Pocket

ただ録るだけじゃ、もったいない。 「見る」を変えるレコーダーソニーのブルーレイで「1TB以上がオススメです」!

 

image

新型モデルは4機種発売されますがやはりトリプルチューナーの「BDZ-ET2200」か「BDZ-ET1200」がオススメ! 価格のことは考えてません\(^-^)/

「おまかせ・まる録」を知っていますか?

“好きな番組だけ”録りためてくれる便利機能なんです
キーワードを登録していれば「楽しみにしてたドラマ録り逃してガッカリ」となりません。

データベースを毎年更新し手入るため
「AKB48」で新たに「生駒里奈」や「川栄李奈」も「ジャニーズ」で新たに「嵐」や「NEWS」も録ってくれるようになりました!

 

思ったより多くの番組を録ることになります⇔大容量で多チューナーが便利!

すでにブルーレイレコーダーをお持ちの方で「買い替え、買い増し」を考える方に聞くと、
「今後欲しいと思うレコーダー」の条件の1位は「大容量」3位「多チューナー」となっています。

 

では、「外付けハードディスク」をつければ良いのではと思うでしょうが

■内蔵HDDがいっぱいになると・・・
・家族のハンディカムの映像も直接取り込みできません。
・静止画の取り込みもできません。
・おでかけ転送もできなくなってしまいます。
大きいことはいいことです

 

今回発売モデルの進化したポイントをまとめると
1)全機種「無線LAN内臓」(500G以外はすでに対応していましたが)
2)「快適視聴モード」 ”どこでも視聴”を使いやすく 画だしの読み込み時間50%短縮
3)「みんなの予約ランキング」 話題の番組が一目瞭然!
です。

 

BDZ-ET2200とBDZ-ET1200の特徴は

スマホ・タブレットで、どこでもテレビが楽しめる
image1
自宅のブルーレイディスクレコーダーにインターネット経由でアクセス。いま放送されている番組も、録りためた番組も、スマホやタブレットで離れた場所から視聴できます。外出先から録画予約することも可能です。

image2
※ お風呂で利用可能な防水端末が必要です。お使いになる端末の防水仕様および注意事項をご確認の上、ご利用ください

かしこく録って、パッと見られる
キーワードやジャンルを登録すれば、自動でどんどん録画してくれる「おまかせ・まる録」(*1)。見たいところだけがすぐに見られる「もくじでジャンプ」(*2)(*3)。これらの機能で、見たい番組を逃さず録画でき、見たいシーンだけを効率よく視聴できます。
詳しくはこちら

 

image3

 

 

らくらく操作で使いやすい
操作ガイド付きで簡単に迷わず操作できる「らくらくスタートメニュー」や、ボタンや文字が大きく押しやすい「らくらくリモコン」なので、初めての方にも簡単で安心してお使いいただけます。
詳しくはこちら

 

おまかせ・まる録
好きなタレント名やキーワード、興味のあるジャンルを登録するだけで、関連する番組を自動で録画します(*)。好きなタレントが出演していた知らなかった番組も、気がつけばハードディスクに録画されています。また、録画先に外付けハードディスクを設定すれば、よりたっぷりと録画できます。
* 番組表データが正しく受信されないと機能しません。また、候補が複数重なった場合、すべての番組が録画されるわけではありません。また、学習効果によって録画される番組や番組数は変わります。同じ機種を使用した場合も、使用状況によって学習効果は変わります

image4

重複録画を回避する「二度録り回避機能」
「おまかせ・まる録」「番組名予約」設定すると、同じ番組の同一話(再放送など)の重複録画をかしこく回避します(*)。二度録り回避設定をOFFにすることも可能です。

 

 

みんなの予約ランキング(*)【NEW】
どの番組がより多くの人に録画予約されているのか、ランキング表示します。これを見れば、いま人気の番組が一目瞭然。話題の番組の中から見たいものを選んで、パッと録画予約できます。また、番組表や番組の検索結果画面でも人気の番組にアイコンが表示されるので、予約する番組を選ぶときの参考になります。本機は無線LANを内蔵しているので、より快適にご使用いただけます。

 

image5

 

 

録りたい番組が重なっても、あきらめない!
毎週録画しているドラマと同時間帯のバラエティ番組。しかもその時間は録画予約しているサッカーがまだ放送中…。録画したい番組が重なってしまうことは日常茶飯事。家族がいればなおさらです。3つのデジタルチューナーにより、いままでならあきらめていた番組もしっかりフルハイビジョン(*)で録画できます。

image6

 

 

「おまかせ・まる録」の便利な使い方
■キーワードをコピーして、手軽に文字入力(文字入力不要)
電子番組表の番組情報からキーワードを選択コピーできます。あとは、登録ワードから選ぶだけ。1文字ずつ入力せず、手軽にキーワード入力することができます。
■外付けハードディスク(HDD)にも「おまかせ・まる録」
「おまかせ・まる録」の録画先に外付けHDDを設定できるので、たっぷり録画することができます(*)。たとえば、ジャンル「映画」を外付けHDDに自動録画すれば、映画専用外付けHDDとして楽しむことができます。

 

 

 

番組表の便利な使い方
■番組表一発予約
番組表を表示し、番組を選んだら、リモコンの「録画」ボタンを押すだけで録画予約が完了。録画予約を取り消す時も、「録画」ボタンをもう一度押すだけ。ワンボタンで簡単に操作できます。
■チャンネル別番組表
<お目当てのチャンネル(放送局)だけの番組表から、録りたい番組をパッと、録画>
番組表画面で、リモコンの「緑」ボタンを押すだけで、チャンネルごとの番組表に切り替わります。連日放送される番組を録画予約する際に便利です。
■毎週/毎日録画予約
番組予約時に、画面上の「毎週録画する」「毎日録画する」を選んでおくだけ。定期的に放送される「連続ドラマ」や「アニメ」など、見逃したくない番組の録り逃しを回避します。
■次回予約
録画した番組の次回放送を見たいと思ったとき、番組表から探さなくても、素早く簡単に録画予約できます。
■出演者名から検索して録れる「気になる検索」
録画番組の再生中や放送番組の視聴中に「この出演者の他の番組を見たい」と思ったら、その場で検索。画面に表示される出演者名などを選ぶだけで瞬時に関連する番組が表示され、素早く簡単に録画予約ができます

image7

 

 

 

その他便利な機能
■My!番組表
好きなタレントの名前や興味のあるジャンルなどを登録しておけば、関連する番組だけを集めた自分専用の番組表を自動作成(*)。見たい番組をすばやく探し出して録画予約できます。
■番組追跡録画
電子番組表(EPG)の番組放送時間が変更されたり、番組タイトルが短縮されたりした場合でも、番組名を追いかけて、しっかりと録画します。また、放送時間の変更を自動で検出し、録画の開始時刻と終了時刻を調整します。
■スポーツ延長対応
録画予約した番組の前に野球・サッカーなどの放送がある場合、電子番組表(EPG)から試合中継の延長時間を読みとって、録画時間を延長します。

 

 

もくじでジャンプ
録画リスト画面上でタイトル選択時や番組再生中に、リモコンの「もくじでジャンプ」ボタンを押すだけ。画面に番組のコーナー毎に目次が表示されます。目次を選べば、見たいコーナーをパッと見ることができます。番組内で紹介された「お店」「商品」などの情報もチェックすることができます。

 

 

みんなの視聴数(*1)(*2)【NEW】
視聴データを集計し、各番組の視聴数を表示します。視聴数順に並び替えることができるので、録画された番組の中で人気の番組から視聴していくことができます。また、本機は無線LANを内蔵しているため、より快適にご使用いただけます。
*1 本機をインターネットに接続する必要があります
*2 録画終了後約1-3時間を目安に取得し表示されます。視聴数0件の時は表示されません

 

 

臨場感のある3D映像が楽しめる
■ブルーレイ3D(TM)再生対応
ブルーレイ3D(TM)の再生に対応。3Dブラビアなどの3D対応テレビにつなげれば、迫力あるフルハイビジョンの3Dコンテンツをご家庭において楽しむことができます。
3D視聴に関する注意
◎3Dでの視聴には、3D対応テレビ(別売)とHDMIケーブル(別売)での接続、専用の3Dメガネ(別売)、ブルーレイ3D(TM)などの3Dコンテンツ(別売)が必要です
◎体調がすぐれないときは3Dの視聴はお控えください
◎視聴中に体調の変化を感じた場合は、すぐに視聴を中止してください
◎3Dの見え方には個人差があります

 

 

「TV SideView」アプリひとつで快適操作
放送中の番組や録画した番組を好きな場所で見る、録画した番組を転送して持ち出す、さらに外出先から録画予約する。「TV SideView」アプリならすべての操作をかんたんに行えます。番組表からの番組選び、録画予約にも対応しているから、いつでもどこでもリビングさながらの使いやすさでテレビ番組が楽しめます。また、見たい番組から関連番組、関連コンテンツ検索も簡単に行えます。
※ 「TV SideView」アプリでの「外からどこでも視聴」「家じゅうどこでも視聴」「ワイヤレスおでかけ転送」のご利用は有償となります。Android(TM)版は「TV SideViewプレーヤープラグイン」の購入(初回のみ:463円+税)が必要です。iOS版はアプリ内課金(初回のみ:463円+税)が必要です。詳しくはソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページをご覧ください

image10

 

 

Wi-Fi機能内蔵だからワイヤレスでかんたんネットワーク接続
Wi-Fi機能内蔵なので、別売のアダプターを接続することなくご家庭の無線LAN環境に接続可能。本機のさまざまな機能やインターネット動画がすぐに楽しめます。また、本機をネットワークに接続するための手順を、テレビ画面でわかりやすくガイド。ステップごとにイラスト付きで表示するので、有線LANでも無線LANでも悩むことなく設定が完了します。
※ ブルーレイディスクレコーダーと無線LANルーターは、有線LAN接続も可能です

 

 

外からどこでも視聴(*1)
インターネット経由で、自宅のブルーレイディスクレコーダーを遠隔操作。たとえば海外からでも録画番組や放送中の番組をハイビジョン(*2)画質で見られます。
詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください)

 

 

家じゅうどこでも視聴(*)
iPhoneやiPad、タブレット、スマートフォン、ウォークマン(R)などで、本機で録画した番組や放送中の番組を、家じゅう好きな場所で見られます。本機がBS・CSデジタル放送を受信していれば、BSアンテナのない部屋でお楽しみいただけます。外付けHDDに録画した番組も見ることができます。
詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください)
* お風呂で使用される場合は、防水端末が必要です。お使いになる端末の防水仕様および注意事項をご確認の上、ご使用ください

 

 

快適視聴モード(*1)【NEW】
ソニーなら、録画した番組をパッと再生。番組選択やシーン切替時の読みこみ時間を約50%短縮(*2)。さらに本体が録画中でも視聴可能になりました。
*1 本機で事前に「スマートフォン/タブレットPC」用におでかけ転送用動画ファイルの作成が必要です。「TV SideView」アプリにて課金なく動画視聴機能をご使用可能なXperiaTM端末をお持ちの場合、[快適視聴モード]のご使用には別途「TV SideViewプレーヤープラグイン」の購入(463円+税)が必要です
*2 当社従来機種と比較。本機の「高速転送録画」設定が初期設定値の場合。お使いになる端末、ネットワーク環境や動作状況により異なる場合があります

 

 

スマホ・タブレットで「外から録画予約」(*)
「TV SideView」アプリを使って、Xperia(TM)やiPhoneといったスマートフォンやタブレットで、外出先から録画予約ができます。「番組名予約」やレコーダーに接続されている外付けハードディスクにも録画予約などの詳細設定も可能です。
詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください)
* 本機をインターネットに常時接続しておく必要があります

 

 

ワイヤレスおでかけ転送(*1)
録画した番組をiPhoneやiPad、タブレット、スマートフォンに高速でワイヤレス転送(*1)。通勤・通学の移動時間などを活用して見たかった録画番組を楽しめます。
■1時間番組を約2分30秒で高速転送(*2)
■ワンセグの4倍(*3)高画質
■データを転送しているので、映像・音声が途切れずに視聴できる
ご使用にあたっての注意(必ずお読みください)
*1 「番組おでかけ」ボタンによるワンタッチ転送では機能しません。ワイヤレスおでかけ転送した映像は本機にもどすこと(おかえり転送)はできません
*2 「高速転送録画」を「入」にして転送機器を「スマートフォン/タブレットPC」に設定し、録画モード「QVGA384k」で録画した番組
*3 ワンセグ放送解像度(320×180)とVGA画質(640×360)の比較において

 

 

「TV SideView」で快適操作
フルリモコン対応【NEW】
本機のリモコン機能を複数の画面に分割して表示。スマートフォンやタブレットからブルーレイレコーダーの操作が可能です。

image8

レコーダー再生指示/ミニリモコン【NEW】
「TV SideView」からの番組再生指示に対応。ブルーレイディスクレコーダーを選択することで、本体にHDMI接続されたテレビで視聴できます。また、再生指示後はミニリモコンからの操作が可能になります。

 

 

「4Kテレビ」にも対応した高画質回路“CREAS 5”
「4Kテレビ」モード
かんたん機能設定や画質設定のメニュー画面で「4Kテレビ」を選んでおくだけで、自動で最適な映像に調整。『輪郭強調の抑制』『精細感の向上』を図り、鮮やかでリアルな映像を再生します。また、「液晶テレビ」などのモニターの種類に合わせて、自動調整を行います。
※ 4Kアップコンバートには対応しておりません

image9

 

 

カメラをつないで楽しむ
撮影した写真・映像を取りこむ
ハイビジョン ハンディカム(TM)やサイバーショット(TM)で撮影した映像や写真、高精細で記録した60p動画(*1)をUSBケーブル(別売)で簡単に取りこめます(*2)。ブルーレイディスクレコーダーに保存すると、過去に撮影した「イベント・思い出」を簡単に呼び出して大画面テレビでみんなで楽しむことができます。また、BD/DVDディスクに残す事ができます。
*1 USB接続による映像(AVCHD方式)や写真(JPEG/MPO形式)の取りこみは、対応したハイビジョン ハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで行えます。AVCHD、AVCHD Lite以外で撮影された映像(MPEG-2など)は、USB接続による取りこみはできません。動作確認機器については、ソニーブルーレイディスクレコーダーのサポートページをご覧ください
*2 AVCHD Ver2.0に準拠したハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで動作確認を行っています

■3D動画・静止画取りこみ(*1)(*2)
3D対応のハンディカム(TM)やサイバーショット(TM)で撮影した3D動画、3D静止画をハードディスクに取りこんで、再生や編集ができます。またブルーレイへ3Dのままダビングができます。
■60p動画取りこみ(*1)(*3)
より美しくて動きが滑らかな60pのプログレッシブ記録(PSモード)で撮影した動画もハードディスクへ取りこむことができます。大切な思い出を、さらに高精細なフルハイビジョン(*4)映像で保存できます。
■つづき取りこみ(*5)
一度取りこんだ映像・写真を自動で判別し、新たに撮影された映像・写真のみを取りこみます。
*1 AVCHD Ver2.0に準拠したハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで動作確認を行っています
*2 3D動画は、2D動画と混在させる編集はできません
*3 24p、60iのフレームレートと混在させる編集はできません
*4 解像度 1920×1080
*5 AVCHD規格に対応したHDD記録方式、メモリースティック記録方式のハイビジョンハンディカム、デジタルスチルカメラとUSB接続した場合

 

 

ワンタッチカメラ取りこみボタン

image11
ビデオカメラとレコーダーをUSB接続(レコーダー本体前面にあるUSB端子にUSBケーブルで挿してください)すれば、ハンディカムで撮影した映像をワンタッチで高速取りこみできます(*)。
* USB接続による映像(AVCHD方式)や写真(JPEG/MPO形式)の取りこみは、対応したハイビジョンハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで行えます。動作確認機器については、ソニーブルーレイディスクレコーダーのサポートページをご覧ください
■思い出ディスクダビング
自分で撮影した映像や写真をブルーレイディスクにダビングする際、オリジナルのメニューを簡単に作れます(*1)(*2)。
■カレンダービュー
撮影した映像も写真もカレンダー形式で、イベントごとに整理できます。お子様の成長記録などに最適です。
*1 HDVダビングで取りこんだタイトルをメニュー付きでブルーレイディスクに書きだすことはできません
*2 3D動画・60p動画は非対応です。3D静止画は2D表示/2D再生となります

かしこく撮ってパッとと見られる
BDZ-ET1200

image2

ソニーストア価格:64,880+税(送料無料、3年延長保障付)

⇒【BDZ-ST1200】の商品詳細・ご購入はこちら
⇒  ソニーストアでお得に買う方法(クーポンの利用)

 

関連情報

BDZ-ZT2000・ZT1000・ZW1000・ZW500に関するQ&A... 新発売のブルーレイの疑問にお答えします。 「録りたい」「見たい」番組がすぐに見つかるソニーのブルーレイ   BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500に関するQ&A Q A 対象製品 新機能・進化点は? ユー...
BDZ-ZT3500 BDZ-ZT2500 BDZ-ZT1500 BDZ-ZW1500 BDZ-ZW... BDZ-ZT3500/ZT2500/ZT1500/ZW1500/ZW550に関するQ&A       新発売BDレコーダーのQ&A Q:新BDレコーダーで新しく搭載された機能は? A: ●4Kハンディカムなどで撮影した動画の取り...
電源入れて1秒以下で高速起動BDプレーヤー... 電源を入れて1秒以下で高速起動※1できる ブルーレイディスク™(BD)プレーヤー2機種発売 電源を入れてから1秒以下で、本体を高速起動※1でき、より快適な操作を実現したブルーレイディスク™プレーヤー『BDP-S6200』、『BDP-S1200』の2機種を発売します。 上位機種『BDP-S6200』で...
ソニーの新型BD(ブルーレイレコーダー)に関するQ&A... 今度のブルーレイの特徴Q&A 新型BDレコーダーに関するQ&AQA2014年モデルのブルーレイレコーダーの特長はなんですか?スマホ・タブレットとの連携機能が強化されております。 ・全モデルWi-Fi内蔵 ・「快適視聴モード」新搭載 ・TVSideView新機能追加また、「みんなの予...
2018年5月26日発売のソニーブルーレイの特長は?「ソニーは先録」... ソニーは先録、これからは   特長① 4K高画質 Ultra HD ブルーレイ再生対応【NEW】 解像度・色域・輝度が、従来のブルーレイを大きく超えたUltra HDブルーレイ。 まるで実物が目の前にあり、実際に風景が広がっているようなリアルな視覚体験をも...
ソニー初のUltra HD ブルーレイプレーヤー発売 4K HDRの美しい映像に加え、次世代音声フォ... Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー『UBP-X800』 Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー『UBP-X800』 ソニーは、4K解像度に加え、映像本来の明るさ、コントラスト、鮮やかな色を再現するHDR(ハイダイナミックレンジ)※1信号に対応した新しい高画質メディア規格「...
4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスク™レコーダー6機種... 2018年4月23日 プレスリリース 4K Ultra HD ブルーレイ再生対応 ブルーレイディスクレコーダー6機種を新発売 最新の高画質メディア規格「4K Ultra HD ブルーレイ」の再生機能を搭載しました。 新作の連続ドラマ・アニメを最長1か月前から先行予約できる新機能「新作...
ソニーブルーレイ全4機種新発売「4Kブラビアモード」新搭載... ユーザーインターフェース全体を一新し、快適操作を追求ソニーは2016年4月30日に4機種発売予定 『BDZ-ZT2000』『BDZ-ZT1000』『BDZ-ZW1000』『BDZ-ZW500』  今度のBDは何が違うのか?録りたい番組が、すぐ見つかります【NEW】 表示できる放送...
YouTubeなどもインターネット経由で楽しめるBDプレーヤー2機種発売... ブルーレイディスクプレーヤー 『BDP-S6500』、『BDP-S1500』 6月20日に新発売 レコーダー(録画)機能はありませんよ~ (゚ー゚)(。_。)ウンウン 特徴 ・サイズが小さい BDP-S6500(255x39x192mm) BDP-S1500(230x39x...
4Kハンディカムで撮影した動画の取りこみが可能なブルーレイディスクレコーダー全5機種発売... 外付けハードディスクの利便性を高める「SeeQVault」対応などさらに機能を拡充 新製品の特長 ソニーのデジタルビデオカメラ 4Kハンディカムで撮影した動画の取りこみが可能になり、4K解像度で視聴をお楽しみいただけます。また、新たに「SeeQVault」に対応。 レコーダーに接続したS...
Pocket

https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/11/image23.jpg?fit=350%2C125https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/11/image23.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpブルーレイブルーレイただ録るだけじゃ、もったいない。 「見る」を変えるレコーダーソニーのブルーレイで「1TB以上がオススメです」!   新型モデルは4機種発売されますがやはりトリプルチューナーの「BDZ-ET2200」か「BDZ-ET1200」がオススメ! 価格のことは考えてません\(^-^)/ 「おまかせ・まる録」を知っていますか? “好きな番組だけ”録りためてくれる便利機能なんです キーワードを登録していれば「楽しみにしてたドラマ録り逃してガッカリ」となりません。 データベースを毎年更新し手入るため 「AKB48」で新たに「生駒里奈」や「川栄李奈」も「ジャニーズ」で新たに「嵐」や「NEWS」も録ってくれるようになりました!   思ったより多くの番組を録ることになります⇔大容量で多チューナーが便利! すでにブルーレイレコーダーをお持ちの方で「買い替え、買い増し」を考える方に聞くと、 「今後欲しいと思うレコーダー」の条件の1位は「大容量」3位「多チューナー」となっています。   では、「外付けハードディスク」をつければ良いのではと思うでしょうが ■内蔵HDDがいっぱいになると・・・ ・家族のハンディカムの映像も直接取り込みできません。 ・静止画の取り込みもできません。 ・おでかけ転送もできなくなってしまいます。 大きいことはいいことです   今回発売モデルの進化したポイントをまとめると 1)全機種「無線LAN内臓」(500G以外はすでに対応していましたが) 2)「快適視聴モード」 ”どこでも視聴”を使いやすく 画だしの読み込み時間50%短縮 3)「みんなの予約ランキング」 話題の番組が一目瞭然! です。   BDZ-ET2200とBDZ-ET1200の特徴は スマホ・タブレットで、どこでもテレビが楽しめる 自宅のブルーレイディスクレコーダーにインターネット経由でアクセス。いま放送されている番組も、録りためた番組も、スマホやタブレットで離れた場所から視聴できます。外出先から録画予約することも可能です。 ※ お風呂で利用可能な防水端末が必要です。お使いになる端末の防水仕様および注意事項をご確認の上、ご利用ください かしこく録って、パッと見られる キーワードやジャンルを登録すれば、自動でどんどん録画してくれる「おまかせ・まる録」(*1)。見たいところだけがすぐに見られる「もくじでジャンプ」(*2)(*3)。これらの機能で、見たい番組を逃さず録画でき、見たいシーンだけを効率よく視聴できます。 詳しくはこちら       らくらく操作で使いやすい 操作ガイド付きで簡単に迷わず操作できる「らくらくスタートメニュー」や、ボタンや文字が大きく押しやすい「らくらくリモコン」なので、初めての方にも簡単で安心してお使いいただけます。 詳しくはこちら   おまかせ・まる録 好きなタレント名やキーワード、興味のあるジャンルを登録するだけで、関連する番組を自動で録画します(*)。好きなタレントが出演していた知らなかった番組も、気がつけばハードディスクに録画されています。また、録画先に外付けハードディスクを設定すれば、よりたっぷりと録画できます。 * 番組表データが正しく受信されないと機能しません。また、候補が複数重なった場合、すべての番組が録画されるわけではありません。また、学習効果によって録画される番組や番組数は変わります。同じ機種を使用した場合も、使用状況によって学習効果は変わります 重複録画を回避する「二度録り回避機能」 「おまかせ・まる録」「番組名予約」設定すると、同じ番組の同一話(再放送など)の重複録画をかしこく回避します(*)。二度録り回避設定をOFFにすることも可能です。     みんなの予約ランキング(*)【NEW】 どの番組がより多くの人に録画予約されているのか、ランキング表示します。これを見れば、いま人気の番組が一目瞭然。話題の番組の中から見たいものを選んで、パッと録画予約できます。また、番組表や番組の検索結果画面でも人気の番組にアイコンが表示されるので、予約する番組を選ぶときの参考になります。本機は無線LANを内蔵しているので、より快適にご使用いただけます。       録りたい番組が重なっても、あきらめない! 毎週録画しているドラマと同時間帯のバラエティ番組。しかもその時間は録画予約しているサッカーがまだ放送中…。録画したい番組が重なってしまうことは日常茶飯事。家族がいればなおさらです。3つのデジタルチューナーにより、いままでならあきらめていた番組もしっかりフルハイビジョン(*)で録画できます。     「おまかせ・まる録」の便利な使い方 ■キーワードをコピーして、手軽に文字入力(文字入力不要) 電子番組表の番組情報からキーワードを選択コピーできます。あとは、登録ワードから選ぶだけ。1文字ずつ入力せず、手軽にキーワード入力することができます。 ■外付けハードディスク(HDD)にも「おまかせ・まる録」 「おまかせ・まる録」の録画先に外付けHDDを設定できるので、たっぷり録画することができます(*)。たとえば、ジャンル「映画」を外付けHDDに自動録画すれば、映画専用外付けHDDとして楽しむことができます。       番組表の便利な使い方 ■番組表一発予約 番組表を表示し、番組を選んだら、リモコンの「録画」ボタンを押すだけで録画予約が完了。録画予約を取り消す時も、「録画」ボタンをもう一度押すだけ。ワンボタンで簡単に操作できます。 ■チャンネル別番組表 <お目当てのチャンネル(放送局)だけの番組表から、録りたい番組をパッと、録画> 番組表画面で、リモコンの「緑」ボタンを押すだけで、チャンネルごとの番組表に切り替わります。連日放送される番組を録画予約する際に便利です。 ■毎週/毎日録画予約 番組予約時に、画面上の「毎週録画する」「毎日録画する」を選んでおくだけ。定期的に放送される「連続ドラマ」や「アニメ」など、見逃したくない番組の録り逃しを回避します。 ■次回予約 録画した番組の次回放送を見たいと思ったとき、番組表から探さなくても、素早く簡単に録画予約できます。 ■出演者名から検索して録れる「気になる検索」 録画番組の再生中や放送番組の視聴中に「この出演者の他の番組を見たい」と思ったら、その場で検索。画面に表示される出演者名などを選ぶだけで瞬時に関連する番組が表示され、素早く簡単に録画予約ができます       その他便利な機能 ■My!番組表 好きなタレントの名前や興味のあるジャンルなどを登録しておけば、関連する番組だけを集めた自分専用の番組表を自動作成(*)。見たい番組をすばやく探し出して録画予約できます。 ■番組追跡録画 電子番組表(EPG)の番組放送時間が変更されたり、番組タイトルが短縮されたりした場合でも、番組名を追いかけて、しっかりと録画します。また、放送時間の変更を自動で検出し、録画の開始時刻と終了時刻を調整します。 ■スポーツ延長対応 録画予約した番組の前に野球・サッカーなどの放送がある場合、電子番組表(EPG)から試合中継の延長時間を読みとって、録画時間を延長します。     もくじでジャンプ 録画リスト画面上でタイトル選択時や番組再生中に、リモコンの「もくじでジャンプ」ボタンを押すだけ。画面に番組のコーナー毎に目次が表示されます。目次を選べば、見たいコーナーをパッと見ることができます。番組内で紹介された「お店」「商品」などの情報もチェックすることができます。     みんなの視聴数(*1)(*2)【NEW】 視聴データを集計し、各番組の視聴数を表示します。視聴数順に並び替えることができるので、録画された番組の中で人気の番組から視聴していくことができます。また、本機は無線LANを内蔵しているため、より快適にご使用いただけます。 *1 本機をインターネットに接続する必要があります *2 録画終了後約1-3時間を目安に取得し表示されます。視聴数0件の時は表示されません     臨場感のある3D映像が楽しめる ■ブルーレイ3D(TM)再生対応 ブルーレイ3D(TM)の再生に対応。3Dブラビアなどの3D対応テレビにつなげれば、迫力あるフルハイビジョンの3Dコンテンツをご家庭において楽しむことができます。 3D視聴に関する注意 ◎3Dでの視聴には、3D対応テレビ(別売)とHDMIケーブル(別売)での接続、専用の3Dメガネ(別売)、ブルーレイ3D(TM)などの3Dコンテンツ(別売)が必要です ◎体調がすぐれないときは3Dの視聴はお控えください ◎視聴中に体調の変化を感じた場合は、すぐに視聴を中止してください ◎3Dの見え方には個人差があります     「TV SideView」アプリひとつで快適操作 放送中の番組や録画した番組を好きな場所で見る、録画した番組を転送して持ち出す、さらに外出先から録画予約する。「TV SideView」アプリならすべての操作をかんたんに行えます。番組表からの番組選び、録画予約にも対応しているから、いつでもどこでもリビングさながらの使いやすさでテレビ番組が楽しめます。また、見たい番組から関連番組、関連コンテンツ検索も簡単に行えます。 ※ 「TV SideView」アプリでの「外からどこでも視聴」「家じゅうどこでも視聴」「ワイヤレスおでかけ転送」のご利用は有償となります。Android(TM)版は「TV SideViewプレーヤープラグイン」の購入(初回のみ:463円+税)が必要です。iOS版はアプリ内課金(初回のみ:463円+税)が必要です。詳しくはソニーブルーレイディスクレコーダーサポートページをご覧ください     Wi-Fi機能内蔵だからワイヤレスでかんたんネットワーク接続 Wi-Fi機能内蔵なので、別売のアダプターを接続することなくご家庭の無線LAN環境に接続可能。本機のさまざまな機能やインターネット動画がすぐに楽しめます。また、本機をネットワークに接続するための手順を、テレビ画面でわかりやすくガイド。ステップごとにイラスト付きで表示するので、有線LANでも無線LANでも悩むことなく設定が完了します。 ※ ブルーレイディスクレコーダーと無線LANルーターは、有線LAN接続も可能です     外からどこでも視聴(*1) インターネット経由で、自宅のブルーレイディスクレコーダーを遠隔操作。たとえば海外からでも録画番組や放送中の番組をハイビジョン(*2)画質で見られます。 詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください)     家じゅうどこでも視聴(*) iPhoneやiPad、タブレット、スマートフォン、ウォークマン(R)などで、本機で録画した番組や放送中の番組を、家じゅう好きな場所で見られます。本機がBS・CSデジタル放送を受信していれば、BSアンテナのない部屋でお楽しみいただけます。外付けHDDに録画した番組も見ることができます。 詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください) * お風呂で使用される場合は、防水端末が必要です。お使いになる端末の防水仕様および注意事項をご確認の上、ご使用ください     快適視聴モード(*1)【NEW】 ソニーなら、録画した番組をパッと再生。番組選択やシーン切替時の読みこみ時間を約50%短縮(*2)。さらに本体が録画中でも視聴可能になりました。 *1 本機で事前に「スマートフォン/タブレットPC」用におでかけ転送用動画ファイルの作成が必要です。「TV SideView」アプリにて課金なく動画視聴機能をご使用可能なXperiaTM端末をお持ちの場合、のご使用には別途「TV SideViewプレーヤープラグイン」の購入(463円+税)が必要です *2 当社従来機種と比較。本機の「高速転送録画」設定が初期設定値の場合。お使いになる端末、ネットワーク環境や動作状況により異なる場合があります     スマホ・タブレットで「外から録画予約」(*) 「TV SideView」アプリを使って、Xperia(TM)やiPhoneといったスマートフォンやタブレットで、外出先から録画予約ができます。「番組名予約」やレコーダーに接続されている外付けハードディスクにも録画予約などの詳細設定も可能です。 詳しくはこちらご使用にあたっての注意(必ずお読みください) * 本機をインターネットに常時接続しておく必要があります     ワイヤレスおでかけ転送(*1) 録画した番組をiPhoneやiPad、タブレット、スマートフォンに高速でワイヤレス転送(*1)。通勤・通学の移動時間などを活用して見たかった録画番組を楽しめます。 ■1時間番組を約2分30秒で高速転送(*2) ■ワンセグの4倍(*3)高画質 ■データを転送しているので、映像・音声が途切れずに視聴できる ご使用にあたっての注意(必ずお読みください) *1 「番組おでかけ」ボタンによるワンタッチ転送では機能しません。ワイヤレスおでかけ転送した映像は本機にもどすこと(おかえり転送)はできません *2 「高速転送録画」を「入」にして転送機器を「スマートフォン/タブレットPC」に設定し、録画モード「QVGA384k」で録画した番組 *3 ワンセグ放送解像度(320×180)とVGA画質(640×360)の比較において     「TV SideView」で快適操作 フルリモコン対応【NEW】 本機のリモコン機能を複数の画面に分割して表示。スマートフォンやタブレットからブルーレイレコーダーの操作が可能です。 レコーダー再生指示/ミニリモコン【NEW】 「TV SideView」からの番組再生指示に対応。ブルーレイディスクレコーダーを選択することで、本体にHDMI接続されたテレビで視聴できます。また、再生指示後はミニリモコンからの操作が可能になります。     「4Kテレビ」にも対応した高画質回路“CREAS 5” 「4Kテレビ」モード かんたん機能設定や画質設定のメニュー画面で「4Kテレビ」を選んでおくだけで、自動で最適な映像に調整。『輪郭強調の抑制』『精細感の向上』を図り、鮮やかでリアルな映像を再生します。また、「液晶テレビ」などのモニターの種類に合わせて、自動調整を行います。 ※ 4Kアップコンバートには対応しておりません     カメラをつないで楽しむ 撮影した写真・映像を取りこむ ハイビジョン ハンディカム(TM)やサイバーショット(TM)で撮影した映像や写真、高精細で記録した60p動画(*1)をUSBケーブル(別売)で簡単に取りこめます(*2)。ブルーレイディスクレコーダーに保存すると、過去に撮影した「イベント・思い出」を簡単に呼び出して大画面テレビでみんなで楽しむことができます。また、BD/DVDディスクに残す事ができます。 *1 USB接続による映像(AVCHD方式)や写真(JPEG/MPO形式)の取りこみは、対応したハイビジョン ハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで行えます。AVCHD、AVCHD Lite以外で撮影された映像(MPEG-2など)は、USB接続による取りこみはできません。動作確認機器については、ソニーブルーレイディスクレコーダーのサポートページをご覧ください *2 AVCHD Ver2.0に準拠したハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで動作確認を行っています ■3D動画・静止画取りこみ(*1)(*2) 3D対応のハンディカム(TM)やサイバーショット(TM)で撮影した3D動画、3D静止画をハードディスクに取りこんで、再生や編集ができます。またブルーレイへ3Dのままダビングができます。 ■60p動画取りこみ(*1)(*3) より美しくて動きが滑らかな60pのプログレッシブ記録(PSモード)で撮影した動画もハードディスクへ取りこむことができます。大切な思い出を、さらに高精細なフルハイビジョン(*4)映像で保存できます。 ■つづき取りこみ(*5) 一度取りこんだ映像・写真を自動で判別し、新たに撮影された映像・写真のみを取りこみます。 *1 AVCHD Ver2.0に準拠したハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで動作確認を行っています *2 3D動画は、2D動画と混在させる編集はできません *3 24p、60iのフレームレートと混在させる編集はできません *4 解像度 1920×1080 *5 AVCHD規格に対応したHDD記録方式、メモリースティック記録方式のハイビジョンハンディカム、デジタルスチルカメラとUSB接続した場合     ワンタッチカメラ取りこみボタン ビデオカメラとレコーダーをUSB接続(レコーダー本体前面にあるUSB端子にUSBケーブルで挿してください)すれば、ハンディカムで撮影した映像をワンタッチで高速取りこみできます(*)。 * USB接続による映像(AVCHD方式)や写真(JPEG/MPO形式)の取りこみは、対応したハイビジョンハンディカム(TM)、サイバーショット(TM)、αで行えます。動作確認機器については、ソニーブルーレイディスクレコーダーのサポートページをご覧ください ■思い出ディスクダビング 自分で撮影した映像や写真をブルーレイディスクにダビングする際、オリジナルのメニューを簡単に作れます(*1)(*2)。 ■カレンダービュー 撮影した映像も写真もカレンダー形式で、イベントごとに整理できます。お子様の成長記録などに最適です。 *1 HDVダビングで取りこんだタイトルをメニュー付きでブルーレイディスクに書きだすことはできません *2 3D動画・60p動画は非対応です。3D静止画は2D表示/2D再生となります かしこく撮ってパッとと見られる BDZ-ET1200 ソニーストア価格:64,880+税(送料無料、3年延長保障付) ⇒【BDZ-ST1200】の商品詳細・ご購入はこちら ⇒  ソニーストアでお得に買う方法(クーポンの利用)  大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします