SEL135F18GM 海外のレビュー「オートフォーカスは速く、非常にシャープな開放絞りです」

SEL135F18GM レンズ

ファンタスティックレンズ

私はカメラとレンズの購入を徹底的に調査しています。
素晴らしいレンズは素晴らしいイメージの鍵です-別に秘密ではありません。
全体的なレビューはすべて肯定的でした。
実例はすばらしかった。
また、InstagramやFlickrで、私が使うであろうα7RⅢとα7RⅣのボディの画像を見ました。旅行が好きです。
撮影した画像を見て、このレンズはコントラストがはっきりしていて、フォーカスも速く、作りもしっかりしていると感じました。
唯一の欠点は値段と重さです。
あなたはお金を払うだけのものを手に入れ、私はその重みを受け入れよう。
これが、かなり期間その価格を保つ事を期待します。
これで、高速で焦点距離が固定されたレンズのチェックボックスがすべてチェックされました。
ソニーの50mm f1.4レンズを補うために購入しました。
私はこのレンズにとても満足しており、お勧めします。 2019-10-07


シャープで速い

レンズはデザインが良くポートレートに最適です。
儀式やパフォーマンス、詩の朗読など、光やフラッシュが禁止されている場所で撮影することがよくあります。
カメラをマナーモードにしてこのレンズを使うと、85mmレンズよりもずっと後ろに立って撮影できます。 2019-10-06


驚異的なスピードとシャープさ!

まだポートレート撮影で使ったことはありませんが、娘の高校のサッカーの試合でα7Ⅲで使ってみました。
選手たちの目を意識して走っていました!
もっと安くしてほしいのはわかっていますが、使ってみると値段がわかりますよね! 2019-10-01


美しいレンズ

このレンズはシャープで素晴らしいフォーカスシステムを持っています。
ポートレート用の素晴らしいボケ味で、85mmよりも好みです。
これまでのところ、これは私にとって初めてのGMであり、その価値は十分にあります。 2019-09-22


低照度のスポーツにすばらしい

私は、テネシー州の田舎で、高校のスポーツを撮影しています-野外照明は、通常、標準以下です。
α7RⅢで撮影し、このレンズを買ったのは、ISOを低く保ちながら許容できるシャッタースピードを使うためです。
この前の金曜日にそれを試してみて、結果にとても満足しました。
フルフレームモードとAPS-Cモードを切り替えるようにプログラムされたボタンがあり、プレイの方向に応じて135mmと202mm当量を素早く切り替えることができます。
添付の写真は、金曜日の私の結果の典型です。 2019-09-21
※なぜか添付の写真はありませんでした


50年以上の写真で私が所有した最高の135

私は1967年にペンタックス用の135mm F 2.8レンズを購入して以来、動物用と人間用の135mmレンズを所有し使用しています。
それ以来、ニコンやソニーのカメラに何度も使用していますが、このGMレンズが一番です。
Zeiss Apo-Sonnar F/1.8(ニコンマウント)やSigma F/2.0のように、F/1.8からフィールドを横切って非常にシャープです。
優れたフォーカス移行とボケ味で、シグマよりも色とコントラストが少し優れています。
Zeiss Batisよりも、ポートレートの演色とボケがずっと良いです。
Nikon135mm F 2.0 DCのように、レンズにある色収差をすべて含まない焦点ぼけレンダリング。
高速で確実なAF。
シグマ(少なくとも私の手には!)よりもバランスとハンドリングが優れています。
結論:今まで所有した中でベスト135! 2019-09-07


絶対に私が今まで使用した中で最高の135mm高速レンズ。

このレンズは特に、暗いところでの作業に最適です。
この夏のステージで試してみて、すぐにお金を持ってレンタルショップに返却しました。
私はそれ以来少なくとも10回の低照度ステージパフォーマンスを撮影しており、このレンズに最高額を支払ったことを後悔していません。 2019-08-28


信じられないほどの画質

このレンズは素晴らしいです。
フォーカスが速くて静かで、画像は今まで見たどの画像よりも鮮明です。少し重いですが、それだけの価値があります。
これは私が今まで所有した中で最高のレンズです。 2019-08-17


単分子のようにシャープで見つけるのが難しい

長所:
-テストのよると非常にシャープ
-絞り制御リング・シネレンズのような絞りリングの切り換え機能
-サムスンのレンズのようなコントロールボタン(デフォルトでは 「フォーカスホールド」 に設定されていますが、再割当可能です。)
-フォーカスリミッター

短所:
-プラスチック感のボディ(最新のシグマのレンズを手に入れれば、その理由が分かります)
-高価(しかし他のGMのレンズのように過度に高くはない)この文章を書いている時点(2019年8月上旬)では、ソニーの135mm GMはまだ見つからない。
これを買うために他の店に行かなければなりませんでした。
ありがたいことに、これの価格設定は、他のGMレンズのいくつかほどばかげていません。
テストで言われているほどシャープなので、ここではあまり詳しく触れずに、精細な画像が得られるとだけ言っておきます。
他のソニーのGとGMのレンズ同様、ボディは少しプラスチックのように感じる(特にシグマ・アート、メタル・キャノンL、ロキノン・ジーン・レンズを使っているなら)。
しかし、Lens Rentals(アメリカのレンタルショップ) は135mm GMを引き裂いており、内部には問題がなかったため、この外郭はあまり関係はない。
多くのレンズとは異なり、このレンズには追加機能があります。
私の古いSamsung NX1からは見たことのない2つのオンレンズボタン(同じ機能しか持たない)があり、最初はフォーカスホールドを有効にするように設定されているが、ほとんどの撮影機能に割り当てることができる。
通常の望遠レンズに見られるようなフォーカスリミタースイッチがあります。
私が気に入っているのは、シネレンズによく見られる絞りリング切り換えスイッチです。
「A 」に設定するとカメラの絞りが変更されますが、数値には一目瞭然です。
パッケージの内容はかなり標準的です:ストラップ付きソフトケース、レンズフード。 2019-08-07


非常にシャープ

ソニーの瞳AF+このレンズ=素晴らしい 2019-08-01

タイトルとURLをコピーしました