Pocket

 
4Dフォーカス、光学式5軸手ブレ補正、タッチパネル搭載のα6500ってどう?

image29

海外のみなさんのレビュー


2017年12月12日現在

このサイトの翻訳レビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


hosi5 素晴らしい速さ”本物”のカメラ

ブラックフライデー(クリスマスセール)に、他の場所で購入しました。

私のニーズ:
私は典型的なポイントアンドシュートカメラ(バカチョンカメラ)や携帯電話を越えたいと思っていました。
私はポイントアンドシュートカメラを超えた私の好きなエントリーレベルのカメラを持っていていました。
私はそれに..それ以上のものに戻りたいと思っていました。
めったに、もしくは最小限しかビデオを撮らない人種です。
典型的な物や風景、さらにはマクロ。
主に屋外にいるので、耐候性は必須ですが、軽い雨の中で写真を撮ることはほとんどありません、でも可能性はあるかもしれません。塵も懸念されす。
また、年間をとおして国際的な仕事のため、旅行の柔軟性も考慮する必要がありました。

私は研究してかなり読み込んで、ソニーのラインに戻ってきました。
値段/価値もそれの一部でした。
また、この価格帯のカメラには通常、若干の欠陥があります。
なので、カメラを選ぶことの多くは、一旦 技術的なものを過ぎると好みになります。

私はもう少し頑丈さと耐候性を求めていたので、ソニーの下のモデルよりもこの6500を選びました。また、6500には役に立つかもしれない機能がいくつかありました。

全体として、私は購入に非常に満足しています。
私は16-50&55-210レンズを購入しました。
たぶん1週間に約1000枚の写真が撮りました…勉強中なのでほとんど削除しましたが本当に素敵な写真もいくつか残しています。
これらのタイプのカメラに新しいものがあれば、どこにでも持ち込んで、頻繁に使用することをお勧めします。
あなたの被写体のために、基礎のバランスに慣れるために;
絞り、シャッター、ISO、そして露出補正。他にも多くのもの。

メニュー構造は少しずつ慣れていきますが、タブが付いているので、あるセクションから別のセクションにはかなり簡単に移動できます。
しかし、いくつかのタブには10ページ以上あります。1週間でしたが、私はカメラを覚えていくうちに特定の機能を見つける場所をゆっくりと学習しています。
私は新しい誰かに写真撮影の特定の側面を選ぶ(屋内で)そして探索することを強く勧めます。
そうしないと、選択が圧倒的になることがあります。

このカメラには何がないのですか?わからない。

考慮すべき事項:
*ビューファインダーは素晴らしいです。大好きです。
それはファインダーに自動的に切り替わり、それに目を向けるとスクリーンをシャットオフします。
また、ビューファインダーセンサーをシャッターのトリガーとして使用できるアプリを追加することもできます。
ほとんどの場合、画面に表示できるものはすべてファインダーに表示されます。
たとえば、すべての設定。
画面とビューファインダーのレイアウトは異なっていますが、本当にクールです。

*レベルインジケーター:ファインダーは、あなたが持っているカメラの水平を示します。
スクリーンにもそれがありますが、ビューファインダーはこれにデフォルト設定されています。

*パノラマ撮影が本当に素晴らしい。
私は携帯のカメラに慣れていますが、程遠いです。
しかし、一番の違いは、カメラは巨大な長いパノラマを撮ることができないということです。たぶん60度の円弧。
もし速すぎると、それは動きを見てエラーになるでしょう。私は吹き抜けの風で自由に手を離すことができませんでした。

*メニューシステムの操作:撮影モード/選択に基づいて、特定のメニュー項目が「グレー表示」されます。
それにはまったくアクセスできません。カメラのオプションを探検したいときには迷惑です。それはモードのせいでグレー表示されている理由を教えてくれません…どのモードで動作するかを教えてくれません。
しかし、あなたがその機能を行おうとすると、撮影モードを変更しないと出来ないことを知ります。

* HDR:混合照明のある被写体でこれを使用するのが大好きです。
しかし、「グレー表示」された問題と同様に、あなたが撮影しているモードのために働かない機能があります-HDRはオートでは機能しません。

* オートはほとんどの機能を無効にします。
オートは基本的により良い光学とセンサーでカメラを簡単なシンプルなポイントアンドシュートカメラとして撮影することになります。
しかし、それでも….あなたがそれらの機能を望むなら、PASMの中の1つを使う必要があることを意味します。

*ファンクションボタン:メニューシステムを介さずに、手元にある10個までの機能を選択できます。メニューにはないものもあります。
カメラの他のボタンからアクセスできる基本機能を繰り返しているため、デフォルトの設定はちょっと奇妙です。
変更を簡単にするために、メニューを見つけたら、それを変更します(タブ2、8ページ)それを突き止めるのにひどく時間がかかりました。

*オンラインマニュアル:カメラを登録する必要があります。
その後、あなたはもっと多くのマニュアルにアクセスすることができます。この場合、彼らはそれをヘルプギルドと呼びます。
あなたはpdf形式でダウンロードすることができます、強くお勧め。
マニュアルには、バッテリーの取り付け方法とオンスイッチの位置が記載されています。
ヘルプギルドは実際にその機能について語ります。
ヘルプ・ギルドには写真に関するものは何もありません。
その機能がなぜ有用であるかを少し説明しています。
機能の詳細についてオンラインで検索するか、それを使って遊んでください。
私はそれがよくレイアウトされていると思ますが、それは辞書のようなものです。
それは主にメニュー構造としてグループ化されています…そうです。

*画面は上下にしか傾けません。ちょっとしたことですが、カメラを横に回転させて多く使うと場合は問題になるかもしれません。
その機能があればよいと思うが、このカメラが持っていなかったことを知りました。

* Appsには、数多くの興味深いアプリがあります。
カメラにかなり良いハンドルがある一見しておく事をお勧めします。
ほとんどのアプリではカメラの設定が必要ですが、アプリでは何か特別なことをします-アプリのいくつかは、正しく使用する方法を学ぶためちょっとした時間がかかります…カメラを学ぶことに加えて、私はお勧めしません。
アプリでは、タイムラプスの静止画が動画に変換されたり、NDフィルタなどの多数のフィルタの必要性を置き換える特殊効果が行われます。
注目すべきは、一度ソニーのアカウントが設定されたら、オンラインウォレットにはお金を入れないでください。
サイトはセットアップ時にここにあなたを誘導するので、それはアプリを購入するための場所だと思っていましたが、そうではありません。
クレジットカード用のウォレットを設定しますが、お金を譲渡しないでください。それぞれのアプリの購入は、ウォレット内のカードを使用して別途購入されます。私はオンラインの財布にお金がある、私は今使用することはできません….. 2017-12-09


hosi5 ソニーはいつも素晴らしい、α6500かα6300か?

ソニーα6500で間違っていません。
それがα6300よりどれほど優れているかはわかりませんが、それはやや良いです。
あなたがプロの撮影のためにカメラを使用するつもりなら、α6500を入手してください。
楽しみのみ や予算があるなら、α6300を入手。 2017-12-07


hosi5 α6000を大きく上回る改善で…

これは私が思ったよりもα6000を大きく上回る改善です。
70-300Gレンズを使ってスポーツ(クルー)撮っていますが、これはα6000よりも高いパーセンテージでキープするカメラです(めったに手放さない)
ウェザーシールがアップグレードした理由ですが、振り返ってみると早くするべきでした。
私はビデオモードを使用しないので、過熱問題についてはわかりません。 2017-12-02


 内蔵フラッシュがソニーのオフカメラフラッシュを…

購入者は注意してください –
もしユーザーマニュアルの中には、ほとんどの細かいことがあったら、内蔵フラッシュがソニーのオフカメラフラッシュを起動させません。このレベルのカメラでジョークのようです。 2017-11-29


hosi5 写真撮影のための私の愛を再燃させた!

このレビューは超 期限切れです!
海外旅行のために7月にこれを購入し、古い信頼のNikon 7100 +レンズ(10lbs以上)を持ちたくないと思った。
当時の軽量DSLRを探していて、ミラーレスカメラを見つけました。
これを35mm1.8とペアにした瞬間から、旅行の全期間にわたって私の側から本当に離さなかったと言わなければなりません。
それは私の財布/バックパック/エコバッグにフィットするように軽くて小さくて、公共で写真を撮るときは目立たなかった。

これは、一眼レフの対応するものよりも高価ですが、正直なところ、それは価値のある投資です!
ソニーのカメラを購入することについて唯一の否定的なものは、そのレンズが高価で、限られていることです!
現在、50mm1.8に恋しています!
本当に写真のための私の愛が再来しました! 2017-11-27


hosi5 Canon 7D Mark IIとCanon Eos M3の代わりに…

私のCanon 7D Mark IIとCanon Eos M3の代わりに、これを買いました、これは完璧にこなします。 2017-11-25


hosi4 ものすごい!メニューはCanonメニューほど使…

ものすごい!メニューはCanonメニューほど使いやすいものではありません、しかし…S-log が少し露出オーバー気味にするまで難しいと思われ… 2017-11-21


hosi5 α6500がホントに好き!

α6500を購入する前にα6000を持っていました。
私は本当にはるかによいα6500がホントに好きです。
アップグレードして、嬉しい。 2017-11-14


hosi4 価格に対し素晴らしいビデオカメラ…写真には不足です

写真:
現在、Canon 5DSrをプロの写真撮影に使用しています。
これは、α6500よりもずっと質が高いです。
私のキヤノンがダウンして、写真の緊急時にこのα6500を使用しなければならないと、確かに失望するでしょう。
2012年からの私のSony NEX7は、このα6500よりも優れた静止画を撮ります。
イメージはややソフトで、編集で調整を始めると、すばやく崩れます。
これを主に写真撮影用カメラと考えている場合は、代わりに同じ価格でCanon 5DマークⅡまたはマークⅢを購入してください。
それらは、はるかに優れた画像品質です

ビデオ:
6500の4Kビデオは、オートモードではまともに見えますが、非常に「ビデオカメラ」か「ビデオ」であり、全く「映画」ではありません。
組み込みのシネログを使用し、手動モードで撮影することで、映画的な外観を実現したり、少なくともそれに近づくことができます。
自動焦点は、特に顔の場合は特にうまく機能しますが、焦点のために「ウロウロする」ことがあります。
時には、イメージに非常に専門的ではない「フォーカスバンプ」を引き起こします。
4Kビデオはまた、今まで見た中で最悪のローリングシャッターに悩まされています。
中程度からわずかな動きは、フレーム全体を揺らしてひどく見えます。
しかし、このビデオカメラの最悪の事は120FPSです。
プロの仕事にスローモーションを使用することを本当に楽しみにしていましたが、それは普通です。
それは非常にノイズがあり、エイリアシングやモアレが発生しやすく、色を修正すると直ちに崩れます。
つまり、60fpsのスローモーションは本当に良いです。まだ少しソフトで、わずかにノイズがありますが、間違いなく使えるし、120fpsよりも優れています。

結論:
私は本当の専門的な仕事のためにキヤノンのカメラとレンズを使用しますが、この小さなα6500は特定の仕事ではビデオカメラに適しています。
映画や短編映画の撮影には使っていませんが、結婚式や舞台裏、音楽ビデオなどでは、それはまともな仕事です。
写真には、私はこのカメラをスキップするでしょう。
α7RⅢまたはCanon DSLRを使用してください。 2017-10-30


hosi4 4つ星

good 2017-10-16


hosi4 機能はたくさんありますが、耐久性に疑問があります

私は1年前に買ったキヤノン5Dm4を持っています、このα6500はまもなく8ヶ月弱ですが同じようになりました。
ソニーを軽い頻度で使っている間、キヤノンは日々の写真撮影にもっと使います。
ソニーは黒い塗料が剥げて摩耗してしまい、センターダイヤルは押されて鮮明に感じません。一部の表示は、ぼやけ/色あせています。これは軽い仕様頻度で、です。

一方、このカメラにはハイエンドの機能が満載されています。4K / 30fpsと1080 / 120fpsビデオ、slog2 / slog3カラープロファイル、ゼブラ機能、無音撮影、低照度性能などが優れています。
フォーカシングは速く、多くの焦点を持っています。カラーサイエンスで緑色キャストは素晴らしいほどではないですが、投稿で編集しやすいです。

短所―ライブやビデオの撮影時にコンピュータにテザーできないこと、4Kビデオの強いモアレ、ビデオのゼリー効果、バッテリ寿命

全体的に、これは、ビデオと写真機能の間に優れた妥協点を持つ最高のaps-cカメラです。
いくつか、ソニー・ツァイス・レンズやシグマ・アート・レンズを提案すると(私のお気に入りは18-35 1.8です)、これはフルフレームの領域に匹敵します。それは非常に有能です。 2017-10-10


hosi5 ソニーに愛憎こもごもの関係を持って…

私はソニーが市場にα7Sを出した時以来、ソニーを使っています、そして最も重要な点はソニーに愛憎こもごもの関係を持っている事です。
現在、私はソニーのα7S IIとソニーのα7R IIを使っていて、ちょうどブログカメラとしてα6500を選びました、写真から分かるように、かなり広範囲に臨機応変に対応可能なカメラです。
これは約3.75ポンド(1.7kg)の重さですので、軽量ではありませんが、仕事は終わります

長所:
1. コンパクトサイズ、このサイズを気に入っています。
2. 4K
3. オートフォーカス

短所:
1. バッテリー寿命
2. 低照度性能
3. 外部モニターを使用して4Kを撮影するときメニューはモニターに表示されません。

カメラはBロールやビデオログに最適です、それが私が買った主な理由です。
それを装備するために、私はそれに合わせて次のアクセサリを追加しなければなりませんでした:
1. JOBY GorillaPod SLR Zoom。(6.6ポンド)手持ち可能な三脚
2. Koolehaoda E2三脚ボールヘッド
3. Ricote Lyre ShockmountとVMPR VideoMic Pro 風防付マイク
4. トップハンドルとソニーα6500カメラ用カメラケージキット
5. ソニーSEL1018 10〜18mm広角ズームレンズ
6. ロングコールドシューマウント&標準1/4″ -20とSmallRig咬合ロゼットアーム
7. 500シリーズモニター用SmallHDアンチグレアスクリーンプロテクター 2017-10-07


  S.SNP PRESS&CCCD(会社名)のレビュー:店頭テスト

最近、地元のカメラ店でS.SNP(会社名)がテストを行いました。店頭テスト
カメラはS.SNPの写真家の予算と収入を超えているので、このレビューは店頭のテストに基づいています。

このカメラは5つ星でしたが、2つの星を失いました。理由はここに:
1:このカメラは素晴らしい写真を撮り、素晴らしい機能をたくさん持っていますがバッテリーが良くない:それは過熱するしアクションビデオのテストでアッという間に空になる。

2:メニューシステムは難しく、過度に複雑です
それは21世紀らしくなく、急いで設定を調整することはできません;カメラマンはISOを変更するのに30秒以上かかりました:まだサムスンのNx 500メニューシステム(2015)と対抗することはできません。

3:スクリーン:2017年のビデオ撮影者/写真家のための本質的な特長を欠いている;まだサムソン Nx 500 Screenと対抗することはできません。

A:フルメニューとカメラアクセスのタッチスクリーン/速いメニュー調整/高速写真撮影:
B:360°フリップアウト回転画面(誰もが望む機能)

4:それは写真や画像/ビデオのための予備のメモリカードのストレージを欠いている:簡単に2-3マイクロSDに適合することができました(今は最大256 GBのカードを持っています)
A:カードリーダーはまだバッテリーカバーの下にあります:横側にしたほうが簡単なのに。

5:このシリーズは、深刻なSONY製レンズの不足があります:
A:超高額のパワーズームレンズ
B:バカチョン メガズーム設計互換性のあるレンズ(21世紀の可能な技術)

6:バッテリーカバーは、バッテリーグリップを着けるのに簡単に取り外しできません:ソニー製の小型  外部エクストラバッテリのセットアップとバッテリグリップ

S.SNP&Divisions(会社名)がこのカメラを購入した場合 
レビューは、フィールドテスト後に掲示します:
おそらくソニーは何百万回以上の次のバージョンアップで欠陥を修正するでしょう。 2017-10-04


 金額的にα6300がイイ

お金があるなら、このカメラは素晴らしいです。
しかし、予算があるならお勧めしません。500ドル節約するα6300を勧めます。
α6500はきのうが増えていますが、500ドル以上の価値があると思えません。
私は両方を持っており、それは私が使っているものと、まったく同じように動作します。 2017-10-04


hosi5 アメージング4Kビデオカメラ、そして素晴らしい写真

アメージング4Kビデオカメラ、そして素晴らしい写真、これは私が持っているα7S IIよりも優れたオートフォーカスです。
おそらくこの価格帯で最高のカメラ、または、もっと高い価格帯でも最高のカメラ。

このカメラの欠点は色の解釈であるため、EOSHD Proのカラープロファイルを購入することをお勧めします、私が言うプロファイルは、あなたが投稿するための時間を節約できる 緑とマゼンタの色合いの問題を修正します。 2017-09-26


 新品でない

箱はシールされていませんでした。すべての中身が袋から出ていた。
間違いなく中古だ。 2017-09-26


hosi5 このカメラで悪く言うところは何もない

素晴らしいものです。私は今ミラーレスカメラに恋しています。ふつうスチル写真は使いませんでしたが、写真を写して、非常に驚きましました。

主な用途はビデオで、品質に夢中にさせられています。
私はオプションで非常に多くの設定で手を加えることができるのが大好きで、その携帯性と見事な4Kの映像が大好きです。

これとα7SⅡとの間で迷いましたが、今は気にしません。
これより優れているのはフルフレーム(より良い被写界深度)と低照度性能だけです。それ以外の場合でしたら手に入れるべきカメラです。

電池の使用量だけが欠点ですが、まあまあ!
人は文句を言い、センス/頭を使うのが好きじゃない。このカメラの追加のバッテリーは必要です。
意地の悪い不平等な女々しさはやめてください。
純正のバッテリーか評判の良い容量の大きいサードパーティーのものを買って下さい。簡単なことです。 2017-09-19


hosi5 素晴らしいB-Cam

これは、驚くべき小さなバックアップカメラです。
これをソニーα7Sと一緒に使用し、ほとんど1080pで撮影します、けれどもインタビューを差し込むためにに4Kを使い始めました。

私は1080pでもこの品質を気に入っています、、いくらか目立つようなラインスキッピングがありますが、。しかし、キヤノン7Dと同じくらいで全然悪くありません、本当に心配するほどではありません。

また、5軸の手ブレ補正がジッタを打ち消し、素晴らしい安定したビデオを作るので、これを私のスタビライザーでほとんど独占的に使っています。 2017-09-17


hosi5 プロカメラは消費者価格で

4Kとスローモーションのためこのカメラを買いました。
私はこの小さなケダモノの画像から本当に感動を受けました。 2017-09-13


hosi5 グレートカメラ – 中レベル学習曲線

ワオ。素晴らしい写真。素晴らしいフォーカス。たくさんのメニューなど。
このカメラは中程度の学習曲線を持っています。できることを学ぶ時間を過ごすと、結果に満足してくれるでしょう。
私のより大きなフォーマットのCanon 6Dを引き摺って行くよりも良い方法です。
幸運とあなたの新しいカメラをお楽しみください! 2017-09-13


hosi5 5つ星

4K 2017-09-12


hosi4 そこに最高のミラーレスカメラ

そこに最高のミラーレスカメラ、4kのビデオは素晴らしいです。
フィルムとビデオのコンポジションのスケーリングに最適です。
練習と独立系映画制作に素晴らしいカメラ。
制限付きの学習曲線があります、しかし完璧なカメラのようなものはありません、価格は…勝者です。 2017-09-11


hosi5 5つ星

最近の旅行の為に買い、記載されたとおりに働きます。 2017-09-08


hosi5 手に素晴らしい感覚

これまでのところ、このカメラを気に入っています。
手に素晴らしい感覚、頑丈で、IBIS、大変革をもたらすほどではありませんが、手作業や手振れ補正をしていないレンズには本当に役立ちます。
PhotoshopやLightroomで変更したい画像に役立つピクチャプロファイルも気に入ったいます。 2017-09-07


hosi5 私のお気に入りのDSLR

私はキャノンユーザーで、このカメラを試してから、もはやキャノンのユーザーではなくなったということが出来ますハハハ。
このカメラは私の期待をふっ飛ばした、昼も夜もどこでも映画や写真を撮ることができます。
私の古いキャノンカメラでは、屋内でもノイズなしで撮ることができませんでした。
6500で私に全く新しい世界の写真が開かれました。
誰にでもこのカメラをおすすめします。 2017-08-28


hosi5 これはかなり相当なカメラですが、十分にシャープには感じなかった

アルファ6000を持っています。
これはかなり相当なカメラですが、十分にシャープには感じませんでした、とくに私はしばしば三脚なしで撮るので。
私はキットレンズをはずし、ソニーE PZ 18-105mm f/4 G OSSレンズとシグマ30mm f/1.4 DC DN現代レンズを購入しました。
そこで私はAmazonでa6000を取引し、a6500を購入しました。
今、私はそれに本当に満足しました!私は上級のアマチュア写真家です。
私は主に自然写真撮影と私の小さな孫のビデオ録画のために私のカメラを使用します。
カメラのサイズが小さく、プロフェッショナルな品質が好きです。
私は主にSony E PZ 18-105レンズ(27-157mm相当)を使用します-それは毎日の写真撮影に適しており、ビデオではさらに良い-カメラの手ブレ補正と組み合わせたOSSの非常に静かなズームです。
ポートレートやフラワーショットに使用するシグマの30mm(45mm相当)レンズ。
私は先進的な愛好家にこの素晴らしいカメラをお勧めします。 2017-08-28


 これについて多くの良いレビューを読んだ後…

これについて多くの良いレビューを読んだ後、このカメラを買いました。
すぐにその人間工学に失望しました。
手動で行うことはあまりにも複雑すぎる仕様:
フォーカス/絞り/シャッタースピード(写真の基本)
これらの設定は、机の上ですぐに利用できるようにする必要があります。
夜にそれを試した自動モード:恐ろしい結果、あまりにも明るい、何も自然でない。
確かに、センサーは、おそらく素晴らしいです(私は素晴らしいショットを撮ることができます…)…これは、まさにデジタルカメラで私を腹立たせるカメラのタイプです。こんなのはiPhoneとProCamアプリで充分です…
これらのカメラは、あなたのためにあまりにも多くのものを決定し、あなたが考えることなく、あるいはセンサー上でレンズ内の光の影響を感じることさえありません。何も感じず、バーチャルなスマートな意思決定。
ああ、おそらくいい結果を得られるかもしれませんが、設定の名人になった後、しかし、あなたは絶えず写真を撮る前に現実的にフォトショップしていることになります。
私はお勧めしません。おそらく富士フイルムX-T2またはT20を手に入れることになるでしょう、多分ニコンD7500(でもあまりに大きい)オリンパス(マークII)、ペンはいいです、しかし、技術的に劣っているようです。
キヤノンのEOSラインでは納得できません…
結論として:あなた自身で絞り/スピード/ ISO /距離を決めたい場合ソニーを買わないでください… 2017-08-24


hosi5 5つ星

このカメラに恋に落ちた 2017-08-23


hosi5 素晴らしい小さいカメラ

素晴らしい小さいカメラ
手ブレ補正と軽い重量のため歩き回って撮るカメラとしてこうニュしました、しかしビデオ機能も大好きです。 2017-08-21


hosi4 問題はありましたが、解決しました。全体的にカメラに満足しています。

カメラを購入しました。ディスプレイにいくつかの飛ばされたピクセルとセンサー上のホットピクセルがありました。
Amazonが交換して以来、うまくいっています。品質とフォームファクターが大好きです。 2017-08-10


hosi4 以前の世代からの完全な更新を考慮した優れたカメラ

素晴らしいカメラ。 3世代以上洗練されています。
私は私のα7RIIをバックアップするためにこのカメラを購入しました。 α7RIIと同様に、このカメラは各世代で大幅に改善されています。
これは、写真愛好家やプロフェッショナルに最高の製品をお届けしようとする、Sonyへの真の賛辞です。
これは、APCカメラのクラスのトップになる優れた機能を備えています。
以下はこのカメラの真の長所です。
1.オートフォーカス – 優れた
2.スピード – 優れています(11 fpsの撮影)
3.実際に有用な速度のためのバッファ
4.センサーは優れています。
5.高品質のHDおよび4Kビデオを撮影します。
6.小さなサイズ
7.タッチスクリーンを使用してAFポイントの選択をスピードアップします。

短所
1.タッチスクリーンは、AFポイントの選択にのみの使用です。なぜメニューを使用するように拡大していないのか分かりません。使用可能にしないのが信じられない。
2.デュアルダイヤルはありません。ただ1つ。本当に謎めいている。なぜこのような優れたカメラを作って、1つのダイヤルでしか機能しないのですか?君たちは
3.圧縮されたRAWファイル。なぜ非圧縮RAWファイルを提供していないのか分かりません、損失の多いアルゴリズムを使用しているので。この口径のカメラでは何もしません。
4.星を食べるRAWファイル。3秒を超えるどんな露出では積極的なノイズリダクションをもちます、ソニーのカメラは本当に天体写真家には不適切です。これにより星は自動的に消去され、夜空を正確に表現することはできません。これは私のα7RⅡの問題と同じです。このノイズリダクションはキャンセルできません。どうして?彼らはカメラの世代でこれを修正していないのか。

ソニーのサービスはどうですか?
米国では、ソニーはサービスセンターを持っていません、コネチカットの修理工場に下請けしています。しかし何千ドルものレンズでロシアン・ルーレットをしたいとは思いません。

ソニーのボディに光学的に優れているキャノンレンズを使用しています、キヤノンは東海岸と西海岸の両方に複数のサービスセンターを持っています。だから、私はちゃんとサポートされることを知っています。

私はソニーが写真ビジネスを理解していないと思う。
私は彼らのセンサーとカメラを愛しいて、キヤノンレンズで使うためにそれらに買いました。
彼らがアウトソーシング戦略を廃止し、製品の後ろに立つ真剣さを反映する専門のソニーのサービスセンターを開くことを望みます。

私はまだ彼らのカメラが大好きです、私は現在の技術状態を反映した有意義な更新がありカメラへの極悪非道なサービスでも思い切って喜んでやってみます。

私はソニーがファームウェアのアップデートで修正できると知っているいくつかの短所については、星を外しています。
本来なら、サービスについて真剣に考えて、これらの高価なデバイスの消費者を尊重しない体制のために別の星をとっていたでしょう。
しかし、彼らのカメラは優れており、写真家としての私の成長を反映しています。だから、それに対してはペナルティはありません。 2017-08-08


hosi5 これが好き

これが好き 2017-08-06


hosi5 最高の状態でのミラーレスカメラ技術…

最高の状態でのミラーレスカメラ技術。高性能カメラで非常に軽い重量。
重いギアを持つ他の写真家から定期的に尋ねられます。フル機能を備え、素晴らしい写真を撮ります。 2017-08-05


hosi5 5つ星

このカメラが好き!
期待通り、それ以上のAPS! 2017-08-02


hosi5 私を常に観光客になりたくさせる

このカメラは素晴らしいです。これは私の最初の「本当の」カメラです。
いつも自分のiPhoneを使いましたが、私のピクセルにもう少しパンチをかけて何かを求めていました。
私はNikon D5600を持っていて、それを気に入っていました。
しかし、友人がα6000を購入し、彼のものを使った後ニコンを返却し、ソニーに行きました。
私はテレビのころからソニーが好きです。しかし、ニコンがカメラ部門の友人α6000よりも優れた仕事をするように感じていました(α6000はソニーの写真界への本当の一歩でした)。
少しリサーチをしました。ソニーは細かくチューニングし、新しいα6500で不具合を微調整したように思われました。
それは、私がカメラで探していたすべてのものを持っていました:
素晴らしい写真、手ブレ補正、防塵防滴、スマホとの接続性と携帯性に優れています。
これまでのところ、私はこのカメラでニコンを振り返りません、友人のα6000と絶えず2つを比較します。
このカメラなんて小さいのか、そしてポータブル。
これは、まじめな話、素晴らしい写真とビデオを撮ります。それは小さな携帯性に大きなプラスです!
これは、α6000よりもはるかに優れたスピードと写真品質を実現します。
長く使うでしょうから値段から価値を増やし、あなたは「この機能が欲しかった…」とか「もし、これさえ…」とは言わずに過ごせます!!!
私はボディ内手ブレ補正とタッチスクリーンのためにだけで、α6300の上のこれをお勧めします。
タッチスクリーンは実際にはあまり役に立たないですが将来は役に立ちます。
手ブレ補正はあまり気づくことはありませんが、全てがクリーンに映っているので、おそらく機能していることを意味します。友人のα6000はちょっとぼやけて見える写真を撮ったようです。
私がこのカメラをどれだけ気に入っているか十分に言うことができず、他の皆が常にいかにこれがクールかコメントしています。
あなたがいくつかのカメラで迷っているならこのソニーのブランドに決めてください。
私がゾクゾクしたように、あなたは失望することがないでしょう。 2017-07-24


hosi5 素晴らしいカメラ

素晴らしいカメラ、私はこのカメラを使って不動産の4Kビデオを撮影し、素晴らしい結果を出しています。 2017-07-21


hosi5 驚くほど小さなフォームファクターのカメラの凄いやつ

私は熱狂的な写真家です。Sony NEX-7、α6000、α6300、α6500を持っています。それらすべて好きですが、α6500は私のお気に入りです。

優れた画質。私はLightroomを使っていて、RAW + JPEGを撮影します。
Lightroomを使用してRAWファイルを処理すると、実際のメリットがあると思う時は、明るい空に対して鳥や飛行機などの非常に広いダイナミックレンジの写真が表示です。
さもなければ、JPEGは幻想的であり、Lightroomでできるよりも優れていることがよくあります。

小さなフォームファクターは本当のプラスです。
このカメラをどこにでも持ち歩くのはとても簡単です。
ビルド品質も優れています。非常に頑丈。

このカメラを完全に制御する非常に多くの機能とオプションがあります。
他のカメラが持っている多くの外部コントロールが欠けていますが、カメラに慣れてニーズに合わせてカスタマイズした後は、設定をすばやく簡単に変更できます。

Fuji X-T2とNikon D7200を借りて、私が見逃していたものを見てきました。
どちらも素晴らしいカメラでしたが、焦点の速度や精度の向上はなく、画質の違いはありませんでした。
また、どちらもより大きく、より重いものでした。
私はソニーのα6000 / 6300/6500カメラの選択に満足してしまいました。 2017-07-19


hosi5 写真愛好家と父親

私が最初に買ったカメラ(iphone以外で)のα6000から最近アップグレードしました。
私はa6000で4ヶ月 撮っていました。
改良されたファインダーは、α6000からの素晴らしいアップグレードです…より鮮やかでダイナミックな感じです。
11fpsは素晴らしく、実際にはスピードは私が思ったよりもずっと便利だと発見します。
昨日裏庭で水球を使って遊んでいる子供たちを撮りました。
そして11fpsは私が望むショットを得るために必要だった最小限のように感じました。
私は決して遅いカメラを買うことができません。
主にソニーFE 85mmで撮影し、常にツァイス24mm(SEL24F)を着けたα6000をバックに持っていきます。
他のレンズが必要なような気がしません。

私はレンズを切り替えるのが好きではありません。今は小さなカメラバッグにα6500とα6000を入れています。
最終的にはおそらく2つのα6500をバッグに入れる予定ですが、α6000はまだ仕事をしています 2017-07-09


hosi5 優れた性能。

これは素晴らしいカメラです。
妻と私は7月4日の花火の写真を撮りました。
私は、ゾーイ818c三脚にα6500を使用しました。
そして、ヴァンガードアルタプロ263AB三脚でキヤノン6Dを使用しました。
私が1~7のキーパーレート、彼女は1~3キーパーレート。
彼女は誕生日のプレゼントとして、数時間前にカメラを持ったばかりです。
私はキヤノン6Dを2年間使っていました。

先ほど、華氏93度の夏の午後の外の温度で、開いた窓のカーテンの横に彼女の立っている彼女の屋内の写真を撮影しました。
私はこのカメラのダイナミックレンジに、驚愕しました。
暗い室内の設定ににもかかわらず、ウィンドウを通した外のシーンは全く露出が上がっていませんでした。
フラッシュは使用されませんでした。
これは少なくとも他のカメラでHDRで2つの露出分。

彼女は電子ファインダーを気に入り、画像はそれを透して鮮明で明瞭です。

私はこのカメラの技術的な詳細には触れません。
DXOmark.comでこのカメラの技術的な詳細をお読みください。
このレビューは、このカメラのすべての肯定的なレビューの証です。
従来のDSLRからミラーレスに切り替えることがますます増えているのではないでしょうか。 2017-06-05


hosi5 すごく良い、私のすべてのキヤノンのギアを売った。

カメラを所有するのに2週間かかり、これはCanonのすべてのギアを売ることを納得させました。
写真とビデオの両方にとって素晴らしいカメラです。 2017-07-04


hosi5 5つ星

すべての期待に応えました。
コンパクトで強力です。
ワイヤレスインターフェイスを改善することができます。 2017-06-25


hosi5 投資の価値がある

私は古いα77の代わりにこのカメラを購入しました。
私はα7IIを購入したときにミラーレスにオールーインしましたが、α7が失敗した場合のバックアップとして、まだクロップのAPS-Cカメラを持ちたいと思いました。
また、かなりのEマウントレンズのコレクションも持っいて、どれを選択すればよいかの助けになっています。
私は背中とバッグに、負担をかける2セットのレンズを持ち歩きたくありません。

ほとんどの場合、A6500とEマウントの90mmマクロをペアにします。
A77での100mmの古いセットアップで撮れる、近くに設定されているのが好きです。
それは素晴らしい135mmマクロ(35mm換算で)になりますが、私に150mmの古いセットアップほど素晴らしいものではありません。
しかし、わずかに短いレンズを補うだけでなく、静かなシャッターとIBISがあります。
マクロモードとより「正常な」状態の両方を取るとき、それが堅実な選択であることがわかりました。

ツァイスの超ワイド純正レンズで撮影して、それが私が満足するほど広角とは思わませんでした。
50%のクロップは撮影が窮屈になります。
ここでは、50mmではなく35mmが「標準」焦点距離であることを覚えてください。
私はストリート写真撮影のために35mm 1.4をまだ使っていませんが、それは非常に良い目的に沿ったレンズと言えるでしょう。
その速い35mmは見えない要因を減少させます、レンズは野性的ですが、それは十分に速く、十分に鋭いです。
私はこの設定が、1:1の限界近くで狩る傾向がある90mmよりもはるかに高速であることを発見しました。

「サイレントシャッター」に関する2つの言葉は、それが「広告どおり」動作します。シャッターは「まったくサイレント」です。
正確には一度それを試みただけなので、「ローリングシャッター」についての正直なレポートを告げることはできません。
「普通のモード」のシャッター音のみ言うことができますが、このカメラは、小さな爆発のように聞こえるα7Ⅱよりもはるかに静かです。
ショットを撮るとき、ミラーの音に悩まされていないカメラがどうしてそんなに騒々しいのか私には理解できない、しかしα7Ⅱは管理できています。
私は、α6500がα77と比べてかなり古いように聞こえると言うでしょう、77は、よりソフトでシャッターがハイピッチです。

人間工学の分野に関しては、それは多くが真実です。
あなたはそれを愛している、またはあなたはそれを憎んでいる、中間はないです。
男にしては私はかなり小さい手です。
私はa6500が手に合って問題は一度もありませんでした。
私の長い指?はそれを心地よく包み込みます。
α7Ⅱではバッテリーグリップを使用していますが、これはFP40が何よりも哀れな寿命の関係です。

残念なことに、このカメラは同じFP40を使用します、上手くいって一日におそらく240ショットです。
あまり慣れていないので、もっと少なくしか撮れないと考え安全のために余分のバッテリーを持ち歩いています。
私はα6500でバッテリーを切らすことは決してありませんでしたが、それはα6500が特別のカメラとか、α7Ⅱが仕事用であるとかを示すものではありません。
α7Ⅱで、しばしば、少なくとも1つのFP40切れてしまい、α7Ⅱの黄色のゾーンに2個目のFP40を走らせることに成功しました。
もう一度、言います、追加バッテリーを持参してください。

電池があまり書き込まれていない場合、α6500の本当に大きな改善点は、メニューシステムのトータルオーバーホールです。
α7Ⅱの私のレビューでは、カメラのメニューのひどさについて憤慨しました。
長く使用した後でさえ、それはまだ痛みのベッドです。
私は、ソニーが不注意な公衆のところでα7Ⅲを発売しようとしていることを読んだことがあります。
カメラにα6500メニューシステムになっていることを願っています。
それはα7Ⅱからの躍進です。それはまだ少し混乱していますが、カラースキームとメニューの分類方法はα7Ⅱの上に飛躍しています。ソニーは消費者の声に耳を傾け、それに答えました。メニューシステムは、もはや過去のやり方ではなくなりました。

いくつかの小さな事柄。ほぼ1300ドルで、ソニーは少なくともα7シリーズの2ホイール方式のような、物理的な制御を投入することができたと思う。
α6300には欠けているIBISとタッチスクリーンがあります。
しかし、タッチスクリーンは私には決して大したものではありません、2つのホイールコントロールと比較するなら簡単にそれを捨てるでしょう。
フラッシュにもそれほど印象づけられていません.1,300ドルのマシンでは、実際には少し安っぽいです。
$ 600のα6000でそのようなフリッパーを許しても構わないが、倍のコストのカメラのものではありません。
そこは問題ありません、貴重ななけなしの本当の財産むしろそこではありません。
私がちょうど良いスピードライトを持っていけば、それで済むでしょう。
FP40を消耗しない方法です。
私が持っている他の小さな事柄は、カメラが提供するスロットへのSDカードのフィット感です。
それはそこでは少しきつく、引き込むのが難しい。
バッテリーとSDを同じドアの下に置いておくと、SDカードを挿入しながらバッテリーを落とすことがあり、イライラすることがあります。
これがカメラを小さく保つのに必要な犠牲であると理解しています。仕方ないと思いますが、それは時々問題を引き起こします。

これは素晴らしいカメラです。画質、使いやすさ、可搬性、そして一般的な面白さの点で、その軽さを上回ります。
コンパクトなサイズなので、面倒ではなく、喜びを運びます。
使い易さの点で実際にそれにマッチする唯一のカメラは、1インチセンサーを使用するサイバーショットです。
しかし、それらはより小さなセンサーと固定レンズを持つバカチョンカメラです。
あらゆる種類の機能を達成するためのバッテリーグリップが必要なのでα7Ⅱの携帯性と楽しい要素を殺す大きな兄弟はマッチしません。
FP40行く限り、α6000シリーズはおそらくこの低電力バッテリーのための最高のカメラです。
あなたがα6500の2個目のバッテリーを持って行くこと、良いですが、ベストは3個目も持って行くことをお勧めします。
このボディで、 あなたは、ソニーの完全な装備と自由なレンズを使うようになります。
自由なレンズ群は、フルフレームではなく、APS-Cボディ用のレンズに偏ることがよくあります。
また、あなたが購入する どんなレンズでも、IBIS機能を備えて露出の約3ストップに相当するています。
これにより、IBIS以外のカメラでは手に入らない手持ちの画像が全世界に広がります。
あなたが非純正レンズまたは古いミノルタガラスをたくさん所有している場合も悪いことではありません。
6000シリーズの中で最も進歩した6500は投資価値があります。 2017-06-24


hosi5 息子の好きなカメラ

このカメラが気に入った息子の為に購入しました。
非常に使いやすく、ビデオや写真は素晴らしいです。 2017-06-16


hosi5 これは素晴らしい写真を撮ります。私はミラーレス…

私は写真の初心者です。これは私の最初の撮影です。
これは素晴らしい写真を撮ります。私はミラーレスカメラはデジタル写真の未来だと信じています。 2017-06-13


hosi5 5つ星

あなたはあなたが支払う以上のものを手に入れます! 2017-06-01


hosi5 今のところ正しいカメラ

私は本当に苦労して、私にとって正しいカメラを見つけようとしました。
選べるカメラはたくさんあります。
このカメラはかなり私が探していたものでした。
私は最初にそれをどのように使用するかを学ぶために苦労しました。
メニューがちょっと混乱しているのを発見しましたが、1ヶ月後には私が何をしたいかを見つけることに問題はありません。
カメラがユーザーの最大の制限で使いやすくなっています。 2017-06-01


 800のISOでさえひどいビデオ品質

例えISO 800でさえひどいビデオ品質。
低照度ではなく、超シャープではありません…ほんとにしらけさせる。
私はキヤノンに戻ります。プロの写真家、多くの商業的な視界、しかし、このカメラでソニーが市場で競争できると思いません。 2017-05-29


hosi5 5つ星

優れた製品は、契約は推奨に沿って行われた 2017-05-29


hosi5 この価格帯で市場にある中でベストのカメラ

私が今まで所有しているベストカメラ。
私のキヤノンDSLRに恥をかかせている。超高速焦点と非常に軽い。
ソニー70-200mm G4レンズとペアを組んで私のスポーツ写真に最適です。 2017-05-27


hosi5 5つ星

素晴らしいコンパクトカメラしかし、自社製レンズは十分ではない。 2017-05-24


hosi5 2つの世界のベスト

まじめに、これは素晴らしいハイブリッドカメラです。
私はそれを入手して以来、写真とビデオの仕事に等しく使ってきました。
これはCanon DSLRから来た初めてのミラーレスカメラです。
私の好みに合わせて設定を調整するのに数週間かかりましたが、一度それを掘り下げてパーソナライズすると、それは本当に自然で親しみを感じます。

写真撮影でのAFシステムは他に勝るものはなく、EVFは印象的です(特にDSLRから来ているので)。良いバーストレート、印象的なバッファー、画像品質は傑出しています。

多くのDSLRやミラーレスカメラのように、ビデオを撮る場合は、多くのこと本体だけで行うことができますが、実際に、それを最大限に活用するためにアクセサリー(ケージ、ハンドル、外部モニター、マイクなど)を追加する必要があります。
しかし、これらすべてのものが整っていれば、きわめてコンパクトで非常に使い勝手のよい装備を手に入れることができます。

多くのレビュアーが指摘するように実際に欠点はあります
-情けないバッテリー寿命、特にビデオに
– 4Kに記録するときのローリングシャッター
-反転するスクリーンではない
-昼間に見るのが難しい画面(動画を記録するときは特に)

トータルで、これは素晴らしいプラットフォームです。
私は個人的なニーズに関連して私がカメラに設定した期待を間違いなく超えているので、「5つ星」を確保しています。
完璧なカメラはありません、特にハイブリッドシステムでは、しかし、もしあなたの期待がある程度の条件に柔軟なら、この詰め込まれた技術に本当に満足します。 2017-05-27


hosi5 5つ星

素晴らしいカメラだが、私は反転するモニター画面の事と自社製レンズが恐ろしく高額なのを見逃していた。 2017-05-23


hosi5 高評価の価値がある

このカメラがすべての高い評価と賞賛を受ける非常に妥当な理由があります。
Sony a6500は、5軸の画像安定化、425の位相検出点での優れたオートフォーカス、最大300枚のJPEGまたは100枚のRAW画像の11fps連続撮影を備えた最上位のAPS-Cミラーレスカメラです。
これらの「技術的な」詳細は「手放せない人」を増加させます-追加編集に値する画像。 2017-05-19


hosi4 もう一つの素晴らしい踏み台

私は結婚式のためにこのカメラが有名なオートフォーカスが被写体をどれほどよく捕らえるかテストしました、そしてソニーのE 16-35 vario tesslarと組合わされて、かなり感銘を受けました。
3軸の安定化は、ショットを撮っていてて角度をスムーズに変更したいときに非常に便利でした。
このカメラの注意点は軽い使用(正午ごろ)後のレセプションでは過熱して、冷えるまで別のカメラに切り替える必要があったことです。
注目すべきもう一つは、恐ろしいローリングシャッターです。
ビデオ用にこのカメラでパンやペースが速い場面は望んでいません。
しかし、これはブロガーとスポーツ撮影のための素晴らしいカメラです。もしそれが現在の価格でフルフレームだったら、私はそれを手放さなかったでしょう。 2017-05-18


hosi5 素晴らしいカメラ

このカメラはほぼ完璧です! 4k〜120fps!すごい。
唯一の欠点は、バッテリ寿命です。それ以外の私はこのカメラをお勧めします。 2017-05-11


hosi5 素晴らしいカメラ

ソニーa6000からのアップグレードとしてこれを買った。
私は新しい機能が大好きです、そして、余分な費用はかかります。 2017-05-02


hosi5 やった、やった素晴らしいカメラ

これは、どんな形でも私の最初のDSLRかもしれませんが、それは私の最初の経験です。
私は、たくさんの知識を私と共有する複数の有能な写真家を知っています。
私がそれで学んだのはこれです:

このカメラはかなり超大作です。私の写真友人の一人が主に写真撮影会社に使用するキヤノンの5D Mark IIIよりさらに輝きます。

これは4Kキャプチャのための私の撮影監督のα7RIIを上回っています、それがこのモデルを購入した理由です。
手ブレ補正も組み込まれています。この機能により6300を超える6500になります 2017-04-28


hosi5 このカメラが気に入った

このカメラが気に入った。Sony SELP18105G E PZ 18-105mm F4 G OSを使用してヨーロッパで休暇中にこのカメラを使用して旅行しました。
個人的には、これは休暇の写真のための完璧なコンボだと思います。
バッテリーの電力は恐ろしいですが、外付けバッテリーでユニットに電力を供給することができます。
私は5000mAh(ソニーバッテリーの容量の約5倍)の外付けバッテリーを追加して1日中撮り続けました。
ソニーのPlay Memory Appはちょっと大変ですが、動作していて、画像を自分の携帯電話に転送すると、即座にFacebookに投稿できます。
私はビデオを頻繁に使用しませんが、私が旅行から録画したものからは、バタースムーズで素晴らしく見えます。
私が改善してほしいと思っていることの1つ(うまくいけば、彼らはファームウェアの更新でそれを行うことができます)は、タッチスクリーンを使ってより多くの制御ができることです。 2017-04-28


hosi5 コンパクトのボディに恐るべき技術

NEX-3からアップグレードし、私のアジア旅行を見越して、単なる新しいレンズ以上のものへの大幅なアップグレードを望んでいました。
私はすぐにa6300に惹かれましたが、a6500のプレスリリースを見るまでにはあまり時間はかかりませんでした。

α6300より400ドルの価格上昇は確かに恐怖を抱かせた。
しかし、私は主に低照度撮影で撮影する傾向があり、興味のあるサードパーティのレンズの多くに手ブレ補正がありません。
また、ほとんどのレンズのコストと比較して、$ 400はその贅沢のための世界の終わりではありません。
私は場合は
もし、私がほとんどが昼間に、三脚を使い、またはスタジオで撮影するなら、私は思い直したかもしれません。

古代のNEX-3と比較して、ボタンとコントロールは爽快で直感的でした。
メニューはちょっと不器用で一見無限で、私にとっては、それは良い問題でした。
それは私に、カメラのあらゆる側面とカスタマイズオプションを完全に制御することができようにしてくれました。
一つの不満はスクロールしようとしている間にうっかりスクロールホイールを押してしまいます – 私は誤っていくつかの設定を変更しているので、私の望みはそれを押した時もう少し硬い方が良いということです。

私が最初に撮ったレンズは35mm f1.8単焦点です。これは天国で行われたマッチングです。
ISOが高くても超シャープです。これは私の3番目のAPS-Cカメラで、私が所有していた以前のものよりも驚くほど優れていて信じられませんでした。

これについての私の主な不満は、スマートフォンと比べると応答性に欠けるフォーカスタッチスクリーンです。このカメラのほとんどすべての側面と機能は、非常に洗練されていると感じましたが、タッチのフォーカスはそれとはまったく異なります。誤解しないでください – それは動作します。
私はマニュアルフォーカスを使用するなら、より信頼できることが分かりました。

おそらく、私はまだこれを所有している新婚旅行の段階にあります、特にまだ本当に古いモデルからアップグレードしたばかりで、これまでのところ、私がカメラで持っていたほとんどすべての願いが満たされましたが、最も重要なのは、詰め込まれた機能とカスタマイズが感動しています。 2017-04-24


hosi5 5つ星

良い 2017-04-27


hosi5 このカメラを選んだのがうれしいです

5DMKIIを5年間使用し、交換時期;それは軽量で速いので私はA6500を注目。
2K +ショットと3カ国で撮った後、私はこのカメラを選んだことをうれしく思いました。 2017-04-21


hosi5 5つ星

素晴らしい品質。
期待した以上のことが出来ます。 2017-04-16


hosi5 プロのファンタスティック

我々はフルタイムで結婚式を撮影し、α7rII、α7s、α7II、FS5、およびFS7を気に入っています。-でも、自身の私生活の撮影や持ち運びで もっと小さい しかし高品質のものを望んでいました。
最近このカメラでヨーロッパで3週間過ごしました」、私が言うことができるのは「すごい!」の一言です。
24MPの静止画から4kの手ブレ補正ビデオまでのすべてが素晴らしいです。

私は我々のデカいカメラのどんなメジャーのプロの機能も見逃しません 2017-04-13 


hosi5 最高の写真で操作は簡単

ソニーα6500は驚くべきカメラです。
持っているEマウントレンズすべてで素晴らしい結果を出しました。
この購入にとても興奮しています、そして毎週、家族の写真を撮ります。 2017-04-11


hosi5 すばらしい

妻のお気に入りです。 2017-04-11


hosi5 5つ星

コンパクトで汎用性があり、高品質の画像を生成します! 2017-04-07


 カメラは正常なら素晴らしいですが品質管理が…

2~3週間で液晶が故障した。
カメラは正常なら素晴らしいですが品質管理がそれほど良くないかも。 2017-04-03


hosi5 気に入った!

α6300からアップグレードする価値がある。 2017-04-02


hosi5 α6500はすごいカメラです

最近α6000からアップグレードして、これ以上の幸せはありません。
私は、風景、スポーツ、野生生物、好きなことをしている人を撮るのが好きなアマチュア写真家です。
α6000は造られ続けて優れた結果を出している先進的なカメラの大きな前進でした。
私は改良されたフォーカス、増加したバッファ、および手ブレ補正システムを使うためにα6500にステップアップしました。
手ブレ補正は実際に私の仕事のシャープさを磨き、ふつうの焦点距離/シャッタースピードのガイドラインを超えて画像を取り込むことに自信を持たせてくれます。
最近、ソニーの18-105 Gシリーズレンズと組み合わせてのコンボが素晴らしいです。
今年後半にヨーロッパへの旅行を計画しています、自分のスキルをテストするのが待ちきれません。
Eマウントが好きで(私のように)さまざまな被写体を撮れる最大の柔軟性を持ち、プロの結果を生み出す ミラーレスの利点を持つカメラを探しているならα6500を買うことを躊躇してはいけません。
私はこのカメラが新しいレベルに私の写真を撮ると確信しています。
ちなみに – 4kビデオも最高です! 2017-04-01


hosi5 ソニー 良くやった!!!

このカメラの購入に後悔はありません。
他に2台のソニーのカメラを持っています(NEX-6とα77)が、この恐ろしいカメラは2台をはるかに凌ぎます。 2017-03-29


hosi4 ニコンのD610の置換えの可能性

フルフレームD610カメラの代替品として、ソニーのSELP18105G E PZ 18-105mm F4 G OSSとα6500を購入しました。
私は子供のリサイタルやその他の学校活動の写真を撮るために、70-200 f2.8や2.0テレコンバーターのようなニコンのレンズに投資しました。しかし、キットは毎年重くなってくる!
バッファサイズが小さく、ビデオ品質が低いなどD610の欠点を補うために、α6500はより軽く、4Kビデオ、GPSなし(ソニーでBluetoothを使用できる)を購入することにしました。
しかし、私はD610と70-200の組み合わせから得た鋭いイメージを愛しています。それで、それを所有しておくかどうかを見るために考えています。

数週間でディズニーに向かい、ニコンを自宅に残して、ソニーがどれほどうまくいくかを見ていきました。
今のところソニー方が、いいビデオを撮っていますので手ブレ補正はより良いと思っています。
ビデオは歩き回って揺れなしに録画することは簡単ではありません。ソニーのハンディカムは、この部門で少し上手くやっているようです。
写真に関しては、これまでのところ不平を言うことはありません。
新しいAFのオプションは少し時間がかかります。いくつかのショットを逃しましたが、カメラではなく私のエラーです。

バッテリーの寿命は恐ろしいですが、私はa6500を購入する前にこれを知っていました。私は余分なバッテリー(ワサビ)とマイクロUSBケーブル付きのUSBバッテリーパックを持っていきます。
ビデオと画像の撮影日を過ぎるまでにどれくらいのバッテリーが必要になるのかが分かります。それが旅行中により多くのオプションを提供してくれるマイクロUSBが気に入っています。 2017-03-28


hosi5 優れたカメラ

全体としてに優れたカメラ。
私はこの前にNEX-5Rを持っていて、とても満足していました。
主に、低照度性能を向上させるためにアップグレードしたいと考えていました。
α6500はビデオで、特に低照度では素晴らしいものです。

ボタンのカスタマイズが好きです。
体内手ブレ補正は、レンズ内手ブレ補正のないレンズで効果的です。
非常にしっかりした製造[構造]品質。

このカメラをより良くする唯一のものは、NEX-5Rができるような自分撮りのために180度回転できるLCDです。 2017-03-12


hosi4 素晴らしい写真、ビデオは相当

素晴らしい写真ですが、ビデオは少し貧弱です。
RAW動画はなく、設定/メニューは、異なる設定を切り替えるのは、あまり高速ではありません。
あなたが高速万能カメラを探しているならば、完璧なマッチングでありませんがオートフォーカスは信じられないほど直感的です。
私はまたスクリーンを旋回させたいです。
美しいビューファンダーとF値の低いレンズで低光下でも素晴らしいショットを撮ります。
バッテリーは望むほど長く持たない、たぶん3時間の寿命。 2017-03-08


hosi5 このα6500は怪物です

Nikon D610の所有者として数年間、私はアップグレードの予定でした。
研究の後、私はシステムを切り替えてソニーに行くことにしました。
今までに出来た最高の引っ越し!!

ISOの性能は実に素晴らしい。
最小限のノイズでISO 6400に簡単に移行、手ブレ補正もまた大変良い、特に手持ちで。

ビデオから写真まで、これは何年もの間、私のバッグに中に入れられます!! 2017-03-05


hosi5 このカメラは素晴らしい写真と

キットレンズと一緒に来事を望んでいた、でも、私はこのカメラが大好きです!
このカメラは素晴らしい写真とビデオを撮ります。 2017-02-28


 Greatセンサー、紙面上の素晴らしいスペック

紙面上の素晴らしいスペックがありますが、実生活では…そうでもないカメラ、がらくたで 不完全で 人間工学的に欠陥のある機器。
それを返品しました。

使用する苦痛、私は喜びでそれに手に持つのではなく、恐れを持って…すべてが詰まっていて、小さく、アクセスが難しく、小さな中に何かが起こっているような、私が理解できなかった謎めいた世界。潜在的な宇宙で起こっていたように。

Canon 5ds(これは大丈夫)から そんな別の経験、分ってます、これはミラーレスのカメラです。

私はぶっ叩いたGH1を覚えています、私にとってはるかに優れたカメラです、人間工学に優れており、ユーザーフレンドリーです。
このような驚くべき仕様とセンサーを搭載した後、ソニーはこのミラーレスカメラの仕上げる方法を学ばなければなりません。 2017-02-24


hosi5 5つ星

私が今まで所有した中で最高のカメラ。 2017-02-18


hosi4 4つ星

バッテリーの寿命を長ければと思ったが、それ以外の場合は完璧だった。 2017-02-17


hosi5 ついに、NEX 7からアップグレードするのに十分な変更

私が使ったベストのカメラ。

ついに、NEX 7からアップグレードするのに十分な変更。
重いガラスは持ち運びができません。
すべてのNEX 7(APS-C)レンズを使用します。 2017-02-14


hosi5 とてもハッピー!

素晴らしい機能を備えた素晴らしいカメラ! 2017-02-13


hosi5 ほぼ完璧な購入

Amazonの最初の出荷がFocus Camera(販売店)を通じて私に、スケジュールよりも1日早く配信されて来ました。
よくやった!素晴らしいサービスをありがとう!

出来るだけ短く-何ヶ月かのミラーレスカメラの研究を経て – 私はソニーα6500を決めました。
Nikon D7000とNikkorとSigmaのレンズ6個、フラッシュ4個、RCマクロレンズキット1個をすべて売ってソニーを買うことができました。
小型化を決定したので、どこに行くにも良いモバイルカメラを持って行かない訳はない(iPhone 6は含まず)。

2週間それを使用した後、この購入がますます嬉しくなっています。
ちょっと複雑すぎるメニューシステム以外に、操作があまりに簡単で不満はありません。
応答性タッチスクリーンとファインダーは、写真を撮るときに、どちらも世界の中で最高のものです。
ショットの品質は、このシステム用に購入した5枚のレンズのどれも実質的に優れています。
(Rokinon 12mm F2.0、 Sigma 19mm f / 2.8 DN、Sony SELP18105G E PZ 18-105mm F4 G OSS、Sony SEL1018 10-18mm Wide-Angleズームレンズ、Sony 30mm f3.5マクロ) -一度、どれが何をするのかコツを掴んだら、写真はカメラのソフトウェアと同じように素晴らしいです。

さまざまな機能をカメラのボタンをプログラミングする基本を学ぶと、それはすべてにスピードアップします。メニューを実際に学習してください、トップダイヤルの様々な撮影モードがどのように影響を与えるかを。

私はそれを購入して以来、ノンストップで撮影しています。
そして、すべてのレンズが非常に鮮明な画像を得て、よく露出され、6400を超えるISO設定でノイズがほとんどない事は、また私をエキサイティングな撮影に導きます。

優れた人々が既にそれをしているので、カメラの詳細なレビューに入るつもりはありません。
あえて言うなら、カメラに非常に満足していて、新鮮なレンズセットと真剣に良いカメラを通して私が撮影して世界を見せてくれることを喜んでいると言えば十分です。
(ビデオについては、まだ話せることありません、やったことは少しはありましたが、―それを実際に活用するための私の現在の能力を超えたレベルですー私もそれを活用し、時間をかけて良いビデオを撮影する方法を学ぶ予定です。このカメラは貴方を成長させるものです、写真のように。)

だから私はこのカメラを誰にでも強く推奨しています。
写真愛好家、アマチュア、またはプロカメラマンにもよく構築された、しっかりとした、コンパクトな2番目または3番目のサブ機として。

私はどこへでもこれと一緒で、過去数年の間に失していた方法で再び物事を見ているのに気が付きました。 2017-02-12


 素晴らしい写真ですが、ビデオについて用心してください

これはすばらしいカメラですが、ソニーα6300を上回る改善はありません。

これは、中価格帯に該当し、ほとんどの初心者にとっては、これは素晴らしい選択肢になります。
それは新しいタッチスクリーンと新しい5軸手ブレ補正を持っています。
バッテリー寿命はあまり良くありませんが
、とにかく私は予備バッテリーを持っているのが好きです。
これをnikonやcanonと比較すると、apcズームがもっと良くなるはずですが、写真が良いことがわかりました。

私はビデオにこれを使用する予定の場合は、このカメラをお勧めしません。
画面がかなりぼやけます、バッテリーの寿命も少し短くなります(最大約1時間)。

α6300に続き大きな過熱問題の問題があります。
強制的に記録するようにはできますが、カメラを傷つける危険があります。
カメラを完全に壊さずにこのモードで録画できる時間を知る方法はありません。

あなたがこのカメラで何をやろうとしているかによって。
私はこれがスチル写真のための素晴らしい選択だと思ますが、ビデオはそれほどお勧めしません。 2017-02-11


 正直なところ失望し、a6300に戻った

正直なところ、失望してa6300に戻りました。理由は分かりませんが、このカメラのオートフォーカスは、私のa6300と同じレンズを使用している時間の75%を切っていました。

私は欲求不満に終わり、それを返品。 2017-02-02


hosi4 素晴らしい画像品質おまけに手ブレ補正

Sony NEX-7の長年のユーザーであり、ソニーやZeiss E-Mountレンズの所有者でもあることから、私はこのアップグレードされた機能のカメラの到着を楽しみにしていました、ボディ内手ブレ補正、強化されたオートフォーカス機能、およびユーザーインターフェイスの改善。これらは、ソニーがAPSCラインの旗艦に加えたすべての良いものです。画質も抜群です。

では、気に入らないことは何ですか?

シリーズの最初のバージョンが発売されたとき、私はα6000のブームに乗っていませんでした。
なぜなら、追加の費用を正当化するには画質のアップグレードが十分ではないと思ったからです。

しかし、何よりも、NEX-7の素晴らしいボディ・スタイリングと人間工学は、ボタンとダイヤルで「レンガ(使い物にならない)」に変更されました。
まったくカメラを持つ快適な方法はありませんでした。

その後、α6300が登場しました。これはもう少し優れた機能を備えた「レンガ(使い物にならない)」です。

α6500が最終的にその金型を壊し、論理的で自然落とした指先で素晴らしい人間工学とダイヤルと機能ボタンを備えたカメラボディを提供することを期待していました。
私はα77、さらに最近では自然なハンドグリップポジションに適合した素敵なデザインのボディでもあるRX10IIIを持っているので、ソニーの設計チームがそれを行うことができます。

しかし、長く待たれていたa6500の配達を受け取ったとき、左手を置く快適な場所なく、私はわずかに拡大した握り(喜ばしい改善)の他に、カメラ本体がまだ私の手の非常に「扱いにくい」感覚であるのを見て失望しました。
より大きなレンズなら、これは問題にはならない、なぜならあなたはいつもレンズ鏡筒を握ることができるからです。
35mm、20mm、16-50mm、またはシグマの単焦点のような短いレンズでは、それは実際には不可能で快適ではありません。
言い換えれば、モードダイヤルの隣にある回転ダイヤルは、あなたの親指と噛み合うように堅くて厄介です。

人間工学に基づいて設計されたカメラは、α6500より小型や大型でも優れた例がたくさんあります。
パナソニックGX7、GX8、GH4、GH5、オリンパスOMD-EM1、OMD-EM5、さらにはソニーα7シリーズも含まれます。
だから、レンズとこれらの小さな黒い “レンガ”への彼らのひねくれた固執。

当分の間、私はNEX-7のボディを持っています。
そして、手ブレ補正とメニューの改善とAFの向上を得るために、ソニーフルフレームボディーに移動するかどうか、またはちょうど横にパナソニックまたは素晴らしい人間工学、すばらしい特集記事、たくさんのレンズと印象的なIBISと4Kのビデオ能力を提供するオリンパスM4/3ラインへの変更 2017-02-02

3月7日更新
私は最終的に5軸手ブレ補正と改良されたユーザーインターフェイスがNEX-7からA6500にアップグレードするのに十分であると判断しました、そして、この新入りの「フォームファクタ」に慣れるように努力しています。

グッドニュースは、カメラを使えば使うほど、それをどんどん好きになったこと、優しくない人間工学に悩むことが少なくなったことです。

どういうわけか、手は写真を撮っているときの正しい場所を見つけました。

結局のところ、このカメラは多くの素晴らしい機能と優れた画質を備えたツールです。
このカメラについて好きなことはたくさんあるので、元の3つ星の評価を4.5つ星に戻しています。 2017-03-07更新


 4台のソニーAPSCカメラの比較

ソニーa6500カメラは間違いなく印象的なカメラですが、高コストで欠けている本質的な特徴があります。
このカメラを他の3つのSony APSCカメラと比較して、そのコストがその価値があるかどうかを判断できるようにします。
4つのカメラすべてがEマウントレンズを使用していますが、4つはすべて位相とコントラストの検出、電子ビューファインダー(EVF)、921Kドットの解像度を持ち、3インチのLCDスクリーンを備えています。
これらのカメラは、2種類の連続撮影を特徴とします:通常モードは、各ショットのフォーカスを調整します、一方、速度優先は、後続のショットに 1 ショットのフォーカスを使用します。

1. 2014年 NEX-6カメラは、低コストの印象的な機能を持っています。
それは16MP写真を撮影し、位相検出のための99のポイントを持って、25ポイントをコントラスト検出、2.36Mドットの解像度EVFをサポートしています。
通常と速度優先連続撮影は次のとおりです:通常は3fpsと10fps(フレーム/秒)です。それは60pの速度で1080の解像度でビデオを撮ります。
私はこのカメラを2年間使用しており、鮮明で美しい写真を撮っています。それは2年前に廃止されましたが、2017年1月現在で300ドルで新しい状態で購入することができます。
私が唯一望むのは余分のコントロールダイヤルです(新しいソニーのカメラの背面の右上のダイヤル) 

2. 2015年 a6000カメラは、NEX-6と比較してほんのわずかな改良点です。
もうNEX-6を新しく買うことはできないので、これは安価なSony APSCカメラの代替品です。
これは24MPの写真(50%以上アップ)を撮影し、位相検出のために179ポイント(NEX-6より1.8倍)およびコントラスト検出のために25ポイントを持っていますが、1.44Mドットのより小さい解像度EVF(40%少なくなった)。
通常および速度優先の連続撮影は、通常の場合は6fps、連続撮影の場合は11fpsです。
また、1080解像度で60pの速度でビデオを撮影します。やや優れたオートフォーカスと、より小さくより少ない解像度のEVFの交換は価値がありません。

3. 2016年 a6300カメラはa6000よりも改善されています。24MPの写真を撮影し、位相検出(42万画素以上)、コントラスト検出(16万画素以上)、解像度2.36MドットのEVFが425ポイント。通常および速度優先の連続撮影は、通常の場合は8fps、連続撮影の場合は11fpsです。
それは30pの速度で改善された4Kの解像度でビデオを撮ります。
また、カメラは耐候性でEVFは120 fpsモードでアクションショットをサポートしています。

4. 2016年 a6500カメラは、Sony a6300カメラのすべての機能を備えています。
また、あらゆるEマウントまたはAマウントレンズで動作する5軸の画像安定化機能と、タッチフォーカシングが可能なタッチスクリーンであるLCDディスプレイを搭載するのは、最初のSony APSCカメラです。
ソニーは安定化が5ストップで性能を向上させることができると主張していますが、OSS(光学式安定化)レンズを使用している場合、その性能向上は2.5ストップのみです。
Sony DSLRカメラをお持ちの場合は、ソニーのレンズの大半がOSSなので、おそらくOSSレンズが既にあるでしょう。
すでにOSSレンズがいくつかある場合は、安定化が本当に必要ないので、a6300は推奨カメラです。
それ以外の場合、a6500は、多くのビデオやアクション/夜の写真を撮影するのに推奨されるカメラです。
これはa6000カメラの2倍の価格ですので、手ブレ補正が本当に必要か確認が必要です。

しかしながら、4つのモデルすべてに2つの重要な機能がないため、私は待つことをお勧めします。
多くの人がオンラインで写真をアップロードしたり、電話機に保存したりするため、GPSが必要です。多くのサイトや携帯電話は地図上に配置されています。
地図上に共通の画像(エッフェル塔など)を配置できるサイトもありますが、ほとんどのサイトと携帯電話では、写真を自動的に検索してマップに配置するためにGPS座標が必要です。
企業はコストと消費電力のためにGPSを追加することに抵抗しています。
しかし、安価な低出力GPSセンサーが利用可能になりました。
代わりに、ユーザーが写真を撮るたびにGPS座標を取得するためにスマートフォンと連続的に通信できるBluetooth 4.0LEを使用することもできます。
現在のソニーのカメラ用アプリでは、各写真を撮影して手動で選択した後でGPS座標を挿入できるため、改善が必要です。
また、液晶画面が小さすぎると解像度が低すぎます。921K解像度の3インチ液晶画面を搭載していますが、これはスマートフォンの半分以下の領域では640×480ピクセルにすぎません。 1080×720ピクセル(解像度2.33M)でLCD画面を少なくとも3.4インチに増やしてください。
ソニーがa6500を求めている価格には、GPSとより高解像度のLCDが必要です。 2017-01-27


hosi5 優秀な万能カメラボディ

+ビルド品質は優れており、取り扱いも同様に優れており、画質は素晴らしい。
+ ISOノイズは最大6,500までよくコントロールされ、ISO 12,500でさえかなりのディテールを維持することができます。
微妙な色の細部は失いますが、唯一1:1の比率で目立つだけ。
+重さは長時間の撮影に対応しており、ソニーツァイスSEL1670Zレンズとのバランスがとれています。

– 残念なことに、タッチスクリーンは不満な点が多いです。うまくいけば、ファームウェアのアップデートはその応答性を改善するでしょう。
スクリーンプロテクターを追加、それは、ほとんど役に立たないです。

システムを少し調整すれば、ダイナミックレンジの優れた美しい画像が得られます(特に、ピクチャプロファイル2でJPEG画像を撮影し、彩度を+2に、カラーモードレッドを+4に、100%からニーを97.5%に減らしたいと考えています。
これは色を修正し、白飛びを防ぐのに役立ちます。リマインダーピクチャプロファイルはRAWではなく、JPEGイメージにのみ影響します。DROは自動的にオフになります)。

あなたがそれを買う余裕があれば。
お金を追加してフルフレームのカメラを買うと言う人もいます、これはあなたのカメラバッグに大きさと重さをひどくに増やし、長い望遠レンズに対し貴方は極めて少ない選択しかありません。ところが、このボディならソニーG 70-300mmの望遠レンズ で450mmの有効焦点距離を与えてくれますので、スポーツや動物写真家に理想的です。 2017-01-24


 ビデオが停止します

私のはビデオを撮っている時、停止します。
どなたか、その問題を持っていませんか?


hosi5 優れたカメラ、私はそれが大好き!

問題はない、優れたカメラ、私はそれが大好き! 2017-01-20


hosi5 素晴らしいカメラ

素晴らしいカメラ 2017-01-19


 α6500によるカラーシフトの問題

私はすべての良いことを繰り返しません – オートフォーカス、IBISなど。
また、α7Ⅱとα77Ⅱも持ってます。
しかし、私のα6500は真の青を青緑に変えます。他のソニーのカメラに色の問題があったことはありません。
私は微調整だけでホワイトバランスを調整しようとしました。対象が半透明または逆光である場合、問題が悪化します。
Lightroomで修正することができますが、色の問題のためにすべての空を処理する事は出来ません。
私は野生生物、おもに素晴らしい青の鷺とハチドリを撮ります。たくさんの青を修正!
カメラの返品について。たぶん同じ機種。誰かA6500やA6300のカラーキャストに問題があるかどうか知ってますか?
今のところ私は3つの星を与えます。品質管理がこれを捕らえていたはずです。
安いカメラではありません!問題が修正可能なら、または新しいカメラが問題なければ評価を変更します。

アップデート:色ずれに悩まされる。
FastRawViewerで開かれたファイル、rawファイルに埋め込まれたjpegファイルをとrawファイルに表示しました。
RAWファイルには、私が見るように私の青い被写体が示されています。
埋め込まれたJPEGは、私の主題のような青緑のシフトを示しています! FRVの写真を参照してください。 2017-01-18


hosi5 写真は、近くから遠くまで美しい

私が言えるのは「WOW!」です、Canon 60Dと18-200 LEレンズから来ました。
写真は、近くから遠くまで美しいです。また、ポートレート用に50mm f1.8が追加しました。
私は今まで何年も逃してきたことを実感しました。
新しいおもちゃを持っている興奮した、ただのアマチュアの写真家です。

a6500は完全に手にフィットし正しい重さとバランスを持っています。
しかし、これは高価です 写真と4kのビデオを撮る際のシームレスな体験が、コストを正当化します。購入に非常に満足しています。
Zhiyunクレーン3軸ハンドヘルドジンバルは、このセットアップには大きな助けになるでしょう 2017-01-14


hosi5 5つ星

驚くべきカメラ、それについて読んで知るでしょう。 2017-01-13


hosi5 素晴らしいカメラa6000からの素晴らしい改善

素晴らしいカメラa6000からの素晴らしい改善。
タッチスクリーンにもっと機能が欲しい、タッチでメニュー内を探せるように 2017-01-11


 ソニーワイヤレスフラッシュは動作しません、細かい印刷を読む必要があります

私は完全に新しい “a6500″に驚いていました。貴方は “2つの”ワイヤレスフラッシュが必要で、他のソニーのカメラのようにトリガーとして内蔵フラッシュを使用することはできません。
私はちょうど新しい素晴らしいa6500を持っていて、この小さなやつは怪物で素晴らしいカメラです!
私はHVL-F43Mフラッシュをオフカメラフラッシュを唯一の目的で購入しました。
びっくり、もうすでにカメラに搭載されているものを達成するために、ソニーから別のフラッシュを入手するか、またはワイヤレスコマンダーを入手する必要があります。
ところで、フラッシュも本当に素敵なフラッシュなので、ここでは機器への苦情はありません。
私はかなり遠い場所に旅行し、ギアのスペースが非常に限られています、なぜ私はa6500の大金を投入したのか?
私はソフトウェア/ファームウェアのアップデートでを将来的に変更されること期待しています。
もしユーザーマニュアルの中で小さな活字であれば、内蔵のフラッシュはソニーのカメラのフラッシュを起動させるようには働かないだろう。
ソニーのヘルプ部門でも、a6000のみは2つのフラッシュを使わずに動作していないと表示されます。
これについてほとんど悪化しません、誰でも探していました、ソニーの修正方法のアドバイス、アップデートこれがうまくいくはずです。
もう一度、カメラ、レンズ、フラッシュが大好き、本当に一流のもの! 2017-01-11


hosi5 5つ星

うん!非常に素晴らしい 2017-01-08


hosi5 私はこのカメラが大好き

E16-70ズームレンズ付きα6500

私はこのカメラが大好き、
私は良い機器に夢中なα6500の、でもそんなに完璧ではないカップルについてコメントしたいと思っていました。

モードダイヤルは粘着性があり、きつくて硬く回すのは難しく、おそらく欠陥だと思います。私は、在庫が増えたら別の代理店でそれを交換するつもりです。
すべてがこれのようなわけではないと願っています。ほとんどモードダイヤルを使用していないと問題ありませんが、頻繁に使用すると問題になります。それ以外は、カメラ本体が非常にいいです。

ソニーVARIO – TESSAR T * E 16-70mm F4 ZA OSS、素晴らしい、でも再び、わずかな機械的な不平。ゆっくりとズームしようとすると、ズーム動作は、ひっかかったり滑ったりを繰り返します。スムーズではありません。これは欠陥だと思います。。おそらく特有の。
レンズについて言及すると、このズームレンズはフルワイドでもフルズームでもほとんど違いなく非常に近い距離でピントを合わせます。
Mfrの仕様によると、最小焦点距離は約14インチです。私はええ、フル14インチ幅、私はフルテレで15インチだろうと思います。マクロレンズであると宣伝されていない70mmレンズには非常に近い。
このズームレンズを購入したら、マクロレンズは必要ありません。

私はこれらの機能とパフォーマンスに驚いています、例えば最近の自動ISOの範囲と品質などWOW。
私は技術的な写真をたくさん撮っています。そこでは細かいディテールが非常に鮮明に見たいです。私は、ISOを約500以下に保つのに十分な光(内蔵フラッシュまたは必要であればHVL-F32Mフラッシュ)があれば、非常に細かい粒度で素晴らしいディテールを得ることができることを発見しています。
“Steady Shot”(IBIS)は以前使用していたよりもシャッタースピードを遅くすることができます。
たとえば、被写界深度を深めたい場合は、絞り優先モードを使用し、高いFナンバーを設定し、プレビューでISOとシャッタースピードを確認し、フラッシュなしで数回撮影し、「Play Memories Home」でシンプルな「Auto Correct」でフラッシュショットのカラーバランスと明るさを修正し、普通は完了。
実際には、フラッシュを使用しているときはISO番号をプレビューしませんが、撮影直後にどのISOを使用したかを表示します。

フォーカスモードを “DMF”に設定すると、レンズのフォーカスリングの回転を開始すると自動的にズームにジャンプします。大好きです!

本当に、素晴らしい技術をここに持っています。だから5つ星。 2017-01-06


hosi5 5つ星

このカメラが好き-軽く、小さく、腕利き 2017-01-05


hosi5 信じられないほどのカメラ!

私が言えるのは「 WOW!」です、素晴らしい写真とビデオ!!!
これは、どこで撮るにも十分小さく、私のキヤノンDSLRより良い写真を創りだします。 2017-01-03


hosi5 右手の中で、a6500はこれ以上ない最高の…

a6500は誰にでも良いと言う訳ではありません。
手ブレ補正とその他の高度な機能が必要な場合を除き、ソニーはまだ優れたa6000やa6300などの価格の低いaps-cや中価格の選択支があります。
富士などの他のベンダーは、ネイティブのaps-cレンズのラインナップが優れています。
多くのカメラマンは、直感的なレトロなデザインを好んでいます。確かにα6000シリーズ本体は学習に時間がかかり、必要に応じて設定/ボタンを正しくカスタマイズする時間が必要です。

それなら、なぜ5つ星ですか? 
右手の中で、a6500はこれ以上ない最高のものです。

1.優れたダイナミックレンジを備えたクラス最高のaps-cセンサー(ニコンと富士は同じセンサーを使用しているので、これは同等で、真の利点ではないことに注意)

2.ピーキングピーキングIBIS、モダン(Canon、Sony Alpha)とレガシーレンズの両方を適応させるクラス最高のIBISは、OIS(光学式手ブレ補正)が欠けているレンズにとっても非常に貴重です。
IBISは、長時間のテレスコープでは最大5ストップまで、私自身の測定で非常に効果的です。古いマニュアルフォーカスやソニー以外のレンズでは、3軸の安定性しか得られないことに注意してください。
全体として、これらの機能により、一つのメーカーに限定されることがなくなります。ネイティブガラスのみを使用したい場合は、この執筆時点でフジはネイティブのaps-cレンズをよりよい選択です。

3.このクラス最高のAF機能(像面位相差AFの範囲が広く、瞳AF、ネイティブレンズで高速AF)。

4.巨大なバッファと11fpsのバーストモード。
AF機能と組み合わせて、スポーツやアクション撮影に最適です。

5.合理化されたレンジファインダースタイル。
競合他社より軽量でコンパクトです。しかしながら、異なる意見も – より大きなDSLRボディを望むなら、これはあなたのボディではありません。
また、あなたがプロであり、デュアルカードスロットが必要であると感じている場合 – 別の機種へ。

6.カスタムボタンを使用すると、さまざまな撮影シナリオに合わせてボディをカスタマイズできます。
メニューを掘り下げる必要なく、正確かつ迅速な片手での撮影、迅速な調整を行いました。ここでも、これらのカスタマイズ/正しい使用パターンは、ユーザの一部の学習、セットアップ、および実験を必要とする。
あなたはa6500を手に持って、数分でそれを習得することはできません。
そのアプローチが実用的であるためには、下に隠れている機能が多すぎます。

7.比較可能な代替品(Fuji XT-2およびNikon D500)より安価です。

つまり、あなたがa6500を購入する前、適切なレンズを着けるあなたの計画を理解していることを確認してください。
さもないと、純正Eマウントレンズの不十分で値段が高い/安い選択に失望するかもしれません。
しかし、あなたが所有のCanon、Sony FE、Sony AlphaまたはSony Alpha dt – SonyやMetabonesの適切なアダプターを使用してこれらのレンズをすべて適応させることができます。
そしてソニーには、価値のある純正のレンズがあります。また、元のフィルムDSLRボディで可能だった従来のMFレガシーレンズがa6500でよりよく機能します。 2016-12-31


hosi5 あらゆる分野で素晴らしいカメラ

素晴らしいカメラ、まず、エントリーレベルのデジタル一眼カメラの撮影に慣れていて、1,000~2,000ドルの低い範囲を考えているなら、このカメラはあなたの対象となります。
私は数年前からデジタル一眼レフカメラを使いこなしてきました、多くの機能とビデオを備えた素晴らしいエントリーレベルのカメラであるCanon 70Dを使っています、それらの機能を10倍にするソニーa6500とは何ですか、パワーアップされたレーシングカーの様なものです、キャノンは低価格バージョンのポルシェボクスターだった、確かに、それはうまく処理され、仕事が完了する、しかし最終的にはパワーアップのレースポルシェGT -3がいい。

ソニーはあなたに4Kのビデオ、より良い低照度、より多くのオートフォーカスポイント、より速いシャッター、より大きなバッファーを提供します。
このことで、写真を撮るのがいかに速いか、どれほど綺麗にであるかを貴方が聞くと、あなたのお持ちのカメラの購入を後悔します。
でも、私はキヤノンから多くを学びました、このカメラはもっと楽しく、もっと野生的だろうか?
あなたは、劣っているビデオモードのオーバーヒートの可能性、短いバッテリー寿命との兼ね合いで、もっとダイナミックに全ての事が出来るこのカメラを持ち続けることになるでしょう。
もちろん、あなたが手こずるメニューがたくさんありますが、あなたが持っている、どんなレンズでも設定が出来れば、私はバンドルやキットで入手できる古い16-50と55-201のレンズを使用しています。それは素晴らしいです。
それがツァイス、またはGマスターレンズを手に入れるようなものなのか、私が将来楽しみにしていることを想像することができます。
花束(ブーケ)のように発音され、日本の言葉からファジーのように発音される「ボケ」のために、いくつかの低いF値の単焦点レンズが必要ですが、たくさんの人が “bohkah”のように発音します。笑。
とにかく超楽しい、まだ安いキットのレンズと、まだ楽しいカメラと、これらのレンズでかなりかわいいシャープな写真を撮る。
すべての明るさの条件でも素晴らしい、プログラムで素晴らしい仕事を行いますが、私が好む最良のバランスを得るために自分の設定で試して遊びます。
携帯電話に接続するマニュアル、バッテリー、ストラップ、充電ケーブルを手に入れます。
16-50レンズ、予備のバッテリーと外付け充電器を持って、電池を持っておくことをお勧めします。
それらは他のデバイス用の低電力充電器ではなく、2.1A USB充電器が必要です。
あなたがVLOG(動画で撮って投稿するサイト)に入っているならば。
そして、このカメラは写真が本当にクリアで、食べ物のブログやセルフ動画ブログに最適です。
このユニットでリモートで動作する素敵なフラッシュを探す必要があります、バウンス・フラッシュにも使用する必要があります、写真を楽しむすべてのものが必要です。
ポップアップする内蔵フラッシュをもっていますが、それはあまりに小さい。
Wi-FiやBluetoothを経由して接続できます。旅行中で、場所情報を保存したい場合は、sony play memoriesアプリを使用すると、GPSで写真にタグを付けることができます。かなりクールなので、クールなカメラの周辺機器に、事前に少し支払うが、それは長い間の必需品になります。 2016-12-29


hosi5 私の(つまらない)意見ですが:アクション写真の解決策に理想的な小型軽量

私はソニーα6000、α6300、α7s、そしてα6500を所有しています。
48年以上にわたり真剣に写真を撮っています。
で、α6500の私の第一印象です。

構造:堅牢。グリップが大きくなって喜んでます、ネックストラップなしでの手持ちに自信を与えます。
オートフォーカス:未評価。
手ブレ補正:静止画において違いを見ることができず、ビデオについては未評価。
内部バッファ:適切なメモリカードで「巨大」。
概要:私がこのカメラを購入する主な理由は、巨大なバッファです。
2番目は、適応されたマニュアルフォーカスレンズの助けとなる手ブレ補正です。
このカメラを使用しての、旅行、結婚式、人物撮影、エアショー、etc、etc、まったく問題がありありません。 2016-12-28


hosi5 これは素晴らしいです!

私は主にビデオを撮影するために使用します。
これまでのところ、過熱からのシャットダウンの問題は一度もありません。
以前にα6300を持っていましたが返品しました、というのもシャットダウンの問題がひっきりなしにあったからです。
これは素晴らしいです! :) 2016-12-20


hosi5 本当に、これが好き

傑出したカメラ!本当に、本当に好きです。 2016-12-20


hosi5 いいカメラ、いい加減な配達

カメラは広告どおりで進化しています。配達は混乱でした。USP(アメリカの貨物運送会社)は初回配送を失敗し数マイル離れた安い酒屋に​​それを渡し、いろいろあって最終的に手元に。ワクワクできませんでした。 2016-12-19


hosi5 素晴らしいカメラ

NEX-7、α6000、α6300、そして、今α6500を持っています(アマゾンからではなく地元のディーラーから購入)。
これらのカメラは、それぞれ前に来たものを大幅に改善していますので非常に満足していています。そしてα6500についても同じです–購入してとても喜んでいます。

カメラの2つの最高の改良点はIBISとタッチスクリーンです。わたしはキャノンから(30年キャノンを使った後)ソニー移ってきてフルフレームEマウントレンズのセットを作り始めました。これらの多くはレンズ内手ブレ補正がないため、このα6500で画像が安定出来ます。またキャノンの50mm f1.2Lのようなレンズ内手ブレ補正を持っていない大量のレンズを持っています。
これらのレンズも全てα6500で画像が安定出来ます。

私の観点ではタッチスクリーンは素晴らしいです。それは合わせるべきフォーカスを得るのに、本当に役に立ちました。

手ブレ補正とタッチスクリーン介して配置され改善されたフォーカスポイントで、シャープな写真と高いヒット率を手に入れている事が分かります。
私はタッチスクリーンが遅くて使いにくいとは思っていません–ちょうどパソコンのタッチパッドでポインタを極端に速くではなく適度な速度で動かすように–これは、あなたに、もっと簡単にコントロール可能にしてくれます。あなたは使い方を学ぶ必要があります。これを書いていますが、私だって、このカメラを、まだ1週間も使っていませんよ

α6500には他にも多くの改良点があります:
より多くのバッファー、高いISOでのノイズの減少、より​​良いグリップ、より頑丈なボディーなど。これは素晴らしいカメラです。

私の計画は、APS-Cカメラとフルフレームのソニーの両方を持つことでした、ソニーフルフレームを待っている間、APS-Cカメラで楽しいできました。
α6500がとても良いので、フルフレームの必要性を感じなくなってきました。
これは、本当にいいカメラです。 2016-12-16


hosi5 写真とビデオの市場でベストのミラーレスAPSCカメラ

このカメラはIBIS(手ブレ補正)から素晴らしいオートフォーカス機能まで全く驚くべきものです。このクラス/この価格帯で他のソニーやAPSCカメラよりも間違いなく、ずっと優れています。カメラのカラーを調整する方法を知っていれば、最終的には素晴らしい結果が得られます。
ビデオは非の打ちどころがなく、写真はあまりに広いダイナミックレンジと作品調整能力で驚異的です。
写真とビデオを1つのボディに収めた他のどのカメラより、このカメラをお勧めします、実際この価格帯でこの衝撃を与えるものは市場にありません。 2016-12-06


hosi4 素晴らしいカメラ、でも価格に対する値打ちがありますか?場合によります。

(あまりにも長いレビューなので要点をまとめて記述します)

技術仕様と画質および一般にカメラをカバーするこのカメラからのレビューがたくさんありますので、このレビューは主にこのカメラに精通している人やα6000/α6300からのアップグレードを考えている人に役に立つと思います。

私はアマチュア写真家として1年以上撮影してきました。これは必ずしもハードなアマチュアやプロカメラマンのレビューではありません。私はツァイス24f1.8、50f1.4、ソニー35f1.8、18-105f4、キットレンズ16-50と、キヤノン85f1.8とシグマMC-11アダプタでこれを使用しています。

α6000またはα6300に精通している誰もが、素晴らしい写真を撮ることを知っています。α6500は期待するように、この点で違いはありません。
しかし、素晴らしいカメラであるα6500、問題は十分にそれを改善出来たでしょうか?
1年以内に別のカメラの購入を正当化するのに十分な?
1400ドルを正当化するのに十分な?
カメラ本体だけなら今、下に 500ドルで買えるα6000からのアップグレードを正当化するのに十分な?
このことは人によって相対的なものです、私は十分です、としましょう。

私はリリース以来α6300を使用しています。素晴らしいカメラ、画質、スピード、低光ショット、動画、リストは延々と続きます。
α6500が発表されたとき、私は少しイライラしました、注文には消極的でした、

タッチスクリーンが平凡です、私たちは携帯電話、タブレット、コンピュータ上で画面に触れて慣れていますので失望と言って始める必要があります。
誤解しないでください、それはまともな付加であり、方向ボタンとは対照ビューファインダーを覗きながらフォーカスポイントを選ぶためにそれを使用するのは素晴らしいです。
しかし、それは10年前からタッチスクリーンのように感じています。

幸いな5軸手ブレ補正は幻想的です。多くの人々のために必要ではないかもしれませんが、私はシャッタースピードために光を失い、ISOを上げてしまう、いくつかのレンズを持っています。
このカメラには手ブレ補正は非常にうまく機能し、低光下のショット、α6300のシャッタースピードとISOよりもはるかに低く維持する事を可能にします。
α6500へのアップグレードのためのあなたの主な検討事項の一つである場合、それは絶対にアップグレードの価値になります。

α6300で私を困らせるために傾向があったもう一つは、バッファです。連続または連写撮影の場合しばらく待たなければならなかったことを常に残念でした。
あなたがはるかに速く、それらを表示することができ、はるかに多くのショットを撮ることができる事は大きいです。

予想外の素敵な追加の一つは、新しいグリップです。特に時間の長い撮影が容易になります。

別の便利な新機能は、追加のプログラム可能なファンクションキーです。
私はα6300のためのシャッターによってファンクションキーの配置と同様に、私はより多くのプログラマブルボタンを感謝します。
それだけではなく、メニューを検索することよりも、ボタンを押す数を減らします。

ほとんどの人が嫌いなソニーのメニューシステムは、ほんの少し更新されました

カメラに多くの価値を追加することにべき、いくつかのマイナーなものがあります。2つのカードスロットがありません。
第二に、バッテリーは同じです。

最後のものは、関節式モニターです。私は180度の関節を追加を期待して、それは間違いなく非常に便利になるのに。

アップグレードの価値はありますか?
ええ、私のためにそれはありますが、すべての人のに価値があるかどうか、私は言うことはできません。
あなたがα6000で撮影している場合、フォーカス、バッファ、5軸、およびタッチスクリーンへのアップグレードとして価値があるかもしれません。
あなたはα6300を使って撮影したときに、わずか5軸手ブレ補正とバッファです。
今のタッチスクリーンだけでアップグレードするための十分な理由ではありませんが、画像安定化およびバッファがすることができます。
あなたは良いカメラが欲しいとそれを得るためにお金を気にしない場合は、それを入手します。それは素晴らしいカメラですが、あなたは良いショットを取るために、このカメラが必要なため、ご満足いただけることでしょう。

カメラを多くの時間使って、できるだけ、いろんな質問に答えられるようにこのレビューは更新されます 2016-12-05

[更新]
もう少し使った後、私はタッチスクリーンが素晴らしい機能であると思い直しました。
それは、まだむしろ十分に実行されてません、ファインダーを見ながらタッチパネルとして使用しますが十分に使いこなされていませんので遅いです、この機能は便利です、すこし私を虜にしています。

また、α6300のシャッターの側にあったカスタムキーの配置が変わりました。
カスタムキーが追加されましたが、2つカスタムキーの配置は私の指にとって使いやすくありません。
これは大したことではありません、私は追加のボタンが増えたことを喜んでいます、しかし、元の位置の方が良かったです。

image33


hosi5 最高のAPS-Cカメラ!

このソニーからの新しいカメラはフルフレームカメラでは一般的な我々が待っていた多くの新しい特徴をもっています。
このリストの一番は、IBIS(手ブレ補正)です。これは、ビデオや静止画(低照度/低速シャッタースピード)に最適です。
カメラのカードへの書き込みを継続している間に画像を表示したり撮影を続けたりすることができるバッファの増加は、非常に歓迎すべき変化であり、休止時間を防ぎます。
新しいタッチスクリーンはビデオには使えます、優れた機能ですが、高速のオートフォーカスはスピードに欠けています。
スポーツや野生動物の撮影者に、いくつかの再加工が必須の特長を持ちます。

画像やビデオの品質に影響しない他のクールな機能がいくつかありますが、α6000(私が所有している)とα6300(自分が所有していない)との間でも歓迎すべき変更です。それらは以下を含みます:
より深いグリップ!(私は大きな手なので、この修正を本当に嬉しい)。
アイピースは非常に研究され、クリップを下に押し込みます(固定されています)。
追加のカスタムボタン。
そして最後に….はるかに良いレンズマウント!!! この見過ごされた再加工は素晴らしいです、まるでカメラのボディのようなマット仕上げです。
この強力でより安全なマウントは、重くて長い2.8ズームと高速単焦点で本当に便利です。

私は4kで撮影中に過熱に関する問題はありませんでした、しかし、公正であるために、ここカリフォルニア州の気温は華氏65度以上ではありません、なので言うのは難しいです。
私は夏の気温をシミュレートして屋内でそれをテストするために少しヒーターを華氏85度に回すかもしれません。その場合、私は更新し、皆さんに知らせます。

私はこのカメラが望んでいた唯一のものはデュアルカードスロットとビデオを録画中にサウンドを監視するためのヘッドフォンジャックでした。
これらの機能のいずれも許せない事ではありませんが、フルフレーム・カメラに代わるものや、ビデオ用のBカメラと思われる専門家には大いに感謝します。 2016-12-05


hosi5 α6300を超えるアップグレードは私にとっては価値がある

日々の相棒だったα6300のアップグレードとして今週、予約していたα6500を受けとりました。

このカメラは、オールラウンドの”よろずや”として素晴らしいです。
これは、単一のカテゴリーで最高の絶対値ではありません―しかしトップに近いです。
フォーカススピード、高ISO性能、4Kビデオ品質、全体的な画質、etc。

わたしはまだ、ミノルタとα77の多くのレガシーレンズを持っています(16-50 2.8 そのキットなど)。
ボディ内手ブレ補正機能はα6300には欠けていた機能です、入会の金額の価値があります。
速い50mmを手持ちで使えることや、古いポートレートレンズが変わってかなりの事が出来ます。
自然光で管理しやすいISOでのストップモーション、たとえ古いレンズでも―私が求めていたもの。
すべて同じ画像品質で、私は6×00シリーズから期待しています。

私はもはやこのアップグレード後に私のα77Ⅱの販売したことを後悔しません – これは私が探していた「オールインワン」でした。

私は2通りの撮影を行います、ビデオは殆どキャノン70Dを使っています。
キヤノンには何も問題はありません。これが好きです。
しかし、ほとんど”一瞬を撮る時に掴むのは―ソニーを掴んでいるのに気が付きました。

メニューシステムはまだかなり悪いです。
人間工学はあまり良くありません(私の70Dやα77Ⅱの大きなボディのものと比べて)、このアップグレードのより深いグリップは少し役に立ちます。
左目での撮影者として、私はまだファインダーを使用するときに背面の画面を汚します。
バッテリ寿命は、ビューファインダーに比べて深刻です―1時間以上撮るなら2~3個を持つ必要があります。
タッチスクリーンはフォーカスポイントのみに便利です―”このメニューのタッチを認識する必要がある”と考えていて、それをしない時、あなたは画面を小突いているのに気付くでしょう。
終わりに―これは、つまらないあら探しで、ぼやきです、このカメラがあまりに多くのことを上手にこなすので短所は見逃す事が出来ます。

私は暗い劇場で遠くからフラッシュなしに、多くのダンスを撮ります。
これは、その環境に追いつくことができた最初のミラーレスボディです。実際、それはキャノンに対しても離したくない以上の物です。

全体的に―非常に満足。私の必要性のために手ブレ補正だけでアップグレードの価値がありました。
アップグレードされたバッファ速度、少し良くなった人間工学、すでに傑出した素晴らしいカメラにタッチスクリーンの追加は嬉しいことです。 2016-12-04


hosi5 これまでのところ究極の旅行カメラ

このレビューを私のブログでも見る事が出来ます

α6500はα6300のすべての面で非常によく似ていますが、微妙な違いのものと、このカメラのより高い価格帯に値する価値がある微妙でないものがあります。
α6300から買い替えますか?
私のような何人かの写真家は YES このようなカメラのための特定のニーズを持っているので、一方他の人にとってα6300は十分なカメラです。

私にとっては、これは仕事のため、だけではなく旅行用カメラで風景撮影、人物撮影、安定したビデオクリップ、頼りになる ほぼ完璧なAPS-Cカメラです

造りとカメラコントロール:
a6500の構造品質には若干の違いがあります、第一に少し大きなグリップです。
手ブレ補正の追加で少し広い表面積を必要としますし、また少し重くなったのは理にかなっています。グリップがやや大きくなったのは実際すばらしく、前のモデルより私は好きです。

また、ダイヤルはより強固で安全です。オンとオフのスイッチははるかに硬く、α6300とα6000がバッグの中で誤ってスイッチが入ることがあるので私は好きです。
上のダイヤルにはもう少ししっかりしています。
私の好きなアップデートはバックダイヤルです。
ダイヤルが非常に薄かったので以前はカメラの設定を間違って変更しました。α6500の方は、はるかにしっかりしていて回転させるのに少しのプレッシャーをかけなければなりません。

私はまた、マウントがはるかに安全でタイトであると気づきました。
今、マウントとレンズの間のカチッという音は、はるかにしっかりと感じます。これは、このカメラが実際にはより優れて高級で、かなり巧みに作られているように感じる微妙なアップデートです。

画像品質:
これを書いている時点で、アドビーはCamera RAWアップデートをリリースしていないので、RAWファイルでは作業できませんが、私はこのカメラのJPEGがどれほど詳細を引き出す事が出来るかに驚いています。

ソニーセンサーは最高ですが、これも例外ではありません。
α6300と同じセンサーなのでどちらのファイルか区別できません。
このカメラがダイナミックレンジの量を扱う画像の品質に関する私の好きな面は後処理で利用可能なことです。
品質を落とすことなく、またはバンディングや奇妙なアーティファクトを生成したり並べたりすることなく、これらのRAWファイルの影やハイライトを押したり引いたりすることができます。

これやα6300はフルフレームのカメラに対抗できる最初のAPS-Cカメラです。
実際、a7R IIファイルと一緒に編集する時、私がどちらのファイルに取組んでいるか見分けるのが難しいのです。
唯一、本当に違いを見ることが出来るのは、単焦点レンズの解放絞りでフルフレームの浅い被写界深度の時かISO感度を極端に強くした時だけです。
たとえそれでも時には間違っていると思います。

ビデオ品質:
私はビデオ品質についてあまり話すことができません、知っているのは録画ボタンを押すだけです、なので、まったく素人ですが、私の旅行中に撮ったビデオの品質はすごく良いように見えます。
私がビデオを撮ることについて最も気に入っているのは、コンティニアスフォーカスが本当にうまく機能することです。 

これは、おそらく私が使用したミラーレスカメラで最高ものです。

また、今あなたがa6000(.mp4は720pのみでした)でできなかった.mp4形式で撮影できるのが好きです。
これは、私がSDカードからビデオを取り込み、iMovieを介して編集することを容易にします(参照してください、まったくアマチュアのビデオ)。

ローリングシャッターに関する限り、a6300と同じ特性を示すようです、私はそこに改善が見られません。

ユーザーインターフェース:
私が推測している別の変更は、ファームウェアのアップデートを介して以前のモデルに引き継がれます、ユーザーインターフェイスと、カメラメニューのタブの並べ替えと再設計を扱います。
私が前に言ったように、ソニーのメニューには本当に問題はありませんでした。カスタムボタンとファンクションメニューで提供されるすべてのカスタマイズで、メニュー構造そのものに入ることはめったにありません。

私はこれらのメニューの速度とカメラの周りをナビゲートする全体的なスピードにもっと関心があり、それがa6500の優れた点です。
それは迅速で、必要なことをします。

手ブレ補正
私がこのカメラにアップグレードした主な理由は手ブレ補正です。
個人的に、私はそれが旅行カメラにとって絶対必要であると感じています。
手ブレ補正のカメラを持つことの利点は、あなたが持っているすべてのレンズが安定してシャッタースピードを遅くすることを可能にすることを意味し、私のビデオクリップは何らかの形で安定することを意味します。これは私の旅行ビデオにとって非常に重要です。それをこの小さなコンパクトなボディに持っているという事実はとても素晴らしいです。ほとんどのレンズには5軸手ブレ補正機能があり、マニュアルレンズには3軸のみが有効です。レンズに手ブレ補正機能がある場合は、両方の組み合わせを使用して5軸になります。

タッチフォーカス
手ブレ補正機能は私がアップグレードするに値しましたがタッチフォーカスはクールを実現しませんでした。
これは本当に私を驚かせてくれた機能です。私はフォーカスを変えるために画面のどこかをタップするだけでいいと思う。また、画面上に小さな “x”アイコンがあります。これを押すと、フォーカスが中央に戻ります。これは、私自身が中心にフォーカスポイントを完全に戻すことに困ったので、非常に役立ちます。

別の迷惑、多くの人が既に言及していることですが、画面上で指をドラッグしているときに遅れがあるということです。私にとっては、液晶画面を見ながらそれをする必要はありません。すべてタップして行くことです。しかし、これはプレミアム製品だと考えるとじれったいです。
このカメラで本当に良いタッチスクリーンを使うにはどれくらいの費用がかかりますか?私たちがスマートスクリーンで持っているすべての技術で、時代遅れの技術をこのカメラに入れる言い訳は出来ません。

便利なドラッグを参照してください(唯一の選択肢)電子ビューファインダーを見ているとき親指を使ってフォーカスポイントをドラッグすることができます(電子ビューファインダーを見ながら、タップしてピントを合わせることはできません)。
私はこの機能を気に入っています。まだ若干の遅れがありますが、あなたの指に従ってフォーカスポイントを見ても、ほとんど、じれったくありません。
むしろ、あなたの親指用のトラックパッドのように感じます。
これはフルスクリーンでも半分のスクリーンでも動作するように設定することができます(デフォルトでは右半分に設定されています)。

私はこれを数時間プレイしてきたので、実際にタッチフォーカスを把握するためには、フィールドでテストする必要があります。
それが専用のジョイスティックより優れているかどうか、しかしこれまでのところ、それはすでに非常に歓迎されたオプション/追加です。

しかし、これはタッチスクリーンと同じくらいです。フォーカスを合わせるためにタップアンドドラッグするだけですべてが得られます。
ズームやスワイプはありません。別の責任を回避していると思います。

私はスクリーンプロテクターを適用しましたが、それはタッチフォーカスに影響しないようです。

新しい測光モード:
α6500には2つの新しい測光モードがあります。最初はハイライト、露出計がフレームの最も明るい領域に焦点を合わせます。
2番目は全画面平均です。これにより、画像全体の平均測光が維持されます。

これらについてより多くのテストを行う必要があります。白いウェディングドレスを撮るときにハイライトがうまくいくかどうか疑問に思っています。
全画面平均、私は本当にそのモードと評価的軽量との主な違いが何であるか疑問に思っています。

ウイッシュリスト:
液晶画面の解像度がアップデートされていません。
電子ビューファインダーは最高のものだと思っていますが、私は液晶ディスプレイがより高い解像度を望んでいました。悪くはありませんがグレートではないです。
私はEVFを約90%の時間使用するので、それほど気にしません、たとえフォーカスチェックや再生でも。とても良く、明るく、はっきりしています。
もっと高い解像度ともっとシャープな液晶ディスプレイは、画面を傾けてより低い、または、より高い視点のショットを撮ったり、他の人と写真の再生を共有したりする時に便利です。

液晶ディスプレイと言えば、撮影のために画面が左側に飛び出した場合にも便利です。ビデオゲームの多くがそれを感謝するだろうと知っているし、私はビデオにビデオにもっと力を入れていますので、将来私が望むものです。

我々はまだα7と同様の、シャッターボタンの下のフロントコントロールダイヤルを失っています。
これは、あなたの絞りを制御するための素晴らしいダイヤルです。

結論:
私はこのカメラを数日間しか使っていないので、レビューは早計かもしれません、しかし、同時に、このカメラの多くは非常によく似ていますが正確でない場合でもa6300としての属性があるので、私はそれをかなりよく把握していると感じています。
私は以前のモデルが大好きだったので、このカメラが大好きです、特に、α6300で欠けていると感じたことの多くは、α6500で加えられています。

これは私がこれまでに所有してきたコンパクトなカメラの中で最も優れたカメラの1つになっています。
また、究極の旅行用カメラになるために必要なすべての主な仕様を刻んだ、a7R IIの究極のコンパニオンです。 2016-12-04

image32


hosi3 α6300からのアップグレードに追加金額の価値があるか?

限定的なこのカメラのレビューと私がα6300を所有していて比較のために1日だけα6500を借りる事が出来て、ほとんど価値がないと理解した事実です。

主にα6300の比較と、もしそれにアップグレードから余分なコスト価値がある場合、質問をカバーするつもりです。

最初に良くなったところ;
光学式5軸手ブレ補正(ボディ内画像安定化)は明らかに目立ちます、OSSなしのレンズで撮影する手持ち撮影のビデオカメラマンには、絶対に役立ちます。
リグや手ブレ補正なしでビデオ撮影する間違った考えを鎮めてください。
これはα6300で使用するレンズのOSS(手ブレ補正)だけを使用する以上の価値がありますか?
さあ、その答えは実際にあなたが撮影するレンズにかかっています。
Rokinin Samyangレンズ(手ブレ補正なし)で撮影する場合はa6500ボディが提供する手ブレ補正で楽しむことができますが、あなたが、ほとんどOSSを持っているソニーのレンズえ撮影する場合は多くの違いを見る事はありません。

新しいタッチスクリーンは、手持ち撮影やスポーツを撮影し、飛行中のフォーカスポイントを素早く調整する必要がある人たちに歓迎されていますが、リグやケージの内側にカメラを付ける人たちには、カメラのモニターは見にくく、簡単にアクセスできる方法はほとんどありません。
なので手ブレ補正のように、これは用途が何であるかによって非常に主観的です、しかし実際α6300の手持ち撮影で優れた一定でかつ瞬間的なフォーカス私は見ていますのでタッチスクリーン機能だけに400ドルの価格の上昇は大きすぎると留意してください。

今、ほぼ同じように正しく終わったので、ほとんどすべてのスペックはα6300と同一です、じゃ、今から何が間違っていて、それが改善しないものです。

ビデオのユーザーにとって最大のものはローリングシャッターですが、申し訳ありません、それは少しでも変わっていません。
私はα6300とα6500の間で同じ正確な歪みの度合いに気づいています。残念ながらここに記述します。

バッテリーの寿命はまだまったく同じですが、同じバッテリーNP – FW50をつけているので、私は実際に変更を期待していませんでした、私はパワーが欠けていると思います、ソニーは新しいバッテリーモデルを必要としています。

オーバーヒート、同じ過酷な画像プロセッサーを備えた同じ窮屈なフォームファクターで、過熱問題はまったく同じであり、ソフトウェアで修正される可能性は低いです。
ソニーが熱分散にもっと力を入れてほしかったのですが、問題はほとんど無視されているようです。

なので私はα6300に固執しアップグレードしません、今日私が新しいカメラを買わねばならない400ドルの価格差を保証するい十分な影響を与える機能が見当たりませんが、誰もが自分で決める事です。

ソニーはこのモデルは、a6300の後継機ではなく平行して販売することを目的としていますが、α6300が少し値下がりしても驚きません私はそれが良い選択枝になるかもしれないと思います。 2016-12-04


hosi5 デジタル一眼レフ気取りのミラーレス

ボディ内手ブレ補正―レンズにも手ブレ補正があればより安定します、手ブレ補正のないレンズでも安定化を提供します。
これは写真やビデオをビンテージレンズや高品質の手ブレ補正なしのレンズを使う私たちにとって重要です、シグマ・アートシリーズのような。

大きなバッファー―a6300のバッファは小さくありませんが、連写後にカードに書き込むのを待ちます。
だからスポーツ写真家にとって、より大きなバッファーと待たない機能が素晴らしい。
カメラがカードに書き込んでいる間に、レビューを確認したり、続けて撮影することができます。

過熱―ソニーが過熱問題を”安定させた”と言うほどではありません…代わりに、カメラが生成する熱と「共存する」手段を提供します。
このように、α6300に対し、このカメラは過熱によりシャットダウンするシナリオが少ないです。

タッチスクリーンは圧倒的です;ほとんど役に立たない。
写真モードでは、あまりにもゆっくりと役立ちます。ビデオモードでは、AFモードでは動作しません。
だから、もし、あなたが被写体にフォーカスを当てるために画面にタッチした場合は素晴らしい…しかし、あなたが対象を追跡したいのであれば、ダメです。
画面にタッチすると、「タッチフォーカス」モードに切り替わります。
私は、ソニーがカメラ用に優れたソフトウェアを書くまでは、タッチスクリーンが役立つという多くのシナリオを考えることはできません。

とは言うものの、カメラは品質と操作面でa6300とほとんど同じで、追加のカスタムボタンがあり、それは素晴らしいです。
グリップは少し深くなり、いいですね。
ローリングシャッターは、ビデオ撮影モードまたはサイレント撮影モードでは依然としてひどいものです。

フルフレームではないことを除いて、これは一眼レフカメラの「上流気取り」を満たすために必要な機能を持っている最初のミラーレスカメラです。
(うん、そうです。私はキャノンから移ってきたんです) 2016-12-02


hosi1 カメラが正常に起動しません。

予約注文して、ほぼ2ヵ月待って、ちょうどa6500を受け取りました。
カメラが起動しません。ファームウェアの問題か何かのようです。
タイムゾーンなどには入ることができました、そして今、カメラはループで立ち往生し、起動しません。
バッテリーを取り外してリセットを行っても、何も起こりません。
ソニーにはかなり失望しました。たぶんまぐれ当たりでしょう。
他のユーザーがこれを体験しているのであれば、本当に不思議です。 2016-12-01


hosi5 ただ ただ、素晴らしい。コンパクトな強者

ソニーはα6500でもう一つのホームランを持っているようだ。

認めます、私はソニーのカメラのファンになりました。
それは草分け的なNEX-6から始まりました。
これらのミラーレスカメラの世代はますます良くなっています。
私の本当に信頼できるα6000からの改善のようには思われなかったのでα6300をスキップしましたが、α6500のリリースは私に引き金を引くように強いられました。
ここに私の印象です:

長所:

+ソニーは大量の体積を追加することなく、α6×00ボディにボディ内5軸手ブレ補正を埋め込むことができました。素晴らしい。
もう、どのレンズも手ブレ補正できます、たとえ古いキャノンのFDフィルムレンズでも。
今回のリリース以前は、このメリットを得るためにはソニーフルフレームに移らねばなりませんでした。

+グリップはわずかに大きくなり手の中でα6000よりも気分が良くなります。
過度の体積を追加することなく、それを実質的に感じさせました。

+タッチスクリーン。ようやく。
タッチでフォーカスポイントをすばやく設定できることは歓迎すべき改善点です。

+水準器が戻ってきた!それはα6000に欠けていて困惑していました。

+モードダイヤルには現在2つのプリセットがあります。

+高速連写は際立っています。α6000では連続撮影の後メモリーカードに書き込もうとしている間に3〜4秒間の”突っかかり”とチョークが始まります。
おまけにバッファーがフラッシュされている間、再度撮影するのを待たなければなりませんでした。
今ではバッファメモリといくつかのハードウェアのアップデートが追加され、遅れや遅延のない無限の高速撮影が可能になりました。

+オートフォーカスは高速かつ正確です

+アイカップマウントは改訂され、はるかに安全です。
α6000で2枚を失いました、これは歓迎すべき改善です。

+レンズマウントは強化され、現在は金属製です。

短所:

-ダイヤルのインテリジェントな自動モードの1つがなくなった-インテリジェントオート。
+私には何の問題もありません、それらを使ったことは一度もなかったので、プロシューマーカメラでなぜ存在していたのか分かりません。

それが唯一のマイナーな欠点です。
構造品質は堅牢で、素晴らしいマットのケース仕上げを持っています。
画質は、期待通りで、これまでのところ(まだRAWファイルを開くことができないことに留意してください)、α6000よりはるかに優れています、他のすべての改良点では、後継者としての価値のあるものです。 2016-11-30


 
海外の皆さんのレビューはいかがでしたか? 
レビューをまとめてみました

 
高画質ついて
・「優れたダイナミックレンジを備えたクラス最高のaps-cセンサー」
・「写真は、近くから遠くまで美しいです」
・「非常に細かい粒度で素晴らしいディテールを得ることができる」
・「ビデオは非の打ちどころがなく、写真はあまりに広いダイナミックレンジ」
・「ダイナミックレンジの量、私の好きな面は後処理で利用可能なこと」
 スチル写真には文句なしです、ビデオについては
・「カメラは素晴らしい写真とビデオを撮ります」
・「ビデオ、特に低照度では素晴らしいものです」
 の良い評価と
・「素晴らしい写真ですが、ビデオは少し貧弱です」
・「スチル写真は素晴らしい、ビデオはそれほどお勧めしません」 といまいちの評価もありますが

  • 24.2 MP(有効画素数)のAPS-C Exmor CMOSセンサー、高い集光効率で、ISO100-51200の幅広い感度域と高感度撮影時の優れた低ノイズ性能、オーバーサンプリング効果による解像度の高い4K動画記録にですから圧倒的な高解像度と言えると思います。
    α6500の描写性能詳細

4Dフォーカスについては
・「オートフォーカス機能まで全く驚くべきもの」
・「より多くのオートフォーカスポイント」
・「強化されたオートフォーカス機能」
・「オートフォーカスは信じられないほど直感的です」
 中には
・「評価されません」もありました

  • 4D FOCUSシステムは、0.05秒という世界最速のオートフォーカスと世界最多となる425点像面位相差AFセンサーを採用しています。
    α6500の4Dフォーカス詳細

新しいタッチパネルについては
・「タッチスクリーンが素晴らしい機能であると思い直しました」
・「タッチスクリーンで高いヒット率を手に入れている」
・「タッチスクリーンは素晴らしいです」
・「フォーカスポイントをドラッグ出来る事は非常に歓迎されたオプション」
・「合わせるべきフォーカスを得るのに、本当に役に立ちました」以外に
・「写真モードでゆっくり合焦でがっかり」の意見も

  • 電子ファインダーを使用するとき、LCDをタッチパッドとして使用でき、指を目的のポイントにドラッグするだけで、フォーカスポイントを移動す出来ます。
    ただし、動画撮影中に液晶画面をタッチすると、ピントがずれることがあります。
    α6500のタッチパネルの詳細

EマウントAPS-C 初の5軸手ブレ補正について
・「体内手ブレ補正は、レンズ内手ブレ補正のないレンズで効果的です」
・「レンズ内手ブレ補正を持っていない大量のレンズを全てα6500で画像が安定出来ます」
・「フルフレームに移らなくても5軸手ブレ補正が使える」
・「絶対にα6300からのアップグレードの値打ちがあります」
・「これは、ビデオや静止画(低照度/低速シャッタースピード)に最適です」 とかなり歓迎されています。

  • α6500に取り付けられたレンズは、レンズが独自の手ブレ補正内蔵をしているかどうかに関わらず、画像の安定化の恩恵を受けます。
    5軸画像安定化システムは、ビデオ録画時に優れており、撮影者の歩行や走行に起因するぼけを補正します
    α6500の光学式5軸ボディ内手ブレ補正の詳細

その他
・「非常にしっかりした製造[構造]品質」
・「カメラボディは大変いいです」
・「堅牢。グリップが大きくなって喜んでます、ネックストラップなしでの手持ちに自信を与えます」
 とプロフェッショナルな頑丈なボディを評価

  • 強固で剛性の高いマグネシウム合金本体でメインボタン、ダイヤル、ポート、ドア周辺のシールは防塵、防湿です。
    メディアコンパートメントや端子部を含むすべてのカメラ本体の開口部でシーリングの有効性を高める2層構造です。
    信頼性と操作性について
 

4Kについて 
「4Kで撮影中に過熱に関する問題はありませんでした」(条件:華氏65度以下で)
「4Kのビデオを撮る際のシームレスな体験が、コストを正当化します」

 

α6500の特長
24.2 MP世界最速のAFスピード(0.05秒)と最大位相検出AF点数(425)を備えたExmor CMOSセンサー。
直感的なタッチスクリーンAF操作を含む、すべてのレンズのインカメラ5軸光学式手ブレ補正と強化されたAF機能 4Kムービーレコーディング、フルビデオ出力、ピクセルビニングなし、S-Log3 / S-Log2、S-Gamut、ガンマアシストなどの2.4倍オーバーサンプリングなどのプロビデオ機能を搭載しています。

 
みんなが欲しかった最新の機能をほとんど搭載したモデルです。
「私にとっては、これは仕事のため だけではなく旅行用カメラで風景撮影、人物撮影、安定したビデオクリップ、頼りになる ほぼ完璧なAPS-Cカメラです」と言うレビューが印象に残りました

ソニー直販 ソニーストア
デジタル一眼カメラ α6500 ボディのみ
ILCE-6500
ストア価格:149,880円+税~ (2017/02/04現在)

ソニーストアの納期と価格を見る

ソニーストアで購入すると(2017/01/18現在)
■24回払いまで分割払手数料0%
■「残価設定クレジット」分割払手数料0%  2017年5月31日(水)11時まで
3年ワイド保証が無償(落下、水没なども保証)
■ソニーID登録ですぐに10%off クーポン利用可※すでに登録済みの方は自動で反映されます

「プロ用としてどう?」α6500のいろんな疑問にお答えします

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアではこんなサービスも扱っています

新サービス「αあんしんプログラム」とは?
デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。
ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、特典が受けられます。
さまざまなサービスを用意されていて、より安心・快適なカメラライフをサポートしてくれます。
  詳しくはコチラ

 

ファミリーαキャンペーン最大¥20,000キャッシュバック

2017年8月25日(金)~2017年10月15日(日)の間に下記のモデル購入で最大¥20,000のキャッシュバックがあります。
もし、該当の機種の購入を検討中なら今がチャンスです。

詳しくはこちら

 

対応アクセサリー

ボディケース『LCS-EBG』
image10
maker
アイピースカップ『FDA-EP17』
image11
maker
その他の対応アクセサリー
image12
maker

 

 

Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/image29.jpg?fit=526%2C350https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/12/image29.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラα6500,一眼カメラ  海外のみなさんのレビュー 2017年12月12日現在 このサイトの翻訳レビューです レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  素晴らしい速さ”本物”のカメラ ブラックフライデー(クリスマスセール)に、他の場所で購入しました。 私のニーズ: 私は典型的なポイントアンドシュートカメラ(バカチョンカメラ)や携帯電話を越えたいと思っていました。 私はポイントアンドシュートカメラを超えた私の好きなエントリーレベルのカメラを持っていていました。 私はそれに..それ以上のものに戻りたいと思っていました。 めったに、もしくは最小限しかビデオを撮らない人種です。 典型的な物や風景、さらにはマクロ。 主に屋外にいるので、耐候性は必須ですが、軽い雨の中で写真を撮ることはほとんどありません、でも可能性はあるかもしれません。塵も懸念されす。 また、年間をとおして国際的な仕事のため、旅行の柔軟性も考慮する必要がありました。 私は研究してかなり読み込んで、ソニーのラインに戻ってきました。 値段/価値もそれの一部でした。 また、この価格帯のカメラには通常、若干の欠陥があります。 なので、カメラを選ぶことの多くは、一旦 技術的なものを過ぎると好みになります。 私はもう少し頑丈さと耐候性を求めていたので、ソニーの下のモデルよりもこの6500を選びました。また、6500には役に立つかもしれない機能がいくつかありました。 全体として、私は購入に非常に満足しています。 私は16-50&55-210レンズを購入しました。 たぶん1週間に約1000枚の写真が撮りました...勉強中なのでほとんど削除しましたが本当に素敵な写真もいくつか残しています。 これらのタイプのカメラに新しいものがあれば、どこにでも持ち込んで、頻繁に使用することをお勧めします。 あなたの被写体のために、基礎のバランスに慣れるために; 絞り、シャッター、ISO、そして露出補正。他にも多くのもの。 メニュー構造は少しずつ慣れていきますが、タブが付いているので、あるセクションから別のセクションにはかなり簡単に移動できます。 しかし、いくつかのタブには10ページ以上あります。1週間でしたが、私はカメラを覚えていくうちに特定の機能を見つける場所をゆっくりと学習しています。 私は新しい誰かに写真撮影の特定の側面を選ぶ(屋内で)そして探索することを強く勧めます。 そうしないと、選択が圧倒的になることがあります。 このカメラには何がないのですか?わからない。 考慮すべき事項: *ビューファインダーは素晴らしいです。大好きです。 それはファインダーに自動的に切り替わり、それに目を向けるとスクリーンをシャットオフします。 また、ビューファインダーセンサーをシャッターのトリガーとして使用できるアプリを追加することもできます。 ほとんどの場合、画面に表示できるものはすべてファインダーに表示されます。 たとえば、すべての設定。 画面とビューファインダーのレイアウトは異なっていますが、本当にクールです。 *レベルインジケーター:ファインダーは、あなたが持っているカメラの水平を示します。 スクリーンにもそれがありますが、ビューファインダーはこれにデフォルト設定されています。 *パノラマ撮影が本当に素晴らしい。 私は携帯のカメラに慣れていますが、程遠いです。 しかし、一番の違いは、カメラは巨大な長いパノラマを撮ることができないということです。たぶん60度の円弧。 もし速すぎると、それは動きを見てエラーになるでしょう。私は吹き抜けの風で自由に手を離すことができませんでした。 *メニューシステムの操作:撮影モード/選択に基づいて、特定のメニュー項目が「グレー表示」されます。 それにはまったくアクセスできません。カメラのオプションを探検したいときには迷惑です。それはモードのせいでグレー表示されている理由を教えてくれません...どのモードで動作するかを教えてくれません。 しかし、あなたがその機能を行おうとすると、撮影モードを変更しないと出来ないことを知ります。 * HDR:混合照明のある被写体でこれを使用するのが大好きです。 しかし、「グレー表示」された問題と同様に、あなたが撮影しているモードのために働かない機能があります-HDRはオートでは機能しません。 * オートはほとんどの機能を無効にします。 オートは基本的により良い光学とセンサーでカメラを簡単なシンプルなポイントアンドシュートカメラとして撮影することになります。 しかし、それでも....あなたがそれらの機能を望むなら、PASMの中の1つを使う必要があることを意味します。 *ファンクションボタン:メニューシステムを介さずに、手元にある10個までの機能を選択できます。メニューにはないものもあります。 カメラの他のボタンからアクセスできる基本機能を繰り返しているため、デフォルトの設定はちょっと奇妙です。 変更を簡単にするために、メニューを見つけたら、それを変更します(タブ2、8ページ)それを突き止めるのにひどく時間がかかりました。 *オンラインマニュアル:カメラを登録する必要があります。 その後、あなたはもっと多くのマニュアルにアクセスすることができます。この場合、彼らはそれをヘルプギルドと呼びます。 あなたはpdf形式でダウンロードすることができます、強くお勧め。 マニュアルには、バッテリーの取り付け方法とオンスイッチの位置が記載されています。 ヘルプギルドは実際にその機能について語ります。 ヘルプ・ギルドには写真に関するものは何もありません。 その機能がなぜ有用であるかを少し説明しています。 機能の詳細についてオンラインで検索するか、それを使って遊んでください。 私はそれがよくレイアウトされていると思ますが、それは辞書のようなものです。 それは主にメニュー構造としてグループ化されています...そうです。 *画面は上下にしか傾けません。ちょっとしたことですが、カメラを横に回転させて多く使うと場合は問題になるかもしれません。 その機能があればよいと思うが、このカメラが持っていなかったことを知りました。 * Appsには、数多くの興味深いアプリがあります。 カメラにかなり良いハンドルがある一見しておく事をお勧めします。 ほとんどのアプリではカメラの設定が必要ですが、アプリでは何か特別なことをします-アプリのいくつかは、正しく使用する方法を学ぶためちょっとした時間がかかります...カメラを学ぶことに加えて、私はお勧めしません。 アプリでは、タイムラプスの静止画が動画に変換されたり、NDフィルタなどの多数のフィルタの必要性を置き換える特殊効果が行われます。 注目すべきは、一度ソニーのアカウントが設定されたら、オンラインウォレットにはお金を入れないでください。 サイトはセットアップ時にここにあなたを誘導するので、それはアプリを購入するための場所だと思っていましたが、そうではありません。 クレジットカード用のウォレットを設定しますが、お金を譲渡しないでください。それぞれのアプリの購入は、ウォレット内のカードを使用して別途購入されます。私はオンラインの財布にお金がある、私は今使用することはできません..... 2017-12-09  ソニーはいつも素晴らしい、α6500かα6300か? ソニーα6500で間違っていません。 それがα6300よりどれほど優れているかはわかりませんが、それはやや良いです。 あなたがプロの撮影のためにカメラを使用するつもりなら、α6500を入手してください。 楽しみのみ や予算があるなら、α6300を入手。 2017-12-07  α6000を大きく上回る改善で... これは私が思ったよりもα6000を大きく上回る改善です。 70-300Gレンズを使ってスポーツ(クルー)撮っていますが、これはα6000よりも高いパーセンテージでキープするカメラです(めったに手放さない)。 ウェザーシールがアップグレードした理由ですが、振り返ってみると早くするべきでした。 私はビデオモードを使用しないので、過熱問題についてはわかりません。 2017-12-02  内蔵フラッシュがソニーのオフカメラフラッシュを... 購入者は注意してください - もしユーザーマニュアルの中には、ほとんどの細かいことがあったら、内蔵フラッシュがソニーのオフカメラフラッシュを起動させません。このレベルのカメラでジョークのようです。 2017-11-29  写真撮影のための私の愛を再燃させた! このレビューは超 期限切れです! 海外旅行のために7月にこれを購入し、古い信頼のNikon 7100 +レンズ(10lbs以上)を持ちたくないと思った。 当時の軽量DSLRを探していて、ミラーレスカメラを見つけました。 これを35mm1.8とペアにした瞬間から、旅行の全期間にわたって私の側から本当に離さなかったと言わなければなりません。 それは私の財布/バックパック/エコバッグにフィットするように軽くて小さくて、公共で写真を撮るときは目立たなかった。 これは、一眼レフの対応するものよりも高価ですが、正直なところ、それは価値のある投資です! ソニーのカメラを購入することについて唯一の否定的なものは、そのレンズが高価で、限られていることです! 現在、50mm1.8に恋しています! 本当に写真のための私の愛が再来しました! 2017-11-27  Canon 7D Mark IIとCanon Eos M3の代わりに... 私のCanon 7D Mark IIとCanon Eos M3の代わりに、これを買いました、これは完璧にこなします。 2017-11-25  ものすごい!メニューはCanonメニューほど使... ものすごい!メニューはCanonメニューほど使いやすいものではありません、しかし...S-log が少し露出オーバー気味にするまで難しいと思われ... 2017-11-21  α6500がホントに好き! α6500を購入する前にα6000を持っていました。 私は本当にはるかによいα6500がホントに好きです。 アップグレードして、嬉しい。 2017-11-14  価格に対し素晴らしいビデオカメラ...写真には不足です 写真: 現在、Canon 5DSrをプロの写真撮影に使用しています。 これは、α6500よりもずっと質が高いです。 私のキヤノンがダウンして、写真の緊急時にこのα6500を使用しなければならないと、確かに失望するでしょう。 2012年からの私のSony NEX7は、このα6500よりも優れた静止画を撮ります。 イメージはややソフトで、編集で調整を始めると、すばやく崩れます。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします