「ビデオコンテンツにうってつけ」α7C(ILCE-7C)の海外のレビュー

デジタル一眼カメラ
世界最小・最軽量 フルサイズミラーレス一眼カメラ『アルファ7C』

α7Cは世界最小・最軽量の約509gミラ―レス一眼カメラです。
新しいキットレンズ FE 28-60mm F4-5.6(SEL2860)も世界最小・最軽量の約167gなので合計 約676gコンパクトと高性能を両立しました。

ILCE-7Cユーザーに<最初に選ばれている>レンズ3選

α7Cユーザーに<最初に選ばれている>レンズ3選
現在α7Cのご購入をお考えの方や既にご購入いただいたお客様に お薦めレンズを、ソニーストアのスタイリストとαアカデミー講師がご紹介! 【ご紹介した商品/サービス】 ■デジタル一眼カメラ ILCE-7C

 

ソニー直販ストア

海外のみなさんのレビュー


2020年12月2日現在

このページのレビューです 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


素晴らしい旅行カメラ。キットレンズは素晴らしいです。

良いレンズのα9Ⅱを持っています。​
軽い旅行用のRX100を購入しましたが、写真のクオリティが気に入らず、売却しました。​
α7Cは私の期待を超えています。​
コロナウィルスのために旅行していませんが、α9Ⅱを置き換える可能性があります。
​フォーカスはα9Ⅱよりも優れている。
​ファインダーに問題はなく、ほとんどの場合LCDスクリーンではなくファインダーを使用しています。​
購入にとても満足しており、絶対にお勧めです。 2020-11-27


α6XXXシリーズからの素晴らしいアップグレード

α6000からアップグレードしましたが、コンパクトなデザインにフルフレームパフォーマンスが加わり、これ以上嬉しいことはありません。​
オートフォーカスと低照度性能は、それだけでも価値があります。
​これを小さな単焦点レンズと組み合わせると、とても強力な組み合わせになります。
​私は主にソニーの20 mmF 1.8とソニーの85 mmF 1.8を使っていて、両方のペア/トラベルがとても上手くいきます。 2020-11-26


史上最高のカメラ

こういうことが言えるんです。
​ソニーのα7SⅢやBlackMagic 6Kなど、プロ仕様のカメラはたくさんあります。​
巨大な機能を持つモンスターカメラです。
定期的なインタビューには4K24、ブロギングには場合はこういうものを。​
私が言いたいことは誰もが携帯でコンテンツを見ているということです。​
あなたが賢く節約する必要があるなら、常にHD120で行くことができます。
それでも、無制限にビデオを記録することができます、つまり、記録制限がありません。
​バッテリーやSDカードの容量に限界までですが。​
つまり、ポッドキャストを中断することなく記録できます。​
このカメラと20mmを組み合わせて、ビデオブログのための素晴らしいワイドショットが録れます、もしくはストリートスナップでも、35mmにズームインするとポートレートが可能です。
​走るのも楽しいカメラです。 2020-11-22


コンパクトでフルフレーム「う~ん!」

私はα7Cにアップグレードする前にα6400を持っていました。
​コンパクトでフルフレーム、そしてバリアングルスクリーンが私に対するセールスポイントです。
​α7Ⅲを買おうと思っていましたが、動画用のスクリーンが必要でした。​
28-60のレンズは私にとって驚きでした。
​シャープで小さく、α7Cとの相性も抜群です。​
現在28-75を動画や写真用のaioレンズとして使っています。​
軽量化するなら28-60を使っています。 2020-11-18


正確なオートフォーカス、軽量、フリップスクリーン。

私は2週間前にB&Hからこのカメラを買いました。​
何よりも重要なのは、フリップスクリーンを使えば、ビデオ録画が簡単になることです。​
付属のキットレンズはソニーのハイエンドGレンズにはかないませんが、コンパクトなデザインでありながら、その光学性能と利便性には驚かされます。​
このキットレンズの口径がもっと大きければいいのですが。​
全体的に見て、これは素晴らしいカメラです、特に旅行が多く、よりコンパクトで軽いカメラを好む人にとっては。 2020-11-18


コンパクト、軽量、フルフレームの良さ

非常に小型でポータブルなパッケージの素晴らしいカメラ。
私のレンズのいくつかはカメラを小さくします! 2020-11-17


非常に満足

全て期待通り!
非常にコンパクトで、ハイキングに最適です。
写真は素晴らしいです!
ソニーが新しいカメラに合うようにもっとコンパクトなレンズを追加することを望んでいます。 2020-11-14


モダンなボディのα7Ⅲ

これまでのところうまくいっています。 2020-11-14


大好きですが…

​カメラに扱っているプロはほとんどの人が知っているので、まずは短所から始めます。​
まず私についてですが、私は熱心なホビイストで、過去6年間ずっとNEX-5N、NEX-6、α5100、α6300、α6500で撮影してきました。
​私はSonyのコンパクト・アルファ・ラインの大ファンなので、フル・フレームにアップグレードするのをずっと待っていたのです。
​やっとこのカメラが発表されたので飛びつきました。​
全体的に気に入っています。
​しかし、いくつかの驚きがあります。
1.​フラッシュなし。
​これは知りませんでした。
​レビューで読んだことはありませんし、手元に持ってくるまで、フラッシュがなくなっていることに気づきませんでした。
私は外付けフラッシュを持っているので、大きなセットバックではありませんし、フルフレームカメラをそんなに小さくするときに犠牲を払う必要があることを完全に理解しているので、星を取るつもりはありません。
2.期待していた通り、新しいスクリーンは好きではありません。
​このような画面、特に自撮りモードではもっと可能性があることは知っていますが、私は古いスタイルの方が好きです。​
ビデオを録画しているときに、カメラを膝の高さくらいまで下げたとします。
α6500を使えば、録音中に指で画面をめくるだけでよい。​とても簡単です。​
この場合、この角度にするにはさらに多くの作業が必要です。
​動画を撮影しながら安定させようとするのは簡単ではありません。
​録音を始める前に、画面をポップアウトすることをお勧めします。
前にも書いたように、このスクリーンの方がポテンシャルがあるので、私は星を減らしていません。
​確かに、昔のものより画面が大きくてかっこいいと思います。
3.MP4で動画を録画する方法が見つからないのですが、撮影した動画の90%をアプリ経由で携帯電話に直接転送しているのですが、MP4でないとファイルが登録されません。
​でも何か見落としているかもしれません、1週間しか使っていません。​だから私も星を減らしていません。​
特にビデオ用のα6500を持っていて、これは写真専用に使っているので。
​4.ファインダーにアイカップが付いていません (なぜですか?​わからない。
α6500のEVFと同じ大きさですが、アイカップがないので小さく感じます。
​星1つを差し引くのに十分な理由だとは思いません、本当にそうしたいのは、それがかなり大きなことだからですが、カメラはまだ5つ星に値します。
​5.ショートカットボタンがありません。​
アルファカメラには3つくらいありますが、こちらにはありません。​
実際に使ったことはありませんが、ショートカットのスーパー35 mmオプションを使って、メニューを見なくても同じレンズからもっと範囲を広げたいです。​
全体的に私はこのカメラが大好きで、とてもワクワクしています。
​毎日何か新しいことを学んでいて、このカメラで撮った何か新しいものを実際にプリントするのを楽しみにしています。 2020-11-13


スゴイ 小さなビッグカメラ

α6600のサイズーα7Ⅲのパフォーマンスーそしてそれはクールに見えます-それを愛してくださいーバリアングルスクリーン素晴らしいジンバルのための超軽量-言葉はありません 2020-11-13


その目的のためには、これは完璧なカメラにかなり近いです!

デジタル一眼レフカメラやミラーレス・カメラには、たくさんの選択肢があり、さまざまな機能があり、価格もさまざまです。
​MFT、APS-C、FFのバトルでは、センサーのサイズを決めてからプラットフォームを選ぶ必要がある。
​簡単に言うと、私は以下のソニーのカメラを所有しています。α6500、α6400、α6600、α7Ⅲ、α7RⅢ、α7Cです。
それぞれが多くのことをうまくやっていますし、他よりも良いものもありますが、他よりもずっとお金がかかるものもあります。
​もしあなたがSonyのアルファ版を使いたいと思っていて、写真を少し強調してビデオと写真の両方を撮りたいと思っていて、フルフレームが欲しいのであれば、これはあなたの選択かもしれない。
​動画を撮影したいが、写真をもっと撮りたいという人には、これでも使えるかもしれないが、実際にはα7Ⅲ(α7Ⅳで2021年に待つこともできます)を楽しめるかもしれない。
α7Cは少し小さくて軽い(私のα6600と同じくらいの重さがある)が、これは主にEVFを中央から持っておらず、左側に持っているからだ。
スクリーンが左右に反転するので、ミニ三脚やジンバルを使う方にはとても便利です。
​私はα7Ⅲよりもカラーサイエンスが好きですが、少しだけ残念なこと(特にハイブリッドシューターの場合は)は、α7Ⅲのカスタムボタンが複数あることです。
​今ではFnメニューを活用しています。
これは便利ですし、カスタムボタンをもっと使いたい場合はα 6600を使います。 2020-11-11


あなたの目標をしっかりと

私の目標は、何時間でも快適に持ち運べる軽量フルサイズのセンサーカメラを持つことです。
​高画質が欲しいです。
​最新の(高価で重い) α7シリーズカメラが持っている全てのベル&ホイッスルは必要ありません。​
私の希望と必要に応じて、α7Cは私が探しているものです。
​2週間前から予約していました。​うれしいです。
​もっと書きたいのですが、α7Cと長い散歩をしようとしています!! 2020-11-11


すべて評判どおり!

カメラを手に入れてまだ2週間しか経っておらず、まだ十分な時間を持っていませんが、今のところすべて評判通りです。​
コンパクトサイズなので旅行にも最適で、手触りも抜群です。​
画質が素晴らしいです。
​ビデオの品質は素晴らしく、安定感は本当に素晴らしいです。​
必要なときに必要に応じてすべてをコントロールしながら、オプションのシンプルさを本当に楽しんでいます。​
今のところ唯一の不満はスクリーンだ。​
フル180回転できるのは素晴らしいのですが、カメラの後ろに座っている時に傾けることができて、折り畳んだ時に自撮りモードでフリップするとほんの少し回転するだけで画像がフリップするようになると思います。
​しかし、これらはカメラ全体の優れた品質と機能に比べると取るに足らないものです。 2020-11-10


フルフレームでもある史上最高の小型カメラ

私が望むことができるほとんどすべての機能を備えたこの小さなカメラの驚くべき技術。
今までのようにスクリーンをめくるのだけではないのが好きです。 2020-11-10


気に入った!

α6000からα7Cにアップグレードしました。​
カメラのコンパクトさと設定はとても使いやすいです。​
クロップセンサからフルフレームへの移行は簡単だった。
​SDカードスロットが1つしかないのは、大きいサイズのSDカードを使っている私にとっては気になりません。 2020-11-10


このカメラに本当に興奮しています

アルファ7IIを下取りに出しましたが、この新しいコンパクトフルフレームカメラの購入をとても喜んでいます。
​私は主に、長いハイキングを伴う風景写真を撮ります–サイズと軽量の要素は私にとってとても重要です。​
新しいコンパクトなズームレンズ縮めれば、このフルフレームカメラは私の冬のコートのポケットに実際に収まります。
​そうすれば、寒い冬の散歩でもバッテリーが長持ちします。
​握り心地はとても快適です–グリップも良く、私はレンジファインダーカメラのようにビューファインダーが横にあるのがとても好きです。
​ライブビュースクリーンは操作性が高く、頭上からの撮影や地上からの撮影が非常に簡単になります。​
一週間ほどカメラを持っていて、キットのズームレンズとソニーの24-240と50 mmのレンズを使っていました。​
画質は期待通りです。​α7IIよりも色が鮮やかで、低照度の性能が優れています。
​特に動物の目のオートフォーカストラッキングには感心しました。
​ビデオについてはコメントできません。
ただ静止画を撮っています。
​ただし、ソニーには充電器(カメラを電源に接続して充電することができます)がない。​
ただし、充電中はカメラを使用できないので、必ず充電器を別に注文してください。
​B&Hは、Sonyの充電器の1/5の価格で動作が良い、コンパクトなWatson充電器とバッテリーを提案した。​(Watsonバッテリを使用しているときに、サードパーティ製アクセサリに関する警告が表示される)。
​また、このカメラにはマニュアルは付属していませんので、パソコンをお使いになる準備してください。
​ソニーのインタラクティブなウェブサイトは、ナビゲートするのが簡単ではなく、しばしば定義なしで彼らの用語を使用しているので、最初にメニューシステムを学ぶことはイライラする可能性があります。
​(他のソニーのカメラを使ったことのある人なら、それほど変わらないと感じるだろう。私はRX-100/6を持っており、α7IIを持っていましたが、新しいカメラのメニューがややこしくはありませんでした。)最終的には、この購入に満足しています。
この​カメラは勝利者だ! 2020-11-10


コンパクトで有能

A7Cはコンパクトカメラですが、オートフォーカスが非常に優れたフルフレームカメラとして非常に優れた性能を発揮します。
APS-Cフォーマットからフルフレームへの移行を検討している人にとっては価値のあるアップグレードです。 2020-11-10


うん

セカンドカメラとして必需品。
品質は素晴らしく、バリアングルスクリーンは最高です。 2020-11-10


このカメラが大好き

カメラは素晴らしいです。
製造品質は素晴らしく写真は一流です。 2020-11-10


最高級のコンパクトフルフレームカメラ

このカメラは私の期待以上でした。​
カメラ用に設計されたコンパクトなキットレンズを使用しており、画質は非常に優れています。​
このカメラは、ハイキングやサイクリングのときに持ち運べるほど小型で軽量で、私が楽しみにしている通りの写真撮影に最適です。​
特に、オートISO機能が気に入っています。
オートISO機能は、さまざまな照明条件で絞りとシャッター速度を手動で制御できます。
​EVFの大きさや解像度には批判もありますが、照明条件で画面が見えにくい場合には、ファインダーで十分だと思います。
​カメラのサイズによって、カメラの外側に配置できるコントロールボタンなどの数が制限されるため、一般的な操作にはメニューオプションを使用する必要があります。​
コントロールボタンをカスタマイズする機能があります。
​私の主な不満は、もっと明確に書かれていたはずのユーザーマニュアルです。​
マニュアルを使って、カメラの基本的な機能の実行方法を理解するのに時間がかかりました。 2020-11-10


私の小さなストリートカメラ

これは普段使いにいいコンパクトカメラだと思います。​
確かに、α7Ⅲのようなカスタムボタンなどはないかもしれませんが、小さなライカや富士フィルムX100Sを持ち歩くようなものだと思ってください。​
仕事用のα7RⅣを持っていますが、日常的にはこれを使っています。​
ついにSonyがバリアングルスクリーンを追加してくれてありがとう!
それはプラスですね! 2020-11-10


2020年ミラーレスカメラオブザイヤー

​2020年は想像できる限り最悪でした。​(コロナショックで?)
カメラの技術に関しては例外です。​
今年は、異常な量の最先端のデジタルカメラがありました、多くのフラグシップ機が私たちの分野に来ています。
α7Cは、α7シリーズのパワーをすべて備え、非常にコンパクトなデザインなので、私の好みです。​
キットレンズもかなりのブレークスルーです。​
数年前にはイメージしにくいフルフレームの2倍ズームです。​このカメラを買ったのは、そのサイズだと自分で持ち歩くことになるからです。
​1週間使ってみても全く失望していません。 2020-11-08


圧倒される!

このカメラはビデオコンテンツにはまさにうってつけです。​
フリップ・アウト・スクリーン、Miシューズ、そして信じられないほどのオートフォーカスがα7Cを素晴らしいものにしています。​
私が抱えている唯一の問題は手振れ補正に関するもので、より多くのビデオ編集ソフトウェアがこのカメラにあるジャイロデータを利用できるようになれば、絶対的なゲームチェンジャー(流れを一気に変えるもの)になるでしょう! 2020-11-08


オーバーヒートテストの結果とそれほど小さくはない

レンズが大きいので、カメラ本体を小さくするのは馬鹿げていると思います。
α6600のようなソニーのAPS-Cカメラを持っている人は、APS-Cレンズは10メガピクセルの写真にしか使えないので、このデザインはさらに不快に感じるはずです。
​しかし、ビデオグラファーとして、このカメラが私に提供してくれるのは、α7Ⅲの30分という記録制限のない、ソニーα7Ⅲの優れた根性です。​
結果はほとんどα7Ⅲと同じ4Kビデオ(1080 pビデオの不良)で、速いAFと優れた低照度です。​
ストレステストをしたところ、このカメラは日なたで40分強の録画を続け、日陰では制限がないことがわかりました。
​このことは、熱管理に関してα7SⅢよりもα7Ⅲに近い特性を示唆しており、これは理解できることですが残念なことです。​
結局のところ、ここにあるのは実用性の低いクールなレトロなデザインです。​
ボディが小さいということは、人間工学が悪く、使用可能なボタンが少ないことを意味します。​
このカメラは写真やビデオの主力機種にはないだろうし、小型化は空手形のように思えます。​
とりあえずα7Ⅳが使いやすいでしょう…
長所:素晴らしいバッテリー持続時間(3時間録音)録画時間制限なし素晴らしいいAF、素晴らしい製造品質、素晴らしい低光性能、バリアングルモニタ、 No wheel locks
短所:他のFFカメラよりボタン数が少ない、今でも厳しい状況ではオーバーヒート、 APS-Cで10MPの静止画 2020-11-04

 

 

α7Ⅲとの比較

※重さはバッテリーとメモリーカードを含んでいます。

 

α7C発売記念 フルサイズウェルカムキャンペーン

内容:「Aコース: Adobe Lightroom 3カ月無料 / 有名クリエイタープリセット」「Bコース: Adobe Premiere Pro 3カ月無料 / 有名クリエイタープリセット」のいずれかをもれなくプレゼント!

メーカーページ

α7C | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)α7Cの商品ページです。

同時に発表されたレンズとフラッシュ

SEL2860 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)SEL2860の商品ページです。
HVL-F28RM | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)HVL-F28RMの商品ページです。

ILCE-7Cに関する疑問(Q&A)と各部名称

ILCE-7Cに関する疑問(Q&A)と各部名称
どんな人にお勧めか? プロ・アマチュアからエントリーユーザーまで、静止画・動画撮影のため、小型・軽量のフルサイズカメラを求める幅広いユーザーにお勧めです。 ソニー直販ストア デジタルスチルカメラ DSC-RX10M4 ⇒現...
タイトルとURLをコピーしました