SEL1670Z 海外のレビュー「常に携帯しなければ…」(評価)

SEL1670Z レンズ

 

高コントラストで抜けの良い優れた描写性能を維持しながら小型化を実現した、待望のカールツァイス標準ズームレンズ

SEL1670Z

デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]用レンズ
SEL1670Z

35mm判換算焦点距離:24-105mm
レンズ構成:12群16枚
最短撮影距離:0.35m
最大撮影倍率:0.23倍
フィルター径:φ55mm
大きさ:最大径φ66.6mm、全長75mm
質量:約308g

ソニー直販ストア

Vario-Tessar T*ズームレンズ(E 16-70mm F4 ZA OSS)
SEL1670Z APS-Cフォーマット

⇒現在の 納期・価格を見る
⇒ソニーストアで購入するメリット

海外のみなさんのレビュー


2021年1月16日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます


大きな瑕疵のあるレンズ

amazonで中古このレンズを購入したのですが、 「とても良い」 状態と表示されていたので、このレンズを手に入れるのが楽しみでした。
写真を撮ってすぐに、中心だけがシャープだとわかりました。
中心から離れるとすぐに、シャープさはなくなりました。
いろいろ試してみましたが、こんな大きな瑕疵ではどうしようもありません。
早く返さなければなりませんでした。
この問題については、あまり多くの悪いレビューを書くのはやめた方がいいでしょう。 2020-08-01


素晴らしい散策レンズ

素晴らしいレンズ、超シャープ。
焦点距離の範囲が良い。
すぐに私の一番のレンズになりました。私のα6500で使えば、これ以上の幸せはありません。 2020-04-12


フォーカスリングの欠陥とLED画面のちらつき

このレンズは少しがっかりしました。
レンズはオートフォーカスと動きまわるとき、LEDスクリーンがちらつきます。
フォーカスリングは、マニュアルフォーカスもできません。
手振れ補正はうまく行きますが価格的には不完全です。 2019-10-23


ここまでは順調ですね

私が受け取ったレンズには問題がないので、運が良かったように思えます。
α6400でそれを使って数百枚の写真を撮りましたが、偏心や焦点ずれの問題はありません。
これは70mmのソフトタッチです-従来の望遠撮影に限ってです。
50-70mm@f4でのポートレートは24-105(α7Ⅲで)にかなり近いものに思えます。
これを買ったとき心配していましたが、どうしても自分で見たかったのです。
私は18-135や18-105の18よりも16が好きです。
それらをそれぞれ試しました。
両方とも素晴らしいです、そして私がもっとビデオを撮るなら、18-105に行くでしょう。
α6400の旅のセットアップでは、16-70と速い単焦点レンズがとても気に入りました。
何か問題があればアップデートしますが、今のところレンズは素晴らしいと思います。
これも良い製品にあたってラッキーだったような気がします。 2019-06-05


 実行不良の優れたレンズ設計

これは私のこのレンズの3個目の製品です。
中央と片側は完全にシャープですが、反対側は焦点が合っていません。
一つのレンズでは中央がシャープで、もう一方のレンズの右側はピントが合っていませんでした。この3番目のレンズでは、両側は非常に甘く、中央は非常にシャープです。
問題は、レンズを絞っても改善されないことです。
ゴミの品質をワンランク上に高めた優れたレンズ設計。 2019-05-21


 ここからは2度と買わない

受け取りました
しかし、とても怒っています!
新品ですか?
埃と傷があります! 2019-02-13 


 美しい画像、あまいコーナー

このレンズはコーナーに向かって異常に甘い美しい画像を生成します。
そのため、レンズをレビューしているWebサイトでは、中心部がかなりシャープであっても、全体的にシャープネスについては普通のグレードとなっています。
しかし、私はツァイスレンズが生み出す外観と、それが提供するものが好きです。
このズームの焦点距離は非常に便利です、そしてF4はほとんどの状況でまったく十分ワイドです。
長期的には、私はポートレートの背景をぼかすことができます。
そして、最も広い焦点距離がより安いズームレのように変ることなく一定であることが気に入っています。
それほど重くなく、クールに見えます。
人は小さいカメラ+レンズのおかげで威圧されないので、小さいサイズはより良い人物撮影に貢献します。

肝心な点は、私はこのレンズで素晴らしい画像を得られるということです。
風景写真を主としていないので、コーナーのディテールは私にとって最も重要ものではありません。

より考慮すべきことは品質の変化の報告です。
このレンズを購入するときは、偏心について慎重にチェックする必要があります(クグって下さい)。

これは得るもののために多くの費用がかかります、そしてソニーの18-105mmレンズは一般的に全体的に匹敵する画質を提供しますが、より大きく、より大きく、より重く、そしてズーム機構はビデオに適しています。

APS-Cソニーミラーレス(例えばα6000)でフルフレームソニーレンズを非難ことができます、そして高品質の画像を入手できます、なぜならフルフレームレンズはたいていより高い標準に合わせて作られていますから。
しかし、それには多くの重量と余分なコストがかかり、おそらく最初に小型カメラを使用するという目標を破ることになります。

私は日常的にα6000にZeiss Batis 85mm f/1.8レンズを人物撮影ように着けています、そして大ヒット。
背景を吹き飛ばし、非常にシャープでしかもツァイスの外観。
これはズームではなく、APSCカメラボディには非常に長いため(事実上128mm)、広角も「通常の」焦点距離もありませんが….時々は量より品質を優先したい場合があります。

しかし、誕生日パーティーを撮影するために、私は16-70mmのようなズームで行きたいと思います。

そう、私はあなたがこのレンズを手に入れることをお勧めするかどうかわかりません。
最高品質の画像を得るために、私はソニーとニコンのフルフレームカメラを非常に高品質のレンズで個人的に撮影しています。
しかし私はα6000をバックアップ、家族そしてストリート写真のために持っています。
さらにもっと重要なことは、バックパックに放り込める小さなカメラを持っていることです、それはいつも便利で、私にとって非常に重要なことです。

私はそれが私にとって役立つのでレンズを4つ星に評価しました、私は必要とする品質を小さいカメラから入手します、そしてそれが多くの人に役立つだろうと思います。
レンズを純粋に画像品質で評価しているウェブサイトはそれより低い評価を与えます。

このレンズは全体的に最高にシャープでも最高の価値でもありませんが、美しい画像を作り出し、とても便利なデザインです。
あなたの用途に応じて、これはあなたのバッグの中の場所に値するかもしれません。考えてみてください。

追伸:
画像を編集すると、画質が大きく変わることがわかりました。
シャープネスのタッチ、黒おポイントまたは白のポイントの移動、その他などのささいなことで、画像を本当にポップにすることができます。
そしてそれは時間がかかりますが経済的に安価です。
あなたがこれを読むのに十分な画質を気にかけているなら、それからあなたの家庭の誰かに簡単な画像編集技術を習得させることはあなた自身に責任があります。 2018-12-24


hosi5 左はツァイスの12mmでクロップ、右はツァイスの16-70mm(2つのうちでベストは)

これは今まで旅行の写真に使ったお気に入りのレンズです!
これは15日間の頼りになる旅行のレンズです(ローマ、フィレンツェ、パリ、アムステルダム)。
私がこれをお勧めすることができない唯一のものは次の場合です:
あなたがビデオを撮影し、あなたの目標が撮影中にズームしている場合、ズームはパワーズームではありません。
それは、不安定なズームをもたらし、パワーズームほど滑らかではありませんから。
あなたが主に写真を撮り、あまりズームを使わない場合これは必要です、これは私の3つのレンズに取って代わりました。
写真に関して:
下記は同じα6300で撮影され、同じ設定でトリミングして(切り取って)拡大した画像です。
驚きましたが、高価な単焦点レンズのほうが鮮明ではありませんでした。
あなたから向かって右は、ズームしていないレビューしたα6500でSEl1670Z(16-70mmの16mmで)。
左側にはカール・ツァイスTouit 12mm(同じくトリミングされたもの)です。
あなたはどちらが良いと思いますか?
私は右だと思います!  2018-10-19


 全体的としてソニーのα60×××に品質的に堅実な選択

これはa6500で使用されているソニーのEマウントのクロップセンサーカメラのためのよく構築された中望遠レンズです。
35mmズーム範囲は24-105mmと同等です。
主なクレームの、「デセンタリング」の程度を示すために、面倒なピクセル・ピッピング・テストを実行しなくても、私の商品の光学品質は問題ありませんでした。
演色とコントラストは良いですし、エッジに余分な色の縞や甘さに気づきません。一般的に言えば、これはツァイスの名前に見合ったソリッドレンズです。

長所:
– 軽量でコンパクトな
– f4からズームレンジ
– 良好なビルド品質

短所:
– 被写界深度が浅く、視野が広がることを望むならばすこし限定的
– より高速の単焦点ほど魅力的ではない画像品質、例えばシグマ30 / 1.4
– 少し高価 2018-08-23


hosi5 ソニーのアルファ6000、6300、6500に完璧

私はα6500のために約8個のAPS-Cソニーレンズを持っていますが、これはほとんどの時間私のカメラに着けられているものです。
どうして?
1 – カメラに最適なサイズと重量のレンズです。非常に良い造り。
2 – このレンズでは鮮明で色が鮮やかです。
3 – それはほとんどの屋内イベントに十分速く汎用性があります(f 4.0よりずっと絞って、グループやイベントに十分な被写界深度を確保することは難しい)。
4 – それはカメラにつけたルックスが素晴らしい。
私がα6500用に1枚のレンズしか持てない場合は、これがそれです。 2018-08-16

タイトルとURLをコピーしました