Pocket

『α9』、『α7R III』、『α7 III』のソフトウェアアップデート

ソニーは、一眼カメラ『α9』の大幅なソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を実施します。
このアップグレードは、カメラの本質的価値・性能であるオートフォーカス(AF)や画質の進化と、操作性の向上と撮影をサポートする機能を追加します。
特にAFにおいては、「AI」による物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、空間情報と被写体の瞳の位置情報を並行して高速に検出することで、動く被写体を高精度に認識し追尾し続ける「リアルタイムトラッキング」を新たに搭載します。
また、「リアルタイム瞳AF」は、高速・高精度・高追従性をさらに追求し、動物対応(Ver. 6.0)をはじめとしたプロフェッショナルからの多様な要求に応えます。
加えて、『α7R III』、『α7 III』には、「リアルタイム瞳AF」の動物対応を含むソフトウェアアップデートを提供します。

 

「リアルタイムトラッキング」
「AI」による物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けます。
特に被写体が人物や動物の場合は、「AI」により瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識します。静止画・動画ともに対応します。

さらに強化したリアルタイム瞳AFの進化
AF-C(コンティニュアスAFモード)時もシャッターボタンを半押しするだけで、瞬時に被写体の瞳を検出し続け、高精度に追従します。
フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択したり、「右目/左目切替機能」でカスタムボタンを押すたびに左右を切り替える設定も可能です。
さらに、リアルタイム瞳AFは一部の動物にも対応予定(Ver.6.0)です。
これにより、野生動物やペットの瞳も高速・高精度に検出し、追従可能です。

像面位相差AFの精度向上と活用領域の拡大
像面位相差検出AFセンサーの活用領域を拡げ、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大。
屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上した他、スローシャッター時の絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせます。

精度・速度・追従の安定性が向上した動画撮影時のAF
位相差検出システムをより効果的に活用することにより、AFの精度・速度が向上。被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができます。

タッチ操作によるフォーカス操作の進化
新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能にも対応。

 

名称 提供開始
『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.5.0) 3月頃予定
『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.6.0) 夏頃予定
『α7R III』、『α7 III』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.3.0) 4月頃予定
モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」(Ver.7.0) 3月頃予定
モバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」(Ver.1.0)
PCアプリケーション 「Remote」「Viewer」「Edit」アップデート(Ver.1.4) 1月末予定

※ 提供時期の詳細は、決定次第ソニー商品情報サイトにてご案内予定です。

 

関連情報

ソニー 一眼カメラ(APS-C)3選 「子供撮るならこれだ!!」... 子供さんの成長の中で、その瞬間はたった一度しかありません。 後悔のないカメラ選びを! 初めてレンズ交換のできる高画質の一眼カメラを考えたとき満足できる機種を決めるのに何を基準に選びますか? 「使いやすさ」「大きさ・重さ」「画質・写りのよさ」「価格」などではないでしょうか? 一方、被...
高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル『α7Ⅲ』(ILCE-7M3)新発... 2018年2月27日 プレスリリース ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7 III』を発売します。 2018年3月2日10時、先行予約販売開始 商品詳細および予約ページはこちら フルサイズミラーレスベーシックモデル『α7Ⅲ』 35m...
気軽に「芸術の秋」を楽しもう!絵になる紅葉スポット10選... 紅葉の紅葉を満喫しませんか? 今年は写真で、「芸術の秋」を楽しんでみませんか。絵になる紅葉スポットの紹介をはじめ、お持ちのサイバーショットでキレイに撮れる紅葉撮影術などの記事をお届けします。ぜひご覧いただき、素敵な秋をお過ごしください。 ...
ソニー一眼カメラ アルファAマウント SLT-A58... 新型アルファ58(SLT-A58) 作品づくりも、思い出づくりも、この一眼からはじめよう。有効約2010万画素、デジタル一眼カメラ オートフォーカスファインダーをのぞいて見ます「すばやくピントが合いました」  ※アイスタートAFをONにしておく必要があります このカメラはファインダーを覗く...
使ってみると、やっぱりコレか!! アルファ7Ⅱ... 使ってみると、やっぱりコレか!! アルファ7Ⅱ 35mmフルサイズセンサー、5軸手ブレ補正(ボディ内です)、グリップがより持ちやすい ボディ内の5軸手ブレ補正のおかげで使用レンズの範囲が広がります。 ボディを持って振るとセンサーが動きます(手ブレ補正のためで...
「余分の2ストップがあるので..」「カモン!ソニー!」α7Sm2(α7s2)のレビュー...   圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジ、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正 ソニーデジタル一眼カメラ α7SⅡ ボディ ILCE-7SM2 高感度・広いダイナミックレンジを実現、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ  ...
「29分59秒のタイムアウトは上手く克服できます」α6300のレビュー(評価)... 進化した4Dフォーカスで、最高の一瞬を逃さない。デジタル一眼カメラ「α6300」 最高の一瞬を捉えるために、“4Dフォーカス”システムがさらに進化。世界最速(*1)0.05秒の高速レスポンスを実現。さらに、世界最多(*2)となる425点像面位相差AFセンサーを採用し、画面のほぼ全域をより高密度...
「ついに完璧なカメラを手に入れた」α7R III(ILCE-7RM3)海外のレビュー(評価)【更新】... 高解像4240万画素、最高10コマ/秒連写、高速・高精度AFを約657gアルファ7RⅢ アルファ7R III 42.4MPフルフレームミラーレス交換レンズカメラ 革新的な画像処理能力と効率の進化により、a7R IIIは高解像度42.4 MPのバックライトを備えたExmor R C...
α7、α7R FAQ集小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答...  小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答 35mmフルサイズ"Exmor"CMOSセンサーを採用。ソニー独自の最先端プロセス技術で圧倒的な高解像度と高感度、低ノイズを実現しました。 「α7R」と「α7」の違いはなに? 今回それぞれのモデルのターゲットユー...
「α7S」は特別な人が特別なシーンを撮るためだけの カメラではない!...  「α7S」は、これまでにない超高感度撮影を 可能にした画期的なカメラですが、それは 特別な人が特別なシーンを撮るためだけの カメラということではありません!たとえば 旅先で遭遇した満天の星空を、感動のまま残す 難しい設定不要で劇的な瞬間も!高ISO低ノイズを活かした高速シャッターで! これまで目を...
Pocket

https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2019/01/image-3.gif?fit=640%2C348https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2019/01/image-3.gif?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラプレス発表一眼カメラソニーは、一眼カメラ『α9』の大幅なソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を実施します。 このアップグレードは、カメラの本質的価値・性能であるオートフォーカス(AF)や画質の進化と、操作性の向上と撮影をサポートする機能を追加します。 特にAFにおいては、「AI」による物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、空間情報と被写体の瞳の位置情報を並行して高速に検出することで、動く被写体を高精度に認識し追尾し続ける「リアルタイムトラッキング」を新たに搭載します。 また、「リアルタイム瞳AF」は、高速・高精度・高追従性をさらに追求し、動物対応(Ver. 6.0)をはじめとしたプロフェッショナルからの多様な要求に応えます。 加えて、『α7R III』、『α7 III』には、「リアルタイム瞳AF」の動物対応を含むソフトウェアアップデートを提供します。   「リアルタイムトラッキング」 「AI」による物体認識を含む最新のアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続けます。 特に被写体が人物や動物の場合は、「AI」により瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識します。静止画・動画ともに対応します。 さらに強化したリアルタイム瞳AFの進化 AF-C(コンティニュアスAFモード)時もシャッターボタンを半押しするだけで、瞬時に被写体の瞳を検出し続け、高精度に追従します。 フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択したり、「右目/左目切替機能」でカスタムボタンを押すたびに左右を切り替える設定も可能です。 さらに、リアルタイム瞳AFは一部の動物にも対応予定(Ver.6.0)です。 これにより、野生動物やペットの瞳も高速・高精度に検出し、追従可能です。 像面位相差AFの精度向上と活用領域の拡大 像面位相差検出AFセンサーの活用領域を拡げ、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大。 屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上した他、スローシャッター時の絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせます。 精度・速度・追従の安定性が向上した動画撮影時のAF 位相差検出システムをより効果的に活用することにより、AFの精度・速度が向上。被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができます。 タッチ操作によるフォーカス操作の進化 新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能にも対応。   名称 提供開始 『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.5.0) 3月頃予定 『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.6.0) 夏頃予定 『α7R III』、『α7 III』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.3.0) 4月頃予定 モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」(Ver.7.0) 3月頃予定 モバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」(Ver.1.0) PCアプリケーション 「Remote」「Viewer」「Edit」アップデート(Ver.1.4) 1月末予定 ※ 提供時期の詳細は、決定次第ソニー商品情報サイトにてご案内予定です。  大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします