α7 IV(ILCE-7M4)海外のレビュー「並外れた後継機」「本当にすごい!」

ILCE-7M4(α7Ⅳ) デジタル一眼カメラ

「Beyond Basic」次代の、新基準へ!『α7 IV』

 

有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rで高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現。
『α1』にも搭載されている従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジンBIONZ XR。
AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF(オートフォーカス)技術。

 

ソニー直販ストア

35mmフルサイズ

一眼カメラ ILCE-7M4
α7 Ⅳ (ILCE-7M4) メーカー保証内容<3年>付き
⇒現在の 納期・価格を見る
⇒ソニーストアで購入するメリット

キャンペーン

 

海外のみなさんのレビュー


2022年1月17日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


最初のソニーのカメラ

キャノンを長年使っていますが、キャノンは機能について乏しいのでソニーに乗り換えることにしました…私はこれを2週間しか使っていませんが、もう気に入っています!
カスタマイズ可能なボタンやダイヤルがたくさん付いた素晴らしいカメラです。
1つ気になるのはオーバーヒート…まだオーバーヒートはSていませんが、撮影しなくても熱くなります… 2022-01-16


素晴らしいハイブリッドカメラ!

マイクロフォーサーズからフルフレームに移動したのでこのカメラを手に入れました。
私は元々S 1を持っていましたが、S 1に問題があって返品しました。
やって本当によかった
α 7 Ⅳは素晴らしいです、カメラに必要なものはすべて入っていますし、素晴らしいオートフォーカスと素晴らしいサイズです! 2022-01-15


私の最高のソニーのカメラ!

私は以前ソニーのα 7 RⅣを購入したことがありますが、それは私にとって初めてのソニーのカメラでした。
しかし、その後、次のような問題がありました。
ファイルが大きい、私のコンピュータでそれらを操作するのは簡単ではない、また、暗いところではあまり良くありませんでした…などなど、このα 7 Ⅳは素晴らしいカメラです!
ソニーのα7 RⅣよりもずっと速いです!
このソニーα 7 Ⅳを購入するという決断にとても満足しています。
新機能も満載です! 2022-01-12


巨大なアップグレード。

Nikon D610から移動し、α7Ⅳが提供するすべての新機能が大好きです。 2022-01-11


α7SⅢに素晴らしいB-カム

写真とビデオの両方をやっていますが、このカメラはどちらにも向いています。
1年前にα 7 SⅢを手に入れました。
α 7 Cをビデオ制作用のB Camとして使っています。
しかし、これがあって10ビットを記録できるのは素晴らしいことです。
私の唯一の懸念は、他の人がオーバーヒートの問題を抱えていることです。
今のところまだですが、様子を見ましょう。 2022-01-09


α7Ⅲからの圧倒的なアップグレード-価格に見合う価値

まだα7Ⅳを数週間しか使っていないが、ほんの数例を挙げると素晴らしいオートフォーカス、優れたボタンレイアウト(写真、ビデオS&Qなど)、α 7Ⅲよりもはるかに優れたメニューを備えたタッチスクリーンなどの新機能が気に入っている。
α 7Ⅲから約50の新機能があると聞いています。
昨日、シネトーンのカラープロファイルで初めてコマーシャル撮影をしましたが、結果はとても気に入りました。
Ronin RS 2で使用しましたが、マルチリンクケーブルで問題なく動作しました。
クライアントもこの映像を気に入っていた。
これはα 7 Ⅲからの大きなアップグレードです。
次に購入するのはデジタルオーディオ ガンマイクです。(Sony ECM-B 1 M)  2022-01-09


持って良かった

とてもかわいい商品で、使うのが大好きです。  2022-01-08


最高のミラーレス ソニーα7Ⅳ

ソニーα7Ⅳミラーレスカメラは、こんにち世界で製造された最高のカメラの1つです。 2022-01-05


ほぼ完璧なハイブリッドカメラ

ソニーのa 7 IVミラーレスカメラは、写真家にとって最適なツールであると同時に、AロールまたはBロールのカメラとして動画撮影者が最初に選ぶものでもあります。
ソニーのエンジニアは、ほとんどすべてのウィッシュリスト項目をこのユニットに組み込み、非常に魅力的な価格で実現しています。
ほとんどすべてのレビュアーは、このカメラについていつも絶賛しており、これらの欠点 (4 K 60のクロップモードとローリングシャッター) は、欠点を見つけるために何かを見つけようと目を細めているときの屁理屈にすぎなません。
これらの欠点はどれも私の現実の世界では問題ではない。
静止画撮影と動画撮影の両方のほぼすべてのニーズを満たすカメラは、私の人生の中で思いつきません。
もしあなたが静止画のカメラマンなら、このユニットはビデオの素晴らしさに目を開かせるかもしれない。逆もまたしかりです。
このカメラは気兼ねなしでお勧めできます。 2022-01-05


判決はまだ出ていない

このカメラを事前に予約していたので、受け取る前にたくさんの期待があった。
前バージョンのⅢ (同一ボディやや厚め)とほぼ同じで、バッテリー駆動時間はこれ以上改善されていないが、メニューは間違いなく大幅に改善されています。
このアプリについて改めて考えさせられている最も顕著な点は、2つの主な機能です。
(1) メニューをナビゲートするだけでオーバーヒートする。カメラも使ってない!
これは非常に憂慮すべき事態であり、バッテリが非常に不足している (通常はバッテリが不足している) か、ファームウェアのアップデートがどうしても必要であることを示している
(2) 4Kが60 fpsでクロップされている…なぜなのかソニー?
被写体に近すぎる!
これはフルフレームカメラで、クロップなしで4 K撮影でき、可変fpsで撮影できます。
それを撮影しようとするまで、それが問題になるとは思いませんでした…あまりにも近すぎます!
他に何ができるか、もう少し試してみたいと思いますが、この2つの問題は購入者に後悔を与えています。
このカメラを実際に使ってみて、何ができるかを確認したら、またレビューを書きます。 2022-01-04


かなりスゴイ

初めてのソニーですが、簡単な学習プロセスのようです。
機能を学び始めるためのキットレンズを手に入れました。
カメラでのバッテリー充電は慣れていません。
ソニーらしいです、コンパクトなサイズと重量が大好きです。 2022-01-04


本当にすごい!

このカメラが大好きです!
数え切れないほどのビデオとレビューを見た後、新しいカメラに必要なものを決定しました!
これは私のためにすべてのチェックボックスをチェックしました。
バリアングル画面、33メガピクセル、記録時間制限なし!
確かに高価ですが、これが今後何年にもわたって私のメインカメラであることがわかります! 2022-01-04


デジタル一眼レフからの素晴らしいカメラのアップグレード

素晴らしい品質の画像、ナイスなビデオ。
スイベルディスプレイは、さまざまな視点でのゲームチェンジャーです 2022-01-04


このカメラが大好き

私は始めたばかりの初心者の写真家であり、このような素晴らしいキットから始めることができてとてもうれしいです。
これまでのところ、これが大好きです。 2022-01-04


このカメラ最高!

S&Qモード(「スロー&クイック」モード)が大好きです。
このカメラは私の生産価値をもたらします!
タッチスクリーンは素晴らしいです!
私の購入にとても満足しています..Tilta+CageRigシステムをチェックしてください。
注意してください..標準モードではオーバーヒートします。
YouTubeをチェックしてください。 2022-01-02


大好きです

非常に満足している 2021-12-28


並外れた後継機

α 7 Ⅱをα 7 Ⅳに置き換えるのは素晴らしい感覚でした。
EFCSと全電子シャッターは、野生動物と高速シャッタースピード写真を完全に向上させました(ハチドリ、何ってことだ、ただ撮るだけ):それらを効果的に使うことは、私にとって新しい仕事になりましたが、私はそれを楽しんでいます。
メカニカルシャッターはIIと非常によく似ているので、感覚の記憶はすべて有効です。
ビデオは大幅に強化され、タッチベースのAFトラッキングを備えた新しいビューファインダーは本当に素晴らしいです。
最高にハッピーです。
まあ、メガピクセルが増えれば幸せになれるけど、それ以上にね。:) 2021-12-27


ほぼ完璧。

これはもちろん、ソニーの他の多くのモデルに簡単に取って代わることができる素晴らしいカメラです。
アマチュアでもプロでも99.9%のユーザーにとっては十分です。
α 7Ⅲとα 7SⅢの両方で撮影していたので、それらが私の参考になります。
動画モードでの画質は非常に優れており、実際にはα 7SⅢよりも優れています。
画像はより心地よく、詳細であるが、後でDetailが最低値に設定されていても、α 7SⅢで見られるようなわずかなデジタルエッジの強調がなく、おかげでイメージが自然に見えます。
ローリングシャッタはα 7Ⅲとほぼ同じで, α 7SⅢよりは悪いです。
APS-Cモードの方がローリングシャッターパフォーマンスがはるかに優れているので、これが重要な状況では代わりに使用できます。
このカメラは正式にはデュアルネイティブISOアーキテクチャを持っていませんが、α 7SⅢと同様に、そのようなことが起こっているように表示されます。
SLog 3で撮影する場合は、ISO 800、ISO 3200が最適です。
それは、これらの疑似「ネイティブISO」の間の2つのストップギャップです。
これは、α 7SⅢの4つ以上のストップジャンプよりもはるかに便利なのに気がつきました。
一般的な考え方として、バリアングル液晶モニターが本当に嫌いです!
私にはほとんど意味がありません。
腰の高さから撮影するときに、すばやく画面を傾ける時間が長くなりました。画面を横に反転してから、元に戻す必要があります。
カメラを首にかけた状態でこれを行うと、左側のストラップがLCDをブロックします。
それだけでなく、画面の向きが正方形でないと、LCD/EVFの自動切り替えは機能しません。私はα 7Ⅲの液晶がとても気に入っていました。
EVFはちょうどいい感じです。
倍率が小さく、α 7SⅢのような「ほとんど光学的な」没入感がありません。
新しいモードダイヤルは素晴らしい追加機能です。基本的に各モードに3つずつ9つのカスタムメモリプリセットがあります。これは実際の撮影に大きな違いをもたらします。 2021-12-26

 

 ソニーストアの商品詳細ページ

35mmフルサイズ

一眼カメラ ILCE-7M4
α7 Ⅳ (ILCE-7M4) メーカー保証内容<3年>付き
ソニーストア価格:328,900 (税込)(2022年1月10日現在)
『α7 Ⅳ』商品詳細ページ

 

同時発表

 

タイトルとURLをコピーしました