Pocket

ブラビア「X9000F」シリーズとスペシャルマッチング。
「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。
前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間をお楽しめます。

 

海外のみなさんのレビュー


2018年5月14日現在
このページのレビューの翻訳です 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 さまざまな面でパフォーマンスが低い―悪くはないが期待したパフォーマンス/価値ではない

私はこのキットに対して2つの主要な比較をしています。 
 ソニーのHT-XT1  2.1チャンネルTVベーススピーカー 、サブウーファーを内蔵していて私の寝室に数年来持っていて気に入っています、そしてデノンのホームシアターシステムのレシーバーとAmazonはBoseの提供のセンターとサラウンド、Martin Logan(スピーカーを制作しているアメリカの会社)のフロントと左のフロントスピーカーと右のフロントスピーカー。

私はこのキットがソニーHT-XT1の上のステップであり、完全に圧倒するもう一方のスピーカーシステム(HT-Z9F?)の下のクラスであると思っていました。
一部の人々はスペースを持たず、7 +やケーブルとは対照的に、2つのコンポーネントだけのシンプルさを評価しています。
私はこのキットが別のコンポーネントのホームシアターシステムよりも優れているとは思っていません。

私が期待していなかったのは、まさにHT-XT1を、このセットよりも好きなことです。
これは大きなな別置きのサブウーファーを持っています。
だから最初から気に入らないものに殺伐とした気持ちになり、それから私が好きだったものを終えます。

メインのサウンドバーは非常に円錐形で方向性があります、たとえ「Vertical S」をオンにしても、「Vertical S」をオンにするとペーパータオルチューブを下げるようなサラウンドの音
「Voice」を上げると、助けになりますが…
ブルートゥースの音楽にすると「Voice」は上がったまま、あなたが音楽に切り替えるたびにダウンしなければならない。
です。サブウーファーのクロスオーバー調整はないようですが、それはダサイです、それが必要です。それは適度な量でさえも最低レベルです。
サウンドバーは決して、決して起こらないはずの “デモ”プログラムでさえ、適度な音量でさえも最低レベルです。それは完璧に微調整されるべきです。
ウッドフロアの一つのスライドとサブウーファーのミシン目/剥離

それで、良い所はないのですか? いくつかのことがあります!

セットアップが簡単、差し込むと接続する、
サブウーファーが自動でペアリング接続する、ペアにする作業がない、サブウーファーに混乱させるボタンがない
非常に簡単で理解しやすい
両方のコンポーネントが素晴らしく、高級に見える

再生にはかなり良いアコースティック・ミュージックの あなたは、HDMIまたは光学オーディオ出力を持っている場合、PCのための良い専用ユニットを作ることができます
それは標準的なテレビのスピーカーよりも明確な改善です。

要約すると、すでにテレビのスピーカーを超えて何らかの種類のシステムがあり、それにかなり満足しているとすれば、このキットが具体的に改善されるかどうかはわかりません。
それはそうかもしれないし、そうでないかもしれない。私はより小さいユニット、ソニーHT – XT1好みます。

あなたがテレビから6〜9フィート以上離れていたり、大きな/オープンのリビングルームの場合、このユニットはおそらくあなたのためのものではありません。 2018-05-13


 高品質、簡単なセットアップ

このサウンドバー/サブウーファーは私の格安サウンドバー(サブウーファーなし)を置き換えました。
サウンドの大きな違い、クールなローエンドの振動とサブとの効果音。
ファミリールームのフラットスクリーンには、はっきりとしたクリアなサウンドがあります。
接続はとても簡単で、Bluetoothサブは自動的にリンクされました。
高価ですが、それは長持ちするでしょう。
リモートコントロールは、話、映画、音楽に基づいてサウンドプロファイルを切り替えるのに最適です。
また、あなたのipadやスマートフォンからサウンドバーで音楽を再生するためにブルートゥースを使用することができます。気に入っています。 2018-05-01


 素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ

私たちはこれを10分以内に設定しました。
このバーは非常に小さく、5年前に購入したサウンドバーの約3分の1のサイズです。
これには、サウンドバーの最新かつ最高の機能Atmos / DTS:xがあります。
スピーカーとサウンドバーだけで、フロント、サイド、上、後ろから来る音でサラウンドサウンドのタイプの感覚を得ることができます。
映画、音楽、ゲーム、ニュース、スポーツの5つのサウンドモードがあります。
大音量でも音質ははっきりとしています。私はオープンフロアプラン(間仕切りがない間取りの部屋)ファミリールームで使用しています。
私は、以前のモデルが、落雷で壊れてしまったことに感謝しています。
私は、これをサージ保護装置に差し込んでいます。評価5つ星 = 気に入った。 2018-04-30


 私はデフォルトの設定にほとんど不当な悪い評価を与えました

私はデフォルトの設定にほとんど不当な悪い評価を与えました。
あなたがそこ以上読む前に..以下略、サウンドが悪いと言い放つ前に、様々な設定(映画、音楽など)を試してみてください。

OK、レビューに。
セットアップは非常に簡単です。単にサウンドバーを電源に接続し、HDMI(HDMI-ARCを備えた新しいテレビ)または私のケースでは、光オーディオケーブルをテレビからサウンドバーに接続してください。
光オーディオケーブルは含まれていませんが、一部の市場で2日または同じ日に入手できる6ドルのamazonベーシック(amazonのプライベートブランド)があります。
ワイヤレスサブは電源に接続され、自動的に接続されます。

一度接続すれば、テレビを起動するだけで動作します。これは、一部の人々が困難になる場所です。私のようにオプティカルオーディオケーブルを設定した場合、バーの音量は音量やテレビの音量とは異なります。ソニーのリモコンを使用してください。;)

最後に、デフォルト設定は音質がかなり悪いです。
私がここに来て、貧しい人のレビューでそれを爆破する準備ができていたほど、悪いです。
濁った音、超弱い低音。
しかし、リモートにはいくつかのオーディオ設定があります。映画館、音楽、ゲーム、ニュースなど。
映画館モードでは、ネットフリックス(動画配信サービス)は今やいい感じ。
音楽モードでは、ブルートゥースで接続されてspotify(音楽のストリーミング配信サービス)ラップは今はかなりリラックスすることが出来ます。

さて、私の専用ホームシアターシステムと同じくらい音質は良いですか?
全く違います、私はこれに サイズ、電力、コストが大きくなることは期待していません。
システムの大きさと目立たない性質のために非常に良いのです。
これは、テレビの内蔵スピーカーと数千ドルのホームシアターのセットアップの間のギャップうまく埋める本当に良いシステムです。 2018-04-28


 サムソンの60型の素晴らしいオーディオ強化

非常に素晴らしいシステム。私はこれを私の60インチのサムスンに接続するのはとても簡単でした、しかし私は何年もテクニカル機器を組み込んでいるので自信を持っているかもしれません、ちょっと技術的に欠けている人にとっては、より多くの経験や信頼のある友人とテクニカルガイドを使ってください。

このシステムの何が好きなのかと言うと:

すでに話した組み込みの容易さです。

テレビのスピーカーよりも優れています!!!! 

そしてARC HDMIポート!!! 

まず、テレビあなたのHDMIポートに
HDMI ARC、またはARC、またはARC HDMI、またはARCを備えた(数字)があるかどうか表示を確認してください。
HDMI ARC対応テレビをお持ちの場合は、これは素晴らしい増設です、テレビのHDMIポートに複数の周辺機器が接続されている場合は特にそうです。

ARCで、これまでにあなたが接続したポートに2方向の情報を許可します。
これは、ソニーなどのサウンドシステムにとっては本当に良いニュースです。
これは、あなたがテレビのHDMIポートに接続するものがサウンドバーとサブウーファーの恩恵を受けられるからです。
したがって、テレビにはHDMIポートが1つしかなくても、他の周辺機器、ブルーレイプレーヤー、Amazon Fire Stick、DVレコーダーなど、あなたの周辺機器用すべて HDMIに接続すると、サウンドがSonyサウンドバーから出力されます。

私はすべてのHDMIポートがいっぱいだったので、テレビのHDMI ARCポートからブルーレイを外し、HDMIケーブル(ソニーがSoundbarシステムに同梱)をTVのHDMI ARCポートに接続し、そのケーブルのもう一方の端をTVと表示されたSoundbar HDMIポートに差し込みました。
私はブルーレイプレーヤーをサウンドバーの他の空のHDMIポートに接続しました。

それは簡単でした。
私はソニーが提供しているHDMIケーブルをアップグレードしました。
と言うのは私は神経質なので、たぶん接続が金メッキだと音が違う、かおそらくそうではないかも、私は注意を払うのが好きです。

サウンド選択にはいくつかの異なるオプションがあります。私は映画の音を選んだ。
私は他も試した。
サブウーファーが自動的にサウンドバーに接続しても問題はありませんでした。
すぐに始まった
近くの隣人がいないので、私は音量を上げた。かなり良いサウンドで、サウンドバーとサブウーファーを備えた他のスピーカーシステムを追加しました。

周辺機器がテレビを通っているためにサウンドバーをドッキングしたのは、ボーカルがブルーレイプレーヤーをサウンドバーHDMIポートに直接行くものほど明確で正確ではないということです。
以前は違いが気付かなかったですが、私は構成で遊び続けるつもりです
これまでの違いを気にすることはありませんでしたが、コンポーネントと一緒に遊んで、より良い音を得ることができないかどうかを見ます。

私はいくつかの映画を見ていたし、スター・トレック、スター・ウォーズ、人の声の大部分を見逃さないアクションなので、私は特にミュージカル中にボーカルの透明性の低下に気づいた 。
私はElton John TributeのDV録画を見て、The Greatest Showmanのストリームビデオを見ました。

私はサウンドバーを組み込む前にテレビのオーディオを微調整していました、しかし、もう一度、回して得られるか見ることができます。
音楽演奏中に異なるサウンドバーの設定を試し、テレビのオーディオを変更することもできます。

ほとんどの人は違いを気付かないかもしれませんが、私は音楽の訓練を受けていますので、これらの矛盾が聞こえます。

ただ一応、心しておいて、サウンドバーはかなり軽く、さらに頑丈ですが、サブウーファーは重いです。あなたが背中の問題を抱えている場合は、ちょうど家の中でこの物を手に入れて、箱なしでセットアップしてください。
私はただサブウーファーを置く、テレビプラットフォームのすぐ横にそれを置きました。
おそらく近い将来にテレビとサウンドバーをマウントするだろうが、今のところ。
それらはオークキャビネットに染みがあります。

簡単で簡単なセットアップ手順。
テレビにその機能がある場合は、HDMI ARCを使用することを忘れないでください。
そして、あなたがテレビをオンにすると、サウンドシステムを起動してください。私のサムスンはアップグレードされ、テレビをオンにすると、サウンドバー、そしてこれまでに選択した周辺機器が起動し、わずか数秒後にオンになります。

私は、テレビの電源を入れたときにサウンドバーが起動するのに若干の遅延があることを発見しました。
たった1秒ぐらいですので、それはいいですね。
私は今日 使ったすべての部分について覚えています、おそらくその中に小さな「コンピュータ」があり、「起動」する時間がかかります。

また、Soundbarメニューが表示され、テレビやHDMI を選択することに問題はありませんでした。
私は他のサウンドバーのセットアップが問題を抱えていたことは知っていますが、これまでのところこのシステムは”とても簡単”セットアップ、使える!

音楽のボーカルの明瞭さのための星を落としました、そして、ファームウェアのアップグレードをするためには、それらのファームウェアのアップグレードのための十分なストレージが可能な独自のUSBフラッシュメモリをインストールする必要があります。
そのサウンドバーには、ファームウェアをアップグレードするための16GBで少しは容量があり、十分なスペースがあります。ちょうどそれが腹立たしいと言っています。

あなたに素敵なサウンドバーシステムとサブウーファーがないなら、このシステムは素晴らしい映画やドキュメンタリーにもっと豊かなそリスニング体験をさせてくれるでしょう。 2018-04-23


 X9000Fはあなたのテレビのスピーカーより良い

Sony X9000Fは、優れたパフォーマンス2.1サウンドバーです。
このユニットには、HDMI入力/出力、光入力、アナログ入力、Bluetoothを搭載した薄型のサウンドバーが搭載されています。
サウンドバーに加えて、自動的にサウンドバーに接続するワイヤレスサブウーファーも含まれています。
セットアップは、付属のクイックスタートガイドを使用して非常に簡単でした。
このユニットにはHDMIケーブルが付属しているため、ほとんどのユーザーは追加のケーブルを購入する必要はありません。
テレビの下に私のサウンドバーを取り付けることにしましたが、少し時間がかかりましたが、付属の壁掛けテンプレートを使用して、私はすぐに稼働していました。

今、音質のために。私は当初、2つのスピーカーしか持っていないので、このユニットからの音は普通だと思っていましたが、何とかソニーの上のマジシャンはこれらの2つのスピーカーを使用し、音場は非常に広く(垂直音のオプションをオンにすると高くなります)、話し声とサウンドトラックの両方が透明になります。
このサウンドバーは、最近発売されているテレビのスピーカーよりもはるかに優れています。
フルサラウンドサウンドシステムを導入できない、または実装できない場合は、これが最適です。 2018-04-19


 すごい!

うわー!私はこれが大好き!
私は長年にわたりサウンドバーを手に入れようと考えていて、最も安いものからより高価なものまであらゆる種類のものを見てきました。
私は正直に言うと、このことは素晴らしいです。
私のテレビにはHDMI ARCが搭載されていないので、デジタルオーディオケーブルを購入しなければなりませんでしたが、それを適切なスロットに差し込んで、ケーブルボックスからHDMIをテレビに接続せずに、ソニーが提供するHDMIケーブルを使用してサウンドバーをテレビに接続しました。
画面には、私は自動設定が必要かどうか尋ねられました。私はイエス言っていました、そしてジャジャーン、私は素晴らしい響きの音を手に入れました。
それは、おそらく7.1サウンドをシミュレートしていて、実際には部屋を満たしていますが、オーディオシステムを7つのスピーカーに置き換わるとは言えません…しかし、スリムなサウンドバー  プラス 適切なサイズのサブウーファー、私は昨夜、スターウォーズのエピソード7を見て、妻と私は感動させられました!強くお勧めします。 2018-04-17


 セットアップに問題があり、レビューをアップデート…

更新:OK、私は他のことを試してきて、重大なものを発見しました。
私は光ケーブルを使用しています(デジタルで指示で推奨されています)、何年も前のサウンドバーでうまく動作しています。しかし、このすべてを切り離すと、テレビの後ろに多量の埃がありました。(LOL)

光ケーブルの先端を丁寧にきれいにして、やや音質を改善しました。
私がまだ感動するほどではないですが、間違いなくそれを改善しました。
したがって、ある種の危うくする入力―光ケーブルの埃や新しいサウンドバーの光入力の中に、ホコリが入った可能性があります。

私は、入力を別の方法に変更しようとしています、そしてこれを持っていいるべきサウンドかどうかを見ていきます。
今のところ、それはまだ豊かで満ちてはいない、スターウォーズを見るのは受け入れられるものですが、以前にしていた安価なサウンドバーに比べ価格プレミアムには値しません。
今私は4つの星にアップグレードするつもりです。
しかし私はこれが5つ星のシステムだとは思っていません。
私の古いシステムに比べて音質が格段に向上していない限り、これ迄のところ、それが起こっているのを見ていません。
私が間違っていて、それがそのレベルに達すると、私は再び更新します。

あなたが私が持っていた問題を経験しているなら、これが幾人かの人にとって非常に役立つと思う、あなたの光ケーブルにほこりや問題がないかどうかを必ず確認してください。
私は実際に違いを生み出すことは期待していませんでした。しかし、それは…

したがって、これらの問題が発生している場合は、光ケーブルに埃や異物がないかどうかチェックしてください。

——————————– オリジナルのレビュー —————- ——– 

私はここで途方に暮れてのものです。
私は問題があるかどうか、あるいはこれがひどいサウンドバーであるかどうかは判断できません。だから、私はソニーからこの曲をもっと聞くまで、3つ星で行くつもりです。

要約すると – 私はこれを良い音にすることはできません。それは非常にくすんで薄く、豊かではありません。サブウーファーは機能していますが、元気のない音です。

まず、私の “資格”で始めましょう。私はホームシアター好きです。私たちは120インチのプロジェクターを備えたホームシアターと、非常に素敵なソニーのサウンドシステムを備えたサラウンドサウンドシステムを持っています。
フル・サラウンド・サウンドのフラットスクリーン・テレビもあります。
これは私の寝室にあり、サラウンドのために事前に配線がありますが、手を抜いて52インチのサムスンのフラットスクリーンにサウンドバーに行きました。
これは古いモデルです。テレビをアップグレードした時の、家族の部屋から “おさがり”のものです。それでも、数年前から一流のSamsung LEDであり、完璧に機能しています。

私たちはサブウーファーを備えたVIZIOサウンドバーを持っていました。
正直言って、それは素晴らしかったし、1つの忌々しいこと以外はうまくいていました。
リモコンがひどかった。それは力がなく、ベッドから出て部屋を横切って歩き、音量を変えることになった。とても忌々しい。

そこでソニーのいいサウンドバーを手に入れる機会が訪れたとき、チャンスを取った。
私はこれをあらゆる点でVIZIOユニットを圧倒することを完全に期待していました。

たった今、それは及びもしません。

セットアップから始めましょう。とても忌々しい。私は、古いサウンドバーをテレビの光出力経由でセットアップしました。
テレビは古いので、それはARC HDMIがないので、テレビを通してそれを実行しません。
私はテレビのオーディオをサウンドバーに送り、リモコンを使ってサウンドバーの音量を上下させ、サブウーファーを上下に回して低音を調整します。
それは素晴らしく、VIZIOはとても良く響きました。8/10 COSTCOで数百ドルの費用がかかりました。

Sony X9000Fはこのように動作しなければなりませんが、これまでのところ私は運がありませんでした。
セットアップにテレビを使う必要はないと思っていたが、うまくいかなかった。
私はゲームシステムの1つを切り離して、テレビのオンスクリーンディスプレイを得ることを余儀なくされました。
私はanynet +(サムソン製品用 リモ コ ン で制御で き る よ う にする機能)でいくつかの魔法をやりました、そして動作するように見えた、私はすべてを調整することができました。
私はイコライザー調整を見ていませんでした。
CINEMA、STD、SPORTS、GAMING、NEWSをボタンで選択するだけです、実際CINEMAとSTDだけが私にはまともです。

それらのどれも、豊かさや低音を持っていません。
サブウーファーは働いていますが、私はそれを感じて聞くことができますが、弱いです。そして、それはまったくミッドレンジを満たしていません。
非常に安っぽいまたは薄っぺらい音で、あちこちでのゴツンという音を除きミッドレンジやローエンドはなし。

私は何かがセットアップに間違っていることを願っていますが、もともと私はただ簡単なセットアップを選んだだけで、すべて準備ができていて、それは私が手に入れたものだと言います。
私は他の人がこれについて何を言うのか見るのは非常に興味があります。
本当にこの価格帯でSONYブランドのシステムが素晴らしいシステムであると予想していましたが、今は私の頭を引っ掻いています。
もし私がそれを考え出せないならば、私はこれの評価を低くします。もしそれを整理できれば、私は戻って星の評価を上げます。
しかし、今はとても失望しています。私は本当に、私の古い、安価なvizioサウンドバーとスポットを交換することができる/より良い音でちょうど良いものを選ぶことができると思った。
しかし、今はそうなっていません。 2018-04-14


 素晴らしいサウンド、簡単なセットアップ。このワイヤレスサブウーファーとブルトゥースの機能が大好き

ワイヤレスサブウーファーを備えたこのソニーのサウンドバーは、接続が非常に簡単で、音が良く、内蔵テレビのスピーカーに比べて大幅な改善で、また外部サブウーファーにないBoseのサウンドバーに比べて大幅な改善が見られました。
あなたがそれをオンするとサブウーファーは自動的にペアになります、そして、テレビ、映画、または音楽に実際に素晴らしい低音を追加します。
あなたはリモコンを使ってサブレベルを調整することができます。
私はそれがただ大きかったと思っていましたが、それはうまくいっていて、映画やテレビでは目立っていました。

Bluetooth機能は優れており、Bluetooth対応のテレビやその他のオーディオソースにワイヤレスで接続することができます。
このサウンドバーをテレビに接続していても、最近の携帯電話にはBluetoothが搭載されており、音楽やその他のものを聴くのに最適です。
このようなサウンドバーの大きな長所の1つは、テレビがオフになっているときに音楽を聴くのに適していることです。

7.1サラウンドサウンドシステムをエミュレートするはずの “垂直サウンド”機能は、特定の映画やテレビではうまく機能しますが、音楽にはお勧めできません。
幸いにも、リモコンには「音楽」プリセットと専用の「垂直型」プリセットがあります。必要に応じて前後に切り替えるのが簡単です。
リモコンにはNews、Sports、もちろんGameのための他のリセットオーディオモードもあり、PS4や他のビデオゲームシステムで動作するように設計されています。
これらは基本的にイコライザ設定であり、かなり良い働きをします。
古い映画の中にはシネマモードでは動作しないものもあるので、かなり良い結果を得た音楽モードを映画のために使用することができます。

サウンドバーには3つの入力端子(2つのHDMIとBluetooth)があり、同時にテレビと他の1つのHDMI機器に接続することができます。

私はこのレビューであまり技術的ではないようにしました。
全体として、セットアップと使用は非常に簡単で、音質は良いです。
サウンドバー自体は質の高いコーティングされた金属で作られているようだが、サブウーファーは見た目がいいが、ワイヤレスなので見えないところに置くことが出来ます。ただし、コンセントに接続する必要があります。
サブボックスのヒントの1つは、低音が壁から共鳴するため、壁や、特にコーナーに近づけると、得られる低音のレスポンスが多くなります。部屋の真ん中やソファーのそばにサブを置くと、それはかなり静かになります。
だから、さまざまに事をやっても低音のレスポンスが悪いと感じたら、コーナーに置いてみてください。
あなたは座っている場所に応じて最良の結果を得るためにボックスの向きを変えて試してみることもできます。 2018-04-13


 効果的なサラウンド、いろんな接続オプション

このサウンドバーは長年使ってきた古いZvox 550を置き換わります。
ズバリ要点を言うと、これは以前私が満足していたサウンドバーよりもはるかに優れています。
ヴォーカルはクリスタルクリアであり、ベースは誇張されることなくしっかりしています。
セットアップは これ以上は簡単にならないでしょう。
私は無線サブウーファーを含めてすべてを接続していました。
ケーブルの接続は背面に凹みです。壁にサウンドバーを掛けるための穴と付属の型紙があります。
2つのマニュアルが含まれています – よく整理されたクイックセットアップガイドと、完全なマニュアルです。
それは厚く見えますが、それは単に複数の言語で印刷されているからです。
サウンドバーのいくつかの機能(HDMIの利点ようなもの)はすぐには分かりませんので、検討する価値があります。

サウンドバーは、複数の入力―HDMI、Optical、Bluetooth、Analogのをサポートしています。
この順序で、HDMIが最初の選択です – それはあなたがセットアップのためにスピーカーからオーバーレイを与えるでしょう。
また、より多くの制御オプションを提供するHDMI ARCもサポートしていますが、HDMI ARCをサポートするテレビが必要です。
このように接続するには、ソース(DVRなど)用のHDMI入力ジャックとテレビに接続する出力ジャックがあります。
唯一の欠点は、HDMIデバイスが1つしかサポートされていないため、複数ある場合は選択する必要があるかもしれないことです。HDMIケーブルが付属しています。

多くの人にとって、光学は十分に良いものになるでしょう。お使いのテレビがHDMI to Opticalパススルー(最新のHDTVセットで対応)をサポートしている場合、テレビに接続されているHDMI機器からのオーディオがルーティングされます。
Zvoxを使うと、私のテレビのリモコンでオーディオの音量をコントロールできます。ソニーでは、代わりにリモコンを使用する必要があります。

スピーカーは小さなスピーカーを通して効果的に7.1サラウンドをシミュレートできます。リスニングエリアを埋める「Vertical Surround」を奨励し、うまく機能する3次元サウンドを提供します。
ゲームではうまくいきます―ウーファーは爆発などでうまく効いてきます。リモコンは、それがサポートする様々なサウンドモードのための個別のボタンが含まれています。
それは良い演奏の音楽も聞こえあす。

このサウンドバーは、私が長年使ってきたZvox 550よりも優れたオーダーです。
サウンドは、風通しの良い、透明なフルトーンです。それは以前のサウンドバーより幅広いですが、それほど深くはありません(Zvoxには一体型で別のサブウーファーはありません)。
それは控えめな外観をしており、表示ランプのジャマがありません。それは全体的に非常に良いです。 2018-04-13


 良い音

私はサブウーファーを使わないサウンドバーからこれにトレードアップしました。
別のサブウーファーをもったこれを適度なレベルでこれを聞くと、より自然なサウンドレンジを持っています。
私は轟くような低音を探していません、つまらないサウンドです。
ソニーのサウンドは、幅広い間隔で中音と高音のスピーカーを別々のキャビネットに設置した場合と比べて、まだ妥協案ですが、フォームファクタが許す範囲内でうまく機能します。

あなたのシステムにひどいスピーカーがある場合や、より古いサウンド設定の空間で混乱を処理できないなら、このバーは問題ありません。
また、Dolby Atmosを使ったいくつかのイメージング機能により、天井からの音をバウンスしてオーバーヘッドスピーカーの効果を模倣することができます。
私はその機能を備えたBlu-rayプレーヤーを持っていないし、それを使ってエンコードされたディスクもないのでコメントできませんが読んだものからうまく行くようです。 2018-04-12


 セットアップが簡単で素晴らしいサウンドです!

これは、少しのスペースであなたに大いに多くの音を与えます。
それはセットアップするのも簡単です。私はBluetoothを介して私のサムスンのテレビに接続したので、そこからテレビに行くケーブルはありません、私は数分でセットアップしまた。
サブウーファーに何かを配線する必要はなく、サウンドバー自体(HDMIまたは光ケーブル)を接続するための他のオプションもあります。
もともとモノラルで録音された古いショーを見ても、私たちに素晴らしい音を提供しました。
サウンドバーの設定を選択することができます(映画に最高、音声に最高、音楽に最適)または、自分が行っていることに最も適したものを自動的に選択させることができます。
非常に直感的で、ほとんどスペースを必要としません。
リモコンからすべてをコントロールする。別のリモコンを追加するのは嫌いですが、私たちが受け取るサウンドでアップグレードする価値はあります。
部屋の周りにたくさんのスピーカーを接続する必要がないなら、これは良いサラウンドサウンドを感じる素晴らしい方法です。 2018-04-12


 簡単セットアップ。優れた音質。プラウアンドプレイのサブウーファー。クイックスタートガイドに従ってください。それは素晴らしいです。

1週間の使用後、私は元のレビューを変更しています。
私はこのソニー・サウンド・バーとソノス(アメリカの家電機器メーカー)・プレイバーとの比較を提供しています。
それぞれの価格帯が、各システムの潜在的なバイヤーに関心を持つほど類似していると私は考えています。

私はソニーサウンドバーを優れたプレーヤーと評価しています。

1.私のダイレクトTVのリモコン、サムスンのリモコンは、サウンドバーの音量を調節します。それはまたそれをオフにします。ペアリングは必要ありませんでした。
2.上記のリモコンはどちらもオンにしますが、HDMIリンク用にソニーのリモコンが必要なので、テレビをオンにするときはソニーのリモコンを使用する必要があります。リモコンを紛失した場合に備えて、サウンドバーにも簡単にアクセスできるボタンがあります。テレビの電源がオンになったら、ニュース、ダイアログ、音楽の音声などのオプション機能を変更しない限り、ソニーのリモコンは必要ありません。
3. Bluetoothは簡単です。リモコンを使用してBluetooth機能を有効にします。

ソノスプレイバー対ソニーサウンドバー。

テレビのみの使用。

Sonosの価格は700ドルで、サブウーファーはありません。サブウーファーは価格を倍増させます。
ソニーにはワイヤレスサブウーファーがあります。その結果、ソニーはテレビのサウンドバーとして優れています。
私はSonosを6ヶ月前に単体で購入しました。
Sonos Playerを購入するだけなら、価値はありません。
マルチルームのSonosシステムを導入しようとする人向けならSonosの価値があります。
先月、別の部屋にSonos のを追加しました。
Sonosソフトウェアは優れています。1年前に読んだコメントに、Sonos Playbarは350ドル、Sonosソフトウェアは350ドルの価値があることに完全に同意します。ソフトウェアは使用するのが楽しいです。

両方ともクリアな音声です。

TV使用の勝者。大差でソニー・サウンド・バー。

音楽での使用。

それぞれが非常に異なるので、明確な勝者はありません。

Sonos Playbarはインターネット経由で接続されています。
それはブルートゥースを持っていません。それは大きなマイナスです。
ただし、常にオンになっており、他のデバイスには依存しません。携帯、IPad、または他のデバイスをSonosのリモートとして使用します。偉大なアプリで、非常に簡単です。
あなたは他のすべてのデバイスをシャットオフすることができ、Sonosは一日中一晩中再生されます。あなたは新しい選択するためにあなたの携帯電話のリモートが必要になります。
Sonosの音楽サービスを変更するのはとても簡単です。音楽がオンになったら、Alexaに音量を増減させるか、音楽を止めるように指示します。AlexaはSonos に組み込まれています。別の部屋にSonos Playbarの隣にEcho Dotがあります。それは無線接続です。あなただけ音楽を再生するためにどの部屋アレクサのいずれかを伝える。

ソニーサウンドバーは、Bluetoothを持っています。それは非常に便利です。それはまた、サブウーファーを持っています。
優れた音楽品質。

Sonos Playbarはソニーのサウンドバーと競合しません。サブウーファーは付属していません。完全な本格的なSonosシステムは2000ドル以上の費用がかかり、素晴らしいだろう。それは私の予算を超えています。

私は両方のSonosデバイスが価値ある基準で本当に好きですが、ソニーサウンドバーをでしょう。
付属のサブウーファーはその違いを生み出します。ブルートゥースはまた、いくつかの曲を再生するために、より便利です。

最後のメモ

私たちはソニーのスタイリングを好む。それを小型のSonos Playbarと考えてください。
それはSonos Playbarよりも長いですが、間違いなくミニチュアな外観です。
実際の長さは37インチです。壁に取り付けるためのテンプレートが用意されていますが、取り付け金具はありません。

重要なコメント

ケーブルボックスからのHDMI接続を使用して、サウンドバーを介してテレビに戻ります。
ストリーミングデバイスは、テレビのスピーカーからのみオーディオを提供しています。私はストリーミングデバイスのサウンドバーを通してオーディオを得るために光ケーブルを接続する必要があると思います。それはうまくいくはずです。

また、私は今、私のプロモーションが終わるとダイレクトTVからダイレクトテレビに行くことを考えています。
最新のAppleとRoku ストリーミング製品メーカー)のデバイスにはHDMIが搭載されているので、ケーブルボックスを取り外した後、HDMIをSoundbar経由で直接接続することができます。
ストリーミングデバイスは、単にケーブルボックスを置き換えます。これにより、OTAステーションはテレビのスピーカーからのみオーディオを提供されます。
それのために光学的な接続が必要です。何か忘れてますか?  2018-04-10

 

ソニー商品詳細ページ

HT-X9000Fブラビア「X9000F」シリーズとスペシャルマッチング。「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー
HT-X9000F
ソニーストア価格:59,880円+税
(2018年5月12日現在)
『HT-X9000F』商品詳細情報

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「HT-X9000F」には現在「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。

 

 

関連情報

ハンディカムキャッシュバックキャンペーン 応募者全員最大1万円キャッシュバック... キャンペーン期間 2018年4月20日(金)~2018年6月3日(日) ハンディカムキャッシュバックキャンペーン 応募者全員最大1万円キャッシュバック   10,000円キャッシュバック対象モデル 3,000円キャッシュバック対象モデル 詳しくはこちら &nbs...
家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 プロジェクター2機種発売... ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR∗対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売し...
「これなら良いんじゃないか?」バーチャルサラウンド技術で天井環境に依存せず立体的なサラウンド音場を、... 2018年5月8日 プレスリリース 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X®に対応 臨場感あふれる3次元の立体音響をフロントスピーカーだけで実現するサウンドバー2機種を発売   立体音響技術「Dolby Atmos®」に対応したフラッグシップ機『HT...
「ワイヤレス、これなら簡単に設置できる」5.1chホームシアター4Kにも対応... 『HT-RT5』あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレス5.1chシステム(10月中旬発売予定)付属品:ワイヤレスリモコン(RMT-AH111J)、光デジタル音声コード(1.5m)、音場測定用マイク×1、AVマウス×1、単4形乾電池×2、壁掛けブラケット×2、ネジ×2このホームシアターは本...
9月9日(2017年)発売予定 液晶テレビ「KJ-32W500E」「KJ-24W450E」... 液晶テレビ2機種 新発売 使い勝手も充実させた、かんたんプライベートモデル  写真はKJ-32W500E 映像に自然な精細感をもたらす高画質技術を搭載。 さらに、外付けハードディスク(別売)を接続するだけで便利に録画・再生 自然な色合いで、ノイズの少ない映像を再現する高画質技術「クリアレゾ...
ソニー サウンドバー HT-MT300/HT-MT500の疑問にお答えします... スリム&コンパクトのサウンドバーHT-MT500とHT-MT300のQ&A  Q  A HT-MT300/HT-MT500の共通の特長は? HT-MT300 HT-MT500 設置性の高いスリム&コンパクトなサイズと、インテリアに調和するデザイン。 バースピー...
「今まで聞いたことのない最高の最高の」ソニー SRS-XB41 ポータブルワイヤレス ブルートゥース... 圧倒的な重低音と大音圧 Φ約58mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載しサイズを超えた大音圧と圧倒的な重低音を実現。また、低音を強化する「EXTRA BASS」モードを搭載。サイズを超えた重低音を楽しめます。   海外のみなさんのレビュー 2018年5月16日現...
ウォークマンSシリーズ「NW-S315」「NW-313」9月9日(2017年)発売... 新型ウォークマンSシリーズ先行予約受付中!! 家でも外でも、大好きな音楽をいい音で手軽に楽しめる Sシリーズなら、どこでも手軽にいい音で音楽を楽しめます。例えば外出先の電車の中。周囲の騒音をカットする「デジタルノイズキャンセリング機能」(*1)により、周りの騒音を気にすることなく大好きな音楽...
あなたのパソコンがテレビに!まずは体験版をお試しください:2017年4月14日ストアメール... 2017年4月14日ストアメール   パソコンとテレビ機器をつないで、家じゅう好きなところからテレビ番組の視聴・録画を楽しむ。番組を持ち出す。テレビライフを、もっと楽しく自由に。 PC TV Plus アップデート版(ver.3.3)提供開始。...
ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」 注文が殺到しため、突然長期品切れ... ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」突然長期品切れ(2018年3月9日) 3/4(日)TV番組(アメトークSP 家電芸人)にてウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」が取り上げられた影響で注文が殺到しため、突然長期品切れとなりました。 ウエアラブルネックスピーカー「S...
Pocket

https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image-1.jpg?fit=626%2C290https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image-1.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpスピーカーホームシアター今週のおすすめスピーカー,ホームシアター,今週のおすすめ従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。 前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間をお楽しめます。   海外のみなさんのレビュー 2018年5月14日現在 このページのレビューの翻訳です  レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  さまざまな面でパフォーマンスが低い―悪くはないが期待したパフォーマンス/価値ではない 私はこのキットに対して2つの主要な比較をしています。   ソニーのHT-XT1  2.1チャンネルTVベーススピーカー 、サブウーファーを内蔵していて私の寝室に数年来持っていて気に入っています、そしてデノンのホームシアターシステムのレシーバーとAmazonはBoseの提供のセンターとサラウンド、Martin Logan(スピーカーを制作しているアメリカの会社)のフロントと左のフロントスピーカーと右のフロントスピーカー。 私はこのキットがソニーHT-XT1の上のステップであり、完全に圧倒するもう一方のスピーカーシステム(HT-Z9F?)の下のクラスであると思っていました。 一部の人々はスペースを持たず、7 +やケーブルとは対照的に、2つのコンポーネントだけのシンプルさを評価しています。 私はこのキットが別のコンポーネントのホームシアターシステムよりも優れているとは思っていません。 私が期待していなかったのは、まさにHT-XT1を、このセットよりも好きなことです。 これは大きなな別置きのサブウーファーを持っています。 だから最初から気に入らないものに殺伐とした気持ちになり、それから私が好きだったものを終えます。 メインのサウンドバーは非常に円錐形で方向性があります、たとえ「Vertical S」をオンにしても、「Vertical S」をオンにするとペーパータオルチューブを下げるようなサラウンドの音 「Voice」を上げると、助けになりますが... ブルートゥースの音楽にすると「Voice」は上がったまま、あなたが音楽に切り替えるたびにダウンしなければならない。 です。サブウーファーのクロスオーバー調整はないようですが、それはダサイです、それが必要です。それは適度な量でさえも最低レベルです。 サウンドバーは決して、決して起こらないはずの 'デモ'プログラムでさえ、適度な音量でさえも最低レベルです。それは完璧に微調整されるべきです。 ウッドフロアの一つのスライドとサブウーファーのミシン目/剥離 それで、良い所はないのですか? いくつかのことがあります! セットアップが簡単、差し込むと接続する、 サブウーファーが自動でペアリング接続する、ペアにする作業がない、サブウーファーに混乱させるボタンがない 非常に簡単で理解しやすい 両方のコンポーネントが素晴らしく、高級に見える 再生にはかなり良いアコースティック・ミュージックの あなたは、HDMIまたは光学オーディオ出力を持っている場合、PCのための良い専用ユニットを作ることができます それは標準的なテレビのスピーカーよりも明確な改善です。 要約すると、すでにテレビのスピーカーを超えて何らかの種類のシステムがあり、それにかなり満足しているとすれば、このキットが具体的に改善されるかどうかはわかりません。 それはそうかもしれないし、そうでないかもしれない。私はより小さいユニット、ソニーHT - XT1好みます。 あなたがテレビから6〜9フィート以上離れていたり、大きな/オープンのリビングルームの場合、このユニットはおそらくあなたのためのものではありません。 2018-05-13  高品質、簡単なセットアップ このサウンドバー/サブウーファーは私の格安サウンドバー(サブウーファーなし)を置き換えました。 サウンドの大きな違い、クールなローエンドの振動とサブとの効果音。 ファミリールームのフラットスクリーンには、はっきりとしたクリアなサウンドがあります。 接続はとても簡単で、Bluetoothサブは自動的にリンクされました。 高価ですが、それは長持ちするでしょう。 リモートコントロールは、話、映画、音楽に基づいてサウンドプロファイルを切り替えるのに最適です。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします

新着情報


2018年5月21日
NEW! 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3冠を達成

2018年5月18日
NEW! 新しいリスニングスタイルを提案するヘッドセット2モデルを発売

2018年5月16日
NEW! 「Wow!素晴らしいサウンド」ソニー SRS-XB3 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年5月12日
「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)

2018年5月9日
「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fのレビュー(評価)

2018年5月8日
「これなら良いんじゃないか?」バーチャルサラウンド技術で天井環境に依存せず立体的なサラウンド音場を、別売の専用リアスピーカーも

2018年5月8日
新型4Kブラビア全14機種「AIアシスタントサービスに対応予定」リモコンに話しかけ録画番組、インターネット動画、ニュースなどを確認

2018年4月25日
「今まで聞いたことのない最高の最高の」ソニー SRS-XB41 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年4月24日
海辺でも使える高い耐久性と重低音を実現したEXTRA BASS™シリーズワイヤレススピーカー発売

2018年4月24日
4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスク™レコーダー6機種