ILCE-7M3(α7Ⅲ)海外のレビュー「ほぼそこにあるカメラです」評価

ILCE-7M3 デジタル一眼カメラ

 ソニー+シグマアート

私はシグマレンズを使用していますので、低照度でのAFはそれほど素晴らしくはありません(顔と瞳AF)。
バックスクリーンとEVFは私の意見では的確ではありません(露出、フラッシュ、手触り)。それ以外はこのカメラが大好きです。
α7Ⅲは、すべてのレンズ(Sigma Art 135mm、50mm、24mm)をより良くなりました。色はちょうどいいです、そして、これは写真の色が編集の前にカメラで大きく見えたCanon 5D Mark Ⅲから来ています、そして編集前の演色は素晴らしく見えます。 2018-09-27


 素晴らしい製品

私は本当にその製品が好きですが、それは高すぎます。 2018-9-27


 信じられないほどのカメラ!

私は5月初めからカメラを使っています。
なので この夏、私は本当にうまくカメラをテストし試してみることができました。
だから、私は今、ほとんどすべての分野でこのカメラが素晴らしいことが分かると言うことができます。
ソニーは将来の方向性をはっきりと示すこのカメラで何かを作り出しました。
オートフォーカス、低照度、処理、機能など、どこでもカメラは大きなスコアを得ることができます。明確な購入決定! 2018-09-23


 ベストカメラ

先行予約が終わった時にアドラマ(通販会社)からこのカメラを手に入れました。
余裕で、これまで使用してきた中で最高のカメラ。
ソニー製レンズの価格だけが欠点です。
しかし、もし実際あらゆるレンズをこのカメラに適応させることができれば。 2018-09-23


 このカメラシステムのためにキヤノンを離れる

素晴らしいカメラと付属のキットレンズはシャープです。
レンズがシャープでないと言っている人には賛成しません。
その速度は遅いですが、あなたは自身を1000以上ぶっ飛ばしてください、幻想的な$ 1,200.のレンズが撮ることができる所ならどこでも、このレンズで撮れます。
唯一ソニーの気に入らないのは、カメラのごみのストラップです…安い安い…それとソニーが作っている非常に高価なレンズです。
しかし、他の企業(シグマなど?)がソニーができないような(割安な?)レンズを作るように、助けが進んでいます。
ソニーが現在のものとは違ってニコンとキャノンのアダプターを思いつくことができれば素晴らしいでしょう。 2018-09-20


 キャノンからこのα7Ⅲに乗り換えて、これ以上の幸せはありません

この時点で、私は2~3か月α7Ⅲを使っており、約3000の画像を撮っています-主に家族、ペットと6か月の娘。
正直いままで撮った中でベストの画像と言います、そしてこのカメラは私の写真をまったく新しいレベルに昇華させるのに役立っています。
私は誰にでも今すぐにでもこれをお勧めします。

少しの背景とより詳細…

私は、最後のカメラ用に70D(APS-Cセンサー)を使用して10年以上の間、Canonの専用ユーザーでした。残念なことに、そのカメラにはすべてのレンズを微調整していたにもかかわらず、前後にピントがずれる問題がありました。
私は念のため3〜4枚追加して画像を撮ります、そのうちの1つがキーパー(残して置ける写真)になるようにするために。

今年の初め、フルフレームにすることに決めました、私にとってラッキーなことにソニーはα7Ⅲの機能を発表しました、それはキャノン/ニコンが何年も前に同じような価格で提供した機能のようなものでした。
プロとアマチュアからの長所と短所のレビューを数週間にわたって読んだあと、私は決心して、24-70GMレンズと一緒にα7Ⅲを注文しました。
このソニーのカメラを2か月使って、私は最高に幸せです。

他のレビューで見つけられないかもしれないいくつかの長所と短所があります。

長所
– 瞳A​​F:広告は本物です!
瞳AFは(90%の時間)信じられないほどうまく動作し、人物を撮るのがとても簡単です。それをオンにすると、ほとんどの画像は非常にシャープで、被写体の目を拡大して自分の考えを見つけることができます。それは誇張ではありません!

– 優れた低光量性能:キヤノンでは、低照度の画像では高ノイズのため、ISO 1000以上をめったに撮りませんでした。α7Ⅲでは、まだフラッシュを購入していないので、常に10,000〜12,500の範囲で撮影しなければりませんでしたが、画像は処理後も見た目が驚くほど見事です。

– 後処理の時間が短縮:70Dと比較して、後処理が必要な画像が少なくて済み、処理時間が短縮されます。

– ファイルサイズ:ある時点で、私はα7(R)Ⅲを真剣に検討していましたが、今このカメラを選んだことをうれしく思います。
このカメラの50MBファイル(RAW圧縮されていないファイル)でさえ、すでに2014年のMacbook Proを少し遅く感じさせます。
α7RⅢの80-90MBのファイルが私のコンピュータに何をするのか想像もできません。

短所:
– ソニーのソフトウェアは価値がありません:RAW処理ソフトウェアには、写真管理、編集、リモート撮影アプリの3種類のアプリがインストールされています。
私はこのアプリを使用して痛みを感じるので、最初の週の後にアンインストールし、Capture One Proを購入しました。

– 内蔵フラッシュなし:私は個人的に内蔵フラッシュが必要だと思います。
ほとんどの低照度の状況では、バッグから70Dを取り出し、数秒でスナップを開始することができました。
現在、私は外部フラッシュを所有していませんが、過去の経験から、外部フラッシュを取り付けなければならない時には、はるかに時間がかかることがわかります。

そうは言っても、カメラは写真ですでに作った驚くべき違いのため、私はまだこのカメラの5つ星の評価しています。 2018-09-16


 5つ星

骨の髄まで悪、自分のを手に入れて! 2018-09-10


 すべての価格の価値があります

MC-11アダプターとCanonレンズで使用する。素晴らしいカメラ。素晴らしい写真。 2018-09-07


 キャニコン なに?! ソニー>すべて

以前のキヤノンのユーザーとして、ソニーα7Ⅲに変更して後悔はありません。何一つなし!
このカメラは、価格帯で最高です、文句なしに。
ほぼ完璧なオートフォーカスを持っており、暗いところでフォーカスが迷うことはありません。
私はカラーサイエンスに問題はありません(写真界のいくつかの苦情とは異なります)。
結論は、あなたが写真家であり、ワークフローが不可欠である場合、このカメラはスピードを上げることでしょう。うまくやる。
ポストカラー補正の時間を節約し、オートフォーカスで釘付けにしてより多くのキープを保ちます(たとえピントが合っていなくてもキープするキヤノンとは違って)、そしてあなたが普通か小さい手なら人間工学的に気分がいいです。

短所:
– 専用バッテリーチャージャーは付属していません。ソニー、これはばかげています! あなたは1つ買わなければならないでしょう。それは安いです。
– それは直前に、これのための機器を見つけることは難しいです。
何かが必要な場合は、使用する前によく知っておく必要があります。
たとえば、フラッシュのようなもの。
あなたの近所のカメラショップにあるとは思ってはいません(はい、私はまだそれを1つを持っています)、ソニー製のアクセサリーを見つけてください。おそらく、あなたはそれらをオンラインで購入するか、店にあなたのために取り寄せするよう依頼されるでしょう(あなたがニューヨークに住んでいない限り)。
あなたがアダプターを使用している場合、星空の結果はあまり期待されませんが、それでも良い結果が得られます。ソニー製レンズは私の個人的な経験から優れています。

私はキヤノン5D4 を無くすわけではまったくありません。 2018-09-01


 予備レビュー:それが壊れる前に私が1時間持っていたカメラの最初の印象。

イベントの中で、私は非常に短い時間 カメラを持っていただけです。
キヤノンユーザーで、キヤノンレンズとロキノンだけを持っています。私が今使っているカメラはT5iなので、プロではありません。

ソニーについて私が好きなもの:
カメラは、昔の35ミリフィルムカメラのように丈夫で重い感じがします。私はその気持ちが好きだった。
私のCanon T5Iのものと比較して、センサーは巨大です。
Metabones Vのアダプタでオートフォーカスは、50mm 1.8で非常に高速でした。
ボケは素晴らしかったです。

α7IIIについて好きでないもの:
過去のキヤノンのカメラのから来て、このカメラはコンパクトカメラのように感じる。USBと外付けのマイクをカバーするドアは非常に薄いので、$ 2000ドルのカメラではないと感じます。
SDカードやバッテリーを収納しているドアでさえ、非常にもろいと感じます。
私のT5Iは400ドルのカメラで、はるかに頑丈な感じです。
バッテリーチャージャー付いていない。嘘だろうソニー?

それは私がこれまでに言うことができるすべてです。
要するに、私のカメラまたはmetabonesアダプターは欠陥があり、一度私がcaneraからmetabonesを取り外したら、カメラボディのレンズ接触が壊れていた。
同様に、完全に切り取られ、曲がった。だから、私は両方の商品の交換をして、レビューを更新します。 2018-08-31

タイトルとURLをコピーしました