USBダイレクト接続ICレコーダー『ICD-UX560Fシリーズ』先行予約販売中

オーディオ

image

image1 2015年11月7日発売予定

狙った音をしっかり録(と)れて、一人一人の発言がはっきり聞こえる。USBダイレクト接続ICレコーダー

image2

しっかり録音!大切なシーンを録り「逃さない」ために

 講演会やセミナーなどで便利な、声を狙い録りできる「フォーカス録音」搭載。指向性が強く、前方の録音対象をしっかりフォーカスして録音します。さらに遠くの音や小さな音を聞きやすい音で録音できる「Sマイク・システム」、ノイズを低減する「ノイズカットフィルター」や「ローカットフィルター」も搭載。大切なシーンをしっかり録り残せます。

 詳しくはこちら

image31

 

はっきり再生!大事な発言を聞き「逃さない」ために

 発言者の位置関係を強調して、声が重ならずに聞こえる「ワイドステレオ録音」搭載。また「クリアボイス機能」により不要なノイズも抑えて一人一人の発言がはっきり聞こえます。さらに再生速度の調節などができる「書き起こし用再生」を使えば、インタビューの書き起こしや議事録作成なども快適に行えます。

image30

 

薄い・軽い&すぐに使える!貴重な録音チャンスを「逃さない」ために

 薄さ約10.5mm、重さ約52gのコンパクトなボディは持ち歩きにも便利。約3分の充電で約1時間の録音ができる「急速充電」にも対応しているので、急な会議などの際もすぐに使えます。

image29

 

高音質で録音する

狙った音をしっかり録れる「フォーカス録音」

 録音対象の両サイドの音を抑えることで、前方の音をしっかり録音。指向性が強く、狙った音にフォーカスできるので、講演会やセミナーなど広い会場での録音やインタビューに役立ちます。

image28

 

遠くの音や小さな音までクリアに収音する「Sマイク・システム」

 独自開発の内蔵マイクと内部の録音システムを組み合わせることでダイナミックレンジが広がり、高感度と低ノイズを実現。遠くの音や小さな音をより聞きやすい自然な音で録音します。

image27

 

録音のクオリティーを追求したマイクデザイン

 クオリティーの高い録音を実現するために、マイクを左右前方に向けたデザインを採用。全指向性マイクを搭載しているので、遠くの音や小さな音をより聞きやすい自然な音で録音できます。

image26

 

非圧縮「リニアPCM録音形式」対応

 原音をありのままに録音するため、楽器演奏や野外での生録など、臨場感あふれる高音質で記録できます。MP3などと異なり、音源を圧縮せず音楽CDと同じフォーマットである「44.1kHz/16ビット」録音に対応。大切な音源をオリジナルのCDとして残すことも可能です。また、汎用性に優れる「MP3」にも対応しています。

image25

 

MP3形式で長時間録音

 汎用性の高いMP3形式での録音に対応。MP3録音形式(192kbps)で、会議や講演会などをICD-UX565Fなら79時間30分(*)、ICD-UX560Fなら39時間45分(*)録音できます。

 * 内蔵リチウムイオン電池を使用して連続録音/再生する場合、途中充電が必要です

image24

 

録音時に音声以外の周波数を低減する「ノイズカットフィルター」

 音声以外の高周波・低周波を低減する録音フィルターを搭載。インタビューなどの際に効果的です。

 

 録音時にエアコンやプロジェクターのファンノイズなどを低減する「ローカットフィルター

 会議やインタビューなどの録音時に、耳障りなプロジェクターの風切音などのノイズを低減します。

 

録音に便利な機能

録音環境に応じて最適なマイク感度に自動で設定する「おまかせボイス」

 録音の際、入力音圧レベルを適正に判断して最適なマイク感度を自動で設定。わずらわしい感度設定を行わなくても自動的に適切なレベルで録音できるので、録音した音が小さすぎる(大きすぎる)などの設定ミスを防げます。

image23

 

用途に応じて最適な録音設定ができる「シーンセレクト」

 「おまかせボイス」、「会議」、「講演」、「ボイスメモ」、「インタビュー」、「歌・音楽」、「バンド(大音量)」、「Myシーン1」、「Myシーン2」の9種の録音設定を搭載。さまざまな録音シーンに合わせて、録音モードやマイク感度などの録音に必要な項目を、一括でおすすめの設定に切り替えることができます。

image22

 

録音時のレベルがひと目でわかるピークメーター

 録音中は、録音レベルがひと目で確認できるピークメーターが表示されます。内蔵マイクの方向や音源からの距離を調節したり、内蔵マイクの感度を設定して、録音中の入力レベルが-12dB付近になるようにしてください。

image21

 

音を感じて自動的に録音が可能な「VOR(Voice Operated Recording)録音」

 音を感じて自動的に録音。わずらわしいポーズ/ストップ操作が省けるので、会議やインタビューに便利です。

 ※ VOR機能は周囲の環境に左右されます。状況に合わせてマイク感度を切り替えてください。マイク感度を切り替えても思いどおりに録音できないときや、大切な録音をするときは、メニューで「VOR」を「オフ」に設定してください

 

 通話を録音できる電話録音用マイクロホン付属(ICD-UX565Fのみ)

 受話器をあてる側の耳にマイクロホンを装着して、携帯電話や固定電話での会話を録音できます。クリップ・ウインドスクリーンも付属しているので、ピンマイクとしても使用できます。

image20

 

高音質で再生する

声が重ならずはっきり聞こえる「ワイドステレオ録音」

 左右の定位を強調することで声の重なりを減らして、ステレオ感を向上。人の位置関係が明瞭になり誰の発言かわかりやすくなるので、聞き取りや書き取りが快適です。

 ※ ICD-UX565F/UX560Fにヘッドホンは同梱していません

image19

 

ノイズを抑えて聞きやすい音声で再生できる「クリアボイス機能」

 音声以外のノイズを低減し、声の大小を自動調整して聞きやすいクリアな音になります。

 

再生に便利な機能

インタビューの書き起こしや議事録作成などに便利な「書き起こし用再生」

 ひとつのファイル内で10秒(*)の早送り、3秒(*)の早戻しができます。また、再生速度を調節する機能と組み合わせて使えるので、議事録などの書き起こしの際に便利です。

 * 初期設定値です。メニューモードで設定の変更ができます

image18

 

録音日や録音シーンから直感的にファイルを探せる見やすい画面

 明るい有機ELディスプレイに、ファイル名などを見やすい文字で表示。録音日や録音シーンから、ファイルをすぐに見つけられます。

image17

 

再生中に一定秒数の早送り、早戻しができる「イージーサーチ」

 再生中に一定秒数の早送りを設定できるイージーサーチ送り、一定秒数の早戻しを設定できるイージーサーチ戻しが可能。また、通常の「リピート再生」機能に加え、任意の区間を設定し、リピート再生が可能な「A-Bリピート」も可能です。

音程は自然なままで再生スピードを変更できる「DPC(速度調節)」機能

 再生速度を0.25倍速から3.00倍速の間で調節できる「DPC(Digital Pitch Control)」を搭載。音程はデジタル処理により、自然に近いレベルで再生します。また、書き起こし用再生中も再生速度を変えられます。

image16

 

聞きたい位置からすぐに再生できる「トラックマーク」

 再生時の頭出しや分割位置の目印にできるトラックマークを付けられます。録音中/再生中/録音一時停止中/再生停止中にトラックマークボタンを押すだけで、録音部分にトラックマークを記録。マークを付けた位置からいつでも再生が可能になります。1つのファイルに98個まで設定できます。また、「自動トラックマーク機能」を搭載しているので、5分、10分、15分、30分の設定をすることで、等間隔でトラックマークを自動追加することもできます。

image8

 

録音日からファイルを簡単に検索できる「日付検索」

 録音した会議などの日付から聞きたいファイルをすぐに見つけられます。

image15

 

その場ですぐ録音内容を確認。本体にスピーカー搭載

 大きな音で聞きやすい口径16mmのスピーカーを搭載。録音したその場で録音内容を確認できます。

image14

 

こだわりの使いやすさ

薄型・軽量で持ち歩きやすいコンパクトサイズ

 バッグやポケットにすっきり収まるサイズなので、気軽に持ち歩いて録りたいときにすぐに録音できます。

image13

 

USBダイレクト接続(充電機能付き)

 直接パソコンと接続できるスライド式USB端子を搭載。USBをスライドさせてパソコンとダイレクトに接続すれば、ケーブルいらずで音声や音楽ファイル、データを転送できます。また、パソコンと接続するだけで簡単にUSB充電が可能です。本体のUSB端子部分は、収納カバー付でほこりが入りにくい設計になっています。

image12
image11

 

 約3分の充電で約1時間の録音ができる急速充電対応

 リチウムイオン電池を採用し、約3分の充電で約1時間の録音が可能。急な会議などにも対応できます。本体のUSB端子でパソコンとダイレクトに接続するか、付属のUSB ACアダプター(ICD-UX560Fは別売)で家庭用電源と接続して充電できます。

image10

 

充実のスタミナ。約27時間(*)の連続録音が可能

 内蔵充電式電池の持続時間は最長約27時間(*)。長時間の録音にも対応できます。

 * 録音モードをMP3 192kbps/MP3 128kbps/MP3 48kbps(モノラル)に設定した場合。電子情報技術産業協会(JEITA)規格による測定値です。使用条件によって短くなる場合があります

 

 文字が見やすくてわかりやすい有機ELディスプレイ

 大画面ディスプレイを採用。録音データのファイル名やフォルダー名、メニュー画面などを日本語で表示し、ファイルの管理も簡単です。また「ID3-TAG対応」により、MP3ファイルに記録された情報や曲名、アーティスト名なども表示できます。ディスプレイには視認性の高い有機ELディスプレイを採用し、暗い場所でも見やすく便利です。

image9

 

押しやすい操作ボタン

 側面に配置されたボタンを前面ボタンで操作できるようにし、機能メニュー(ホームボタン)と設定メニュー(オプションボタン)を分けることで使いやすさを追求。ファイル検索や設定操作が簡単です。

image8

 

キャリングポーチ、USB ACアダプター(ICD-UX565Fのみ)付属

 持ち歩きに便利なキャリングポーチを付属。ICD-UX565FはUSB ACアダプターも付属しているので、外出先などパソコンがない環境でも、家庭用電源から充電できます。

image7

 

ミュージックプレーヤー機能搭載

 MP3/WMA(*1)/AAC(*1)(*2)/WAVファイルをパソコンから転送し再生が可能。ポップス/ロック/ジャズなどの音楽に合わせて音質を変えられるので、臨場感のあるサウンドを楽しめます。また、MP3ファイルに記録された情報や曲名、アーティスト名なども「ID3-TAG対応」により表示が可能。曲名やアルバム名、アーティスト名から簡単に検索して再生できます。

 *1 著作権保護されたWMA/AACファイルは再生できません
*2 AAC-LC形式に対応しています

image6

 

FMラジオが聞ける・録音も可能

 FMラジオチューナーを内蔵。FMラジオを楽しんだり、聞きながらの録音も可能です。

 ※ FMラジオを受信する場合、ヘッドホンがFMアンテナの役割をします。別売のヘッドホンを接続してご使用ください(ヘッドホンは付属されていません)

 

 ワイドFM(FM補完放送)(*)に対応

 AMラジオの番組をFM放送の周波数で聞けるので、ビルやマンションなどAM放送が入りづらい場所でもクリアな音質でAMラジオ番組を楽しめます。

 * ワイドFM(FM補完放送)とは、AM(中波)放送局の放送区域において、難聴対策や災害対策のためにFM(超短波)の周波数を用いて、補完的にAM番組を放送することです。FM補完局にかかわる開始時期、放送局、使用周波数、聴取可能エリアなどは地域によって異なります。詳しくは、各地域のラジオ局ホームページなどをご覧ください
※ FMラジオを受信する場合、ヘッドホンがFMアンテナの役割をします。別売のヘッドホンを接続してご使用ください(ヘッドホンは付属されていません)

image5

 

FMラジオ放送局を自動で登録

 地域設定から現在いる地域を設定すると、地域に応じたFMラジオ放送局を自動でプリセットリストに登録できます。プリセットリストには、3つの地域を登録可能で、通勤・通学などで受信地域が変わっても切り替え、ラジオを聞けます。

 ※ FMラジオを受信する場合、ヘッドホンがFMアンテナの役割をします。別売のヘッドホンを接続してご使用ください(ヘッドホンは付属されていません)

 

FMラジオなどの録音時に便利な「スリープタイマー」

 あらかじめ設定した時間が過ぎると自動的に電源をオフ。時間の決まっているラジオの深夜番組や会議、講演の録音時などにタイマーを設定しておけば、無駄な電池の消耗を防げます。

 

 microSDHC/microSDXC対応

 別売のメモリーカードを使用すれば、内蔵8GB(ICD-UX565F)/4GB(ICD-UX560F)のメモリーを拡張可能。会議、おけいこ、音楽など、用途に応じてカードの使い分けや、より長時間の録音が可能になります。

 ※ 4GBから32GBのmicroSDHCカード、64GB以上のmicroSDXCカードをご使用になれます

image32

 

フォルダー名やファイル名の編集が可能

 本体のフォルダー名やファイル名の編集が可能。同日に似たような会議、講演などがあっても分類して管理できます。

 

 データストレージ機能

 音声や画像、またテキストデータなども、内蔵メモリーにパソコンから取り込んで保存できます。

 

 Windows(R) / Mac(R) OS対応

 Windows(R) / Mac(R) 両方で使用可能です。

 必要なパソコンのシステムについては「ICレコーダーサポート・お問い合わせ」をご覧ください

 ※ 付属のパソコン用ソフトウェア「Sound Organizer 2」は、Mac(R)非対応です

 

 パソコン用ソフトウェア「Sound Organizer 2」(サウンドオーガナイザー)

 録音したデータを簡単に編集・再生・管理できるソフトウェア「Sound Organizer 2」を付属。会議の議事録作成、語学学習、音楽再生などをサポートします。パソコンならではの楽しみ方が広がります。

 ※ 「Sound Organizer 2」はMac(R)非対応です

image34
image35

 

image2

⇒【ICD-UX560Fシリーズ】の商品詳細

 

 

オーディオ

Posted by konishi