α7、α7R FAQ集小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答

2018年3月23日デジタル一眼カメラ

 小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答

α7Rbanar35mmフルサイズ”Exmor”CMOSセンサーを採用。ソニー独自の最先端プロセス技術で圧倒的な高解像度と高感度、低ノイズを実現しました。

「α7R」と「α7」の違いはなに? 今回それぞれのモデルのターゲットユーザーとして、「α7R」は既にフルサイズ一眼をお持ちで、より高い解像感の画質を求めるお客様にお使い頂けるよう、36Mローパスフィルターレス仕様のイメージセンサーを搭載いたしました。一方、「α7」は初めてのフルサイズ一眼ユーザーを含めより広いお客様にお使い頂きたいと考えており、あらゆるシーンでバランスの良い画質が得られ、かつ像面位相差による快適なAFを実現するイメージセンサーを搭載致しました。また、ボディ外装材質についてもα7Rはトップに加えて前カバーにもマグネシウムボディを採用し、軽量化、剛性度の向上を実現しております。
機能の差分が少ない中で、なぜここまで値差があるのか 搭載しているイメージセンサーの違いや、外装の材質等、「α7R」はご満足いただけるような内容の価格設定としております。想定しているお客様と総合的な商品性を考慮し、今回の価格設定とさせて頂きました。
「α7R」のイメージセンサーは新規開発ですか? 新規開発です。
「α7R」のイメージセンサーのギャップレスオンチップレンズ構造及びオンチップレンズ位置の最適化は「α7」のイメージセンサーには搭載されているのか? ギャップレスオンチップレンズ構造ではありませんが、オンチップレンズの最適化は行っています。
「α7」のイメージセンサーはα99と同じイメージセンサーか? 同じです。 (RX1は電子先幕なし、像面位相差AFなし。 ‘α99、「α7」は電子先幕あり、像面位相差AFあり。)
「α7」のイメージセンサーには光学ローパスフィルターが搭載されているのか?されているのであればなぜ「α7R」のように光学ローパスフィルターレスにしなかったのか? 今回、それぞれのモデルのターゲットユーザーとして「α7R」は既にフルサイズ一眼をお持ちで、より高い解像感画質を求めるお客様にお使い頂けるよう、36Mローパスフィルターレス仕様のイメージセンサーを搭載いたしました。一方、「α7」は初めてのフルサイズ一眼ユーザーを含めより広いお客様にお使い頂きたいと考えており、あらゆるシーンでバランスの良い画質が得られるイメージセンサーを搭載致しました。
「α7」の光学ローパスフィルターは多点分離か?違う場合はなぜα99やRX1から変えたのか? 「α7」のローパスフィルターは、このモデルに最適化した、α99等とは異なる光学ローパスフィルターです。
「α7R」は光学ローパスフィルターレスだがモアレや偽色は大丈夫なのか? シーンによりモアレや色偽の影響が起こりうる場合もあります。「α7R」はそれよりも解像感に力点を置いた機種です。
光学ローパスフィルターレスの機種がこれで複数になったが、Image Data Converterで何か特別な対応しているのか? 特に対応はしていません。
BIONZ Xの処理能力は従来のBIONZと比較してどのくらい進化したのか? BIONZ Xは従来のBIONZと比較し圧倒的な高速処理能力でリアルタイムに見たままの質感や高精細感を忠実に再現可能になりました。具体的にはディテールリプロダクション技術、回析低減処理が新規搭載されているほか、エリア分割ノイズリダクションも進化しております。
BIONZ Xの処理速度は従来(α99)比何倍か? 3倍です。
BIONZ Xと新世代になったが何が進化したのか? 負荷の高い画像処理も高速で並列処理する事が出来るようになったことで、リアリティのある圧倒的な高画質を実現しました。
36Mになることで処理時間がかかると思うが、従来機種と比べて悪くなっているのか? 一般的に、画素数が増えるとその分処理時間も増加する方向になるが、  高速処理を実現できるBIONZ Xを採用することで、処理時間の増加を抑えています。
高速フロントエンドLSIは’α99に搭載されているLSIと比較して何が進化したのか? より処理精度を進化させ多画素対応および像面位相差精度・点数の増加を実現しました。 さらに画像処理能力を向上し高精度・高解像度な現像前処理を担っております。
16bit画像処理はBIONZ Xの中で行われているのか? BIONZ Xというシステム全体の中で適応的に16bit処理を行っています。 より処理精度を求められるようなプロセスに対して適応的に処理bit数を拡張し、画質性能を落とさずに高速処理を実現するシステムになっています。
16bit画像処理をしているのにイメージセンサーからの出力が14bitなのはなぜか? イメージセンサーからの出力は性能バランスを考えたうえで14bitとしております。
イメージセンサーからの出力が14bitなのに、画像処理は16bitとうたわれているが、どういうことなのか? より広いダイナミックレンジや高精細な画作りを行うために、画像処理段階ではきめ細かな演算を行っています。
BIONZについて、これまで名称を変えてこなかったのに、なぜこのタイミングで名称を変えた? BIONZはこれまでも進化を続けてまいりましたが、今回ハードウェアおよびソフトウェア両面において大幅な進化を遂げ、結果としてカメラにおいてお客様にこれまでに無いベネフィットを提供できる為、新しい名称とさせて頂きました。
今後はBIONZの名称は世代ごとにつけて行く方針ですか? 今後もBIONZの進化に取り組んでまいりますが、今後の方針については回答を控えさせて頂きます。
Xの意味は何か? 新世代感を表現するためにXと名付けました
BIONZ Xは「RX10」のものと同じか? 基本的には同じですが必要な最適化を行っています。
「α7R」と「α7」の画質はどちらが良いのか? 一概に優劣をつけることはできませんが、製品コンセプトとして「α7R」は「α7」に比べて解像を重視した画質設計をしています。
「α7」とα99の画質はどちらが良いのか?トランスルーセントミラーがなくなったことは影響しているか? トランスルーセントミラーの有無によって画質差分はありません。 「α7」はBIONZ Xの導入により、解像感/質感を向上させています。
トランスルーセントミラーで感度は下がっているのでは? 機能としての感度は、信号処理を含めて様々なファクターを踏まえて決まるので影響ありません。
「α7R」とRX1Rはどちらが高画質か?解像感はどちらが高いのか? 定量的な解像差分についての回答は差し控えます。 被写体やシーンの状況、撮影条件によって解像に差が生じます。
動画の画質は「α7R」と「α7」で違いはあるか? 「α7R」のほうが「α7」に比べて元の画素数が多いため、より高精細な映像が得られます。
エリア分割NRが進化したというが、何がどう進化したのか? エリア分割ノイズリダクション処理に要していた時間を低ISO感度設定時で最大従来比約半分まで短縮化しました。また、ディテールリプロダクション技術と合わせて、高感度時でも従来以上に解像感を高めながら効果的にノイズを抑え、クリアで抜けの良い高感度画質を実現しました。
ディテールリプロダクション技術とは何か? シャープネス処理のことか? 撮影条件や被写体に応じた適応的なシャープネス処理、コントラスト処理を複合的に用いる技術を指します。 デジタル特有の輪郭強調を抑え、被写体を忠実に描写します。
回折低減処理とは何か? レンズの特性に応じて、回折による画質劣化をカバーするような処理を行う信号処理技術です。 絞りに応じて最適なフィルタ処理が適用されます。
回折低減処理は絞りを絞った状態でしか効果がないのか?最適なフィルタはどのレンズでもマッチングするのか? 絞りに応じた最適なフィルタ処理が適用されます。 基本的にどのレンズにおいても処理効果はありますが、その詳細についての回答は差し控えさせていただいております。
回折低減処理はどのくらいまで絞っても効果があるか?効果が出るのは絞りいくつからいくつまでか? レンズ性能や画素数(画素サイズ)に依存しますが、レンズごとの効果の詳細は差し控えさせていただきます。 (1型のRX10よりは小絞りでも効果あり。)
マウントアダプタを経由した時は、ディテールリプロダクション技術、回折低減処理は有効なのでしょうか? 有効です。
ディテールリプロダクション技術、回折低減処理はRAWデータでも使えますか? JPEGのみになります。
RAWで撮影して、後から同梱ソフトでディテールリプロダクション技術、回折低減処理を適用できますか できません。
ディテールリプロダクション技術、回折低減処理は、ユーザーがON/OFF選択できますか? できません。
ディテールリプロダクション技術、回折低減処理は、どんな撮影条件でも一律に同じ処理がかかるのか? レンズの絞り値等様々な条件により処理を変えています。
回折低減処理は、古いレンズやマウン トアダプター経由の場合は効果があるのか? 効果はあります。個々のレンズが元から持っている光学性能の特性、レンズの特性データがどれぐらいきめ細かく得られるか等、諸条件により効果の度合いは一律ではありません。
回折低減処理は、最新のレンズと古いレンズやマウントアダプター経由では効果に差があるのでしょうか? 個々のレンズが元から持っている光学性能の特性等にもよりますが、最新のレンズの方がよりきめ細かな情報に応じた処理をかけることができます。
回折低減処理は、ボディがレンズ情報を得られないようなレンズが装着されている場合は、効果はゼロか?それともそれなりの一定の処理が加えられるのか? ある一定の処理は加わりますが、レンズ情報をもらっている場合に比べると効果は低くなります。
ディテールリプロダクション技術は、古いレンズやマウントアダプター経由の場合は効果があるのか? 効果があります。ディティールリプロダクション処理はレンズに関係なく施される処理です。
ディテールリプロダクション技術は、最新のレンズと古いレンズやマウントアダプター経由では効果に差があるのでしょうか? 画像の見映えはそれぞれのレンズの特性によりますが、ディティールリプロダクション技術による効果には差がありません。ディティールリプロダクション処理はレンズに関係なく施される処理です。
ディテールリプロダクション技術は、ボディがレンズ情報を得られないようなレンズが装着されている場合は、効果はゼロか?それともそれなりの一定の処理が加えられるのか? 画像の見映えはそれぞれのレンズの特性によりますが、ディティールリプロダクション処理はレンズに関係なく施される処理ですので、ディティールリプロダクション技術の効果は発揮されます。
フルサイズイメージセンサーが大きく、マウント部でケラれているように見えるが影響はないのか? 短フランジバックが功を奏しケラれはありません。
フランジバックの短いEマウントでフルサイズだと周辺画質が厳しいのでは? Eマウントフルサイズ用レンズ(FEレンズ)についてはフランジバック長を考慮した設計となっております。 それ以外のレンズに対しても、オンチップレンズの最適化と信号処理によって光学性能が発揮できるようにしています。
既存のAPS-C用レンズは使用できるのか?周辺がけられるのか? 動作保証しているのか? 使用いただけます。撮影される画像はAPS-Cレンズの画角になります(記録画素数はα7R:1500万画素、α7:1000万画素)。ファインダーも自動的にAPS-C領域のみを拡大表示し、けられのない状態で見えますので、全画面を使って構図を決めていただけます。
4K静止画出力はRAWにも対応しているのか? 対応しています。
4K静止画対応は従来と何が違うのか? HDMIでテレビにつないだ際には4K表示用の画像をカメラ内で生成し、表示します。(従来の2KテレビのBRAVIAプレミアムフォトでは専用のサムネイル画像を表示していました。[再生中の拡大等の場合を除く])
4K静止画出力は、他社4K TVでも対応しているのか? はい。対応しております。
4Kの動画に対応していますか? していません。
「α7R」にはなぜハイブリッドAFを搭載しなかったのか。 「α7R」はとにかく解像度を極め、風景等を最高の解像度で撮影頂きたいと考えております。なお「α7R」でもコントラストAFがより進化したファストインテリジェントAFを搭載しています。
従来のファストハイブリッドAF とファストインテリジェントAF の違いは何? ファストインテリジェントAFは新しいアルゴリズムを搭載した進化したコントラスト方式によるAFとなっております。 なお、ファストハイブリッドAFはこのファストインテリジェントAFと位相差AFを組み合わせたAFです。
「α7R」のファストインテリジェントAFと「α7」のファストハイブリッドAFはどちらが速いのか? 装着されるレンズや撮影条件によるため一概にどちらが速いとは言えません。ファストハイブリッドAFでもファストインテリジェントAFの技術が生かされており、両者ともに非常に高速なAFを実現しています。
ファストインテリジェントAFはA99やRX1と比較してどのくらい速くなっているのか? α99に対しては、装着されているレンズや撮影条件によるため一概にどちらが速いとは言えません。 RX1に対しては、速度向上の度合いは撮影条件によりますが、全般的に高速化が図られています。
ファストインテリジェントAFはNEX-7対比で何%速度向上しているのか? ファストインテリジェントAF のNEX-7との比較は35%速度向上しています。
ファストハイブリッドAFの被写体捕捉性能はNEX-6、NEX-5Tに対して何%向上しているのか? 申し訳ありませんが、何%という形では数値をお出ししておりません。
「α7」の像面位相差センサーの測距点がα99の102点から117点に増えたのはなぜか? BIONZ Xに進化したことによる信号処理能力の向上により実現しました。
瞳AFはどのようにしたら設定できるのですか? デフォルトで「中央ボタン」に割りつけられています。カスタム設定の変更で設定変更できます。
両目が検出できた場合はどうなるのか? 距離が近い方に合焦します。
瞳AFが使用できない条件は? AFモードがAF-C/MF時、位相差AF搭載のマウントアダプター(LA-EA2/LA-EA4)を介してAマウントレンズ装着をしている時、動画モード時、速度優先連続撮影時、スイングパノラマ時、風景モード時等です。
瞳AFがAF-Cで使えないのはなぜ? 瞳AFはポートレート撮影など、静止した人物に対して浅い被写界深度で瞳にピントを合わせる撮影で効果を発揮する機能です。(AF-Cでは顔AF機能をお使いいただくことを想定しております。)
従来モデルでは瞳を検出していなかったのか? BIONZ Xの進化により顔認識の精度が大幅に向上し、斜めを向いた顔に対しても瞳検出が可能となったことで、瞳AFが実現できました。
「α7R」の連写はなぜAF追従できないのか? ファストハイブリッドAFを搭載していないためです。「α7」は像面位相差の特性を利用し素早い連写中のAFを実現しておりますがコントラストAFの「α7R」は追従させるためにスピードを落とすことになります。AF-C+連写にてAF/AE伴う連写は可能です。
アルゴリズム進化によるAFの高速化を謳っているが、具体的にどういう進化点があるのですか? イメージセンサーとBIONZ Xにより、高速に画像を読出・分析することと、レンズ駆動の最適化によりAFの高速化を実現いたしました。
マウントアダプター使用時(LA-EA3)に、コントラストAFは使用できるのか? SAMまたはSSMレンズを装着している時に、お使いいただけます。
なぜLA-EA3に「α7R」のファストインテリジェントAFを対応してあげれなかったのか? マウントアダプタを装着してご使用いただくAマウントレンズは、レンズの設計上技術的に対応が難しい構成になっているためです。
マウントアダプター使用時(「take」)に、コントラストAFは使用できるのか? 使用できません。位相差AFになります。
「α7R」のレリーズタイムラグが長いのはなぜ 「α7R」は、最高画質を突き詰めるために、イメージセンサーの仕様を決定いたしました。この36Mのイメージセンサーには電子先幕シャッターが搭載されておりません。このため、電子先幕搭載のモデルと比べレリーズタイムラグが長くなっています。
「α7R」のイメージセンサーに電子先幕が入っていないのはなぜ? イメージセンサー開発と、メカニズム設計のバランスを検討した結果、メカシャッターに先幕を搭載しています。
「α7R」はメカ先幕だがシャッター振動の影響はないのか? メカ先幕による振動は従来のメカ先幕を持つカメラと同等です。(一眼レフのミラーのアップダウンによる振動に比べて相対的に小さなものです。「α7R」はミラーを持たないのでその振動はありません。)
それぞれのレリーズタイムラグを教えてください 「α7」:  20ミリ秒 「α7R」: 190ミリ秒 です。
防塵防塵設計はレンズも全てか? 今後も全て対応させるのか? FEレンズは防塵防滴に配慮した設計をしております。 今後については現時点では詳細を差し控えますが、お客様のご要望をお聞きしながら検討してまいります。
OLEDデバイスは’α99と同じものか?違う場合、何が変わったのか? 違います。新規設計です。明るさ、ダイナミックレンジ、消費電力ともに向上しております。
コントラスト比、輝度はどれぐらい向上したのか? コントラスト比 約3倍、輝度は30%向上しました。
EVFの光学系は’α99と同じものか? はい。同一です。
「α7」と「α7R」の外観(サイズやデザイン)は同じ? 基本的なデザインや形状については共通ですが、本体材質・操作部材材質等が異なります。
なぜ外観のボディデザインを従来のNEXではないデザインにしたのか? 道具としての本質の追求と凝縮感のあるデザインを基調とし、「レンズ交換式カメラの新たな挑戦」をテーマにデザインを一新しました。 従来のフルサイズ大型一眼では不可能だった小型で軽快感あふれる撮影を可能とすると同時に、 大きなレンズを装着しても安定感ある撮影ができるよう、操作系やグリップ形状をとことん追求し、「軽快感と安定感」を表現しました。 また、本体上面および側面は「完全なフラット面」にこだわり、無駄な造形を一切排除した「金属の塊」を想起させる造形を目指し、 道具としての本質と所有欲を満たす凝縮感を実現しました。
サイズは同じようだが、なぜ「α7R」の方が軽いのか?(「α7」:410g、「α7R」:405g) 軽量かつ強靭なマグネシウムを最適に配置し「α7R」は軽量化をはかりました。
「α7」はフロントカバーがプラスチックとのことだが、強度的に問題はないのか? 「α7」のフロントカバーはエンジニアリングプラスチックですが、裏側にステンレス製のフレームを配しており、強度面ではAマウントの大型レンズを装着しても歪みのない、十分な強度を実現しています。「α7R」はこのα7をベースに筐体設計しており、マグネシウム合金の採用は、剛性よりも軽量化とハイエンドモデルに相応しい質感の追求を目的としたものです。
「α7R」はトップカバーやフロントカバー、内部フレームにマグネシウム合金を使用しているとのことだが、部分的にしか採用していないのはなぜ? 必要な強度と軽量化の最適化を図りつつ最適な設計をしております。
NFCワンタッチファンクションは先日発表されたNEX-5Tと同じものか? はい。同一です。
PlayMemories Camera Apps対応機種なのに使えるものが少ないのはなぜ 「α7」、「α7R」導入当初にご用意可能なアプリケーションをご用意させていただきました(スマートリモコンはプリインストール)。その他にも今後使用できるアプリを増やして行きます。
記録可能枚数が少ないのはコンパクト化の影響? 確保したい撮影可能枚数と、コンパクトさのバランスを考えて搭載するバッテリーを選択しました。
連続撮影継続枚数がα99と比べて増加した理由は何か? BIONZ Xに進化したことによる信号処理能力の向上により実現しました。
マウントアダプターを装着すると連写速度が落ちるのはなぜか? 位相差AFができるマウントアダプターを装着した場合、連続撮影では、絞り動作によって連写速度に影響が出る場合があります。 ただし、速度優先連続撮影の場合は連写速度への影響はほとんどありません。
動画連続記録時間は? フルサイズで消費電力があがって動画記録途中で止まらない? 動画連続記録時間は29分です 通常使用では止まりませんが、 使用環境により内部温度の上昇で温度制限が必要な場合は停止します。
内蔵マイクはα99より良くなっているのか? α99のマイクとは異なります。小型ボディに搭載するのに最適な特性のマイク選定とチューニングを施したものです。
「α7R」、「α7」も「RX10」同様に間引きを行わず全画素の情報を使って読み出ししているのでしょうか? 現在の世の中一般の一眼カメラ同様に間引き読み出しが行われていますが、 「α7R」/「α7」は36M/24Mと画素数が多く、HDの画質が確保されているのはもちろん、 BIONZ Xの効果等により従来の弊社レンズ交換式カメラと同等以上の画質で 動画をお楽しみいただけます。
最上位機種の露出モードダイヤルにAutoモードは必要なの? かんたんに使いたい時に手軽に撮影いただけます。従来よりフラッグシップモデルにも搭載しております。
動画撮影中に、縦位置グリップの電池のうち1個が空になったらどうなりますか? 動画録画は停止せず、もうひとつのバッテリーに断点なく切り替わります。

デジタル一眼カメラ α7S ボディ
image4
ストア価格:230,000円+税~(2015年05月23日現在)
⇒【ILCE-7S】の商品詳細・ご購入はこちら
⇒  ソニーストアでお得に買う方法(クーポンの利用)


デジタル一眼カメラ α7ボディ
image
ストア価格:134,880円+税~(2015年05月23日現在)
⇒【ILCE-7】の商品詳細・ご購入はこちら
⇒  ソニーストアでお得に買う方法(クーポンの利用)


デジタル一眼カメラ α7Rボディ
image
ストア価格:209,333円+税~(2015年05月23日現在)
⇒【ILCE-7R】の商品詳細・ご購入はこちら
⇒  ソニーストアでお得に買う方法(クーポンの利用)

デジタル一眼カメラ

Posted by konishi