Vlogカメラ『VLOGCAM™ ZV-1F』の海外のレビュー「何よりも…. 楽しんで!」「

ZV-1Fカメラ

「ZV-1F」で写真も動画も1台でかんたんキレイ

本機は、広い画角と大きなぼけによる映像表現力を備え、主役が引き立つ映像を手軽に撮影することができます。
自撮りに適した、超広角20mm開放F値2.0の単焦点レンズを搭載します。
自分や背景をより広く写すことや、複数人を同時に画角に収めることが可能です。
液晶画面上にタッチすることで、ピント合わせやズーム域調整ができ、表現の切り換えができる「背景ぼけ切り換え」や、すばやくピントの移動ができる「商品レビュー用設定」もボタンひとつで切り換え可能、かんたんな操作で、手軽にキレイな写真・動画を撮影することができます。
※35mm判換算。

 

ソニー直販ストア

Vlogカメラ
ZV-1F メカ―保証内容<3年>付き
⇒現在の納期・価格を見る
⇒ソニーストアで購入するメリット

※参考までに
「ZV-E10の日本のオーナーレビューはコチラ

特長

高速で賢いオートフォーカス
425 のコントラスト検出 AF ポイントで高精度のフォーカスで、映像が非常にシャープに保たれるようにします。
瞳AFモードでは、カメラが自動的に人の顔と目を認識し、レンズの前で被写体に焦点を合わせ続けます。
顔優先AEが自動的にあなたや被写体の顔を明るくしてくれるので、照明についても心配する必要はありません。
また、フォーカスを別の焦点に切り替えることは、画面に触れるだけなので簡単です。


ボタンひとつで簡単ボケ
ZV-1Fならボケスイッチを押すだけで、プロ並みの美しいボケ背景が撮れます。
大型 1 インチ イメージ センサーとワイド f/2 口径レンズにより、真の光学ボケが実現します。
背景のボケに対してメインの被写体を際立たせたい場合は「デフォーカス」、画像全体にピントを合わせたい場合は「クリア」を選択します。


自分のスタイルにマッチする印象的な色
個人のスタイルに合わせて美しい画像を撮影できます。複雑な編集を気にせず、プロレベルの映像に使用できる10種類のクリエイティブスタイルのプリセットから選択できます。
クリエイティブなスタイルは、コントラスト、ハイライト、シャドウ、彩度、シャープネス、透明度を瞬時に高めることができます。


あらゆる場面で肌をキレイに
撮影中はいつでもベストを。
特別な設定をしなくても肌の色を正確に捉え、健康的で自然な見た目を実現しています。
また、肌の滑らかさを調整する 「Soft Skin Effect」 モードもあります。


縦型動画を簡単に
スマートフォンと同じように、ソーシャルメディア用の縦型動画を撮影します。
ZV-1 Fでは、追加の編集を必要とせずに、カメラ内で水平方向にビデオを回転させるオプションも用意されています。
さらに、縦の動画には自動的にタグが付けられ、スマートフォンに直接転送できるため、コンテンツを素早く世界に届けることができます。

 


クリアな音声録音
屋内外を問わず、どこで撮影してもはっきりと声を捉えることができるように設計されています。
内蔵された指向性3カプセルマイクがカメラ前面から集音し、高音質な音声が得られるため、録音中に音を気にすることなく、創造性にエネルギーを注ぐことができます。
また、屋外での撮影や風との戦いでも、付属のウインドスクリーンにより風切り音を大幅に低減し、声を鮮明に記録できます。


簡単なスマートフォン接続
Imaging Edge Mobile Plus アプリを使用して、記録したすべての画像とビデオを Wi-Fi 経由でスマートフォンに転送します。
このアプリは、リモート撮影用のリモコンにもなります。


初めてカメラを使用する方でも、すぐに撮影に取り掛かることができます。
コントロールアイコンは画面に表示され、タッチするだけで簡単に調整できるので、複雑な設定を勉強する必要はありません。


 

対応機器をUSB接続するだけで、ZV-1Fが高画質Webカメラに早変わり。
1 インチ イメージ センサーとクリエイティブ ルック モードが鮮やかなビジュアルを実現し、指向性 3 カプセル マイクが優れたオーディオを提供します。

 


低照度性能
ZV-1 Fは薄暗い場所での撮影でもノイズの少ないクリアな映像を撮影できます。
インテリジェントオートモードでの撮影では、可能な限り背景をぼかして動画を撮影できるようになり、主な被写体をより鮮明に撮影できるようになり、動画の迫力が増しました。


ステップズーム
LCD パネルに触れるだけで、お好みのビューに簡単にズームできます。
1 倍、1.5 倍、2 倍、4 倍から選択して画角をすばやく変更し、最高の面を捉えることができます。


録画ランプ
誤ってアクションを見逃すことはありません。
録画ボタンを押すと、録画ランプが赤く光り、画面に赤い枠が表示されるので、録画していることをすぐに確認できます。


セルフタイマーカウントダウン
ダンス動画からアクションショットまで、ZV-1Fなら慌てずに撮影を開始できます。画面中央に大きなセルフタイマーのカウントダウンが表示されるので、いつ開始するかがはっきりとわかります。


バッテリー寿命が長い
ZV-1 Fはバッテリー切れを気にせず、外出先で撮影を楽しむことができます。
カメラの USB-C ポート経由でバッテリーに充電できますので撮影中の電源の多くのオプションを提供します。


オプションのシューティンググリップ
オプションのGP-VPT 2 BTシューティンググリップに対応し、より安定したショットを録ることができ、三脚も兼ねています。
グリップは簡単に回転してズームレバーと録画ボタンが左右にあるので、キーボタンに手を伸ばすためにカメラ本体に手を伸ばす必要がありません。


オプションの外部マイク
外部マイクを接続することで、さらに音質を向上させます。
このマイクはECM-G 1 vloggerマイクに対応しており、カメラの正面に直接音を取り込み、他の場所からの不要なノイズを最小限に抑えます。
オプションのECM-W 2 BTワイヤレスマイクを使用すれば、遠くからでも音声を録音できます。


 

 

※参考までに
「ZV-1Fの日本のオーナーレビューはコチラ

海外のみなさんのレビュー


2022年12月09日現在

このページのレビューです 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


新進のコンテンツクリエーターや写真家/ビデオグラファーのための優れたカメラ!

概要:この小さなカメラには大きな特徴があり、なぜか初心者サイズのカメラボディにプロサイズの画面が収まっている。
このカメラはコンテンツを作り始めるために必要な全てを備えており、撮影後数秒でスマートフォンに直接写真や動画をアップロードすることができる。
レビュー時の価格は498ドルで、価格帯としてはほぼ確実に選択できる。

総評:最初に商品を受け取ったとき、これがこんなに小さいのが信じられなかった。
私は15年以上“デジカメ”を所有していないが、もし所有したことがあるとすれば、このカメラがその大きさである。
サイズに騙されないように、これには大きな特徴がある。

• 21 MP:非常に鮮明で鮮明な写真
• 最大4 k 30 FPS録画:この小型カメラとしては驚異的な解像度。
• カメラ内蔵Wifiで数秒で電話に転送:非常に便利な機能。
• 全周囲を見渡せる完全明瞭なタッチスクリーンLCD:セルフィー撮影やあらゆる角度からの録画に最適
• 1インチセンサー&F 2絞り=
ーセンサーサイズが小さい超小型APS-Cカメラにしては、暗い場所でも優れた記録が可能。
ー背景ボケにも最適です (顔にフォーカスさせ、背景に気を散らすものがないように見えるプロのレコーディングをvloggerに提供します) 。
注意:背景のぼかしはオン/オフを切り替えることができます。
• 数秒で着脱可能な取り外し可能なウィンドジャマーが付属:このアイテムの目的は、余分な風とノイズを遮断して、より明確なマイクのフィードバックを提供することです–プロのvloggerのための素晴らしい追加機能
• この小さなサイズにより、手や手首に疲れを感じることなく長時間の撮影が可能になった (プロの写真家やビデオグラファーなら誰でも、重いカメラをセットアップすることの難しさを知っている) 。
• バッテリーはかなり長持ちし、バッテリーを入れたまま直接カメラを充電することもできる。
必要に応じてポータブル充電器から充電できるので、オプションとして持っていると間違いなく便利です。

いくつかの小さな挫折:
• RAW画像なし (今日のテクノロジーでは不要)
• レンズは固定されている。

最終評決:これは素晴らしい初心者カメラであり、非常に手頃な価格である。
また、初心者やベテランの写真家、ビデオグラファーのどちらにとっても、日常的なカメラとして持つことができる素晴らしい機能でもある。 2022-12-03


素晴らしい画質

あなたが始めるつもりなら、これがあなたのカメラです。 2022-11-29


とても小さな初心者カメラとスマートフォンからのステップアップ🤳

スマートフォンを使って動画や写真を撮影するのではなく、小さなカメラを使って撮影するのがいい。
自撮り写真を撮影したり、ブログを書いたりする際には、画面を自分の顔に向けることができる。
小さくて素敵で、ポケットやバッグに入れやすい。
カメラにズーム、スローモーション、メニューなどの物理ボタンがあるのはとても便利で、タッチスクリーンも気に入っているので、フォーカスの選択、フォーカスのトラッキング、設定の調整が簡単にできる。
オートフォーカスは、カメラの近くに移動したり、素早くカメラから引き戻したりといった素早いアクションのためにはやや遅い方だが、通常の日常使用では問題なく機能する。
このサイズのカメラにしては画質も動画品質もそこそこで、プロ用カメラには明らかに及ばないが、それでも…金額的に高額ではない。😎
全体的に見て、これは単にスマートフォンを動画や写真に使うだけでなく、プロのカメラの領域に入る素晴らしいステップだと思います。📸 2022-11-27


いいビデオカメラ – ZV-1との違い

ZV-1とZV-1 Fの両方を所有しています。
外観は非常によく似ており、スペックも似ているが、用途が異なる非常に異なるカメラである。
ニーズに合ったものを購入してください。

ZV-1 Fは素晴らしいウェブカメラ/vloggingカメラです。
固定式の20 mmレンズをとても楽しんでいます。
具体的には、コンテンツ作成/Webカメラ用のマウントカメラとして使用するのが好きです。
ZV-1には可変レンズが搭載されており、電源を切ると焦点距離がリセットされる。
レンズを固定すると、この問題は解決します (デジタルズームは失われますが、私はどうせ使いません) 。
固定レンズなので、設定をリセットしなくても簡単に電源を入れたり切ったりできて便利です。

動画自体は美しく、ZV-1とほぼ同じである。
4 kでシャープで見栄えが良い。
フィールドボタンの奥行きの浅さがすごい。
警告-USBをWebカメラとして使用しようとすると、720の映像しか生成されません。
この4 KカメラはHDですらない。
外部キャプチャカードを使用して、ここから4 k信号を取得します (クリーンフィードを生成します) 。
これにより、低い解像度が解決されます。
なぜHD信号以上にできないのか、よくわからない。
それはすごいですね。

カメラとして使おうとしないでください。
RAWがあります。
OKのデジタルズーム (2倍) があり、それだけです。Vlogging/Carryのコンボカメラを探しているなら、ZV-1の方が機能的にはるかに優れている。
ビデオや静止画 (20 mp) 用の小型カメラとしてZV-1を持ってています。

要約すると:ストリーミング/コンテンツ作成やvloggingのみを行っている場合、ZV-1 Fは素晴らしいカメラである (特にキャプチャカード付き) 。
多目的カメラが必要なら、ZV-1の方が良い。
静止画がメディア作成の主要部分である場合なら、A 6600 (私も持っていて愛用している) のようなより良いカメラにステップアップしましょう 2022-11-20


素晴らしい Vlog カメラ、ハンディ B カメラにも

Vlogが好きな人には便利なカメラです。
これは4 K 60用の便利なBロールカメラでもあり、ポートレートモードのビデオに便利です。
静止画に関しては、その分野でも独自のものを持っています。
これはかなり広角で撮影できるので、ズームインしてもそこまではいきません。
多くの点で、これは本質的にデジカメです。

好きなもの-瞳のオートフォーカスは素晴らしく、とても反応が良い。
vloggingの遅れはそれほどではない。
これは本体のみのユニットでしたが、必要なのはミニ三脚だけでOKです。
これを机に置いて録画することもできます。
風防はあると便利ですが、より良いオーディオを得るために、ホットシューに小さなマイクを取り付けることができる。
これは最近のほとんどのカメラで扱える携帯電話とも同期する。
軽量でもある。

小さな不満ーこのための画面保護シートを入手することをお勧めします。
ボディ内での充電は便利ですが、外で予備のバッテリーを充電すると良いでしょう。

VログやティックトックやYoutubeを使い始めたい人にとっては、手頃な価格で利用できる素晴らしい選択肢です。
これは私のフルフレームカメラ全体を置き換えるものではないが、意図した通りに機能します。 2022-11-20


さすがコンパクトカメラ…

そう、このカメラにはいくつかの気に入らない点があります。

携帯電話は非常に良くなったので、最近ではこのようなカメラは時代遅れに思えるかもしれないが、このカメラの市場にはまだ居場所があるようだ。

このカメラは私が今まで使った一般消費者向けカメラの中で一番小さい (実際にはまともなカメラだ) 。
私のiPhone 13より小さい。

個人的にこのカメラを使えないと思っている大きな欠点の一つは、RAWファイルを通して写真を撮る機能がないことです。
これにより、このカメラは本質的にiPhoneによく似たものになっている。
なぜなら、画質は、ポストの調整によって画像が歪む前にしか変更できないからである。

レンズが固定されているため、iPhoneによく似ており、1つではなく2つのレンズを搭載している機種もある。
これは20 mmに限られ、広角カメラと言っても過言ではない。

フィルタースレッドではNDフィルターやCPLフィルター、拡散フィルターを使うことができるので、それはそれでいい。

フリップスクリーンを使えば、自分の姿を画面上で見ることができるので、vlogカメラとしては非常に優れている。

全体的にシャープさと全体的な画質は、ソニーのカメラであることによるところが大きく、ソニーのカメラとしては素晴らしいと思います。
あまり得意ではないのは、市場にある多くのスマートフォンと競合することである。
私はそれをお勧めしますが、あなたが何に熱中しているか知っている場合に限ります! 2022-11-15


とても良い

これはもう少しエントリーレベルのvloggingカメラと考えたい。
ソニーのカメラを2、3台持っていますが、ずっとハイエンドモデルです。
スクリーンはタッチスクリーンで、レイアウトや設定のほとんどは私のハイエンド機と同じです。
ビデオを録画したり、写真を撮ったりしてテストしました。
このカメラは私の考えでは非常に素晴らしい写真を撮れないが、このカメラはかなりまともなビデオ用に作られている。
最大4 k 30 fpsで撮影でき、画質もかなり良い。

とはいえ、iPhone 14 pro maxやS 22 Ultraを使用した場合と比較して、コストを正当化できるかどうかは定かではありません。 2022-11-13


これは初心者向けの最高のビデオブログカメラです

このカメラの写真やビデオは、AmazonやInのオンラインビデオで多数公開されているため、含めていません。

これは誰のためのものでしょうか?
-動画のコンテンツクリエーターになりたい人
-予算内でビデオ撮影についてもっと知りたい人
-スマートフォンの能力を超えて動画を撮りたい人
-一次または二次カメラとして軽量カメラを求める経験豊富なコンテンツクリエーター

内容:
-映画品質のビデオを作成できる手頃な価格のカメラ。以下に説明する。
そうではないもの:
-主にRAW画像フォーマットがないため、本格的なスチルフォトカメラ。しかし、いざという時には何とかなる。

このカメラは、ソニーのZV-1に関する苦情を受けて、ソニーがブログ用に開発したものです。
広角固定レンズ (フルフレームカメラの20 mmレンズに相当) で、腕一本分の長さにカメラを構えて自分撮りをするのに最適。
ZV-1のレンズはこの目的に十分な幅がありません。
そのため、重いフルサイズのビデオカメラとレンズを持って歩いたり話したりするのが好きではないコンテンツクリエイターにとっては、これは最適です。 

私は経験豊富なフォトグラファー兼ビデオグラファーで、ソニーのフルサイズカメラを使っています。
でも率直に言って、ビデオ制作に入ったときにこれがあったらよかったのにと思います。
そうすればかなりの節約になっただろう。

なぜこれがコンテンツ制作の世界に入り込むのに素晴らしいのか。
この小さなカメラは、フル4 Kビデオキャプチャ、手ぶれ補正、内蔵マイクと外付けオプション、f 2.0レンズによる背景ぼかし、カスタムを含むホワイトバランス設定、s-log (ドキュメントにはslog-2と書かれているが、slog-3は)を含む画像プロファイル、オートフォーカスなど、ソニーのずっと高価な映画シリーズ製品の主要機能を備えている。

ヒント
-このカメラには可変フィルターが付いていないので、レンズの40.5 mmネジ山に取り付けて使うと便利です。
優れた映画ビデオでは、シャッター速度をフレームレートの2倍に保つ必要があります。
つまり、24フレーム/秒 (映画ビデオの標準) のフレームレートの場合、1/50秒のシャッター速度が必要になります。
明るいので、滑らかな動画を撮影するにはレンズに入る光をカットするためのフィルターが必要です。
-良いビデオエディターを手に入れる。
Adobe Premiereは素晴らしいが、高価である。
Davinci Resolveには素晴らしい無料版があります!
-オプションのリモートグリップが便利です。
このカメラは非常に小さく、グリップが非常に役立ちます。
-Slog画像プロファイルの使用方法とビデオエディタでのカラーグレーディングを学習します。
これにより、ハイライトやシャドウをコントロールしやすくなり、クリエイティブなコントロールが可能になります。
より高価なシネマカメラを持っている、または購入する予定がある場合は、デュアルカメラまたはマルチカメラの設定で使用するカメラを一致させることができます。
-何よりも…. 楽しんで!
このカメラは、映像の世界を探検していく上で素晴らしい財産になるでしょう! 2022-11-12


軽量で同等の性能

ZV-1 Fは、これまでコンパクトカメラを持っていた人にとっては素晴らしいカメラだ。
その後デジタル一眼レフカメラ(現在の基準では古いキヤノン6 D)で撮影していた人物によると、ZV-1 Fにはまだ多くの不満が残っている。
ニーズに応じて、これが条件に合う場合と合わない場合があります。

まず、ソニーのZV-1 Fは非常に軽量である。
レンズは24 mm固定で、上部に 「ボケ」 モードを確立するボタンがある。
このボケは光学式なので本当のボケで、iPhoneの 「ポートレート」 モードのように被写体を覆い隠そうとしてもファンキーにしか見えないデジタルのボケとは違う。
ズームイン/アウトしてもレンズの形状は変化しない (何も飛び出したり引っ込んだりしない) 。
操作は非常に簡単で直感的;ボタンをクリックして画面を押し、スイッチを反転させてシャッターボタンを押す。
上部の各ボタンには機能を示すグラフィックがあり、写真とビデオを切り替えるボタンもある。
EVFは搭載されていないので、内蔵されているバリアングル画面に頼る必要がある。
私のはすでに外向きに表示されていたが(これは私の経験では奇妙なことだが、通常は画面を内側に反転させて保護する)、箱から出してもすべてうまくいった。
バッテリーが半分充電され、付属のUSB-Cケーブルで充電できるようになりました。
SDカードはないので、自分のカードを持っていることを確認してください。
動画を録画する場合は、録画したいフォーマットの速度で評価されていることを確認してください。

全体的に、外出先での撮影に最適な軽量カメラである。
ポケットや小さなバッグにすっぽり収まり、非常に軽量(もう言ったかな?)で、設置面積も非常に小さい。
コンパクトカメラとしては、現代技術の進歩 (2022年) を示す好例である。
しかし、あなたはデジカメを使うその枠の中にいます。
確かにこのカメラにはソニーのオートトラッキング、シャッタースピード、絞り、ISO感度 (デジタル一眼レフのようなもの) のソフトウェアは入っているが、それでも10年前に使っていたCanon 6 D (2020年11月発売) と比べると画質は落ちている。
特にCanon 6 DとLレンズを組み合わせた場合はなおさらだ。
とはいえ、ソニーのZV-1 Fは、私が6 Dを手に入れたときよりも大幅に小さく、軽く、はるかに安価であり、その写真品質を最大限に高めるために必要なLレンズのコストは言うまでもない。
確かに、ソニーのZV-1 Fはしっかりしたコンパクトカメラで、旅行に最適で、私の考えでは他のどの携帯電話よりも優れている。
携帯電話くらいの大きさ(長さと幅に関しては、明らかにかなり厚い)。
しかし、これらのカメラは年々小型化、軽量化、高性能化している。
私の昔の一眼レフには及ばないかもしれないが、持ち歩くのはずっと簡単だ。
よく言われるように、あなたが最もよく使うカメラはあなたが持ってきたものです。 2022-11-12


優れた YouTube スタートUPカメラ

これは小さくて本当にポータブルなカメラです。
ソニーのZVシリーズの第1弾なので、他のソニー製小型カメラと比べてもかなり小さいことに驚いた。
YouTubeのスタジオで、オーバーヘッドショット用にこれを手に入れた。
これはYouTubeチャンネルを立ち上げるのに最適で、成長してより良いカメラを手に入れたとしても、私の場合のようにセカンドカメラやオーバーヘッドカメラになることもある。
この画質は私のSony fx 3やA 7 IVと同じ画質ではありませんが、それほど離れる訳ではなく、オーバーヘッドセットアップでは、より高価なカメラと簡単にブレンドできます。
私の考えでは、特にスタートアップにとって価値のある製品だ。 2022-11-12


この価格で素晴らしいボケ動画

これは、背景がわずかにボケたビデオを記録するのに最適なカメラです。
高価なデジタル一眼レフカメラほどボケないかもしれませんが、500 ドル以下のカメラとしては例外的です。 2022-11-10


優れたカラー サイエンスと優れた手振れ補正

これを嫌っている人は、仕様にうんざりしている技術評論家をフォローしています。
実際に目的に合わせてシンを購入すれば、きっと気に入るはずだ。
それについての私のビデオを見てください。
Googleに“Highly Excellent”ZV-1 vs ZV-1 Fと入力してビデオをクリック。

レビューまとめ:
肌の色はお大きな全機種よりもずっと良く、デジタル手ブレ補正機能は問題なく、三脚や自撮り棒を取り付けたままでもバッテリードアにアクセスできるようになり、NDフィルターを通すことができ、視野もずっと良くなった。
新しいタッチメニューシステムは、これまで最も高価なカメラにしか搭載されていなかった。
オートフォーカスは十分有能だ (パナソニックより優れている) 。
カメラの知識をひけらかす俗物のいう事を信じてはいけない。
↓下のレビューの人ことを言っているのでしょうネ 2022-11-10


ストリーミングまたはセカンダリ固定カメラに最適

このカメラは写真・ビデオ業界で多くの怒りを引き起こしました。
RAWの画像を記録しません。
ええ、ソニーのZV-1に取って代わるものではない。
人々はこれが安価なミラーレスカメラであることを忘れている。
ということで、これは初心者向けです。
個人的には、ストリーミングや録画用に据え置き型のセカンドカメラが必要な場合に最適だと思います。
ストリーミングではUSB-Cケーブルで720 pの画像が得られる。
それでもウェブカメラの99%よりは見栄えが良い。
4 K 24 fpsを実現するには4 K出力カムリンクが必要です。
タッチスクリーンは操作が簡単で使いやすい。
とはいえ、ソニーの上位機種と比べて制限があります。
私がそれがよかったレンズ交換ができません。
私の目的に対しては興味がない複数のオートモードを搭載しています。
ディスプレイはフリップアウト式。
クリーンHDMIを出力します。
ソニーはこれをブログカメラとして売り出している。
手振れ補正に関しては同意しません。
もしこのカメラを据え置きにしないのであれば、ソニーのZV-1 Fにします。
カメラはデスクマウントに置いて、録画にはダミーバッテリーを使っているので、バッテリーはテストしていません。
これこそが、このカメラの良さだと思います。
カメラに慣れていない方は、これを購入される方が多いと思います。
マニュアル操作も充実しており、習得して慣れる必要があります。ISOと同様に、シャッター、露出、ホワイトバランス等々。
調整も撮影モードでは使用していません。繰り返しますが、写真を撮るためのものではありません。
1080 p 60フレームの映像品質は、適切な照明により鮮明で鮮明です。低照度ではベストではありません。
人々は今日の世界で選択肢を忘れています。
高スペックのカメラを持っている場合は、ここでお金を無駄にしないように保持してください。
二次的固定カメラが必要な場合を除きます。
オートフォーカスはまだうまく機能していますが、私の用途には使っていません。
お金をかけずストリーミングやコンテンツ制作に飛び込みたいのであれば。これは手始めに良いですが、このカメラにはアップグレード性があまりありません。

**これは、Sony-ZV-1 または Sony ZV-E10 の代用品ではありません。

長所
これはソニー
4 k 24フレームと1080 p 60フレーム
売価
タッチスクリーン
ナイス製造品質
簡単な調整
ホワイトとブラックがあります (ホワイトバージョンを入手しました)
付属のUSB-CケーブルはソフトウェアなしでWebカメラとして使用可能
HDMI出力のクリーン化
クイックオートフォーカス

短所
価格(500ドルでWebカメラとして購入した場合でも、カムリンク、ダミーバッテリー、HDMIミニケーブルが必要です。)
上位モデルのソニーモデルとは異なり、メニューに機能がない
低照度ではあまり良くない
手振れ補正
RAW画像なし、JPEGのみ
1本40~50ドルの小型バッテリー
マウント用底面のネジ切りが左側にあり、中央にない 2022-11-03


イライラいました

USBストリーミングは720のみ対応!
4K USB-c カメラがストリーミングで 720 に制限される理由 !!

商品情報(Amazonの)に誤りがあり、黒は白の写真、白は黒の写真を示しています。
アマゾンに相談したところ、彼らは修正するのが不注意で、名前で選ぶように言われたので、名前でブラックを注文したところ、ホワイトが届き、この購入に非常に不満を感じていました。 2022-10-31

タイトルとURLをコピーしました