スピーカー

「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)

ブラビア「X9000F」シリーズとスペシャルマッチング。 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。 前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこ…
続きを読む
スピーカー

「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fのレビュー(評価)

「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応 3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで体感できる、ハイレゾモデル 海外のみなさんのレビュー 2018年7月17日現在 このページのレビューの翻訳です  レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  素晴らしいサウンドバー 素晴らしいサウンドバーは、Dolby AtmosやDTS Xなどのすべてのオーディオコーデックをサポートし…
続きを読む
スピーカー

「これなら良いんじゃないか?」バーチャルサラウンド技術で天井環境に依存せず立体的なサラウンド音場を、別売の専用リアスピーカーも

2018年5月8日 プレスリリース 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X®に対応 臨場感あふれる3次元の立体音響をフロントスピーカーだけで実現するサウンドバー2機種を発売   立体音響技術「Dolby Atmos®」に対応したフラッグシップ機『HT-ST5000』が登場しました。そして、それをよりコンパクトなボディで実現した新モデル『HT-Z9F』がデビューします…
続きを読む
スピーカー

「S100Fサウンドバーの音が好き」「簡単に設定できます」HT-S100Fのレビュー(評価)

手軽に置いて、テレビの音をグレードアップ。HDMI端子を搭載したテレビスピーカー   海外のみなさんのレビュー 2018年5月1日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  価格比で素晴らしいパフォーマンス これは、価格のかなり良い品質のサウンドバーです。 あなたの状況や使い方に応じて、あなたは非常に満足するか、だいたい満足するでしょう…
続きを読む
ホームシアター

「小さな部屋で適正です」サウンドバー『HT-S200F』のレビュー手軽さは優先したいが、音にこだわりたい方におすすめ

こんなサンドバーが欲しかった コンパクトなボディにサブウーファーを内蔵。これ1本で臨場感豊かな音を楽しめるサウンドバー   海外のみなさんのレビュー 2018年5月1日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  テレビのスピーカーの良い改善 私はLG 32 "LEDテレビを持っている予備のベッドルームにこれを取付けた、この単一のソニーS…
続きを読む
オーディオ

ソニー 4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売

2018年4月3日 プレスリリース 「最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を拡充 4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応したマルチチャンネ…
続きを読む
プレス発表

最大120インチ 高精細な大画面 ソニー4K超短焦点プロジェクター『LSPX-A1』新発売

2018年3月13日 プレスリリース 壁際に置くだけで、高精細な大画面映像と透明感のある音が、いつもの空間を変える 壁際に置くだけで高精細な大画面映像と透明感ある音がいつもの生活空間を変える、4K超短焦点プロジェクター 『LSPX-A1』を発売。 人工大理石の天面やアルミフレーム、木製棚などを配し生活空間に馴染むたたずまいを実現! 最大120インチの大画面映像と有機ガラス管を振動させて奏でるクリア…
続きを読む
スピーカー

ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」 注文が殺到しため、突然長期品切れ

ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」突然長期品切れ(2018年3月9日) 3/4(日)TV番組(アメトークSP 家電芸人)にてウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」が取り上げられた影響で注文が殺到しため、突然長期品切れとなりました。 ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」のレビューはこちら 現在のソニーストアの納期と価格はこちら ソニーページで注文一時停止の案内が出ました…
続きを読む
プレス発表

テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売

テレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムなサウンドバー『HT-S200F』、『HT-S100F』の2機種を発売します。 両機種ともに、テレビの前に置きやすいスリムなサイズです。高さは、奥行きは10cm未満を実現しました。(奥行き:『HT-S200F』は約、『HT-S100F』は約)。限られたスペースにも設置可能です。 また、ARC対応のHDMI端子を搭載し、テレビとHDMIケーブル(別売)…
続きを読む
ホームシアター

このブラビアには、どのサウンドバー/ホームシアターがおすすめ?

テレビの音が生まれ変わり、テレビ生活が一層楽しくなります。一般的には映画を見る法が使用するイメージがありますが、ソニーのホームシアターシステムあ映画の音を良くするだけではありません。 Buuetooth対応でスマホの音楽も高音質で再生でき、音楽再生器として使えます。この商品一つで様々な高音質で楽しめます。   こだわり派 X9000Eシリーズ 上質な輝きと深みのある黒が生み出す立体感。 …
続きを読む
スピーカー

「ほとんど弱点なしで3Dサウンド」サウンドバーHT-ST5000のレビュー(評価)

「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(TM)」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド『HT-ST5000』 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X™」に新たに対応し、リアルな3次元の立体音響を実現したサウンドバー『HT-ST5000』を発売 全方位からの音に包まれる臨場感を実現した本機と、4K HDR対…
続きを読む
プロジェクター

家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 プロジェクター2機種発売

ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR∗対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売します。 『VPL-VW745』は、レーザー光源システムZ-Phosphor™を搭載しながら…
続きを読む
ホームシアター

ソニー サウンドバー HT-MT300/HT-MT500の疑問にお答えします

スリム&コンパクトのサウンドバーHT-MT500とHT-MT300のQ&A  Q  A HT-MT300/HT-MT500の共通の特長は? HT-MT300 HT-MT500 設置性の高いスリム&コンパクトなサイズと、インテリアに調和するデザイン。 バースピーカーの幅約50cm、サブウーファーも幅約に小型化。さらにバースピーカーの高さは、『HT-MT500』は約、『HT-MT300』は約と、テレビ…
続きを読む
プロジェクター

“大画面”の新しい提案。省スペースで4K大画面投写が可能な超短焦点4K HDRプロジェクター誕生

超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター 4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター 『VPL-VZ1000』 メーカー希望小売価格:2,200,000円 + 税 発売日:4月22日 ソニーは壁際の至近距離から100インチ、最大120インチの4K HDR映像を投写し、迫力ある大画面の高画質な映像を楽しめる4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』を発売します。リビン…
続きを読む
プレス発表

スリム&コンパクトで、インテリアに調和するデザインのサウンドバー2機種を発売 |ソニープレスリリース

2017年1月27日 プレスリリース 手軽に置きやすいサイズで、臨場感あふれるサウンドを実現 『HT-MT500』『HT-MT300』ともに、バースピーカーとサブウーファーを従来機に比べて大幅に小型化。 バースピーカーとワイヤレス接続するサブウーファーは、縦横どちらでも置き方を選べ、ソファの下にも置きやすい薄型サイズ。 曲線を用いたデザインや、インテリアに調和する温かなカラーリングを採用。 音質に…
続きを読む
ホームシアター

「サウンドバーを買いたいと思っているなら これだ!」HT-RT5のレビュー

あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレスシステム* 電源コードの接続は必要です HT-RT5の購入者のレビューです 2016年1月30日現在 このサイトのレビューです  4つ星 良い製品、設定も簡単... 素晴らしいサウンド! 2016-01-30  素晴らしいサウンド! オーディオシステムは非常によくイイ。iPhoneからブルートゥースの上のストリーミング音楽は、優れた音で、同様にDun…
続きを読む
Q&A

「HT-RT5の特長って何?」疑問点にお答えします。

HT-RT5の特長って何? 本機はバーチャルではなく、バースピーカー1台、リアスピーカー2台、サブウーファー1台で構成されたリアルのシステムです。 スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続を採用することで、それぞれの電源を確保すれば、視聴環境にあわせて手軽に自由な設置が可能です。 また、スピーカーの実際の設置状況を捉え、理想的な状態に仮想的に再配置する「スピーカーリロケーション」を採用した、…
続きを読む
ホームシアター

「ワイヤレス、これなら簡単に設置できる」5.1chホームシアター4Kにも対応

『HT-RT5』あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレスシステム(10月中旬発売予定)付属品:ワイヤレスリモコン(RMT-AH111J)、光デジタル音声コード()、音場測定用マイク×1、AVマウス×1、単4形乾電池×2、壁掛けブラケット×2、ネジ×2このホームシアターは本体(前面スピーカー部)とサブウーファーとリアスピーカーの間にケーブル接続がないのが特徴です。※帯のワイヤレス伝送で接続 …
続きを読む
12
☆★フルサイズミラーレスベーシックモデル『α7Ⅲ』新発売!!α7Ⅲのメーカーページ