ILCE-6100(α6100)海外のレビュー「ソフトウェアに苦労しています」

2020年6月5日オーディオ, デジタル一眼カメラ

「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」に対応した小型・軽量一眼 APS-Cカメラ

ソニー直販ストア

海外のみなさんのレビュー


2020年6月5日現在

このページのレビューです 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


複雑なソニーのカメラですべてを頭に叩き込むのは簡単じゃない、初心者にはたまらないでしょう。

このカメラをどう思うかは、おそらくあなたの 「写真家」 のステータスと大いに関係しています。
おそらくあなたはプロで、ある目的のために低レベルのカメラを必要としているのでしょう。
プロかセミプロかホビイストで、同じようなカメラを買い替えようとしているのかもしれない。
あるいは、家族写真を撮るのが当たり前で、カメラの品質を上げたいと思っている人もいるかもしれない。

私はこれに3番目のカテゴリーからしかアプローチです。
キヤノンやソニーのコンデジを愛用してきましたが、マニュアルで露出を調整したり、パノラマなどのエフェクトを使ったり、タイマーを使ったりと、いろいろな補助機能を使いこなすことができました。

なので、このSony Alpha 6100を試す機会を得たことは、とても刺激的でした。
レビューするためにしばらく持っていましたが、残念ながら深く掘り下げる時間がありませんでした。
なぜでしょうか。
メニュー項目を数えてみると、30のメニュー画面と90以上の個別メニュー項目があり、私が所有しているシンプルなカメラでできることは何でもできます。
つまり、私のカテゴリーに属する人は、このカメラを学ぶことを、小さなコミュニティーカレッジのコースのように扱う必要があるということです。
時間をかける必要があります。

私はそれを始めたのですが、今の私の考えをレビューにまとめたいと思いました。
私にとって重要なのは、ほとんど試行錯誤することなく基本的な機能をすべて使用できることです。
この小さな黒い物体は、私が慣れ親しんでいるものよりずっと重いが、扱いやすく、右手には質感のあるグリップがついています。
もっと複雑な設定に飛び込もうとすると、どうしてもうまくいきません。
少々イライラするが、明らかに 「ユーザーエラー」 です。

私の持っている他のカメラに勝る直接的な利点は、タッチスクリーン、ユーザーがいつ目を上げているかを認識するスマートなビューファインダー、セルフィーを可能にし、カメラを高く上げたまま何かを撮影し、どのような画像が得られているかを見ることができる折りたたみ式のスクリーン、特別なローアングル撮影をするために地面に横たわらずに低い位置に置くことができることなどです。
ズームイン/ズームアウト用のレンズチューブのダイアルと「パワーズーム」スライダが気に入りました。

今のところ、基本的な機能で唯一不満なのは、私が撮った写真を拡大する方法がわからないことです…ズームオプションは1つしかないようで、それは非常に近くで拡大します…これは設定で調整できるかもしれません…私はそう願っています。
私はいつもこの機能をCanonのポイントで使っていて、自分が撮った写真を見たり、ズームインしたりするときに撮っています。

上で述べた最初の2つのグループのいずれかに属している人は、おそらく本物のツールのように聞こえます。
技術的なことであれば、メーカーやアマゾンのページに関連するスペックがすべて記載されている限り、購入者に検討を任せます。

私はまだこのカメラを使うには長い道のりがあり、そうすることにワクワクしています。 2020-05-30


このカメラは買わないで

ストレスフリーのプロセスをご希望の方は、ご自身でお願いし、代わりにキャノンをご購入ください!
canonアップグレードプログラムでM6 mark iiを入手しました。
このカメラは200ドルのカメラと写真、タッチスクリーンのようで、すべてが標準以下でした。
二度とこのような間違いをしない 2020-05-29


使うのが待ちきれない

ハイキングやバックパックの時に持ち歩くのに軽量カメラが必要だったので購入しました。
私はシグマ35アートまたは大きなオール24-70 Lのキャノン6 Dを持っています。
シャープで、私が撮影するであろう色と風景をしっかり捉えながら、フロントポーチに入れて持ち運べるものが欲しかったのです。
これまでのところ、これはよくできていると感じています。
キットレンズを外して、広角撮影用のロキノン12 mmマニュアルフォーカスを購入しました。
それを持って出かけたら、また更新します。 2020-05-25


うまくいきません、多分欠陥がある。

このカメラはどんな環境でもきれいに撮れませんでした。
メニューは使いにくいです。
シャッター音が野生動物の撮影には大きすぎます。 2020-05-23
※サイレント撮影は可能です、最高約8コマ/秒連写にも対応したサイレント撮影も!


素晴らしいカメラ

これは素晴らしいスターターカメラです!
友人たちは何年も前から私にソニーのAPSCシリーズを試してみるよう勧めてくれていましたが、ついに昨年末に購入しました。
初代ぼα6000を購入したのですが、スペックを見てα6100にアップグレードしました。
今までのところ、私はこのカメラを気に入っています。
キットレンズはやめて、もっと高級なレンズを買うことをお勧めしますが、こんなに手頃な価格のカメラの画質には感心しました。
写真を撮っているときにタッチスクリーンをうっかり触ることがあると言う人もいますが、私はそれを全く経験したことがなく、スクリーンを使って素早くフォーカスを変えることができるのがとても気に入っています。
全体的に印象的で、間違いなくこのモデルをお勧めします。 2020-05-19


素晴らしいフルフレームカメラ ※APS-Cフォーマットです!

ニコンの古い一眼レフの後継機として購入しました。
写真はシャープで、4K動画にも対応しており、オートフォーカスも素晴らしいです。
全体として、4Kビデオをやりたい人で、お金を使いたくないという人には最適な選択です。 2020-05-17


購入者への注意

このカメラはDataVision Computer Video(店舗名)から購入しないでください。
30日間の返品期間内にカメラが返品されたにもかかわらず、彼らは20%の返品手数料 ($200) を請求しました。
また、カメラの機能と画質も気に入らなかった。 2020-05-15


ソニーα6100最高

最高の低価格カメラ!
ソニーのα6400とほぼ同じです。
Sony α6600ともほぼ同じですが、手振れ補正がないのとバッテリー寿命が短いです。
このソニーのα6100も無制限に録画できます。
30分間の録画制限はありません。 2020-05-13


超高速オートフォーカス!

子供のいるご家庭に最適なカメラで、前世代に比べてオートフォーカスが非常に高速です。
写真愛好家に必要な設定はすべて揃っています。
ビューアーは完璧ではなく、解像度も小さいですが、お金を稼がなくても全く気になりません。 2020-05-08


5

良い 2020-05-07


特殊なアクセサリーが多すぎます

カメラは問題ないと思いますが、500ドルを追加せずに出来ることは限られています。
標準的ではありません。何もありません。
電源ケーブル、USB、ノー、ソニーは特別、簡単な標準的なマイクを接続できると考えます、ノーー!
私は4つ試しましたが、3つは動作せず、1つは片耳だけにモノラルサウンドを録音します。※3.5mmステレオミニジャックです
三脚用標準的なネジ、いいえ、コンバータリングを購入する必要がありました。
別のカメラからフラッシュカードを移動しようとしましたが、…ノー、カメラが受け入れるまでカードを再フォーマットするのに2時間かかりました。
仕様がよくない…. マルチ入力とはどういう意味ですか??????
つまり、何時間もsonyのウェブページを見て回ったり、電話をかけたり、使えるかもしれないような特別なものを買ったりする必要があります。
近寄らないで、返品するつもりです。 2020-05-05
※α6100の付属品は以下の通りです
リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50、ACアダプター AC-UUD12、ショルダーストラップ、ボディキャップ 、アイピースカップ、マイクロUSBケーブル


価値があります

私は2015年からSonyのミラーレスを使っています。
Sony α6000シリーズのコンパクトなサイズが大好きで、このカメラはお買い得です。
日常的に使っている動画用のカメラで、私が録るものはすべて処理されています。
雨や雪や風の中で撮影することが多く、ソニーα6100は毎回ホールド感があります。
レビューでは、機能の評価を求められ、Touch Screenは選択肢の1つでした。
私はタッチスクリーンは好きではありません。
なぜなら、スクリーンをめくったときに少し面倒で、うっかりタッチしてしまって、ロックされて、希望しない部分にフォーカスされてしまうからです。
それはキャンセルできますが、唯一の不満です。
ある人はこれが役に立つと言いました。 2020-04-28


優れたフォーカス速度と素晴らしい写真品質ですが、メニューは煩雑でレンズは平凡です。

ソニーのα6100 ミラーレスは良くできている。
このカメラは主にプラスチックでできていますが、使用されている材料は高品質で、よく組み立てられており、使用時にボタンやノブが滑らかでポジティブに感じられます。
バッテリー、充電ケーブル、ショルダーストラップ、ビューファインダー用のアイカップが付属します。

コンパクトでカメラを持ち歩くのが簡単で、特に16-50倍の小さなズームレンズを持っている。
軽量で一日中持ち歩くのも簡単です。
しかし、一度望遠レンズを装着すると、従来のデジタル一眼レフカメラと同じように持ち運びが面倒で重くなります。

このカメラのグリップはゴム製で、私の手によくフィットします。
すべてのボタンがカメラの右側に集まっているので、親指で簡単に操作できます。
ほとんどのボタンは、好みの機能を制御するようにカスタマイズできますが、どちらがどちらかを覚えておく必要があります。
コントロールのレイアウトは問題なく、全般的に使いやすいと思います。しかし、メニューシステムはもっと煩雑です。
これは長くて手ごわいメニューで、ほとんどの項目は機能別にグループ化されていますが、マニュアルを読まないと項目の名前を理解するのが難しいかもしれません。
撮影時にメニューのナビゲーションを有機的にするには少し練習が必要です。
キヤノンや富士のカメラを使ってみて、使いやすさを実感しました。

α6100のフォーカス速度と精度は非常に優れています。
私はとても活発な2歳の子供がいて、連続オートフォーカス、連続撮影、トラッキングオートフォーカスのためにカメラをセットアップすると、それは私の息子にフォーカスを保つ素晴らしい仕事をします。
すべての写真がジャスピンに撮れるわけではないが、大半はプリントアウトやオンラインでの共有に適しています。
静止した被写体の場合、焦点速度は模範的であり、99%の時間で適切なフォーカスです。

写真の質は素晴らしく、小さなセンサーカメラからのステップアップで、特に携帯電話よりも格段に優れています。
RAW形式で撮影した画像をAdobe Lightroomで編集しています。
色は正確で満ちていると思いますが、最上級ではありません。
ホワイトバランスは信頼できます。ダイナミックレンジは非常に優れており、失われたハイライトとシャドウのディテールを多く復元できます。
ノイズレベルが非常に低いです。
ISO 4000までなら安心して撮影できます。
ISO感度を上げることもできますが、ノイズとディテールのバランスを取るためには、より細かな調整が必要です。
私の持っている1インチセンサーのSony RX100Ⅵと比較すると、α6100ではずっと速いISOスピードで撮影することができます。
また、センサーが大きいので、背景をより多くぼかして撮影することができ、控えめなスペックのキットレンズを持っていても、被写体をよりポップに撮影することができます。
小さな内蔵フラッシュは、近くの被写体やフィルフラッシュとしても機能します。

キットレンズはまずまずです。
コンパクトでよくできています。
また、素早く正確に焦点を合わせることができますが、最もシャープではありません、真にシャープになるにはf/6程度まで下げる必要があります。
私はこのカメラ何ができるのかを知るための単焦点レンズを手に入れるのを楽しみにしています。

カメラ背面のスクリーンはかなりシャープで明るいです。
スクリーンが傾いたり、反転して自撮りもできます。
私は太陽の下で撮影するときは屋外設定を使う必要があります。※-2 ~+2の範囲で明るさを選択できます。
ありがたいことに、このカメラには電子ビューファインダーも搭載されています。
明るくシャープで、カメラは自動的にその2つを切り替えます。

バッテリーはカメラ内で充電され、充電完了までに数時間かかります。
バッテリーの持ちは素晴らしいですし、バッテリーの持ちをパーセンテージで表示してくれるのはありがたいです。
携帯用バッテリーパックでも充電できます。※給電しながら操作や撮影もできます

カメラはBluetoothとWi-Fiを使ってスマートフォンに接続でき、コンパニオンアプリをダウンロードできまする。
シンプルなアプリなので使いにくいかもしれませんが、iOS 13を搭載したiPhone XRなら問題なく使えます。
カメラをリモートでコントロールしたり、写真を携帯に転送したり、写真に位置データのタグを付けたりできます。 2020-04-12


ソニー6100

カメラは期待通りのものでした。
高品質のイメージ。
メニューは少し退屈ですが、扱いやすいです。
低解像度での問題が見つからない。
オートフォーカスのスピードをお楽しみください。
私はLシリーズのレンズを使用した5Dmk3のキヤノンのカメラを長年愛用していますが、街角での撮影にはこのソニーのカメラが気に入っていますし、もう少し控えめにしたいところです。 2020-03-11


素晴らしいオートフォーカス、素晴らしい4K動画と画質、すごい数のレンズの利用可能。

私は決して写真家ではありません。
15年ほど前に本気で上達したいと思ったときに、ペンタックスの一眼レフを手に入れました。
最近ソニーを手にするまで使っていました。
ということは、私にとってはかなりのアップグレードですね。
α6100の心臓部は、新しい24.2メガピクセルのExmor CMOSイメージセンサと、α6600カメラと同じ新世代のBIONZ Xプロセッサが搭載されていることです。
私にとってα6100の一番便利な点は、APS-Cでもフルフレームモデルでも、ソニーのミラーレス機と同じEマウントを使っていることです。
つまり、Sonyの54種の自社製レンズに加えて、Sigma、Tamron、Zeissなどのサードパーティーのレンズも利用できることです。

コントロールは非常によくレイアウトされており、シンプルです。
専用モードダイヤル、デュアルコントロールダイヤル、2つのカスタムボタンがあります。
内蔵フラッシュ -α6600から削除されたものーと、外付けフラッシュを取り付けるための標準的なホットシューがあります。
4K動画が撮れることは、私にとって大きなアップグレードであり、それが作り出す動画は素晴らしい。
とはいえ、Movie Recordボタンは親指のグリップの右端にはめ込まれていて、ほとんど手が届かない。
カメラの左側にUSB、HDMI、およびマイクポートがありますが、ヘッドフォンジャックはありません。
バッテリとメモリカードは、カメラ下部の区画を共有します。
バッテリーの容量は380ショットです。
バッテリーが切れるほど十分に撮ったことはありません。
バッテリーはカメラに内蔵されているので、古いPentexのように取り外し可能なバッテリーを交換することはできません。

JPGの画質は素晴らしく、非常に豊かで深みのある画像が得られます。
画質も素晴らしいです。カメラに内蔵されている液晶画面は、撮影した写真を正しく表示しないが、自撮りをしようとしている場合や、スタンドからタイマーで撮影する場合には、180度回転します。
距離計は非常に良く、非常にクリアで、おそらくソニーはどのカメラでも最高のオートフォーカスを持っています。
それは私のようなアマチュアには重要です。 2020-03-08


これを贈り物として購入…

今の元恋人(妻?)のためにこのカメラを買いました。
彼女は古いバージョンを要求していましたが、バージョンが4Kで記録されないことに気付いたので、代わりにこのモデルにしました。
彼女はそれに満足していると思います。 2020-03-07


欠点のある素晴らしいカメラ

私はプロの写真家ではありません。
私の経験は、何も調整したり編集しないスマホでの写真です。
このカメラは写真の世界への偉大な入門であった。
最も助けになるのは、素晴らしいオートフォーカスで、ほぼ瞬時に作動します。
品質は予想通りで、最初は、カメラのより良い使い方や、私が手に入れたすべての機能についてのオンラインチュートリアルを見た後では、スマートフォンのカメラよりも良いとは思えなかったが、はるかに良い写真を手に入れていました。
しかし、このプロセスは、このカメラに対する私の唯一の不満でもあります。
メニューは非常に使いづらく、非常にルーズに整理されていて直感的に使えないので、設定を見つけるのはちょっと大変です。
しかし、最大の問題は、多くのメニューでは何らかの理由でタッチスクリーンを使用できないことです。
そうすれば、処理がずっと簡単になり、必要な時間が大幅に短縮されます。
それ以外はとても楽しめましたし、これからも素晴らしい写真が撮れることを楽しみにしています。 2020-03-05


素晴らしい

このカメラは素晴らしい、コンパクト、エレガント、軽量、パワフル、そして多機能です。
このカメラはLCDタッチスクリーンで多くの機能があり、ビデオ/クリップを録画することもできますが、写真を撮るには最高です。
全体的に素晴らしいカメラです。 2020-02-17


ハッピー

このカメラが大好きです。カメラとしては最高だ。もちろん最高ではありませんが、本当に仕事をこなしてくれます。そして、私はそれに付属しているアプリとビルトインのwifiが大好きです。カメラから携帯電話への写真の転送が非常に簡単になりました+携帯電話のアプリからカメラを制御できるので、一人で写真を撮るのも簡単です!


写真を撮る

私は写真を撮るのが好きで、可能な限り最高の金銭的決断をするのが好きです。
高品質の写真を撮るのは経済的に大変なことなので、ソニーの製品ラインアップの中で品質を比較することに多くの時間を費やしてきました。
私の意見では、α6100はすべてのブランドの中で品質と費用対効果が最高です。
もっと良いものがありますか、もちろん。
しかし、α6100の品質を超えると、消費する金額の割合が品質の割合に比べて劇的に増加し始め、フルフレームセンサーに移行すると、大いに跳ね上がり始める。
a6100とその機能を見ると、全カメラの上位20%に入ることができますし、意見にもよりますが、全カメラの上位10%に入ることができます。
とはいえ、品質を10%から20%向上させるためには、a6100よりも300%、あるいは600%高く払いたいとお考えですか?
真のプロフェッショナルの観点からすると、このような多額のコストをかけて改善を進める価値はあります。
私のように写真を撮るのが好きな人にとって、α6100は高品質のスイートスポットであり、コストパフォーマンスが高く、しばらくの間、将来においても有効に使い続けられます。 2020-01-16


ミラーレスカメラには最高の選択だがアプリは弱い

ソニーのα6100は、レンズ交換機能付きのミラーレスデジタルカメラです。非常にコンパクトで、一般的なデジタル一眼レフカメラよりもはるかに小さく、Canon PowerShotsやライカのようなレンジファインダーカメラのサイズに近い。
一眼レフのミラーはレンズを通して見ることができ、センサーに光を当てます(昔の映画のように)ミラーがないということは動作が静かで、振動が少ないことを意味します(何も動いていない)。
ところで、このカメラには音がありますので、一眼レフのスナップよりも静かで、古いフィルムの一眼レフよりもずっと静かですが、それでも音がします(ステルスをお望みの方のために)。

このカメラには感動的に明るいファインダーがついている。
だから、レンズの中に何があるかを見る能力を向上させるカメラを探しているなら、真剣に検討すべきことだ。
背面ディスプレイもあり、画像アプリからスマートフォンを使用することを選択することもできます。(しかし、あまり良いアプリではない。)
背面ディスプレイを折りたたんでみると少々かさばるのですが、カメラの薄さはそのままです。
内蔵された小さなフラッシュがあります。
アクセサリーフラッシュ用ホットシュー。

Sony α6100は、3840×2160の最高解像度を備え、MPEG-4、XAVC S、またはH .264形式でファイルを保存できるビデオカメラでもあります。
Tしたがって、現在利用可能な最高解像度である4K(ウルトラHD)ビデオを作成できます。

内蔵マイクとモノラルスピーカーがあり、(より良い)外部マイク用のポートが付いています。

旧型のデジタル一眼レフカメラはWi-Fiへの接続が限られているか、そうでないかのどちらかだが、新型のデジタル一眼レフカメラはCanon T7iのようにWi-Fi機能を備えている。
このミラーレスカメラには、Bluetooth、Wi-Fi、そしてあなたの電話に接続するための様々な方法を備えたワイヤレスが内蔵されています。
NFC方式を試してみたのですが、うまくいきませんでした(スマートフォンでNFCを有効にし、アプリを起動し、カメラの電源を入れてタッチする。
これは私にはphone to phoneで動作しますが、ソニーでは動作しませんでした。)が、QRコードをスキャンすることで接続できました。
ナビゲーションボタンを使用してWi-Fiパスワードを入力し、文字をスクロールすることもできます(扱いにくい)。

携帯電話をビュースクリーンとして使用していない場合でも、リモコンとして使用して、カメラ設定の変更、タイマーの設定、シャッターの解除、LCDスクリーンの表示、ファイルの転送を行うことができます。
これはビデオを使うときに便利だと思います。

このアプリは「イメージングエッジモバイル」です。
ファイルを転送するのは面倒で、接続は維持されず、ファイルを転送するには接続する必要があり、NFC機能は不安定です。
問題を抱えているのは私だけではありません。
それはこのカメラでは群を抜いて最も弱いリンクだ。
実際、私はこのアプリが嫌いです。

画像は素晴らしく、フォーマット(小型でコンパクトな)は非常に便利です。
レンズは交換できます。
これは撮影のために考えられる最もコンパクトなキットに収まります–率直に言って、あなたのアクセサリー(三脚、マイク、フラッシュ)は、場所を取るでしょ。
しかし、アプリは標準以下だ。
そして、それは親切です。
私はこのアプリのためにポイントを外しています。
何人か有能なソフトウェア設計者を呼んできてください。
さあ。ソニーです。本当に!

HDMIポートもある。

カメラにはバッテリー充電用のACアダプターとUSBケーブルが付属しており、バッテリーは1本です。
約400枚の撮影が可能なので、充電のためのバッテリーを追加したり、サードパーティー製の充電器があると便利です。
このキットは付属していませんが、すぐに購入することをお勧めします。

レンズやフィルターを追加購入することもできます;サイズは40.5 mmです。
注意: LENS CAPです。ちっちゃいです。
ストラップとカメラのストラップをつなぐスティックタイプのキャップリード(細いストラップが付属しています)を手に入れてください。
そうしないと、10分ほどのブラシでこのキャップをなくしてしまいます。
または、「不注意の人」の場合はなくなります。

概要: 明るい、シャープ、ミラーレス、エントリーレベルのミラーレスデジタルカメラで、接続性に優れています。
平凡なアプリ(ため息)。
他のレンズとセットで購入できる場合には特に良い選択肢です。 

基本仕様:
4MP-APS-C CMOSセンサー
ISO100-32000
3傾斜スクリーン
1440Kドット電子ビューファインダー
11.0 fps連続撮影
4K-3840×2160のビデオ解像度
120高速ビデオ
内蔵ワイヤレス
396g。120x67x59mm 2020-01-12


オートフォーカス機能の大幅な強化

a6000とは一線を画す優れたフォーカス機能。
連続撮影した写真をカメラにまとめると、イメージの確認に役立ちます。
間隔機能は天体写真にも役立ちます 2020-01-10


Sony α6100は非常に用途の広いカメラです!

これはα6000のアップグレードバージョンです。 2020-01-05


α6000の究極のアップグレード

私はこれを古いα6000のアップグレードとして購入しましたが、UX(体験)と品質の両方の違いを表現する言葉がありません、カメラはほぼ完璧です(唯一の欠点は、耐候性がないことです..)
このカメラと50mm f 1.8で撮影したサンプル写真を加えました。
その価格帯のカメラではこれ以上は望めません。 2019-12-27


アルファ6100の恐ろしい電子ビューファインダー

電子ビューファインダーはガラクタです。
バッテリーを節約したり、他の場所を見て構図を決めたりするために使うつもりですが、大きな画面をずっと見ているつもりなら、これを買うべきです。
Cannon M6Mark ii、Sony A6400、Fujifilm XT-30はいずれも、わずかな価格差で優れたファインダーを備えています。
オートフォーカスは素晴らしいし、キットレンズを使い続けるカジュアルユーザーにはお得です。
しかし、最近のほとんどのカメラのオートフォーカスは非常に優れていて、私はめったに文句を言わなくてもよいです。

ソニーは、APS-C形式よりもはるかに多くのフル・フレーム製品を提供しています。
Sigmaなどがソニーの製品ラインアップのギャップを埋めようとしているのは事実ですが、同社がAPS-C用のレンズの完全なラインアップを持っているのかAPS-Cカメラのファームウェア・アップデート、ソフトウェア・アップデート、カメラボディの扱いはどうなっているのだろうかと自問しなければなりません。
彼らの優先順位は明らかにフルフレームです。
カメラ本体はテクノロジーの進歩に合わせてアップデートされることを想定しているため、レンズのシステムを購入することを忘れないでください。
もしあなたが10個のソニーのレンズを持っていれば、あなたは彼らの製品を使い続ける強い動機があるので、あなたが選んだ会社に継続的な改善と開発の実績があることを確認してください。

私は親戚の好意からこれをもらいました。
正直なところ、私はJPEGのソニーのカラーサイエンスの方が好きです。
そうは言うものの、私はこの電子ビューファインダーと一緒には生きられないので、手放すつもりです。
カメラで必要なものと欲しいものを探して、その必要性に最も合ったシステムを調べることをお勧めします。
私は主に静止画撮影者で、画質を優先しています。
このため、私は富士に行きます。
なぜなら、XT-30は手頃な価格の高品質レンズの膨大なラインで私のニーズをより良く満たし、XF18-55キットレンズは市場で最高だと信じているからです。
主に動画撮影者で、α6100のビューファインダーの制限に耐えられるのであれば、お得かもしれません。
しかし、もしあなたがソニーに低価格で滞在するつもりなら、α6400にアップデートして、金属ボディ、ずっと良いEVF、その他いくつかの特典を手に入れることができます。

それにしても良いカメラですね。
ユーザーからの入力がほとんどないか、まったくない状態で、カメラから素晴らしい写真を取り出します。
メニューは少し複雑ですが、一度慣れてしまえば、慣れるのはそれほど難しくありません。
アーチファクトやノイズが少なく、暗い場所でも問題ありません。
このレビューの時点でのα6100は約$750で、これは技術的に上で述べた他のカメラと比べられないことを意味します。
直接競合しているのは、Fuji X-A7とCannon m200で、どちらもファインダーを搭載していません。
ですから、公平に見て、「ガラクタのビューファインダー」を搭載しているのでこれを「5つ星」に関連させることはできません。
同時に、このカメラの良さは実現できないレンズの状況を考慮すると「1つ星」をマイナスしたいと思います。

価格に敏感な購入者にとっては、これは非常にお得で簡単に5つ星です。α6400またはα6600は、少し現金が増え、ソニーのシステムを使い続けたいという願望があれば、より優れた価値提案になります。 2019-12-22


オーバーヒート

20分以上の動画撮影が必要になった場合は、動画撮影用に購入しないでください。
オーバーヒートしてシャットダウン!
これは私のビデオ撮影をひどく混乱させた。
返品します。 2019-12-21


足りていない

このカメラは弱光が苦手です、手ぶれ補正機能がありません。
このモデルは使用しないでください。
上記のレビューだけ、以上です。 2019-12-17


ひどいサービス

プレゼント用に購入したらレンズが不良品でした。
テクニカルサポートに連絡したところ、非常に高額な修理費用を支払わなければなりませんでした。
修理を手伝ってもらうのにいくらかかりましたか。
それとも支払いを手伝ってくれますか?
悔しい!
この会社では買いません。 2019-12-09


ピクチャープロファイルがありません。ナチュラルプロファイルも

このカメラは、ビデオ撮影者やYouTubeコンテンツ作成者向けではありません。
マイナス2つ星の理由は、ソニーα6100にはピクチャープロファイルが付属しておらず、ナチュラルピクチャープロファイルも付属していないからです。
私の古いSony α6000はナチュラルプロファイルです。
sonyがなぜこのオプションを削除したのかはわかりません。
このオプションはファームウェアアップデートでアップデートする必要があります。
全体的にSony α6100は4Kと1080pのビデオを撮影するのに最適なカメラです。
Sonyさんピクチャープロフィールを返してください。 2019-12-04


今日市販されている万能のカメラの中で最高かもしれない

ソニーのα6100は私が今まで使った中で最高のファミリーカメラです。
シンプルで効果的なオートフォーカスシステム、優れたRaw品質、タッチスクリーン。
生活のユニークな瞬間を簡単に撮影できるカメラは他にありません。

私が好きなもの
測光・フォーカス精度
画質(RAW)
低光量/高ISO性能
ムービー/ビデオモード
全体的な価値

改善すべき点:
ファインダー
人間工学とハンドリング 2019-12-02


素晴らしいカメラですが、ソニーはまだソフトウェアに苦労しています

私はこのカメラを3日間ずっと使ったいて、今のところ気に入っているものがたくさんあります。
16-50キットレンズのα6100とSigma30/f1.4レンズも購入しました。
私には学ぶべきことがたくさんありますが、今のところ、利用できる機能やカスタマイズオプションの数には感心しています。
このモデルを選んだ理由はいくつかあります。
-予算に合う(かろうじて)
-素晴らしいオートフォーカス
-外部マイクポート
-カメラ内部で充電できるので、必要に応じて外付けのバッテリーパックを使うことができます。
-非常に扱いやすいサイズ
-αシリーズはとても人気があるので、このカメラを使うためのたくさんのオンラインチュートリアルとガイドがあります。
-BluetoothおよびWiFiの接続性

では、なぜ星が4つしかないのでしょうか?
簡単に言えば、iPhone用のImaging Edge Mobileアプリは非常に苛立たしいです。
ソニーは素晴らしいハードウェアを作っているが、使いやすいソフトウェアやアプリを作ることに関しては、彼らの顔に泥を塗ります。
Imaging Edge Mobileは、ソニーがアプリをデザインする際にユーザーの経験を考慮できないことを示す教科書の一例であり、UI/UX(使いやすさ/経験)デザイナーではなくハードウェアエンジニアが作ったことは明らかです。
もしアプリが意図した通りに動作していれば、それは受け入れられますが。
写真を転送するためのWiFiの設定は非常にややこしく、文書化も不十分だが、少なくともうまくいきます。
写真にジオタグ(iPhone XRを位置情報のソースとして使用する)を付けるためのBluetooth接続は完全に失敗しました。
α6100カメラは一度携帯にペアリングするとしばらくは動くが、次にカメラを使うとBluetooth接続が切れて再接続できません。
アプリやカメラの設定をいじるだけでは何の役にも立たないようです。
私の唯一の選択肢は、アプリをアンインストールし、再インストールして、最初から設定し直すことです。
Sony Imaging Edge Mobileアプリが失敗したので、写真にジオタグを付ける新しい方法を見つけなければならなくなりました。

その結果、Amazonでのa6100の最初のレビューは、少々否定的なレビューになっています。
私の意見では、これは5つ星カメラと1つ星モバイルアプリです。
ジオタギング(位置情報を含めた追加情報を入れる)とモバイルアプリがあなたにとって優先事項でないなら、あなたはこのカメラに満足するでしょう。
しかし、写真にジオタグを付けたければ、別の選択肢を探す必要があるかも。 2019-11-28


 

 

α6100の特徴

  どんな機能?
リアルタイム瞳AF シャッター半押しで瞳を検出してピントを合わし続けくれるので安心してシャッターを切れるのでポートレートですごくキレイな写真が撮れます。
合わせたい瞳の左右も選べます。

動物の瞳も検出できるのでペットの撮影に最適ですよ。
※すべての動物がOKではありません、動画撮影中は、瞳AFは使用できません

リアルタイムトラッキング 世界最速0.02秒のAF速度で、で画面全体の84%の範囲で狙う被写体をロックオンします。

動き回る被写体にシャッターを半押しかモニター上でタッチするだけでフォーカスを合わせ続けます。後はカメラ任せでピントOK!

サイレント撮影 シャッター音なしの撮影は動物や人物撮影で「カシャッ」という音で気を散らすことなく自然な撮影が出来ます。
子猫の寝姿ってたまらんですねー

しかも、α6100は最大1秒間に8コマをシャッターノイズなしで連続撮影できます。
チルト可動式液晶モニター 自撮りが簡単に

ローアングル撮影に

4Kムービー録画 4K(3840×2160)の記録に必要な情報の2.4倍の情報を処理して美しい動画を産み出します。
薄暗い条件で強い 高感度の撮影が必要なくらい条件できれいな画像が生成されます。
本体(ボディ) 約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 59.4 (奥行き)mm
約396g(バッテリー、メモリーカード込みの重さ)

 

α6600とα6100の違い

 

ソニーストアでの購入・商品詳細ページ

小型・軽量一眼カメラ「α6100」
ILCE-6100 NEW 
ソニーストア価格:89,900円+税~
(2019年11月8日現在)

 

 

ソニーストアで一眼カメラを購入すると
ぜひMy Sony IDの登録をお願します

メーカー直販サイトなので安心です

カメラの不備・新品不良などに対する安心感があります。

 

ソニーストアなら「長期保証<3年ベーシック>」が無償で提供されます
ソニーストア長期保証の詳細

通常1年間のメーカー保証書の保証内容相当を無償で3年に延長できる「長期保証<3年ベーシック>」が添付されます。

 

ソニーストアなら「長期保証<ワイド>」に加入できます


ソニーストアでは、カメラの故障に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けるられる「長期保証<ワイド>」がオススメです。
5年または3年の2つの保障期間から選択できます。
また、1年間のメーカー保証と同等の内容を、3年または5年に延長できる「長期保証<ベーシック>」もお選びいただけます。
※「長期保証<3年ベーシック>」は無償でのご提供です。その他の長期保証もキャンペーンなどにより無料となる場合があります

 

My Sony ID ご登録でカメラ・レンズが10%OFF
My Sony IDの登録はコチラ


My Sony IDを新規登録すると、自動的に登録したIDにプレゼントされます。さらにMy Sony IDをお持ちの方には年2回ソニーストアの割引率クーポンがプレゼントされます。
※はじめてソニーストアで購入の方も登録すれば10%offで購入できます

 

αあんしんプログラム
αあんしんプログラム入会申し込みはコチラ


高価なカメラ本体、高価なレンズをお持ちの方に「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。

入会すると「レンズ長期保証カメラ本体、レンズをお持ちのお客様に「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。

「レンズ長期保証3年<ワイド>無料/5年<ワイド>50%OFF」、「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、会員様限定の特典が受けられます。

αオーナー向けサービスで、よりあんしん・快適なカメラライフがサポートされます。

無料/5年<ワイド>50%OFF」、「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」などの会員限定の特典も受けられます。
αオーナー向けサービスで、よりあんしん・快適なカメラライフがサポートされます。

 

その他のメリット

●分割クレジット手数料 0% ※手数料は予告なく変更となる場合があります
●残価設定クレジット
●下取りサービス
●製品登録でアップデートなど有益な使いこなし方法やオーナー限定のキャンペーンの情報のお届け

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目を通して下さい

 

 

2020年6月5日オーディオ, デジタル一眼カメラ

Posted by konishi