SELP18110G 海外のレビュー「マニュアルズームは実際にマニュアルです」 E PZ 18-110mm f / 4 G OSS(評価)

2019年10月9日レンズ

プロの4K動画撮影に求められる高い操作性と描写性能
SELP18110G( E PZ 18-110mm f / 4 G OSS)

ソニーE PZ 18-110mm f / 4 G OSSレンズは、広範囲の焦点距離範囲と一定のf / 4アパーチャをコンパクトなフォームファクタで提供し、ビデオカメラマンや撮影者に軽量操作のための多彩なレンズを提供します。
レンズは小さく見えるかもしれませんが、それをバックアップするための専門的な機能があります。
18-110mの焦点距離範囲は、適度に広い視野から狭い視野までカバーします。ソニーの内蔵スムーズモーションオプティクスは、レンズの内部機構を利用して、フォーカス呼吸、フォーカスシフト、および録音中にレンズを調整する際に目立つその他の異常を最小限に抑えます。

レンズの本体は、完全な手動制御のために、フォーカス、ズーム、アイリスのリングを分けています。
フォーカスリングを元に戻すと、フルタイムのマニュアルフォーカスが働きます。フォーカスリング自体には、追従焦点の互換性のための映画標準のギアリングが組み込まれています。
ズーム機能は、手動または電子的に操作できます。
ズームリングはレンズに機械的に接続されているので、ラグなしでクラッシュズームを実現できます。アイリスの操作は、自動的に、またはアイリスのリングを回すことによって行うことができます。アイリスクリックスイッチを解除することにより、手動アイリス調整をスムーズに行うことができます。

小型で堅牢性の低いカメラには、クイックリリースの三脚フットが含まれています。
フットは、三脚の使用のためにレンズの後ろに向かって固定します。
代替的には、従来のレンズ支持体は、ロッドベースのレンズ支持体との互換性のために、レンズの正面の近くに取り付けることができる。
フィルタースレッドには、直径95mmの丸型フィルターとレンズキャップが付属しています。
フレアを最小にするためにレンズフードも含まれています。
フードのシャッター付きデザインは、カメラが使用されていないときに閉じることができます。

海外のみなさんのレビュー


2019年10月09日現在

このサイトの翻訳レビューです 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 価格に見合った素晴らしい画像

ドキュメンタリー映画大学院生として、このレンズは私のSony FS5にぴったりの追加レンズだと思います。
静粛性、ズーム全域でのピントを一定に保つための偏焦点特性に加え、クリスタルクリアーな高解像度ガラスが秀逸です。
ソニーのEマウント・ビデオカメラやデジタル一眼レフカメラを使っている本格的な映画制作者には、このレンズをお勧めします。 2019-04-28


 ビデオ用に最高のレンズ

私はソニーFS 7カメラ撮影で観察ドキュメンタリーと一般的なテレビ作品で使用するためにこのレンズを購入しました。
レンズのワイド端は、元々カメラに同梱されている28 – 135mmレンズを使用した後DSC-HX80では天の賜物であり、ズーム範囲はほとんどの状況で適切です。
ズームのメカニズムは速くて滑らかで、あなたはクイックズームのためにマニュアルを使うオプションを持っています。
画質は本当にシャープであり、それは使いやすいレンズです。
唯一の失望はF4が最大口径なことです。
私はこれをお勧めします。 201-03-20


 素晴らしいレンズ

慾を言えばT2.8ならいいのに 2019-03-12


 逆ズーム方向機能省略

欠陥のレンズを受け取ったと思ったがソニーは逆ズーム回転方向機能を削っていました。
ファンクションスイッチはありますが何もしません。ただ参考までに。 2019-02-07


 回転方向を反転機能を得る事が出来ません、 最小焦点距離

この新しいレンズとズームリングの回転方向を反転できる能力について興奮していました。
しかし、説明書を読み、機能を示すデモを見た後、私のものはこの機能に不完全であることがわかりました。
他のすべての側面は整っているように見え、レンズは非常にシャープです。
この機能を備えたものと交換する必要があることに少しがっかりしました。
また、私はよく読みませんでした、そして、それがオートフォーカスモードで0.95m未満は焦点を合わせないのを見つけました。
注:最短撮影距離 (m)     0.4(W)- 0.95(T) m (AF/MF)|  0.95m (Full MF)です。
それについては大したことではありませんし、近距離でのオートフォーカスは私が行ったいくつかのテストでかなりうまく機能します。
リバースズーム機能が指示どおりに動作した場合は4つ星になります。 2019-01-11


 大変素晴らしいドキュメンタリーレンズ

このレンズは、私が数年間FS7で使っていた、Canon 24-105w/Metabonesからの素晴らしいアップグレードであることが証明されています。

24-105はまともな万能レンズですが、ソニー18-110にはいくつかの重要な利点があります。
具体的には、ズームインまたはズームアウトしても露出は変わりません。
さまざまな光の条件で作業するときは、絞りリングを利用することができます(ドキュメント作業は必ずしもきれいではありません)。
そして最も重要なことに、私のドキュメンタリー指向の課題の大部分には18-110mmの範囲で十分です。
私はインタビューのためにまだいくつか速い単焦点レンズを持っています、しかしこのレンズは私のFS7の90%の時間にとどまります。
他のシネマズームと比較しても非常に明るく、手ぶれ補正機能があります。

画質はそれ自体に注意を向けることなく優れています。
その意味での実利的ですが、これもまた、ドキュメンタリーのためには、常にショットをきれいに見せることよりもショットをより多く得ることです。
肝心なのは、このレンズは多種多様な状況とシナリオで私が必要なショットを得るのに役立つことです。

FS7のオペレーターにはこのレンズをお勧めします。 2018-11-12


 Cine

実際にはこれはプロのマニュアル標準レンズです。 2018-06-08


 このクラス最高です

私はこのレンズを約7ヶ月間使用しました。
この価格帯では、DSLR / ENGの作業に最適なレンズです。
それは素晴らしいレンズであり、ソニーはこのレンズを汎用レンズにすることで本当に素晴らしい仕事をしています。 2017-12-24


 28-135mmバージョンの改善

シャープで自然な色彩。ズームラグがなく、フォーカスが直接感じられるため、28-135を大幅に改善しました。
私はfujinon VXレンズよりこれが好きですが、希望は1ストップ速くでした。 2017-11-19


 ソニー28-135の大幅な改善

私はカメラが販売された瞬間からのソニーFS7ユーザーです。
オリジナルの28-135レンズは、焦点距離のニーズに合ったどんなショットにも常に適していました。
それはインタビューや、より長い焦点距離を必要とするものを意味していました。
しかし、私はいつも驚くべきことに、「素晴らしい」広角の視野や「良い」広角の視野を撮影することはできませんでした。
建物、夕日、広いインタビューでさえ、28-135との「妥当な」ショットを解決しなければなりませんでした。
私はちょうど1週間の撮影で新しい18-110を使用しました、これには、海、スカイライン、素晴らしい大聖堂の景色が含まれています。
私は18ワイド端はまさに正しく自分のニーズのほとんどすべてにほとんど”すごい”ことであるのがわかりました。
ワイドおよび望遠撮影の95%で使用することについてまったく文句はありません。
私はしばしば旅行のためのフィルムを撮ります、そして、これはすべての撮影に最適です。
ギアを運ぶのを助けるのにもっと時間と人がいれば、時にはZeiss 18mmをMetabonesで使うことにします(もっと広い視野を得る)。
悲しいことにソニーは私の古い28-135の下取りや、顧客ロイヤルティのための少なくとも割引を考慮しませんでした。
しかし、18-110は、私をすぐに、そして長い間、幸せにしてくれるレンズです。
それと私の最初の撮影からのワイドショットが添付されて… 2017-08-23


 ナイスBロールレンズ

私のFS7の28-135キットレンズの代わりにこのレンズ購入しました。
このレンズでBロールを撮るの方がずっと良いです。
28mmは効果的に撮るのに十分ではありませんでした、そしてフライバイワイヤーズームドライブは馬鹿げています。。
もし、このレンズがf2.8だったら5つ星にしていました。 2017-06-19


 ドキュメンタリー作品に良いレンズ

FS7で使うで使うのにソニー28-135の代わりにこのレンズを買いました。
このレンズはスーパー35フォーマット用に設計されていて、ワイド端で18mmで手持ちの使用には適していて、まだテレ端では良好なリーチがあります。
レンズは鮮明であり演色性で自然です。
FS7で使用すると、オートフォーカスは驚くほど繊細で正確です。
しかし、そのまま伝わる手動フォーカスのオプションは私の仕事では重要です。
内蔵の手ブレ補正機能は微妙で少し奇妙です、パンをしてパンを止めるカメラの画像が滑って停止し、パンの反対方向にちょっと戻って動きます。
レンズのパワーズームコントロールは良いです。私はそれを頻繁に使用して、被写体をゆっくり動かします。
あなたがドキュメンタリーの手持ち撮影をしているなら、私はこのレンズが新しいEmount Fujinon 18-55ズームよりも優れた選択肢だと思います。
これは、手の届く範囲が広がり、パワーズームのメリットがあるからです。
しかし、このレンズはFujinonよりもたいてい遅く停止しています。
価格については、これは良い妥協であり、私はお金の価値があると思います。 2017-06-08


 ほとんどのプロジェクトで私のお気に入り

最近このレンズをFS5用に借りて、1週間テストした後に保管することにしました。画質は、色収差の少ないRokinon Cine DSプリムよりも実際に優れています。
手ブレ補正はイベントの撮影に素晴らしいですが、ズームの範囲が私のニーズを満たしていると感じています。
私は、会館のステージの被写体を後ろのコントロールルームから近づけることができます。私たちの臨機応変な撮影には最適です。

私はこのレンズが提供するコントロールの圧倒的な量が大好きです。
それは私たちがカメラと一緒に手に入れた18-105を使うよりも優れていて、私の好きなシネ・レンズよりも優れています。 2017-05-24


 価格比で素晴らしいドキュメントレンズ

このレンズは、28-135に関するすべての問題を解決します。
すなわち、記録映画に焦点範囲がはるかに良く、ズーム機構が固定されています。
まだF4では少し遅いですが、この値段では優秀です。 2017-05-09


 DSLRレンズと高価なENGレンズの間の私の完璧な選択肢

FS7mkⅡのバンドル契約でこれを手に入れました。
私はすべての事についてかなり確信していました、私は28-160mmで手持ち撮影でしていまた、それはニーズにはまったく役に立たなかった。
ワイド端ではちょっと狭すぎます、しかし、フライバイワイヤーの「マニュアル」ズームの深刻な遅れが最大の問題でした。
このレンズの素晴らしい安心はマニュアルズームは実際にマニュアルだということです。
私はCanon Cineservo 17-120mmとFujinon 19-90mmで甘やかされていますが、C300、FS7などのような軽いキットで頻繁に使用されているスチルレンズよりもさらに広い範囲を持つこのキットが必要でした。
このレンズにはいくつかの制限がありますが、f /4の絞りはこれよりも高価な19-90 / 17-120の下にあるセグメントの中で最も理想的なドキュメント/リアリティレンズだと感じています。

モーターズームが少しスムーズになって構図を変更するために必要なときに速くなっていると感じています。
基本的には、私はそれを使用しませんし、注文した時点に使うつもりもありませんでした。
DSLRの光学系はすべてマニュアルで、どっちみち左手で行われます。
そして、このレンズは、歪な動きを伴い、頻繁にレンズ交換するスチルレンズのズームよりもはるかに滑らかなマニュアルズームを提供します。
フォーカスリングは、スチルレンズよりも滑らかな動きとはるかに長い移動距離のすばらしいシネレンズに似ています。
そして私が55mmの焦点距離でDSLRレンズを交換したところで、このレンズは2倍移動します。
誰かが気づいた絞りの少しの遅れ、もっとも私は常に可変NDフィルターを使って、常に絞りを開放しているので気づきません。 2017-03-19


 これは手放しません

私はキープするかどうか分らずに良く調べずに、このレンズを買いました。
それは私のα7RⅡとFS7でどんなパフォーマンスをするかに依存していました。
私はシネレンズではなく、スチルレンズの経歴から来ていますが、さまざまな出来事を撮影している間に、いろんなことを知ることや役立つ何かを求めていました。

いろんな目的、同時に私は別のイベントを撮影していた。
正直言って、私はこのレンズをシネレンズと呼ぶのかどうかは分かりませんが、報道用とシネレンズの能力の間のハイブリッドレンズ。
このレンズは環境、イベント、あなたの周りのものに反応するのに非常にいいです。
ニュース、ドキュメントに素晴らしく、さらにイベントの撮影で素晴らしい仕事をすると彼らは言います。
f4では、それは速いレンズではありませんが、それを補うために他にもたくさんの機能があります、あなたが室外で撮影している、または平凡なライティングをしている場合 それは効率的で、すばらしい鮮明な映像を生み出します。
3,500ドルは大金ですが、この種のレンズでは、そうではありません。
あなたがAFを使用する場合、またはあなたが良いMFレンズの感じが好きでもこのレンズはあなたの生活をはるかに簡単にします。静かな呼吸ではピントがずれません。
このレンズは大きくて、一日中手で持って運ぶ事は出来ません。
私のFS7で最高の組み合わせで、α7RⅡで新しい生命を創りだすように見え、感じます。

最後に、私が思ったすべての理由でこれをキープします。
ソニーのほとんどのレンズより良い働きをします。
これがあなたの役に立つことを望みます。 2017-03-16


 Eマウントカメラ用の素晴らしいビデオレンズ!

このレンズを結婚式のビデオに使用します。
私は本当にそれを使用する機会を持っていないですがいくつかのショットは、私のGレンズと同じぐらい良いショットでした。
α7RIIには少し大きかったが、機能的には高画質ビデオ作業のために多くのフレームワークを提供している。
カッチリしていて滑らかで素晴らしいマニュアルコントロール。
初めてのビデオプロジェクトで緊張しています。 017-03-13


 長い間待っていた、ほとんど良いが残念なことに、まだ…

Sony 18-110を購入し、到着して すぐに使用できるようになりました。
いくつかの厄介な細部にもかかわらず、これは私が必要とするレンズであると確信しています。
私はそれをキープし、それに慣れます。
では、なぜ5段階で3.5か? なにが?

ソニー、正直に言うと:これは、あなたがユーチューブで宣伝しているような完全に反応してくれるズームではありません。サーボズームは、その前身の28-135に、ひけをとりません。
訳―うんざり!
サーボズームを使用する場合、実際のスピードは2つあります:非常に遅い、比較的速い。
ENGレンズを使用するときにすべて慣れていた徐々にスピードが増減するものではないです。
そして、BHの記述で言われているように、遅れがあります。そしてかなり深刻な遅れ。これに慣れるのは難しいです。
ソニー、私は理解できません:キャノンがするような任意のハンドルになりませんか?
そして、必要であれば、相当量のお金のために!
そう、カメラのズームコントロールを使用する代わりに、このレンズではなくプロフェッショナルのズームハンドルを購入できます。
スムーズなズームイン/アウト – 徐々に、遅れなしで構築されています!
私は同じような製品のキヤノンの料金を支払うことになります。
問題ありません! ただそれをオプションにして利用可能にしてください!
説明されているように他のすべてが実行されているようです:小さく、非常にコンパクトです。
私の手にうってつけです。バックライトにうまく反応します。インタビューのための種類のボケを提供します。かなりシャープ。ナイス範囲。 同焦点。記載されていたように瞬時に合焦。アイリスはわずかな遅れがありますが無視できます。事実上歪みはありません。ナイス色再現。
私は、105mmのまわりの最後のところで、いくらかのシャープネスの低下があるように思います。
しかし、私はもう一度それをチェックしなければならないでしょう。防振動については後日。 2017-03-07


 FS7に完璧のドキュメントレンズ

35mmのフルフレームフォーマットであるFE PZ 28-135mm F4 G OSSレンズを持っています。
私のFS7はスーパー35(APS-C)フォーマットであり、レンズはクロップさられて実際にはFS7で焦点距離は42-202mmです。 
私が一般的に撮影するものの8割はこのレンズでは長すぎるのが分かりました。
私はリアリティTV、観測ドキュメンタリー、などなどをたくさん撮っています。
18-110mm F / 4 G Oss Lensは、このタイプの作業で最も使用される焦点範囲をカバーして、FS7でAPS-Cフォーマットなので切り取りなしで行うのは素晴らしい。
私が本当に知りたかったのは、フォーカスがどうか、ズームスピードはどうかです。
私は明るく速いズームスピードを持った高価なブロードキャストENGレンズで長年甘やかされていました、そして私にとって重要なのは、クローズアップのためにスナップインするなど、ショットをどのくらい速く構成できるかです。
もちろん手動でズームをコントロールすることもできます、しばしば私もこれを行いますが、ローリング中にショットサイズをよりスムーズに変更したいことがあります。
サーボモードの28-135mmは痛みを伴うほど遅い、スムーズには動くものでしたが、素早い再フレームやマニュアルモードではフライバイワイヤーを始めると苦痛を感じました。
だから結局、私は18-110mmを受け取り、それは素晴らしいです!
マニュアルモードでの私の大きな安心は、フライバイワイヤーの様なものではなく、そして0.95から無限遠までのエンドストップが精密な歯切れの良いフォーカス(これに関しては28-135マニュアルフォーカスモードでも同じです)なことです。
マニュアルモードでのズームは完全にあなたの望み通り機械的で瞬時に正確だと感じますし、サーボズームスピードは28-135よりずいぶん速いです。
その滑らかなアイリスリング、正確なマニュアルフォーカスと大きく改善されたズーム機構、安定したショットと耐候性精度は素晴らしい万能のドキュメントレンズです:)。
同じサイズですが、28-135よりも軽く、シャッター付きの新しいレンズフードも素晴らしいです。
28-135mmは、私の長いレンズとしてまだきちんと持っておきます、ラン&ガン(臨機応変で速攻できまる)ではないですが、良いレンズです。 2017-03-02


 私のFS7用のSony E Pz 18-110mm F/4 G Ossレンズ

私はSony E Pz 18-110mm F / 4 G Oss レンズがIBCで初めて発表されて以来、それを待っていました。
私はFS PZ 28-135mm F4 G OSSレンズを持っています。
これは35mmフルフレームフォーマットのため、私のFS7はSuper 35(APS-C)フォーマットで、レンズは切り取られてから実際には42-202mmの焦点距離になります。
このレンズは長いレンズ用途に限定的で、私が一般的に撮影するものの80%は役に立たないと気づきました。
私はリアリティTV、観察に基づくドキュメンタリー、臨機応変な撮影などをたくさん撮影します。
18-110mm F / 4 G Oss レンズは、私のFS7でこんなことの作業にFS7のAPS-Cフォーマットで最もよく使われる焦点範囲をカバーします。
私はレンズに関するレビュー情報をほとんど見つけることができませんでした。
そして、私が本当に知りたかったのは、フォーカスがどのようになり、ズームスピードになるかということでした。
私は高価なズームスピードが速いブロードキャストENGレンズで長年甘やかされていました。
そして、私にとって重要なのは、クローズアップのためにスナップインするなどの速さです。
もちろん、レンズのサーボをオフにして手動で制御することもできます、私も時々これを行いますが、フォーカスから手を離しズームリングに移動してフォーカスに戻る必要がないことは贅沢で速く、動きの速い実際をスムーズにカバーするのに1~2秒数えます。
28-135mmのサーボモードは痛いほど遅く、ローリングは良いが、レポとマニュアルモードでは辛い。
だからついに私は18-110mm受け取った、そしてこれは素晴らしい!
マニュアルモードの私のすばらしい救いは、フライバイワイヤー(電動式ピント)な気がしない正確に鮮明なフォーカスで、それが0.95から無限遠まで持っていることです(マニュアルフォーカスモードでは28-135と同じです)。
マニュアルモードのズームは完全に機械的に正確に感じます。
サーボズームのスピードは28-135より速くなります。
その滑らかなアイリスリング、正確なマニュアルフォーカスと大きく改善されたズーム機構、安定したショットと防塵防滴機構、これは素晴らしい、多用途のドキュメントレンズになる:)。
軽くてシャッター付きの新しいレンズフードも素晴らしいです。 2017-03-02

 

取扱説明


各部のなまえ

1 レンズフード 
2 PUSH(レンズフード取りはずし)ボタン
3 フォーカスリング 4 ズームリング
5 アイリスリング 6 レンズ信号接点* 7 絞り指標
8 焦点距離指標 9 距離指標 10 レンズフード指標
11 IRIS LOCKスイッチ
12 アイリスリングクリック切り替えスイッチ
13 ズーム回転方向切り替え指標
14 ズーム回転方向切り替えロックスイッチ
15 レンズカバー 16 レンズカバーレバー
17 距離目盛 18 焦点距離目盛 19 絞り目盛
20 手ブレ補正スイッチ 21 POWER ZOOMレバー
22 マウント標点 23 三脚台座(着脱可能)
24 ZOOMスイッチ 25 ズームピン
26 レンズサポート受け 27 台座取りはずしレバー
28 台座固定ノブ

* 直接手で触れないでください


レンズの取り付けかた/取りはずしかた

取り付けかた(イラスト1参照)
1 レンズのレンズリヤキャップとカメラのボディキャップをはずす。
2 レンズとカメラの白の点(マウント標点)を合わせてはめ込み、レンズを軽くカメラに押し当てながら、時計方向に「カチッ」とロックがかかるまでゆっくり回す。
・レンズを取り付けるときはカメラのレンズ取りはずしボタンを押さないでください。
・レンズを斜めに差し込まないでください。

取りはずしかた(イラスト2参照)
カメラのレンズ取りはずしボタンを押したまま、レンズを反時計方向の回してはずす。


三脚を使う

三脚をお使いの場合、カメラの三脚ネジ穴ではなく、レンズの三脚台座に取り付けます。

三脚台座のとりはずしかた/取り付けかた
取りはずしかた(イラスト参照)
三脚をお使いにならない場合、レンズから三脚台座を取りはずすことができます。
1.レンズをカメラから取りはずす。
 詳しくは「レンズの取り付けかた/取りはずしかた」を参照してください。
2.台座固定ノブを反時計方向にまわしてゆるめる①。
3.台座取りはずしレバーを押しながら②、三脚台座を矢印の方向に取りはずす③。
 レンズをカメラから取りはずさずに三脚台座を取りはずすと、一部のカメラ本体およびアクセサリーと干渉します。
三脚台座を取りはずす際は、レンズをカメラから取りはずすことをおすすめします。

取り付けかた
1.三脚台座をレンズ本体の取り付け部に「カチッ」というまで差し込む。
2.台座固定ノブを時計方向に止まるまで回して三脚台座を固定する
 台座固定ノブがしっかり固定されていることを確認してください。締め付けが弱いと、レンズが三脚台座からはずれることがあります。


レンズフードを取り付ける

画面外にある光が描写に影響するのを防ぐためにレンズフードの使用をおすすめします。
レンズキャップを取りはずしてから、レンズフードを取り付けてください。
フードの印をレンズのレンズフード指標に合わ「カチッ」というまで時計方向に回す(イラスト参照)

レンズカバーを開閉する
レンズカバーを開けるときはレンズカバーレバーを「OPEN」に、閉じるときは「CLOSE」に動かす。(イラスト参照)

レンズフードを取りはずす
PUSH(レンズフード取りはずし)ボタンを押しながら、取り付けた方向と反対方向に回す。


ズームする

POWER ZOOMレバーを使う
1 ZOOMスイッチを「SERVO」にする。
2 POWER ZOOMレバーを動かして希望の焦点距離(ズームの位置)に合わせる。
POWER ZOOMレバーをT側に動かすと望遠(Telephoto)に、W側に動かすと広角(Wide)になります。

ズームリングを使う
1 ZOOMスイッチを「MANUAL」にする。
2 ズームリングを回して希望の焦点距離(ズームの位置)に合わせる。

ズームリングの操作方向を変更する(イラストa参照)
ズームリングは操作方向を変更することができます。

1 ズームリングをW側に回してズーム回転方向切り替え指標(●)(A)ズーム回転方向切り替えロックスイッチの●印を合わせる。
2 ズーム回転方向切り替えロックスイッチを矢印の方向にスライドさせる。
3 ズームリングをT側に回す。
・焦点距離目盛の「110」が焦点距離指標に到達後(B)、さらに回すと「カチッ」という音がします。音を確認してからさらに回してください。
4 もう1つの焦点距離目盛の「18」と焦点距離指標を合わせる(C)。
・そのとき「カチッ」というまでしっかりとズームリングを回してください。
5 ズーム回転切り替えスイッチをスライドして元の位置に戻しロックする。


ピントを合わせる

AF/MFモードで調節する
手動調節中にピントの自動調節機能を併用したいとき、または動画撮影するときには、フォーカスリングを、Aの位置にセットします。
FULL MFモードで調節する
オートフォーカスを使用しないときはフォーカスリングをBの位置にセットし、手動でピントを調節してください。
・距離目盛は目安となります。
・AF/MFモード時と最短撮影距離が異なります。
 AF/MFモード時:0.4m(W)-0.95m(T)
 FULL MFモード時:ズーム全域で0.95m
・フォーカスリングをAF/MFモード位置AからFULL MFモード位置Bに動かすと、そのときの距離目盛の撮影距離のピントが調整されます。


明るさを調節する

IRIS LOCKスイッチ
LOCK:アイリスリングを絞り目盛の「A」で固定、またはF4~F22の間で動かすことができます
RELEASE:アイリスリングを絞り目盛のA~F22の間で動かすことができます。

絞り指標に絞り目盛「A」を合わせるとオートアイリスモードになり、カメラ本体で明るさを調節できます。
また、アイリスリングを回すことで、光量をF4~F22にマニュアル調節できます。

マニュアルで光量調節する
カメラがMモードまたはAモードの状態でアイリスリングを回して、希望の絞り値(F値)の合わせる。

ご注意
動画撮影時にアイリスリングを操作するときは、
アイリスリングクリック切り替えスイッチを「OFF」にしてください(イラストa)アイリスリングクリック切り替えスイッチを
「ON」にしたまま動画撮影中に絞り変更すると操作音が記録されます。


 

手ブレ補正を使用する

手ブレ補正スイッチ
・ON: 手ブレを補正します
・OFF: 手ブレを補正しません。撮影時三脚をお使いになることをおすすめします

 

 

ソニーストアでの購入・商品詳細ページ

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ
E PZ 18-110mm F4 G OSS
SELP18110G  APS-Cフォーマット

ソニーストア価格:405,000円+税 (2019年10月9日現在)
『SELP18110G』商品詳細・購入ページ

 

 

ソニーストアでαレンズを購入すると
ぜひMy Sony IDの登録をお願します

メーカー直販サイトなので安心です

カメラの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます
ソニーストア長期保証の詳細

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

 

ソニーストアなら「長期保証<ワイド>」に加入できます


ソニーストアでは、レンズの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けるられる「長期保証<ワイド>」がオススメです。
5年または3年の2つの保障期間から選択できます。
また、1年間のメーカー保証と同等の内容を、3年または5年に延長できる「長期保証<ベーシック>」もお選びいただけます。
※「長期保証<3年ベーシック>」は無償でのご提供です。その他の長期保証もキャンペーンなどにより無料となる場合があります

 

My Sony ID ご登録でカメラ・レンズが10%OFF
My Sony IDの登録はコチラ


My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

αあんしんプログラム
αあんしんプログラム入会申し込みはコチラ


高価なカメラ本体、高価なレンズをお持ちの方に「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。

「購入時のレンズ長期保証3年<ワイド>無料/5年<ワイド>50%OFF」、「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「下取りサービス価格増額」「カメラスクール割引」など、会員限定の特典が受けられます。

αオーナー向けサービスで、よりあんしん・快適なカメラライフをサポートされます。

 

その他のメリット

●分割クレジット手数料 0% ※手数料は予告なく変更となる場合があります
●残価設定クレジット
●下取りサービス
●製品登録でアップデートなど有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目を通して下さい

 

レンズ

Posted by konishi