Pocket

 

圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジ、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正

α7sm2

ソニーデジタル一眼カメラ α7SⅡ ボディ ILCE-7SM2

高感度・広いダイナミックレンジを実現、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ

 

国際宇宙ステーション船外で、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功!

 

α7SⅡ(α7Sm2、ILCE-7SM2)の皆さんの評価

出来る限り更新しています


2017年12月05日現在

このサイトの翻訳レビューです 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)
最後までスクロールすると「レビューのまとめ」があります。

 ケーブルがない

どのように交換を入手するか分からないが、これは購入に含まれているHDMIケーブルにマイクロHDMIなしで配送された。
私はそのアイテムを入手したいと思います。 2017-11-06


 専門家はいないはず…

ソニーのサービス会社であるPrecision Cameraが修理依頼の電話を返さない時、プロフェッショナルはソニーのこの素晴らしいカメラやカメラを使用しないでください。 2017-11-04


 惑星系で最悪のサポート!…

同様の悪い経験をするまで、悪いソニーのサービスについて聞いていました。
ありがたいことに、カメラはレンタルでした!
今、ソニーは間違った方向を見ています。
彼らは割増金のためのソニー認定のサービスを作成しようとしている – あなたは2-3個のソニーのフルフレームのボディと2-3のソニーのgmasterレンズを所有しなければならないことを意味し、これらの高価で簡単に壊れるおもちゃを所有するすべての人々を完全に無視します。
偉大な技術とゼロのサポートを持っているので、サッサとしなさいソニー。
あなたのテレビのブラビアと同じです – 私はあなたのソフトウェアチームに連絡することができた1ヶ月の電子メールの後で – 彼らは次のアップデートでバグが修正されると私に言いました – そして1年後、アップデートは来ました。
スグに店をたたんでください!! … 2017-10-30


 もし、キャノン80Dとこのカメラが赤ん坊を作ったならば…

私はこのカメラをほぼ1年間持っていました…そして、私はそれが好きだと言わなければなりません…私はそれを愛していません…しかし、私は本当にそれが好きです。

私は何かを撮影するのにカメラが必要な人間です。
フォーカスを素早く引き出す必要があります。被写体が動いているので、オートフォーカスが必要です。(私が厳密にビデオの使用を話していることを覚えておいてください)

私はCanonのカメラに慣れています…これは、より品質の良いビデオを撮れるフルフレームの4Kカメラだと思ってCanon 80Dからこれにスイッチしました、そして、ラン&ガン(臨機応変に撮る)のタイプのように感じと言えます、私は80Dでキャッチしたと思ったいくつかの瞬間をミスしました。

このカメラの長所
キヤノンのカメラよりもきれいできれいに見えます…疑問の余地がない。

4K撮影はアメージングです。素晴らしい。

カスタムボタン(いくつかは慣れ親しんでいます)が、私は常に変化するものを見つけるためにメニューを掘り起こす必要があります。

内部の手ブレ補正。とにかく私のカメラがジンバルに90%の時間乗っています。
でも、自分がジンバルを使って撮影することは少ないのに気がつきました、手持ち撮影している間に自分のイメージを安定させるのに素晴らしい仕事をしているからです。

その小型で軽量で、非常に耐久性があります。

明らかに低い光性能は素晴らしいです…しかし、正直言って、私は実際には低照度下ものさえ十分に撮影していません… 

私のこのカメラの短所は次のとおりです:
オートフォーカス(ビデオ中)それはOK …多くの人がワイドオートフォーカスモードで撮影すると言います…しかし、私はすべてに焦点を当てることを望んでいません…私はメーンの被写体が望みです。
80Dはタッチスクリーンでタップするのがとても簡単で、タッチした被写体を追跡してフォーカスを維持します。
このカメラはシネマカメラと比較されているので、私はショットを設定し、焦点を得る時間を取ることを意味していることを、しっかり理解しています…しかし、それは私が撮影する方法ではなく、このカメラの長所の80D以上を望んでいた私にとって十分ではありません 。

メモリプリセットを保存すると、メモリカードが消えます。
カメラにはさまざまな撮影モードがあり、設定にジャンプするのではなく、ダイヤルをロックします。
たとえば、プリセット1は4K @ 24fps、プリセット2は4K @ 30fpsになります… 6つのプリセットが保存されていると思いますが、その中にはオートフォーカスタイプ、ホワイトバランスなどが含まれています。
私は1枚のカードのスペースがなくなり、別のカードを入れました、明らかに(そして、これは私がそれを読んでいないという私のせいかもしれません)私のプリセットはすべて消えてしまいました…私はメニューに素早く、潜らなければなければならなかった、メモリカードを交換するとそのことを知ることができなくなってしまい…

これを行うだろう.. このカメラは、緑色/青みを帯びた色合いを追加します…簡単に色のグレーディング中に編集し、それは目立たないが、キヤノンは色に関してすべてのカメラを打払う… 

メニューはかなりややこしいです。

私はいつも私のCanonで使用していたAutoFocusトラッキングがあります…私はソニーでそれを一度も使ったことがないと正直に言うことができます…タッチスクリーンを持たないのは明らかに大きい要因です、なぜそれを使用しないのか…しかし、もう一つの理由は、それは恐ろしい全力で…トラッキングしている対象をほとんど失わずに動きます。
ソニーは実際にキャノンがやっているようなデュアルピクセルにする必要があります…それはより多くの消費者フレンドリーにします。

レンズはすごく高価です。

過熱…多くの人がそれほど悪くないと言っています。
実際にはそうではありません…私は2回しか経験していません…どちらも暑い日で、ソニーのバッテリーを使用して、私のSmallHDのようにそれを外部から動力を与えているときに。それは私のカメラの電源を供給する能力を持っており、明らかにそれはずっとより冷​​たく保ちます。
しかし、それが過熱すると…特にあなたが仕事をしている場合は大変な不便です…バックアップカメラを持っていなければ、その日は終わりに電話して家に帰ることになります… 

記録ボタン奇妙な場所にいます。幸いにもプリセットでそれを変更することはできますが、それでも…彼らは何を考えているのか?

バッテリーの寿命は短いです…私のキャノンで一日中撮ることができました、半分のようなもの…これで..一日で4つのバッテリーを使い簡単に使いきることができます。

最終判決私は本当にそれが好きです…私は多くの短所をリストアップしたようですが、それは私が本当に神経質だからです。
私は次の世代が出てくるのを予期している…それが出たとき、これからどれほど進歩したか見る必要があります。
タッチスクリーン
フォーカストラッキング
4K @ 60fps(少なくとも… この部門ではiPhoneが先導している、それは悲しいことです)
より長持ちし、カメラが過熱することはない。 2017-10-27


hosi5 素晴らしいカメラ、素晴らしいサービス

素晴らしいカスタマーサービス。
ベストのカメラ。 2017-10-21


hosi5 おそらく不動産写真/ビデオ撮影に最高のカメラ 現在入手可能です

私は小さな不動産の写真撮影の会社を所有し、2つの理由から、ほんの数週間前にこのカメラを購入:

1)私たちの分野でビデオを見ることが大きく増加傾向にあり、私の顧客を提供するためのビデオを加えるため

と、

2)ので、私のα6000ような、静止画として小さいファイルサイズとより良いダイナミックレンジを望んでいました。

私は約1ヶ月しかこれを持っていないが、明らかに正しい選択だと感じています。これは非常にうまく行っているソニーの16-35mmのレンズと一緒に注文しました。

私はスペックオタクではないし、これからもそうならないと思います。
私たちは皆、さまざまなカメラシステムの仕様と機能をオンラインで調べ、スペックや能力のちがい、カメラが何段のダイナミックレンジを持っているかと、その議論する人々をすべて見ました。
私は時々、彼らがカメラでどれくらいの収入を得ているのか、あるいは様々なフォーラムで意見を戦わせることが「良い気持ち」を得るだけなのか、よく疑問に思います。

このカメラを購入しようと思っていて、写真撮影のウィザードやビデオのウィザードを使って何らかを作るつもりなら….、それらの前提条件を棚に置くべきでしょう。
私は以下の一連の画像を投稿します。
それらの半分はこのα7SⅡのカメラで撮影した画像で作成しました。残りの半分はα6000でキャプチャした画像で作成されました。
冗談抜きに、それらのどちらが他のものよりも良いか教えてください。私は大きな違いはないと思います。

私は誰もが仕事のための適切なツールを選択することをお勧めします。
スティルワークが懸念される場合、このα7SⅡは、私の24mp α6000と比較して小さなファイルサイズで大きな利点があります。
私は家を撮ることができ、カードを出して、それらが12mpのときに上手く簡単にクラウドにファイルをアップロードする。
その後、私のエディタにテキストをプルダウンし、それらを編集して、私が家に帰るときに最終的なレビューと修正を待つようにします。
もし、24mp(神がα7RⅡの48mpを禁じています)ですべての自分のフレームを撮影した場合、ファイルはサイト上で大きな画法になります、私は、現場でファイルをアップロードすることは、もし、自宅就業日の真っただ中に完全に元に戻すことができない。
これは、オフカメラフラッシュを使わない私の分野の多くの人に二重に当てはまります。むしろ各撮影毎に数百フレームを付替えする彼らのビジネスに臨機応変のHDRのアプローチを選択します。

さらに、このカメラの低照度機能は、特定の撮影状況を容易にします。
私は、安価な家庭のほとんどの地下室は小さく、フラッシュを使用しない方が良いことに気がつきました。
だから私はギアを切り換え、地下室で3ショットのHDRで撮ります。
多くの場合薄暗い地下室です。
α6000では、実際に低価値の地下室の写真はISO 800の上限がありました。
それ以上に、あなたはノイズについて心配し始めます。これは時々、最終的な3段露出オーバーが撮影に長時間かかることを意味します。
私たちは8秒間話をします。その後、それを “処理する”ためにもう8秒待たなければなりません。
このα7SⅡはこれに当てはまりません。
簡単にISOを心配なしに3200にできます。
私は6400もやって、結果に満足しています。
これは私にとってこの小さな問題を解消します。

ビデオが関しては、誰もが言っていることをしています。
ピクチャープロファイル 8で撮影すると、投稿のダイナミックレンジを最大限にするslog3が得られます。
明らかに、誰もが違うものを撮影していますが、建物のウォークスルー動画を撮影する場合は、30フレーム/秒(30p)と1/60シャッタースピードでシャッター優先モード、Auto ISOで撮影することをおすすめします。
また、ソニー16-35のようなフライバイワイヤレンズを使用してください。
マニュアル絞り単焦点レンズなどは使用しないでください。
窓に近づくのが必要な場合ときは、カメラがf22まで絞りを停止できるようにします。
1600 ISOまたはそれ以上で撮影されたslog3のプロファイル、そして簡単に露出オーバーになりやすい難しい方法だと分かりました。
シャッター優先モードとフライバイワイヤの絞り調節をカメラに許すことはND フィルターに頼ることがなくその問題を克服して長い道のりを行きます。

私はDJI Ronim Mスタビライザーでビデオを撮影します…これは、場面を素早く滑らかに保つのに役立ちます
この7SⅡに組み込まれた多軸手ブレ補正も役立つと推測しています。私はそれに満足しています。

欠点はどうですか?

さて、より多くの解決策が必要な状況がいくつかあります。私はまだα6000 / Rokinon 12mmのセットアップですべての外側を撮ります。
私は外側でもう少し編集で「クロップズーム」を必要と思うかもしれません、24mpとちょうど12mpを比較すると、外観のショットには良いです。

私はα6000の明度の要因も好きです。
二階建ての住宅は、通常地面から8フィートから12フィートのところまで撮影するのが最善です。
私はすべての撮影に私と一緒に最後にArcaSwissクランプ(雲台)を持つポールを持っているので、ちょうどその上にα6000を置くことができ、希望の高さにそれを実行し、私の最も重要なショット(家の外面正面)をSony WIFIアプリを使用してより高いところから撮ります。
α7SⅡと16-35mmのレンズでこれをやって快適に感じないでしょう。
そんなポールには、それはかなり重くて、あまりにも高価すぎます。

最後に、slog3で戸外で撮影するには、Breakthrough Photographyの6ストップNDを使用する必要がありました。
太陽が出ている場合は、実際にその写真のプロファイルを使用したいと思います。
なぜなら太陽が木々や家の端などに当たったり、影を投げたりしている場所でダイナミックレンジの問題が起こるからです。
しかし、もう一度ISO 1600で撮影しなければならないし、f22でも…時には露出オーバーです。
だからNDフィルターがあるのです。
私の師匠は、インテリア用の7SⅡとビデオ用の外装用​​の7RⅡの両方を購入することに決めました。
それが最良の選択だと言います…しかし、私は別の高価なカメラを手に入れようとすると、もう少しコインを得るために待つ必要があります。 2017-10-15


hosi4 気に入っています

このカメラが気に入っています。
低照度には最適で、画像は非常に鮮明で、その軽量ボディ-旅行にカメラを持ってあちこち歩くのに最適です。
私が気に入らないのは、ソニーの人間工学としてのボタンと設定だけですが、しばらく後にはあなたは慣れています。 2017-06-22


hosi5 ソニーは映画のDSLR市場を支配しています。

このカメラはすごいことがたくさんあります。
私はそれについて十分に言うことはできません。
私はオプションのアプリケーション(Time Lapseなど)を使いやすくしたいと思っていますが、それはほんの少しの不具合です。
これは私の仕事場であり、信じられないほどの多才なカメラです。 2017-05-05


hosi5 5つ星

優れた低照度カメラ 2017-04-17


hosi5 今までのところ気に入って、最初のビデオを撮った

これまで私はそれを気に入って、最初のビデオを撮影しました。
唯一の問題は、特定のISOでログを撮っているときに粒状ノイズがあることです。
120fpsショットも粒状に見えますが、それでも私のmk 3のキヤノンよりも気に入っています 2017-04-06


hosi5 最高のカム

このカムのタイトな24メガバイトのRAWファイルはあまりにビックリ、 1人の男が扱えるこの非常に多くの品質を兼ね備え、
私はゼブラやフォーカスピーキングのような、すべての特徴に圧倒され、私は感動的な装備で何でもできるように感じます。 2017-03-09


 私のは実はBest Buyから購入しました。

私のは実はBest Buyから購入しました。
α7SⅡは事実、低照度で良好なフレームレートとクリーンなイメージでは怪物ですが…確かに、 後ずさりがあります。

短所:
1.バッテリー寿命詳細を言う必要はありませんが、バッテリーグリップでも問題です。
2.ファームウェアのアップデートやカメラの電源が切れてもオーバーヒートします。
現場での私のニーズや信頼性について真剣に考えようとしている人にとっては、信頼できるものではありません。
3. 悪いビデオAF。
このカメラのコントラスト検出は誰にとっても良いことではありません。
私はマニュアルでフォーカスを当てるべきであることを分っていますが、ジンバル作業で、あなた一人で、チームではなかったら他のオプション(80D 5D4)を探すか、被写体間の距離に非常に注意してください。(笑)
4.品質。簡単に傷つきます。あなたは野外で5Dm4を使うように自信を持てない!
あなたがそれを落とすなら、それは壊れて終わりです。
そして、後ろの画面があまりにも簡単に傷つく。あなたが仕事をしているときは、ちょっとぶつかると大丈夫かと心配します。
5. Wifi APPはまったく役に立たない。
キヤノンのwifiアプリは、実際にはまともなものではありませんが、私は実際にキャノンアプリを使用して、さらにそれを制御し、ビデオをダウンロードできます。ソニーよりも優れている!
6.メンテナンス センサーをクリーンに保ち続けるにはかなり厄介です。
しかし、あなたが間違うと、それはひどく捩じれます、あなたが知らなければやってしまいます。
一眼レフ(canon)でこの問題がありませんでした、ミラーのせいでフルフレーム 6Dを何年も持っていて、まだ素晴らしい写真を撮っています。
7.スピードは遅いです。
スリープモードからカメラを起動すると、実際に起動するのに少し時間がかかります。
その場合、写真を撮っていると重要なショットを逃すことになりますが(どのみち、このカメラではやってはいけない 笑)、これはすべてのソニーミラーレス
8あなたがアダプタやその他のアクセサリついて考えれば、所有コストはかなり高いです。

長所:
1.ビデオ品質は非常にきれいです。このカメラの最も良い点は、ISO機能とフレームレートとダイナミックレンジです。
2.カスタマイズ可能ボタンのレイアウトはちょっと変わっていますが、好きなように機能を設定することができるので、しばらくしてから慣れてきます
3.フォーカスのパンチズームは非常に便利です、すべてのカメラがこれを必要です。
FOUCUS PEAKINGはクールです。しかし、正直言って、必ずしも正確なポイントでなく、起死回生ではないので、いいモニターを手に入れてください。
5. EVFは良い、それは好きですが、まだいくらかのケースで遅れがあり、まだ改善が必要です。
しかし、素晴らしいと思うし、使用することが楽しみです!
6.サイレントシャッターは絶品です、どのカメラもこの機能を持っていればいいのに。
7. IBIS(ボディ内手ブレ補正)は素晴らしい
8.低照度性能は驚愕します。
9. FLATピクチャープロファイルはOKです(pp4を使用します、投稿する前に試して正しく得てください、というのは、これはRAWファイルではなくあなたの録画で圧縮していることを覚えておいてください。
あなたは、ただゲットするだけ、しかしイメージを破壊する前、しかし多くの自由範囲を得ることになります。

しかし、あなたは少し色を少し創造したいと思っているのであれば、スナップにおいて、するのは良いことです。
9.日影でのディテールは私のキヤノンの素晴らしい5D4と比較しても優れています。

全体的にカメラの上に良いですが、ツールとしての長寿。それほどではありません。
はい、価格のためこれは多数の最高の機能を持っていますが、それをカメラに行くには不十分です。
しかし、カメラは一風 変わった良さがあります。
しかし、私にとって、いくつかの短所で落第になりました。

α7SⅡをあなたの新しい彼女vsあなたの妻のように例えてみましょう。
彼女の素晴らしい特徴でしばらく楽しんでいますがlol、あなたの妻の自宅(dslr)の信頼性のようなものはない。
α7SⅡの場合、これらのいくつかの短所は、カメラを使ってお金を稼ぐためにカメラに頼っている人々のための未解決のものです。
しかし、あなたがそれがを好きで、何も得られないようなお金をつぎ込むことができれば、あなたは幸せになるでしょう。
しかし私には、最近購入した$ 3805.25 の5D4を留まったままにしておきます…今のところ。
Lol😏しかし、次世代カメラの未来のための決定的な要素となるでしょう。私たちは皆待っている…彼らはもっと良くするでしょう。 2017-02-16


 1年間使った後のα7SⅡに対する正直な意見

それを1年以上所有していた。暗いところでは驚異的です、疑う余地はありません。その点で比較できるカメラは他にありません。
しかし、私はそれを、だんだん使わなくなりました、ビデオ撮影で6つの理由のために腹立たしくなりました:

1.使うのが難しい、不器用なメニュー。
– 互いに隣り合っていなければならないものが、実際にはかけ離れていました。このため、どんな設定も覚えるのが難しいです。

2.ひどい色の科学
– 色合いの修正が難しく尻を痛めます(時間がかかる)。もしあなたが使っているなら(私は使っています)、Canonの色に近づけるために適切なLUTs(色対応表)が必要です。

3.バッテリーの寿命を縮める
– 各パックは連続使用(1080p)で1時間平均で持続します、これはひどくはありません。しかし、あなたは心配になり、バッテリーのパーセンテージを常時チェックすることになり、このカメラを使うときに心配の種です。

4. LCDとビューファインダーは駄目です。決して見るのが難しいのではありません。しかし、他のカメラと比較して、α7Sは何にピントが合っているか簡単には分かりません(焦点が合っているところに色を塗りつぶすフォーカスアシスト機能があっても!)

5. “ノイズのない” ISO能力は過大評価されています。
10,000の範囲の近くで明確なノイズ(わたしとっては陳腐なノイズ)が現れます、このカメラが一般にどのように誇大に宣伝されているか。
能力は25,000でも良いですが、あなたがVimeoで見たままの結果は期待してはいけません。

6.カメラのセンサーがかなり簡単に汚れます。
センサはカメラの正面に近いので、センサ上のほこりや汚れを直接捕らえる可能性が高くなります。その上に何かがある場合は、DSLRセンサーの汚れよりも目立つため、すぐに清掃したいと思うでしょう。
あなたが上記の他の5点をいかに悪く考えるかの視点が必要な場合に備えて、私にとっては、このカメラの最も厄介なところです。

このカメラに対する不満の正直な見解を、今、あなたは持ちました。
私はこのカメラをすばらしさについて、もっと詳しく書く事も出来ました。
しかし、今、あなたがこれを全て読んだと確信し、「このカメラを購入しないように」伝えるものを探しています。

もし、このカメラを購入しない別の理由が必要だった場合、ソニーはカメラをリリースする実績は非常に早いです。
A7S IとA7S2の間の時間に基づいて、ソニーは2017年にA7S3をさらに優れた機能で出す予定でしょう。
誰も5Kまたは6Kを期待していませんが、ISOパフォーマンスをさらに向上したもの?
少なくともそれは待つ価値があります。 2017-02-01


hosi5 これが好きです

明るくない処の写真やビデオに素晴らしいです。 2017-01-28


hosi5 もう一度、結婚式の映画製作ビジネスを楽しませてくれた!

人生が変わった 2017-01-23


hosi5 最高のカメラ!

言う言葉もない:最高のカメラ! 2017-01-10


hosi5 5つ星

素晴らしい製品。速い出荷で!まさに、説明通り 2017-01-08


hosi5  5つ星

軽くしか使用していないが、私は高いISOでの低いノイズ(もしくはノイズなし)に感銘を受けた 2017-01-08


hosi5 価格帯で最高のカメラ

この価格帯で最高のカメラ。
ダントツです、これに近いものさえない。 2016-11-22


hosi5 素晴らしいカメラ

素晴らしいカメラ!!! 写真は素晴らしく、4Kのビデオは印象的です。
オートフォーカスしていないアダプターでキャノンレンズを使用しています、しかし、あなたがビデオを撮るときは、それを使用してはいけません。 2016-11-17


hosi1 恐ろしいサービス

最悪の会社の平凡なカメラ。キヤノンやニコンにしなさい、あなたの製品に問題がある場合、ソニーはあなたを助けません。 2016-10-23


hosi5 これまでのところ驚くべきカメラで、低照度性能は…

これまでのところ驚くべきカメラで、低照度性能は素晴らしいです。
カーミット(カエルのマペット)の2つの添付画像はテキサス州立祭フェアでシャッタースピード1/200、6.3 ISO32.000で撮られました。
すべての私のビデオ撮影のためこのカメラを使用していますし、高く、これをお勧めします。

[…]

レンズ:24-240mmソニーEマウント

[…] 2016-10-09

image8


hosi5 圧倒される

私は15年以上にわたり様々なフォーマットの撮影と編集を経験しているプロのビデオ作家です。
過去数年間私は特定のCanonの一眼レフで撮影してきましたが、ソニー α7SII へのアップグレードは、我を忘れさせます。
Slogのグレーディング能力とシネ・プロファイルでランアンド ガンの撮影のシンプルさを気に入っています。確かに、これはソニーの大型の奴ほどたくましくはありませんが価格帯では純然たる働き者です。
あなたのカスタムボタンを設定して、厄介なレックボタンの配置を回避し、熱狂してください。 2016-09-23


hosi5 5つ星

大好きです。まったく気に入っています。
私は結婚式からコマーシャルまですべてを撮影するために、これを使っています
非常に感銘を受けました。 2016-09-07


hosi4 品質問題

LCDスクリーンの上でドット落ち。それは本当に最悪。
それ以外は良いです! 2016-08-28


hosi4 優れたポータブル、低照度、IBISミラーレスカメラ

写真を撮ることを楽しむと同じほどビデオを撮るのを楽しむ人として、以前のDSLRとミラーレスカメラの経験は私をソニーのα7SIIに導いてくれました。

このカメラの前に撮った最新のカメラはパナのGH4です。GH4はビデオに驚くべきミラーレスカメラであり、価格に比較してすばらしい写真を撮る。しかし、頻繁に旅行し、多くのラン&ガンのビデオ撮影をする人として、手ブレ補正と低照度性能はもっと良いことを望んでいました。より良い機材を調達することで、このニーズをバランスさせようとしました(例えば、Metabones Speedbooster XL、Canon ‘L’ lens、純正Panasonic Nocticron、ジンバルスタビライザーなど)
最終的には、既存のカメラがすでに持っていたことを達成するために、長い間、努力していたことに気付きました。

したがって、私は(今度はパナソニックから)、ソニーに移行し、すべての純正のソニーのレンズに変換しました。

– 低光
私はそれがすべてを解決する特効薬だとは言いませんが、どんな照明の状況でも写真/ビデオを撮ることができるカメラを持てば、人生はずっと楽になります。

– 手ブレ補正
IBISがすべてのレンズをイメージ安定化させると、生活の質が大幅に向上しました。あまり揺れません!

– 画質
画質は写真には最適です(写真にもっと重点を置いているなら、「代わりにA7RIIを選ぶ必要がある」との議論の余地はあります)。

– サイズ/携帯性
GH4は巨大ではありませんが、A7Sは小型でコンパクトです。

いくつかの悪い要素があります。

私はレビューで他の人たちと同じコメント重複しないようにします(彼らは私が言うよりも、うまく言っています)が、私は次のことを強調します:

– バッテリー寿命
ソニーのバッテリーで約45-85分の使用量を得ています。これはGH4からの来たものには深刻なものです。

– 機能性
GH4ほど使いやすいものではありません。ボタン配置、メニューシステムなど。それは、GH4の様に簡単に操作出来るものではありません。

– 液晶画面がはっきりしない
液晶画面を使ってアイテムにピントが合っているかどうかを確認するのは難しい。フォーカスしているかどうかを判断するには、実際に記録する必要があります。

– レンズの選択肢($)
ソニーは新しいレンズを導入して素晴らしい仕事をしていますが、Canon / NikonやPanasonicほど安価ではありません。

– PlayMemories アプリ
あなたが支払う価格、これらのアプリ(たとえばタイムラプス)無料で含まれるべきだ。アプリ全体の機能はそれほど素晴らしいものではありません。それはブサイクだし、これらのアプリを購入するプロセスは悪いです。購入プロセスが何度もクラッシュしたので、Amazonのソニーのクレジットを購入して、そのアプリの代金を支払う必要がありました(それは問題があることが判明、ソニーのアカウントにヒモ付けされて自身のクレジットカードを使用しても)。2015/2016年のような、ばかげた種類。

まとめると
この機種は完璧ではありませんし、誰にでも良いとは言えません。
しかし、私のニーズにとって、肯定的な利点は負の特性を上回っています–特にこの価格帯のため。
私が望みもしないマイナーな機能を追加した同じ古い製品をリリースするキヤノン/ニコンを見た後では、別のシステムに切り替えるのは後悔のない変更でした。
特にSony A7SIIは素晴らしいカメラで、写真やビデオの撮影方法を変えました。 2016-08-26


hosi5 私の新しいお気に入りのカメラ!

私はこのカメラが大好きです。巨大なファイルサイズのないすごい写真。
画質やダイナミックレンジが素晴らしいです。動画の品質は抜群です。私はフォーカスピーキングへの愛を学んだ、私の他のカメラを引っ張り出し、フォーカスピーキングがないときに、途方にくれてしまいます!

私はGUI(グラフィカルユーザインターフェース)ではなく、内部のメニューの代わりにダイヤルでより外部的だったらばよかったと思います。
それが基本的なカメラについての私の唯一のマイナス思考です。 2016-08-25


hosi4 Slog2とSlog3は一定のISOで非常にノイジーです、それ以外は素晴らしい。

このカメラが暗い光の達人です。しかし、暗い場面や他のシナリオで素晴らしい働きをさせるためにソフトウェアの設定を探し出す必要があります。低照度撮影する前に、設定についての研究を行います。
例えばSlog2とSlog3は一定のISOで非常にノイジーです、それ以外は素晴らしい。
長年のキヤノンデジタル一眼レフユーザーとして、それをうまく乗り越えます。概して、キャノンが良い写真、ユーザーレイアウトを持っています。
しかし、再度このカメラは低光撮影する時は明確な勝者です。 2016-08-20


hosi4 良いですが完璧には遠い

良くない点
■4Kか120FPSフルHDで撮影するとき、LCDの輝度を調整することができません。
4Kのでスライダーショットを撮影するとき、ショットがピントが合っているか、露出が正確か、を見るのにお尻が痛くなります。
確かにEVFは、素晴らしいですが、カメラが地面から5インチの時はEVFの使用は幸運を祈ります。
■ディスプレイ上のすべてを表示することを選択しない限り、バッテリー残量は常に表示されません。あまりにも多くの情報が表示されます。
我々はソニーのバッテリーの寿命のガラクタぶりを知っています、なので常にバッテリー残量を知ることが非常に重要です。
■録画中を示す赤い点はフォーカスチェックでズームしたとき一瞬、消えます。私は録画中にフォーカスチェックした時、LCDを見て、赤い点を見ていませんでした、慌てて録画ボタンを押します、それは録画OFFになるだけ、一度ならずパニックになりました!!! 結婚式で、新郎の入場の2~3秒を失います、というのはあなたが録画ボタンを押すとダメになる可能性があるから。画面に関係なく赤い点は常に点灯しなくてはいけません、もし、点灯していないなら録画していないことを意味する必要があります。
■液晶画面は解像度が低いか何か他の原因かショットのフォーカスが分かりにくいです、5D3は簡単でした、忌々しいほどクリアです。ソニーのはすべての物がピントが合ってないように見えます。
あなたがソニーのカメラを使っていたら、私の言っていることが分かるでしょう。これは基本的にあなたが自分の目よりも信頼性が低いフォーカスピーキングを、使用しなければならないことを意味します。
■フォーカスをチェックするために4倍にズームすることができます。
LCDの悪い解像度と組み合わせます、フォーカスが合っていてもそれを怪しみます。そう、外部モニターという手もあります。

良い点
■24Pで4K
■液晶モニターの角度を調整できます-スライダーショットに良いです
■電子ビューファインダーは明るい屋外のショットに素晴らしい
■手ブレ補正
■カスタマイズ可能なボタン
■APS-Cモード;クリアなズーム
■SLOG/CINE4/カスタマイズ可能なピクチャープロファイル 2016-07-26


hosi5 これまでに作成した最も汎用性の高い静止画やビデオカメラ!

長所:
α7S IIは、何でも行うことができます!素晴らしい静止画を撮影しクレイジーな特徴を持っています、実際に無音のサイレント撮影など。
途方もなく敏感なセンサーは、速いシャッタースピードで、低光の中で撮影することができます。
ソフトウエア的 あなたはすべての設定を変更し、お好みに合わせてすべてをカスタマイズすることができますので、カメラのロックが解除されたように感じています。あなたは、より多くの機能を可能にするために、その上にアプリケーションをインストールすることができます!
小型で耐久性のある構造は、エンジニアリングの驚異です。驚くべき良好な内蔵マイク。
この小さなボディに絞り、シャッター、およびISOのための3つの物理ダイヤルを持つ見事な人間工学に基づいたデザイン。
高フレームレートの動画を撮影する機能はこの価格で超素敵です。5軸手ブレ補正は実際上手く動作します。
ビデオは、たった8ビット4:2:0色にもかかわらず、それはまだグレードが驚くほどあがります。私はFS7で多く撮影します、FS7は、10ビット4:2:2ですがほとんど変わらりません。

短所:
もし、HDMIから10ビット4:2:2の出力なら止められない。
バッテリの寿命は、バッテリーの小さな物理的なサイズのため、それ相応ですがソニー以外のバッテリーを拒否し、50ドルのソニーバッテリーを買わねばなりません。
HDMIでなく、SDIを持っていたら素晴らしいだろうが、それはデジタル一眼レフだと判っています。S-logは素晴らしいですが、彼らはすべてのS-logの緑の色かぶりの問題を修正する必要があります。
ワイヤレスでモニターするためにプレイメモリーズアプリを使用する場合S-logが使えません。モニターはピクセル密度の向上の可能性があります。高フレームレートを撮影するときの映像は、特に120FPSで、ややソフトです。これは、100Mbpsので60fpsの1080を撮影するためのオプションを持っている必要があります、しかし、何らかの理由で、ただの最大50Mbpsです。
H264 XAVC-Sコーデックはデコードのモンスターで、アドビプレミアで映像をキレイにするのに、たとえ、すごい強力なコンピュータでも反応が遅いです。

全体的にみて、α7SⅡは カメラのアーミーナイフである 、小さくて素晴らしいスチル写真やビデオを撮る。これは、一つの芸当しかできない子馬(一つしか才能)ではない

あなたが自由と複雑さを楽しむ人ならば、これは、あなたに良くフィットします。
あなたが簡単で使いやすいのが好きなら、少し圧倒されるかもしれません 2016-06-07


hosi1 α7SⅡは湿気による内部腐食で死にました…保証対象外

私はフロリダの半多湿の中でこのカメラを使用していました。3日間の撮影予定だった一日目の終わりにLCDとビューファインダーが真っ暗になりました。カメラはまだHDMIを介してクリーンな信号を送信していましたが、設定を変更する方法はありませんでした。私は撮影から戻ってソニーに連絡しました。
かいつまんで言うとソニーの修理部門が「内部腐食があるので修理不能」と言って返ってきました。
カメラは、液体に直接さらされることはありません、考えるられることは、それが湿度だったということです。

肝心かなめな事はソニーが腐食による保証をしていないことです。
だから、ほんの数ヶ月カメラを所有した後、私は今、私の手にレンガを持て余してます。
私がやった事は通常の状態で使用したので、私は完全にソニーにがっかりし、失望しています。

私は、少なくとも私のカメラが、耐候性ついての問題を持っていたと推測しているけれども、グーグルで検索すること、 私と同じ問題を見つけました 。従って、このカメラは湿気に影響され易いので、気を付けています。 2016-05-19


hosi5 結婚式のビデオに、このカメラが大好き!

これは、結婚式でビデオを撮影するために入手した私の新しいカメラです(あの5D mk2から移りました)これは素晴らしいです!
低照度の性能はすべて、あなたが聞いた通り、いや、それ以上です!
私はキヤノンのレンズはmicrodioxアダプタを使用しました、すぐにいくつかのソニーのレンズを追加したいと考えています。
私は、メニューが非常に厄介だというレビューを多く読みました、しかし、あなたが習熟するのに少しの時間を使い、4つのカスタムボタンに最も使うファンクションを登録すれば問題ありません。私は文句を言う人のほとんどが生えぬきのキヤノンユーザー(私のような)であると思います、しかし、ほんとうに大きな問題は存在しません。
4Kカメラ内の記録は(ふてくされて)入場料の価値があります!
これは、私の初めての4Kカメラで、ビデオ画像は断然素晴らしいです、1080pの画像のように。
ソニーのカラーサイエンスは何処にも劣りません、ビデオ画像は間違いなく私の5Dやパナソニックより優れています。
このカメラは小さいですが、頑丈な感じで、私は個人的には、そのフォームファクタが好き。折りたたみ式スクリーンがいい感じで、私のショットの大部分の外部モニタの必要性を排除します。
5軸手ぶれ補正も勝者です、私は手持ちのショットに大きな違いに気づきました。
私のクライアントのだれも4K映像を要求していませんので少なくとも数シーズン以降のため見ることが出来ます。
もし、あなたがお金を持っていてイベントを撮影する場合(様々なライティングのコンディションで)このカメラを充分に推薦することは出来ません、私は純正G-マスターレンズでこれを使用するのを待ちきれません! 2016-05-17


hosi5 偉大なカメラの初心者カメラマンの視点

このカメラは、山ほどyoutubeビデオの中で、ブログで、批評サイトで、チェックされました。

すべてのレビューアは専門家、アマチュア、または非常に経験豊富な愛好家です。

しかし、もしあなたが一眼レフで新しくするつもりなら、思い切って飛び込むべき。

数十年前の間、私は結構カメラに凝っていました、私は優に二十年以上一眼レフを所有していません。これ以上の初心者はいないでしょう。

それでは、他の皆がこのカメラのプラスとマイナスについて言っているようなものから始めましょう。

-素晴らしいビデオカメラ、お粗末なスチルカメラ
-なぜ? 解像度が今日の標準でない
-利用可能なネイティブのレンズが多くない
-長い動画を撮影すると本当に熱くなり、オーバーヒートの恐れ
-オートフォーカスがちょっと遅い
-バッテリーが貧弱
– メニューは(完全であるけれど)ややこしく直感的ではない

-カメラは魅力的で小さい
-4Kの内部のビデオ録画はものすごい
-驚異的な低照度性能
-S-Log 2 & 3

——–

私は上記共通の陳述にすべて同意します。

しかし、それらの考えの私の解釈が、ここにあります。

ほとんどの人々は、低いメガピクセルのためこれが写真撮影カメラではないと言う。
しかし、私はプロではないしα7RⅡの42メガピクセルようなものは素晴らしいが、α7SⅡの限定的な12メガピクセルは、私のニーズのための十分以上のものです。
事実、印刷ポスターを作成している場合を除き、それは本当に大した問題ではないのです。12メガピクセルはWEB用、または小さいプリントに充分です。私は250dpi at 22″x30″は必要ありません。

さて、写真をトリミングすることができる42MPは素晴らしいだろうことも事実です
これは一種のズームのようなものです、より多くの柔軟性を可能にします、それは確かにかなりクールです。
しかし、時間をかけて写真を撮るほど良くなります、多分道に沿っていくつかの余分なレンズを買います(どの道A7Riiの場合)
そして、12メガピクセルは全く問題ありません。

そしてα7Rは別の素晴らしい低光センサー(Exmor Rセンサー)を使用していることは事実ですが、私とって、α7SⅡのExmor  CMOSセンサーの余分な2ストップは、かなりものすごいです。

ところで、Exmor R は同じ 1 インチ センサーで、より多くのピクセルを持ち、光を増幅しダイナミックレンジにバックライトセンサーで、より小さいピクセルの少ない光を補償します。

だから、逆にExmorのピクセルはExmor Rのピクセルよりも4倍大きいく、なんのバックライト照明なしでも自然でより多くの光を可能にします。
「光」感度に関してだけで言うと、Exmorを自然の500馬力エンジンとして考えます。
そして、ターボ450馬力エンジンとしてExmor Rを考えます。Exmor Rは、その300馬力エンジンを450馬力のエンジンに換えるため “ターボ”かバックライトを必要とします。
最終的にExmor Rは4倍以上の画素を得ます、そしてExmorの低照度感度に対し真近まで近づきます。しかし、そこまでは得られません。
α7Sは、ピクセルで負けます、そしてその光感度で利益を獲得します。現に4倍の ISOを獲得します。もともとα7RⅡは100-25,600です。α7SⅡは、もともと100-102,400です。電気に強化されたとき、α7RⅡは102400(かなりノイズ)へ行きます。そして、α7SⅡは409(神と天使があなたの聖なる使命を助けてくれる)です。

なので、4倍のピクセルか、光の2STOPと同様の4倍のISOか?

レビュー後のレビューで、

α7RⅡは世界中のプロによって、今日 市場に出ているすべてのカメラ中で最高の1つであると考えられます。
カメラ性能比較サイトで、α7RiiはニコンD810やキヤノン5DSを破って、最もスコアの高いカメラです。
しかし私にとってはα7SⅡがα7RⅡより上で光の感度の追加の2 stopsが価値があります。ですから、私はメガピクセルの犠牲はあまり気にしません。

もし、あなたはA7Riiの低光機能を搭載したテストを見た場合、それは印象的です、まったく印象的です。しかしα7RⅡの夜のショットはISO25600であっても、まだかなり暗い夜のショットです。これは、電子的に100Kまで上るが、ノイズはかなり厳しくなるです。、本当に暗い環境、光が暗い多くのナイトクラブ、コンサート・ホール、試写会などにおいて、実際にα7RⅡはまだフラッシュを必要とします。

私はフラッシュが嫌いです。非常に。しかし、どんな凝った照明設備も持ってませんし、持つ予定もありません。全くそれは私ではありません。

α7SⅡでフラッシュが必要な場所もあります、しかし真っ暗なシーン、あなたはそれを必要としません。
信じられないかもしれませんが、実際には、α7SⅡは、人間の目よりも多くの光を引き込みます。夜遅くのシーンは、昼間のように見ることができます。夜のシーンは夕暮れのように見えます。
なので、肉眼ではほとんど黒、無色の撮影シーンが満々の色彩を見せます(まあ、昼間よりは色調を抑えた、それでも充分に着色された)このα7SⅡ。最高のスマートフォンのカメラよりもはるかに革命的です。

たぶん、私はカメラマンと写真撮影時は初心者です、しかし直面しましょう​​、どこかの企業のスタッフのように、ディナーイベント、トレードショー、フィルムビデオプレゼンテーション、我々がアーカイブしたいトレーニングクラスの仕事の写真を撮り、価値があると録音、マーケティング部門は、ニュースレター、ウェブサイト、マイクロ サイト、ソーシャル メディアでそれらを使用します。
私は何年もiPhoneを使用してきました、素晴らしいスマートフォンのカメラは夜に近い夕暮れの写真は全く不可能でフラッシュを使うとかなり悪くなります。

写真や動画は、私の主な仕事ではありません、二次的な仕事でさえありません、私または誰かは、迅速で、容易な写真とビデオを撮るものが必要で、そして、それは特別な機器なしで作動する必要があります(照明器具なし、芸術的な音声レコーディングなし、フラッシュなし)。
私は、たびたびイベントの一部を、時にはパネルに所属する話者の1人、時には、ちょうどクライアント、ベンダー、パートナーを世話をしている部屋を動かす、または物流を少しを助けます。
したがって、私は私の首で支えている一眼レフで逃げることができますが、私が雇ったイベントの写真家の代わりに、どんな余分な設備も持っていられません。カメラとそれだけです。

α7SⅡは、暗い展示会部屋、またはホテルの舞踏室、または夕方アウトドアイベント、およびフラッシュなしで、きちんとした写真で、山ほどの写真をとることができる単一ユニットです。
いくつかのビジネス・ディナー・イベントは、かなり暗いラウンジ・バーにあります。
例えば、私達の会社が標準と呼ばれる、多くの夕方ネットワーク化ディナーイベントの主催で、人々の顔をかろうじて見ることができるイベントスペースがロサンゼルスにあります。α7SⅡはそこで、素晴らしい仕事をします。
ある時は、夜の野外のフロアのバーでクリッパーズのゲーム前に、クライアント、ベンダー、パートナーと話し、クライアントと写真を撮ろうとします。これらの環境でフラッシュを使用すると、恐ろしく悪い画像になります

それとは別に、これらの余裕の2stopを持っていることのもう一つの利点は、レンズに至ります。

一般的に、α7シリーズのカメラの手頃な価格のソニーFEレンズはかなり高い最小Fストップを持っています。
言い換えると、それらは他のメーカーの同等のスペックのレンズより少ない光にも。
Gマスターシリーズのソニーからのより良いレンズは、もちろん、あります、しかし、それらは、あなたがすでにソニーのカメラ本体に費やした費用を考えると、かなりコストが法外です。
α7RⅡの一般的なレンズのは能力は「本当に良い」低照度感度から「少し良い」低照度感度で落ちます。
さて….それらのレンズをα7SⅡに着けると、まだ素晴らしい低照度カメラです。私がどこに行くかをわかりますか?
あなたは、安価なレンズを手に入れ、余裕の2ストップがあるので、まだ素晴らしい低光機能を使うことができます。

また、私が他のより良いレンズとアダプターを買いたい場合、アダプター(下記のLA-EA4)で少しの光を失います。それは私を悩ましません、なぜならやはり、センサーが”低い光の怪物”だから。

2ストップの低照度性能の方が高解像度のα7RⅡより良いですか?
はい、私には全く価値があります。

——-

私はすでにレンズに触れました、しかし、もう少しディテールに、ソニーα7RⅡのEマウントFEレンズ。
マウントレンズがカメラに接続するだけの物理的な方法です。FEは、α7シリーズのようなフルフレームカメラに固有のものです…と私は思う…

あなたはまだ、古いEマウントレンズを使用することができます、ただ、いくつかのピクセル失って切り抜きます。
α7RⅡは何の問題もありません、しかし、α7SⅡが少し残念なのは確かです。

他のカメラ用に設計されたレンズを、または古いソニーAマウントも取り付けることができるようにアダプタもあります。
いくつかは、単に物理的なアダプタで、いくつかはのオートフォーカスは情報がカメラとレンズとの間を通過することを可能にします。
メタボーンはソニーEマウントボディ用のキヤノンのレンズアダプターとしてかなり人気です。
しかし、いずれの場合も、1 つの素晴らしい選択は、ソニーのレンズ費用に匹敵する真に良いレンズを入手することです。
ソニーはちょうど彼らのG-マスターシリーズのレンズと、最近出てきました、そして最後に24-70mmF/2.8レンズがあります…わーい!
しかし2000ドル以上….ブーー!あなたは1/3の価格またはそれ以下で同じスペックで他のレンズの多くを得ることができます750-800ドルのタムロン24-70 F /2.8など。しかし…アダプタが必要。アダプターは安くはないですが、レンズの価格を考えると、それはあなたが救います。

世の中にいくつかのアダプターがあります 私はソニーLA-EA4アダプターを入手

あなたはα7SⅡのコントラストオートフォーカスの一部を犠牲にします、LA-EA4は、独自のオートフォーカスを持っているとして、これは素晴らしいほどではありませんが働きます。
スチル写真には良い、ビデオには、まあまあ。
ビデオのために、オートフォーカスがそれほど一生懸命に機能する必要がないように、Fストップをより深い被写界深度を得るためにより高く設定することで補償することがベストです。
これは、低照度感度のもう1つの利点です:与えられた2つの余裕の光感度は、フィールドのより被写界深度を得るためにF-STOPを高く設定することができ、光がたっぷり、動く被写体の撮影映像を作ります(ドッグランの私の犬や、あなたに走り回るエネルギッシュな子供がいる場合)はるかに簡単です。

ああ、およびアダプタのトピックに関する、あなたが、LA-EA4とLA-EA3を迷っている場合、そしてあなたは偶然α7RⅡにソニー・レンズにアダプターによってα7RⅡの位相検出オートフォーカスを使用することができるので、LA-EA3がよりよいと考えることになります。…まあ…うう….ただ唯一α7RⅡに位相検出オートフォーカスをあなたが知っているので。それはα7SⅡのコントラストオートフォーカスには適用されません。だから、LA-EA3を取得することによって$ 100- $ 150のお金を節約する気持ちにはなりません。

両方を試してみました。私はタムロン、ソニーAマウントレンズを台無しにし、それらはLA-EA3を使用してα7SⅡ上で正しく動作しませんでした。

もし、あなたがα7SⅡを入手したらLA-EA4のアダプターにしてください。レンズで節約できるお金はかなりあります。すると特典が、底面に2つのねじ穴を使えることに。
それはちょっとクールです。私は三脚にカメラを接続するためにLA-EA4のネジを使用します、カメラ自体のネジは、私が持っている古いベルトクリップのためのクイックリリースアダプターを接続します。
それはとってもクールです、基本的に、私はカメラを私の首にぶら下げることができて、目立たないベルトクリップは、私がカメラを私のウエストに取り付けられるようにしておくことを可能にします。
私が屈みこむ場合、カメラは外に揺れません、しかし、ベルトからのカメラのクリップを外す場合、
私はまだ首のまわりの革ひもを持っています、したがって落とした場合まだ安全です。
私はPeakDesignクリップ、更にはスパイダー・ホルスターを見ていました、しかし、それらのどちらも私の首のまわりに首ストラップを残すことを可能にしませんでした。

ソニーストア ( ソニー直販 )

imageトランスルーセントミラー・テクノロジーを搭載した、35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター

LA-EA4
ストア価格 34,380円+税
sonystorenoukimaker

——

過熱の恐れ?たしかに熱くなります。
だから、30分以内で短いビデオをお勧めします(とにかく30分でキャップ)
注釈:30分の制限を克服することができるアプリケーション・ハックがあります、しかし、もう一つのオプションは外部ビデオレコーダーを使うことを考えることです。
4Kを撮りたい人達は、付属ケーブルアダプタを介して、XLR入力を内蔵したAtomos Shogun Flameか、たぶん Atomos Ninja Flame + Tascam DR 701D audio mixer/Sony XLR K2M/Rode VideoMic Proに行くと思います。

どちらにしても、私は4Kでフル30分の試験を行っていないものの、私は、まだ過熱の問題を気づいていません。
私は1080Pで合理的に長いビデオを撮っています、それは暖くなりますが、決して心配するほど過熱はしません。

——

バッテリーは食います。間違いありません。
私は2時間前から活発に写真とビデオを撮りましたバッテリーは10%にダウンしています。私は一日の使用に3個のバッテリーで大丈夫といいます。あなたが特別に幸せな撮影者ならたぶん4個。
あなたがビデオをたくさん撮っている場合は、他のオプションがあります:カメラは実際に大きくなりますが、より長いランタイム用の2つのバッテリーを保持するソニーVG-C2EMの縦位置グリップか、または特別長いビデオのために 外部のよいサード・パーティー (私はCRUPS 110 が好きです)。

——–

あー、メニュー。
そう…このメニューは、非常に直感的ではありません、そして、それはどのメニューの下にあるものの設定忘れるのは簡単です。それは、ややこしい他の何かのようです。かなりの時間使って、最終的には直感的になります。
私の場合長い道のりでした。数年間それを変更する計画はないです。
そうインターフェースは私には理にかなって学ぶために時間を費やします。
あなたが初心者で、ちょうど1台のカメラとレンズ・プラス多分2個の余分のレンズの予定でならば、インターフェースを学ぶ努力はそれの価値があるようです。

しかも、 もしあなたが怠惰であると感じて、ただオート設定を使うなら、カメラはオートモードで大量の素早いプレセットのを持っています、さらには自動的に優れた+モードでは、撮影しようとしているものを感知します。
したがって、カメラはFストップ、絞り、シャッタースピード、その他をさわらなくても、簡単に使えます。
あなたはこのカメラを持っており、初心者であれば、まだ、それは写真撮影を学ぶための良い方法です。

——

さて…OK。
彼らはプロなので、彼らは、彼らが何を言ってるのか知っています。しかし、初心者の視点から、これは議論の余地があります。
たぶん、それらのフォーマットと同じくらい素晴らしいフォーマット
私のするビデオの種類のクリエ-ティング・トレーニングビデオやプレゼンテーションは、私には3次的な目的ではありません、なので記事にカラーグレーディングをする時間やエネルギーを持っていません。コンピュータの上へファイルを取得して、それをカットして、基本的な移行をする時間がかろうじてあります …私たちは基本的なiMoveのレベルの物の話をしています。
もし、あなたが、ただ、より良いビデオのコンテンツを求めており、芸術賞を獲得しようとしておらず、より少ない時間でビデオを編集して費やされ、より多くの時間で、あなたの本当の仕事をして過ごすのでしょう…。

ニュースや映画を撮る有名なビデオグラファーでカメラマンのフィリップブ ルームが言いました、急いでいる時、彼は昼間のビデオはCine 4とS-Gamutで夜はCine 2とS-Gamut、そして、投稿のための時間なく、ただちにクライアントに手渡さなければならないとき、Cine3 とPro colorで、そして、それはキチンとしています。Shooooot 私にそれが十分に良い 。

個人的には、私はITU709とITU709マトリックスの表現が好きです。 それの十分な色を持っています。 そして、私はあまりホワイトバランスで遊びません ….

ちなみに、実は本当は私は4Kで撮ることが好きでありません。しかし、仕事の為にスニーカーを撮ります、すべてXAVC S HD(1080P)で。
4Kはファイルがあまりにも大きいです、1080Pはプロジェクターで詳細を表示するのに充分良く、ディスクのスペースもずっと少なく、速く処理します。

このフォーマットがビデオのショットを可能にします。
-1枚の128GBのカードで、むちゃくちゃ撮れます
-SDカードをコンピューターに接続すると、とても速くコピーできます。
– 私のラップトップで非常に少ないスペース
-動画ソフトウェアへのロード は迅速 
-編集とレンダリングが速い
-そして、私がハンドブレーキ(ファイルを目立つ品質を犠牲にすることなく小さくします)のような圧縮ソフトウェアを使用したあと、他の人への移動にサーバーにアップロードすることができます。

数分間を越えて4Kを使う…その一方…苦痛なほど遅い

——

私は、1つ不満を言うとすればusbポートが2.0であるということです。 これは、残念です。 USB 3.0なら素晴らしいでしょう、反面、SDカードを取り外して、それを私のマック・ラップトップに接続することはたいした事でなくて、非常に速く重いビデオをコピーします。

——

もし、あなたが初心者で、しかし明るい昼間ものから夜間ものまで環境の多様性が必要で適切な写真とビデオを望んで、私のようにフラッシュを嫌って価格にも問題ないならα7SⅡはこの上なく素晴らしいです。
より高くなるISOのより高価なカメラがあります。しかし、しばらくの間、12メガピクセルのExmore CMOSより暗い光でよいセンサーはないでしょう。 (α7RⅡで使われたExmor R CMOSは違います。なぜなら、それは4倍の解像度 、バックライト照明を補うことに目的を持っているから)。

これを読んでいる、ほとんどの専門家、アマチュア、そして愛好家は、おそらく笑っています。

しかし、あなたが私のような初心者なら、うまくいけば、これは、少なくとも少し参考になるうかも。 2016-05-08


hosi2 私は、それに『D+』を与えます

私はビデオキットに使うためこのカメラを入手下このに興奮していました、これは小さく、暗くても上手く機能し…FPS オーバークランキング(スローモーション再生のための撮影)、4Kの解像。
良い画像品質-ソニーは特質、老舗ブランド…その他、完璧な音響部門。本当はそうではない。
あなたは疑うかもしれません – 画像品質は、(それゆえに余分なSTAR)、素晴らしいです。良いコーデックとSLog3なども
しかし、ビデオカメラとして、非常に小さいサイズはより多くの問題と利点を持っています。
手を維持することは難しいのでは 
ソニーのメニュー…深くて非常に完全な…は直感的に操作するのは困難です。実際、面倒くささは『A』です。そして、マニュアルは実にひどい(ソニーらしい)

そして、過熱があります。そうそう。過熱:

1)われわれは長い時間撮ります-ドキュメンテリー-インタビュースタイル-そして-
2)私は、そうすることができる便利な小さいカメラを必要としました、早回しは、そして、良いスローモー-そして-
3)4Kの解像度で我々の利用可能な移動を始めねばなりません…

うーん…時間の合理的な量のために、これらの三つのいずれかを実行すると、このカメラの過熱します。一貫して。
これは、ほんとに問題です。
この事実-少し使って、それを少し使って、これらの欠点について学ぶ機会があったこと-私は、それを返したいです。。出来ません。あまりにも遅い。それで、私は3000ドルのくそったれで困っています。

私は余分な数千ドルを精算するべきでした、そしてFS5かなにかを買うべきでした。大変失望しています。

もし私がこのカメラをお勧めすることができるとしたら、アクションカムを工夫してマウントし空気または何かを通してそれを送ること…いや…待って…チェック…それを行うことはできません、ローリングシャッター効果がひどいです。
ふーむ…何を勧めようか…おお、暗い場所。これは、暗闇の中で撮影することができます。もちろん映像はありません…これらの極端なISOイメージで使用できなくなりそう..そう..ダメだ。
私はこのカメラをお勧めすることはできません。

実際、あなたがこのカメラを買うことについて考えているならば、私はあなたへの提案をします:
私にあなたの3000ドルを送ってください、そして、私はやって来て2、3回あなたの顔を殴ります。
それは、より価値があります。 2016-05-04


hosi4 すこし癖がある素晴らしいカメラ

ニコンとキヤノン・カメラは、カメラマンによって設計されて、それからエンジニアとプログラマーによって作られるように感じます。
このカメラは、エンジニアやプログラマーのすべて行い、それは本当に気の利いた技術を提供しますが、いくつかの厄介なデザイン選択のように感じています。

長所
*映像が素晴らしいです。
* 24または30fpsの4k。
* 1080pスローモーション。
* 手持ちのための手ブレ補正。
* 低いアングルショットを手伝う液晶スクリーンは、上方を曲げることもできます。
* アイピースのビデオ・フィードは、昼間にビデオを屋外で撮ることに本当に便利です。
* Wi-Fiは、カメラから他のデバイスに写真を送ることができます。
* アダプターでキヤノン、ニコンまたは他のレンズが利用できる。

短所
* ビデオ用の録画ボタンは、あなたの親指または人差し指のところでありません。録画ボタンは、ボディの横の同一平面上にあり、上がりません。なので、あなたは三脚でない限り、対応するには、ほとんどスクリーンから目を離し録画ボタンを押します。これはおかしい。
* それに、拡大アイコンを持つボタンがある-あなたはフォーカスを会わす為のデジタルズームであると思うでしょう。いいえ。少なくとも、マニュアルレンズで動画を撮影しないとき。違う印がないボタンが、その機能のためにあります。
——–幸いなことに、あなたはボタンの一部を再プログラムすることができます – あなたはちょうどそれを行う方法を学ぶ必要があります———
* メニューは直観的ではない。あなたはキヤノンやニコンより多く探し回るかもしれない。
* スクリーンは、ソニーがケチったようです。 小さくて、あまりシャープではありません。 それは、ビデオのための焦点を難しくします。
私は決してピントがバッチリと感じたことがありません-むしろピントが少しずれたの判断する。これでビデオを撮っている多くの人々は、焦点を審査するために、別のフィールド・モニターを買っています。
しかし、私はPHOTOモードのビューファインダーがよりシャープのように感じます。
* 私はこのカメラでスチール写真を撮る方法を楽しみます、しかし、これはあまり高いメガピクセルでありません。 ソニーは、より多分フォト集中するモデルとビデオ焦点に集まられたモデルとを切り離しました-他のブランドと比べて。
* バッテリ寿命は、悪名高く短いです。 しかし、幸運にも、バッテリーはかなり安いので、多めに、またデュアル・チャージャを入手します。 私はそう頻繁にバッテリーの変更を避けるために縦位置グリップを入手しました。

えこひいきのなし
ソニーのボディはキヤノン5Dより小さいです、そしてニコンは対抗しました。
自分の手と感触の好みの大きさに応じて、それが心地よいか、不快なものである可能性があります。幸いなことに、持ちやすいです。
私は縦位置グリップ着けたα7SⅡの感触が好きです、着けなくても好きです。
小さなボディはバッテリーを変えるために時々分解しなりませんでした(キヤノン5DⅢよりもっと)なので私は縦位置グリップを着けたままにしています。縦位置グリップを購入した理由の一つがバッテリーをグリップからロードできるからです。

概要
私はキヤノン5DⅢを持っていました。
α7SIIは癖があるのですが、画質は大きな改良です。また、私はそれに満足しています。
それは奇妙さを持っています、しかし、ソニーはテクノロジーで速めるためのエレクトロニクスの影響力をもっています。 2016-04-25


hosi5 カスタムボタンが素晴らしい

これは、私のカメラのラインナップの素晴らしい追加になります。
私は、新しいカスタム・ボタン・オプションが好きです。 2016-04-21


hosi5 5つ星

夜に素晴らしい品質!!! 2016-04-18


hosi5 スチールとビデオのための映画撮影システム

このシステムは簡単に働きます。
5軸手ブレ補正は、写真とビデオの両方素晴らしい、どんな種類のビデオの撮影時にでも広範囲にオールドレンズを使う時それなしでは不可能でしょう。
また、S-LOG 2または3は、私の考えでは必要ない、それ自身のカメラが生み出すビデオは驚くべきものです。
低光量能力は既知の事実で、クリアなズーム画像はあなたがこのシステムつける、どんな単焦点で2倍のズーム能力を与えます。
私にとって、A7S IIに対する値において比較可能なカメラはありません、人間工学的に作動するハードウェアの固体の部分は、ビデオボタンのとんでもない配置などを他のボタンに適用することができる柔軟なカスタマライズができます。
ソニーは問題点なくこの怪物でやってくれました。 2016-04-16


hosi5 プロのビデオカメラマンのための素晴らしい製品

プロのビデオカメラマンのための素晴らしい製品。
このボディとツァイスのf/4 28-70mmと組んだ私の映像をみて多くの賞賛を頂きました。
私はα7Sも持っていて、第二世代のビデオカメラを非常に気に入っています、そのため複数台のカメラで多くのショットをとることが出来ます。

はい、確かにローリングシャッターです、しかし私の経験から、迅速かつギザギザモーションのような動作の映像があなたの被写体なら気にせず使わない、それがクライアントへの私の最終作品を妨害しないとともに、私の評価に影響を及ぼしません。 2016-04-11


hosi4 良い努力

きちんとした写真を撮る才能を持つすばらしいビデオカメラ(12メガピクセル)。
SLOG 2は素晴らしいですが、SLOG 3は低光撮影では非常にノイジーで推薦できません。
私は等級づけされた後でも色彩の熱烈なファンではありません、それは充分なパンチや飽和を持っていないように見えた。
それでも、良いビデオと適切な写真を撮るフルフレームカメラは、すばらしい製品です。 2016-03-27


hosi4 彼女は、来月、素晴らしい旅行をします

彼女にカメラを買ってあげたい、彼女は来月素晴らしい旅行をします、でも、このカメラが彼女にあまりにも重いかどうかはわかりません。 2016-03-24


hosi1 偉大なカメラは調整を必要とします

私はこのカメラの私のレビューを更新しています。
このカメラは安っぽく感じるだけではなく、フルフレームセンサーに値していない。
アプリは沈滞して、あるべき場所にボタンがありません。
このカメラの専門家を呼び出すには、侮辱であります。私はこれを2個買いました。
私はテレビのニュースで作業しています、これらのカメラは、低光の中で素晴らしいことだと思いました。
ぼくの言うことを誤解しないでください、これはほとんどのカメラよりも低光の中での見え方が驚くべき能力を持っています。
画像はシャープで、写真やビデオの品質は素晴らしいです。

しかし、2ヶ月後に電子ビューファインダーに切り替わらず、液晶画面も真っ黒になる問題が何度もでてきました。ソニーに言うと交換できないので修理で対応と言われました。
そう、カメラに3000ドル払って60日しか使えないなんて…
わたしの言うことは一つ、ソニーの機器はキャンディも含めてソニーどんなものも購入しません。 

SONY私はあなたと終わりです……… 2016-03-23


hosi5 「素晴らしい」が少し欠点が、しかしまた「素晴らしい」です。

素晴らしいカメラ、長時間の手持ちは信じられないほど不快です、なのでどうか自分の恩恵を支持して、バッテリーグリップを買ってください(もし、ビデオを撮るならバッテリーを積み上げてください)私は5時間の撮影に8個のバッテリーを使いました。
ソニーのバッテリーグリップを買ってください、非公式なものは、あなたの無作為に押すボタン、(たとえばスタート/ストップのビデオ録画ボタンのような)で失敗します。 2016-03-06


hosi5 5つ星

優秀なカメラ 2016-02-28


hosi5 屋外で撮影するなら、これを買え

ソニーからのもう一つの驚くべきカメラ。
ビデオやコンテンツを作成するための素晴らしい製品
私は屋外の制作会社を所有していて、このカメラは命の恩人です。
映像はすべて鮮明でとてもきれいです。 2016-02-23


hosi5 ローライトの王様

驚くべき4K映像だけでなく、驚くほどの低光の映像をゲット 2016-01-21


hosi5 素晴らしいカメラ。4Kが凄い

素晴らしいカメラ。4Kが凄い。手ブレ補正は私のような不安定な人に、ビデオ撮影で威力を発揮します。
私は今、手持ちのビデオを撮影することができます。低光下は素晴らしいです。 2015-12-15


hosi1 センサー上のドット落ち

センサーのドット落ちで来ました!
画像はGH4の遠く及びません、価格が高いのは4Kを内臓しているからだと思います、Slog3は、プロのカラーリストでもない限り使うのが最も難しいです、そしてそれはプロもキライです。 2015-11-5


hosi5 私は、A7S、キヤノン5DマークⅢ、およびニコンD810からアップグレードするべきか?

α7Sのオーナーとして、私は長い間この瞬間を待っていました。
それはアップグレードに値するか、または、あなたはA7RⅡかA7SⅡにアップグレードするべきであるか?
私は、キヤノン5DⅢとニコンD810から切り換えるべきであるか?

ISOノイズ比較
1/125、6400F4 1/500、12800F4 1/250、および25600F4 1/1000でいくつかの比較写真をとるのに夜を費やした後に、
ここには私の結論がある。
350%に拡大したフォトショップはα7SⅡはα7Sより総合的な優位さを見せてくれます。
α7RⅡでさえニコンD810とキャノン5DmkⅢよりISO感度が高く、低照度下で酷似したノイズパフォーマンスです、しかしα7SⅡはずっと良いです。
もし、あなたがビデオアーティストならα7SⅡをスチル写真を撮るならα7RⅡにしてください。
なぜなら、α7RⅡが解像度がいいからです。

オートフォーカス
α7RⅡは低照度下でニコンD810とキャノン5DmkⅢとほぼ互角で、α7Sとα7SⅡは両方とも遅いです。
α7Sとα7SⅡはコントラスト検出方式で一方α7RⅡとニコンD810とキャノン5DmkⅢはより速い位相差検出方式(α7RⅡは位相差検出方式/コントラスト検出方式の両方)
これはα7RⅡがスチル写真に向いているゆえんです。私は前のα7Rは持っていませんのでα7RⅡがどれほど速く完全されたかコメントは出来ません。

ビューファインダー
ニコンD810とキャノン5DmkⅢの一眼レフのビューファインダーに比べα7RⅡとα7Sとα7SⅡはEVFは低光の中で非常に明るく、容易に被写体を見ることが出来ます。

分析
α7SⅡとα7RⅡは4Kのビデオを撮ることが出来ます、加えてこれらは1280 x 720p/120fps(50Mbps)(50Mbps)も可能です、
しかし、フレームはかなり切り取られます。
A7SはHD60fpsと4Kを外部レコーダー利用してで撮るだけです。
一方、キャノン5DmkⅢはHD 30fps 、ニコンD810はHD60fpsしか撮れません。

重さ
α7Sは、1.08ポンド(本体のみ)
α7SⅡは、1.38ポンド(本体のみ)
α7RⅡ 1.38ポンド(本体のみ)
キヤノン5DのマークⅢは、1.89ポンド(本体のみ)
ニコンD810は、1.94ポンド(本体のみ)
A7sは5台のカメラで最も軽いです、そして、大きな一眼レフとα7Sの間のα7SⅡとα7RⅡの重量です。

ビデオ
α7Sとα7SⅡは、4Kで特にローリングシャッター問題で両方とも苦しみます
あなたがあまりに速くカメラをパンするならば、フルフレーム・センサーと高いフレームレートは多くの問題を引き起こします。
でも、クロップモード(Super 35mm相当)の撮影より良いです。しかしα7SⅡはクロップモードで4Kは撮影できない点に注意してください。

スタビライザー
α7SⅡとα7RⅡは5軸手ブレ補正が付いています、しかしそれはビデオを撮ることを目的としていません。
スチルショットの最高4.5段分の補正効果を提供しどんなレンズも使うことが出来ます。
もし、ビデオを使うときはDJIronin-Mやいっそのことジョッキー動作4軸ジンバルをおすすめします。
理由は内部センサースタビライザーの限られた角度制限です、あなたがより速く小さい制限ある角度を越えたら画はビビるでしょう。
手持ちのジンバル/スタビライザーは極めて大きな動きにも、特に垂直運動さえ安定させるターボ・エース・ジョッキーで、数百回である場合も補正するでしょう。

もし、あなたがビデオアーティストならα7SⅡをスチル写真を撮るならα7RⅡにしてください。もしくはF2.8の速いレンズを付けて5D/D810に留まるか。

アップデート
ジンバルで撮影 最新のビデオレビューを表示するには、 YouTubeに行くと「ジョッキーモーション浪人4軸」を検索
正直、私はα7SⅡに全く感動します、それをもってソニーがF2.8ズームレンズ発表知るのを待ちます。スチル写真のためには5DとD810を速いフォーカスのため使い続けます。 2015-11-3


hosi5 驚嘆

私は、キヤノン5DのマークIIからこの怪物へ最近切り替えました。 信じられない違い。

長所
– 4Kは衝撃的です。
– 120fpsは衝撃的です。
– 5軸手ブレ補正は衝撃的です。 全部の結婚式の手持ちで撮りました。
– 弱い光は衝撃的です。 高いISOは大きいです、5Dと比較すると軽いジョークですが、 5DがRazrカメラ(携帯のカメラ)のように見えます。
– クロップモードは役に立ちます。 私のような35mmのレンズがあるならば、あなたは現在35と50があります。 120fpsで、あなたもざっと80mmを持っています。 1つのレンズで3つの用途。

短所
– バッテリー
– クロップモードに切り替えるために、機能ボタンを使用できない。
– まあ高価である。

もしお金があるなら手に入れてください。 2015-11-3


hosi5 自主制作映画のための偉大なカメラ/猫のブロガー

これは、RX100M3と一年間の付き合いの後の、私にとってレンズ交換の出来る初めてのカメラです。
水を得た魚のように、メニューや特徴は私には嬉しい驚きで、小さい従兄弟であるように感じました。

私は、新しい機能に慣れて、実際、圧縮されていないRAW、より多くのビデオ設定、手順など、説明書は「AEL(露出ロック)」が何を意味しているかを私に教えることができなかった。

このカメラは依然として予約を受付中です、。
従って、私はソニーからサポートを見始めるけれども、入手可能なファームウェアアップグレード/ソフトウェアをチェックしましたが、現在、ソニーのウェブサイトはありません。

私はまだこのカメラの使い方が分からない一つは・・コントロールは着けるレンズによって変ります。
私はEマウントのフルフレームレンズを付けて、”FE”の意味しているものが分かりました。
Eマウントはこのカメラが完全にサポートするレンズの種類で、もしフルセンサーを使いたいなら、フルフレームのレンズを必要とします。

多くのオプションはありません。私は、35mmと85mの単焦点が欲しかった。
35mmの単焦点…問題ない。1600ドル、1.4fで使える怪物です、私は、その代金を払うために、宝石店で強奪した。
しかし、85mmのオプションはそれほど望んではいません。
現在、入手可能な最も近いFEレンズは、90mmマクロf/2.8レンズです。私が期待するほど速くは無い、まあまあです、しかし…その解像の良さにべたほめのレビューもあります。
プラス私の求めているボケ味を与えてくれるマクロのへの道を開けてくれます…私は黙って、それを買いました
(1000ドル … そのために小さい宝石店から奪わなければならないだけでした)。
その他、いくつかのレンズの評判も見ますが、このカメラを購入する前に、あなたが望むものを把握する必要がありあます。

あなたがわからない場合はレンタルウエブサイトからカメラをレンズと一緒にレンタルする方法を取ればいいです(私はレンタルドットコムを使います)
そしてそれれが気に入ったら、買えばいいです。

このカメラを買う1つの動機 … 主要な動機づけ … 私の映画製作です。
私は暗い映画撮影技術が好きです、そして、私はそれが私が利用できて欲しいです.
4Kの場面で、私の道を開くだろうと確信していました。
以前、短編映画の為にREDカメラを使っていました、けれどもこれがその品質に近づくとは思いませんが、それが私に同じジャンルのフィルムフェスティバルで競争することを可能にしてくれます。

私は非常に速い35mmf/1.4レンズを使って暗い光のビデオのテスト進めることを決めました。
ベッドの上の私の猫を光源を変化させパーンしながら最高の品質の24p100Mbpsで記録しました(テストは小さな照明キットとプラス小さなCFL電球(40W-60Wだと思う)の10×10フィートの部屋で200/500/750で)開放のf/1.4で

結果は?小さい電球は確かに、充分ではありませんでした、何千ものISOから始めればすべて見ることが出来ます、でも、ノイズがたくさん現れます。
しかし200Wのライトは実際に十分ISO100(ビデオで)で見ることが出来ました。そのテストからのスクリーンショットを添付しました。
image5

まだ少し暗いです、しかし、きれいです。 猫にパンしたので、私は27インチのコンピューター・モニターで少しのノイズも見ませんでした。
ノイズなしのISO感度を上げました。ISO1000でLUNA(猫?)は露出オーバーになりました。

これは私に驚くべき成果を収める創造的な自由を与えます、そして、映画祭的です。

寝ている猫を見ます?
私のカメラを換える私の他の動機を知って失望するでしょう、猫の映像です。

私はlittlechomper.comのブログを進め、私はもっと多くの(猫の?)動きの写真を撮りたいです。
部屋の中でジャンプする猫の写真を高速シャッターで撮ること もし、あなたが試したことが無いなら…難しい注文です。
RX100M3では非常に創造的ですが強い光にさらされ窓際あたりで1時間ほど突っ立っているのはつらいです。

私は、A7s2が私の苦難のための魔法の杖でないと報告しなくてはならない事が悲しいです。
窓の近くに立つ必要がありませんが、レンズ交換できるカメラは重いですし、猫を意図して目標に飛ばせるようにすることはおしりが痛くなる(時間がかかる)ことに気がつきました。

私は、常に首にストラップをつける予防措置をとります、そして、 … 私は、カメラにも保険をかけました。
しかし、それでも、私は、これに打ち勝つために、戦略とより創造的になる必要があります。

私は4Kスローモーション映像を活用しようとするつもりです。
4K解像度、スチール写真は十分に高い品質でなけらばなりません、そして、私はそれほど、シャッターの近くで姿勢を保つことについて心配する必要はありません
ピントは、気になりますが、正しい方法を見つけ出したら、私が欲しいショットをカメラが捕らえてくれるのは確かです。

関連ノート
5軸手ブレ補正は良く効きます。90mmレンズはレンズ内補正を持っています、35mmは違いますが気にしません。
α7SⅡはそれを内蔵して、たぶんレンズの安定化を助けます。
私は固定されているか、何かに乗せている以外に上手にマクロ写真をとることが出来ません。
しかし、ゆっくり息を吐き気を沈め1/60のシャッタースピードで行えば何とかなります

マクロについて言えば、私の90ミリメートルマクロに私の58ミリメートルキヤノン250Dクローズアップレンズを追加し硬貨のかなり素晴らしいクローズアップの写真を加えます。
あなたがそれを拡大撮影する時には、あなたはそこでいくつかの意外な色を見る 赤と緑色 … ひっかかれたコインとみなすか、たぶん、光量不足… 露出時間に頼っている。硬貨写真
image6

何をコメントすればいいのか?
私はカメラの位置をきっちり固定するのが好きです、安いカメラと違って(RX100M3のような)、しかし時々片手で撮ることもできます。
“C1, C2, C3, and C4″…すべてユーザー-カスタマイズ可能です。時間があるときにやっておきます。

最後に、私は画像処理に「Lightroom(アプリ)」より「Capture One(アプリ」を使います。
「Capture One」はいろんなISOレベルを通じて個々のカメラの実地のテストに基づいて個々のカメラのためのカスタムのプロフィールを提供してくれます。
従って、RAWイメージの処理を改善すると思います。ソニーのみのための非常に安いバージョンがあります。そのため私は愛用しています。
当初はA7S2のRAWイメージサポートされていませんでした、いまはすで。にアップグレード…バージョン8.3.4かな?RAW画像をシームレスにサポートします。

さあ、仕事に(予約からカメラを受け取ったわずか二日後の)戻ります 2015-10-31


ソニー直販ソニーストアの「α7SⅡ」のページ

 


hosi3 不可解な癖を持った素晴らしい高感度カメラ

ソニーA7Sの元所有者として、それが正確な同じセンサーを持っているのカメラがグレードアップする価値があるか、
私にはわかりませんでした。
しかし、歯を食いしばって、やってみた後に、私は、躊躇なしで、このカメラが立派な後継者であると言うことができます。

最初に
プロ(私は、A7Sに関して述べています)。
4Kの録画
特徴がオリジナルからとても不足して、これは喜ばしい追加です。ある人は4Kは必要ないといいます。
しかし、間違っています、充分な理由があります。
ビデオを切り取る能力は1080pにダウンスケールされたものは従来の1080pよりとても鮮明に見えます
4Kとそれを持っているのはすごい事です
私はα7RⅡのケースにある様なオーバーヒートの問題を経験したことはありません。

高感度
すでにあるα7Sより低照度下でノイズはより改善されています。この分野はいう事はありません。

14bitRAW
最初のモデルのRAWは圧縮されて私は気に入らなかったので現在のカメラは撮ってはるかに楽しいです。
14bitRAWで、私はもはやその圧縮について心配する必要はありません。

バッテリーライフ
専門的にビデオを撮る方の使い方によってバッテリーの寿命は変わります。
このカメラの恐ろしいバッテリイー寿命(約60分)は前のα7S(約40分)よりまだいいです。

本体手ブレ補正
もし、あなたが立ってビデオを撮るなら非常に役に立ちます。
動き回って撮るなら少し振れるかも、でもすぐになれると思います。
すごい数の写真を低照度で、シャッタースピードをほどほどに低く、画像は高解像でとてもハッピーです。

slog 3
私は slog 2が好きでした、OK slog 3を愛します。これは優れたlogです。階調の多量の等級、そして私はslog2よりカラーを直すことにもっと楽しんでいることに気がつきました。
消えた空は、過去のものです! (もちろん正しい露出で)。

オートフォーカス
市場にある一番優れたカメラより悪いです、しかし最初のショットを台無しにするバージョンより良いです。
私はDJIローニンのスタビライザーを使うのが好きです、私にはオートフォーカスが不可欠です。
何度a7sは単に前に歩いている被写体についていくことが出来なかったことか!
まだ決して完璧でないけれども、このカメラは被写体を追って非常により良い仕事をします。

カスタマイズボタン
あなたが単に録画ボタンをどんなに良い場所に配置することができても、多くの非難を受けますがそれは私たちがオリジナルのa7sで得なかったオプションです。

私にとっての最大の短所
8bit。ソニーは10bitにはボディは小さいと主張しますが、すこし大きくても良いと考えます
5軸手ブレ補正のためα7Sより少し大きいです、そして3000ドルの価格、私はそれが10bit422なら、
どのプロも少しのフレームの大きさの増加を気にするとは思いません

低照度内での能力、14stopのダイナミックレンジ、これは最後のミスです、私は数字のみの物言いをします、
なぜソニーはそれを省略しましたか。彼らはこの市場でベストのカメラに非常に近づいたのに、良い光源なら私のGH4の方が全体としていい画像です。
われわれに10bit422を与えてこのバトルを終わらせてください。

アップデート
HDMI出力に関連したメニューボタンが誤ってマッピングされています。
私はこのカメラでアトモス将軍を使用して、このレッスンを苦労しながら学びました。
あなたが外部モニターを使っていないならば、メニュー・システムは問題なく機能するようです。
しかし、あなたが外部モニターを使っているならば、ボタンは彼らがする行動と一致しません。あなたを騙します。

私は結婚式のための1080P 24FPSを記録したかったです。、HDMIメニューから1080P 24fpsのを選択した場合、出力1080P 60FPSになります。
しばらくの間まわりでそれをいじくり回した後に私は、解像度設定として1080iを選べばと気付ました。

1080iの選択でどういうわけか1080p24 fpsで記録することを可能にします。
もしあなたが、カメラの外部のモニタとメモリカードに記録するオプションを選ぶならばα7SⅡのモニターに表示されているもの何でも(オーディオ、ISO、etc)をレコーディングします。 そしてモニターのみの記録になります。

私は、まだ実際に両方を記録するボタンに遭遇していません。間違っているボタンは第三次世界大戦を引き起こすのではと心配しています。
つまり、すべて間違って配置されています。 2015-10-22


hosi5 もしビデオ一眼レフを探しているなら、そして余裕があるなら…買わないのは馬鹿でしょう

完璧ではありません。
私が2~3年前に考えていたものの想像を超えています。
容易に信じられない時代になりました

その欠点の多くは、私はマウントコンバータと縦位置グリップとXLRアダプターを追加することで克服しました。
シグマ50mmの芸術的1.4で、これはあなたの手で怪物のような感じがします。縦位置グリップでバッテリーを取換えずに結婚式全体を撮ることが出来ると想像します。

私を最も興奮させるのは、従来出来なかった異なったレンズの使用です…もはや問題はない。

これは、基本的に夜のカメラです、ISO 200,000そして夜の室外。
常にショックを受けるでしょう、これは文字通りナイトビジョンです。
今週の私の初の結婚式を撮ることが待ちきれない! 2015-10-19


hosi4 ニコンの10-24mmは威力を発揮します

ニコンの10-24mmはこのカメラで活きます、このレンズはどのような絞りでもシャープです。ワイド端、私は13mmあたりから素晴らしい15mmあたりまでで。マウントアダプターは良いです、ソニーの16-35mmよりかなり節約できます。

低照度下で大変良いです、ISO100,000 大したセンサーです、ISO40,000あたりで左端と上端にパープル/マゼンダがでてきます。
それは、私に悩みの種になっています、今、40,000といいましたか?
人間工学は素晴らしい、惹きつけられる

暗いところで画像の品質は素晴らしい、ノイズも非常に少ないレベルです、一部ノイズがありますがナイスです。
24fpsで流星群を撮りました、素晴らしい!ノイズはありますがリアルタイムに輝きます。

私はまたソニーの24-240mmレンズも、ペンタックスマウント(コンバーターで)Rokinon 24mm f1.4、f2.0で素晴らしい、f1.4ももちろんです。

私に支払っているクライアントは画像について何の問題も経験していません。
基本的にニコンのレンズ、Rokinonはソニーの16-35mmの何100ドルのものと一緒です。それは、私の役に立ちました。

手ブレ補正機構は素晴らしいです、ニコンの10-24mmは18mmでの撮影、フルフレームをカバー、APS-Cレンズでも充分、広角の素晴らしい合体、ソニーのフラグシップにニコン、これは適正か? 2015-10-18


hosi5 高感度のキングが帰ってきた

私の見解
α7Rの後継α7RⅡが発売でα7SⅡが発売されるのは自然の流れです。
一番上の特徴は、ISOの高さ、より静かなシャッター、14ビットの圧縮されていないRAW、4Kの内部の記録、5軸てぶれ補正、1080@ 120fpsです。
4Kの内部記録がユーザーが望んだ一番上の特徴として見られることができます。
あなたが元α7Sからアップグレードする場合、あなたはすでに外部レコーダーに投資していると思います。
私は、あなたが、もはや外部レコーダーを使い、新しいカメラに録画したくないかもしれないかも知れないと感じます。
5軸手ブレ補正は弱光での手持ちは大きいです、三脚での長い露光を行う事を変更させてくれるでしょう。
私は1220万画素センサーの大ファンですが(画素の大きさより)むしろ弱光のフォーカスの品質のより低いノイズの割合のファンです。

最重要点
14ビット非圧縮のRAW 、 4K映像内部記録、 新しい500,000サイクルの50%静かなシャッター、 5軸の安定化、より良いビューアファインダー 、より良い信号対雑音比。

ソニーは、 A7とA7Rにすでに導入された第2世代のバージョンを持ち、今A7Sに同じ処理を適用しています。
A7S IIは、前述の2台のカメラからの様々な特徴を混合し組み合わせました。

センサー
1220万画素のCMOSセンサーは改善したアルゴリズム処理のイメージを持っています。
アルゴリズムはより良いノイズの比率に変換してより良い信号を供給してくれます。
基本のISOは100-102,400であり、「夜~昼」に拡張された範囲は、驚異的なISO「50-409,600」です。

オートフォーカス
169のAF点(より高密度にセンターに詰められる)は、ほとんど全てのセンサーに提供します。
α7Sから改善されたコントラスト検出がα7SⅡに使用されています。
センサーは-4EVの低照度環境下でも合焦できます。

新しいシャッター
最高4.5EVより遅いシャッター速度は5軸安定化システム、から期待できる利点があります。
メカニカルのシャッターが使われる時に振動を低減する新しいシャッターと結合することは、弱光のシャッター条件でシャープさを増大させるでしょう。

ビデオ
オリジナルのα7Sは間違いなく弱光対応と4Kを探していたビデオカメラマンの道具になっています。
4Kの映像は、これまで外部レコーダー(Atmosのような)だけのレコーダーだけでした。
α7S IIは内部に記録することができます、したがって外部レコーダーに使うお金を追加のレンズに回す事が出来ます。

α7S IIは4K(3840×2160)24,25,と30ftpをサポートします、60か100にセットされたビットレート(CAB方式)はXAVC Sフォーマットで記録されます。
カメラは4:2:0 color spaceをサポートします。
ソニーピクチャープロファイルのプリセットは、カラー値、ホワイトバランス、ガンマ値のシフトを可能にします。
S-Gamut3.Cine S-Log3, S-Gamut3 S-Log3コントラストカーブはいまやプロフィールセッティングを通してアクセスされます。
カラーの等級付けで最高の結果を今はあっさりと出来ます。
これらの特徴の追加はマルチカムのプロジェクトには有益です、そして色の等級付けの時間を少なくしてくれます。

RAW
ソニーは最近、カメラの設定は、 14ビットの圧縮または非圧縮のRAWファイルの選択を可能にすることを発表しました。

EVFと液晶パネル
α7Ⅱから、α7SⅡも早い反応、写真家の意見を明快に持った2359296ドットのゴージャスなEVFを着けました。
パネルは、いろんな人がタップでフォーカスの合う素晴らしいタッチスクリーンを望んでいたでしょうが、あなたは3インチ1,228,800ドットの角度の変わるスクリーンを得たのです。

接続性
α7SⅡはNFCとWifi(2015年主力モデルの標準仕様)で連結を強化 2015-10-16


  
海外の皆さんのレビューいかがでしたか?
レビューをまとめてみました。

 
皆さんに共通している意見は低照度撮影が非常に優れている!
・「高いISOでの低いノイズに感銘を受けた」
・「どんな照明の状況でも写真/ビデオを撮ることができるカメラ」
・「夜遅くのシーンは、昼間のように見ることができます」
・「驚異的なISO「50-409,600」」
・「人の顔をかろうじて見ることができるイベントスペースで素晴らしい仕事をする」
・「安価なレンズでも低光機能を使うことができる」
・「これは、基本的に夜のカメラです」
・「写真やビデオの撮影方法を変えました」などなど
 皆さんの評価が大絶賛でした、このカメラに興味のある方の一番の注目点でしょう。

5軸手ブレ補正については
写真は高評価ですが、このカメラ購入の目的がビデオ撮影の方も多く
・「どんな種類のビデオの撮影時にでも広範囲にオールドレンズを使う時それなしでは不可能でしょう」
・「手ブレ補正は私のような不安定な人に、ビデオ撮影で威力を発揮します」
・「5軸手ブレ補正は実際上手く動作します」
 と高評価の反面
・「あなたが立ってビデオを撮るなら非常に役に立ちます、動き回って撮るなら少し振れるかも」
・「5軸手ブレ補正は内部センサースタビライザーの限られた角度制限でビデオを撮るには不足?」
・「手持ちのジンバル/スタビライザーは極めて大きな動き(特に垂直方向)にも安定させる」
 などのアドバイスがありました。

オートフォーカスについては
・「センサーは-4EVの低照度環境下でも合焦できます」
・「α7SⅡはコントラスト検出方式で速くない」
・「私はフォーカスピーキングへの愛を学んだ」
・「市場にある一番優れたカメラよりは悪いです」
と検出方法でα7RⅡより劣っていると考える方のほうが多いようです。

動画については 
・「高フレームレートの動画を撮影する機能はこの価格で超素敵です」
・「ビデオ画像は間違いなく私の5Dやパナソニックより優れています」
 4K画質が良いのは当然として
・「4Kはファイルが大きすぎる、1080Pはプロジェクターで詳細を表示するのに充分良く、ディスクのスペースもずっと少なく、速く処理します。」
 仕事での撮影では
・「私の映像をみて多くの賞賛を頂きました」
・「私にとって、A7S IIに対する値打ちにおいて比較可能なカメラはありません」
・「4Kで特にローリングシャッター問題で苦しみます、あまりに速くカメラをパンすると、フルフレーム・センサーと高いフレームレートは多くの問題を引き起こします」
・「われわれは長い時間撮ります-ドキュメンテリー-インタビュースタイル-などでオーバーヒート―使えない」
・「α7RⅡのケースにある様なオーバーヒートの問題を経験したことはありません」
 ※このカメラはプロの方が非常に多いのが特徴のようです。

バッテリー寿命
・「ソニーのバッテリーで約45-85分の使用量を得ています」
・「弱いバッテリーの寿命(したがって2個持って行く)」
・「他のカメラで1000枚を超える枚数に対し平均300枚の写真」
・「静止画のためだけなら、たしかに5.6時間はOK」
・「1/4日でバッテリーがなくなります。使い物にならない」
・「私は一日の使用に3個のバッテリーで大丈夫といいます、気になるなら4個」
・「頻繁にバッテリーの変更を避けるために縦位置グリップを入手しました」
と相変わらず評判は良くありません、予備のバッテリー2個は必要なようです。

その他
・「メニューは直観的ではない」、「実際、面倒くささは『A』です」と相変わらず他メーカーから移行のユーザーには評判が悪いです~ カスタマイズボタンで何とかクリアできる?
・「実際に無音のサイレント撮影が良い」
・「アイピースのビデオ・フィードは、昼間にビデオを屋外で撮ることに本当に便利です」
・「液晶画面でピントが合っているかどうかを確認するのは難しい」「外部モニターをお薦め」
・「あなたがビデオアーティストならα7SⅡをスチル写真を撮るならα7RⅡにしてください。」

用途について
・「結婚式でビデオを撮影するために入手した私の新しいカメラです(あの5D mk2から移りました)これは素晴らしいです!」
・「暗い展示会部屋、またはホテルの舞踏室、または夕方アウトドアイベント、およびフラッシュなしで、きちんとした写真で、山ほどの写真をとることができる唯一のユニット」
・「私は結婚式からコマーシャルまですべてを撮影するために、これを使っています」
・「もう一度、結婚式の映画製作ビジネスを楽しませてくれた!」

 「結婚式で使用する」とレビューされていた方が多いですね
フルサイズ画角で画素加算のない全画素読み出しの4K撮影が可能であることに加え、HDでも間引きのない読み出しが可能なため高解像な撮影が可能です。プロに選ばれたカメラということだと思います。

 

ソニー直販 ソニーストア
圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジ、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正 α7SⅡ ボディ  ILCE-7SM2
α7SⅡ  35mmフルサイズミラーレス

ストア価格:338,880円+税~ (2017年04月28日現在)

ソニーストアの納期と価格を見る

ソニーストアで購入すると
■送料無料
■24回払い 分割払い手数料0% (2017年04月28日現在)

■提携カードで3%off
■3年ワイド保証が無償 (2017年04月28日現在)
■ソニーID登録ですぐに10%off クーポン利用可※すでに登録済みの方は自動で反映されます

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「α7SⅡ」には現在「3年ワイド保証」が付いています。
うっかり落として破損・急な雨での水ぬれ・火災の保証まで広範囲に対応する保証です。
また、追加料金がかかりますが「5年ワイド保証」もあります。

 

ソニーストアではこんなサービスも扱っています

新サービス「αあんしんプログラム」とは?
デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。
ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、特典が受けられます。
さまざまなサービスを用意されていて、より安心・快適なカメラライフをサポートしてくれます。

 

α7Ⅱプレミアムキャンペーン

キャンペーン実施期間:
2017年11月3日(金)~2018年1月12日(金)

対象モデル:
カメラ本体コース

レンズコース

 

サンクスフェア
さらに抽選で2018名に ¥10,000- キャッシュバック

対象モデル:
ヘッドホン&スピーカーキャンペーン、4Kブラビアと組み合わせてもっと楽しもうキャンペーン、αプレミアムキャンペーンのいずれかに応募する方対象です。
※サンクスキャンペーンのみの応募はできません、対象キャンペーンに応募した方が自動的にソニーサンクスフェアに応募されます。

対象期間:
ヘッドホン&スピーカーキャンペーン、4Kブラビアと組み合わせてもっと楽しもうキャンペーン、αプレミアムキャンペーン、それぞれの実施期間に準じます。

 

 

Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/α7sm2.jpg?fit=500%2C375https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/α7sm2.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラα7SⅡ,一眼カメラ  ソニーデジタル一眼カメラ α7SⅡ ボディ ILCE-7SM2 高感度・広いダイナミックレンジを実現、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ   国際宇宙ステーション船外で、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功!   α7SⅡ(α7Sm2、ILCE-7SM2)の皆さんの評価 出来る限り更新しています 2017年12月05日現在  ケーブルがない どのように交換を入手するか分からないが、これは購入に含まれているHDMIケーブルにマイクロHDMIなしで配送された。 私はそのアイテムを入手したいと思います。 2017-11-06  専門家はいないはず... ソニーのサービス会社であるPrecision Cameraが修理依頼の電話を返さない時、プロフェッショナルはソニーのこの素晴らしいカメラやカメラを使用しないでください。 2017-11-04  惑星系で最悪のサポート!... 同様の悪い経験をするまで、悪いソニーのサービスについて聞いていました。 ありがたいことに、カメラはレンタルでした! 今、ソニーは間違った方向を見ています。 彼らは割増金のためのソニー認定のサービスを作成しようとしている - あなたは2-3個のソニーのフルフレームのボディと2-3のソニーのgmasterレンズを所有しなければならないことを意味し、これらの高価で簡単に壊れるおもちゃを所有するすべての人々を完全に無視します。 偉大な技術とゼロのサポートを持っているので、サッサとしなさいソニー。 あなたのテレビのブラビアと同じです - 私はあなたのソフトウェアチームに連絡することができた1ヶ月の電子メールの後で - 彼らは次のアップデートでバグが修正されると私に言いました - そして1年後、アップデートは来ました。 スグに店をたたんでください!! ... 2017-10-30  もし、キャノン80Dとこのカメラが赤ん坊を作ったならば... 私はこのカメラをほぼ1年間持っていました...そして、私はそれが好きだと言わなければなりません...私はそれを愛していません...しかし、私は本当にそれが好きです。 私は何かを撮影するのにカメラが必要な人間です。 フォーカスを素早く引き出す必要があります。被写体が動いているので、オートフォーカスが必要です。(私が厳密にビデオの使用を話していることを覚えておいてください) 私はCanonのカメラに慣れています...これは、より品質の良いビデオを撮れるフルフレームの4Kカメラだと思ってCanon 80Dからこれにスイッチしました、そして、ラン&ガン(臨機応変に撮る)のタイプのように感じと言えます、私は80Dでキャッチしたと思ったいくつかの瞬間をミスしました。 このカメラの長所 キヤノンのカメラよりもきれいできれいに見えます...疑問の余地がない。 4K撮影はアメージングです。素晴らしい。 カスタムボタン(いくつかは慣れ親しんでいます)が、私は常に変化するものを見つけるためにメニューを掘り起こす必要があります。 内部の手ブレ補正。とにかく私のカメラがジンバルに90%の時間乗っています。 でも、自分がジンバルを使って撮影することは少ないのに気がつきました、手持ち撮影している間に自分のイメージを安定させるのに素晴らしい仕事をしているからです。 その小型で軽量で、非常に耐久性があります。 明らかに低い光性能は素晴らしいです...しかし、正直言って、私は実際には低照度下ものさえ十分に撮影していません...  私のこのカメラの短所は次のとおりです: オートフォーカス(ビデオ中)それはOK ...多くの人がワイドオートフォーカスモードで撮影すると言います...しかし、私はすべてに焦点を当てることを望んでいません...私はメーンの被写体が望みです。 80Dはタッチスクリーンでタップするのがとても簡単で、タッチした被写体を追跡してフォーカスを維持します。 このカメラはシネマカメラと比較されているので、私はショットを設定し、焦点を得る時間を取ることを意味していることを、しっかり理解しています...しかし、それは私が撮影する方法ではなく、このカメラの長所の80D以上を望んでいた私にとって十分ではありません 。 メモリプリセットを保存すると、メモリカードが消えます。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします