ハイレゾ対応ヘッドホンが同梱された機種も出たNW‐A25HN,NW-A26HN,NW-A27HN,NW‐A25 ウォークマンA20シリーズ

ウォークマン

image

 

特徴

ハイレゾの高音質を場所を選ばず楽しめる、ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能搭載 。
ハイレゾ音源などを豊かに再生する高音質技術 。
小型モデルながら、高音質設計もさらに進化 。
最大30時間のハイレゾ音源再生に対応。
大容量の音源を持ち運べるmicroSDXCメモリーカードに対応。
microSDカードスロットを搭載し、microSDXCメモリーカード64GB以上にも対応することで、さらに多くの高音質ファイルの保存が可能。

ソニーのプレスリリース

image1

圧縮しない、この快感

自分のスタイルにあわせて選べる6カラー。シンプルかつ高品位なデザイン

一枚のプレートから切り出したようなシンプルかつ高品位なコンパクトボディを、複数の色を混ぜ合わせるのではなく、色味をまとめてひとつのトーンでカラーリング。自分のスタイルにぴったりのカラーをお選びいただけます。また、同じカラーコンセプトの別売ステレオヘッドホン「h.ear on(MDR-100A)」と組み合わせれば、ハイレゾをスタイリッシュにお楽しみいただけます。

詳しくはこちら
h.ear onについて詳しくはこちら(ハイレゾリューション・オーディオ対応ステレオヘッドホン
h.ear×Walkmanについてはこちら

※ 32GBモデルはビリジアンブルー(L)、チャコールブラック(B)、ボルドーピンク(P)、シルバー(S)の4色。64GBモデルはチャコールブラック(B)、シルバー(S)の2色

image2

「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」搭載(*1)。対応ヘッドホンを付属(*2)

ハイレゾ音源を再生しながら、周囲の騒音を低減できる「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。シチュエーションを選ばず、いつでもどこでもハイレゾの高音質を楽しめます。また、NW-A27HN/A26HN/A25HNには「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」に対応した、本体カラーと同色のヘッドホンが付属しています。

詳しくはこちら

*1 NW-A27HN/A26HN/A25HNに付属のヘッドホン、または別売の対応ヘッドホン(MDR-NW750N)を使っているときのみ有効です。周囲の騒音がまったく聞こえなくなるわけではありません
*2 NW-A27HN/A26HN/A25HNのみ

image3

ゾクゾクする音楽体験、ハイレゾ音源対応

音の情報量がCDの約6.5倍(*1)あるハイレゾ音源に対応。高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*2)を搭載し、繊細な空気感や臨場感あふれる、きめ細やかなサウンドを体感できます。また、MP3などの圧縮音源やCD音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリング(*3)する「DSEE HX」(*4)を搭載。いつも聴いている楽曲がハイクオリティーに生まれ変わります。

詳しくはこちら

*1 192kHz/24bitの場合
*2 ワイヤレスリスニング(Bluetooth(R)接続時)およびFMラジオには無効です
*3 最大192kHz/24bit相当まで拡張
*4 音楽再生時のみ有効です

image2

CDを超える高音質、ハイレゾ音源対応

音の情報量がCDの約6.5倍ある(192kHz/24bitの場合)ハイレゾ音源に対応。楽器やボーカルの生々しさ、演奏の場にいるような空気感、本来アーティストが伝えたかった世界観や想いまで体感できます。ハイレゾ音源はWAVやAIFFといったリニアPCM方式、FLAC、Apple Losslessなどの可逆圧縮コーデック(*)にも対応しています。

もっとハイレゾを知ろう!「はじめてのハイレゾ」はこちら

* データ量を大幅に圧縮しながらもデコード時には元の情報を完全に復元できるオーディオコーデック

image4

ハイレゾ音源を忠実に再現するフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*)

高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。小音量から大音量までディテールを維持した高音質を実現し、迫力ある低音のエネルギー感やスピード感とともに、繊細な空気感までリアルに再現。CDよりも豊富な情報量をもつハイレゾ音源を、心震える臨場感で体感できます。

* FMラジオ使用時、ワイヤレスリスニング(Bluetooth(R)接続時)には無効となります

image6

圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源(*)にアップスケーリングする「DSEE HX」

CDやMP3などの圧縮音源を、ハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源に自動でアップスケーリング。ビットの拡張やサンプリング周波数を高め、最大192kHz/24bit相当まで拡張。今まで貯めた音楽資産もハイレゾ相当の繊細な高音質で楽しめます。

* 最大192kHz/24bit相当まで拡張

image9

「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」搭載(*1)。対応ヘッドホンを付属(*2)

常に周囲の騒音を分析し、その場に適したノイズキャンセルを自動選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」により周囲の騒音を低減。またハイレゾ音源にも対応した「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」に進化し、シチュエーションを選ばず、いつでもどこでもハイレゾの高音質を楽しめます。

*1 NW-A27HN/A26HN/A25HNに付属のヘッドホン、または別売の対応ヘッドホン(MDR-NW750N)を使っているときのみ有効です。周囲の騒音がまったく聞こえなくなるわけではありません
*2 NW-A27HN/A26HN/A25HNのみ

image5

 

ハイレゾ品質での再生に対応したソニーのヘッドホン(別売)

NW-A25でハイレゾ品質の音を楽しむには、ハイレゾの再生周波数域に対応したヘッドホンが必要です(非対応ヘッドホンでも楽曲は再生可能ですが、ハイレゾならではの音域を楽しむことはできません)。ハイレゾ品質での音楽再生に対応したソニーのヘッドホンを使用すれば、A20シリーズで再生されるハイレゾ音源のクオリティーを存分に堪能できます(NW-A27HN/A26HN/A25HNに付属のヘッドホンはハイレゾ対応です)。

ハイレゾ再生、スタミナ約30時間(*)

* FLAC 192kHz/24bit。設定条件により異なります

image6

音質を追求した、高音質化設計

ZXシリーズや、ポータブルヘッドホンアンプPHA-2と同様の技術手法を採用するなど、ハイレゾ対応オーディオプレーヤーとして音質を徹底的に追求。ケーブルや基板、本体フレームなどに選び抜いたパーツを多数採用しました。こだわりの高音質化設計により、ハイレゾ音源だけでなくさまざまな音源を高音質再生できます。

素材を見直し、さらに品質が向上した「高純度無鉛高音質はんだ」を採用

何千箇所にもおよぶ部品接続用の「はんだ」に、ハイエンドオーディオで使用しているソニー独自開発の「高純度無鉛高音質はんだ」を採用。音質を追求し素材から見直した純度99.99%以上の超高純度のすずに微量元素を最適の比率で配合し、低域・中域・高域の自然なバランスに加えて、臨場感をより豊かにします。

image14

低抵抗ケーブルを採用し、重厚な低音を実現

すべての高音質を支える電源部を強化。電池部に通常より断面積が1.5倍ある抵抗が低いケーブルを採用。ハイエンドモデルのZXシリーズと同様の技術手法を用いることで、力強く、重厚な低音を実現しました。
image7

厚膜銅箔プリント基板で、濁りのない音色に

プリント基板に、ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2と同じ技術手法を採用。電源基板に伝導率がよく、安定した電源供給が可能な、従来より約2倍の厚さの厚膜銅箔プリント基板を使用しています。ボーカルの定位の向上や、広々とした空間表現、濁りのない音色を再現します。

image8

プリント基板にフィルドビア(Filled VIA)構造を採用

プリント基板のVIA部分を銅メッキで穴埋めすることで電源の安定、配線インピーダンスの低減をはかり、より引き締まった低音と伸びやかな高音、透明感のあるボーカルを再現します。

コンデンサーに「POSCAP」を採用し、透明感のある音質に

フルデジタルアンプ「S-Master HX」の電源に、従来のセラミックコンデンサーではなく「POSCAP」を採用。NW-ZX1でも採用されている「POSCAP」は、低音から高音まで安定して良質な電力を供給できるので、ノイズが少なく透明感のある音質を可能に。

※ 「POSCAP」は三洋電機の登録商標です

image9

本体フレームにアルミダイキャストを使用し、安定した音質を実現

アルミダイキャストフレームを使用することで高い剛性を確保。電気的なノイズなど不要な外乱に強い構造のため、ノイズが入りにくく、安定した音質を実現。

自然で広がりのあるクリアなサウンドを再現「クリアフェーズ」

演奏やボーカルを際立たせ、自然で広がりのあるクリアなサウンドを楽しめます。

image10

引き締まった力強い重低音「クリアベース」

音量を上げても、ひずみのない引き締まった重低音を再生。ジャズのベース音などを力強く再生します。

image11

本来のステレオサウンドを実現「クリアステレオ」

本来のステレオ感を損なう原因となっていた左右ヘッドホンへの音の混在を抑え、クリアなステレオ感を実現しました。

image26

ソニーのいい音を手軽に楽しめる「クリアオーディオプラス」

細かい設定をすることなく、かんたんな操作でソニーおすすめの高音質を手軽に楽しめます。

高音質をより身近に。世界最小・最軽量(*)のハイレゾ対応オーディオプレーヤー

横幅約43.6mm、厚さ約8.7mm、重さ約66gと、ハイレゾ対応オーディオプレーヤーとして傑出した軽量・コンパクトボディを実現。感動の高音質をより気軽に、スタイリッシュに持ち歩けます。

* ハイレゾ音源対応のデジタルミュージックプレーヤーとして(体積比)。2015年9月時点(ソニー調べ)
※ 外形寸法は突起物除く

image12

アルミ素材を使った上質なボディ

本体前面の外装にスピン仕上げの金属(アルミ)を使用。1枚のプレートから切り出したようなシンプルかつ高品位なデザインに仕上がっています。

image13

中間色を採用した、自分のスタイルにあわせて選べる6色のカラーバリエーション

※ 32GBモデルはビリジアンブルー(L)、チャコールブラック(B)、ボルドーピンク(P)、シルバー(S)の4色。64GBモデルはチャコールブラック(B)、シルバー(S)の2色

image14

image15

画面を見なくても楽曲操作ができるハードウェアボタンを装備

ハードウェアボタンを搭載。本体前面に音楽や動画の再生/停止、曲送り/曲戻し、本体サイドに音量調節など、主な操作ボタンを配置。電車の中などで、ウォークマンをバッグやポケットに入れたまま、画面を見ることなく操作ができるので便利です。また、ポケットやバッグの中での誤作動を防ぐホールドボタンを装備しています。

image16

microSDメモリーカードに対応(*1)

たとえば、64GBモデルの『NW-A27HN』に128GBのmicroSDXCメモリーカードを使用すれば、192GBまでメモリー拡張が可能に。約1200曲(*2)以上のハイレゾ音源を持ち歩けます。

*1 64GB以上のSDXC規格にも対応しています。保存曲数によっては、microSDメモリーカードの読み込みに時間がかかる場合があります
*2 FLAC 96kHz/24bitモード時。1曲を4分で換算。曲数は目安です
※ すべてのmicroSDメモリーカードへの対応を保証するものではありません。著作権保護されたコンテンツの転送や、おでかけ転送機能には対応していません
※ microSDメモリーカードは別売です
※ ハイレゾコンテンツを含んだプレイリスト情報をウォークマン(R)に転送したい場合は、「Media Go」をお使いください。microSDカードにダイレクト録音、もしくはBluetooth受信したコンテンツをパソコンに取り込みたい場合は、「Media Go」をお使いください

image17

内部メモリー、外部メモリーを意識せず操作可能

内蔵メモリーとmicroSDメモリーカード内の楽曲はまとめて管理され、アルバム名/アーティスト名/ジャンルなどで検索できます。メモリーの違いを意識せず直感的に操作できるので、聴きたい曲をすぐに選曲できます。

image18

デジタル出力に対応(USB Audio対応(192kHz/24bit))

ポータブルヘッドホンアンプやUSB DACアンプと接続

ポータブルヘッドホンアンプ PHA-3やUSB DACアンプUDA-1(*)とのデジタル接続が可能。非同期伝送方式(Asynchronous)により、USB転送時に発生するジッターを極小化することで高音質を実現します。

* 別売のハイレゾ・オーディオ出力用 USB変換ケーブル WMC-NWH10が必要です

image19

image1

「Media Go」で、さまざまなコンテンツを一元管理

「Media Go」はPC内の音楽やビデオ、写真、ポッドキャストなどをまとめて管理できるPCアプリケーション。各コンテンツの取り込み/再生/ウォークマンへの転送を一括して行えます。ウォークマンに加え、Xperia(TM)、Xperia(TM)Tablet、PSP(R)などさまざまなソニー機器へのコンテンツ転送に対応。「Media Go」ならお持ちの複数の機器のファイルを一元管理できます。

image20

ドラッグ&ドロップでかんたん転送(*1)

ビデオ・写真に加えて、音楽ファイルもドラッグ&ドロップによる転送に対応。またジャケット写真や曲名・アルバム名・アーティスト名などを表示することもできます。また、iTunesのミュージックライブラリー画面で曲名を選んでドラッグ&ドロップ転送することもできます。(*2)

*1 ドラッグ&ドロップ転送をした著作権保護された音楽ファイル(音楽ダウンロードサイト「mora」(モーラ)などからダウンロード購入した楽曲)は再生することはできません。ドラッグ&ドロップ転送した音楽コンテンツは、「x-アプリ」上では表示されません。また、プレイリストの転送はできません
*2 すべての機能をサポートしているわけではありません
※ iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です

image34

Macからの転送にも対応

簡単転送アプリケーション「Content Transfer for Mac」に対応。Mac上の音楽・ビデオ・写真を「Content Transfer for Mac」へドラッグ&ドロップすれば、ウォークマンの最適なフォルダに自動で振り分けて転送できます。また、「iTunes」のミュージックライブラリー画面からもドラッグ&ドロップが可能です。

image21

PlayStation(R)3とつながる

PlayStation(R)3 のHDD に貯めた音楽・ビデオ・写真をウォークマンへ転送して再生できます(*)。また、ウォークマンに保存してある音楽・ビデオ・写真を、PlayStation(R)3 経由でテレビに出力して大画面で楽しめます。

* ウォークマンでの再生に対応していない音楽・動画・静止画の形式があります
※ PlayStation(R) 3は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商品です。“PlayStation”、“プレイステーション”および“PS3”は同社の登録商標です

image22

torne(トルネ)(TM)やnasne(ナスネ)(TM)とつながる

torne(トルネ)(TM) やnasne(ナスネ)(TM)からウォークマンへビデオの書き出しが可能です(*)。お気に入りの番組をウォークマンで持ち出して、外出時や通勤・通学時などに楽しめます。

* torne(トルネ)(TM) の「アップデートver.4.1」(無料)を実施後、有料コンテンツ(500 円)を購入することにより書き出し可能になります
※ “torne(トルネ)”、“nasne(ナスネ)”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です

image23

コンポとつながる

マルチコネクトコンポやドックコンポから、CDの音楽やラジオ番組をウォークマンに録音(*1)して持ち歩けます。FM/AMラジオ放送のタイマー録音(*2)も可能です。

*1 録音モードはREC ALL(全曲録音)/REC1(再生中の曲を録音)/REC PGM(好きな曲を選んで録音)の3種類
*2 一部対応していない機種があります。 詳しくはシステムステレオサイトをご覧ください

image40

ワイヤレスで楽しむ

ウォークマンの音楽をワイヤレスリスニング

Bluetooth(R)機能搭載。Bluetooth(R)ヘッドホンやBluetooth(R)スピーカーとワイヤレスで接続。さまざまなシチュエーションで、ウォークマンの音楽を快適にワイヤレスリスニングできます。

image24

高音質コーデック「LDAC」(*1)に対応

ソニーが新たに開発したLDACは、既存技術(*2)に比べ最大約3倍の情報量を伝送します。LDACに対応した機器間では、ハイレゾ音源をはじめ、お持ちのさまざまな音源を高音質でワイヤレスリスニングできます。

LDACについて詳しくはこちら

*1 LDACは、ソニーが開発した高音質コーデックです 
*2 Bluetooth(R)A2DPのSBC(328kbps/44.1kHz時)

 

image41

高音質・低遅延のaptXコーデックに対応

一般的なSBCコーデックだけでなく、より高音質・低遅延のaptXコーデックにも対応。aptX対応スピーカーと組み合わせれば、よりいい音でワイヤレスリスニングできます。

image25

「NFC」でワンタッチ&ワイヤレスリスニング。はじめてのBluetooth(R)接続がかんたん

「NFC」搭載のヘッドホンやスピーカーなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで行えます。ペアリングモードをONにし、接続端末を検索、接続しなければならなかった従来のBluetooth(R)接続が、タッチするだけでペアリングから接続まで一気に完了できます。

image26

タッチでかんたん接続&切断

ウォークマンをNFC搭載のヘッドホンやスピーカーなどにタッチすると接続機器の電源がONになり、Bluetooth(R)接続が完了します。ウォークマンをBluetooth(R)接続中のヘッドホンやスピーカーなどにタッチすると、Bluetooth(R)接続を切断します。

image27

タッチでかんたん接続切り替え

Bluetooth(R)接続中に他のNFC搭載機器にタッチすると、接続中の機器とのBluetooth(R)接続が切断。タッチした機器とのBluetooth(R)接続が完了します。たとえばBluetooth(R)ヘッドホンで音楽を聴いているときにBluetooth(R)スピーカーにタッチすれば、ヘッドホンで聴いていた音楽がスピーカーから流れだします。

image28

ファイル送受信機能

ウォークマン同士はもちろん、携帯電話やスマートフォンともワイヤレスでファイルの送受信が可能(*)。携帯電話で撮った写真をウォークマンに転送して、ウォークマンで閲覧したり、壁紙に設定したりできます。

* Bluetooth対応のウォークマンと携帯電話をワイヤレス接続する必要があります
※ お客様個人として楽しむなどのために、ウォークマンで再生可能なコーデック(対応コーデック)のファイルを転送することができます。お客様個人として楽しむなどのほか、他人の著作物を許可なくファイル転送することは、著作権法で禁止されています。著作権保護されたファイルの送受信はできません。一度に送受信できるのは1ファイルずつで、1ファイル当たりの最大容量は4GBです

image29

音楽と一緒に歌詞も楽しめる「歌詞ピタ(TM)」

再生中の音楽に合わせて歌詞を自動でスクロール表示。歌詞を読みながら音楽を楽しめます。

※ 「歌詞ピタ(TM)」サービスに会員登録することで歌詞の検索・ダウンロード(有料)が可能になります。あらかじめ「x-アプリ」または「Media Go」および、株式会社シンクパワーが提供する「歌詞ピタ(TM)」アプリをPCにインストールする必要があります
※ 1曲分の歌詞データは1台の「歌詞ピタ(TM)」対応ウォークマンへ転送可能です。一度ウォークマンへ転送した歌詞データを「x-アプリ」または「Media Go」に戻すことはできません
※ ダウンロードした歌詞データは、「x-アプリ」または「Media Go」上で表示および編集はできません。歌詞の表示はウォークマン上でのみ可能です
※ 「歌詞ピタ(TM)」サービスは株式会社シンクパワーが提供するサービスです。提供会社の都合により、予告なく「歌詞ピタ(TM)」サービスが中断または終了し、歌詞データを新たにダウンロードすることができなくなる場合があります。あらかじめご了承ください。 「歌詞ピタ(TM)」サービスの会員登録の方法や、歌詞データ取得の詳細は株式会社シンクパワーのホームページをご覧ください

image30

株式会社シンクパワーのホームページはこちら

14チャンネルから選べる「おまかせチャンネル」

ウォークマンに貯めた曲を12音解析技術により14のチャンネルに自動分類。チャンネルを選ぶだけで、気分や時間帯に合わせたウォークマンおすすめの曲を楽しめます。また、忘れていた曲とも出会えます。

[おまかせチャンネル]
アクティブ / エモーショナル / ソファラウンジ / ダンスフロア / エクストリーム / アップビート / リラックス / メロウ / 朝のおすすめ / 昼のおすすめ / 夕方のおすすめ / 夜のおすすめ / 深夜のおすすめ / 全曲シャッフル

※ 曲によっては印象と異なるチャンネルに分類されることがあります

image31

アルバムスクロールでジャケット写真を見ながら検索

音楽再生中にボタン操作でジャケット写真をスクロールできます。ジャケット写真を楽しみながら、聴きたいアルバムを探せます。

image32

アラーム&スリープ機能

お気に入りの音楽で目覚めるアラーム機能

ウォークマンの音楽をアラーム音に設定できるので、いつも聴いているお気に入りの曲で目覚めることができます。

image33

音楽を聴きながら眠るスリープタイマー機能

スリープタイマー機能を搭載。設定した時間が経過すると自動的に再生が停止するので、お気に入りの曲を聴きながら眠りたいときなどに便利です。タイマーは30分単位で120分まで設定できます。

image34

お気に入りの写真を再生

PCアプリケーション「Media Go」やPlayStation(R)3から写真を転送して、ウォークマンで楽しめます。

image35

FMラジオを楽しむ

FMチューナーを内蔵(*)。外出先でもお気に入りの番組をクリアな音で楽しめます。

* 受信周波数はFM:76.0-108.0MHz

image36

FM補完放送(*)に対応

AMラジオの番組をFM放送の周波数で聴けるので、ビルやマンションなどAM放送が入りづらい場所でもクリアな音質でAMラジオ番組を楽しめます。

* FM補完放送とは、AM(中波)放送局の放送区域において、難聴対策や災害対策のためにFM(超短波)の周波数を用いて、補完的にAM番組を放送することです。FM補完局にかかわる開始時期、放送局、使用周波数、聴取可能エリアなどは地域によって異なります。詳しくは、各地域のラジオ局ホームページなどをご覧ください

image37

PCなしで、かんたん録音・らくらく編集

別売のケーブルでつないで、ウォークマンにダイレクト録音

CDプレーヤーなどのオーディオ機器とウォークマンを別売の録音用ケーブル(WMC-NWR1)で接続。シンクロ録音を選択すれば、曲の再生開始にあわせて自動で録音がスタート。曲が終了すれば自動で録音もストップするので、とてもかんたんです。

image38

別売の文字入力パッドで、曲情報をらくらく編集

別売の文字入力パッド KPD-NWU10をウォークマンに装着。携帯電話でメールを打つ感覚で、曲名やアーティスト名などをスムーズに入力できます。

image39

 

image1

 

ウォークマン

Posted by konishi