Pocket

ソニーの3つのレンズブランドについての説明

image20

各ブランドは、下記の基準で設計されています。

  image22
SONY ZEISS
image23
Gレンズ
image24
G Master
定義 ZEISSとソニーの共同開発 ソニー独自の開発 ソニー独自の開発
基準 ソニーの革新技術と
ZEISSの設計基準
ソニーの革新技術と
ZEISSの設計基準
高解像度時代を見据えた
ソニーの革新的技術と
独自の最高設計技術
特徴 解像とコントラスト 解像とぼけ 静止画でも動画でも
解像とぼけを最高度に両立
  image25 image26 image27

 

image22
Zeissレンズ
■ソニーとカールツァイス

『カールツァイスのレンズを搭載したソニー初のカムコーダーは1996年に登場しました。それ以来、カールツァイスとソニーの提携は小型デジタルカメラ、カムコーダー、高品質のブリッジカメラ、ソニーαデジタル一眼レフカメラ用交換レンズにまで発展していきました。ソニーとカールツァイスはソニーのデジタルカメラ用レンズを共同開発し、そのレンズはソニーの製造拠点において、カールツァイスの技術を導入し製造されています。』 
※カールツァイス㈱のホームページより抜粋

ソニーのツァイスレンズはカールツァイスの厳しい品質規格のもとに、ソニーの製造拠点で製造されています。
※カールツァイスはドイツで創業したので、ドイツで製造していると思っている人も多い

ソニーのZeissレンズはソニーがZeissと共同開発し、製造しているレンズで(サイバーショットやカム要レンズもあります
※カールツァイス社が販売するEマウント用レンズ“Batis”“Loxia” “Touit”もある。

■カールツァイスのこだわり

『カールツァイスは抜けが良く、色再現にすぐれ空気感まで再現すると言われている。また、ボケも自然で絞りを変えてもレンズの味は変わらない。』

品質管理
ソニーの製造拠点においても品質チェックされています。ダブルシリアルと検査証です。

 image28  同梱されているレンズ検査鉦
 image29  レンズ前側もあるツァイスのシリアル
 image30  レンズ鏡筒にあるソニーのシリアル

『コントラスト』の重視
ツァイスレンズはとにかく抜けが良いです! 
※このMTF曲線を見てください!
image31
このマーク“T*”はT*(ティースター)コーティングを表しています。反射を低減しコントラストが高い抜けが良い画質を実現しています。

■カールツァイスのこだわり~コントラスト(ヌケの良さ)とは
image32

画面の中央だけでなく周辺部までコントラストが高いと、文字がはっきりし、金属の質感も出ます=『抜けがいい』

 

 

image23
Gレンズ

■ミノルタ・コニカミノルタ時代からの伝統

Gレンズの多くは、開放F値の明るいレンズとして設計されています。「明るいF値で使う」ということは『ボケ像を作画に利用する頻度が増える』こととイコールでもあります。そのためGレンズでは、単に高性能なだけでなく、綺麗なボケ像を作り出す技術力も結集してます。

ソニーのGはソニー基準の品質規格のもとに、ソニーの製造拠点で製造されています。特に解像度とボケ味に こだわった光学性能で優れた「表現力」が特徴です。

また、ソニーオリジナルの「ナノARコーティング」などの最新技術を惜しみなく投入しているのも特徴です。

 

image24
G Master レンズ

解像感ぼけの両立
今までにない映像体験を静止画も動画でも
image35
image34
image36
クラス最高レベルの解像性能を目指し、MTF50本/mmのように従来の周波数に加えより高い周波数の性能基準も設けて開発

「カメラの未来を知るソニーだからこそ創れるレンズがある」

本来両立しえない高い解像力となめらかなぼけ味を高次元で実現した かつてない映像体験を提供する最高峰交換レンズ

G Master 進化し続けるカメラボディに応える圧倒的な解像性能を追求

●ぼけ味を損なうことなく高い解像性能を発揮するXAレンズを新開発 
●MTF50本/mmという従来より高い周波数を基準とした設計・検査・調整をしています。

静止画も動画も 映像に豊かな表現を生み出す、とろけるようなぼけ味
XAレンズが0.01ミクロンの超高精度で輪線ぼけの発生を最小化
image37

美しいぼけ味の追求
左はとろけるようなボケに対し右は二線ボケになっています。
image38
超高解像大口径レンズを高速で制御するや操作性など
これなら、フォトグラファーの高い要求に応えられますね

超高度非球面レンズ 
XAレンズ=ぼけのムラ(輪線ぼけ)の低減
image39

左は通常の非球面レンズで生じる輪線ぼけ(年輪ぼけ、たまねぎぼけとも言う)
右はXAレンズで輪線ぼけを低減
image42

 

ボケを考慮したレンズ構成設計
image40

真円に近い丸いボケのための円形絞り
image41

 

G Master レンズ

image43
二線ぼけがない 
背景の枝のぼけに注目。2線ぼけが連ならないので、自然なぼけ表現となる。(SEL85F14GM)

 

Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/06/image20.jpg?fit=640%2C384https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2016/06/image20.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpレンズレンズソニーの3つのレンズブランドについての説明各ブランドは、下記の基準で設計されています。  SONY ZEISS Gレンズ G Master定義ZEISSとソニーの共同開発ソニー独自の開発ソニー独自の開発基準ソニーの革新技術と ZEISSの設計基準ソニーの革新技術と ZEISSの設計基準高解像度時代を見据えた ソニーの革新的技術と 独自の最高設計技術特徴解像とコントラスト解像とぼけ静止画でも動画でも 解像とぼけを最高度に両立   Zeissレンズ ■ソニーとカールツァイス『カールツァイスのレンズを搭載したソニー初のカムコーダーは1996年に登場しました。それ以来、カールツァイスとソニーの提携は小型デジタルカメラ、カムコーダー、高品質のブリッジカメラ、ソニーαデジタル一眼レフカメラ用交換レンズにまで発展していきました。ソニーとカールツァイスはソニーのデジタルカメラ用レンズを共同開発し、そのレンズはソニーの製造拠点において、カールツァイスの技術を導入し製造されています。』  ※カールツァイス㈱のホームページより抜粋ソニーのツァイスレンズはカールツァイスの厳しい品質規格のもとに、ソニーの製造拠点で製造されています。 ※カールツァイスはドイツで創業したので、ドイツで製造していると思っている人も多いソニーのZeissレンズはソニーがZeissと共同開発し、製造しているレンズで(サイバーショットやカム要レンズもあります ※カールツァイス社が販売するEマウント用レンズ“Batis”“Loxia” “Touit”もある。■カールツァイスのこだわり『カールツァイスは抜けが良く、色再現にすぐれ空気感まで再現すると言われている。また、ボケも自然で絞りを変えてもレンズの味は変わらない。』品質管理 ソニーの製造拠点においても品質チェックされています。ダブルシリアルと検査証です。  同梱されているレンズ検査鉦  レンズ前側もあるツァイスのシリアル  レンズ鏡筒にあるソニーのシリアル『コントラスト』の重視 ツァイスレンズはとにかく抜けが良いです!  ※このMTF曲線を見てください! このマーク“T*”はT*(ティースター)コーティングを表しています。反射を低減しコントラストが高い抜けが良い画質を実現しています。■カールツァイスのこだわり~コントラスト(ヌケの良さ)とは 画面の中央だけでなく周辺部までコントラストが高いと、文字がはっきりし、金属の質感も出ます=『抜けがいい』   Gレンズ■ミノルタ・コニカミノルタ時代からの伝統Gレンズの多くは、開放F値の明るいレンズとして設計されています。「明るいF値で使う」ということは『ボケ像を作画に利用する頻度が増える』こととイコールでもあります。そのためGレンズでは、単に高性能なだけでなく、綺麗なボケ像を作り出す技術力も結集してます。ソニーのGはソニー基準の品質規格のもとに、ソニーの製造拠点で製造されています。特に解像度とボケ味に こだわった光学性能で優れた「表現力」が特徴です。また、ソニーオリジナルの「ナノARコーティング」などの最新技術を惜しみなく投入しているのも特徴です。  G Master レンズ解像感とぼけの両立 今までにない映像体験を静止画も動画でもクラス最高レベルの解像性能を目指し、MTF50本/mmのように従来の周波数に加えより高い周波数の性能基準も設けて開発「カメラの未来を知るソニーだからこそ創れるレンズがある」本来両立しえない高い解像力となめらかなぼけ味を高次元で実現した かつてない映像体験を提供する最高峰交換レンズG Master 進化し続けるカメラボディに応える圧倒的な解像性能を追求●ぼけ味を損なうことなく高い解像性能を発揮するXAレンズを新開発 ●MTF50本/mmという従来より高い周波数を基準とした設計・検査・調整をしています。静止画も動画も 映像に豊かな表現を生み出す、とろけるようなぼけ味 XAレンズが0.01ミクロンの超高精度で輪線ぼけの発生を最小化美しいぼけ味の追求左はとろけるようなボケに対し右は二線ボケになっています。超高解像大口径レンズを高速で制御するや操作性などこれなら、フォトグラファーの高い要求に応えられますね超高度非球面レンズ XAレンズ=ぼけのムラ(輪線ぼけ)の低減左は通常の非球面レンズで生じる輪線ぼけ(年輪ぼけ、たまねぎぼけとも言う)右はXAレンズで輪線ぼけを低減 ボケを考慮したレンズ構成設計真円に近い丸いボケのための円形絞り G Master レンズ二線ぼけがない 背景の枝のぼけに注目。2線ぼけが連ならないので、自然なぼけ表現となる。(SEL85F14GM) 大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします