SEL70350G 海外のレビュー「悪いことは言わない:このレンズを買いなさい!!!」

SEL70350G レンズ

350mm(35mm判換算525mm)の世界まで

SEL70350G

350mm(35mm判換算525mm)の世界まで、Gレンズならではの高解像で切り取れるコンパクトなAPS-C超望遠ズームレンズ

35mm判換算焦点距離:105-525mm
レンズ構成:13群19枚
最短撮影距離:1.1m(ワイド端) – 1.5m(テレ端)
最大撮影倍率:0.23倍(350mm)
フィルター径:Φ67mm
大きさ:最大径φ77mm、全長142mm
質量:約625g

ソニー直販ストア

APS-CフォーマットSEL70350G

ズームレンズ(E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS)
SEL70350G メーカー保証内容<3年>付き

⇒現在の 納期・価格
⇒ストア購入のメリット

海外のみなさんのレビュー(H&B)


2021年7月14日現在

このページのレビューです(B&H)
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


シャープで速い

野生動物を撮影するためのソニー55-200レンズの範囲に満足していませんでした。
70-350は素晴らしいです-AFを使用する必要がある場合は距離を保ちながら、素早く鮮明な画像を手に入れましょう。 2021-06-18


上手くいく

全体的に、α6600で非常にうまく機能します。
特に野生生物の撮影に適しています。 2021-05-18


ポータブル&(言うならば)手頃な価格

私はまだ写真を撮ることに慣れていませんが、ハイキングでソニーα6000で撮り、野生動物の写真を撮ることを楽しんでいます。
最初は16-50 mmと55-210 mmのレンズのキットを購入しました。
カメラを知り、機能を試してみるには素晴らしいものだったが、もう少し手の届くもので、比較的簡単に手で持てるものが欲しかった。
選んだレンズは70-350 mm (十分に検討した結果) です。
これまでのところ、このカメラはより重いが、バックパックを持ち込んで手持ちの写真を撮るのは簡単です。
その価格は私にとって大きな約束であり、1000ドルというのは取るに足らない投資ではないが、ソニーのラインアップの他のほとんどすべてのものは、このオプションの後に2000ドルに跳ね上がった。
ともあれ、これまでのところレンズに満足しています。
動画の揺れが大きいのは、重さが増したりズームが大きくなったりして、写真の鮮明さに影響することがあるからです。
三脚は選択肢の1つであることは分かっていますが、持ち運ぶ必要が少ない方が良いので、レンズを使用する際には単に注意し、必要に応じて調整する必要があります。
また、このレンズの大きなレンズ表面は、私が選んだ小さなオプションよりも頻繁にほこりを集めるので、レンズキットにもとても満足しています。
全体的には、私のように予算内で、屋外の冒険の撮影用に比較的軽いパックを維持したいと思っている人には、このレンズをお勧めします。 2021-04-26


見事なレンズ、軽量でシャープ

私はこのレンズをあちこちに持っていきます。とても印象的です。
シャープ、軽量、高速AF、非常にコンパクトで、レンズをより魅力的にします。
70-350が望遠アダプターをサポートできることを願っています。
それは完璧でしょう。 2021-04-11


まだそれの欠陥を回避するための最良の方法を見つけようとしています

私はこれを野生動物の写真用に買ったのですが、ほとんどの場合カメラに90%の確率で装着されているレンズなので、これらの批判はしばらくそれを扱った後に私が見ているものです。
最初の問題は、当時はもっと大きな取引をするべきだった(ひょっとして中古品?)のですが、最初からフォーカスリングがスムーズではなかったことです。
ザラザラした感じがして、思っていたより気になります。
2つ目の問題はさらに重要なことですが被写体にズームインするとほぼ常にボケが歪んでいて中心に何らかのハローや泡があるように見えます。
それは私にとって素晴らしい写真をたくさん台無しにしました。
私がアップグレードしたずっと安いスーパーズームにはこの問題がないように見えたので、私は少し困惑しています。
また、これが私のカメラにそれほど注目されなければいいのですが、それは巨大なので、人々は気づくでしょう。 2021-04-06


価格に見合った価値がある

少し奮発して、ソニーα6400に合うレンズを購入することにしました。
野生動物やスポーツ、さらにはポートレートにも興味があるなら、このレンズが役に立ちます。
私は普段はあまりレンズにお金をかけませんが、今はこれとシグマ30 mm f 1.4単焦点をだけを使っています。 2021-03-17


Eマウント用の素晴らしい望遠ズーム

レンズの到達距離は525 mm 35 mm相当です。
比較的コンパクトなサイズと重さで、野生動物の撮影には十分満足できます。画像はくっきりしている。
この購入は嬉しいです。 2021-03-01


B&Hが大好き!!

このレンズは価格の割にはお買い得です。
発色がよく、きれいに切れます。
それについてはあまりいいことは言えません。
私は根っからのニコン人間ですが、ソニーは彼らの製品に本当に感心します。
彼らは本当にニコンとキャノンを出し抜こうとしています。 2021-02-16


全体的に素晴らしいズーム

約6週間前にα6600で使用するために、これを入手しましたー素晴らしい名コンビ 2021-02-06


素晴らしいレンズ

これをα6600で使用し、それはうまく機能します、妻も彼女のα6000でこれを使います。 2021-01-07


非常にシャープ

このレンズが大好き。
画像はシャープでクリアです。
コールドムーン(12月の満月)でいくつかトラブりましたが、それが私らしいと思います 2020-12-29


期待以上

このレンズはα6500上で最高だと思いました。
カメラとしてはバランスが良く、重さを感じません。
午後中ずっとそれを持ち歩いていて、そこに付いているとはほとんど感じませんでした。
そして、画像の質の高さから、この二つの(これ+α6500)はお互いのために作られたものだと分かります!
透明感が美しいです。
Gレンズとそうでないレンズの違いがわかります。
誤解しないで欲しいのですが、私は まだ55-210 mmという決して高く評価されていないものが好きで、素晴らしい画像を撮っています。
それはとても持ち歩きやすいですが、ウエザーシールがありません。
とにかくこのレンズは優れています。
ウエザーシールが好きです…主にほこりを防ぐために。雪のためにも。
ストリートレンズだと思ったことはありませんが、その点は素晴らしいです。
私は腕の後ろで振り回していますが、歩いていても誰も見ません。
瞬時にフォーカスを当てます。
宝物です。
とても満足しています。
B&Hはいつものように素晴らしい仕事をした。
新品で完璧なパッケージのレンズを購入しました。
レンズフードは使っています。
荒天時の撮影にもお勧めです。
レンズの要素を排除し、品質を向上させます。
また、良いフィルタをかけました。
レンズのクリープはありません。
レンズ鏡筒にオート/マニュアルフォーカスのオプションがついているのが好きでした。
なのでレンズとB&HはA+ですね。 2020-12-28


いいリーチ。良いディテール。軽量。

このレンズをほぼ1年間持っていて、野生生物撮影が大好きです。
適切な設定でポートレートに数回使用したこともあります。
明らかに良い自然光はこのようなレンズを持っているあなたの友達です。 2020-12-10 


文句を言ってもいい…

これをSony α6000で使っています。
長所:
超シャープで、素晴らしいボケ、超軽量で、よくできています。
私は、これの与える焦点距離の範囲が好きです。
短所:
オートフォーカスは速くなるべきです、何度かオートフォーカスの不具合があったことがあります–つまり、レンズが撮影しようとしている物体から突然焦点を変えてしまい、写真を台無しにします。
例えば、私は湖の上のアビ(鳥)にフォーカスしていましたが、ちょうど鳥が羽ばたいて水を振り払うために羽ばたいているところでした(よく見る典型的なアビの動き)。
私はシャッターを切り、7〜8コマを連写して、最後にはこのアビ作戦の見事なクローズアップアクションを撮れると思った。
その代わり、レンズは焦点を前景に移し、すべてのショットはピントが合っていませんでした。
カメラは動かしていません。
これは何度もありました。
どなたかこの問題を経験したことがありますか? 2020-11-25


優れたレンジレンズ

ソニーα6600との素晴らしいペアリング、私の使用に応える鮮明な写真とビデオ。
重くはなく上質な感触。
強くお勧めします! 2020-11-17


素晴らしいシャープさ

他の70-300mmと比較して、このレンズは優れたシャープネスとクロマチックを備えています 2020-11-17


かなり平凡

レビューは本当に誤解を招くものです。
私のように大きい (43) 4 Kモニターで画像を見たり、大きいプリントをしたりすると、350 mmの甘さにはがっかりします。
24メガピクセルのSony α7RⅡiを使っています。
このレンズは、フルフレームを約150 mmまでカバーします。
無限遠に焦点を当てたロングエンドでは、ケラレを取り除くために最低1.3倍のクロップが必要です。
カメラで自動クロップをオンにすると、APS-Cクロップが1.5倍になります。
その1.5倍のクロップでは、レンズは長い端では許容できないほど甘く見えます。
しかし1.3倍のクロップでも、新しいSigma 100-400 mmレンズほどシャープではありません。
たとえば、鳥を撮るのが好きな人は、羽のレンダリングがうまくできないでしょう。
ロングエンドでの解像度の低下に加え、コントラストの低下もかなり強く、柔らかさを増しています。
スマートフォンやノートパソコン、タブレット、ソーシャルメディアへの投稿のみなど、高解像度が必要ない場合は、このレンズで十分です。
より要求の厳しい人々は、重量がほぼ2倍であると考え、シグマ100-400のはるかに良い選択を見つけるでしょう。 2020-10-22

タイトルとURLをコピーしました