SEL1224GM 海外のレビュー「私の新しい頼りになるレンズ!」(FE 12-24mm F2.8 GM)

SEL1224GM レンズ

コンパクトで用途の広いレンズ SEL1224GM(FE 12-24mm F2.8 GM )プロの要望に応える操作性と信頼性

SEL1224GM
ズームレンズSEL1224GM(FE 12-24mm F2.8 GM)

ソニー直販ストア

35mmフルサイズ
SEL1224GM

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ
SEL1224GM メーカー保証内容<3年>付き
⇒現在の納期・価格を見る
⇒ソニーストアで購入するメリット

海外のみなさんのレビュー(B&H)


2021年11月26日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


何が欠けていたのかわからなかった

12-24 mmのGMレンズを購入するかどうか迷っていました。
高価でしたが、旅行撮影用のレンズとしては完璧な追加になると思いました。
すでに24-70 mmのGMレンズを持っていましたが、広角オプションの利点を見落としていました。
がっかりしたことはありません。
12-24 mmは、優れた実用性をもたらす低い光機能と信じられないほどのシャープさを備えています。
私は今、さまざまな環境に必要なものの大部分をカバーするレンズを持っています。
12-24 mmのGMレンズを入手するための資金があるなら、強くお勧めします。 2021-08-07


今まで使った中で最高のワイドズーム。

この価格では、期待は非常に高かった!
このレンズは、こうした期待に応えられることが証明されている。
12-24/2 .8 GMは大きいですが、大きく取るのは避けられません。
12 mmは素晴らしいです…慎重に使用すると、壮観な屋内のショットだけでなく、創造的な屋外のイメージを生成することができます。
品質は私が予想していたよりも良く、非常に鮮明で非常に良いカラーレンダリング…歪みは非常に低く、LightRoomでプロファイルが選択されるとほとんど消えてしまう…本当に役に立つのは、LightRoomには今では画像の中央に項目や人物を正規化するアスペクト比コントロールスライダーを持っていることです。
素晴らしいレンズ。
今では新規のレンズではなく、私のキットにホッチキスで留められる…本当の手放せないもの。 2021-08-04

 


これまでのところ非常に格別なようです

少ない歪みで優れた解像度 2021-07-27


クローズアップの頼みの綱

狭いレンズは遠くからの撮影用、広いレンズは近くからの撮影用、12-24 GMはとても近くにいて、パーソナルな撮影ができ、しかも高画質な画像が撮れます。
このレンズを使って被写体から2~4フィート離れたところでビデオを撮影していますが、ズームがあればその範囲を調整して撮影したいものを得ることができますし、遠近法では、ただ遠くから見るのではなく、見る人にアクションの一部であるという感覚を与えてくれます。
普段はマニュアルでピントを合わせていますが、このようなソニーのレンズを搭載したソニーのカメラではオートフォーカスが可能なため、撮影開始時にすばやくピントをリセットしたり、動きの多い特定のシナリオでAFをオンにしたりできます。
ズームとフォーカス範囲全体の画質は最高です。
画質を重視する他の写真中心のGMレンズと同様、顕著なフォーカスブリージングがあります、しかし私の意見では2.8口径のボケで背景を溶かすことができ広角ズームの画質がこれほど良いのに比較しては安い価格です。
レンズに光学手振れ補正は内蔵されていませんが、α 7 SⅢのアクティブカメラ手振れ補正は、このレンズと同じ広さのレンズで手持ちで使用するには十分だと思います。
その点、私はカメラを片手で持つことができ、目立った揺れはありません (ただし、これは比較的重いレンズなのであまり長くはありませんが) 。
このレンズはちょっと高価だが、高価なものを手に入れることができる-巨大なフロントレンズを見れば、このレンズが何をするのか理解できるでしょう-そして、前述のフォーカスブリージングのために、手持ちで使っていても、シネのレンズの完全な代替品とは思えないが、現在のMSRPでさえ、ソニーのシネマレンズのラインナップの中で遠く似たものよりもはるかに安価であり、長編映画を製作しない限り、フォーカスブリージングはおそらく受け入れられるでしょう。
近くから撮影したり、風景や建造物を撮影したりする場合は、このレンズが適しています。
全体として5つ星。 2021-07-30


今までで最高のレンズ!

24-70を補うためにG Master 12-24 mmを購入しました。
今では4個 G Masterレンズを所有していますが、これは断然最高で、私の新しいお気に入りです!
直線的で端まで曲がらず、写真もシャープ!
オートフォーカスは素晴らしい。
この品質レベルに匹敵する新しい70-200と100-400があればいいのですが。 2021-06-13


優れたレンズ!

夢のレンズ。
クリスタルクリアで非常にシャープな想像。
優れたフォーカスと非常に迅速なオートフォーカス応答。
すでに24-70mmGMをお持ちの場合は、このレンズが必要です。 2021-06-03


10のように見える中古の9

まだこれを使う時間があまりなかった。
中古で購入しましたが、B&Hの写真には9(製品のランク付け?)と記載されていました。
何も異常は見ていませんし、傷などもありません。
新品のように見えます。
私は、新しいものに対して大幅な割引で、いつでも9を買うつもりです。B&H Photoありがとう! 2021-05-17


素晴らしい

この美しいワイドビューの画像には、私よりもはるかに才能のある人が必要だと思っていましたが、このレンズはとても役に立ちます。
重さもバカバカしくなく、AFモードでもスムーズ、被写界深度での作業が可能なスピード、そして素晴らしい写真が撮れます。
プロになるには十分ではありませんが、良いものを手に入れるチャンスは確実に増えます。
今のお気に入り。 2021-05-09


これが大好きですが1つ大きなミスが

私はこのレンズが大好きです。
価格にもほぼ見合っていますが、1つ欠けていまるもの;キャノンLシリーズのように、側面に取り付けられるアナログメーターです。
すべてデジタルですが、私はそれが焦点を合わせている場所を画面上で把握する必要はなく、ただ一瞥することができるときにそれが焦点を合わせている距離を見ることができることに依然頼っています。
これは私にとって大きな不幸な部分です。
他のすべて、作り、品質、その他も素晴らしいです。
メーターがないので、3,000ドルの価値はありません。
12 mm 2.8がスゴイレンズであることは理解していますが、余分なお金がない限り、あまり良い投資ではありません。
そうでなければ、半額の他のバージョンを探し、良くないとしても同じ結果を出します。
これはソニーのものです。
ソニーは、「プロ」のレンズにアナログメーターを入れていないのがいけません。
私はこのレンズを返品や転売しないように頑張っています。
プロはオートフォーカスを使いません。
そして、そのメーターリーダーを持っていないことは考えることさえ苦痛です 2021-05-04


クレージーグッドレンズ

とてつもなくシャープで、f2.8で12mmはすごいです。 2021-03-23


単焦点レンズより優れている

素晴らしい品質ですが、すべてのFLsで良い (中央に) 製品を得るようにしてください-ありがたいことに、B&Hの返品ポリシーはこのストレスを解消します。
私のVoigtlander 15とGM 24の各FLよりもシャープです。
印象的なフレア耐性、太陽の星、f/2.8でアストロのための良好な昏睡コントロール。
これは、この範囲の単焦点レンズを必要とせず、風景/建築物のための私の広角ニーズを封じ込めてくれます。 2021-02-15


超広角のキング

α7RⅣとα7SⅢを持っていてソニーの時流に乗っています。
私はすべてをこなすレンズをほしがる超うるさい男です。
マーケティング会社を経営し、たくさんのビデオコンテンツを制作していますが、タイムラプス、風景、都市風景、天体写真なども手がけています。
値段は高くてもいいのですが、私にとって出費を正当化するのは本当に大変でした。
数週間かけて他のレンズを購入し、フルフレームEマウントカメラで利用できるすべてのオプションを調べました。
Rokinons、Meikes、Laowa Zero-D 12 mm、11 mmのオプションを試してみましたが、これら全ての限界に達した後、GMの12-24 mmレンズを買うことに決め、私自身の比較をすることで投資対象を調査しました。
比較になりませんでした。
これは彼らの昼食代を取る!
市場にはほかにこれほどのものはなく、全ての条件を満たすことから、プロたちからは 「GoldieLox Lens(?)」 と呼ばれている。
私の他の選択肢のほとんどは100%マニュアル制御を意味していました、大したことではありませんが、特に動的な変化の間のタイムラプスには制限をもたらします。
GM12-24では、すべての通常の機能と瞳AFが連携して機能します。
正確な理由についてのビデオはオンライン上にたくさんありますが、私が試した他のレンズのほとんどは、静止画はLightroomで補正しても少し歪んだ感じがした(プロファイルが利用可能な場合でも)。
多くの場合、角をシャープにしたり、ケラレの問題を修正したり、遠近感を台無しにします。
繰り返しになりますが、私にとっては大したことではありませんが、イメージの品質、使いやすさ、統合のしやすさ、そして他の実行可能なオプションをすべてテストした後の全体的な感じ方を考慮し始めると、私はこれで心安らかになります。
それに、人生は短く、一度しか生きられない。
このレンズを買おう! 2021-01-23


非常にシャープ

このレンズを数回使いしましたが、非常にシャープです。
12mmは私が通常必要とするものよりはるかに広いですが、オプションがあるのはいいことです。
よく14mmから24mmの間で撮影しています。
私はこれが好きです。 2021-01-14


優れたレンズ

GMシリーズの全てのレンズと同様、これは優れていて良い作りのレンズです。
ズーム範囲全体で非常にシャープな画像が得られます。
高いですが、それだけの価値はあります。 2021-01-12


天体写真に最適なレンズ

追記が好きではなく、星をできるだけたくさん入れたい場合は、1枚の写真に入れてください。
これがあなたに必要なレンズです。
12 mmとf 2.8は、大きな口径で最大の空の領域を得ることができます。
B&Hの素晴らしいカスタマーサービスのおかげで、ふたご座流星群2020を撮影してこのレンズをテストする機会を得ました。
サンプル写真がアップロードされており(12 mm、f 2.8、ISO 6400、10秒)、同じ写真を拡大した後、詳細を見ることができます。
(追伸:Sony α7RⅡのExtra Fine JPG設定による画像で、RAWではありません。) 2020-12-20


素晴らしいレンズ

なんと素晴らしいレンズ、購入した価値は十分にありました。 2020-12-17


これまでで最高の

これは私が今まで持っていた中で一番の広角です。
超シャープ!
大金をはたく価値は十分にあります 2020-12-13


14-24mmニコン以来の最高の広角レンズ

16-35 mm F/2.8 GMを所有していて、もっと幅の広いものが欲しかったので、これを購入しましたが、後悔はしていません。
私が今まで所有したり使ったりした中で一番幅の広いフルフレームレンズで、フレーム全体でF/2.8までの画質は完璧です。
セカンドボディは16-35 mmにしようと思っているのですが、ソニーはこれを完全に成功させました。 2020-12-02


一歩上へ

このレンズは、あなたがそこで見つけることができるものより一歩上です。
優れたエッジツーエッジの外観、最終的な画像に問題はなく、ソニーのカメラと完璧にマッチ。
あなたがお金に期待するすべて。 2020-11-30


何と言えばいい

これは素晴らしいレンズです 2020-10-31


待つ価値は間違いなくありました!

私は長い間、α7RⅡの高速で超ワイドなズームを待ち望んでいました。
まあ、長い待ち時間はそれだけの価値がありました!
この驚くべきレンズは、私にとってまったく新しい視覚的視点の世界を開きました! 2020-10-28


すごい!間違いなく素晴らしいレンズです!

超広角ズームレンズを長年愛用しています。
私は性能に懐疑的で、ラインがまっすぐで、エッジが鋭く、色収差を示さないかどうか疑問でした。
箱から出してすぐに、このレンズに驚きました!
12 mmから24 mmまでパフォーマンス抜群!
インテリア、風景、そして何よりもユニークな視点を見つけるのが好きです。
高いですか…そうです…支払った分は手に入りますか?
はい!!!
これはカジュアルユーザーレンズではありません。
前面の部品はフィルターで保護されていないので、持ち運びの際は細心の注意を払っています。
このレンズを試してみてください、そうすればあなたも笑顔になります! 2020-10-15


このようなものは他にありません!

素晴らしいレンズだ。
2.8でこの直線レンズは壮大なワイドシーンが必要とされるあらゆる撮影で私のすべてのニーズと要求を満たします。
12-24を2.8で製造している他のメーカーはありません!
これまでのところ、被写体に近づいてもエッジの歪曲を心配することなく私が撮ったすべてのものが取られています。
安くはありませんが、プロならすぐに元が取れます! 2020-10-11


シャープで優れた範囲、驚くほど小さい

ソニーA7RIV用にタムロン15-30f /2.8をこのレンズに交換しました。
ズーム側のレンジも全然見逃せず、ワイド端の拡張レンジも抜群です。
また、レンズもタムロムより小さいのもボーナスです。 2020-09-21


風景写真家のための夢のレンズ!

これは何年も前から持っている夢のレンズです。
このレンズを1ヶ月使ってみて、フレア性能(今まで見たどのレンズよりも優れている)、中角のシャープさ、ゴージャスな色味に圧倒されました。
私は今まで12 mmを撮ったことがなくて、とても楽しいです!
私も持っている16-35 GMと比べると全体的に良く、このレンズは特にコントラストを奪うフレアで全体的に優れています。
このレンズは、後ろの隠れた被写体のコントラストを非常によく保ちます。
持つまではもっと重くなると思っていました。
意外と軽い!
いくつかサンプル画像を添付します。
レンズも18 mmでメチャクチャ良くなります。
繰り返しますが、これは彼らが望むもの(12 mm、2.8、そして今まで作った中で最高のもの)でを知っている人が少ない、真に賞賛に値する特別なレンズです。
私がここで言及したい2つの欠点があります;
12〜14mmの中程度の像面湾曲と2020年にはまだ偏心の問題に対処する必要があります。
B&Hか、交換に適した地元の店から購入することをお勧めします。
最初のコピーはAFパルスの問題があり、右側の画像がソフトになるという偏心の問題があったので交換しなければなりませんでした。
完璧なレンズはありませんが、この価格帯ではソニーの方が良いと思います。
このレンズを使って撮影した後でも、これまでに撮影した中で最高の画像を得ることができ、本当に楽しい経験になりました。
撮影おめでとう!
超イチオシ! 2020-09-18

 


素晴らしい超広角

インテリア不動産に最適です。
また、風景写真に最適なレンズです。 2020-09-08


想像を絶するレンズ

こんなに絞りが速くてこんなにワイドなズームレンズができるとは思いませんでした。
f/2.8では、エッジのシャープさに驚かされました-これは通常、広角ズームが影響を受ける部分です、このレンズは絞った時により良くなるだけです。
このようなユニークなレンズを見ると、ソニーの職人であることを誇りに思います。
ここニューヨークの建築には素晴らしいものですが、このレンズを使って夜空を撮影するのが待ちきれません。
これはソニーのレンズコレクションの貴重な追加品です。 2020-09-04


今まで使った中で最高の広角ズームレンズ!

以前のSony 12-24 F4と以前のNikon 14-24ズームよりもシャープです。 2020-08-31


信じられないほどシャープ

このレンズは本当に素晴らしいです。
ものすごくシャープです。
サイズが思ったより小さいですね。
そんなに重さはありません。
スクリューオンフィルターは、大きくて美しい球状のフロントエレメントのため使用できません。※このページのレンズの特長の「リアフィルターホルダー」参照
アダプターを使用する必要があります。
私はこのレンズを風景、都市景観、天体写真、建築写真に使っています。
あなたが支払う価格で最高の品質を得ることができます。 2020-08-30


持つているべきレンズです!

当時、ランドスケープショットなら24 mmのGMで仕切るべきだと思っていた…私は間違っていた!
このレンズを手に入れるために24 mmのGMを売ってとてもよかったです!
この12-24レンズは信じられないほど素晴らしいです。
そうは思えないかもしれませんが、14 mmから12 mmまでの違いは大きな違いですので、一度体感していただければわかると思います!!!
言葉だけではこれの良さは表現できません。
オートフォーカスは速く、レンズフレアはほとんどありません。
重量感は完璧で、組み立ての質は素晴らしく、ピンシャープです…リストは続きます。
風景用のレンズをお探しているなら…これがそうです。
ソニーのブラボーは 「未だ他の驚異的な製品」 を生み出しています。
疑いの余地はない!
ありがとう 2020-08-29


史上最高の広角レンズ!

私はこれまでワイドレンズ(EF/サード・パーティ)を少ししか持っていませんでしたが、構築と万能の焦点距離範囲全体でのAFパフォーマンスでこのレンズに匹敵するものは一つもありませんでした。
12 mmF 2.8での被写体の分離の美しさは、私の考えでは、このレンズを非常にユニークでたいへん価値あるものにしています。
このレンズは、私の人生の中で最も劇的な瞬間をキャプチャするために旅行中、私の友になるでしょう。 2020-08-26


不動産に最適

このレンズを非常に気に入りました!!
私の不動産会社に使用しています。 2020-08-26


Sony GM 12-24 f/2.8とSony 12-24 f/4 Gの比較

新しいSony 12-24 f/2.8をテストし、私のSony 12-24 f/4 Gと比較して、それが追加の$に値するかどうか判断しました。
f/4は素晴らしいレンズで、2年以上愛用しています。
ワイドアングルのニーズに応えてくれました。
1. 新しいGM 2.8の利点は、主に前方部分に光が当たっているときに重要になります。
より高いfストップでのスターバーストは、2.8ではるかにクリーンで、よく定義されています。
2. 2.8は、4よりもはるかにシャープな大開口で、画像は鮮明で、より明確な輪郭になります。
また、F2.8のより速い速度は、暗い場所でより良いISOを使用することを可能にし、ISO5000と1万 との間に著しい違いがあります。
3. F4の内部での光のバウンスは、F4はF2.8よりも見苦しく、制御されにくいです。
4. F2.8は、1.88ポンドで1.25ポンドよりも重いですが、私はそれにかなり早く慣れ、それが思っていたほどの違いではないと判断しました。
5. 通常の照明条件で5.6と11で撮影してもレンズに大きな差はありませんでした。
カラーは2.8の方が若干良く見えました。
ウェブの解像度や新聞用紙に印刷する場合、1800ドルと3000ドルの大きな違いはありませんが、厳しい条件とマージンの下では2.8が本当に好きです。 2020-08-25
※下記は1224GMと1224Gの比較のようです


アップデート

私の最初の星評価がエラーだったので更新しました。
本当は5つ星のレンズです。※2段下の2020-08-16にレビューした方でレビュー内容は同じで、評価が星2つになっていました。(下記に「大きな違い!特殊なレンズ」とレビューされています。)

この新しい(とても高価な!)レンズを使って丸2日間テストしました。
何を撮っても、それは応えてくれた。本当に応えてくれました。
全Fストップレンジでサクサク。
光学系は優れており、欠陥は見いだせません。
私はフォトジャーナリストとしてソニーの16-35 2.8 GMをバッグに入れていましたが、それが気に入っています。
ローエンドの追加の4 mmが適用範囲にもたらす大きな違いについて、私は本当に準備ができていませんでした。
私の通常のバッグに入っている16-35 2.8 GMをこのレンズと交換できますか? さて…no。
サイズの違いがあります-それは重要です。
12−24は、球根のような前面レンズと取り外せないレンズフードを持っています。
レンズキャップは被せるタイプです。よくできています。
レンズの前面にはフィルターはありませんが、Eマウントの端にはスライド式のゲルタイプ用のスロットがあります。
使用しますか?
いいえ、わかりません。
これは特別なレンズで、風景、天体、不動産、建築作品に最適です。
素晴らしいワイドなストリートワークにも
私はNewswearベルトポーチ(100-400といくつかの高速点焦点レンズのようなもの)に入れて持ち運ぶ予定なので、必要なときにいつでも持ち運べます-しかし私の16-35 2.8 GMは、毎日の使用のためソニーのボディの1つに残ります。
これは重要な投資です。
1年以内に、どれだけそれに手を伸ばすことになるのか、考えてみてください。
それはまるで彫刻が施されたガラスの岩のような形で見事です… 2020-08-19


革命的な素晴らしい広角

ほとんどの写真家はこのスペックのレンズをずっと待っていると思います。
ソニーが最初に作ったレンズは12-24 mm f/2.8で、最初はこのワイドレンズの歪みやケラレが心配でしたが、12 mmのワイドでも非常に最小限です。
このレンズがソニーのGマスターシリーズの一部であることを考えると、最高の画質を生み出すことは驚くべきことではありません。
画像は大口径のf/2.8で印象的なシャープさで、明らかにシャープさが少しずつ増していきます。
ソニーの新しいコーティング剤 「Nano AR II」 は、暗い場所での撮影時にゴーストやフレアを見事に除去します。
太陽に向かって撮影したときの画像の鮮明さとコントラストに衝撃を受けました。
このレンズを使った天体写真は白日夢です。
レンズの欠陥はほとんどありません。
星は中央から四隅までシャープな白い点で、私はとても幸せなアストロシューターでした。
星の軌跡を見ずに20秒のシャッタースピードを使うことができるのは、かなり信じられないことです。
ソニーのアルファイメージングコレクティブメンバーとして、私は幸運にもGマスターレンズのほとんどを愛用してきました。
全体的に、12 mm-200 mmのSony G Masterズームトリオが完成しています。 2020-08-18


大きな違い!特殊なレンズ

この新しい(とても高価な!)レンズを使って丸2日間テストしました。
何を撮っても、それは応えてくれた。本当に応えてくれました。
全Fストップレンジでサクサク。
光学系は優れており、欠陥は見いだせません。
私はフォトジャーナリストとしてソニーの16-35 2.8 GMをバッグに入れていましたが、それが気に入っています。
ローエンドの追加の4 mmが適用範囲にもたらす大きな違いについて、私は本当に準備ができていませんでした。
私の通常のバッグに入っている16-35 2.8 GMをこのレンズと交換できますか? さて…no。
サイズの違いがあります-それは重要です。
12−24は、球根のような前面レンズと取り外せないレンズフードを持っています。
レンズキャップは被せるタイプです。よくできています。
レンズの前面にはフィルターはありませんが、Eマウントの端にはスライド式のゲルタイプ用のスロットがあります。
使用しますか?
いいえ、わかりません。
これは特別なレンズで、風景、天体、不動産、建築作品に最適です。
素晴らしいワイドなストリートワークにも
私はNewswearベルトポーチ(100-400といくつかの高速点焦点レンズのようなもの)に入れて持ち運ぶ予定なので、必要なときにいつでも持ち運べます-しかし私の16-35 2.8 GMは、毎日の使用のためソニーのボディの1つに残ります。
これは重要な投資です。
1年以内に、どれだけそれに手を伸ばすことになるのか、考えてみてください。
それはまるで彫刻されたガラスの岩のように見事です… 2020-08-16


言葉を失いました

この12-24レンズの2.8 Gマスターバージョンが発売されると聞いたとき、私は言葉を失いました。
2、3日前から使っていますが、外に出て撮影してみました。
私はほとんどすべての設定で広角撮影が大好きで、このレンズは期待外れではありません…これから配備に向かって一緒に行きますが、これはうまくいっています、このレンズで来年あたり何ができるか楽しみです… Sonyに感謝します!!
値段は?はい、今まで購入したレンズの中で群を抜いて高いですが、私の意見では買う価値はあります。 2020-08-14 


私の新しい頼りになるレンズ!

新しいf 2.8レンズは旅行のたびについてきます。
コーナーに歪みがなく、解像度もシャープなので、このレンズをキットに追加することは間違いありません。
Sony Artisanとして、広角レンズをたくさん使う機会がありましたが、これは期待を裏切らないものです。
これは、素晴らしい夜景を撮影することもできる、包括的なレンズです。 2020-08-13

海外のみなさんのレビュー(Amazon)


2021年11月26日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


素晴らしいレンズ

風景写真がメインなので、α7 RIVと一緒に購入しました。
カメラはピカイチで、12-24 mmのGM 2.8レンズもピカイチです。
ビックリしました。
どのような興味深い場所に行っても、驚くべき結果が得られます。
家に帰って、ハイキングや冒険の体験全体を再体験することができます。
ポスターサイズでのプリントが印象的です。
この解像度なら、画像を拡大出来て、ディテールのレベルに驚かされます。
α7 RIVの解像度レベルでは、大量にトリミングしても良い画像を得ることができます。
しかし、この組み合わせは大金だ。
欠陥(汚れ、傷など?)があれば拡大して見えるので、レンズの前玉は慎重に保つ必要があります。 2021-03-16


究極の超広角レンズ

このレンズは写真やビデオに最適なオートフォーカスを持ち、タンクのように作られていて、Sony α7CやSony α7SⅢと組み合わせると素晴らしい写真が撮れる。

画像はシャープで、色の質も印象的で、ユニークなショットが撮れます。

VideoBokehは頭を使うのに最適で、ウルトラワイドアングルはデスクビデオに最適です。 2020-11-28


信じられないほど印象的

16-35 F 2/8 GMの代わりにこのユニコーンを購入しましたが、そのレンズ自体が印象的でした。
しかし、広い範囲では限界があることがわかりました。

16-35 GMの方がまだシャープだと思われるが、遠端を除いて違いがわかりにくい。

このレンズが色、コントラスト、星をレンダリングする方法は、ソニーのエコシステムの他の何よりも優れている。とても気に入りました。

このタイプのレンズが自分用かどうかがわかります。
でも安心してください、手に入れたらがっかりさせません。
フロント部分を清潔にしておきましょう。😉 2020-11-27


ソニーα7Ⅲで天体写真用の夢のレンズ

確かに今まで購入した中で最も高価なレンズですが、天体写真の結果を見たとたん、その価値を実感しました。
非常に鮮明でシャープな画面で、コマ収差や色収差に対処する必要はなく、私の写真に写っている銀河の大部分をフレーム内に収めることができる極端な12 mmでも対応できます。
戦車のような造りです。
一度強く落としてしまったことがありますが、内蔵されている金属製のレンズフードにはかなりの衝撃があり、レンズはまだ完璧に動作します。 2020-11-24


素晴らしい修正と解像度

この高価なレンズに飛びつく前に多くの研究をしていて、特に私は業務用にズームレンズを使わないので、誇張表現には少し懐疑的でした。
それから、撮影の最初の週末にそれを取り出した時、なぜ人々がその能力について殺到しているのかがすぐに分かりました。

何十年もかけて撮影してきたツァイスの原石とのより良い超ワイドマッチが必要でした。
マイクロコントラストは素晴らしく、CAは最小限から存在しないものまであり、線は美しくまっすぐ(Lightroomでほとんど修正を必要としない)で、色は鮮やかです。
Otus 18や20 mmのレンズがあればこんな感じです。
焦点距離が長いほうのポートレートは、中央の2/3が素晴らしく、外側の三分の一(それでも楽しい)はわずかに歪んでいるだけで、肌色はとてもきれいです。

手ぶれ補正やオートフォーカスは話せません-どちらも使いません。
唯一の難点は価格かもしれませんが、この場合は、あなたが払っていると思っていた通りのものが得られます。
とても、とても感動しました。 2020-09-29


優れたレンズ

とても気に入りました、一番好きなのは手ぶれ補正は楽しみたいモンスターです… 2020-09-30


究極の超広角景観/アドベンチャーレンズ

ソニーのαシリーズは長年、カメラ業界に革命をもたらしてきた。
カメラ技術の前例のない進歩は、ブランドを革新と販売の最前線に駆り立てましたが、レンズのリリースのほとんどは、大手カメラブランドが期待する標準的なレンズを満たすように設計されています。
16-35 mm GMや24-70 mm GMのようなレンズは素晴らしいですが、それらはまさにソニーの古典的なレンズの繰り返しであり、私たちの多くはソニーがその革命的なエンジニアをレンズデザインの世界に解き放つのを期待して待っていました。

始めます:
ブランドの新しい12-24 mm f/2.8 GM。
史上初のフルフレーム12-24 mm f/2.8レンズは、焦点距離と口径の競争を上回るだけでなく、市場の他の類似のレンズよりもかなり軽いです。
このレンズは光学工学の真の驚異であり、将来のレンズリリースがこの道を進む指標になることを願っています。

f/2.8で12 mmと聞いて最初に思ったのは「恐ろしい口径食?」ということでしたが、「そうではない」のアナウンスにとても喜びました。
確かに、この焦点距離のレンズにはほぼ普遍的な口径食がありますが、絞りによって迅速に処理するだけでなく操作性と使いやすさの両方を兼ね備えています。

レンズは非常にシャープです、たとえ開放絞りでも。
極端な非球面レンズは、ほとんど歪みのないきれいな、直線的な画像投影を作成し、コーナーで引き伸ばさピクセル(直線レンズでは避けられない)は、減少というよりむしろ芸術的な利点のように見えます。

ソニーNanoのARコーティングはまたもや驚異的な進歩を遂げており、下の6枚目(5枚目?)の写真では、太陽に直接入射してもフレアやゴーストがほとんど発生しないことがわかります。

オンラインにはたくさんの詳細なレビューがあるので、ここAmazonでは技術的な詳細には触れませんが、あなたがここでレビューを読んでいる本当の理由は、これがあなたが買いたいレンズかどうかを調べるためです。
私は喜んで「そうだ」と伝えます。
風景、天体、アドベンチャー、アクション写真用の広角レンズが好きな人は、これが絶対に必要です。 2020-08-14


歪みのない高品質の解像度

この新しいf 2.8レンズは、私が最もよく使うレンズの1つです。
コーナーに歪みがなく、解像度がはっきりしているので、どこにでも持って行きます。
ソニーの職人として、ほぼ全てのレンズを使う機会がありましたが、これは期待を裏切りません。
さらに絞りを下げることで、夜間の写真撮影にも対応します。
すべてを提供するレンズ。 2020-08-13


価格に見合った価値がある

私はこのレンズのリリースを心待ちにしていました。
ソニーはまたしても、完璧な超広角レンズの境界を押し広げました。
この数週間このレンズを使ってレビューしてきた幸運な他の誰かと違って、私はこのレンズを数日間持っていて、すでにこれがほとんどの用途で私の頼りになるレンズになるだろうという結論に達しました。
高速オートフォーカスと共にコーナリングで口径食がほとんどなく、歪曲収差がないのなら、これはレンズがなくてはならない…これでうまく行けば必ずソニーは、Sony IVカメラ(α7R4)の次のバージョンでもっと革新的なレンズが来ることを期待できる…全てにおいて、次に何が来るのか楽しみです。 2020-08-16


SEL1224GMの特徴

超ワイドF2.8 12-24mmズーム
この幅広い用途で利用できる超広角12 mmの画角により、距離を強調し、人間の目の範囲を超えるダイナミックな遠近法を作成できます。最大絞りF2.8の12–24 mmズームは、極端に遅いシャッタースピードを使用せずに、夜景、星空、およびその他の低照度被写体を低感度で撮影するのに最適です。

最大のXAレンズを備えた新しい光学系
あらゆるαレンズでこれまでに作成された最大のものを含む3つのXA(極端な非球面)レンズが1つの非球面要素と組み合わされ、画期的なGマスター解像度を実現する革新的な光学設計になっています。

最小限の収差でシャープさを向上
このような大口径レンズでは、解像度を落とす可能性のある色収差を2個のスーパーED (特殊低分散)と3個のEDレンズで抑え、像域のどこにも色ずれを起こさないようにしてシャープさを最大限に保ちます。


ゴージャスなGマスターボケ
レンズのXAエレメントの非常に高い表面精度が効果的に玉ねぎボケを抑制する一方で、設計と製造の両方でその球面収差特性の微調整と9枚の円形絞り羽根は、絶妙に滑らかでクリーミーなGマスターボケに貢献します。

難しい光での鮮明な画像
大きなレンズや高度に湾曲した表面に均一に適用できる新しいナノARコーティングIIが開発され、フレアやゴーストを発生させる内部反射を抑制して、鮮明で鮮明な画像を実現しています。 レンズの広い画角にもかかわらず、ナノARコーティングIIは、難しい光の中でも、画像全体を通して高い明快さとコントラストを維持します。 [A]従来のコーティングと[B]ナノARコーティングIIの比較 [1]従来のコーティング[2]ナノARコーティングII [3]レンズ[4]高度に湾曲したレンズ表面[5]反射光)

驚くほど小さくて軽量
3つのXAタイプを含む4つの非球面レンズを備えた革新的な光学設計と、高性能XDリニアモーターを搭載した機械設計は、重量がわずか847gのコンパクトな12–24 mmF2.8通しズームです。 このレンズは、風景、夜景、建築に最適でありながら、超広角を使用したいアクティブなスポーツ撮影の機動性を高めます。


フローティング機構により、無限遠からクローズフォーカスまで優れた解像度を実現
レンズのフォーカスグループを2つの独立して制御可能なグループに分割するフローティングフォーカスメカニズムは、焦点距離によって変化する収差を最小限に抑えるのに非常に効果的です。 ズーム範囲全体を通じて、無限大からクローズアップフォーカスまで最高のパフォーマンスが維持されます。 フローティング機構は、クローズアップ性能に優れているだけでなく、被写体が遠くにいるときのシャープネさにも優れています。

F2.8通しの最大口径で柔軟な映画制作を実現
F 2.8の最大絞り値をすべての焦点距離で一定にすると、ズーム中に絞り値が変化せず、動画撮影時の露出、シャッター速度、ISO感度が一定に保たれます。 APS-CのボディやSuper 35の画角で使用すると、ズーム範囲のワイド端はフルフレームのボディで18mmに相当し、ムービー作成に非常に便利なズーム範囲を提供します。

防塵・防湿設計
防塵・防湿設計 厳しい条件下での屋外使用に必要な信頼性提供します。


高速で正確なオートフォーカスとトラッキング
合計4台のXDリニアモーター (レンズのフォーカスグループごとに2台) は、高速で正確なオートフォーカスとトラッキングに貢献し、ソニーのレンズが提供する多くの利点を増強します。 この高度なシステムは、高性能カメラボディが提供するスピードポテンシャルを最大限に活用し、最もダイナミックなスポーツやその他のアクションで重要な瞬間を捉えることを容易にします。 AF動作も静かで、振動もほとんどありません。

自然で直感的なマニュアルフォーカス反応
リニアMFを使用すると、手動でピントを合わせる際に、フォーカスリングが微妙なコントロールに直接かつリニアに反応するようになります。 フォーカスリングの回転は、それに対応するフォーカスの変化に直接変換されるため、コントロールは即座に正確に感じられます。

レンズ最前面にフッ素コーティングを採用
前面レンズには、水、油、および他の汚染物質をはじくフッ素コーティングを施されており、レンズ表面に付着した汚染物質や指紋を拭き取りやすくなっています。


カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタン
便利に配置されたフォーカスホールドボタンは、簡単なフォーカスホールドコントロールを提供するだけでなく、カメラ本体を介してアクセスされるメニューから他のさまざまな機能に割り当てることができます。

簡単なマニュアルフォーカス/オートフォーカス切り替え
オートフォーカスモードとマニュアルフォーカスモードを瞬時に切り替えることができるフォーカスモードスイッチは、被写体を撮影するときや、手動のフォーカス調整を必要とする状況で非常に役立ちます。

リアフィルターホルダー
標準のシートタイプのND、色補正、その他のフィルタをレンズのリアフィルタホルダに挿入することで、表現力を広げるることができます。 シートフィルタ用のカットテンプレートが付属しています。


専用レンズキャップ付き一体型レンズフード
一体型レンズフードは、フレアやゴーストの原因となる軸外光を効果的に遮断します。付属のレンズキャップはフードを覆い、フードに簡単に取り付けて、どの角度でもしっかりとロックできます。

 

 

SEL1224GMの取扱説明

各部のなまえ 1 レンズフード(固定式)*1 2 フォーカスリング 3 ズームリング 4 焦点距離目盛 5 焦点距離指標 6 レンズ信号接点*2 7 フォーカスホールドボタン 8 フォーカスモードスイッチ 9 マウント標点 10 レンズマウントゴムリング 11 リアフィルターホルダー *1レンズフードを取りはずすことはできません。 *2直接手で触れないでください。

レンズの取り付けかた/取りはず しかた 取り付けかた(イラスト参照) 1 レンズリヤキャップとカメラのボディキャップをはずす。 2 レンズとカメラの白の点(マウント標点)を合わせてはめ込み、レンズを軽くカメラに押し当てながら、時計方向に「カチッ」とロックがかかるまでゆっくり回す。 • レンズを取り付けるときは、カメラのレンズ取りはずしボタンを押さないでください。 • レンズを斜めに差し込まないでください。 3 レンズフロントキャップをはずす。 • レンズフロントキャップの取り付け/取りはずしは、つまみを矢印の方向に押しながら行ってください。 取りはずしかた(イラスト参照) カメラのレンズ取りはずしボタンを押したまま、レンズを反時計方向に回してはずす。

ズームする ズームリングを回して、希望の焦点距離(ズームの位置)に合わせる。

ピントを合わせる • 本製品のフォーカスモードスイッチは、一部のカメラ本体においてお使いになれません。 カメラ本体との互換情報については専用サポートサイトでご確認ください。 AF(オートフォーカス)/MF(マニュアルフォーカス)の切り替え AF(オートフォーカス:自動ピント合わせ)/MF(マニュアルフォーカス:手動によるピント合わせ)の設定を、レンズ側で切り替えることができます。 AFで撮影する場合は、カメラ側とレンズ側両方の設定をAFにします。カメラ側あるいはレンズ側のいずれか一方、または両方の設定がMFの場合、MFになります。 レンズ側の設定 フォーカスモードスイッチを、AFまたはMFのいずれか設定したいほうに合わせる(1)。 • カメラのフォーカスモードの設定方法については、カメラの取扱説明書をご覧ください。 • MFではファインダー等を見ながらフォーカスリングを回して、ピントを合わせます(2)。 AF/MFコントロールボタンを装備したカメラをお使いの場合 • AF動作時にAF/MFコントロールボタンを押すと、一時的にMFへ切り替えることができます。 • MF動作時にAF/MFコントロールボタンで一時的にAFへ切り替えができるのは、レンズの設定がAF、カメラの設定がMFの場合となります。

フォーカスホールドボタンを使用する • 本製品のフォーカスホールドボタンは、一部のカメラ本体においてお使いになれません。 カメラ本体との互換情報については専用サポートサイトでご確認ください。 AF中にフォーカスホールドボタンを押すと、AFの駆動を止めることができます。ピントが固定され、そのままのピントでシャッターを切れます。シャッターボタンを半押しした状態で、フォーカスホールドボタンを離すと、AFが再開します。

フィルターを取り付ける 本製品のマウント開口部には、リアフィルターホルダーが設けられています。 市販のシートタイプのフィルター(ゼラチンフィルター)を、下記の手順で取り付けてください。 1 細い油性ペンでフィルターテンプレートの形をフィルターに写し、線の外側に沿ってカットする。(1) 2 カットしたフィルターを、リアフィルターホルダーに図の方向から差し込む。(2) • フィルターを差し込むときは、レンズとの接触を避けるため、ズームリングをワイド端以外の位置にしておくことをおすすめします。 • フィルターに傷や指紋汚れなどをつけないようご注意ください。フィルターを取り付ける/取りはずすときは、図の位置をピンセットなどでつかむことをおすすめします。(3) • 長時間撮影しないときは、フィルターをリアフィルターホルダーからはずしてください。

ソニーストアでの購入・商品詳細ページ

35mmフルサイズ
SEL1224GM

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ
SEL1224GM メーカー保証内容<3年>付き
ソニーストア価格:379,900(税込)(2021年4月20日現在)
『SEL1224GM』商品詳細・購入ページ

 

大口径レンズを収納できるソフトキャリングケース

LCS-FEA1 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)LCS-FEA1の商品ページです。

 

ソニーストアでレンズを購入すると

メーカー直販サイトなので安心です

レンズの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

 

ソニーストアなら「長期保証<ワイド>」に加入できます


ソニーストアでは、レンズの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けるられる「長期保証<ワイド>」がオススメです。
5年または3年の2つの保障期間から選択できます。
また、1年間のメーカー保証と同等の内容を、3年または5年に延長できる「長期保証<ベーシック>」もお選びいただけます。
※「長期保証<3年ベーシック>」は無償でのご提供です。その他の長期保証もキャンペーンなどにより無料となる場合があります

 

My Sony ID ご登録でカメラ・レンズが10%OFF


My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

αあんしんプログラム


高価なカメラ本体、高価なレンズをお持ちの方に「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。

「購入時のレンズ長期保証3年<ワイド>無料/5年<ワイド>50%OFF」、「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「下取りサービス価格増額」「カメラスクール割引」など、会員限定の特典が受けられます。

αオーナー向けサービスで、よりあんしん・快適なカメラライフをサポートされます。

詳しくはコチラ

 

その他のメリット

●分割クレジット手数料 0% ※手数料は予告なく変更となる場合があります
●残価設定クレジット
●下取りサービス
●製品登録でアップデートなど有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目を通して下さい

詳しくはこちら

タイトルとURLをコピーしました