Pocket

空気感までも描き尽くす高音質。ソニー最高峰インイヤー

 

ソニーが誇るオーディオ機器の最高峰Signature Series。
そのラインアップに、ついに待望のプレミアムイヤホン「IER-Z1R」が誕生、孤高のフラッグシップ。

 

海外のみなさんのレビュー


2019年5月29日現在

レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 これは超スゴイ!

詳細には触れませんが、これまで私が参考にしてきた評価基準、順不同です。

エティモティックスER4P
エティモティックスER4XR
グラードRS1
UE10プロ
UE11プロ
Senn HD800
Senn HD820
JH13プロ
AKG K701
シュアーKSE1500
シュアーSE535
シュアーSE846
ソニー・XBA Z5
ソニー・MDR Z7
ソニー・MDR Z1R
ウェストンW80

今のところ、無数の情報源は除外します。

そう、IER-Z1Rは超スゴイ、オーディオの完全性を求める私の探求の頂点です……。今のところ。

それらは特別な機会のために取っておくのが一番です……。
静かな暖かな環境でのリスニング・セッションとワイン・ボトルは必須です。

私は今でもUE10Pro、UE11Pro、W80、MDR-Z1Rを所有しています。

現在の私のソースはSony TH-ZH1ESとFiiOQ5(まもなくQ5Sにアップグレード)です。

私の考えでは、W80は究極の万能プレーヤーであり、IER-Z1Rはクリティカルリスニング(感覚的でなく分析的な傾聴?)用です。 2019-05-10


 

1.異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」

12mmダイナミックドライバーユニット(低~中高音域用)
軽量・高剛性が求められる振動板のドーム部にはマグネシウム合金を採用し、しなやかさが求められるエッジ部には、液晶ポリマーにアルミニウムコートを施したアルミニウムコートLCPを採用することで、沈み込む低音域と繊細な中高音域を両立し、微小な音の要素を余すところなく再生します。
BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーユニット(高音域用)
振動板には、実用金属の中で最も比剛性が高く、内部損失も高いマグネシウム合金を採用。不要な振動が極限まで抑えられ、色付けのないクリアな音質を再現します。また、ボイスコイルには伝送効率の高い銀コート銅線を採用したほか、端子部には金メッキを施し、振動板の駆動力を向上させています。入力された信号に対して、振動板が忠実に動き、微小な音をしっかりと捉えて再生します。
5mmドライバーユニット(超高音域用)
100kHzの超高音域再生を可能にする、独自開発のアルミニウムコートLCP振動板と外磁型磁気回路を採用。さらにドライバーユニット自体をΦ5mmまで小型化することで、音導管と同軸上に配置できるため、超高音域をスムーズに再生します。

 

2.今までにないような音の分離感を実現する、新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」

それぞれのドライバーユニットが出力した音波が最適な位相で合わさるように、音が伝わる経路を緻密に調整した「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を採用しています。楽器やボーカル本来の音色を再現すると同時に、今までにないような音の分離感を実現します。また、インナーハウジングにもマグネシウム合金を採用し、各ドライバーユニットの不要な振動を極限まで抑えることで、クリアな音質も実現しています。
さらに、ドライバーユニットの後ろに設けた空間に極細の音響管を接続し、振動板の背面の通気を精密に調整する、ソニー独自のサウンドスペースコントロールを採用。最適なバランスの豊かな中音域と、低音域から高音域までの自然な音のつながりを実現し、広がりのある音場を再現します。

 

3.ハウジング素材にジルコニウム合金、フェイスプレートにペルラージュ加工を採用

 
ハウジング部分に、傷つきにくくさびにも強いジルコニウム合金を採用しています。また、フェイスプレートには、高級腕時計にも使われている、地金に研磨で繊細なうろこ模様をつけるペルラージュ加工を施しています。
ハウジングの形状自体も、耳に負担をかけないように最適化したことで、快適で安定した装着性を実現します。

4.プロ向け音響機器を生産する国内工場で製造し、高い組み立て精度と高品質を実現

多くのレコーディングスタジオで使われているコンデンサーマイクロホンやモニターヘッドホンなど、プロフェッショナル向け音響機器を長年にわたり生産しているソニー・太陽で製造しています。プロ用製品で培われた品質管理の下、熟練作業者による手作業でひとつひとつ丁寧に組み立てられ、厳しい検査をパスした商品を出荷しています。

 

5.その他の特長
●各ドライバーユニットが再生する周波数帯域を定義するネットワーク回路に、音質に優れるフィルムコンデンサーを採用。振動や電気的な干渉を限界まで抑えることで、繊細で伸びのある高音を実現します。
●付属のヘッドホンケーブルは、銀コートOFC(無酸素銅)線とツイストペア構造を採用することで伝送ロスを最小限に抑え、スケール感のある解像度の高い高音質を実現。さらにタッチノイズを軽減するためシルクを編み込んでいます。
●Φ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルを付属します。柔らかく耳の形に沿うようにカーブした新開発のプリフォームドイヤーハンガーで、素早く耳に装着しやすくなり、より安定した装着感を実現します。
●2種類の硬さのシリコンゴムに独自開発のシリコンフォームを組み合わせたトリプルコンフォートイヤーピース6サイズに、ハイブリッドイヤーピース7サイズを加えた計13種類のイヤーピースを付属します。耳の穴に最適な大きさのイヤーピースを使うことで、遮音性能と装着性の双方を高められます。

 

ソニー商品詳細ページ

ソニー最高峰インイヤーステレオヘッドホン
IER-Z1R
ソニーストア価格:199,880円+税
(2019年3
月23日発売)先行予約販売中 『IER-Z1R』商品詳細情報

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます

紹介した「IER-Z1R」は、3月6日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。

ソニーストア直営店舗で展示中!
当店 サンエイのショップコード [2174001]を伝えて
「IER-Z1R」を実際に体験してください。※購入もできます。

 

 

 

Pocket

https://www.sanei.ne.jp/wp-content/uploads/2019/03/image.gifhttps://www.sanei.ne.jp/wp-content/uploads/2019/03/image-70x70.gifkonishiヘッドフォン新製品、注目商品ヘッドホン  ソニーが誇るオーディオ機器の最高峰Signature Series。 そのラインアップに、ついに待望のプレミアムイヤホン「IER-Z1R」が誕生、孤高のフラッグシップ。   海外のみなさんのレビュー 2019年5月29日現在 レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  これは超スゴイ! 詳細には触れませんが、これまで私が参考にしてきた評価基準、順不同です。 エティモティックスER4P エティモティックスER4XR グラードRS1 UE10プロ UE11プロ Senn HD800 Senn HD820 JH13プロ AKG K701 シュアーKSE1500 シュアーSE535 シュアーSE846 ソニー・XBA Z5 ソニー・MDR Z7 ソニー・MDR Z1R ウェストンW80 今のところ、無数の情報源は除外します。 そう、IER-Z1Rは超スゴイ、オーディオの完全性を求める私の探求の頂点です......。今のところ。 それらは特別な機会のために取っておくのが一番です......。 静かな暖かな環境でのリスニング・セッションとワイン・ボトルは必須です。 私は今でもUE10Pro、UE11Pro、W80、MDR-Z1Rを所有しています。 現在の私のソースはSony TH-ZH1ESとFiiOQ5(まもなくQ5Sにアップグレード)です。 私の考えでは、W80は究極の万能プレーヤーであり、IER-Z1Rはクリティカルリスニング(感覚的でなく分析的な傾聴?)用です。 2019-05-10   1.異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」   2.今までにないような音の分離感を実現する、新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」   3.ハウジング素材にジルコニウム合金、フェイスプレートにペルラージュ加工を採用 4.プロ向け音響機器を生産する国内工場で製造し、高い組み立て精度と高品質を実現 多くのレコーディングスタジオで使われているコンデンサーマイクロホンやモニターヘッドホンなど、プロフェッショナル向け音響機器を長年にわたり生産しているソニー・太陽で製造しています。プロ用製品で培われた品質管理の下、熟練作業者による手作業でひとつひとつ丁寧に組み立てられ、厳しい検査をパスした商品を出荷しています。   5.その他の特長 ●各ドライバーユニットが再生する周波数帯域を定義するネットワーク回路に、音質に優れるフィルムコンデンサーを採用。振動や電気的な干渉を限界まで抑えることで、繊細で伸びのある高音を実現します。 ●付属のヘッドホンケーブルは、銀コートOFC(無酸素銅)線とツイストペア構造を採用することで伝送ロスを最小限に抑え、スケール感のある解像度の高い高音質を実現。さらにタッチノイズを軽減するためシルクを編み込んでいます。 ●Φ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルを付属します。柔らかく耳の形に沿うようにカーブした新開発のプリフォームドイヤーハンガーで、素早く耳に装着しやすくなり、より安定した装着感を実現します。 ●2種類の硬さのシリコンゴムに独自開発のシリコンフォームを組み合わせたトリプルコンフォートイヤーピース6サイズに、ハイブリッドイヤーピース7サイズを加えた計13種類のイヤーピースを付属します。耳の穴に最適な大きさのイヤーピースを使うことで、遮音性能と装着性の双方を高められます。   ソニー商品詳細ページ ソニー最高峰インイヤーステレオヘッドホン IER-Z1R ソニーストア価格:199,880円+税 (2019年3月23日発売)   My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます! 新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。 新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。 なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。   ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます 紹介した「IER-Z1R」は、3月6日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。 ソニーストア直営店舗で展示中! 当店 サンエイのショップコード を伝えて 「IER-Z1R」を実際に体験してください。※購入もできます。      大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします