Pocket

商品名 型名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格
4K HDRホームシアター
プロジェクター
『VPL-VW855』 ブラック 11月17日 3,000,000円+税
『VPL-VW555』 ブラック、プレミアムホワイト 10月20日 オープン価格
『VPL-VW255』

3機種は、ともに18Gbpsの高速伝送が可能で、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応※4の入力端子を2系統装備しており、4K放送や4K配信の様々なコンテンツをお楽しみいただけます。
さらに、最大120コマまで映像のコマ数を補完して動きを滑らかに表現する4K「モーションフロー」に対応し、スポーツなど動きの速い映像も、より滑らかに映し出します。加えて、HDRコンテンツの再生時には、制作時の表現に近い階調処理に補正をすることで、暗部・明部をより豊かに表現します。

プレスリリース
ソニーストアプロジェクターページ

関連情報

ソニー、4Kの高画質ホームシアタープロジェクターなど3機種を発売... ソニーはホームシアタープロジェクターの新商品ESシリーズとして高画質な映像を家庭で楽しめるホームシアタープロジェクター3機種を発売します。 シアタールーム向け上位機種『VPL-VW515』およびリビングシアター向けベーシックモデル『VPL-VW315』では、小型ながらネイティブ4K(4,096x2,...
最大120インチ 高精細な大画面 ソニー4K超短焦点プロジェクター『LSPX-A1』新発売... 2018年3月13日 プレスリリース 壁際に置くだけで、高精細な大画面映像と透明感のある音が、いつもの空間を変える 壁際に置くだけで高精細な大画面映像と透明感ある音がいつもの生活空間を変える、4K超短焦点プロジェクター 『LSPX-A1』を発売。 人工大理石の天面やアルミフレーム、木製棚な...
家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 プロジェクター2機種発売... ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR∗対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売し...
ポケットに入るモバイルプロジェクター『MP-CD1』新発売... 約5秒で起動。ビジネスシーンで活用できる、手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター   持ち運びに適したスリム&コンパクト設計 幅83.0×厚さ16.0×高さ150.0(mm)のコンパクト設計。携帯しやすく、手軽に画像を投写できます。また、バッテリー内蔵で、小型ながらも効率的な放熱...
XperiaTM Touchを、いち早く体験しませんか ?... 4月21日より先行展示開始 映像に触れる新感覚を、いち早く体験できます Xperia Touchは、壁やテーブルに投写したコンテンツを見るだけでなく、スクリーンに触れて操作することができます。例えば、テーブルに投写してゲームをしたり、リビングルームの壁で大画面の動画を見ることができます。 ...
“大画面”の新しい提案。省スペースで4K大画面投写が可能な超短焦点4K HDRプロジェクター誕生... 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター 4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター 『VPL-VZ1000』 メーカー希望小売価格:2,200,000円 + 税 発売日:4月22日 ソニーは壁際の至近距離から100インチ、最大120インチの4K HDR映像を投写し、迫力あ...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/10/image20181002.jpg?fit=692%2C223https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/10/image20181002.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpプレス発表プロジェクタープロジェクター商品名 型名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 4K HDRホームシアター プロジェクター 『VPL-VW855』 ブラック 11月17日 3,000,000円+税 『VPL-VW555』 ブラック、プレミアムホワイト 10月20日 オープン価格 『VPL-VW255』 3機種は、ともに18Gbpsの高速伝送が可能で、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応※4の入力端子を2系統装備しており、4K放送や4K配信の様々なコンテンツをお楽しみいただけます。 さらに、最大120コマまで映像のコマ数を補完して動きを滑らかに表現する4K「モーションフロー」に対応し、スポーツなど動きの速い映像も、より滑らかに映し出します。加えて、HDRコンテンツの再生時には、制作時の表現に近い階調処理に補正をすることで、暗部・明部をより豊かに表現します。 プレスリリース ソニーストアプロジェクターページ大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします