Pocket

新開発ハイブリッド位相差検出AFシステムを搭載 ILCA-99M2

image93

 

海外の皆さんのレビュー


2018年11月10日現在

このサイトの翻訳レビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


hosi5 このカメラが好き

私はこのカメラを数年間待っていて、断然これを気に入っています。
これは低い光の中で敵うものはありません、大手を打ち負かします、シャッタースピードで。 2018-09-05


 大量のレビュー

まあ、これは書のが難しいレビューです。
オリジナルのα100からAマウントシステムに投資してきた撮影者として、このカメラが出てきたときに私は喜びました、それは待望のキャッチアップだった。
紙面上で、このカメラは本当に比類のないものです。
恐ろしいパワー、素早くカスタマイズ可能なメニューとボタン、そして前面にあるサイレント/クリックホイールのような素晴らしい入力。
問題は、いつものように、現場での実際のパフォーマンスです。
このマシンの信頼性が低いため、私の日々に大きなストレスが加わります。
これは120fpsまたは4Kでビデオを撮影する場合、華氏80度の範囲でもオーバーヒートします(高温警告ではなく、ロックアウトを意味します)。
あなたがビデオ用にこれを考えていて、暑い気候で撮影する場合は、注意してください。
私は主に土地建物を撮影します、回避策として、予備のバッテリーを冷蔵庫に入れておく必要があります。
過熱のほかに、非常に頻繁なカード書き込みの問題があります。
注 – これはバッファではなく、その機能はうまくいきます。
さらに多くのアクションを実行すると、12fpsの速度が大好きです。
ここで(どのクラスの)SDHCまたはSDXC IIカードの使用についても考えないでください。
すべてのブランド(ソニーを含む)のSDXCカードでさえ、ソニーが拒否することを経験しています。
それは陰気な問題ですが、あなたのカメラは引き続きシャッターをきれますが、1枚の画像に立往生してしまい、その後に実際にカードに書き込まれたものは何もありません。
とは言え、静止でも動画でも、これから出てくる画像は神をも恐れない。
高ダイナミックレンジで美しく引き立たせられています。
カメラ内のDRO(デジタルでの読み・出し)は、カメラごとに優れたものになり、SLOGレベル(シャドウの場合は露出オーバーの場合でも)が粗い場合、ビデオ撮影の画像プロファイルも同様に便利です。
私はレベル5でDROを最大にし、.rawファイルで、あなたが編集にどれくらいのコントロールを持っているかによって、何度も何度も大喜びするでしょう。
カメラ内の手振れ補正も素晴らしいです。このことをジンバルに投げかければ、あなたに必要なワープスタビライザがいかに少なくても喜ぶでしょう。
関節式スクリーンも非常に便利です – あなたはどこにでもこの物を置くことができます。
驚くべきカメラであるにもかかわらず、私がA-camと思っていたカメラは、ほとんど使われていません。
それは完全に信頼できることが証明されたα7RIIIに置き換えられました。
このカメラは紙面上にあるプロレベルのカメラと競合することができますが、現場では競合しません。 2018-08-02


hosi5 優れたカメラ。センターフォーカスポイント良好、たとえ…

優れたカメラ。
センターフォーカスポイント良好、たとえ非常に低い光のレベル(-4ev)でも。 2018-04-26


hosi5 これは私を短期間でより優れた写真家にしてくれました

ソニーのファンです。
F717の1.3で始まり5 Mpになり、α65に進みました。
α65のEVFに夢中にだったので、撮影前にカメラの設定を十分に理解していなくても設定を変更することができました。
「露出トライアングル(絞り、シャッタースピード、ISO感度)」の微妙なことを学ぶのに必要なフィードバックをすばやく得ることができました。これは私を短期間でより優れた写真家にしてくれました。
野鳥観察に進み、α77Ⅱが持っていたより良いフォーカシングシステムが必要でした。
そのモデルの3年後、α99フルフレームに進み、そのセンサーサイズのノイズの改善に感銘を受けました。
私は今、α77Ⅱフォーカスシステムとα99フルフレームを合わせたようなα99Ⅱに進みました。
たくさんの野鳥を撮って、高解像度なフォーカシングの改良に感心しています。
42Mpセンサーのため、私の重い望遠レンズ(600mm @ 12ポンドと500mm @ 7ポンド)を片づけることができました。
手ブレ補正システムの改善は、4および5ポンドのレンズを手持ちするのに役立ちます。
関節式LCDは、ローショットやオーバーヘッドショットに非常に便利です。
EVFは私が必要としているすべてです。
薄暗い場所で撮影するときは非常に便利です。露出設定に基づいて光量を上げるので、EVFと最終的に最終的出来上がりが一致を試みます。
良い光の条件では、どうなるかをあらかじめ私が知っているので、自分の露出設定が正しいかどうかを判断することはほとんどありません。
マニュアルフォーカスの補助はよく洗練されています。
私は密集した状態の野生の動物を撮影するときはマニュアルレンズと望遠レンズをを多く使うでしょう。

バッテリーの寿命は、このスタイルのカメラでは400〜500ショットほど普通です。
私は128MbyteのSandisk SDメモリを使用しています。
メニューシステムは、追加の設定と機能に合わせて大きくなっています。
学習曲線があります。ソニーはカメラの文書資料の優れたオンラインリソースを持っていますので、カメラの使い方を習得しているときにお勧めします。
連写速度が良いです、それはα77Ⅱのバッファがより速くなったようです。
私の息子が撮り、いい目を持ているようなので、私はクリスマスに彼にα99Ⅱを買いました。 2018-03-05


hosi5 すべての機能を学ぶのに私はしばらく…

すべての機能を学ぶのに私はしばらく時間がかかりましたが、私はこのカメラが大好きです。 2018-02-03


hosi5 ビーストモード

1,2個の単語ですべてを網羅して言う…ビーストモード(カッコイイ最高) 2017-11-22


hosi5 ソニーα100(2006年)からILCA-99M2(ボディ2017年)にアップグレード

Sony AlphaDSLR:2006年からまだ使っているα100と最新のILCA-99M2、Dell QuadコアI-7プロセッサ3.4GHzにダウンロード&インストールされたSony PlayMemories-Homeアプリケーションを使用して、我々は42.4 Mp +4Kを手に入れました。
最初のSony Alphaは、10Mpの写真だけの小型のAPS-C のCCDセンサーでした。
我々は、ソニーがトランスルーセントミラー・テクノロジーを備えたα99Ⅱを提供するのに長い時間を待っており、BSI銅線を備えたフルフレームセンサーが 画素配列の下側/後ろにあり、センサーレセプター上の個々の焦点レンズアレイ、BionzX Sony処理XAVCビデオネイティブコーデック、フルフレーム42.4 Mp 12fpsオートフォーカスの顔認識、云々 ジャジャーン!本当にジャジャーン!
私たちは2016年11月にこのボディのみを予約しようとしましたが、Dellは注文をキャンセルし運送を中止しました。
PayPalの支払い処理をクリアするために5ヶ月かかりました。
私たちの次の試みは、韓国のソウルからボディを購入することでしたが、米国税関で拒否され、返送されたため、PayPalが費用を返金するのに長い時間待っていました。
最終的に、Amazon / Deals-All-Yearストアで新しいILCA-99M2を大幅割引で、1週間で入手できました。
高価なカメラですがテクノロジーは進歩しています。
我々はマミヤ80mmミディアムフォーマットのレンズでフルフレーム42.4Mpのショットと4Kビデオで撮影しています。 2017-06-10


hosi5 アラスカに持って行き美しく機能しました。最近まで…

私は少なくとも12年間ソニーα100を所有しており、まだそれを使用しています。
最近まで、α100は私の写真的なニーズに応えくれ、アラスカに持って行き美しく機能しました。
私は約2年前にフルフレームのカメラを研究し始めましたが、Eマウント(ソニーの当時)に切り替える必要があり、アダプターなしでレンズを使用できないことに気づきました。なので私は他のカメラを探しました。
Sony A99 IIが導入された、私の喜び。
このカメラは素晴らしいです!
画質、フォーカスポイント、構築のレベル、このカメラのの毎秒12フレーム機能は無限です。
私はそれを箱から引き出したときには少しイライラしたことを認めなければなりませんが、私はちょっと、マニュアルを読んで、練習したところ、快適である感じました。
私は何ができるか、どれくらい推進できるかを理解するまでには時間がかかることは承知しています。私は夜の写真を楽しみにしています。 2017-06-05


hosi3 α77M2と比較して人間工学で失望

α77M2は使うのが楽しいですが、残念ながらα99M2はそうではありません。
彼らはレイアウトとサイズが非常に似ています、主な違いは、レンズの左側の近くのスイッチにあるように思います。
他の人はジョイスティックがひどいと主張し、私のものを返した主な理由です。
この洗練されたカメラの中にはメニューがたくさんあります―私にとっては、人間工学に基づいたナビゲーションが不可欠です。
いくつか他の点で77の方がより使いやすいとわかりました、絶対ではないですが、おそらくα55からα77のバックグラウンドに由来するかもしれません。
加えて、センサの平方cmあたりの解像度がかなり、また実際にはα77よりも優れていて、より大きいセンサーですが私にはそうとは思われません。
私の推測で単焦点なら さらに大きな視界を得るが、品質は上がらないようなこと意味なのでは – しかし率直に言って、相対的な価格と市場参入時期を考慮するともっと期待できるでしょう。
77を超えるISOと手ブレ補正の改善は非常に役に立ちます。
そして、77に比べて多くの他の優秀な改良があります。
おそらく、不思議なことに、一つは新しいシャッター音とゼロスラップがあります。
大切なことは、むしろ技術的なものに近いクローズアップのHDビデオと間違いなく簡単に使う(この時点で寒くなってきた)ために99を買った。
センサーの平方cmあたりの改善はないよう思えたし 何度も言いますが、ただの大きいセンサー。
だから、全体的に私は失望して驚いていた、そしてα99M3のためにx年を待たなければならないだろう。 2017-05-23


hosi5 あなたをヒーローのように感じさせます

それがリリースされてからα99を持っていました、α99Ⅱで1ヶ月経ってアップグレードが価格の値打ちがあると言うことができます。
うす明かりのついた体育館で、α99Ⅱとソニー70200G2で試合を撮りました。
初代のα99は優れた静止画カメラですが、屋内アクションスポーツに対して迅速で正確なフォーカスが欠けていました。

カスタマイズ可能なFnメニューボタンは、ユーザーエクスペリエンスをまったく新しいレベルに引き上げ、拡張フレキシブルフォーカススポットは、あなたがヒーローのような気分させる難しいショットをゲットします。
たった今の唯一の欠点はカメラが入手が困難なことでしょう。 2017-01-28


hosi5 α99の完璧な後継者

α99の完璧な後継者で、まともな人間工学を必要とするa7RⅡファンのための素晴らしいオプション、デュアルカードスロット、長いレンズ。 2017-01-27


hosi5 D5~A99-2

私の主力カメラはNikon D5です。これは私のプロニコンと同じくらい速く焦点を当てることができる最初のソニーのカメラです。
ファイルは素晴らしく、低光下のノイズが浄化されます。ジョイスティックは少しファンキーで、ボタンのレイアウトは私のD5ほど良くありません。

私はRAWのファイルがいろんな方法の余地を与えてくれること分かっています。私はミノルタレンズをたくさん買いましたが、実際にセンサーを生かすのは80〜200ミノルタです。
タムロン15-30 2.8は、このカメラで多くのディテールが非常に優れています。

ビデオの優秀さは低光下で、私のα6300と4Kでマッチします。 2017-01-10


hosi3 ジョイスティック(マルチセレクター)の問題

やっと手に入れた、このカメラが好き。だけど!ジョイスティック(マルチセレクターの事)はよく考えられておらず、使いにくいです。
私はセンターを押して、通常はサイドに押し込むように登録します。それを横(上、下、右、左)に動かし、全く登録しません。
横(または縦)に移動するだけでなく、登録するためにそれに多くのプレッシャーをかけることになります。
私の親指は、メニューを設定するだけで傷つきました。
ニコンはもっと使いやすい多方向メカニズムを採用しています。
ソニーは学びませんでした? ホイールを変更しようとしないでください。
これは押し合いへし合いになります、ジョイスティックを置き換えることを提案します。ジョイスティックに耐えられないので、多くの人がカメラを返ってきたと聞いています。ソニーは間違いを認めたはずです。彼らがA77m2のジョイスティックを使用していたなら、これは5星のレビューとなりました。
別の不満は、シャッターボタンが非常に敏感で、半押しのフォーカスを見つけるのが難しいということです。私は通常、焦点を絞って代わりに写真を撮影しようとします。 2017-01-07
※他の人からのアドバイス
■ソニーは以前の購入者が誤って押すことの不満を表明したためマルチセレクターの操作を変更したようです「2ポイントをノック」をしましたか?これをチェックしてください。
https://www.dpreview.com/forums/post/58868746
■ジョイスティックを側から押さないで、指を上にして、方向に引っ張ってください。学習する必要があります、実際にはかなり高速です。


 4つ星

私たちの友人はこのカメラをポーランドに持ってきましたが、ソニーのポーランド語の取扱説明書を手に入れることはできませんでした。失望した!!!  2017-01-07


hosi3 3つ星

ミラーの欠陥から復活した。 2016-12-29

このレビューに対し4つのコメントが付き「ミラーの欠陥から復活とはどうゆう意味?見た人の役に立ちません」「まったく意味がない、レビューを消すべきだ」「ミラーの不良品を受け取ったのだろうが、この批判は不公正だ」「ミラーの欠陥なら交換してもらうか返品するべき、個々の欠陥で3つ星はない」との批判がついていました。


hosi5 オールラウンドの素晴らしいパフォーマー

何年もソニー愛好家です。
Sony Vegas Proで編集を始めたので、ビデオコラージュに静止画を追加する必要があるときには、Sonyカメラを使用するのが自然でした。
α65で始まり、α77、α77Ⅱ、α7、α7R、α7RⅡと続けました。
ZeissとSigma ArtのAマウントレンズとSony 70-200Gを所有しています。
私はこのカメラのためにα7RⅡをトレードしました。α7Rはすばらしい写真を撮っていましたが、バッファが小さかったので遅く、重いレンズではぎこちなく、プロのように見えず、Aマウントレンズにアダプターを使わせなくてはなりませんでした。
α99m2のリリースについて読んだとき、仕様だけみて注文しました。
数週間前にそれを受け取り、以来、大喜びでで撮っています。
技術的レビューは他の人にお任せしますが、ついにCannonやNikonのトップカメラに並び、多くのケースではよりもっと優れているSonyカメラを持っていると言わなければなりません。
このカメラとZiessレンズ(24,50,85,135)の組み合わせは壮観です。
このカメラは速く、プロフェッショナルな特長を持ち、写真画質は素晴らしいです。
ソニーの一眼レフカメラではかつて困難だった低照度条件での画像は過去のものです。
α6500とα7RⅡの最高の部分をすべてフルフレームのSLR形式で組み合わせたと言えます。
このカメラは素晴らしいなパフォーマーであり、欠点はほとんどありません。
これまでの唯一の欠点は、このカメラの新しいRawファイル形式をそのプログラムで読みたい場合、Adobe LightroomとPhotoshopのスタンドアロンバージョンからAdobeサブスクリプションベースのCCバージョンに移行する必要があることです。これは真に傑出したカメラに対し小さな問題です。 2016-12-29


hosi5 今年のベストカメラの候補者

D5と1DXに匹敵する驚異的なパフォーマンスで、半分の価格と半分のサイズでしかない。
プロフェッショナルが要求する耐久性と12fpsでの驚異的な解像度。買わなければならない! 2016-12-18


hosi5 Aマウントは生きている、とても良く生きている

私はA350から始まって10年前からアルファを使っていて、α77Ⅱまで続いてきています。
最近、クリーブランドエアショーと地元のカメラストアに行ってきました、オハイオ州のエイボンにある「Pixel Connection(カメラやホームAVを販売)」に試写できるカメラやレンズが多く展示されていました。
私はα7RⅡを試しびっくりしました。α77Ⅱで撮った画像よりもはるかにシャープでした。
しかし、いくつかの問題がありました。α7RⅡは大事な時にフォーカスが乱れて、カメラはあまりに小さく、最終的に私の手のひらを痛めました。設定をコントロールできませんでしたが、もしかしたらフォーカスの問題を修正できたかもしれません。グリップはサイズの問題を解決します。
私はひざまずいてソニーがα7RⅡのセンサーと5軸手ブレ補正をAマウントに搭載してほしいと祈りました。

私の願いは叶いました。ソニーはα99Ⅱを発表し、その日にPixel Connectionに予約注文をしました。私はほとんどAmazonから購入しますが、彼らは私に最新かつ先端技術の航空ショーを試し撮る時間をくれなかったので、「Pixel Connection」に注文しました。

α99Ⅱはα77Ⅱよりもわずかに背が高いが、それ以外の点では非常に似ています。間違えてしまいそうです。フルフレームのニコンとキヤノンの製品と比較して、かなりコンパクトです。

長年APS-Cで撮ってきましたので,APS-Cのレンズをいくつか買っています、タムロンの16-300mmやシグマの18-35mmなど。
これらのレンズは、α77Ⅱよりα99Ⅱの方がより良いです。クロップされた画像はα77Ⅱの24mpと比較して18mpですが、優れた安定性とはるかに優れた低光性能を備えています。

ソニーのAマウント愛好家は、フィルム時代の巨大なMinolta Aマウントレンズにアクセスできます。それらは安く売られていたとっても良いフルフレームレンズです。
α99Ⅱにマウントすると画質に驚くでしょう。 2016-12-17

image96


hosi5 12fpsは、特にオートフォーカスシステムと組み合わされたときに、ただただ素晴らしい

α99Ⅱはまさに私が待っていたものです。元ミノルタ愛好家でソニーの新しいプロ仕様のフルフレーム一眼を何年も待っていました。12fpsはただただ素晴らしい、特にオートフォーカスシステムと組み合わされている場合。
私のすべてのミノルタレンズは動作しますが、ソニー70-200 2.8 G2も買いました、低照度ですばやくピントを合わせます。
2週間程度しか使っていません、ただ慣れただけです。
これまでのところ、これはすべて私が求めることができます。 2016-12-17


hosi5 5つ星

これまでのところ、気に入っています。43MP、12FPS、これ以上何を望みますか? 2016-12-14


hosi5 素晴らしい

過去9年間ソニーアルファの愛用者です、これは私の最も待望の買い物でした。
私はα200で始まり、次にα77で始まり、3年前にα99にアップグレードしましたが、すでに次のカメラです。
毎年15の結婚式と60〜80家族を撮影し、DSLTアルファシリーズを使いたいと思っていました、たとえ(他の人の言うように)ソニーがミラーレスのランナップに重点を置いていても。
私は旅行カメラとしてa6000を持っていて、α7SⅡを借りました、そして、ミラーレスカメラの小ささの感じのために神経質になりました。
2016年の春 私は、ソニーが2016年末までにa99の後継者を発表しなければ、ミラーレスへの移行を開始すると自分自身に言い聞かせました。
ネットで何ヶ月もの噂があった後、ソニーはα99Ⅱを発表し、スペックはすばらしかった。
最終的に昨日私の手の中に新しいカメラを持っていて、それは私の高い期待に応えてきた。
私は昨夜、クリスマスツリーを5軸IBISのおかげで、1/25秒で手持ちで被写体ぶれなしの写真を撮りました。 (写真は修正なしで掲載しました)
ボディは私の初代のα99より小さく、α77ボディ(APS-C)に近いです。
それはα77と同じアフターマーケットグリップを使用します、そしてそれはVG-C77AM用Neewer®プロフェッショナル・リプレースメント・カメラ・バッテリー・グリップ・パックで動作しました。Sony アルファ SLT A77 A77VおよびA77 II用NP-FM500Hバッテリーで動作します。それはまた、安価な模造品のバッテリーで動作するように見えます(α99で使用しようとしたときにはエラーメッセージが出ました)しかし、私はそれらがソニーのバッテリーと同じように動作するとは思わないでしょう。
これまでのところオートフォーカスは正確で、399の焦点で撮影するのにもっと時間をかけたいと思っています。連続撮影すると、メモリーカードへの書き込みを続行するので、画像をすばやく確認できます。α99は、最後の画像が保存されてから表示されるまで待つ必要がありました。
内蔵のWi-Fiを使用すると、画像を携帯電話に直接送信するためのEyefiカードが不要になります。
結婚式やイベントで私のお気に入りの機能です;私は、家に帰るまで待つのではなく、イベント中にソーシャルメディアにカップルや団体をすばやく投稿してタグ付けすることができます。
ソニーのアプリでは、スマートホンをリモコンまたは転送イメージとして使用することができます(RAWのままで撮影しても)。
全体として、これは素晴らしいプロレベルのカメラです。 2016-12-07

image94


hosi5 ソニーは、α99II でホームランを打つ

このレビューは、簡単な歴史から始めるのが最もよい。
あなたがソニー A マウントコミュニティの中にいないなら、アルファマウントの未来について渦巻く質疑をコミュニティにもたらした闘いを理解するのは難しいです。
アルファマウント(縮めてAマウント)は、わずか10年前にレンズとカメラ技術をコニカミノルタから買ったマウントシステムです。
Aマウントコミュニティのメンバーは「ブログのコミニティ」の増え続ける熟考「過去2年半のAマウントの死」ついてと、ソニーが10年間の大半を、かなり期間をおいてしか製品を発表しないで、Aマウントから離れようとした事について、荒れ狂っていました。
ソニーはこれを黙らせるために「彼らはAマウントの未来に献身している」と言う事をほとんど何もしていない、同時に、よく考えられているAPS-Cの旗艦モデルのα77Ⅱ(私はこれまでAmazonでレビューした)さえも含めて、Aマウントカメラを宣伝することにほとんど失敗しています。
実際、ソニーのデジタルカメラ広告は、過去3年間でほぼすべてEマウントであり、決してAマウントではありません、同時に、ほとんどの小売スペースからゆっくりと消えていきました。
ドラマに追加すると、ソニーは、NEX APS-CミラーレスとフルフレームEマウントカメラ(α7xシリーズの成功)の両方を「アルファ」と改称しました。
これは、ソニー・ミノルタのアルファマウントがAマウントとEマウントを含むことを意味します(2つの全く違うマウントシステムを)。分かりにくいですか?なら、クラブに参加してください。
このことは、アルファマウントが本当に死んでいたという噂と熟慮の堂々巡りを増すだけでした。

そして、ソニーは発売しました、予告なしに、(彼らのいつものやり方で)これまでに作ったなかで最も高度なカメラα99Ⅱを。
α99Ⅱのリリースは大量の安堵だけでなくAマウントコミニティから大きな”ワァオ”(デジタル世界の写真家の他の人々からも、少しは”ワァオ”も)。
ソニーα99IIのように、これほど、熱心に期待されていたソニーの製品リリースは一度もありませんでした(または、来ないと恐れていて心配していた)

カメラの進歩はどうですか?
また、ミラーリングや光学ファインダーを使用した従来のDSLRとはどのように違いますか?
これは、他のDSLRには見られないさまざまな技術を組み合わせています
1)SLT技術(従来のフリップミラーを固定半透過ミラーに置き換えて静止画とビデオの両方でフルタイム像面位相差AFを可能にし、ミラーリングされたカメラの中で最良のライブビューを提供します)
2)5軸手ブレ補正、システムが改良され、手ブレ補正が〜4.5軸に(理論上)
3)高解像度と良好な低照度能力(DxOの最高定格センサーでデビューし非常に成功したα7RIIとそのボディ)を組み合わせた離面照射型フルフレームセンサー。
4)非常に高速なデータ処理が可能な新しいLSI(大規模集積回路)チップ。
5)オンセンサ・フェーズ検出(OSPDAF)とより伝統的な専用の像面位相差AF配置の前例のない同時の駆動―トランスルーセントミラーテクノロジーにより―ハイブリッドオートフォーカスシステム(それについては後で詳しく説明します)。

ちょっと待ってチーフ ー SLTの弱点は?いい質問です…
純粋主義者は常にSLT / EVFの概念を疑いが持たれています、最近まで、、EVFのブラックアウトや、EVFでのスライドショーの遅延などにより、OVFはアクションやスポーツ写真との関係において優れています。
しかし、A99IIのEVFは非常に応答性が高く、表示の遅れは最小限に抑えられ、1秒あたり8フレームで撮影すると、これは、OVFを使用した従来のDSLRで見られるものに匹敵する体得を提供します。
また、開放絞りとオートフォーカス制御(ただし、EVFビューではわずかな遅れ)で、1秒間に12フレームまで到達できます。
起動時には、新しいLSIチップと高速データ処理により、撮影直後にすぐに画像を見ることができます。低照度の環境では、ディスプレイシステムによって供給される利得(非常に低い光ではっきりと見ることができる)を考慮すると、EVFは明らかに優れています。
また、露出と画像パラメータを操作するときに最終的な画像がどのように表示されるかを確認し、さらに、EVFは、単に光学ビューファインダーでは利用できない「ゼブラ」(潜在的な露出オーバーの視覚化領域)や「ピーキングピーキング」(適切な焦点の領域を強調する)などの他の撮影および合成ツールで容易に確認できます。
OVFとEVFの選択は、私が経験したところでは、適切に実行され、急速にリフレッシュされるEVFの利点を見た後、晴れた条件に対応するのに十分な明るさ​​で、 、これらは従来の光学ファインダーに戻ることはできません。
光の損失が半減する約半分の欠点があります、これはOVFの信仰者にとっては邪魔になっていますが、このノイズの増加とダイナミックレンジの低下は、通常の表示距離から見ても大きくプリントしても見られません(ただし、しかし、更なる議論については「短所」を参照してください)。それはすべてのトレードオフです。。。すべての技術設計の考慮事項と同様です。パラメータは別のものとのトレードオフであるため、すべてを最適化することはできません。
私は、SLTの長所はまだ光の1/2ストップ未満を失うという欠点を上回っていると信じていますが、このアプローチは全員を納得させるものではないかもしれません。
いつものように、 “人によって違うかもしれません”。ミラーレス OSPDAFは依然として専用のPDAFアレイにはまだ追いついていません。。しかし近づいている。

このリリースを支持して履歴….従来の一眼レフとの違い。
それはあなたの手に実際にどのように感じますか?
プロ仕様のボディの造り、深く快適なグリップ、でも同等のFFカメラより小型コンパクトです―α77とほぼ同じサイズ。実際にあなたはα77で作業しているようですが、はるかに低い照度と4Kです。
他のSLTからこれへの移行は非常にシームレスで、非常に簡単に橋渡しされています。それは十分可能です、3つの技術的に優秀なもの”異なるアプリケーション”:
1)4Kビデオ
2)人物撮影と風景撮影(中判フォーマットや、Nikon 810やCanon 5DS / DSRなどの高解像度FFカメラが一般的に優れている)
3)スポーツやアクション撮影(高ISO能力、高いFPS、優れたAFとAFトラッキングのために、Nikon D5やCanon 1DX Mark IIなどの6k以上のコストを要する低解像度フルフレームモデルが優れている)
言い換えると、このカメラはクラス最高のものと競争することができ、これらの3つのタイプの撮影でさらに特化したフルフレームモデルです、これは、私の知る限り、前例がありません。そしてキャノニコンの提供する競合のフルフレームモデルの4Kビデオ機能、それは実質的に広角のビューを排除(1.4~1.7×)する限りない重いクロップ。
4Kはオーバーサンプリングから引き出されます、なので4Kか他の競合より少しシャープです。このカメラは真の万能選手です。

その基本的な仕様の観点から、それは重量打者です:
•AE / AFトラッキングによる42.4MP連続撮影で最大12fps、「スライドショー」エフェクトまたはEVFブラックアウトなしで8fps。
•ハイブリッドPDAFは、SLTによって供給される専用センサー配列からの79クロスポイントと、AF精度、スピードおよびトラッキングの強化のための399オンセンサー位相検出を組み合わせています。
•中判レベルのディテールと解像度のローパスフィルタなしの42.4MPフルフレームセンサー。
•静止画とビデオのISO 102,400の高感度・低ノイズ
•4Kと1080pの動画記録は、全画素読み出し、6Kオーバーサンプリングのフルフレームまたはスーパー35(クロップ)で行います。
•XAVC S、S-log2 / 3、および4:2:2 HDMI出力の高いビットレートコーデック。
•フルフレームセンサー用に最適化された5軸ボディ内手ブレ補正。
•余分なソフトウェアやハードウェアを使用せずに、時間の経過やスローモーションエフェクト用の低速/高速フレームレートビデオ
•ファイル転送とリモートコントロールが容易なWi-Fi / NFCコード。
•防塵/耐湿マグネシウム合金ボディ。
•電子ビューファインダーの利点と光学ファインダーの即時性を備えた超高速の有機EL。

だから、本当にうまく機能するのですか?全体的、例外的にうまく。
6週間それを使いました、それは、操作し撮影するだけの宝物です。でも、また私はこの基本的なSLTオペレーティングシステムに慣れています。

長所:

1)はっきりと、ソニー(と業界)の中で最高のFFセンサー。高解像度と高速のFPS、4K、可変フレームレートビデオ(時間経過とスローモーションの両方の効果)と非常に良い高ISOと優れたディテール。優れた機能的能力と多様性を単一のパッケージで実現します。
2)機能的で目に見えない4.5段の素晴らしい5軸手ブレ補正(即ち、悪くない衝撃的な品質)、そして、すべてのレンズで利用可能です。ISOを数段落とすことが出来ます、しかし、レンズ内手ブレ補正レンズでは、以前のIBISシステム(α77Ⅱの場合)より2段良いです。
3)フルレンジのAマウントレンズを使用する能力はメリットです(しかし短所の#1を見る)これには多くのオプションがあります:より現代的(そして高価な)ツァイスレンズとソニーGレンズと、またユーザーにレガシー・ミノルタレンズの使用オプション、予算と優先順位によって異なります。
4)4Kは驚くほど詳細でクラス最高((A7RII/A7SII/A6500/GH5)と張り合います、優れた低照度能力を備えて。非常に多彩なビデオスペックとコーデック(しかし短所の#2を見る)。
5)コンパクトフォームファクタボディ、α77Ⅱよりもわずかに小さい(しかし、同じカメラのように感じる)そして優れた人間工学とカスタマイズ可能なコントロール―これを最もコンパクトなFFボディにして、α7シリーズを除いて(但し、α7グループの人間工学的な制限はありません)。
6)399個のセンサPD素子を組み合わせたハイブリッドAFシステム、専用のPDAF配列から79の焦点ポイントを組み合わせた、SLTミラーによって供給(しかし再び短所の#1を見る)
7)エンドユーザーの好みやスタイルに合わせて、制御アーキテクチャーの潜在的なカスタマイズを大幅に強化した、より優れた組織化されたオペレーティングシステムとメニュー構造。さらに、Fxボタンを使用すると、12種類の選択可能なカメラ機能に即座にアクセスでき、メニューアクセスを合理化することができます。
8)Wi-FiとNFCがスマートフォンに画像を送れます。
9)α77IIよりも劇的に改良されたWi-Fiリモコンアプリ―それはひどく悪かった。このスマートフォンリモコンのバージョンは、RX10 / 100モデルとEマウントのアプリとして事実上可能です、どちらもクラストップクラス
10)マルチポイントMFA、ワイドとズームのためのテレ端、レンズの4つのコーナーとセンターの別々の設定を行うハイブリッドAF(しかし短所#7を見る)

短所:

1) 唯一ソニーのレンズ(それらのすべてではない)のみハイブリッドAFシステムへのアクセスを許可する専用のPDAFシステム(α77Ⅱのシステムのアップグレード版)、それ自体は依然として非常に有能で柔軟性があります。
2)ソニーは、ムービーモードでは固定絞り(3.5、またはレンズが3.5に達しない場合は開放絞り)でAFモードをプログラムモードに制限し続けます。この理由は不明ですが、おそらくよりビデオフレンドリーなEマウントとの競争を減らすために?
3)SLTミラーからの光損失を1/2段に抑える。これの多くは、テストでは、より高いISOでさえ、個人が余分なノイズの1/2段を確実に識別できないことが示されています。OSPDAFは依然として最高の専用PDAFに追いついていないため優れたAF性能を達成するための交換条件。最後の少しのISOが重要とみなされる場合、風景やその他のMF撮影用にミラーを取り外すことができます(半透明の鏡は壊れやすく、それを傷つけることなくきれいにすることが非常に難しいため、技術的に不適当という危険な行為)。
4)ISOといえば最初のDxOテストによれば、ISOの尺度は、ほとんど楽観的です(示された200は〜110である)―示されたISOに対してISOストロークを上回る1段の「押し上げ」をわずかに下回っています。これが単なるサンプル(DxOはファンキーなサンプルをテストしました)のばらつきであるか、カメラの低照度性能を誇張しようとする、ソニーの隠れた試みか、どうかは不明です。ISOのいくつかの「偽装」は一般的です―ほぼ普遍的な―しかし、典型的には1/4〜1/3段であり、けっして1段ではありません。
5)メニューシステムはまだかなり複雑です(ただし、pro/ FFクラスのカメラとの比較では過度にもそうでもありません)。
6)ジョイスティックのコントロールが時には「煩雑」で、選択とスクロールのプロセスが多少不確かになります。ソニーがフラグシップモデルでプレミアムスイッチギアのために春を迎えることができるか?
7)MFAは複雑かもしれない。上、下、左と右のコーナー、さらにはセンター(5つのポイント)×2(ワイドとテレエンド)。複数のポイントを持たないよりも、確実にチェックして較正する場所が多いため、自動設定の何らかの形が望ましいか?
8)バッファクリアは少し遅いです(RAWを42MPで撮影し、フルバッファーの深さが約60枚になると〜30秒)、スグにレビューする能力によって緩和されるますが。不可解ですが、ソニーはSDXC IIカードをサポートしておらず、読み書き時間は約3倍速い。それでもSDXC IIを使用することはできますが、カメラからコンピュータへのワークフローをスピードアップします(USB 3.0)、バッファクリアを高速化するために書込み時間を短縮しません。ソニーがSDXC IIをサポートしていないというのは、まったく奇妙なことです。

わずか3日間だけこれを持っていたので、ここにはいくつかの第一印象があります。
カメラはかなり大きく、α77 IIよりもやや重いが、ほぼ同じサイズです。他のSLTモデル、特にα77 IIからの移行は、非常に簡単でシームレスです。これはα77Ⅱに4Kと共にステロイドを打って強化したみたいです。私はインターネットフォーラムのチャットはこれがα77 IIと変わらないことを示唆していたので、Wi-Fiリモコンアプリにとても驚いています―実際にはるかに優れており、RX10で動作する優れたバージョンと非常によく似ています。通常の撮影では、撮影時やレビュー/メニュースクロールの両方の面でスムーズで反応の良いカメラです。
4Kの映像は、ただただ壮観です – おそらく私が今までに見たことのある最高のもの、または確かに最高に近いもの。

素晴らしいソニーの70-400Gのようなハイブリッドオートフォーカス機能を持ったレンズとミノルタのAF 70〜210mm F4かAF 28〜135mmのような古いスクリュードライブレンズの違いは非常に小さいようです、しかし、私は、明らかに専用の像面位相差AF配列に完全に依存している「柔軟にスポットを広げる」AF設定で撮影する傾向があります。
だから私はまだハイブリッドオートフォーカスについて言いたくはありません、瞳AF、顔認識オプションを使用して、これをチェックするために「ワイドモード」で撮影しようとします。
スクリュー駆動レガシーレンズとソニーレンズの両方が非常に迅速に焦点を合わせ、非常に低い光の焦点でもすぐにロックされます(実際にはAFシステムが処理しない肌合いのない単色の滑らかな表面に焦点を当てようとしているのでない限り)。一方、新しい5軸の手ブレ補正は、RX 10 IIIの5段システムほど効果的ではないようです(4〜5段の私だけの他のベンチマーク)。しかし、私は正式なテストをしていないので、これは単なる印象です。
撮影から画像のレビューまで、このクラスのカメラで期待されるように、すべての操作においてスムーズで、迅速で、応答性があり、色、コントラスト、ディテール、ダイナミックレンジはすべて素晴らしいと思われます。
これは、確かに持ち続ける物であり、Aマウントとソニーにとってセンセーショナルなホームランです。
さて、あなたがAFを望むなら、ソニーがビデオ中のPモードの制限を取除くなら、、絞りのコントロールが出来る…..聞いていますか?ソニーさん。

多くの静止画サンプルと続きをアップデート…. 2016-12-06


  
海外の皆さんのレビューいかがでしたか?
レビューをまとめてみました。

 

Aマウントのファンの喜びが爆発していますねようやく作ってくれた!と言う感じ
・「これほど、熱心に期待されたソニーの製品リリースは一度もない」
・「最も待望の買い物でした」
・「α99Ⅱはまさに私が待っていたもの」
・「α99Ⅱのリリースについて読んだとき、仕様だけみて注文しました」
 Aマウントファンが「待ってました!」です、メーカー冥利に尽きますソニーさん遅すぎです。でも遅かったおかげで今発売されている最新の機能をすべて(他機種にはないオプションも)備えてます、ある意味良かった?

ボディについては
・「コンパクトフォームファクタボディ」
・「α7RⅡのグリップのサイズの問題を解決」
・「D5と1DXの半分の価格と半分のサイズ」
 Eマウントシリーズより大きいが、小さすぎる事もなくグリップしやすいようです。

5軸手ブレ補正については
・「ISOを数段落とすことが出来ます」
・「1/25秒で手持ちで被写体ぶれなしの写真を撮りました」
・「必要に応じてシャッタースピードを遅くすることができる」
・「α7RⅡの様な手ブレ補正が欲しいと思っていた」

オートフォーカスについては
・「オートフォーカスシステムと組み合せた12fpsはただただ素晴らしい」
・「オートフォーカスは正確で、399の焦点での撮影にもっと時間をかけたい熱望します」

その他
・「4Kの映像は、ただただ壮観です、おそらく私が今までに見たことのある最高のもの」
・やっと付いた「デュアルカードスロットが便利」
・大容量のバッファー搭載で「連続撮影すると、メモリーカードへの書き込みを続行するので、画像をすばやく確認できます」
・「ついにCannonやNikonのトップカメラに並び、多くのケースではよりもっと優れている」
・「α6500とα7Rm2の最高の部分を組み合わせたと言えます。」
・「D5と1DXに匹敵するパフォーマンスで、半分の価格と半分のサイズでしかない。」
・「プロフェッショナルが要求する耐久性と12fpsでの驚異的な解像度」
・「12fpsはただただ素晴らしい」
・「プロ仕様のボディの造り、深く快適なグリップ」
など肯定的な意見が

否定的意見としては「マルチセレクター(ジョイスティック)」が不評で
・「α77Ⅱの方が良かった」
・「ジョイスティックは少しファンキー」
・「親指は、メニューを設定するだけで傷つきました」など
 ただ、決定ボタンのクリックやボタンのスライドなどの変更での勘違いや慣れの問題での不評のようです

  
こんなに発売を待たれていた機種は少ないです。
どなたかがレビューされていたように欠品中の場合が多いですが「ソニーストアの納期と価格」より在庫状況が分かります。

全ての機能・特長は
Aマウントフラグシップモデルα99Ⅱ(ILCA-99M2)のすべてが分かる」のページで

 

ソニー直販 ソニーストア
デジタル一眼カメラ α99II ボディ
ILCA-99M2 ボディのみ
ストア価格:388,880円+税(2018/05/26現在)

ソニーストアの納期と価格を見る

ID登録してソニーストアで購入すると
24回払いまで分割払手数料0% (期間限定)
■「残価設定クレジット」分割払手数料0%  (期間限定)
3年長期保証が無償
提携カード決済で3%off
■ソニーID登録ですぐに10%off クーポン利用可※すでに登録済みの方は自動で反映されます

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「ILCA-99M2 」には現在「3年ワイド保証」が付いています。
うっかり落として破損・急な雨での水ぬれ・火災の保証まで広範囲に対応する保証です。
また、追加料金がかかりますが「5年ワイド保証」もあります。

 

ソニーストアではこんなサービスも扱っています

新サービス「αあんしんプログラム」とは?
デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。
ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、特典が受けられます。
さまざまなサービスを用意されていて、より安心・快適なカメラライフをサポートしてくれます。

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目をとおして下さい

 

 

関連情報

「余分の2ストップがあるので..」「カモン!ソニー!」α7Sm2(α7s2)のレビュー...   圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジ、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正 ソニーデジタル一眼カメラ α7SⅡ ボディ ILCE-7SM2 高感度・広いダイナミックレンジを実現、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ  ...
「70200GM発売はよ 」「というか価格はよせい 」α7うだ話し...   いつもの2chの「ためになる?」話 ■ある人のコメント◆レンズ一覧 emountlens @ ウィキ http://www46.atwiki.jp/emountlens/ ■ある人のコメント新FW日本ではいつくるのかな? 1週間後くらい? ■ある人のコメント前スレにあったこのまとめで合ってるの?...
人気の「α9」、「α7RⅢ」、「α7RⅡ」が本日より大幅値下げ... 緊急告知!! 人気の一眼カメラが大幅値下げ     人気の一眼カメラ「α9」、「α7RⅢ」、「α7RⅡ」の3機種がプライスダウン α9(ILCE-9) プライスダウン  ソニーストア価格:498,880円+税→448,880円+税 ソニーストアの在庫と価...
使ってみると、やっぱりコレか!! アルファ7Ⅱ... 使ってみると、やっぱりコレか!! アルファ7Ⅱ 35mmフルサイズセンサー、5軸手ブレ補正(ボディ内です)、グリップがより持ちやすい ボディ内の5軸手ブレ補正のおかげで使用レンズの範囲が広がります。 ボディを持って振るとセンサーが動きます(手ブレ補正のためで...
「ついに完璧なカメラを手に入れた」α7R III(ILCE-7RM3)のレビュー(評価)【更新】... 高解像4240万画素、最高10コマ/秒連写、高速・高精度AFを約657gアルファ7RⅢ アルファ7R III 42.4MPフルフレームミラーレス交換レンズカメラ 革新的な画像処理能力と効率の進化により、a7R IIIは高解像度42.4 MPのバックライトを備えたExmor R C...
α5100はα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの良いところを合わせた新型一眼カ...  α5100コンパクトミラーレスは一言で言えばα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの2つの良いところを合わせた新型一眼カメラだと思います。 α5100は自画像を取るために180度を反転さ3 "LCDとともに、A6000などのオンチップ位相検出と同じ24.3MPセンサー &...
「α7S」は特別な人が特別なシーンを撮るためだけの カメラではない!...  「α7S」は、これまでにない超高感度撮影を 可能にした画期的なカメラですが、それは 特別な人が特別なシーンを撮るためだけの カメラということではありません!たとえば 旅先で遭遇した満天の星空を、感動のまま残す 難しい設定不要で劇的な瞬間も!高ISO低ノイズを活かした高速シャッターで! これまで目を...
ソニー、世界最速のSDカードを発表 SF-GシリーズUHS-II SDカードは、最高299MB / sの書き込み速度を実現し、高速連続撮影と4K動画撮影に最適です 2017年4月下旬発売予定 SF-Gシリーズは、ソニー独自のファームウェアで最大299 MB / sの書き込み速度を実現し、世界最速のSDカードとなります。クイッ...
「α9」カメラグランプリ2018対象受賞記念プレゼントキャンペーン... 日本一のカメラ”の称号『α9』カメラグランプリ大賞受賞記念 α9カメラグランプリ受賞を記念して、 α7シリーズ第3世代を対象としたユーザープレミアムプレずんとキャンペーンが実施されます。   プレゼント内容 ①ステッカー  ・カメラボディ(α9) 線図 ・カメラロゴ(α...
Pocket

https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/image93.jpg?fit=640%2C346https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/image93.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラα99Ⅱ,一眼カメラ  海外の皆さんのレビュー 2018年11月10日現在 このサイトの翻訳レビューです レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  このカメラが好き 私はこのカメラを数年間待っていて、断然これを気に入っています。 これは低い光の中で敵うものはありません、大手を打ち負かします、シャッタースピードで。 2018-09-05  大量のレビュー まあ、これは書のが難しいレビューです。 オリジナルのα100からAマウントシステムに投資してきた撮影者として、このカメラが出てきたときに私は喜びました、それは待望のキャッチアップだった。 紙面上で、このカメラは本当に比類のないものです。 恐ろしいパワー、素早くカスタマイズ可能なメニューとボタン、そして前面にあるサイレント/クリックホイールのような素晴らしい入力。 問題は、いつものように、現場での実際のパフォーマンスです。 このマシンの信頼性が低いため、私の日々に大きなストレスが加わります。 これは120fpsまたは4Kでビデオを撮影する場合、華氏80度の範囲でもオーバーヒートします(高温警告ではなく、ロックアウトを意味します)。 あなたがビデオ用にこれを考えていて、暑い気候で撮影する場合は、注意してください。 私は主に土地建物を撮影します、回避策として、予備のバッテリーを冷蔵庫に入れておく必要があります。 過熱のほかに、非常に頻繁なカード書き込みの問題があります。 注 - これはバッファではなく、その機能はうまくいきます。 さらに多くのアクションを実行すると、12fpsの速度が大好きです。 ここで(どのクラスの)SDHCまたはSDXC IIカードの使用についても考えないでください。 すべてのブランド(ソニーを含む)のSDXCカードでさえ、ソニーが拒否することを経験しています。 それは陰気な問題ですが、あなたのカメラは引き続きシャッターをきれますが、1枚の画像に立往生してしまい、その後に実際にカードに書き込まれたものは何もありません。 とは言え、静止でも動画でも、これから出てくる画像は神をも恐れない。 高ダイナミックレンジで美しく引き立たせられています。 カメラ内のDRO(デジタルでの読み・出し)は、カメラごとに優れたものになり、SLOGレベル(シャドウの場合は露出オーバーの場合でも)が粗い場合、ビデオ撮影の画像プロファイルも同様に便利です。 私はレベル5でDROを最大にし、.rawファイルで、あなたが編集にどれくらいのコントロールを持っているかによって、何度も何度も大喜びするでしょう。 カメラ内の手振れ補正も素晴らしいです。このことをジンバルに投げかければ、あなたに必要なワープスタビライザがいかに少なくても喜ぶでしょう。 関節式スクリーンも非常に便利です - あなたはどこにでもこの物を置くことができます。 驚くべきカメラであるにもかかわらず、私がA-camと思っていたカメラは、ほとんど使われていません。 それは完全に信頼できることが証明されたα7RIIIに置き換えられました。 このカメラは紙面上にあるプロレベルのカメラと競合することができますが、現場では競合しません。 2018-08-02  優れたカメラ。センターフォーカスポイント良好、たとえ... 優れたカメラ。 センターフォーカスポイント良好、たとえ非常に低い光のレベル(-4ev)でも。 2018-04-26  これは私を短期間でより優れた写真家にしてくれました ソニーのファンです。 F717の1.3で始まり5 Mpになり、α65に進みました。 α65のEVFに夢中にだったので、撮影前にカメラの設定を十分に理解していなくても設定を変更することができました。 「露出トライアングル(絞り、シャッタースピード、ISO感度)」の微妙なことを学ぶのに必要なフィードバックをすばやく得ることができました。これは私を短期間でより優れた写真家にしてくれました。 野鳥観察に進み、α77Ⅱが持っていたより良いフォーカシングシステムが必要でした。 そのモデルの3年後、α99フルフレームに進み、そのセンサーサイズのノイズの改善に感銘を受けました。 私は今、α77Ⅱフォーカスシステムとα99フルフレームを合わせたようなα99Ⅱに進みました。 たくさんの野鳥を撮って、高解像度なフォーカシングの改良に感心しています。 42Mpセンサーのため、私の重い望遠レンズ(600mm @ 12ポンドと500mm @ 7ポンド)を片づけることができました。 手ブレ補正システムの改善は、4および5ポンドのレンズを手持ちするのに役立ちます。 関節式LCDは、ローショットやオーバーヘッドショットに非常に便利です。 EVFは私が必要としているすべてです。 薄暗い場所で撮影するときは非常に便利です。露出設定に基づいて光量を上げるので、EVFと最終的に最終的出来上がりが一致を試みます。 良い光の条件では、どうなるかをあらかじめ私が知っているので、自分の露出設定が正しいかどうかを判断することはほとんどありません。 マニュアルフォーカスの補助はよく洗練されています。 私は密集した状態の野生の動物を撮影するときはマニュアルレンズと望遠レンズをを多く使うでしょう。 バッテリーの寿命は、このスタイルのカメラでは400〜500ショットほど普通です。 私は128MbyteのSandisk SDメモリを使用しています。 メニューシステムは、追加の設定と機能に合わせて大きくなっています。 学習曲線があります。ソニーはカメラの文書資料の優れたオンラインリソースを持っていますので、カメラの使い方を習得しているときにお勧めします。 連写速度が良いです、それはα77Ⅱのバッファがより速くなったようです。 私の息子が撮り、いい目を持ているようなので、私はクリスマスに彼にα99Ⅱを買いました。 2018-03-05  すべての機能を学ぶのに私はしばらく... すべての機能を学ぶのに私はしばらく時間がかかりましたが、私はこのカメラが大好きです。 2018-02-03  ビーストモード 1,2個の単語ですべてを網羅して言う...ビーストモード(カッコイイ最高) 2017-11-22  ソニーα100(2006年)からILCA-99M2(ボディ2017年)にアップグレード Sony AlphaDSLR:2006年からまだ使っているα100と最新のILCA-99M2、Dell QuadコアI-7プロセッサ3.4GHzにダウンロード&インストールされたSony PlayMemories-Homeアプリケーションを使用して、我々は42.4 Mp +4Kを手に入れました。 最初のSony Alphaは、10Mpの写真だけの小型のAPS-C のCCDセンサーでした。 我々は、ソニーがトランスルーセントミラー・テクノロジーを備えたα99Ⅱを提供するのに長い時間を待っており、BSI銅線を備えたフルフレームセンサーが 画素配列の下側/後ろにあり、センサーレセプター上の個々の焦点レンズアレイ、BionzX Sony処理XAVCビデオネイティブコーデック、フルフレーム42.4 Mp...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします