無線通信技術の国際標準規格です。
4. バッテリーロックレバー
5. バッテリー挿入口
6. 接続プレートカバー
ACアダプター AC-PW20(別売)を使うときに使います。バッテリー挿入口に接続プレートを入れ、図のように接続プレートカバーからコードを出します。

カバーを閉じるときは、コードを挟まないように気をつけてください。
7. バッテリーカバー
8. 三脚用ネジ穴
三脚を取り付けるときは、ネジの長さが5.5mm未満の三脚を使います。ネジの長さが5.5mm以上の場合、本機を三脚にしっかり固定できず、本機を傷つけることがあります。

 

ソニーストアでの購入・商品詳細ページ

超望遠と世界最速の高速AFが、躍動の瞬間を切り取る 
DSC-RX10M4
ソニーストア価格:189,880円+税
(2018年9月30日現在)
『RX100Ⅶ』商品詳細・購入ページ

 

「DSC-RX10M3」の海外のレビューもどうぞ

 

ソニーストアでサイバーショットを購入すると
ぜひMy Sony IDの登録をお願します

メーカー直販サイトなので安心です

カメラの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます
ソニーストア長期保証の詳細

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

 

ソニーストアなら「長期保証<ワイド>」に加入できます

カメラ本体を万が一うっかり落として破損したり水にぬれた場合、通常の保証では対応できません、そんな時<ワイド保証>に加入していたなら安心して思い切った撮影も可能です。

ソニーストアでは、カメラの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けるられる「長期保証<ワイド>」も用意しています。
5年または3年の2つの保障期間から選択できます。
また、1年間のメーカー保証と同等の内容を、3年または5年に延長できる「長期保証<ベーシック>」もお選びいただけます。
※「長期保証<3年ベーシック>」は無償でのご提供です。その他の長期保証もキャンペーンなどにより無料となる場合があります

 

My Sony ID ご登録でカメラ・レンズが10%OFF
My Sony IDの登録はコチラ

My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

分割払いクレジット
デジタルスチルカメラの対象商品はこちら

同じ金額を支払う「均等分割払い」と、ボーナス月に多めに支払う「ボーナス併用分割払い」の2つの分割方法が選択できる支払い方法です。

ただいま、分割払手数料【0%】でご利用になれます
※分割払手数料はソニーマーケティング株式会社が負担いたします
※手数料は予告なく変更となる場合があります

 

その他のメリット

●残価設定クレジット
●下取りサービス
●製品登録でアップデートなど有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

デジタルスチルカメラ Cyber-shotのキャンペーン情報

現在、デジタルスチルカメラを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目を通して下さい

 

 

サイバーショット

Posted by konishi