HT-A7000 海外のレビュー「最高のサウンドバー!」「高額な金額の価値があるだろうか?」

HT-A7000 サウンドバー

7.1.2chフラッグシップサウンドバー

HT-A7000

まったく新しいレベルの没入感が楽しめます。
HT-A 7000は、複数のスピーカー、内蔵サブウーハー、および高度なオーディオテクノロジーを備えた、7.1.2チャンネルの本格的なサラウンドサウンドです。
自分の上や周りで起こっていることを感じてください。まるでその場にいるようです。

ソニー直販ストア

ソニーストア
HT-A7000

特徴


海外のみなさんのレビュー


2022年1月11日現在

このページのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


まあ、私は一文無しです

まあ、これを言わせてください。これは私が所有した2つ目のサウンドバーです。
最初に購入したのは8ヶ月前のSony HT-S350です。
2.1チャンネルのサウンドバーシステムです。
そして、それはそれなりに素晴らしかった。友達にあげてしまいました。
そして、このカッコいいものを手に入れました。
まず第一に、これは非常に高価な投資です。
しかし、それだけの価値はあると感じました。
私はテレビでアプリを見るのが大好きで、大のゲーマーです。
実際にゲーム気違いです。
あなたがお金があって。そしてあなたはケーブルやスピーカーチャンネルがそこら中に散らばっていないホームシアターを探しています。
これは私が聞いて目撃した最高のものです。
オプションのリアスピーカーをお勧めします。完全なイマーシブ効果を得るには。
しかし、実際には、それらなしで逃げることができます。
サウンドバー自体が7.1.2チャンネルを生成するからです。
サブウーファーに関しては。高すぎます。
ホームシアターシステムにはサブウーハーが欠かせないことを知っていた私は、文字通り200 wのサブウーハーを購入せざるを得ませんでした。
でも400ドルです。300 Wのサブウーハーは700ドルです。
私はそれは支払わない。
私のおすすめは、サウンドバー、200ワットのサブウーファー、リアスピーカーです。
説明書とマニュアルに目を通したら。
それは立ち上げ時にそばに置いておくべきです。
オーディオ設定に入ります。
「モード時のサウンド」をオンのままにします。
このようにして、Dolby AtmosとDTS Xを生成する立体サラウンドエンジンを活用できます。
非常におすすめです。 2021-12-31


おそらく、正しい状況下での他の人にとっては極めて優れているでしょう。

手短に言えば、遅れたクリスマスプレゼントとして、どの子がこれを受け取るかについての判定を待っている梱包状態に戻っている。
私は、4 Kパススルーをサポートする古いOnkyo A/V受信機を使用している現在のセットへのアップグレードとしてこれを手に入れました。
それはHDCP 1.4のみであり、その設定で現在使用されているテレビと完全には互換性がないからです。
私の10年前のレシーバーにはこのような制限があったにもかかわらず、既に利用可能なPolkのワイヤード・サブには対応していないため、独自のサブウーファーを追加しないと、このモデルはサウンドステージの観点から測定されませんでした。
現時点で追加費用を使うには私はケチすぎるので、これは喜ばれるかもしれない子どもたちにプレゼントされるでしょう。 2021-12-21


注意してください!

サブウーハーなしで購入しました。
ソニーのTVとの組み合わせは期待通りの出来だと思いますが、サウンドバーとTVのすべての音声設定に切り替えても、いくつかの番組の音質が不明瞭で明瞭さに欠けることがわかりました。
返品を検討していましたが、思い切ってSW 5 サブを注文しました。
会話の明快さが格段に向上し、大きなサブウーハーには余裕ができました。
音楽モードでは、11まで上げることが出来、曲を完璧にクリアに再生できます。
私の意見としては、サブウーハーなしで これを持ち帰らないことです。 2021-12-08


価格のせいで、もっと期待していました

性能の良い目立たないスピーカーが欲しくて購入しました。
このサウンドバーは、サウンドを投影し、サラウンドサウンドの効果を与えるのに良い仕事をしています、しかし迫力効果は小さく非常にクリアではなくクリアでありません、また、このバーを通る音楽は素晴らしいものではなく、明瞭さが欠けています、結局のところ、あなたがソニーブランドのために何よりも多くのお金を払っていると思います、しかし私は全体のセットアップのシンプルさと洗練さが好きです。 2021-12-04


信じられないほど良い!

これは私が今までに経験した中で最高のサウンド体験です。
ここから聞こえてくる音は驚くべきものです。
この製品が大好きです。
いつも使うのを楽しみにしています。
私は毎日何時間も音楽を聴いていますが、これは私の音楽体験を新たなレベルに引き上げました。
唯一の問題は値段ですが、最高級品ということを考えると、当然のことかもしれません。
その価値はあると思います。 2021-12-02


素晴らしいサウンド

素晴らしいサウンド。 2021-11-29


サブとサテライトが必要

ヤマハ7.1をこのサウンドバーに置き換え、設定を単純化しようとしましたが、すぐに後悔しました。
セットアップはとてもシンプルで、OSDも素晴らしかったです。
テレビスピーカーしか持っていないのであれば、これはゲームチェンジャーですが、もしあなたが本物の7.1サウンドに慣れているのであれば、このユニットに合うワイヤレスサブとサテライトを購入したいでしょう。
そして、これらすべてのセットアップは非常に高価です。
おそらく、テレビに費やした金額よりも多いだろう。

既存の7.1のセットでもセットアップしようとしました、これを使ってセンターチャンネルを置き換えましたが、HDMI入力しかないのでそれは実行不可能でした。
数時間かけてそれを動作させようとしました、個室の中で2つのソースの音量レベルを同じにしたければ、2つのソースの音量を調節しました。 2021-11-21


あなたがソニーのブラビアを持っているなら、これは必需品です

まず第一に、これにはGoogleやAlexaが組み込まれていないが、少なくともAlexaがあればそれと互換性がある。
このサウンドバーには全画面表示のセットアップ機能があります。
この機能を使用するには、スクリーンメニューを表示しながら設定する必要があります。
プラグアンドプレイではありません。
セットアップが終われば、あなたのSony Bravia TVはそれをとして認識することができ、あなたはそれをホームシアターのサウンドシステムとして追加することができ、あなたはサウンドバーとテレビの両方と驚くほど緊密に統合することができます。
私はSony TVでいくつかの他のサウンドバーを試してみましたが、それらは全くうまく動作しません、なぜならボリュームは同期されず、あなたのサウンドバーはより多くの時間で消えることになるからです。
しかし、このバーはSony TVにぴったりだ。

音も良く、低音の声もそれなりにクリアです。
ソニーにとって完璧に機能しますし、ソニーとの緊密な統合という意味では他のテレビブランドとの連携はお勧めできません。 2021-11-16


高価ですが、比類のないパフォーマンス。それでも私のSonosスマートスピーカーのセットアップを好む

父は数ヶ月前に退職し、最近私の家の近くで引っ越しを終えた。
それを聞いた兄弟たちと私は、65インチのソニーA 90 Jの最高級テレビとこのHT-A 7000サウンドバーという退職祝いで彼を驚かせました。
彼は私たちのために一生一生懸命働いてくれましたし、新居で一緒に引退生活を楽しむための何かを与えるのは当然のことでした。

ソニーのテレビ自体が技術的に驚異的なのだが、率直に言って、サムスンのテレビが私のものになってしまったことを考えると、彼がそれを手に入れたことは非常にうらやましい。
画面自体はスピーカーで、音は驚くほど良いが、専用のサウンドバーとサラウンド・サウンド・システムを備えていることで、大きな音域が追加されている。
私が家にSonosシステムを追加した理由はまさにそれで、Soundbar (後にArcに置き換えられる) 、Sub、そして2つのリアスピーカーが付いていた。ソニーのHT-A 7000はどうか?

長所
-簡単な設定と接続
–サウンドバーからeARCをTVのeARCポートに接続します (サポートされている場合) 。
— SonyのTVがサウンドバーを検出し、TVスピーカーとサウンドバーの出力をシームレスに切り替えた
— XBoxまたはPlaystationをサウンドバーのHDMI入力ポートの一方または両方に接続する
-7.1.2チャンネルの出力は驚くべきもので、驚くほどリアルに聞こえます (サウンドバーはまず環境キャリブレーションを行い、部屋に合わせて設定してください) 。
–バスは深かった (隣人は実際にクールなセットアップを見たくてやってきた)
――声ははっきりしていた
–音楽は没入感がありました
私がテストした2、3のゲームでは、ゲームのパフォーマンスに遅れはなかった。
正直に言って、走ったり運転したりしていて床に倒れてしまいました!
-8 K 120 Hzでも簡単に処理可能
-複数の音声アシスタントおよび入力オプション
-Spotifyなどをストリーミングするためのインターネットへの直接接続
-タッチセンシティブコントロール(電源、ボリュームなど)
-サウンドバー前面のLEDライトで表示されるメッセージ

短所
-上部ガラス面は指紋がつく
-非常に高価
-非常に広い設置面積
-リモートコンが少し遅れているように見えた
-内蔵サブウーハーがSonos Subと比較されない
-Sonosのように他のコンポーネント(例えば。リア・サブまたはスピーカー)にワイヤレス接続しない
-Sonosのような様々な音源を再生するアプリは付属していません。

結局のところ、音は驚くほど良い。本当にいいです。
値段に見合っていますか?
私には向いていません。私は、家全体のセットアップ、アプリのコントロール、その他のスマートな機能のために、Sonosのエコシステムが好きだ。SonosはSonyと同じ音質に設定できるだろうか?
はい、でもいろいろな成分を一緒に入れると、かなり高くなります。

オーディオ愛好家にとって、このソニーのサウンドバーは、アクションシーケンスやゲームの間のいくつかの説得力のあるサラウンドサウンド効果と心臓がドキドキするベースを備えた非常に良い投資です。
ソニーのテレビと組み合わせると、ほとんどプラグアンドプレイの設定で非常にうまく動作する。

退職おめでとう、お父さん!お世話になりました! 2021-11-15


素晴らしい

これは並外れたサウンドバーです。
音質は素晴らしいです。
これを手に入れる前のB&Oサウンドバーよりも優れています。
アトモスの音は私の妻をだまして、どこかにもっとスピーカーがあると思い込ませました。
これに非常に満足しています。 2021-11-15


オールラウンドなサウンド

既存のサブに互換性がなかったので、サブとリアスピーカーも購入しました。
私もソニーのテレビを持っていないので、S-centerの機能もテストできませんでした。
disclaimer iは7.1.2のパラグディムスピーカーのフルセットからダウンサイジングしていました。
そのため、サウンドはずっと小さく聞こえ、適切なタワースピーカーで得られる豊かさと中間色が欠けていました。

でも全体的にはスピーカーの音に満足していました。
リアとサブは残念ながら、必要とされる多くの深さを追加するので、必須だと思います。

私はハーモニー・ユニバーサル・リモコンを使っていますこれが鉄道事故ですサウンドバーには赤外線に関する大きな問題があります。
リモコンに組み込まれているコマンドは、90%の時間は機能しないようです。とてもイライラします。
IRブラスターをセンサーに貼り付けても、まだ登録されません。

HDMI-CECも試してみましたが、これもうまく動作しないようです。
はい、オンになりますが、xboxが間違ってオンになったり、入力が「テレビ」に変更されたりしています。

音声モードは問題なく、私の考えではデフォルト設定にすべきです。
S-centerの設定を試してみたかったのですが。
それはA 90-JやそのフルパネルTVスピーカーのように素晴らしい音になるでしょう。

HDMI 2.1はしっかりしていて、ドルビービジョンで動きます。
私は別のポスターのようにVRRの問題を認識していませんでした。
それは残念です。

パッケージ全体で約2000ドルで、しっかりした中間層のセットアップ、しっかりした一流のサウンドバー。 2021-11-15


優れたサウンドバーシステム。

*長所:

-大きくてしゃきっとした音
-ボーカルははっきりしてる
-360 Reality Audioは魔法のようだ。
-迅速で簡単なセットアップ。
-HDMIケーブルとAUXケーブルが付属しています
-オーディオの調整は素早く簡単に行えます。
-Chromecastが内蔵されています
-Google Assistantとの相性は良い。
-HDMIポートが3つ搭載されています。

*普通:

-低音はちょっと弱いです。

*短所:

-なし

これまでに、2つのPolkオーディオ、1つのKlipsch、2つのSamsungなど、数多くのサウンドバーを試してきましたが、このソニーのHT-A 7000サウンドバーは、価格の点で非常に優れています。
このソニーのサウンドバーは、1,700ドルのサムスン製のもの (7.1.4チャンネルのDolby Atmosシステムに8インチのワイヤレスサブウーハーと2つのサテライトスピーカーが付いているもの) を除いて、私のすべてのサウンドバーより間違いなく良いサウンドです。

セットアップは簡単で手間もかからず、ソニーがHDMIケーブルとAUXケーブルの両方を備えているのを見て、私は嬉しかった。
一部のメーカーはHDMIケーブルを敬遠しているが、筆者には理解できない。

55インチのSamsung UHD TVにeARCポート経由でサウンドバーを接続していますが、すべての機能が正常に動作しています。

リモコンには多数のボタン(私の意見では多すぎる)があり、かなりごちゃごちゃしていて混雑しているように見えます。
サムスンの方が、魅力的で直感的なリモコンを作るのに優れていると思う。
おかげさまで、ボタンは反応がよく、感触もよく、設定やメニューの間を移動しても遅れはありませんでした。

Sound Field Optimizationメニューを使用した360 Reality Audioのセットアップは、これ以上に簡単にしようがありません。
スピーカーがビープ音を鳴らしてあなたの個人的な環境に合わせてスピーカーをセットアップするだけで、魔法のように、頭の上から、そして後ろから、まるでそこに衛星スピーカーがあるかのように、音声があなたに届き始めます。

私があまり気にしていることが一つあるとすれば、それは低音か低音の不足です。
8インチのサブウーハーを搭載したサムスンの製品と比べると、その違いは明らかだ。
しかし、素晴らしいのは、いつでもサブウーハーを追加して、聴覚体験を完成させることができることです。
SA-SW 3セットは398.00ドル、SA-SW 5セットは698.00ドルです。

全体的に見てHT-A 7000は非常に優れたシステムで、競合製品と比較して価格は比較的高いものの、ソニーの優れた構造と音質を得ることができます。4.5個の星 2021-11-14


見事

サウンドバーを使った私たちの唯一の経験は、クリスマスプレゼントをもらった40ドルのものなので、私たちはこれに驚かされる準備ができていました。
特に主人は「ドルビー・アトモス」機能に興奮していて、何度か説明してくれました。

サウンドバーはすぐに使えるようになっていて、自動調整されて、必要に応じてプラグを挿し込むだけです。
そのサウンドのサンプルはとても印象的で、夫がなぜドルビーアトモスに興奮しているのかを私に理解させてくれました。
それは、あなたの周りにスピーカーを実際に設置しなくても、サラウンドサウンドがあるようなものです。

紙のテンプレートが付属しているため、取り付けに手間がかからず、1回の操作で最適な位置に設置できます(壁に余分な穴があってはいけません!)。
バーが大きくて重いにもかかわらず、ブラケット(壁掛け用ネジ)は2つしか付属していません。
夫は明らかに、それが耐えられないこと、ブラケットが落ちるか、サウンドバー自体が自重で曲がることを心配しています。
しかし、いま数週間たっても問題ないです。
彼はそれ(ブラケット)が中間にもあることを望んでいます。

私たちのテレビにはeARCポートはありません、ARCポートしかありません。
ですから、Atmosの真のエクスペリエンスを得ることはできないと思います (つまり、夫は、私たちが1年か2年前に購入したテレビはもう時代遅れであると納得させようとしているのです) 。
しかし、バーにはパススルーがあるので、バーのHDMIポートの1つにビデオゲームコンソールを直接接続して、Atmosを取得することができます。「Roku」 メニューでバーのHDMIを選択することで、xboxをオンにしたときにも自動検出します。
それ以外の場合は、スマートテレビがない場合にリモートで選択することもできます。

リモコンでは、音楽や音声モードなど、最適化されたサウンドオプションを使用できます。
音声モードは、多くの会話をより鮮明でクリアにしているように見えるため、注目すべき変更でしたが、音楽モードはサウンドバーだけでは少し残念でした (サブウーファを追加すると、その領域に違いが出ると思います) 。

全体的に見て、私たちはこのバーに感銘を受けています、これまでのサウンドバーよりもはるかに優れています。
夫は、サブウーハーを使って体験を完成させ、もっとサポートされているテレビを持ってくるべきだと私を説得しようとしていますが、それはわかります。 2021-11-14


最高の音質-市場で最高

嫌いなものは何ですか?
このSony Dolby Atmosサウンドバーは現在市場で最高です。
そして、私が 「信じて」 と言うとき、分かってます!
私はこれまでたくさんの調査をし、いくつか試してきました。
-まず、設定がとても簡単でした。本当に感謝しています、面倒もゲームも説明書も必要ありません。
箱から出して、HDMIケーブルをテレビ/デバイスのARCポートに接続するだけで、設定の手順を案内してくれます。
Wi-Fiに接続すると、接続、使用、セットアップの可能性が無限に広がります。
スマートフォン、 「Google Home」 、 「Alexa」 、または同じWi-Fiで接続され、そのような接続に対応しているその他のデバイスを接続することができます。
これらの接続はアプリを通じて可能になりました。
値段的には高いですが、機能性と音質を考えると正当化できる気がします。7.2システムでは、サウンドバーの側面に2つの小さなサブウーハーが付いています。
他の5つのスピーカーは、別売の追加スピーカーやサブウーハーを必要としません。
余分にお金を使いたくなければ!

質感は上質なプラスチックを使用しています。
付属のリモコンは少し安っぽく見えますが、ちゃんと働きます。
Amazon Musicは3ヶ月無料で提供され、高品質の音楽を再生して効果的にサウンドバーをテストすることができます。

接続方法は、Wi-Fi、Bluetooth、3.5 AUX、USB、HDMI (2 in&2 outおよび光学ポート) 。
これにより、デバイスを使用するためのさまざまな可能性と柔軟性が開かれます。
ドッキングステーションに接続することもできます。

全体的に見て、これは素晴らしいサウンドバーで、SONYの製造品質と、無制限の接続オプションを備えたAcousticクリスタルのクリアな音質により、この製品は今日市場に出ている同種の製品の1つとなっています。

安くないことはわかっていますので、買う前によく調べて必要なものを知っておいてください。

この長いレビューがお役に立てば幸いです。 2021-11-11


うおー。

簡単に言えば:破産する価値があります

印象:
これを言うのは私が最初ではないし、もちろん最後でもない。
サブがなくても、このサウンドバーはあなたの欲しいものをすべて届けてくれます。
ブックシェルフスピーカーとサブセットを備えた700ドル前後の2.1セットから来ていますが、すぐに出力可能な範囲と広さには驚きました。
上向きスピーカーはおそらく最も弱い要素だが、これまでに「部屋中を満たす」と呼ばれてきた数少ないサウンドバーの1つであり、似たような製品の多くはこれを声高に宣伝している。

ひとつの小さな不満なのは、これはHDMI出力とChromecastオーディオをサポートを持っていることです。
※ 音楽サービスやインターネットラジオなどのオーディオのみをキャストします。映像には対応しておりません
価格的には、問題なくビデオキャストを統合できたように感じました。
現状では、代わりにHDMIポートの1つにChromecastドングルを接続しています。
しかし、他のサウンドバーにもこの機能はないので、文句を言うほどではない。

これは夢中になるサウンドバーだが、最大の注意点は価格です。
価格競争相手は通常、サテライトやサブ同じ価格で提供しています。
とはいえ、バーだけで出せる音の質は驚異的です。 2021-11-08


ソニーはサウンドバーの絶対的な最高を提供します

ソニーのHT-A 7000は、価格だけでなく、大きさ、そしてもちろんサウンドにおいても、サウンドバーの凄いやつです。
これを手に入れる前に測ってください。
これがどれほど巨大なものか、あなたが信じないと思うことを保証します。

このレビューで取り上げるべき最も重要なことは、サウンドです。
私は長年にわたり何度もサウンドバーを使ってきましたが、HT-A 5000のような本物の映画館のサウンドを再現するほどのものはありませんでした。
これはサブウーファーやリアスピーカーなしでそれを行います。
家全体を鳴らす床を揺るがす低音を話しているのではありません。
ここでは純粋な音だけを話しています。
ボーカルは舞い上がり、低音はボリューム満点で肉付きがよく、中音は夢です。
狭い部屋なら、これで十分です。

音楽もたるんでいない。
これはSonyのReality 360をサポートしているが、Tidalのようなサービスに加入しない限り、ソースを見つけるのは難しいです。
内蔵されたATMOSと360サウンドのデモはクールだが、足りていません。

これは音楽にも適しています。
FLACの曲をいくつかストリーミングすると、きらきらと輝く高音と絹のように滑らかなボーカルが現れます。
対応するサブウーハーは持っていませんが、それでもかなりの低音が出ます。

これをソニーのA90J 有機ELテレビに取り付けました。
テレビの音は素晴らしいですが、今はミニ映画館にいるようです。
サウンドバーが素晴らしいボーカルを奏で、良いベースの上に、天井に向かって突き出すサウンドが素晴らしいです。

このサウンドバーは巨大です。
重くて、テレビと同じくらい長いです。
ウォールマウントが付属しています、ボーズが900サウンドバーで提供する何もないバーガーよりも優れています。
それが私が考えられる唯一のマイナス点です。

私はソニーの製品が大好きで、ソニーのテレビを3台も持っています。
このサウンドバーは私の大好きなA 90 Jを完璧に補完してくれます。
もしお金があるなら、このサウンドバーを強くお勧めします。 2021-11-08


素晴らしい

このサウンドバーはまさに驚異的です。
私はオーディオシステムの設定に詳しいタイプではありませんが、わずか数分でそれを設定して素晴らしいサウンドにしました。
すべての機能をリストアップすることはできますが、正直なところ、すべての機能をどのように使えばいいのかまだわかりません。
私たちがこのサウンドバーしたのは、テレビを動かしているときに、壁にBoseスピーカーが取り付けられていて、それを動かす必要があり、新しいケーブルが必要になったからです。
私たちはこのサウンドバーが正解になると考え、このソニーにして、とてもうれしいです。
Boseと同じくらいよさそうです。
高いですが、それだけの価値はあります。 5つ星 2021-11-07


ソニーはこのサウンドバーで決着をつけた

他にもハイエンドのサウンドバーシステムが2つありますが、どちらも別々のサブウーファーとリアスピーカーが付属していて、素晴らしいサウンドが得られます、しかし、それらはサブとリアスピーカーを持っているので、それだけ良い音がします、
このソニーのサウンドバーには、別のワイヤレスのサブとリアスピーカーを追加できますが、スピーカーを追加しなくても、他のシステムと同等かそれ以上の音質が得られます。
このバーは、非常に印象的な方法で明快さと低音を提供します。
ソニーのバーにある内蔵サブは、空間を埋め尽くす深い低音を作り出しており、それはまるで別個のサブが接続されているように聞こえます、ソニーは、その360リアリティ・オーディオ・プラットフォームでゲームを強化し、すばらしい没入型体験をもたらしました。
明瞭さと定義は次のレベルの音質で、ライブコンサートやイベントにいるかのように感じられます。
私が本当に気に入っているのは、「ミュージックセンター」アプリで多くのエフェクトやサウンド設定をコントロールでき、どんなジャンルや体験を聴きたいかによって、好みに合わせてバーを調整できることです。
将来的にはシステムを完成させるためにサブとリアのスピーカーを追加するかもしれませんが、音の響きには満足していますし、急いで追加する必要もありません。 2021-11-07


印象的な没入感。

楽しくダイナミックで非常に魅力的なSony HT-A 7000サウンドバーは、独自のクラスです。

私は通常、サウンドバーのようなタイプではありませんが、この製品にはさまざまな特徴があります。
音の深さと映像、レイヤーは驚異的で、サウンドバーから以前に聞いたものとは異なります。

ウーファーには何メガトンもの音が響くので、ゲームには特に適している。

500ワットの電源供給により、豊富なボリュームを実現。
これまで私は11まで上げるのが好きですが音量の半分くらいは私にとっても既に信じられないほど大きな音です。
そのヘッドルームすきです、でしょ?

ソニーは初期設定の指示に簡単に従うことができるので、接続はこれまで以上に簡単になりようがない。
すべてのサウンドバーと同様に、これは簡単にセットアップできるように設計されており、とにかく技術のない人でも簡単にセットアップできます。

リモコンはシンプルですが、最近の他の多くの製品のように、「カワイイ 」の名の下に必要な機能を犠牲にすることはありません。
オンボードサブウーハーやオプションの追加リアチャンネルなど、個々のチャンネルの音量を制御できます。
ナビゲーションインタフェースは驚くほど直感的で、機能も豊富です。

サウンドバーはすぐにSony X 80 J TVに認識されましたが、残念ながら私のTVはサウンドバーのセンターチャンネルとしての使用をサポートしていません。
これはエントリーレベルのモデルだから当然だが、上位モデルのユーザーはTVのスピーカーをサウンドバーのセンターチャンネルとして利用できます。

全体的に音は非常にクリアで、大きく広がり幅広く、他では得られない没入感のあるサウンドを求めているホームシアター愛好者やコンソールゲーマーに向いています。

ビッグだが、力強いー写真は実物大のベッドと55インチテレビの下に置かれている。 2021-11-06


素晴らしいサウンド!!

ソニーHT-A 7000は、7.1の映画とステレオ音楽を再生できるオーディオ機器です。
サイズは幅51.25 インチ奥行5.63インチ 高さ3.25インチ(1300mm X 80mm X 142mm) 普通のオーディオバーよりもかなり長い!
スタンドを短くすると、テレビの下側が遮られます。65インチのテレビと同じくらいの幅です!

サウンドバーは大きな箱に入っていますが、取り付けは簡単です。
パッケージを開封したら、HDMIケーブルを含むシステムセットアップを開始します。
HDMIケーブルをサウンドバーとTVのHDMI eARC/ARCと書かれたポートに差し込み、他のデバイスをサウンドバーの2つのHDMI INポートに接続します。
サブウーハー (SW 3またはSW 5) またはリアスピーカー (RS 3 S) を購入した場合は、完全にワイヤレスで、電源コンセントに接続するとサウンドバーに自動的に接続/同期します。
サウンドバーの電源を初めて入れたときに表示される画面上のセットアップ手順に従うと、数分以内に起動して実行できるようになります。
必ず「音場最適化」ウィザードを実行してください。
このウィザードを実行すると、システムが最適化されるだけでなく、システムの機能を簡潔に示すことができます。

リモコンのホームボタンを押すと、設定画面にアクセスして、天井の高さ、サウンドバーからの座席距離、HDMIの詳細設定などを調整できます。
プリセットされたサウンド設定「映画」、「音楽」、「標準」から選択できます。
サウンドバー自体には2つの上向きスピーカーと5つのフロントスピーカー(1つはサブウーハー内蔵、2つはティーター、2つはフルレンジスピーカー)があります。
サウンドバー自体が素晴らしい音を出します。
オプションのワイヤレスリアスピーカーとサブウーハーを追加すれば、ホームシアターを最高のサウンドレベルにすることができます。 2021-11-03


ほぼ正解にかなり近いソニーのハイエンドサウンドバー

Dolby Atmosのサウンドバーとしては、これまで聞いた中で最高でクリアです。

しかし、大差ではない。
比較として、私はLGとVizioのトップ7.1サウンドバーを持っていますが、どちらも非常に良く、このサウンドバーの何分の一かのコストで得られたものは10%以内です。
これを正規の価格でお勧めするのは本当に難しいですし、リアワイヤレスやサブが含まれていない場合は半額にもなります。
これは非常に頑丈で美しい巨大なサウンドバーで、ハイエンドのソニー製テレビにぴったりです。
このユニットのセンターチャンネルとして機能し、ワイヤレスでペアリングする特別な機能を備えています。

長所:
+Atmosのサウンドからの美しい暖かみのある「ブランケット」
+素晴らしい合成「AI」スタイルの優れたサラウンドサウンド
+購入後すぐにテレビや映画の音声を非常にクリア

短所:
-価格は正真正銘の狂気だ
-ワイヤレススピーカーまたはリアサブがない
-2021年にワイヤレスのサブおよびリアに、接続にRFを使用

ご存知かもしれませんが、テレビのeARCを通過しなければなりません、そしてHDMI入力(AppleTV、Xbox、PS)を入力する必要がありますーそのうち2つしか利用できません。
2つというのは、1つの入力しか提供しない多くのサウンドバーよりも多いと言われています。
サウンドバーを介して、HDMI OUT toTVおよびHDMIIn1 / 2と正しくリンクされていることを確認してください。
これで、Atmosなどの特殊なサウンド形式を最大限に活用できるようになります。
一方、eArcをTVまたはOpticalに移動しただけでも、優れたエクスペリエンスは得られますが、想定されているほど純粋ではなく、圧縮される可能性があります。

付属のサウンドバー自体のマウントは頑丈でそのままマウントするため、上向きに発射するスピーカーは上向きに発射されたままになります。

サウンドバー自体は、ガラスと布のスピーカーカバーがミックスされています。
とても素敵で高級感がありますが、埃や指紋は簡単に収集します。

ワイヤレスリヤー+サブ (含まれていないが必要) :

このサウンドバーをVineプログラムを通じて無料で手に入れたのは事実ですが、リアスピーカー (SARS 3 S) かサブスピーカー (SASW 3) を個人的に購入しました。
追加料金は800ドルでした。
即座に問題なくペアリングしました。
それらはRFであるため、前に立つと停止します(私見では非常に悪い!)。
天井に取り付けると、問題なく動作します。
他にも、Wi-Fiルーターの近くにいないと苦情を言う人たちの報告を見ました。

このシステムを最大限に活用するためには、これらが必要になることを今すぐお伝えします。
200 Wのサブを購入しましたが、返品して300 Wを購入します。
200 Wはアパートには十分だが、家には十分ではない。
リアの本当に良いところは、独立して動力が供給され、天井への取り付けが簡単なことです。
標準的なサイズではなく、sonyにはまだ公式のものがないので、特別なマウントが必要です:B 005 BV 0 FHGはうまく行きます。
一度マウントされると素晴らしいスピーカーになります。

このレビューと写真が役に立ったら、「役に立つ」ボタンを押して他の人に知らせてください! 2021-11-02


しっかりとしたスピーカーを提供し、慎重に作成されており、ブラビアテレビとの相性も抜群です。

開梱:きれいな長い箱に入っていて、きちんと包装されていました。
分厚い説明書付きです。
それがただの無駄な法律の流れではないと知って、私は本当にショックを受けた。
便利でイラスト入りで、上手に書かれたテキストが70ページあります。
また、紙の壁に取り付けるためのテンプレートも用意されているので、適切な場所に簡単に穴を開けることができます。
HDMIケーブルも付いています。
今持っているものではなく、最近最初についてくるケーブルを使うようにしています。
コード自体は、多くの場合、一定の能力レベルまでしか評価されていません。
ヘッドフォン式のオーディオコード、電源コード、2つのしっかりしたマウントブラケット、バッテリー付きリモコン、クイックスタートガイドもあります。

スピーカー自体が印象的です。
大きくて、長くて、重いです。
高品質の装置のように見え、感じます。
壁に貼るのではなく、マントに貼っています。電源コードが少し短いです。それは公平だと思います。
延長コードを使用すると長くなりますが、余分なコードループは扱いにくい場合があります。
コードは、かなり標準的な2つ突起で、8の形の標準的なものです。
残念なことに、ケーブル管理に向けた真の考えはありません。
背面にはコードを差し込むための切り欠きがありますが、コードを通すための溝がないので、壁に穴をあけるなどしない限り、スピーカーはコードの幅を壁から離す必要があります。
少なくともコードの端は小さいので、それは可能です。

私はSony Braviaのテレビを持っていて、中央 (スクリーンの後ろ) にスピーカーが付いていますが、このサウンドバーはそれを利用するように設計されています。
説明書にあるようにケーブルを接続してみましたが、音声ではなくビデオが表示されていました。
最終的にわかったのは、デバイスをスピーカー入力に接続して、ビデオ信号をテレビに送信する必要があるということです。
これは、テレビのコードがスピーカーに接続されていた昔とは逆です。HDMI端子は3つしかなく、ARCチャンネルをテレビに接続するには1つ必要かもしれません。
私のニーズには十分ですが、もっと多くのデバイスを持っていれば、スプリッタは動作すると思います。

部屋の音響を分析し、それに応じて調整するために、非常に迅速で無害なサウンドチェックを行います。
リモコンは、リアスピーカーとサブウーハー用に別々の音量ボタンが付いているなど、実に充実しています。
最近のスピーカーの多くは、選択肢を与えてくれないか、メニューの奥深くに置いている。
ロケットの打ち上げか何かのために低音を上げたいときもあります。
最後のレポートのために鳴り響くのを聞きたいと言う意味ではありません。
リアスピーカーやサブウーハーはまだ持っていませんが、買わなければならないと思います。

私は何年にもわたって多くのスピーカーを試してきましたが、この価格帯のすぐ下にある最近のものを含めて、これはキーパー(手放しません)です。
これは素晴らしいサウンドです。
非常に没入型で、小さなものではありません。
良いサイズのスピーカーがたくさんあるようです。
ワイヤレスのリア/サブウーファーを備えたサラウンド・サウンド・システムが発売され始めているのを見るのはとてもうれしいです。
大きなサウンドバーも。
これは配線をしなくても、部屋の音響に合わせて自動的に調整してくれるので安心です。
Bluetooth、USBも処理し、wifiに接続し、スマートアシスタントと連携します。 2021-11-01


最上位

すべてのスペックが説明に記載されているので、すべてのスペックについて書くつもりはありませんが、これまでのところ、1週間半はこれを持っていました、私たちのスマートTVは非常に普通ですが、このバーのサウンドは間違いなく素晴らしいです。
非常にクリアなサウンド、Nintendo Switchゲームの体験はで素晴らしいです、私たちは何本かの驚異的な映画を見ました、そしてそれは通常のテレビよりもはるかに良い感覚です。
これは小さなホームムービー劇場を作るのに十分なだけのサウンドとゲームのための本当に素晴らしい機器のプラスだと思います。
オシャレ度も抜群で、他ブランドに比べて大きくないのでポイントになります。
値段は高いですが、商品自体の性能は素晴らしく、私も夫も5歳の子供も騒がしい時が大好きで、ゲームの中にいるような気分になれます。
それが違いを生み出し、目に見えます。
そうは言っても、本当に良いテレビスタンドに投資する必要がありますが、このサウンドバーが先行するようなものを探しているでしょう。
私たちは家族としてそれを楽しみます、本当にそうです!
私たちのファミリールームに素晴らしい機器のプラス! 2021-10-31


私が今まで所有した中で最高のサウンドバー!

このSony HT-A 7000サウンドバーは、私が今までに所有したどのサウンドバーよりも最高の音を出してくれます。
サウンドバーの多くは、購入してすぐにはうまく聞こえません。
その理由は、すべてのスピーカーのイコライザーが0 dbに設定されており、フラットなオーディオと低音が生成されるためです。
良いオーディオを実現するには、スピーカーのセットアップを行ってすべてを正しく設定する必要があります。
それとはまったく逆に、このサウンドバーは最初から素晴らしい響きでした。
さて、リスニング環境に最適化するための設定をした後で、どれだけのパフォーマンスが得られるかを見て、どれだけ興奮したか想像してみてください。失望はしなかった。
素晴らしいサウンドバーとソニーの360 Reality Audio技術を組み合わせると、その結果は驚くべきものとなった。

Reality Audio ( 「RA」 ) とは、音楽制作者が各チャンネルの音声を、RAのスピーカーだけが理解できるようにトラックにエンコードするプロセスです。
この音楽は他のスピーカーでも再生できますが、RAスピーカーのように音声を解釈しません。
RAトラックでは、音楽プロデューサーは各チャンネルをリスナー空間の特定の場所に配置します。
例えば、リードボーカルは中央に配置し、リスナーの前に配置し、バックグラウンドシンガーは片側に配置することができます。
そして、それぞれの楽器は、聞き手に対して空間的にそれぞれの位置に置くことができる。
たとえば、バイオリンをリスナーの右下に配置し、特殊効果をリスナーの後ろからトラックの進行に合わせて前面に移動させることができます。
これがイマーシブで室内を満たす効果になりますこのオーディオ体験は、良い意味でステレオとは著しく異なります。

RAが設計した音楽トラックは、多くのストリーミングサービスから入手可能であり、この技術を使用する曲の数は増加しているが、それはストリーミングに利用可能な曲の総数のわずかな割合のままであることに留意してほしい。

ハイエンドコンパクトスピーカシステムであるソニーのSRS-RA 5000を持っていて、HT-A 7000とは全く違いますが、SRS-RA 5000は小型で、スピーカーのパワーもどんどん少なくなっていますし、RAの体験も素晴らしいと思いますが、HT-A 7000ほど印象的ではありません。
もちろんこの2つのスピーカーシステムは全く違うクラスで、値段だけでもすぐにわかります。

このソニーサウンドバーのオーディオには感心しました。
広範囲のトーンを明瞭にし、音量を大きくしてもオーディオはクリアなままです。
すでに非常に大きな音がしていたので、75%を超えることはありませんでした。
内蔵のサブウーハーは、独立したユニットではないため、優れた低音を実現します。
ベースをさらにパンチする必要がある場合は、オプションのワイヤレスサブウーハーを追加できます。
この7.1.2チャネル・システムには、合計10台のスピーカー、前面に6台のスピーカー (サブウーファーを含む) 、側面に2台のスピーカー、および起動時に2台のAtmosスピーカーがあります。
サウンドバーにはSonyのX-Balanced Speaker技術が採用されており、従来の円形スピーカーではなく長方形スピーカーです。
これにより、より多くのダイアフラム領域が得られ、低音をより明瞭にすることができ、オーディオの歪みが少なくなり、出力がより明瞭になります。

自動サウンド、標準、ミュージック、シネマの4つのサウンドモードがあらかじめプログラムされています。音声、Night、Immersive Audio Enhancementの3つのサウンドエフェクトがあらかじめプログラムされています。
それぞれに顕著な違いがあり、放送されるオーディオの種類に適しているように見えます。
再生中は、最小、中間、最大の3つのモードのいずれかでベースレベルを調整できます。
各スピーカーまたはスピーカーセットの音量レベルは、イコライザーとして機能する-6.0 dB~6.0 dBの範囲で個別に調整できます。

サウンドバーの設定は簡単です。
eARC HDMIを接続し、テレビとサウンドバーの両方の電源を入れたら、サウンドバーのリモコンにあるホームボタンを押してセットアッププロセスに入ります。
設定オプションがTVの画面に表示されます。
ここでは、スピーカーやネットワークなどの基本的な設定を行います。
この初期設定プロセスでは、音場の最適化プロセスも実行されます。
このプロセスでは、サウンドバーと部屋の壁や天井の間の距離を測定し、リスニング環境に合わせてサラウンドサウンドの品質を最適化します。
距離がわかっている場合は、より正確になるように手動で入力することもできます。測定値の精度が高いほど、オーディオの品質が向上します。オンスクリーンメニューには、設定可能なその他のオプションや機能が多数あります。

サウンドバーはコンパクトでも軽量でもありません。
幅51.25インチ、高さ3.25インチ、重さ19ポンド強で、ほとんどのテレビには入らないかもしれない。
ウォールマウントが必要な場合は、ウォールマウントブラケットが付属しています。
キットには、サウンドバー、電源コード、HDMIケーブル、3.5 mmオーディオケーブル、リモート、壁面取り付けブラケット、およびマニュアルが含まれています。マニュアルはクイックスタートガイドです。完全なマニュアルはソニーのウェブサイトで入手できます。

サウンドバーは主にリモコンから制御されます。リモコンには、入力、サウンドモードとサウンドエフェクト、ベースレベル、オーディオ再生オプションの選択など、サウンドバーを日常的に操作するために必要なすべての機能が備わっています。
詳細機能は、画面上のメニューを使用して設定します。
サウンドバーの前面には、特定のアクションが実行されたときや特定のステータスを示すときに点灯する表示パネルがあります。
この表示は微妙で、必要に応じて明るさを調整できます。
サウンドバーの上部には、電源、音量、Bluetooth、およびDolby Atmosと360 Reality Audioのデモモードを制御するボタンがあります。

Bluetooth、Chromecast、AirPlay経由のワイヤレス接続は問題なく機能しました。
Amazon AlexaとGoogle Assistantには音声アシスタント機能がありますが、私は音声アシスタントを使用していないので評価していません。
サウンドバーにはどちらも組み込まれていないため、ChromecastまたはWiFi対応の音声アシスタントデバイスが必要です。

ゲーム専用の設定はありません。
私はゲーマーではありませんが、このサウンドバーは、8 K、4 K (120 Hz) 、およびDolby Vision HDRに対応するHDMI 2.1パススルー入力を備え、ゲーム用の優れたオーディオプラットフォームになると思いました。 2021-10-30


最上位…

パワフルで洗練された7.1サウンドのサウンドバー。
数ヶ月前に発売されたソニーの最高級サウンドバーで、Sonyだけでなく、Sonos ArcやBose 700、LG SN 11 RG、Samsung HW-Q 950 Aなど他では味わえない最高のサウンドバーです…

正直なところ、私はこれらのサウンドバーのすべてを聞いたことがありません。
いくつか聞いたことがありますが、このソニーのA 7000を全部ではなくいくつかと比較することができます。
しかし、私は様々なHiFiやコンピュータハードウェアのサイトでレビューを読んできましたが、上に挙げた競合製品に対抗して現在作られている最高のサウンドバーだというのが大方の意見です。
ゼンハイザー アンベオのサウンドバーは聞いたことがありませんし、AmbeoとSony A 7000の比較も読んだことがありません。
私はゼンハイザーに大きな敬意を持っており、アンベオはこのソニーよりも明らかに良い音を持つ唯一のサウンドバーかもしれません。
しかし、それは5.1サウンドバーであり、巨大なスピーカーで満たされているにもかかわらず、ソニーのハードウェア機能のいくつかを欠いています。

このサウンドバーを他のサウンドバーと区別するものの一部は、サウンドとは関係ありません。
サウンドが不十分であるということではなく、ブリリアントでパワフルでクリアなサウンドです。
しかし、A 7000はサウンドだけでなく、ハードウェアの性能においても最上位機種です。

A 7000には、HDMI入力ポートが2つ、HDMI出力ポートが1つあります。
HDMIソースからの接続の最初のステップとしてサウンドバーを使用し、出力からサウンドバーのパススルー経由でTVにTVを供給することも、HDMIをTVに接続し、eARC経由でTV出力からサウンドバーに接続することもできます。
最新のXboxを持っている人が直面するかもしれない問題の一つは、サウンドバーがパススルーモードで可変リフレッシュレート (VRR) を扱えないことです。
そのため、まずXboxからテレビに接続し、それからテレビのeARC出力からサウンドバーに接続する必要があります。

また、サウンドバーは、特定のノイズを再生および分析して、部屋の音響特性を判断したり、部屋の特性に合わせてサウンドを自動調整したりすることができます。
サウンドバーの中央にあるLEDディスプレイにはソース情報が表示され、HDMI経由で接続されたサウンドバーのセットアップはTVの方向によって簡単に実行できます。

USB-Aポートを介してスピーカーにUSBソースを接続し、MP 3またはロスレスオーディオファイルを再生できます。
このサウンドバーはSpotify Connect、AirPlay、Chromecast、Bluetooth対応、Google Home、Amazon Alexaにも対応しています。

A 7000のサラウンド機能は、Apple MusicのSpatial Audioや360 Reality、Dolby Atmosオーディオシステムに適しています。

その他のハードウェア入力には、光学式、3.5 mmアナログ(RCAではなくステレオミニプラグ)およびUSB-Aが含まれます。
また、HDMIケーブル、リモートおよび壁面マウント用ブラケットおよびネジも同梱されています。

最後に、ソニー製のウーファーとワイヤレスのバックスピーカーがあれば、リビングルームにさらに素晴らしいものを追加できるでしょう。
ゲームや動きではなく、主にオーディオ用に使用する場合は、背面スピーカーを使わなくてもかまいませんが、ウーファは必要です。
サウンドバーはウーハーとバックスピーカーを自動的に認識し、それに応じてサウンドバー自体を設定します。 2021-10-29


しっかりとした造り、素晴らしいサウンドですが、高額な金額の価値があるだろうか?

製品レビュー:SonyHT-A7000サウンドバー7.1.2

要約(忙しい人に):
ソニーのフラッグシップサウンドバーHT-A 7000には大きな期待が寄せられていましたが、私の知る限り、これはソニー初の7.1.2システム (フロントドライブスピーカー5台+ビームツイーター2台、内蔵サブウーハー (実際にはx 2) 1台、上向きスピーカー2台) で、追加のアクセサリーがなくても1つのサウンドバーで十分に機能します。
これは一本の重い (約19ポンド) 棒状のもので、非常に良いビルド品質で、また各スピーカーの良い空間解像度で素晴らしく聞こえます。
バーでデモサウンドを見るには、動画を見てください (サウンドを表現する最良の方法ではありませんが、何らかのアイデアが得られます) 。※動画は埋め込みしていません。
最大の問題は、それが1300ドルの価値があるかどうかです。
スペースの制約や、内蔵されているすべてのスマートシステムや4 K 120 Hzパススルー (下記のレビューを参照) などの機能など、求めるものによって異なりますが、適度な低音、最高の中音と高音の明瞭度、最高の没入感を備えたAE機能など、最小限のフットプリントで最高のサウンド体験を得たい方に最適です。
低予算でフルシステム (サブおよびリア) をお探しで、伝説的なコーデックのサポートやアップコンバージョンが不要な場合は、sonosarcまたはq 950システムをお探しください。

フルレビュー:
Sony HT-A 7000はプレミアムサウンドバーで、将来的には優れたハードウェアと豊富な機能を備えています。

まず、箱の中にサウンドバー、HDMI 2.1ケーブル、s-center接続ケーブル、電源コード、リモート、二つのマウントブラケットと二つの単四電池が入っています。

セットアップ:
簡単;ただ電源コードとHDMI eARCをTVに (または光コードとhdmiを一緒に使用して) 接続し、Sonyのユーザーインターフェイスが推奨する手順に従うだけです。
自動音場最適化または手動のいずれかを選択できます。
自動最適化はクールで、内蔵マイクはサウンドバーが高さと側壁の距離を測定し、サウンドを最適化するのに役立ちます。
どうしてもオーディオを強調したい場合は、手動モードを使用して、高さや距離の情報を提供してください。
また、各スピーカーのサウンドは相対的に調整することができます。
たとえば、側面の側壁が他のものに近い場合は、相対的にサウンドレベルを調整できます。

組み込み機能:
ここがソニーの強みです。
メインストリームのほとんどのブランドは、伝説的なオーディオコーデックのサポートを終了したが、これは幅広いオーディオフォーマットをサポートしており、ほとんど何でも再生できる。
google alexaやairplayのような人気のある3つのスマートエコシステムのいずれにも統合できる。
クロムキャスト、スポイト、アレクサも内蔵されています。
4 Kパススルーを行うHDMI入力は、Dolby vision HDRなどを含めて2つあります…これは、1つしか提供しないほとんどのトップ競合として魅力的です。

音質:
このサウンドバーには11のアンプチャンネルがあり、最高の音質を備えています。フロントドライブは5つ、ビームツイーターは2つあり、基本的にサウンドをサラウンド側のチャンネルのように見せることができます。
2つの上向きのスピーカーで仮想空間を作成します。
音量設定で40~45程度の大きな音量で最適なサウンドを抽出できます。
天井の高さが高い場合は、上部の溝が効果的でない場合は、これを行う必要があります。
地下室で8フィート(約2.44m)の仮想天井で試してみましたが、上向きのスピーカーが本当によく出てきました。

没入型オーディオエンハンスメントが付属しており、仮想サラウンドになるようにサウンドを合成し、基本的にはサラウンドサウンドになるようにサウンドをチャンネルアウトします。
個人的には音楽よりも映画に向いていると思います。
Bluetooth経由のストリーミングはまあまあの体験だったが、素晴らしいほどではなかった。
おそらく、内蔵ストリーミングデバイスを使っては実現しないだろう。

お金を払う価値はありますか?
サウンドバーだけで1300ドルというのは法外に高いが、正当化できる理由がいくつかある。まず、これは7.1.2システムで、ここではsonos arcは5.0.2です (subは組み込まれていません) 。
特別なビームツィーターと内蔵のサブウーハーがあり、このサウンドバーは高低のバランスに最適です。
私の周波数テストでは、最高40 Hzの低域と約16 KHzの高域が聞こえました。
さらに、すべてのスマートエコシステムをサポートする唯一のシステムであり、内蔵されたクロムキャスト、アレクサと統合することができます。
もちろん、オーディオフォーマットのサポートもたくさんあります。
没入型サウンドと音楽360は、仮想サラウンドをさらに向上させる追加機能です。
Sony HT A5000は5.1.2のサウンドバーで、価格は1000ドルでARCより100ドル高いだけですが、サブが組み込まれています、なので比較するとA7000の価格は問題ありません、もしサブウーファーがこの価格で含まれていたら深刻な競争相手になったでしょう。 2021-10-27


深い感銘を与える部屋全体の音

Sony HT-A 7000 7.1.2ch 500 W Dolby Atmos Sound Bar Surround Sound Home Theater with DTS:Xおよび360 Reality Audioは、AlexaおよびGoogle Assistantで動作します。
ソニーのテレビを持っていれば比較的簡単な設定
テレビに接続すると、サウンドバーのセットアップを完了するためのプロンプトが表示されます。
部屋を占拠する信じられないほどの本物の音
音の本当の感触を知りたい場合は、音量を少なくとも35まで上げてください。
このサウンドが旅に出かけるのにどれほどうまく設定されているかに冗談抜きに驚いています。
私は自宅で演奏している音楽をメインレベルからセカンドレベルまで、ボーカルや楽器の一部を失うことなく聴くことができます。
箱から出して適切にセットアップするために必要なものがすべて付属しています。
注意喚起、このサウンドバーは非常に大きく、511/4 x 3 1/4 x 5 5/8インチです。
このサイズで、床から天井の壁、壁まで、空間全体に没入できる印象的なサウンドが得られます。
サウンドバーは、画面に表示されている内容に完全に遅れずに対応します。
このサウンドバーは、速いアクション映画を見たり、速いペースのビデオゲームをプレイしたりすることで、このサウンドバーに関してソニーが成し遂げたことに、これ以上ないほど感銘を受けました
このバーには高額なことは理解していますが、テレビのテクノロジーが変化してもそれに対応し続ける長期的な投資と考えてください。 2021-10-27


家賃の支払いです、当然このクラスの最上位だ…

言うまでもありませんが、到着時に動作している限り、最上位の機器を購入することになります。
これは、最高品質のサウンドを意味します。

探している人の助けになるのであれば、ゲーム機能のためにこれを買いました。
私はLG C1(有機ELテレビ)とXbox Series XとPS 5の両方を持っています。
据え置き型は4Kで120 ヘルツでゲームすることができるので、それは私のテレビも同様に必要であることを意味しました、従ってC 1。
それ以来、ゲーム機から7.1を圧縮されないようにするために、私はA 7000に持ってくる良いサウンドシステムが必要でした。
それは据え置き型からテレビに戻る8 K 120 ヘルツを通過することができるこれを書いているときには、わずか2つのサウンドバーのうちの一つです。
テレビ、ゲーム機とこのサウンドバーは、ほぼゼロの努力と設定でドルビーを実行します。

10/12 確かに隣人の夜を台無しにした。 2021-10-09

ソニーストアでサウンドバーを購入するメリット

メーカー直販サイトなので安心です

サウンドバーの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

また、5年間保証する「長期保証<5年ベーシック>」、ベーシックの内容にさらに保証範囲を広げた「長期保証<3年ワイド>」、「長期保証<5年ワイド>」を有料で提供しています。
でも、「長期保証<5年ベーシック>」はともかく「長期保証<3年ワイド>」は花瓶などを倒して水ぬれ、落雷でコンセントからの過電流ぐらいしか<ワイド保証>にする理由は考えにくいですネ(笑)

 

My Sony ID ご登録でサウンドバーが10%OFF


My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

その他のメリット

●分割クレジット手数料 0% ※手数料は予告なく変更となる場合があります
●提携カード(Sony Bank WALLET・ソニーカード)決済で 3% OFF
●製品登録で有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

サウンドバーのキャンペーン情報

現在、サウンドバーを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目を通して下さい

タイトルとURLをコピーしました