Pocket

ソニーデジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro)

 

コンパクトながらマクロ撮影に適した操作性を備えたレンズ

 

SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro)の特長

image1

フルフレーム50mmマクロレンズ、明るいF2.8の最大口径
この高性能50ミリメートルマクロプラ​​イムレンズはクローズアップマクロ撮影から風景や人物画に最も理想的な焦点距離です。明るいF2.8の最大口径は美しい背景ボケの被写界深度で優れた低照度性能とコントロールを提供します。

image2

被写体に接近しての撮影が可能
最短撮影距離0.16m、作動距離50mm以下のため、被写体に接近して撮影できます。被写体と撮影距離を作るため移動する必要がなく、座ったままテーブルフォトが撮れ室内の撮影でも快適に使用できます。

image3
拡大

7枚羽根の円形絞りのデザイン美しいボケをプロデュース
背景をぼかすために絞りを変更、背景光源がぼやけて表示されます。7枚羽根の円形絞りと開放F値2.8による、自然できれいなぼけ表現が可能


image4
拡大

EDガラス要素

特殊低分散(ED)ガラスは大口径の設定と密接なフォーカシング距離で、軸上色収差を低減し、画像全体に優れたコントラストを提供します。

image5
拡大

非球面レンズ設計
像面湾曲を慎重に、レンズの大きさと重量を低減しながら、劇的に球面収差を低減する非球面レンズ設計によって修正されます。ダイアフラム周辺特殊形状の「非球面」の要素があっても、最大口径で高鮮鋭度、コントラストを維持し、像面での光線の位置合わせを回復し、また、歪みを低減するために、光路内の他の箇所で使用することができます。

image6

堅牢で信頼性の高い、ほこりや湿気に強い設計
屋外の厳しい環境下での使用を考慮し、ほこりや水滴の浸入を防ぐ設計を採用しています。


image7
拡大

総合的にコントロール
フォーカスモードスイッチを含むレンズのコントロールの選択、フォーカスレンジリミッターとフォーカスホールドボタンは、多目的な操作と高度なマクロ撮影機能に貢献します。

image8
拡大

フォーカスレンジリミッター
オートフォーカス(AF)操作中にピントを合わせたいものまでの距離に応じて、ピントの駆動範囲を制限する事により素早くピントを合わせる事が出来ます。ピントが合う範囲は、フル(レンズは焦点を見つけるために、すべての範囲を使用します)、0.16メートル(近く)に0.3メートル(遠)と0.3メートルに無限大の設定できます。

image9

フォーカスホールドボタン
レンズ鏡胴の上にあるフォーカスホールドボタンを押している間、ピント位置を固定できます。プレビュー機能は、カメラのカスタム設定を使用して、このボタンに割り当てることができます。


image10

フォーカスモードスイッチ
レンズにAF / MFフォーカスモードスイッチは、メニューに移動することなく、オートとマニュアルフォーカスの高速かつ簡単に選択することができます。

image13
拡大

倍率/距離表示を備え、マクロレンズとしての利便性を向上
正確な倍率や距離を一目で確認できる倍率/距離表示を採用。細やかなマクロ撮影にも対応できます。

image12

小型、軽量で多目的
コンパクト(71mm)と(236g)の軽量設計50mmの焦点範囲と高速F2.8の絞りが風景やポートレートだけでなく、マクロ撮影に最適です、日常使いに最適なフルサイズ対応の高性能標準マクロレンズ。

 

海外のみなさんのレビュー


2018年7月9日現在

このサイトのレビューです
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます


 オートフォーカスがわずかに遅れるの非常に鮮明なレンズ。

このレンズは非常にシャープです。
それは非常に短い最小焦点を持っているので、マクロ写真のための素晴らしいレンズです。
一般的な使用にも適しています。
私がそれに5つ星を与えなかった唯一の理由は、少し遅いオートフォーカスだからです。
これは、動きの速いスポーツやジグザグ動く子どもたちのような本当に速いフォーカスを必要としないものであればうまくいきます、しかし価格で見た場合 これ以上のものはありません。 2018-06-04


hosi5 フレーム全体で素晴らしいフォーカス

私は古い35mmスライドをコピーするためにこれを使用します。
フレーム全体で素晴らしいフォーカスがあり、さまざまな絞りで解像度が失われることに気づくことはありません。
厳しいテストではありませんが、私はこれに満足しています。 2018-05-28


hosi5 スーパーシャープ!非常に汎用性の高いレンズです。

このレンズは超シャープで、さまざまな状況に使用できます。
私はポートレート、製品、街角、またはもし望むならマクロにこれを使うことができます…たぶん風景にも、しかしもし広角のレンズを持っているなら
もし私が多分風景にしたいのであれば、それはあなたがすでに広いレンズを所有している場合にはそれを主に使用しません。

他の誰もがレビューで言及した唯一の短所はじれったいオートフォーカス…ノイズ、それはどれくらい遅いか..ect。

しかし、それはあなたがこのレンズを買わないほどの事ではありません!
フルフレームのソニーEマウントカメラを所有しているあら、これはあなたの武器に必要なものです! 2018-05-22


hosi5 Sony FE 50mm F1.8よりはるかに優れています

非常に鮮明なレンズ、以前所有していたSony FE 50mm F1.8よりもはるかに優れています。
マクロ範囲ではピントが遅く、ノイズが多い。
小型でコンパクトで軽量。 2018-05-03


 優れた画質、遅いオートフォーカス

優れた画像品質が得られるが、他の人が述べたように、オートフォーカスシステムは残念です。
このレンズを距離を持って使う場合は、遠方で動作するフォーカスモードに切り替え、マクロゾーンをスキップします。
マクロ撮影に使用する場合は、これがフォーカスを求めあちこち探索するのを待ち構えます、そして時々決して見つける事がありません。
このレンズの私のおもな使い道はスライドとネガをデジタルに移すことです、他の目的のための安価(少なくともソニーシステムで)で更なる特典の50mm/マクロはたぶんマニュアルフォーカスを使うつもりです。
画像の質がかなり高いので、私にとってはうまくいきます。
しかし、もしこれが毎日使う私の初めての単焦点の50mmレンズなら、このレンズのオートフォーカスに欲求不満だと思います。 2018-03-10


hosi5 フレームを凍結

まだ画像で作業しています。使いやすい
おすすめです。 2017-11-25


 いくつかの限界付きの良いレンズ

私は私のソニーのカメラ(これを含む)に4つのマクロレンズを所有しています。
これは携帯性と品質で良い組合わせです。
多くのレビューが言及しているように、オートフォーカス機能は素晴らしいと言うほどではありません。特に暗い場所ではそうです。
フォーカスがとれた場合は、品質はかなり良いです。

このレンズについて私が気に入っているのは、
1)フルフレームで50mmです。
2)柔軟な解釈で、典型的なポートレートまたは風景ショット+マクロを実行できます。
3)フルフレームで1:1のマクロ。 クロップセンサーはもっと…クロップセンサー要因による。
4)品質はコストと構築を考慮するとかなり良いです。
5)f/2.8。これはうれしいことです、被写界深度や低照度での撮影に役立ちます(そのような照明条件での撮影時に被写界深度を望むと仮定した場合)

私が好きではないもの:
1)オートフォーカス。高速ではなく、時には不正確です。
マクロを実行する場合は、実際にあなたの被写体をモニターする必要があります。
さらに、照明状況が悪い時にはフォーカスが迷うので、カメラの鏡胴のオートフォーカス・リミッター・スイッチを使用する方法を学ぶことです。
それは時々風景ショットの印を逃しました。
このレンズはおそらくスポーツやアクティビティには向いていません。
2)製造の品質は、ほとんどがプラスチックですが、このコストでは、最近レンズでは一般的です。
3)被写体までの焦点距離が50mmなのは、90または100mmより被写体に短いです。それはメーカーの過ちではなく、むしろこのサイズの多くのレンズが直面する限界です。
4)これで最後でしょうか?時が教えてくれるでしょう。

要約:
限界付きの良いレンズ。限界をどのように補うかを理解している限り、これはカメラギアの武器に加える素晴らしいレンズです。
あなたが初心者なら、このレンズはおそらくあなたを苛立たせるでしょう。
貧弱な照明条件(そして手持ち)では、ブレるのをを防ぐためにシャッターが> = 1/60以上であることが必要とします。
しかし、α7RIIには、これを助ける手ブレ補正機能が内蔵されているので、 1/30(またはカメラの扱い方によっては少し少ない)で撮影することができます。
絞りやISO設定などのカメラ設定を理解することで、必要なときにシャッターを押すことができます。三脚であなたはOKです。
これを読んで「この男が書いたことあよく分からない」と思ったら、カメラのスキルを一歩上げて、新しいレベルへの道を学ぶ時です。
難しいことではありませんが、理解するまでには時間がかかります。
ここにあるブライアン・ピーターソンの優れた本があり、あなたのスキルを高めることができます。
価格は新品$ 350を支払った 2017-10-22


 技術仕様に記載の手ブレ補正がありません

これは私のSony α6300用の3度目の50mmレンズです – フルフレームSEL50F18/Bは画質面ではあまり良いレンズではありません(他のレビューと比較しても、私は悪いものを手に入れたかもしれません)、SEL50F18は私のお気に入りです―静かでシャープな光学的手ブレ補正、素晴らしいボケ、優れた低照度性能、シルバーの見た目はすばらしく、素晴らしい価格です。

主観的には、このレンズ(ソニーのSEL50M28 FE)は、画質の面で50mmの真ん中で落ちると言えます。

長所
—— 
マクロ
SEL50F18 / Bよりも画質が良い

短所
——- 
α6300に対し光学手ブレ補正なし(上記の技術仕様に記載されていますが)
価格

私の最初のマクロレンズです、これまでに得たクローズアップ結果には満足していますが、比較のための根拠はほとんどありません。 2017-06-24


hosi5 驚くほどシャープ

私はこのレンズが大好き!
信じられないほど鮮明で、豪華なクリーミーの背景で、写真がす豪華に見えるようになります。
非常に軽いレンズなので、持ち運びや取り扱いが楽になります。
プラス、価格は正しいです!マクロレンズではあまり効果がありません

他の人が指摘しているように、このレンズを低照度でオートフォーカスモードで使用すると、焦点を迷う傾向があります。
2.8レンズであるレンズは、かなりの光を取り入れることでそれを少し助けます。
しかし、それが焦点を当てるとき、それは素敵で鋭いです。私は通常クローズアップ作業のためにマニュアルで作業するので、このレンズに大きな妨げとなることはありませんでした。

ソニーα7RIIカメラでこのレンズを使って試したテストショットを付けています。
まずいくつかのコインでそれをテストしました。画像を台無しにする時でも、本当に鮮明さに感銘を受けました。
あなたはすべてのディテールを見ることができます。
私はf2.8でカメラを持っていたので、被写界深度は巨大ではありませんでしたが、焦点が合っているのは非常に鮮明です。
私の娘のイヤリングのショットを撮ると同じ結果になります。驚くべきディテール。
後で、私はそれを使用して、ハエが私の多肉植物の一つにぶら下がっているのを発見しました。
この日はちょっと風が強かったので、これは大変だったので、この種の多肉植物は絶えず風に吹かれていました。
しかし、私はカメラをコンティニアスにセットし、最高のものを望んでいました。
幸いにも、写真のいくつかは素晴らしい出てきました!ハエに焦点が当たっていたし、クリーミーな素晴らしいな背景もありました。

私はこのレンズに本当に満足しています。
将来的に素晴らしいマクロ撮影をするためにこのレンズを使用したいと考えています。 2017-06-16


 ファインマクロレンズ、失望の標準レンズ

これが主にマクロレンズであることを理解していれば、優れていることがわかります。
極端に近い最短焦点距離で1:1の比になり、私が撮ったマクロショットは非常に明瞭でした。
しかし、50mmの「標準」レンズとしても機能させることに決めた場合、あなたは失望します。
オートフォーカスは非常に遅く、煩いし、それはピントが合いにくいです。あなたが他に何も持っていなければ、仕方がないですが、あなたが定期的に使用したいと思うものではありません。

クローズアップのオートフォーカスに役立つ3ポジションのフォーカスレンジスイッチがあります。
マニュアルによれば、一時的にオートフォーカスを無効にする「フォーカスロック」ボタンもありますが、α7Ⅱ(ILCE-7M2)ではそれができませんでした。
さらに悪いのは、カメラのボタンを押さない限り、オートフォーカスしない「バックボタンフォーカス」を私がカメラに設定していることです。
しかしSEL50M28はそれを覆し、オートフォーカスを続けました。(編集:この動作は、私がPre-AFカメラ機能をオフにしたときに消えました – これは他のレンズには影響しませんでした)AFを完全にオフにすることができます。
次に、カメラの「フォーカスピーキング」とルーペ表示を使用して、フォーカスを正しく得ることができました。

フィルタの直径は55mmですが、62mmには「アクセサリ」ネジがあり、リングライトや付属品を取り付けます。
私は  Neewer 48 Macro LED Ring Flash  を持っていますが、焦点が1:1の比率に設定されていないと、フラッシュが光をレンズに直接送り込んで画像を洗い流すことがわかりました。
レンズの前部がこれまで本体に収められているため、内側の鏡筒よりも広いアクセサリにはフィルタスレッドを使用できません。

私の考えでは、50mmはマクロレンズでは少し短いです – 80mmや100mmのようなものは、特にフルフレームのカメラではより汎用性が高いと思います。 2017-06-06


hosi5 Eマウントカメラ用の素晴らしいマクロとリアルワールドレンズ

ソニーSEL50M28 FE 50mm F2.8フルフレームEマウントレンズは、優れたマクロおよび汎用レンズです。
私は定期的に使用する同様の焦点距離の他の2つのレンズ、Sony SEL50F18 50mm f/1.8と古いNikkor 55mm f/3.5 Micro-Nikkorマニュアルフォーカスレンズと比較しました。
ソニーのSEL50M28 FE 50mm F2.8は、ソニーのフルフレームカメラで使用する場合の「標準」視野レンズです。
しかし私はSony α6000 APS-Cカメラボディを使用しています。
だから3つのレンズはすべて、フルフレームカメラの75mmレンズに相当するミッドレンジテレフォトです。

私が好きな被写体の多くは、壁、彫刻、出入口であり、いつも手に取っている状況でできるだけ多くの対称性をもって撮影されています。
これらの被写体はすべて、すぐにレンズコーナーの甘さ、細かなディテールの解像度、四隅やディテールの直線性の欠如に注意を向けます。
これまでのSEL50F18 50mm f/1.8は、実世界の被写体に優れています。
私はまた、厳格なコピースタンドでカメラでプリントとネガのコピー作業を行います。
古くて抜群のNikkor 55mm f/3.5 Micro-Nikkorマニュアルフォーカスレンズは、ソニー製のα6000本体のアダプタで使用されており、コピー作業のための信頼できる働き者です。

上記の両方の場合において、レンズのエッジ性能が重要でした。
どちらの場合も、これらの2つのレンズで得られた全体的な結果に非常に満足しています。
だから、新しいソニーSEL50M28 FE 50mm F2.8フルフレームEマウントレンズはどのように機能するのですか?
ラボの目標やグラフなどで科学的なテストをしませんでした。
解決結果ごとのラインを取得しようとしていませんでした。
私は、異なるレンズで同じ被写体を同じ写真にするときに、リンゴとリンゴとオレンジとオレンジを比較していました。
ソニーのSEL50F18 50mm f / 1.8を使用する実世界の被写体では、ソニーSEL50M28 FE 50mm F2.8の性能は抜群で、SEL50F18よりも優れていると思われます。
私がソニーSEL50M28 FE 50mmのF2を見つけたコピースタンドの仕事のために優れていて、私がおこなっている写真コピーのタイプのNikkorと同じくらい良いものでした。
私は頻繁に中および大判の白黒ネガをコピーします。
ソニーのSEL50M28 FE 50mm F2.8は、例えば4×5 “ネガのために十分に近くに焦点を合わせることができましたが、35mmネガではエクステンションチューブを追加する必要がありました。
それでも、そのようなコピー作業のためにはソニーSEL50M28 FE 50mm F2.8を使用することを躊躇しません、それが私の唯一の近接焦点レンズなら。

レンズのフィット感と仕上がりが優れています。
ソニーNEXスタイルのミラーレスカメラを長年使っており、NEX-3、NEX-5N、NEX-7、およびa6000カメラボディを所有しています。
私はソニーのカメラとレンズ全般に非常に満足しています。
ソニーのSEL50M28 FE 50mm F2.8レンズはこのラインナップには歓迎されています。私はその性能に感銘を受け、将来広く使用する予定です。
推奨させて頂きます。 2017-06-06


hosi5 いまのところ素晴らしいマクロレンズ

Sony α7シリーズには、レンズの取り付けや取り外しが簡単な取り付けシステムがあります。
ちょうどこれで作業を始めました、そして、それは少し実験を必要としますが、レンズとしてする必要というより全体としてカメラと関係があります。
写真をいくつか追加しました、初めから上手く撮れました。
しかし、いかに想像をたくましくしても自分自身をプロのカメラマンと呼ばない誰かのために、このように。 2017-06-03


hosi5 甘美な小さいマクロ

ソニー50mmはかなり甘美なマクロレンズですが、汎用レンズとして推奨しません。

私は機能の中でオーバーラップして持っている他のレンズと一緒に50の写真を含めました。
さて、55mm Zony(ソニー/ツァイス)はマクロレンズに近いですが焦点を当てません、鮮明でシャープで、かなり近くに焦点を当てています。また、フォーカスは素早いです。

90mmは驚くほど鮮明なレンズで、カメラと被写体の間隔を広げます。それは55mmほど素早く焦点を当てません、運ぶには少しゴツイです。

より新しい50mmマクロに戻って、それは確かに十分に鋭いです。
ナイスで軽量です。しかし、フォーカスはまったく鈍いです。
私は屋外のイベントをカバーするためにこれを使用し、その目的のためにはあまりにも遅いことが証明されました。
焦点面の背後にあるボケはちょっとナーバスですが、実際には醜いわけではありません。

その他:
私のテストはα7RIIで行われたことに言及する必要があります。
バレルは便利な倍率を備えています。
55mmのフィルターサイズは、私のソニーレンズの1つにしかマッチしません、つまりa6000に搭載されている16-70mmと一致します。

素晴らしいマクロショットを作り出すレンズとして、軽量であり、大した金額ではありません…所有する価値があるレンズと言えます。 2017-05-31


hosi5 マクロレンズをお気に入りの単焦点レンズとして使えるか?

私は決してカメラレンズの専門家ではありません。
私は50年間趣味の写真家で、35年間のビデオ作家です。
このレンズの技術的なレビューが必要な場合は、おそらくこれを無視してください。

私のソニーα6000用の単焦点レンズは、昨年、ソニーの28mm FE2プライムレンズでした。
かなり多くのものにそれを使用してきました。
私はより多くのマクロ作業を行うことに移行しています。
これがこのレンズを手に入れた理由です。
オートフォーカスの遅さに関する苦情を読みました。
私はそこに不平を言うことはあまりありませんでしたが、それは主に私が本当にマニュアルフォーカスで作業することを本当に好むからです。
私は焦点を当てたいものについて自分の視力ができると同じようにレンズが自動的に焦点を合わせることが出来ると信じていません。
必要に応じてオートフォーカスを使います、例えば動いているオブジェクトを撮ろうとするときに私はキャプチャしようとしていますが、オブジェクトが動いていなければ、私はピントがシッカリ合うマニュアルフォーカスの写真にするつもりです。

無限インジケーターに到達してF8を使用する前に、私のすべてのレンズに最適なフォーカス設定は、通常少しです。
遠くにあるものは100%のサイズでシャープにならないので、決して無限に設定されたカメラでは写真を撮っていません。
間違って設定を移動しない限り、この設定からフォーカスを変更する必要はほとんどありません。
また、ビュー内の何も15~20フィートより近くに来るものはありません。したがって、風景でも、私は通常マニュアルフォーカスを使用します。
私の28mm 単焦点には、このようなフォーカスモードスイッチはありません。
この新しいレンズには、本当に好きです。
私は、メニューに入って、マニュアルからオートにもう戻る必要がありません。
スイッチを切り替えるだけです。とても便利。
別のクールな機能は、フォーカスホールドボタンです。私は自分の風景の写真のフレームを作ろうとします。カメラをオートフォーカスに設定すると、写真のフレームとして使用しているものに焦点を当てる時間が長くなります。景色の フォーカス保持ボタンは、このような状況で多くのことを助けることができます。

マクロ撮影では、通常、フォーカススタッキングという手順を使用します。
私は花の一部だけに焦点が合っていても豪華に見える花の写真があることを知っています。
このレンズと最近見つけた特殊なスタッキングソフトウェアを使って、焦点を絞った花のすべてまたは私が望む大部分をシャープなフォーカスにすることができます。
このレンズはこの手順を使うのに優れたものであることが証明されています。フォーカススタッキングがなくてもすばらしい仕事をします。
私はマクロが非マクロレンズよりもクローズアップでうまくいくと期待しています。
このレンズを着けたカメラをマクロ・フォーカスのフォーカス・レール・スライダに取付けると、すでに何度か自分自身に証明した完全に合焦したショットを撮れるでしょう。

マクロレンズとして、私は風景がとてもうまくいくかどうかを懸念していましたが、数日後にテストしたところ、素晴らしい風景写真が撮れました。
写真の隅は、写真の中心よりもややシャープではないかもしれませんが、違いを見るため本当に目を近づけなければなりません。
私は28mmソニーよりもシャープなこれが大好きです。
また、28mmよりも色収差が少なくなっています、でもフォトショップが通常どうにかして処理しています。 2017-05-22


hosi5 α6500で素晴らしい作品

これはフルフレーム(FE)ソニーマクロレンズですが、私はクロップフレーム(APS-C)のα6500で使用しています。
私の考えでは、フルフレームレンズは常に2つの理由から最良の投資です。
まず、ある日ソニーのフルフレームを買おうと思うかもしれない。
第2に、フルフレームレンズは、画像の中央部分のみを使用しており、コーナーにシャープネスやイルミネーションが落ちることが実質的にゼロであるため、クロップフレームカメラでうまく機能します。
このような中価格のレンズは超高性能レンズになります。
あなたの唯一のデメメリットは、あなたがAPS-Cカメラのために本当に必要とするよりもやや重いレンズになることです。
この50mmマクロの重さは236グラムですが、30mmクロップフレームマクロレンズのコストは低く、重さは138グラムです。考えどころです。

これは非常によく設計されたマクロレンズです。
それは2つの焦点範囲と、1対1の物体対画像比に対して約6インチの最も近い焦点距離です。
画像スケールはレンズに印刷されていて便利です。
フォーカスホールドボタンもあり、とても便利ですが、私は実際にマクロ撮影にオートフォーカスを使用していません。
私は、クローズアップのためにまともにオートフォーカスが働いたオートフォーカスマクロレンズを一度も持っていません。
私はそれをスキップし、うまく動作するマニュアルを使用します。

私のα6500の画質は花などを撮影するのには驚異的で、作図枠の75mmに相当する50mmの焦点距離は、毎日のポートレートの焦点距離も非常に良いです。このレンズには手ブレ補正がありませんが、これは以前は大きな欠点でしたが、幸いなことにα6500では本体内手ブレ補正で問題になりません。

あなたのバッグに入れておくことは、概して素晴らしい二つの機能を持つアイテムです。
歩き回るのに基本的に何でもできるレンズとして非常に役立ちます。


 この価格での期待に応えられませんでした。オートフォーカスが不十分、非常にバキュームで、レンズ内の安定化がなく、プラスチック製

私は本当にこのレンズが好きでしたが、できません。
私はNex-6 を使ってテストしました。
現代のEマウントレンズはこの数年前のEマウントボディでもうまくいくはずだとは思いましたが、そうではありませんでした。

レンズの性能に関する問題に言う前に、400〜500ドルのレンズを販売するなら、それから、それが使用中でないとき、レンズを保護するために、単純なビニル・レンズ・ケースでさえなしで、ボール箱でそれを届けることは許しがたいです。75ドルのアフターマーケットレンズでもそうしない!

このレンズには、ソニーの言うレンズ内の手ブレ補正機能は付いていません。
ソニーのカメラ本体がその機能を備えた少数のカメラのである場合にのみ、手ブレ補正が得られます。

このレンズのオートフォーカス性能は、少なくともこのボディでは恐ろしいものです。
フォーカスレンジ切換機能は、正しく動作すると、ピントが遅くなり、マクロ撮影中にピントが飛びます。

マニュアルモードでは、レンズの絞り調整はありません。

レンズ本体はプラスチックで、金属ではありません。これはこの価格では驚くべきことです。

適度な絞り、オートフォーカス性能、焦点距離を考えると、レンズは非常にかさばります。
1980年代のヴィンテージミノルタMDマウント50mmマクロをアダプターで着けることは、ずっと現代的なバージョンよりも、マクロ撮影に便利です。

あなたの鑑賞用にレンズで撮影した簡単な写真をいくつか添付しました。


 高品質のレンズだがAFが欠いています

細部の描写とコントラストは優れていますが、この小さなヤツはα7RIIでピントを探すとしている狂気のロボット(ジップ、ジップ、ジップ)です。
フォーカスを捕ろうとして、ゆっくり、騒々しく、本当に自信なさそうです。
24-70mmの貧弱なエッジを経験した後、これを今のところ選択しました。
このマクロは刺激的であり、この50mmは、非常に近く焦点を当てることができます。
これは屋内用の物を撮るには素晴らしいでしょう、しかし私は風景用に、マクロでない距離のもっとオートフォーカス良い、 コストが3倍の90mm Gマクロが必要であると考えています。


 それはマクロです

ソニーはこれの中に安っぽいオートフォーカスモーターを置いた…特別だった可能性があったのに。
あなたが明白な高速AFを必要としないなら、それは受け入れ可能で超シャープな50mmマクロレンズです。
そこに品質はあります。


hosi5 すばらしい画質

すばらしい画像品質。
これはフルフレームレンズでAlphaのために設計されませんので、少し遅く手ブレ補正はついていません。
もし、あなたが手ブレ補正、マクロ、速いフォーカスを望むなら2倍の金額をはらって90mmマクロを買ってください。
他の良いところは、サイズです。私のα6500に着けて 非常に小さなバッグに入れるのにも十分小さく、どこに持って行くにも十分軽い重さです。


 オート フォーカスが混乱してしまいます

私が所有している3枚のマクロレンズ(サムヤン100mm F2.8マクロ、ソニーE 30mm F3.5マクロ、10月に購入したこの製品)の中で、このFE 50mm F2.8マクロは -もっとも重視している – 透明感があり色の深さが良い。
これまでの私の唯一の不満は、オートフォーカスです:モーターはゆっくりと騒々しく、ピント探し続けます。
一度、モーターは固まって、焦点を合わせるのを拒否しました。
α6000カメラの電源を入れ直しても機能しませんでしたので、電池をはずして 戻しました。
それだけでオートフォーカスが復帰しました。
ありがたいことに、それは一度だけ起こっていません。
この小さな恐怖のために、星1つをマイナスします。


 全体として、これは本当に見事なレンズです。 サイズと重さは完璧です …

全体的にこれは本当に素晴らしいレンズです。
サイズと重量はSony Alpha本体には最適で、本当に素晴らしいストリート撮影用レンズとしても機能します。
私の疑問は、お金の価値があるかということでした。
そして、3つ星がどこから来るのかです。
プラスチックレンズ、f2.8絞り、他のソニーレンズに比べてノイズが多いオートフォーカス、プラス遅く、クローズアップするとミスが多く、500ドルのレンズだとは言い難いです。

私は価格が2倍のSony 90mm FEマクロの半分ぐらいだ思います、しかし一般的にSonyのレンズコストは少し高いと思っています。
もし、これが$ 350、またはf1.8(または28mm FEのようなf2.0)でもあれば、もっと合理的で4〜5つ星のレンズだと言えるかもしれません。
いいえ、その絞りでマクロを撮影することはありません。
しかし、これは間違いなくポートレートとストリート写真撮影領域でこのレンズを助けるでしょう。
同じAFモーターとエクステンションチューブを持っているソニーの50mm f1.8が250ドルぐらいなのを考慮すると、写真がどれだけ素晴らしいかにかかわらず、500ドルは強引です。

プラスチックですが、耐久性があります。
実際の問題は、フロントシールが時間の経過とともにほこりや湿気をどれくらい抑えているかです。
完全に伸ばせば、レンズに埃や湿気が入る可能性が非常に高いことを意味します。
レンズフードはありませんが、レンズはフロントエレメントに十分に沈み込み、レンズ自体がフードとして機能します。太陽下の撮影のときに何の問題はなかったので、役目を果たしています。

フォーカス:
AUTO-ポートレートやオブジェクトを2、3フィートより離れて撮影すると、実際にはかなり速く、ほとんど毎回ロックされます。
被写体が近づくほど、フォーカスする時間がより長くて困難になり、失敗するときは、本当に失敗します。
特に私がちょうど2、3日 FE 90mmをためしていたとき、レンズは完全にフォーカスアウトしてから戻るまで、永遠のように感じました。
モーターは私が持っている他のソニーのレンズに比べて大きめの音ですが、私は耐えられないほどではありません。

MANUAL-これはおそらく私としては、このレンズの最も良い点です。速いターンを使用しても、それは2回転で最小から最大の焦点に移動します。
普通のレンズでは、これは全く悩ましいですが、マクロでは、ピントがシッカリ合わせようとすると、本当にうまく動作します。焦点距離もこれに役立ちます。
ソニーの 90 mm マクロで私の最大の不満は、フォーカスが非常に敏感で働かず完璧なフォーカスを実現するのが難しいかった。(ただし、それはあなたのためのマクロです)

– 最小限の焦点に近づくほど、光が落ちるほど暗くなりますので、ISO、絞り、またはシャッター速度を調整して補正する必要があります、あなたは本当に良い照明やリングライトが必要です。これに伴うもう一つの問題は、焦点を合わせて被写体に近づいていることです。レンズは、ほとんど触れているので、カメラやホットシューのフラッシュは、おそらくレンズの影を引き起こすでしょう。
しかし私はこれをテストしていません。ありがたいことに、私はその時に良い照明をしていました。

画質:
いいと思います。ボケは滑らかに見え、色やコントラストは問題ありません。
添付された写真の多くは、編集がほとんどありません。
ちょうどホワイトバランスと色の小さなブースト。ポーt-レートに本当にこれが好きです。
私は、90mmや100mmのマクロレンズでは難しい手持ちのマクロ写真をたくさん撮りした。

全体的に、これは良いレンズです。
あなたがポートレートやストリート写真撮影用のレンズを兼ね備え、f2.8絞りでも問題ない、安価なソニー製のネイティブマクロレンズを探しているなら、これはそうかもしれません。
Sony以外のレンズやマクロチューブ用のアダプターを使用したい場合や、できるだけオブジェクトから離れたい場合は、このレンズではないかもしれません。
このレビューが役立つことを望みます。


hosi5 とても素敵なマクロFEレンズ

賢明な優れたレンズの画質。あなたがそれを制御する方法に慣れるたら、あなたは手の中に宝石を持つことにます。α7Rm2で見事に相性ピッタリになります。
シャープネスはたとえショットの四隅であっても素晴らしいです。
いくつかの厳しいシナリオ例えば非常に明るい背景の葉などで、f / 5.6まで、色収差が発生する可能性があります。


hosi5 このレンズで生み出される鮮明な、パリッとした像が大好き

数週間前、私は地元の写真デーのイベントに参加し、ソニーがブースを出展していました。
参加者は、レンズを試してみることができたので、新しいソニーFEの50mm F2.8マクロレンズを試し、それで恋に落ちました-予約注文し昨日手に入れました。
今日は暗い曇りの日です、私は三脚をつかんで、私の裏庭で、いくつかの花の前でそれをセットアップします。
何匹かのミツバチが来て、レンズ、絞り、ISO、シャッタースピードの設定をした後、2~3ダースの写真を撮りました…言える事全ては…ワォ!蜂から約7〜8インチでした、そして画像の明瞭さは驚くべきものでした!

時々クラスをとって、長年にわたって写真撮影で遊んでいますが、私は自分自身を初心者と考えます。
たとえそうであっても、このレンズは、オートフォーカスとマニュアルフォーカスモードの両方で使いやすかったです。
マニュアルモードではピントを合わすのにフォーカスリングをかなり回す必要がありました(しかし、私の経験不足のせいでしょう)。
オートフォーカスモードで焦点を合わせるのが少し時間がかかるようです。
しかし、私はα6000と一緒に買ったE 3.5-5.6 / PZ 16-50 OSSレンズのフォーカス速度と比較しています。なのでマクロレンズの合焦時間のは予想されていると思います。

いずれにせよ、私は不満はありません。
手頃な価格(相対的に言えば)で素晴らしいレンズです。
これまでのところ、これを気に入っています。

image17

 

 

■小型・軽量で日常使いに最適なフルサイズ対応の高性能標準マクロレンズ
■小型・軽量設計で、等倍撮影も可能な35mmフルサイズ対応標準マクロレンズ
■最短撮影距離0.16mで、被写体に接近しての撮影が可能
■フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンが快適なマクロ撮影をサポート
■倍率/距離表示を備え、マクロレンズとしての利便性を向上
■画面周辺までシャープな描写を実現
■被写体を引き立たせるぼけを生かした撮影表現が可能
■至近距離だけでなく、通常領域でも使用可能
■防塵・防滴に配慮した設計(*)

レンズ仕様
名称 FE 50mm F2.8 Macro
型名 SEL50M28
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 50
焦点距離イメージ(mm) *1 75
レンズ構成 (群-枚) 7-8
画角 (APS-C) *1 32°
画角 (35mm判) 47゚
開放絞り (F値) 2.8
最小絞り (F値) 16
絞り羽根 (枚) 7
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.16
最大撮影倍率 (倍) 1
フィルター径 (mm) 55
手ブレ補正 – (ボディ側対応)
テレコンバーター (1.4x) 非対応
テレコンバーター (2.0x) 非対応
フードタイプ
外形寸法 最大径x長さ (mm) 70.8 x 71
質量 約 (g) 236
付属品
レンズフロントキャップ ◯ALC-F55S
レンズリヤキャップ ◯ALC-R1EM
ケース
その他付属品 *1撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値(mm)

 

主な特徴として

小型・軽量で日常使いに最適なフルサイズ対応の高性能標準マクロレンズ

マクロ撮影時に50mmの画角を生かして、中望遠マクロレンズと比べてより広い範囲の背景を入れたフレーミングを楽しめる35mmフルサイズ対応の標準マクロレンズです。
標準画角50mm、最短撮影距離0.16m、作動距離約50mm以下、最大撮影倍率1.0倍の優れた近接撮影性能を実現し、最大径70.8mm×長さ71mm、質量約236gの小型軽量設計で携行性にも優れています。
また、フォーカスモードスイッチ、フォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンが快適なマクロ撮影をサポート。
倍率/距離表示を備え、マクロレンズとしての利便性も向上。
さらに、ED(特殊低分散)ガラスの採用により色収差を、非球面レンズの採用により像面湾曲を良好に補正し、画面周辺までシャープに描写。7枚羽根の円形絞りと開放F値2.8による、ぼけを生かした撮影表現も可能です。

さらに、防塵・防滴(*1)に配慮した設計を施し、本格的なマクロ撮影による作品づくりから、テーブルフォト、スナップ、風景、ポートレートの撮影まで幅広いシーンで活躍します。

 

まとめ
このレンズは至近距離で撮影するテーブルフォトはもちろん、スナップ・風景・ポートレートなど、汎用性の高い標準マクロレンズです。

35mmフルサイズ対応なのに、わずか約236gと軽量で持ち運びやすく、コンパクトなα7シリーズにマッチする、携帯性に優れた小型軽量デザインです。

α6000やα6300などのAPS-Cフォーマットのカメラに装着すれば75mm相当の画角の単焦点としてマクロ撮影やポートレート撮影などにも力を発揮します。

7枚羽根の円形絞りを搭載し、大口径単焦点レンズならではの美しいぼけを生かし、主役を際立たせて印象的に写すことができます。

手振れ補正がついていないので、ブレが目立つ接写では注意が必要です。 ボディ内5軸手振れ補正のカメラなら接写で起こりがちな回転ブレを低減した撮影が可能です。

昆虫など、近寄れない被写体を撮影する場合はよりワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体までの距離)が長いSEL90M28Gがおすすめです。

image19

 

 

取扱説明書


各部のなまえ
1 距離目盛/倍率目盛/距離指標
2 フォーカスリング
3 レンズ信号接点*1
4フォーカスモードスイッチ
5 フォーカスホールドボタン
6マウント標点
7 フォーカスレンジ切り替えスイッチ
8フィルター取り付け部(ø55mm)*2
9アクセサリー取り付け部(ø62mm)*3

*1 直接手で触れないでください。
*2 キャップとフィルター以外のアクセサリーを取り付 けると故障の原因となります。
*3 リングライトやツインフラッシュ等のアクセサリー をご使用の場合は、ø62mm用アダプターをこちら に装着してください。(イラスト参照)



レンズの取り付けかた/取りはず しかた

取り付けかた(イラスト参照)
1 前後のレンズキャップとカメラのボディ キャップをはずす。
・レンズフロントキャップは図の(1)、(2)の2通りの方 法で取り付け/取りはずしができます。
2 レンズとカメラの白の点(マウント標点)を 合わせてはめ込み、レンズを軽くカメラに押 し当てながら、時計方向に「カチッ」とロック がかかるまでゆっくり回す。
・ レンズを取り付けるときは、カメラのレンズ取りは ずしボタンを押さないでください。
・ レンズを斜めに差し込まないでください。

取りはずしかた(イラスト参照)
カメラのレンズ取りはずしボタンを押したま ま、レンズを反時計方向に回してはずす。


 

ピントを合わせる

ピント合わせは、以下3つの設定方法があります。
• オートフォーカス
ピント合わせを自動で行う。 – 動画撮影時に、作動音が記録されてしまうことがありま す。
• DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)
オートフォーカスでピントを合わせた後に、マニュア ルでピントを微調整する。
• マニュアルフォーカス
ピント合わせを手動で行う。
• 本製品のフォーカスモードスイッチは、一部のカメラ本 体においてお使いになれません。
カメラ本体との互換情報については専用サポートサイト でご確認ください。
AF(オートフォーカス)/MF(マニュアル フォーカス)の切り替え AF(オートフォーカス:自動ピント合わせ)/MF(マ ニュアルフォーカス:手動によるピント合わせ)の設 定を、レンズ側で切り替えることができます。
AFで撮影する場合は、カメラ側とレンズ側両方の設定 をAFにします。カメラ側あるいはレンズ側のいずれか 一方、または両方の設定がMFの場合、MFになります。
レンズ側の設定
フォーカスモードスイッチを、AFまたはMFの いずれか設定したいほうに合わせる(1)。
• カメラのフォーカスモードの設定方法については、カメ ラの取扱説明書をご覧ください。
• MFではファインダー等を見ながらフォーカスリングを 回して、ピントを合わせます(2)。距離目盛は目安です。
AF/MFコントロールボタンを装備したカメラをお 使いの場合
• AF時にMFに切り替えるには、カメラとレンズ両方の設 定がAFのときに、AF/MFコントロールボタンを押しま す。
• MF時にAFに切り替えるには、カメラの設定がMF、レン ズの設定がAFのときに、AF/MFコントロールボタンを 押します。


フォーカスホールドボタンを使用 する

• 本製品のフォーカスホールドボタンは、一部のカメラ本 体においてお使いになれません。
カメラ本体との互換情報については専用サポートサイト でご確認ください。
AF中にフォーカスホールドボタンを押すと、AFの駆 動を止めることができます。ピントが固定され、その ままのピントでシャッターを切れます。
シャッターボ タンを半押しした状態で、フォーカスホールドボタン を離すと、AFが再開します。


フォーカスレンジ(AF/MF駆動範 囲)を切り替える

AF/MFの駆動範囲を切り替えて、ピント合わせの時間 を短縮できます。撮影距離が一定の範囲内に限られて いる場合に便利です。
フォーカスレンジ切り替えスイッチで、撮影距 離範囲を選択する。
• FULL: 距離制限はありません。全域でピント合 わせが可能です。
• ∞-0.3m: 無限遠から0.3mの範囲でピント合わせ が可能です。
• 0.3m-0.16m:0.3mから最短撮影距離までピント合わ せが可能です。*
* 一部のカメラ本体においてはFULLと同じ撮影距離範囲 となります。カメラ本体と互換情報については専用サ ポートサイトでご確認ください。


露出補正量表について

a 露出補正段数
b 撮影倍率
c 撮影距離 • 撮影倍率と撮影距離の関係は目安です。

 

ソニー直販 ソニーストア
35mmフルサイズ対応の標準マクロレンズ
FE 50mm F2.8 Macro
SEL50M28 
ストア価格:54,630円+税 (2017年11月4日現在)

『SEL50M28』の商品詳細

ソニーストアで購入すると(2017/06/21現在)
■送料無料
24回分割手数料0%キャンペーン 期間限定
提携カードで3%off
■3年長期保証が無償
■ソニーID登録ですぐに10%off クーポン利用可※すでに登録済みの方は自動で反映されます

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「SEL50M28」には現在「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。

 

ソニーストアではこんなサービスも扱っています

新サービス「αあんしんプログラム」とは?
デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。
ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、特典が受けられます。
さまざまなサービスを用意されていて、より安心・快適なカメラライフをサポートしてくれます。

 

フィルター

円変更フィルター  VF-55CPAM
image
kakaku
 Amazonで見る
MCプロテクター VF-55MPAM  
image1
kakaku
 Amazonで見る

 

関連情報

「しかし、ツァイスのバッチをつけて…」SEL35F28Z レビュー(評価)... 35mmフルサイズ対応、高性能ツァイス広角単焦点レンズ『SEL35F28Z』 待望の35mmフルサイズ対応、高性能ツァイス広角単焦点レンズ Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA Sonnar T*=T*(ティースター)コーティングで高解像、高コントラスト FE 35mm=フル...
α(アルファ)あんしんプログラム サービス開始です!... ソニーストア限定 新サービス「αあんしんプログラム」 新サービス「αあんしんプログラム」ってどう? αあんしんプログラムとは? デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「α...
ソニーEマウント最高峰レンズ『SEL85F14GM』、『SEL70200GM』、『SEL2470GM... プレスリリース時 2016年2月19日時の皆さんのレビュー FE 70-200mm F2.8 GM OSS・FE 24-70mm F2.8 GM・FE 85mm F1.4 GM   海外の皆さんのレビュー FE 70-200mm F2.8 GM OSSの海外のレビュー FE ...
「てめぇらの望むもの作ってやったぞ!」2CH ソニー交換レンズ新発売...  一眼カメラ35mmフルサイズ対応のαレンズ2本とコンバーター2本が順次発売されます型名発売日メーカー希望小売価格Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA 『SEL35F14Z』6月220,000円+税FE 28mm F2 『SEL28F20』4月17日65,000円+税『SEL28F...
「常に携帯しなければ…」SEL1670Zのレビュー(評価)... 高コントラストで抜けの良い優れた描写性能を維持しながら小型化を実現した、待望のカールツァイス標準ズームレンズ デジタル一眼カメラ“α”用レンズ SEL1670Z 35mm判換算焦点距離:24-105mm レンズ構成:12群16枚 最短撮影距離:0.35m 最大撮影倍率:0....
「王道はSEL2470Zから始まる」SEL2470Z のレビュー(評価)... 王道はSEL2470Zから始まります!! α用レンズSEL2470Z ズーム全域で開放F値4の明るさを実現した、35mmフルサイズ対応の小型高性能ツァイス標準ズームレンズVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS Vario-TessarT*=(ティースター)コー...
「楽しいレンズ!用途が広い」「85mmf/1.4 G マスターより好き」SEL90M28Gのレビュー... 美しいぼけ味と高解像度を両立した、FEレンズ初となる中望遠マクロレンズ α用レンズ SEL90M28G    項目 仕様 < レンズ仕様 >   名称 FE 90mm F2.8 Macro G OSS 型名...
「このレンズが気に入った」「お買い得レンズ」SEL50F18のレビュー(その2)... ポートレートに適した75mm相当(35mm換算)の中望遠レンズ SEL50F18(その2)APS-Cフォーマット   海外のみなさんのレビュー(その2) 2016年10月05日までのレビュー 最近のレビューはこちら  このレンズが気に入った 気に入りました。 NE...
「素晴らしいですが、かなり大きく重いです」「24-70mmのF2.8GM海外のレビューです」SEL2... デジタル一眼カメラα用レンズ SEL2470GM  FE 24-70mm F2.8 GM 項目 レンズ仕様 名称 FE 24-70mm F2.8 GM 型名 SEL2470GM レンズマウント ソニーEマウント 対応撮像画面サイ...
ソニー フルフレームFE50mm F1.4 ZA 単焦点レンズ発表... FE 35mm F1.4 ZAに続く高級路線の大口径単焦点レンズ2016年7月11日にEマウント、新しいフルフレームレンズをリリースしました。 PlanarT*FE 50mm F1.4 ZA(モデルSEL50F14Z)、国内の案内はまだです。この50mmレンズは印象的なコントラストとZEISS®ブラ...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/09/image14.jpg?fit=629%2C408https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/09/image14.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpレンズレンズ  コンパクトながらマクロ撮影に適した操作性を備えたレンズ   SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro)の特長   海外のみなさんのレビュー 2018年7月9日現在 このサイトのレビューです レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  オートフォーカスがわずかに遅れるの非常に鮮明なレンズ。 このレンズは非常にシャープです。 それは非常に短い最小焦点を持っているので、マクロ写真のための素晴らしいレンズです。 一般的な使用にも適しています。 私がそれに5つ星を与えなかった唯一の理由は、少し遅いオートフォーカスだからです。 これは、動きの速いスポーツやジグザグ動く子どもたちのような本当に速いフォーカスを必要としないものであればうまくいきます、しかし価格で見た場合 これ以上のものはありません。 2018-06-04  フレーム全体で素晴らしいフォーカス 私は古い35mmスライドをコピーするためにこれを使用します。 フレーム全体で素晴らしいフォーカスがあり、さまざまな絞りで解像度が失われることに気づくことはありません。 厳しいテストではありませんが、私はこれに満足しています。 2018-05-28  スーパーシャープ!非常に汎用性の高いレンズです。 このレンズは超シャープで、さまざまな状況に使用できます。 私はポートレート、製品、街角、またはもし望むならマクロにこれを使うことができます...たぶん風景にも、しかしもし広角のレンズを持っているなら もし私が多分風景にしたいのであれば、それはあなたがすでに広いレンズを所有している場合にはそれを主に使用しません。 他の誰もがレビューで言及した唯一の短所はじれったいオートフォーカス...ノイズ、それはどれくらい遅いか..ect。 しかし、それはあなたがこのレンズを買わないほどの事ではありません! フルフレームのソニーEマウントカメラを所有しているあら、これはあなたの武器に必要なものです! 2018-05-22  Sony FE 50mm F1.8よりはるかに優れています 非常に鮮明なレンズ、以前所有していたSony FE 50mm F1.8よりもはるかに優れています。 マクロ範囲ではピントが遅く、ノイズが多い。 小型でコンパクトで軽量。 2018-05-03  優れた画質、遅いオートフォーカス 優れた画像品質が得られるが、他の人が述べたように、オートフォーカスシステムは残念です。 このレンズを距離を持って使う場合は、遠方で動作するフォーカスモードに切り替え、マクロゾーンをスキップします。 マクロ撮影に使用する場合は、これがフォーカスを求めあちこち探索するのを待ち構えます、そして時々決して見つける事がありません。 このレンズの私のおもな使い道はスライドとネガをデジタルに移すことです、他の目的のための安価(少なくともソニーシステムで)で更なる特典の50mm/マクロはたぶんマニュアルフォーカスを使うつもりです。 画像の質がかなり高いので、私にとってはうまくいきます。 しかし、もしこれが毎日使う私の初めての単焦点の50mmレンズなら、このレンズのオートフォーカスに欲求不満だと思います。 2018-03-10  フレームを凍結 まだ画像で作業しています。使いやすい おすすめです。 2017-11-25  いくつかの限界付きの良いレンズ 私は私のソニーのカメラ(これを含む)に4つのマクロレンズを所有しています。 これは携帯性と品質で良い組合わせです。 多くのレビューが言及しているように、オートフォーカス機能は素晴らしいと言うほどではありません。特に暗い場所ではそうです。 フォーカスがとれた場合は、品質はかなり良いです。 このレンズについて私が気に入っているのは、 1)フルフレームで50mmです。 2)柔軟な解釈で、典型的なポートレートまたは風景ショット+マクロを実行できます。 3)フルフレームで1:1のマクロ。 クロップセンサーはもっと...クロップセンサー要因による。 4)品質はコストと構築を考慮するとかなり良いです。 5)f/2.8。これはうれしいことです、被写界深度や低照度での撮影に役立ちます(そのような照明条件での撮影時に被写界深度を望むと仮定した場合) 私が好きではないもの: 1)オートフォーカス。高速ではなく、時には不正確です。 マクロを実行する場合は、実際にあなたの被写体をモニターする必要があります。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします