ILCE-7RM4(α7RⅣ) 海外のレビュー「これは最高!」「別格の解像度」

2019年10月8日デジタル一眼カメラ, 新製品、注目商品

世界初 有効約6100万画素、最高約10コマ/秒高速連写
『α7R IV』 ILCE-7RM4 (Eマウント)

 

目次

海外のみなさんのレビュー


2019年10月8日現在

レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 キヤノン5DSRから来る

私の究極の目的は自然写真カメラです:
1台のカメラは風景にも飛行中の鳥にも完璧でした。
ソニーのマーケティングは、これがその例だと示唆していました。
拡張されたダイナミックレンジセンサーは素晴らしいと思いました。
あのグラデーションのNDフィルターは景観のためにしまっておいてください!
フルサンでワシのような高コントラストの鳥を撮影すると、詳細な白飛びのない、ノイズの少ない暗いエリアが得られます。すごい!
ただオートフォーカスは感動するほどではありませんでしたが、ソニーのα9と比べるのは不公平かもしれません!
α9は、飛行中の鳥でこれを圧倒します。
α7RIVオートフォーカスは、他の大部分のカメラと同様に、コントラストの低い動きに悩まされた。
最も懸念されたのは、10fpsでのライブビューファインダー機能の喪失でした。取扱説明書にそう書いてあります。
ああ。5fpsのカメラです。
ちょうど私の5年前のキャノンのように。

正直なところ、ソニーを長時間使ったわけではないので、まったく違和感はありません。
問題の1つは、シャッターを押してからシャッターが切れるまでに時間がかかることです。
非常に短いラグですが、ラグは…。
もしあなたが私のようなオールドスクールで、シャッターを押して長押しするのではなく、ピークアクションをキャッチすることに慣れていて、高いフレームレートがキャプチャを行うことを期待しているのであれば、不安になります。
これはミラーレスの問題であり、このカメラに限ったことではありません。
だから、これは優れた風景カメラだと思います。
野生生物にとってはそれほどでもない。 2019-10-05


 素晴らしい

今年ニコンから機種変更して初めてのソニー製カメラです。
私は事前にカメラを注文しましたが、がっかりしませんでした。
B&Hは定期的なアップデートを提供し、リリースされ次第すぐに出荷されます。相変わらずの驚異的なカスタマーサービス。
数週間前にカメラを受け取り、これ以上の満足ありませんでした。
画質は本当に素晴らしく、このカメラの機能とカスタマイズには驚かされました。
私は間違いなく、近い将来ソニーに残り、彼らのGmasterレンズを手に入れたと思います。
もしあなたがどちらかといえば、このカメラを絶対にお勧めします。 2019-10-03


 素晴らしいカメラ

このカメラは2、3日しか持っていませんが、もう大好きになっています!
コントラストと色の範囲は素晴らしく、フルサイズの写真をもっと大きなサイズに拡大することができます。
あなたもそれを手に入れたら、きっと気に入るでしょう。 2019-10-01


 新しいα7RⅣが好き…

α7R llとα7R lllを持っています、正直言って新しいMark IVは大きな改善だと言える。
全体的に見て、このカメラは人間工学に基づいて設計されている。
グリップのサイズを少し大きくして、より快適に手を握ることができるようにした。
瞳 AFとアクショントラッキングの新しい実装が気に入っています。
EVFは、ファインダーを覗いたときに光学ファインダーのように見えるまでにアップグレードされています。
すべてのボタンがより正確に感じるようにアップグレードされています。
2つのメモリスロット…すごい!61メガピクセルの解像度!何て言えばいいんだ…ファイルは美しく、詳細が豊富で、しかも大きいです!
私にとって、可変アスペクト比(従来の3:2と16:9に加え、新たに4:3と1:1の画像アスペクト比に対応)の追加は大きな意味を持ち、新しいMark IVにアップグレードする十分な理由となりました。
私は6×6のミディアムフォーマットを撮影してきました。
35mmのアスペクト比は本当は好きではなかった。
これで、正方形(1:1)または4:3を撮影して、カメラでトリミングを確認することができます。
61mpとフォーカスポイントの増加は、カメラで画像をクロップする際の移行を容易にしたのではないかと思います。
タッチスクリーンオプションは、フォーカスポイントの配置にのみ適しており、メニューの選択には適していません。
なぜソニーがこのようにタッチスクリーンを実装したのか分からないが、ファームウェアのアップデートで修正できるかな?
ソニーのメニューは最高ではないことに注意してください。
新しいIVはメニューを改善しようとしていますが、まだ少し混乱しています…。時間が経てば慣れてきます。
全体的に…素晴らしいカメラ。
アクション&ポートレートを撮影するなら、瞳AFの実装とトラッキングが好きになるでしょう…アップグレードする価値はあると思います。
皆さんのために、ランドスケープシューティングは…素晴らしいファイルの準備をしてください。 2019-10-01


 学習中ですが、素晴らしい結果が手に入りました

何十年にもわたってニコンランドにいたのをソニーに移すのは難しいことだと分かっていたが、約2週間後には、EVFとメニューの要領が分かってきたと思います。
それでも、最初から素晴らしい結果が手に入りました。
私はソニーのカメラを持ったことがないので、他のカメラや同シリーズの製品と比較することはできませんが、もしあなたが切り替えを考えているなら、このカメラはあなたを驚かせるでしょう。
当初はTamron28-75(素晴らしいレンズ、とてもシャープです!)と比較し、Nikon24-70F 2.8を売ったらSony35mm F 1.8を買おうと考えています。 2019-10-01


 α7R4はアップグレードに値する?

A7R3と比べるとそれほどの向上はなく、画質はほとんど気になりません。
A7R3と比較してbluetoothの関係かと思いますが、バッテリーの消耗が増えました。
リアルタイムの動画フォーカスのために購入しました。 2019-09-29


 私の仕事な流れを劇的に変えた

レンズ設定を開放絞り撮影するのが好きです。
モデルのポーズを際立たせるために、低いアングルで撮影するのが好きです。
数年前、私はCanon5DマークIVを、光学ファインダーを使って床に横たわったり横になったりしながら写真を撮っていました。
動きを撮るのが好きです、フォーカスシステムが追いつかないので、バックボトムフォーカスを使わなければなりません。
ソニーの 「α7RIII」 では、バックスクリーンに瞳AFを当てて、もし瞳AFが目をチェックできない場合は焦点をモデルの目に合わせるようにしました。
ずっといいですが、目の焦点が合っていなくても遅いです。
Sony α7RIIIのファームウェアがアップデートされたことで、目の焦点は改善されましたが、オブジェクトチェックが機能しません。
それで私は仕事の流れをあまり変えなかった。
リリース発表の際にあα7R IVの最初のプレビューを見たとき、アイフォーカスの改善がこのカメラを予約するよう、せがんできました。
私は今のところ2つのモデル撮影しか持っていませんが、このカメラにはアイフォーカスとオブジェクトトラッキングがついていてとても満足しています。
暗い都会の環境(アップロードした写真を見る)でも、指差して撮ることができます。
これは私のワークフローを本当に改善し、決定的瞬間を捉えることができる。
長所:
-焦点(劇的変化-α9は持っていません)
-61MP(はい、写真のトリミングはよくやっていますし、撮影動作も好きです。私も42MPで十分です。)
-新しいEFVは見た目は良くなりましたが、重要ではありません。
短所:
-グリップ(あまり改善された感じがなくて、まだ気持ちが悪いです。私は垂直グリップを注文しましたが、α7RIIIと比較して新機能なしで50ドル余計にかかります。)
-カメラの手動システムのナビゲーションはまだ旧式です。
スマートフォンのようなインターフェースはない。 2019-06-27


 自分が何をしているのかわかっているように見える

短いレビューの虎の巻:-
1.Canonの信者です-RebelG-5DMkII、およびすべて
2カメラをマスターするのは簡単ではなくレンズ+カメラは大きく重い。
3.旅行用カメラとしてNEX-5Nを購入し、それをとても気に入りました
4.α6300にアップグレードし、それをとても気に入りました
5.さらに多くの機能を搭載したα7RIV
6.クロップの容量が好きです
7.野生動物と風景が好きなので、これは両方をうまく扱えます(シャッター+60+MP)
8.AIロックオンがビックリします。
9.鮮明な画像にあぜんとします。
10α7RⅢを持っている人がこの飛躍を直視するのが難しいと思うことを想像できます。
11.私にとって大きな飛躍です。
12.軽く、鮮明で、機敏で、スマートで使いやすい。
13.メニューは少し手間がかかります..AIの妻のポートレートとビーチランニングの犬の間を移動しますが、それは簡単な変更ではありません(おそらく、スマートボタンのプログラミングが方法です)。
AI 妻のポートレートからビーチランニングの犬への移行と、簡単な変更ではない(スマートボタンをプログラムすることで)?
まとめ…GR8カメラ、後悔なし、写真を撮る言い訳を見つける…ありがとうGソニー、ありがとうB&H photo..これは真面目なキットで、簡単に手に取って撮ることができます!..添付サンプル..(私は熱心なアマチュアです)5日間持っています、だから あっと驚くような写真ではなく、しかし あなたの興味のためにミックスしました。 2019-09-26


 多彩な用途に対応する大容量ピクセルの原動力

このカメラは私が必要としていることをしてくれます:
必要なときに、目に見えて画像を劣化させず、オートフォーカスとトラッキング機能がα7RⅢよりも優れており、人間工学的にも優れています。
バッファリングの問題に対するパワーユーザーの不満は理解できますが、はい、61MPであればそうなります。
平均的なユーザーとして、私はこの新しい進化に満足しています。
このカメラに多くの文句を言うことは、このカメラを殺します、完璧は、非常にとても良いものの敵だということを覚えておいてください。  2019-09-26


 ソニー最高!

他のソニーのカメラでは、カメラのコーナーにある補正ダイヤルが意図せず動いたことに気付かず、何度も露出が吹っ飛ばされました。
ソニーはこの問題をノブのロックで解決しました。
素晴らしいニュース!
このカメラは全てがアップグレードされていて、もちろん61メガピクセルの美しい画素と素晴らしい鮮やかな色です!
大好きです。 2019-09-26


 史上最高のカメラ

感触が大好きで、写真は抜群です。
唯一のマイナス理由は、モニター画面が完全に折りたたまれないです。
プロは自撮りをするべきではないのですか? 2019-09-26


 今までで一番のカメラ

私は主に風景を撮ることに没頭していて、まだ続いています。
ファイルが大きいので、スポーツやアクションには向いていませんが、それでも悪くはありません。
私はRAWで撮影し、ファイルはLightroomやCapture One、ソニー独自のソフトなどで処理できます。
ボタンの位置やウェザーシールが改善されたそうです。
私には堅牢に思えます。
デュアルカードスロット。
メニューは多少調整が必要ですが、徐々に改善されています。
フォーカスが素晴らしい。 2019-09-26


 大幅な改善

α7RⅢよりはるかに優れています。
EVFは素晴らしく、人間工学は素晴らしく、進化したフォーカストラッキングはパッケージに追加されます。
試してください、きっと気に入る。 2019-09-26


 ピクセル数ではなくフォーカシングが真の躍進

ニコンとキャノンの両方を使った後、ハイキングをしながら減量するためにソニーに乗り換えました。
4台目のSony α7Rですが、以前のモデルからそれぞれ改良されています。(最初は原始的だった)。
クロップが必要な場合、ピクセル数が多いことは素晴らしいことですが、大きな変化はオートフォーカスです。
人や動物の瞳AFは素晴らしいです。
しかし、広範囲のセンサーのトラッキングは状況を一変させます。
手にしたのは新しいカメラだが、これまでのところ、このフレキシブルなスポットは被写体によくくっつく。
61メガピクセルは多そうですが、APS-Cモードにカスタムボタンを設定したら、200-600ミリレンズは300-900! そして27メガピクセル。
なので、より多くのメガピクセルが役立ちます。
何年たっても野生動物の行動は興奮します。
α7RⅣと200-600ズームを使った最初の冒険では、鳥を探していました。
小さくて速く、焦点はうまくいきました。
こんなにキープ率の高いのは初めてです。
でも、光が弱くて、シャッタースピードを上げるためにISOを12,800に上げて鳥の動きを止めました…。
撮影していて光がよくなったので忘れていました。
Lightroomに画像をロードしている間に、ISOが見えて、少し罵りました。
でも、そんなにクロップが悪くないのには驚きました。
筆者の推測では、これらのピクセルはすべて同じ空間に詰め込まれているため、サイズが小さくなり、その結果、粒子が細かくなっている。
これまでのところ、私のナイト画像は素晴らしいもののようですが、まだ十分な時間がなく、意見が言えません。
最後に一言。
私は写真家になって50年になりますが、そこから生計を立てているわけでもなければ、そうしようとしているわけでもありません。
ただ楽しんでいるだけです。 2019-09-25


 史上最高のカメラ

これは私の3台目のSony α7xxxカメラで、今まで使った中で最高です。
ますます面白い機能が見つかります。 2019-09-25


 ソニーが(また)場外ホームランを打つ!

私はIIに大喜び、IIIに興奮、Mark IVに仰天しました。
メニューシステム(特別なニーズに合わせてカスタマイズ可能)にも不満はありません。
はい、大きなファイルを処理するには、大きくて高速なSDカードと高速なコンピュータが必要です。
スペック的には、公開されているpxカウントは9504×6336=60.2 Mpxで、これはjpg写真を撮ったときの値です。
ARW(RAW)を撮影すると、9600×6376=61.2 Mpxのファイルが得られます。
16フレームピクセルシフト機能により、このサイズと価格のカメラでは類を見ない4倍の大きさと解像度のファイルが生成されます。 2019-09-25


 予想以上

このカメラは間違いなく私に写真のひらめきを与えてくれました。
画質も素晴らしく、作りも最高です。
シャッターを下ろすが少し遅いので私はまだスタジオで使っています。
1回しか撮影していないので、慣れるまで様子を見ます。
それ以外は、しばらくの間、ソニーファンになると思います。 2019-09-25


 アメージング

α7RⅢからアップグレードしました。
これはアップグレードする価値があります。
好きな機能がたくさんあります。
見たことがないのは、シャッターがフェラーリのようにシルキースムーズなことです。
これらの写真機能はすべて、小型で軽量なパッケージに収められています。 2019-09-23


 うわー!秋の紅葉に間に合うように!

α7RⅡからα7RⅣへのアップグレードは歓喜でした。
詳細についてはカメラの素晴らしいレビューを見てほしい。
ある風景写真家の個人的なハイライト:
フォーカス-完璧な花のクローズアップ。
使いやすさー特にフィールドでの撮影時に顕著な改善。
クロッピング-61MP=*すばらしい*ワークフロー。
カラー-MBP/LG Ultrafineディスプレイでのレンダリングはインスピレーションです。
よく言われる欠点は、メニューとタッチスクリーンです。
ソニーのFE 4/24-105Gレンズを撮影したスナップショットを添付しました。 2019-09-19


 構成要素の合計以上のもの

61メガピクセルのカメラを必要とする人が誰もいないという非難の声は無視してください。
α7R IVは、現在入手可能な価格ではおそらく最高のカメラです。
R IVは、GMガラスとの組み合わせで優れた解像力を発揮し、R IIIよりも人間工学的に大幅に改善されていますが、私にとって最も魅力的なのは29MP APS Cクロップモードです。
カスタムボタンC1を設定して、トリミングのオン/オフを切り替えます。
私の135mm 1.8 GMは、ファインダーを覗かなくてもすぐに200mm 1.8になります。
概して、R IVはその構成要素の合計以上のものであり、参入価格を十分に正当化します。 2019-09-19


 手に入れられたらファンタスティック

このカメラは、メガピクセル、オートフォーカス、トラッキング機能を備えている。
B&Hの発送に満足していませんでした。※購入はB&Hのようで、このレビューもB&Hに投稿されています。
実際、私がこのカメラを持っている唯一の理由はソニーが介入してB&Hから これを発送してもらったからです。 2019-09-18


 この価格帯で別格の解像度

α7RⅢを売るつもりで、これを購入しましたが、4日間使ってみて言わなければなりません…
私が今使っているα7RⅢは間もなく大幅に値下げされて誰かの手に渡るでしょうが、これは非常に価値のあるアップデートです。
ソニーのGMレンズ、特に24mm 1.4 GMと135GMの解像度は驚きです…
人間工学に加え、新しいシャッターの小さい音ようなものも大歓迎です。
オートフォーカスは非常に速く、トラッキングも非常に良い(A9より少し遅いです。)が、61メガピクセルというのはこの価格帯では途方もないことです。
26メガピクセルでさらに焦点距離を伸ばすために、APS-Cに切り替えるカスタムボタンを設定します、そしてあなたは1台で実質的に2台のカメラを持ちます..レンズの数を減らして、61Mpと26MPで優れた解像度とAFを実現できます..
ただし、61メガピクセルの解像度は、ベースISOを超えるISOでは劣化するため、可能な限りISO800未満に維持してください..
このカメラは、良い光と速いレンズを持っている時、もし非常に暗くてもフラッシュまたはストロボで光を使う場合、純然たるモンスターです。
光源なしの非常に低い光で撮影するときにはα7Ⅲを入手してください。 2019-09-18


 これは最高!

予約注文。
13日金曜日に受け取りました。
私はまだカメラに慣れていませんが、最初の考えは言えます。
まず、A7R3と比べて明らかに大きく改善されています。
人生が変わるわけではありませんが、α7Rを2台持っていたので、今までで一番良いと言えます。
ソニーは写真家の声に耳を傾け、アップグレードを行なっています。
彼らは要求されたすべてのものをアップグレードすることを選択しませんでしたが、アップグレードしたものについて確かに考えました。
はい、後悔せずにカメラを購入出来てよかったです。
1つの提案ですが、できれば128GBのカードを入手してください。
ピクセルシフトはカードをあっという間に使い果たしてしまいます。
非圧縮のRAWファイルは117MBです。
丸1日の撮影+ピクセルシフトを数回追加で、あなたはカードを交換することになります。
全体的にパフォーマンスが向上しました。
取り扱いがはるかに良いです。
画質が良くなったことは、すぐに気がつきました。
予想以上に良い画像です。
私は風景から人物まで全部やっていますが、今のところ言えるのはそれが最高だということだけです。
とても満足しています。
今のところ唯一ネガティブなのはAdobe RAW ベータ版のカメラ・プロファイルで、私の好みよりも動作が遅いですが、間もなくアップデートされるでしょう。
あなたに余裕のある購入で、もしこのカメラを検討しているなら、後悔することはありません。
また、Gマスターレンズで撮影すると、最高の結果が得られます。 2019-09-18


 箱から出して初めてのショット

今日、新しいソニーα7RⅣを受け取り、それで撮りました。
プリンセスフラワーの写真、全体の1/6に切取りました。
結果はまさに私が望んだものでした。
シャープさの損失はありません。
ソニーFE 1.8/55mm を使いました。 2019-09-15


 待ったかいがあります

何ヶ月も前に予約リストに入れていましたが、幸運にも先週の金曜日にピックアップできました。
IVはコントロールレイアウトが改善されており、シャッター音さえも、α7RIVへの大規模なアップグレードです。
箱から出してGレンズでないレンズを使って、カメラは驚くほど鮮明で大きく、画像を映し出しました。
メニューやっユーザーインターフェースも高速で、起動も速く、画像バッファも拡張されています。
α9と同じ領域での素晴らしいフォーカスオプション。
唯一の懸念は、将来の摩耗傷と擦り傷です。
キャノン5Dのエコシステムから来ている事によるもので、Sonyのひどい塗装には慣れていませんでした。
このカメラはとても新しいので、保護ラップやケースはほとんどありません。
全体的に見て、素晴らしい装備であり、飛躍を遂げたことを嬉しく思います。 2019-09-13


このページのレビューです 

 

α Universe editorial team

 

α7R IVは現在、市場で最高解像度のフルフレーム交換レンズカメラです。

α7R IVは現在、市場で最高解像度のフルフレーム交換レンズカメラです。
世界初の6100万画素フルフレームセンサーは、α7RⅢよりも50%近く、競合他社製品よりも約20%多い有効画素で、それは多くの中判製品を凌駕しています。

ソニーの専門用語でExmor Rとして設計された裏面照射型CMOSセンサーを使用して、α7R IVは解像度を劇的に向上させるというその努力をあまり犠牲にしません。
画像は高い感度できれいでなければなりません、データは優れた速度で負荷を軽減されます。

新しいセンサーとBIONZ Xプロセッサは、15ストップの広いダイナミックレンジを実現し、風景写真家にとってはさらに良い選択となるでしょう。

『α7R III』比で約1.5倍の解像性能をもちながら、高性能AFや最高約10コマの高速連写など高いスピード性能を備え、動きのある被写体も高精度に捉えます。

 

α7RⅣ 現在のソニーストアの納期と価格
※新規ID登録で10%OFF、3年間の延長保証も付きます

 

高精細な被写体を高い臨場感で写し出す高解像・高画質


6100万画素フルフレーム背面照射型CMOSセンサー
新開発のExmor R CMOSイメージセンサーは、他にはない高解像度を誇ります。
背面照射型デザインは、6100万画素という非常に高いピクセル数にもかかわらず、高い感度と低いノイズを示します。
α7RⅢの約1.5倍の画素数はスゴイ!!

最新の画像処理エンジン
最新のBIONZ X画像処理エンジンは、フロントエンドLSIと連携して高解像度のセンサー性能を最大化しながら、低ISO感度で最大15ストップのダイナミックレンジを達成します。

広い常用ISO 100-32000の広い感度域
画素数の増加にかかわらず、α7RIVは最高の常用ISO感度ISO100~32000 を提供し、低感度から中感度の範囲でノイズを低減し、高品質の画像を実現します。

 

有効約6100万画素の高解像の連写をトリミング
※最高約10コマ/秒(*1)のAF/AE追随高速連写を実現

フルフレームの画像をAPS-Cサイズまでトリミングした後でも、2620万画素の高解像度画像を維持することができます。

APS-C撮影時 68枚まで連続撮影

α7RⅢの1.5倍にバッファーメモリーを大容量化し、JPEG時・RAW時(圧縮)に約68枚(*2)、APS-C撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写持続性能を実現しています。
*1 連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、 連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。撮影設定によって最高連写速度が異なります
*2 メカシャッターによる連続撮影モード「Hi+」時。UHS-II対応のSDXCメモリーカード使用時。ソニー測定条件

 

最高の解像度を実現する


ボディ内5軸手ブレ補正
ボディ内5軸画像手ブレ補正アルゴリズムは、高解像度の61.0メガピクセルの画像センサーの性能を最大限に引き出すように最適化されています。
これは、5.5ストップの高速シャッタースピードと同じくらい効果的です、手持ち撮影に自信が持てます!!

無音無振動のサイレント撮影
サイレント撮影は、静かさが要求される場所では大きな利点なだけでなく、手ぶれの原因となる振動をなくします。
振動のないシャッターにより、極めて高いα7R IV解像度を実現し、鮮明でクリアな画像が手にはいります。

ぼけ軽減構造
設計しなおした機構がシャッターユニットを組み込んで微妙なカメラぶれを抑え、より良くなった画像安定アルゴリズムが効果的に画像ぼけを減少させるとのこと。
このことでカメラの高解像度が上手く維持されます。

手ブレのないリモートシャッター
別売のリモコン(RMT-P1BT)を使ってリモートカメラを操作すると、シャッターボタンを押したときの手ぶれを抑えながら、良い静止画を撮影できます。
これにより、イメージセンサーの高解像度が最大の武器になります。

 

ボディ


両方ともUHS-IIをサポートするスロット
SLOT 1とSLOT 2はどちらも、高速大量データ書き込みのためにUHS-IおよびUHS-IIが使えます。
記録の同時送信、中継、RAW / JPEGデータと静止画/動画の分離、カード間でのデータのコピーができます。

プロの撮影長さに応える
α7RIVは、大容量のNP-FZ100バッテリーを使います。
長時間の撮影には、NP-FZ100電池を2個まで入れられるVG-C4EM垂直グリップと組み合わせると、2倍の撮影ができます。

横位置撮影時と同様の操作性とホールド性を実現した縦位置グリップ
※2019年9月6日発売 予約販売中

 


被写体にピントを合わせ続けるためのタッチトラッキング
動画を撮影するとき、液晶モニターの被写体に触れるとタッチトラッキングでフォーカシングとフォローを始めます。
人間の目を見つけると、リアルタイム 瞳AFもアクティブになり、それを追跡します。

録音のためのデジタルオーディオインターフェース
マルチインターフェイスで強化されたデジタルオーディオインターフェース。
ECM-B1MショットガンマイクやXLRアダプタキットを使って、劣化を最小限に抑えて高品質のサウンドを録音できます。

可変指向性とコンパクトな形状のショットガンマイクロホン
※2019年9月6日発売 予約販売中

多様な周辺機器の組み合わせが可能なXLRアダプターキット
※2019年10月下旬発売 予約販売中

 

4Dフォーカス


ワイド – エリア(2D)
フレームの中心から離れた場所でも、広い範囲でアクションを捉えます。

高速 – 奥行き(3D)
被写体が近づいていても遠ざかっていても、すばやくピントを合わせます。

STEADFAST – タイム(4D)
4D FOCUSの第4の次元は時間であり、対象の次の動きを正確に予測し安定して追跡します。

 

進化した「リアルタイム瞳AF」搭載


目に瞬時にフォーカスを当てる
AFの顔/瞳 優先がオンになっているときは、シャッターを半押しするか、AF-ONボタンを押すか、割り当てられたカスタムボタンを押すだけです。
カメラは被写体の眼にフォーカスを合わせます。

あなたの希望に応じ左右の目の選択
カスタムボタンを使って、撮影前または撮影中に特定の目(左または右)を選択することもできます。
目を選択すると、構図、照明、その他のことに集中できます。

人目を引くポートレートのためのリアルタイムトラッキング
リアルタイム瞳AFと動きのある被写体の動きに反応するリアルタイムトラッキングを組み合わせることができます。
このコラボレーションは、快適なポートレート撮影の追跡精度を可能にします。

仕様

 

ソニー商品詳細・購入ページ

デジタル一眼カメラ「α7R IV」
ソニーストア価格:399,000円+税
(2019年9月26日現在)

『α7R IV』の購入・商品詳細情報

 

 

ソニーストアで一眼カメラを購入すると
まだの方はMy Sony IDの登録を

 

メーカー直販サイトなので安心です

カメラの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

 

ソニーストアなら「長期保証<ワイド>」に加入できます


ソニーストアでは、カメラの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けるられる「長期保証<ワイド>」がオススメです。
5年または3年の2つの保障期間から選択できます。
また、1年間のメーカー保証と同等の内容を、3年または5年に延長できる「長期保証<ベーシック>」もお選びいただけます。
※「長期保証<3年ベーシック>」は無償でのご提供です。その他の長期保証もキャンペーンなどにより無料となる場合があります

 

My Sony ID ご登録でカメラ・レンズが10%OFF


My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

αあんしんプログラム
αあんしんプログラム入会申し込みはコチラ


高価なカメラ本体、高価なレンズをお持ちの方に「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。

「レンズ長期保証3年<ワイド>無料/5年<ワイド>50%OFF」、「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「下取りサービス価格増額」「カメラスクール割引」など、会員限定の特典が受けられます。

αオーナー向けサービスで、よりあんしん・快適なカメラライフをサポートされます。

 

その他のメリット

●分割クレジット手数料 0% ※手数料は予告なく変更となる場合があります
●残価設定クレジット
●下取りサービス
●製品登録でアップデートなど有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目をとおして下さい