Pocket

「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応
3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで体感できる、ハイレゾモデル

海外のみなさんのレビュー


2018年5月18日現在
このページのレビューの翻訳です 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 幻のドアベルで迎えに行かされた、素晴らしいサウンド、さまざまな異なるモード、ハイエンドシステムほど高価ではない

まずこのレビューは4.5星でなければなりません。それを表現する方法はありません。
それを5にすることについて検討しましたが、彼らは1箇所カットしました、私は気に入らずセットアップに影響を与えました。
つまり、入出力配列は2つ(HDMIの)と出力1つです。
入力は私が一番気にしていたものです。
ある種のマルチプレクサ(複数の信号を受け、それらを選択し出力する装置?)でこれを修正できるかもしれませんが、今は切り替えを行う必要があります、そしてROKU(米国で第1位のTVストリーミング)ストリーマーよりBlu Rayプレーヤーを使用したいのであれば、もっと苦労します。

そうは言うものの、これはサウンドの優れたシステムです。
ソニーは、VINE review(amazonの先取りプログラムで商品モニターのようなものでレビューする必要がある)のためにリアスピーカーを追加した、それは粋な計らいです。
私はそれらをつないで簡単なセットアップを実行した時、自動で接続せれたので手動で対処する必要はありませんでした。
セットアップのグラフィックは、リアスピーカーとサブウーファーの両方が接続されていることを示しました。
リモコンからサブウーファーとリアスピーカーの音量を独立してコントロールできました(左右ではなく、リアグループまたはサブウーファーグループです)

これは想像以上にセットアップがはるかに簡単でした。
私はLG OLED 65インチのフラットスクリーンの3Dではないテレビを持っていて、背面のHDMI入力の1つにARCというラベルが付いていたので、私は運が良かったと思います。
これにより、光接続に頼らずにHDMI経由でハイレゾのサウンドを接続することができます。
このスピーカーバーにはHDMIケーブルが含まれていましたが、光ケーブルはありませんでした、過去にLGで光ケーブルの設定に問題があったので、ARCとラベルされていることに気づく前に少し心配でした、しかし必要ありませんでした。
2つのARC端子を付属のHDMIケーブルに接続し、ケーブルボックスと私のROKUを2つのスピーカーバー入力に接続しました。
簡単なセットアップで、サウンドモードと機能のテストを開始しました。

私は最高級のBluetoothイヤホンのセットを持っています、それは素晴らしくつながりました、もちろんつながった事ではなくサウンドのことですが、しかし簡単つながることを知って良かったです。
WIFIをセットアップするときは簡単でした、セットアップモードで、それは簡単で、単にローカルネットワークを示しただけで、自分のサブネットを選択し、一組のネットワークを実行、サブネットはそこにあるので、最終的には、私のルーターは時代遅れの傾向で、他のすべてのデバイスのパスワードを変更するのが嫌なので、私はただ新しいルータにサブネットを接続する必要があるだけで、それはうまく行きます。
Bluetoothでの他のやり方、私はラップトップに接続し、スピーカーシステムを通じてオンラインコンテンツをストリーミングすることができました。
数年前、Bluetoothは分析の仕様が劣っていましたが、今日はますます良くなっています。そのため、音質は優れています。

私は日本のアニメをたくさん見ます、それが理由で、Amazonのプライムをと同じく、良いアニメストリーミングサービスとサポートするため、ROKUを主要なデバイスとして使用しています。

アマゾンは独自のアニメストリーミングサービスを開始しようとしが失敗し、彼らがそれを放棄した時、契約されたアニメ番組の一部をプライムに転載したので、それらは現在はプライムサービスで無料で、同様にROKUを介して動作します。
郵便配達員は私に多くのパッケージを配達し、普通はドアベルを鳴らします、UPS(アメリカの運送会社)は午後9時にも納品することができ、彼らもまたベルを鳴らします。
昨日はサラウンドモードでアニメを見ていて、ドアベルを聞いたときに起き上がって部屋を横切って前ドアを開けました、しかし そこには何もなく誰もいませんでした。
私は椅子に戻ってアニメの見逃した分を巻き戻しました、その時に再びドアベルを聞きました、私はほとんど立ち上がりかけましたが、約1分ほど巻き戻すことに決めました。
案の定、アニメシリーズの中のドアベルは、ドアの近くの私の左にあったように空間的に位置づけられていました。
以前 2.1システムでビデオゲームを経験したことがあります、しかしLG独自のサウンドシステムを使用で、通常はそのような現実的な空間効果を感じることはありません(間隔をあける、または距離を感じる配置付けは、特別でない)。

時には、いくつかのストリーミングされたシリーズまたは再生されたDVDに聴覚同期に関する問題があります。
タイミングを少しずつ変更ができるこの機能があります。
それは現在のプログラミングでは同期していたので、私はそれを使って同期を解除しました。
私は声が遅れているのをビデオの口の動きに見ることで分かりました。潜在的に役立つ機能です。
この特定のサウンドシステムは、競争へのソニーの答えだと思う、彼らは非常に高価なシステムを持って、非常に良いにもかかわらず、他のハイエンドのサウンドバーと同じくらい高価なものではありません。
ここに、我々は最新の技術をサポートし、スーパープレミアム価格なしで素晴らしいサウンドの優れた5.1システムを手に入れます。
私の年齢では、聞いていないハイエンドのものがあることは分かっていますが、7.1、7.2、9.1や他の配列は過剰なものであり、多くの価値を追加せずにコストを追加するだけです。
これははるかに最高のサウンドシステムです、私は時代遅れですがKlipsch(音響機器メーカー)やBoston Acoustic(音響機器メーカー)のシステムを持っていました、しかし、まだ非常に良いです。

このシステムは非常に魅力的です。バーの上部には手動のコントロールがあります、ただし背面のハードワイヤードネットワーク接続とUSB入力は使用しません。
それは壁取り付け金具が付属していますが、私は写真(説明図?)のように設置しました。
私は、最初に、低い設置されたテレビがサウンドバーによりそれの前を塞がれないように、テレビを装飾の仕上げのボードに持ち上げので、低いマウントされたテレビはその前のサウンドバーによってブロックされませんでした。
それは素晴らしいセットアップガイドで、多くのデバイスとは異なり、簡単なセットアップだけでなく、個々の機能の説明の後に試してみる可能性があるすべての異なるサウンドモードと潜在的な接続を探索する厚い使用説明書と一緒に来ました。
私はそれがいいと気づきました、セットアップをやって、マニュアルを読むことができるときに、ウェブ上でそれらを探すことが嫌いです。
実際にSony Braviaテレビを持っています(実際には2001年の2台と2005年の2台)、新しい方はフラットスクリーンですが、サウンドバーの特別な機能を同期させることはありません。
それでも、これを4Kの LG 有機ELテレビとで合理的で魅力的な映像とサウンドの最高のコンボとして使うのが好きですが、まったく買いやすい価格ではありません。

私は過去から現在までのYouTubeのサウンド・ビデオを試していましたが、このサウンドが私を感動させます。
 the Drifters(グループ)のUnder the Boardwalk(青春映画)での鮮明な音から、Dire Straits(イギリスのロックバンド)で使われたハイ・エンド・ベースまで、私はMTVの曲が欲しいです、このサウンドシステムの範囲と感触が大好きです。
私はこのサウンド・システムの範囲と感触が大好きです。
LGのOLED TVを手に入れる前に、1080PシャープTVで使ったBoston Acoustic 2.1と光学的にどのように接続するのか分からなくて見逃したその映画の経験を取り戻すつもりです。
私はLGでマッチするサウンドバーを探していましたが、すぐにそれを買わなかったことを喜んでます、これはもっと良い解決策である可能性が高いので。
ほとんどのホームエンターテインメントシステムにおすすめです。
私は本当にソニーはもっと多くの入力を追加する必要があると思います、実際に5つぐらいは、ケーブル、ブルーレイ/ DVD、ROKU、ソニープレイステーション4。 2018-05-12


 雨や流れる水のようなものは非常によく再現されています…

音質はすごいです。雨や流れる水のようなものは非常によく再現され、低音は誇張されずにクリアです。
異常に誇張した再生で販売されていません、しかし他のものはとても鮮明です(特に面白いものがあり、かなり印象的です)かなり価格の価値があると思います。

私が使っている部屋は12 x 20で、私は約7フィート離れています。
それを問題なく満たし、大音量を出せます。あなたが40を超えて50の目盛を押すまで、全くには歪みません。リアスピーカーを持っていませんが、それはクールなオプションです。

それは本当に誰にでも簡単です。
Xbox 1をサウンドバーに入れて、テレビにそれ自身ですべて行います。微調整はあまりありません。ちょうど私が買ったソニー930Eテレビに似て、ただ箱から出してすべてが良いです。

使いやすさと音質の良さのためには、それはコストの価値があると思います。真にプラグアンドプレイを経験してください。これまでに聞いた最高のバー。 2018-05-12


 高価ですが、支払いに対し多くのものを受け取ります

この価格帯のサウンドバーへの期待は高くなるでしょう。
このサウンドバーは素晴らしいサウンドを提供します。
スピーカーのサイズは重要ですが、実際のサイズよりも大きく音が鳴ります。カッコよく、クリアサウンド。
低音はカッチリして、極端に強調されず、ぼやけるような音ではありません。
バーチャルサラウンドサウンドは実際あなたの周の多くの感覚を提供しますが、実際の5.1または7.1システムと同じではありません。
ソニーは、このシステム用に特別に作られたワイヤレスサラウンドスピーカーを販売することでこれを認めていると思います。
私はそれらの小さなサラウンドスピーカーを持っており、サラウンド効果は本当に効果的です。

私の意見として、本当に素晴らしいタワースピーカーのペア、特に音楽には代用品はありませんが、小さいか中型の部屋の場合、またはレシーバー/アンプを扱いたくない場合、このサウンドバー/サブウーファーの組合せは、高価ではありますが、優れた回答です。

なので、サウンドは素晴らしいが、その機能はどうか?
サウンドバーには2つのダイレクトHDMI入力があり、多くの人々のニーズには十分ではないでしょうが、HDMIスイッチは約20ドルほどであります。
バーにはイーサネットケーブルポートがあり、Wi-Fiでネットワークに接続することもできます。
私はKISSのルール(単純すべき)に従い、アナログ(3.5 mm aux)接続またはブルートゥースを介してサウンドバーに接続する傾向があるので、WiFiの機能を検討していませんでした。私は音楽ライブラリとターンテーブルを必要とするすべての方法で聴くことができます。

セットアップはかなり簡単でした。
サブウーファーとリアサラウンドスピーカーの設定することによって、特定の時間 スピーカーの背面にあるボタンを押すだけです。
バーをテレビに接続し、デバイスをHDMI、アナログ、ブルートゥースなどでバーに接続すると、準備が整いました。

あなたがサウンドバーを望んでいて、これがあなたの予算内であれば、これをお勧めすることができます。
私は良いと思う3つの500ドルのサウンドバーを聞いたが、どれもこれに匹敵するほどのものはなかったです。 2018-05-09


 これは大きなスピーカーへの考え方を捨てさせるだろう

私は寝室のためにこれを手に入れました。
梱包からすべてを取り出したとき、私の心に浮かんだ疑問は「私の今までの大きなスピーカーのサラウンド・メンタリティを放棄して、このサウンドバーが私を快適にすることができるか?」という思いです。
私のパッケージには、サウンドバー、ワイヤレスサブ、およびボーナスのワイヤレスリアスピーカーが含まれていました。

私は壁掛けされたテレビの下にサウンドバーを直接取り付けました。
付属のテンプレートとレベルは、取り付け作業をかなり簡単にします。
2つの後部スピーカーは、明らかに適切な場所にサブを配置すると同時に接続することが簡単です。
すべてがシステムとすぐに接続し、準備ができました。

すべてをセットアップしてから最初にやるべきことは、喜びを持ってデモモードを試してみることです。
おお、なんてことだ、わーわーーーー、これはすごい。
私は正直言ってあまり期待していませんでしたが、デモ後、私はすでに高価なレシーバーと一緒にスピーカーでいっぱいの部屋を持たなくても “良い”かもしれません。
真剣に感銘を受けました!
Sonyが言うAtmosの立体サウンドの配置をベースにした対象は、サウンドバーで作成したものであり、私はそれらが持っていると信じています。

すべてがセットアップされ、そしてデモを終わり、これを私の映画や音楽で試してみる時が来ました。
私は正しいサウンドの設定ために少しPLAYせねばならなかった、これは私があなたに与えることができる最も重要なヒントです「Vertical Engine」をオンにしてください。
あなたに言います、一度それを行って自分のすべての素材を聴き始めると、私はあなたに約束します、あなたは崖っぷちから押し出されるでしょう(中程度かそれより小さい部屋で)大きく、高価で、場所をとるマルチスピーカーのホームシアター構成の考え方を捨て去ることができます。
私は普通、私のレビューにこのように興奮しません、しかしZ9Fを4週間使いました、ソニーは実際にサウンドバーを大きく一歩前進させた、あなたが私のようにそれを楽しむと思います。 2018-05-08


 素晴らしいサウンド、しかしお持ちのテレビの確認を

新しいSony Z9F 3.1 Channelサウンドバーを受け取ったことにとても興奮していました。
出かけて行って、自分の寝室のために新しいテレビを購入しました。
要するに、もし私が最高級ののサウンドバーを持っていたら、29インチのテレビにはしないだろう。
私は新しいテレビを購入する前に、サウンドバーを受け取り、取扱説明書を読みたかった。

Z9Fには3.1チャンネルDolby Atmos機能があり、バーティカルサラウンドエンジンと呼ばれるものがあります。
サウンドエンジンは、フロントスピーカーから「立体音」を生成します。
これにより、仮想サラウンドサウンドが作成され、あなたのすべての周りの音が聞こえるようになります。
ただし、この機能を利用するには、付属のHDMIケーブルを使用してサウンドバーに接続する必要があります。
残念ながら、私の寝室(Sony Bravia W650D)で選んだ新しいテレビには2つのHDMIポートしかありません。
私はケーブルとブルーレイプレーヤー用に1つのポートが必要なので、付属のHDMIケーブルをサウンドバーに接続できませんでした。
だから、私は光ケーブルを使って、Atmosの機能を利用することができませんでした。

心配無用。ソニーは、Z9Fには付属していない2つの専用リアスピーカーを装備するほど親切でした。
通常299ドルで販売されているこれらのスピーカー(SA-Z9R)は、驚異的なパッケージを完成させました。結果として得られるサウンドは最高です!

今年初め、私はリビングルーム用の新しいホームシアターセットアップ、Samsung 5.1 Channel Blu-Ray(Samsung HT-J5500W)を購入しました。
素晴らしいサウンドを持っています。私はそれを得てから非常に感銘を受けました。
Sony Z9Fサウンドバーは、Samsungのセットアップに簡単に匹敵するサウンドを生成します。
私は今、リビングルームと寝室に素晴らしいサウンドを持っています。

Atmos機能がなくても、HDMIケーブルを使わなくても、特にオプションの専用リアスピーカーを使用しても、このサウンドバーをセットして悪いサウンドを得ることは不可能です。

結論は – Z9Fはすばらしいサウンドを出します。
お使いのテレビに2つ以上のHDMIポートがあることを確認してください。

非常に強くお勧めします。 2018-05-08


 多才の素晴らしいサウンドシステム

このソニーHT-Z9Fサウンドバーシステムを、主寝室に薄型テレビで使用するために注文しました。
古いテレビでHDMI入力がいくつかありますがHDCP2.2対応のHDMIジャックはないので うまくいくとは思えませんでした。
確かに、サウンドバーから4Kのコンテンツを再生するには、HDCP2.2互換のHDMIジャックが必要です。
現在のオーディオ機器はどれも4Kの能力を持っていないので、テレビの既存のHDMI入力からうまく動作します。

サウンドバーシステムは、サウンドバーとサブウーファーの両方を含むL字型の箱にきちんとパッケージされています。
レビューのために私に送られたシステムには、別のボックスに入っていた2つのワイヤレスリアサラウンドスピーカーも含まれていました。
このシステムは、サラウンドスピーカーの有無にかかわらず利用できますが、音がなくても問題ありませんが、真のサラウンドサウンドを体験したい場合は、追加のスピーカーに投資したいと考えています。それらはワイヤレスであり、システムと非常に簡単にペアリングします。

セットアップはかなり簡単です。古いテレビにはHDMI ARCジャックが付いていないので、HDMI(付属)と別の光デジタルケーブル(別売)の両方に接続する必要がありました。
サウンドバーのジャックは、接続ケーブルを非常に厄介なものにするサウンドバーの背面の長方形の切り欠きに45度の角度で設定されています。
サウンドバーには2つのHDMI入力しかありません。ケーブルボックス、Blu-Rayプレーヤー、すべてのHDMIに接続するAmazon Fireがあるため、私たちの状況はかなり制限されています。
でもシステムはテレビの入力の一つの別のHDMI入力を使ってうまく動作することが分かりました。しかし、ソニーが少なくとも1つまたは2つ以上のHDMI入力をサウンドバーに組み込んだ方が良いでしょう。

システムの電源を初めてオンにすると、簡単なセットアップルーチンが開始されます。
セットアップは、ホームメニューからもアクセスしてやり直すことができます。
内蔵のWi-Fiがあり、ファームウェアを最新の状態に保つのに便利です。
私に送られたシステムの更新は必要ないことが分かりました。
テレビやその他のデバイスをワイヤレスでサウンドバーに接続できる内蔵のBluetoothもあります。
Bluetoothを使用することで、サウンドシステムを通じて携帯電話やタブレットから音楽を聴くことができます。
システムの電源をオンにすると、サウンドバーはワイヤレスサブウーファーとサラウンドスピーカーを自動的に認識します。
必要に応じて、サウンドバー、サブウーファー、リアスピーカーで異なる音量レベルを設定して、システムオーディオをカスタマイズすることができます。

システムをテストするために、私はケーブルテレビ、アクションブルーレイ映画、そしてAmazon Fireプログラミングから映画や音楽コンテンツを再生しました。
サウンドは鮮明で、特にダイアログがあり、サブウーファーはすべての音を良好にするのに十分な低音を提供しました。
このシステムにはボリュームがあり、音量を途中で上げるとかなり大きくなりました。
ベースはあふれるほどですが、響きわたることはありません。
このサブウーファーから低音で窓を震わせませんが、音楽と映画を楽しむための十分な低音を提供します。
これは私たちの寝室で響きあう素晴らしいシステムであり、私たちのリビングルームのエリアでも同様に良い音を立てました。
「立体的」な音は、オーディオの音量をより広げ、より多くのスピーカーのように聞こえます。サウンドバーのスピーカーからの音量は、その小型サイズを考えると深い感銘を与えます。

1人のレビュアーが、このシステムで音のエコーに不平を言いました。
私は 最初 サウンドシステムでケーブルテレビを見ていたときこれに遭遇しました。
テレビからの音を消すことでエコーが消えたのが分かったので、サウンドバーがすべての音を提供するようにしました。
したがって、サウンドバーを使用する場合は、テレビの音量をまったく上げたくはありません。

要約すると、Sony HT-Z9Fサウンドバーシステムは非常に優れています。
平均的な大きさのリビングルームやベッドルームに最適なAV機器です。
AVレシーバーは不要です。
スピーカーのためにどこにでもコードを這わすことができない、またはしたくない人にとっては理想的です。
ベッドルームの場合、オプションのリアサラウンドスピーカーは本当に必要ありません。しかし、あなたがリビングルームでこのシステムを使用する予定の場合、最適なサラウンドサウンドのためにそれらを購入することは間違いなく価値があります。 2018-05-07


 素晴らしいバー

これは素晴らしいバーです。バーとウーファーを保持するL字型の巨大なボックスで、長くて頑丈なものです。追加の構成もありますが、このレビューはバーセット用です。

テレビにHDMI ARCコンセントがない場合は、オーディオ光コードが必要です。
前者(HDMI ケーブル)のみが付属しています。あなたはコンバーターを買うことができると思うが、そこでの互換性については考えていません。
私は予備の光ケーブルを使用しました。

私の小さな部屋でかなり音がいいが、私はこれが大劇場の域ではないと言います。
それは私の小さな部屋で素晴らしいと思う。
すべてをセットアップするのに約10分かかり、品質は私のBoseサウンドバーユニットとほぼ同じです。
私の BoseはブルーレイやDVDオーディオに遅れていたが、このバーでは同期がずれるようには見えなかった。それは軽く存在しますが、腹立たしくはありません。

私は小さな部屋のカジュアルなオーディオファンであるあなたに、間違いなくあなたにこのバーをお勧めします。 2018-05-04


 次善の策選択肢

あなたが最高級の2000ドル以上のAVレシーバーとアンプに必要なだけのお金を払う準備ができていない限り、このソニーのサウンドバーはあなたのためのものです。
豊かな低音と完璧な高音があなたの部屋を満たすことを期待してください。
4Kモニターと完璧に組み合わされたときの優れたサウンドは、真の演劇体験を作り出します。
ワイヤレスリアスピーカーにも簡単に対応できるため、一流のサラウンドサウンドも得られます。 2018-05-02


 ドルビーアトモスのソニーZ9F 3.1chサラウンドバーとワイヤレスサブウーファー(HT-Z9F)

気に入った !
これに置き換えたピナクル(スピーカー)と違って、これは低音のを持上げる よりもはるかに緻密なサブウーファーを持っています。
悪いこと言わないからオプションのリアスピーカーをご利用しなさい。
それが別売であることを聞くまで私はそれを見逃していることを知らなかった。
セットアップは簡単でした。各コンポーネントを接続し、電源を入れ、外部コンポーネントのリンクボタンを押します。
画面上のメニューがあり、距離に基づいて外付け部品のレベルを設定するのに役立ちます。
2つのHDMI入力と1つのHDMI出力を備えています。同様に光オーディオ入力も。
いくつかの追加端子がありますが、これらは最も適切なものです。
強くお勧めします! 2018-05-09


 衝撃的に膨れ上がるサウンドのステージと低音-私がこのサイズから予期していたものをはるかに超える

最初のレビューはこれで非常に肯定的でしたが、正直言って、3つの小さなスピーカーを備えたサウンドバーに圧倒されることを期待していました。
私は間違っていた。そう間違っている。
ソニーはこれで場外ホームランを打ちました。これは本当に素晴らしい製品です。
それは完璧ですか? いいえ、でも私の考えではパフォーマンスと機能はまだ簡単に価格を正当化する。
あなたのゲームが普通のテレビのスピーカーに比べて良くなってくれるのだろうかと疑問に思っているなら、私を信じてください。それは100倍になります。

参考までに、私にはこれと比較する7.2サウンドシステムがあります。
レシーバー、スピーカー、そしてサブは約5000ドルのコストがかってます(そして、それを必要とするほど大きな音を出さないので、使用を中止した別の2000ドルのを持っています)。
一部の人間にとって機材は多くのお金がかかる…他の人は私がいつ真剣になって実際のシステムを購入するかと不思議に思うでしょう。:)
私の主張は、Z9Fを内蔵のテレビのスピーカーと比較するのではなく、むしろ かなり良いサラウンドサウンドのセットと比較することです。

迅速に素直な評価:
(*)パフォーマンス(価格):5星印
(*)サイズ:5星印
(*)物理的なセットアップのしやすさ:4つ星(HDMI出力ジャックに取得するには苦痛であるという理由だけで、他はすべてシンプルでした)
(*)オーディオ設定の容易さ:4(ほとんどの人にとって良い、それはあなたがタイミングを調整するために座る場所にスピーカーからの距離を入力する古いアプローチを使って、あなたがテストトーンに基づいて、スピーカーのボリュームを調整する)
(* )オーディオキャリブレーション:2つ星(多くの人がこれについて気にしないだろうし、私の部屋ではよく聞こえるが、私はレシーバーの自動キャリブレーション/イコライゼーションシステムの大きなファンだと思う。おそらくこのようなシステムはこの価格帯に含まれていたはず)

あなたがサウンドバーを買い物しているなら、通常はそれが妥協のゲームであることを知っているでしょう。
比較的コンパクトなものを手に入れて、テレビのスピーカーよりも優れたサウンドを得られるのと引き換えに、通常はコストやパフォーマンスをトレードしています。
200ドルのサウンドバーでは、その価値のある価格帯で新しいレシーバー/スピーカーパッケージを見つけることはできません。
Z9Fの900ドル(またはリアスピーカーを搭載した1200ドル)の価格では、間違いなく他のオプションがあります。
コンパクトなレシーバーと小さな本棚のスピーカーを代わりに使うことを推奨すると予想していましたが、私はそれをやろうとはしませんでした。
このサウンドバーは本物です。

確かに、Z9Fは単なるサウンドバーではないということでちょっとした”ラク”をします。
あなたは またどこかに配置するサブを持っています。
リアスピーカー(私はお勧めします、優れた性能を得るには厳しい要件ではありません)を入手した場合は、さらに2つのボックスを配置する必要があります。
つまり、ワイヤレス接続では、お部屋が事前配線されていないか、後壁にワイヤを簡単に配線することができない限り、通常の受信機/スピーカーの設定よりもはるかに簡単です。
はい、サウンドバー用、サブ用、リアスピーカー用の各電源コードを備えているため、各コンポーネントの電源コンセントが必要です。それでも、それは典型的なシステムよりずっと簡単です。
何年もの間、私は新しいカーペットを手に入れ、裏の壁の下にフラットワイヤーを走らせるまで、リアスピーカーにワイヤーを露出させていました。ワイヤレスリアスピーカーは非常に便利です。

言わせてください、あなた(またはあなたの伴侶)がサブを追加に嫌になる前に、それは大きな違いです。大きいです。私は最初にサブバーなしでサウンドバーを使用しました。
左右のスピーカーが実際よりもはるかに離れているように聞こえたように、サウンドステージがどれほど広いかに感銘を受けましたが、低音がなかったため全体的な体験が不足していました(システムが高いサウンドバーのフィルターを通過させるだけでなく、小さいスピーカーが部屋を満たすのに十分な低音を演奏することができないため)。
私はその後、サブのプラグインと電源を入れた。スゴイ。感動的。
それは同じほど小さいサブで本当にすばらしい仕事をします。
いいえ、それは私のSVS PC13-Ultra(1700ドルのサブウーファー)またはSB13-Ultra(1600ドルのサブウーファー)ほど良くはありません  (それらは このシステム全体のよりも費用がかかるので、そうすべきではありません)。
しかし、それは良いことであり、ほとんどの人に印象づけます。

テレビ番組を見ることに加えて、アトモスとDTS-HD MAのサウンドトラックをいくつか見たことがあります。
これは私がフルアップシステムで何度も見たものです。
「John Wick」の映画はZ9Fで驚くほど素晴らしいサウンドを発しています。
銃撃ショットといえば、「The Accountant」のBarrett M82A1M .50 BMG狙撃ライフルは、これを揺るがしています。
私はライフルが作る砲声によく慣れています(そして、かなり好きです:D)、このシステムがそれをどのようにうまく描写しているのか驚くばかりにびっくりしました。
「ジュマンジ」(新しいもの)のような映画も素晴らしいと思います。
テレビ番組のそれでいいですね。ステレオでのショーでは、シミュレートされたサラウンドサウンドを止めて声を理解しやすくするために、リモコンの「ミュージック」サウンドオプションが私にとって最善のものになることがわかりました。

「垂直サラウンドエンジン」は本当に差をつけます。
ドルビー・アトモス・タイプのサウンドを実際に表しているかどうかはわかりません。
私はそれを比較するための真のアトモス・システムを持っていないためです。
しかし、私はそれがかなり驚くほど素晴らしいと言うことができます。
私はサウンドが上から来ているように聞こえるとは言いませんが、それは、より没入型の環境です。

私はそれが完全ではないと言います、そして私が違うことを好むいくつかのものがあります:
(*)私は、センタースピーカーの音量がサイドスピーカーに対して調整できることを望みます。
私はディズニーのWowディスクからオーディオキャリブレーショントーンを実行したときに、センターチャンネルがサイドチャンネルよりもはるかに静かだったからです。
それは、サウンドバーがディスクをどのように解釈するかのアーティファクトかもしれませんが、わかりません
(*)セットアップ・マイクが付属していて、自動セットアップ/キャリブレーション・システムが内蔵されていることを間違いなく望んでいます。
ソニーはこれらのシステムのファンではないようですが、かなり安価なレシーバーで入手できます
(*)サウンドバーのフロントディスプレイにオーディオ信号を表示できるようにする(例えば「Atmos」や「DTS」など)のは良いでしょう、入力(例えば、「HDMI1」)を表示するのに比べて。
(*)取り外し可能な電源コードは少なくともメインバーには便利だったでしょう。

最初にそれを入手したとき、私は完璧ではなかったものに注目、これの価格を考えて。
それを使用した後、しかし…ええ、それは完全にそれの価値がある。
私が違う方が好きなものはいくつかありますが、最終的にあなたはより良いサウンドのためにこれを入手します。
この価格で、あなたは驚くべきサウンドでこれを手に入れています。

絶対にお勧めします。
リアスピーカーはおそらく別の300ドルで高価に見えるかもしれませんが、本当にあなたを没頭させる素晴らしい仕事をしています。それらは私の他のスピーカーよりもはるかに小さいですが、パフォーマンスは非常に良く、追加の費用の価値があると思います。 2018-04-28


 並みはずれたサウンド、簡単なセットアップ、容易な配置

セットアップ、音の品質、インターフェイス、製造品質、機能セットなど、このサウンドバーのあらゆる側面に非常に満足しています。

– =セットアップ= – 

セットアップは便利なクイックスタートガイドと非常によく整理された、クリアな(そして厚い)マニュアルが同梱されています。
Z9FにはHDMI入力が2つしかないので、私はすべてのデバイス(DVR、PS4、FireTV、その他のPC用ケーブルなど)をテレビを通して行い、テレビから光ケーブルを介してサウンドバーに接続しオーディオを実行しています。
このアプローチは、1つの注意点はあるが うまく動作します。
多くの設定オプション(スピーカーの追加、距離の設定、ファームウェアのアップデート)は、TV画面でメニューをナビゲートする必要があります。
これに対応するために、私はHDMIケーブルをサウンドバーのARC出力からテレビのフリー入力に接続しました。
テレビをその入力に合わせ、リモコンの「HOME」を押して、準備が整いました。
サウンドバーには光ケーブルが含まれていませんので、この方法を採用したいなら、必ずそれを用意してください。

2つのオプションのサブウーファーはすぐにペアになりました、ワイヤレス・リア・スピーカーも同様です(Dolby Atmos(HT-Z9F)用リアスピーカーSA-Z9R)これは、ぜひ購入をおすすめします。
私はスピーカーを(テレビ本体に)取り付けたいと思っていなかったので、カウチ(寝いす)の後ろのソファーテーブルにただ置きました。
ボリュームと距離の設定を微調整すると、そこでうまく動作します。

最初の設定が完了したら、(直感的な)リモコンを使って音量とサウンドのプロファイルを試してみるだけでした。”Auto”が最もうまく機能することがわかりました。
サブウーファーはおしゃべり重視の映画では少し圧倒されたので、私はそれを抑えました。ハードウッドのフロアが、その要因かもしれません。

もう1つの注意点。
Z9Fには取り付け金具が付属していますが、足はありません。
突き出したスタンドが付いているテレビの前に置く予定がある場合は、少し動かすか、何かをかます必要があります。

– = 音質= – 

すべての評価基準で音質は抜群です。
対話ははっきりとしています。爆発とエンジン(私は多くのSFを見る)は激しいものでした。
ブルートゥース経由で私の携帯からのものを含め、音楽は豊かでバランスの取れた音を出します。すべての音量で、歪みはなく、最大音量では実際に、私たちは小さな家を使い果たしました。

リアスピーカーは、ポジショニングオーディオが非常にうまく動作し、ワイヤレス接続で騒音、静電気、またはドロップ信号が全くない、価値のあるエディションです。
セットアップのために、音量を少し下げる必要がありましたが、聞き取りの経験を大幅に改善しました。

あなたがサウンドプロファイルとサブウーファーの音量を微調整できるように、リモートを操作することをお勧めします。

– = インターフェース = – 

あなたはインターフェースで多くを見る必要はありませんが、そうしたときには、反応しやすく、理解しやすくなります。
ネットワーク上に設定されたサウンドバーでファームウェアのアップデートを確認するのに問題はなく、スピーカーの設定は直感的でわかりやすいものでした。
あなたのリアスピーカーとサブウーファーの距離を設定することに時間をかけてください。

– =製造品質= – 

Z9Fサブウーファーは私の過去2度 サブウーファーにしたより簡単にしました。
頑丈で、しっかりしていて、よく作られています。
すべての特徴は、他のすべての構成要素にあります。マグネットスピーカーグリルのような小さなタッチ、明確にラベル付けされたの入力、便利なLCDディスプレイ、直感的で分かりやすいリモート、すべてハイエンド、Sony製品。
私は製品のあらゆる面に失望しませんでした。

– =特長= – 

私はこのサウンドバーが持っていない機能を考えようと頭を悩ましています。
私の唯一の実際の苦情は、3番目のHDMI入力の欠如です。
それ以外にも、Chromecastやメディアサーバーのオプションなど、無差別にすべてを投入しました。
サウンドプロファイルの数と種類がまさに正しいと考えています。
また、リモコン全体についても同様です。
Bluetoothのペアリングは事実上瞬間的で堅牢であり、ハードウェアは多くのオーディオ形式をサポートしています。

– =結論= – 

これは高価なサウンドバーですが、あなたが支払うものを間違いなく得ることができます。
音質は優れており、製造品質も優れています。おそらく最も重要なことは、すべてがうまく動作し、設定/変更が簡単で直感的であることです。
あなたが狭い空間にいる場合でも、絶対にリアスピーカーに出費してください。
また、ファームウェアをアップデートして(そして引き続き)、画面上のインターフェースを使用してスピーカーをセットアップしてください。 2018-04-26


 音楽には素晴らしい…TVにはそれほどでもない(エコーに備えなさい)

私はエントリーレベルのサウンドバー以上のものを所有したことはありませんでしたので、私は上級カテゴリーで何かを見直す機会に決断しました。
私は最も好評なレビューをしたかったのですが、最終的にソニーZ9Fは私と別れました、私たちは古い200ドルのVizio 5.1チャンネルのサウンドバーを有線スピーカーで行くことを希望しました。

問題
1. ARC入力は、テレビの電源を入れるたびに間違ったHDMI入力を強制するため、Apple TVを使用するには入力を手動で無視する特別な手順が必要です。
軽度の迷惑ですが、それを無効にするとよいでしょう。
2.立体音響。何と素晴らしいコンセプト、しかしテレビでは最も迷惑なエコーを作りました…対話やニュースや、何が言われてたかをはっきりと聞く必要があり、楽しむことは本当に難しい。
先日WestWorldを見ようとしたとき、アクション場面で声を聞き分けることはさらに困難でした。立体音響を無効にすることは幾分助けになりましたが、まだ明瞭ではありません。
3.微調整。サブウーファーとリアスピーカーの音量を調節するためにリモコンには2つのボタンがありますが、設定メニューの1時間を費やした後も映画的な視聴を可能にする、中音/高音をカスタマイズしてバックのノイズから対話を分離する方法はまだありませんでした。
4.サブウーファー、スピーカー、およびサウンドバーの位置で複数の設定を試しましたが、エコーは持続しました。
私はテレビの設定をリセットして、テレビのスピーカーからの音によって起こされていないことを確認しました。
5.リアスピーカーの1つが破損していた(画面が窪んでいた)…新しいシステムでは製造管理が不足していることに驚きました。

欠点を補う資質
1.音楽を聴くのはすばらしく、部屋は音に包まれています。
エコーの問題はありません、または歪みはあるように思えます、一方、微調整する能力は最小限に見えますが、アンダーグラウンドのヒップホップ、R&B、などのようにサウンドバーは、ジャズフュージョンの挑戦に匹敵するようにも見えました
2.セットアップを含め、簡単でしたワイヤレスリアスピーカーとBluetooth接続を接続します。
3.リアスピーカーの音量。私たちの最後の5.1システムはリアスピーカーへの配分が最小だったので、リアスピーカーの音量を単独で調整できることに感謝します。 2018-04-25 


 素晴らしいサウンド-あなたが期待するより良い

2人の元コンピュータオタクとエレクトロニクスオタクが年をとり、新しいSony Z9Fサウンドバーを接続しようとしたとき、どうなるか分かるでしょうか?
彼らはクソ近くで大議論をしました。声を張り上げて。罵り合った。
結局、私の助けを借りて(以前は私の助けを拒否していた)、サウンドバーが組み込まれました。
彼はなぜブルートゥースがサブウーファーに接続していないのか理解できませんでした。私は本でそれを見つけ、マニュアルで手順を進めました。
5つのスピーカー、サブウーファー、オンキヨーアンプを使わずに、低音とサラウンドのサウンドが手に入りました。
音はすでに良くなっています、そしてリアスピーカーは接続していない。
私たちはまだ、さまざまなサウンドモードを実地検証しています。
明日はリアスピーカーが組み込まれ、私たちはちょうどAmazonからの新しい映画を見ているでしょう:The Greatest Showman(2017年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ・伝記・ミュージカル映画)
コンサートのような経験を期待しています。私の期待が満たされると信じています。 
探検する機能はたくさんありますが、今のところワンダフル! 2018-04-22


 セットアップが簡単で、魅力的な垂直のチャンネル効果を作成します

私は箱型スピーカーで部屋を埋め、どこでもワイヤーを走らせ、NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)よりも多くのワイヤーが後ろに出てくる大きなレシーバーを持っていました。
音はとても良かったですが、私はすべての複雑さに疲れてしまい、これらのスピーカーを置く場所とグチャグチャな線のネズミの巣を置く場所を見つけようとしました。

最終的に、サウンドバーは私がすべての複雑さを捨てることが出来、私の生活と私の部屋をシンプルにすることができたほど十分に良くなった。

これは非常に良いものです。
私は上向きのスピーカーがなくビーム形成配列を使用せずに、どのように垂直方向のチャンネルを働かせているのか全く分かりません。
バーには3つの小さなスピーカーしかありません。しかし、彼らはそれを引き離しています。
この立体のチャンネルは、高価なSony HT-ST5000 7.1.2ch 800Wドルビー・アトモス・サウンド・バーよりも優れています  。

2つのオプションのリアスピーカーもありますので、強くお勧めします。
別々に販売されていることについての素晴らしい点は、メインバーを購入して後でいつでも追加できることです。
接続ケーブルがないため、配置が素早く簡単です。
それらは電源が必要なので、電源コードがあります。それらは両方とも、取付けのためにネジ穴を背部に有しているが、ネジまたは取り付け金具はありません。
また、壁に取り付けるためのキーホールが付いています。私はそれをいくつかのスタンドに置き、ネジで固定しました。
私はメートル方式のネジ一式を持っていて、フィットするものを見つけるまで数回試しました。

音質は非常に良いですが、もっと良くなるはずです。
私はそれにより多くのドライバー、特に大半の人の音声が出てくる重要なセンターチャンネルのために、サウンドバーの前部にそのスペースの一部を使用してほしかった。それでも、ほとんどの部屋では十分に大きな音量で動作します。

サブウーファーもワイヤレスなので、場所を見つけるのは簡単です。それは小さな方ですが、特にコーナーに置いた場合は効果的です。
6インチウーファーを覆う取り外し不可能なグリルがあり、そのすぐ下に大きな光沢のある低音ポートがあります。
私は光沢のある低音のポートが目立つことに懸念していましたが、それは黒でフロアレベルであるため、十分に調和しています。

インターフェイスは80年代のもののように見え、鈍いです。
幸運なことに、設定した後で頻繁に使用する必要はなく、使いやすく適切なオプションを見つけることは簡単です。
また、独自のファームウェアを更新するように設定することもできます。
これは私が使用した数少ない製品の1つで、すぐにアップデートする必要はありませんでしたが、間違いなく、これを書いてから修正されている可能性のあるバグから自分自身を保存するためのアップデートを確認してください。

サウンドバーの取り付けは、背面に2つのキーホールスロットを使用していたため、少し難しかった。これは、ブラケットを非常に正確に作動させる必要があることを意味する。大きな壁掛けガイドが付いてきましたが、これは間違いなく改善の領域です。
幸いにも、それほど重くはないので、私はそれを取り組むことができました。私は、取り付けブラケットが十分に高く、ユニットの後ろの「足」が柔らかい乾式壁に掘るのではなく、金属製のブラケットを押して垂れ下がるようにしていたのが好きでした。
マウント後、それは完全に水平で、薄型テレビの下でカッコよく見えます。
赤外線リピータ(テレビのリモコン信号をパススルーする)を備えているため、テレビのリモコンはテレビの前に置いてテレビの受信機を妨害する場合に使用できます。

全体として、これはサウンドバーの素晴らしい進化であり、ボックスやケーブルなしで部屋全体に良いエフェクトを作り出すことができます。 2018-04-21


 私が今までに使用した最高のサウンドバー

このサウンドバーが技術的な驚異であるか、この世界に実際に魔法が存在するかどうかはわかりません。
これは、テレビのすぐ下に正しく置かれる単体サウンドバープラス単体のサブウーファーです。
しかし、どういうわけか、私の周りから音が出ていると私は信じています。
私はいつもバーチャルサラウンドサウンドに非常に懐疑的でしたが、ソニーは完璧にこの優れたサウンドバーでそれを取り除いています。
マッド・マックス・フューリー・ロードを見ながら少しの間 目を閉じましたが、このことは実際に周りにスピーカーがあるとを思い込ませるように私を騙しました。

音は信じられないほど豊かで鮮明で繊細です。
最もかすかな小さな音に深い低音がそこにあります。それは本当に私を感動させました。私が持っていたVizio(アメリカのメーカー)サウンドバーはかなり良いと思っていましたが、このことはVizioバーの音を古いブリキ缶のように聞こえるようにします。

高い音量では、このサウンドは優れていますが、低音量でもすべての音の細部までは聞こえます。私の古いサウンドバーが低音量の細部を失ってしまったので、かなり深い感銘を受けます。

セットアップは非常に簡単でした。電源コード、ソース(ソニーレシーバー)からのHDMIでテレビに、すべてが完了しました。
サブウーファーを差し込むだけで、それはバーに接続されました – プログラミングもセットアップもケーブルもありません。あまりの単純さに非常に感心しました。

サウンドバーは非常に洗練されています – 灰色がかった金属メッシュ(フロントグリル)の有無にかかわらず使用できます。
はずせばファンタスティックに見えますが、息子はまだ若いので、このバーで完璧なスピーカーを突き刺すこかもしれません、なのでグリル着けておきます。
グリルを通して完全に見えるバーの表面にディスプレイがあります(どの入力かがわかります)。

リモコンにはたくさんのオプションが用意されています。設定を変更するのに最適です。
別のリモコンを扱わなくても心配する必要はありません。
HDMI経由で接続すると、サウンドバーのメニューが画面に表示されます。これは、設定をカスタマイズするのには非常に便利です。
サブウーファー、バー、リアスピーカー(持っている場合)はすべて独立した音量調節が可能です。

私はサウンドの品質がどれほど素晴らしいかを控えめに言うことができません。
映画、音楽、テレビはすべて素晴らしいです。

このサウンドバーはこれ自身で格別ですが、ワイヤレスリアスピーカーを追加することでこれを全く新しいレベルに引き上げることができます。
リアスピーカーは即座にペアになり、電源コンセントが必要です(それぞれ別々の電源コードがあるため、お互いを接続することを心配する必要はありません)。

私が持っている唯一の不満は、リモコンがソニーのレシーバーと同じ信号を使用しているため、バーの音量調整がレシーバーの音量を調整しているということです。大きな問題ではなく、小さな小さな迷惑です。 2018-04-20


 ほんとに良い、それは犬を混乱させる

端的にまとめると– はい、それはすべての出費の価値があります。
リアスピーカーも購入してください。これは私のお気に入りです。あなたはあなたが逃しているものを知りません。

最適条件–オーディオを鑑賞しているが、シアター専用を構築していない人、適度な大きさの部屋やアパートを所有している人、「その映画の音」を愛する人。
素晴らしいサウンドを高く評価しているが、リビングルームを簡単にセットアップしたい日常の人には最適です。

最適でない条件–大きなスペースを必要とする人、膨大な音量を必要とする人、サウンドバーからタワーレベルのパフォーマンスを期待する人

話せば長くなります

最初に、私について。私はソニーの完璧なテストバカ–ホームシアター愛好家、オーディオ気違い、そして「サウンドバーはナンセンスであり、スピーカーは有線にする必要があります」シニカルで誇り高いメンバーです。
これがすべての流行語でいっぱいになったとき–アトムス、バーチャル7.1.2(しかし3.1 ??)、グーグルアシスタント、Chromecastキャスティング、ワイヤレス、Bluetooth、パスタメーカーなど–私がそれに跳びついたあとで、あなたは甘い小さな賭けが出来ます。私は積極的に私が間違っていることを証明し、学ぶことを求める少し狂った人間です、少年はいつもそうです。

全体として、少ない投資でこれほど大きい価値を見つけるのは難しいでしょう。
少ない投資というのは相対的に見てです、あなたはまだリアスピーカー共で1200ドル近い(この時点で)サウンドバーをにらみつけています。
しかし、あなたが適切な場所に適切なスピーカーを置いて専用の劇場に飛び込まない限り(正直に言わせてもらうと、あなたはサウンドバーを見つめていない)あなたが良い体験を見つけるとは想像できません

セットアップ

セットアップはかなり簡単ですが、マニュアルを数回見る必要がありました。
高度な設定でいくつかの変更が必要な4Kテレビを持っていますが、それはマニュアルに指示に従うことは何もありません。それ以上で、それはかなりプラグアンドプレイです。
スピーカーは、プラグインするときにペアになり、「簡単セットアップ」ウィザードでは追加の検討は必要ありません。バカらしいほど – 単純。大好きです。

ミュージック

セットアップが完了したらすぐに、実際にオーディオをキャストする機能を確認したかったのです。
私はスマホでSpotifyを起動しました–案の定–それがあった。
ライブ録音を選択して、これがサウンドステージの面で何ができるのかを確認するため選びました…次の1時間は全く何もしませんでした。
私はこれが最も一般的な説明であることは分かっています…しかしあなたはそこにいます。
これは本当に没入型の体験です。ライブ録音を聞くことは、あなたがショーにいるように感じます。それは美しく、魔法のようで、酔わせます。これは私たちを次の質問に導きます…映画などにとってどうですか?

ビデオとアトモス

サウンドバーはデモモードを備えているので、私はそれをテストしなければならないと思っていました。…..以下略

 

HT-Z9Fの特長



「ドルビーアトモス(R)」「DTS:X(R)」に対応
音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス(R)」「DTS:X(R)」に対応しました。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめます。

ソニー独自の「Vertical Surround Engine」搭載
ソニー独自のバーチャルサラウンド技術によりフロントスピーカーだけで高さ方向を加えたサラウンドサウンドを創出。トップスピーカーやイネーブルドスピーカーを置かずに3次元の立体音響を実現します。また、「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」以外のコンテンツも臨場感のある音響空間で楽しむことが可能です。

高音質「ハイレゾ音源」4K信号とHDR信号のパススルーにも対応
音楽CD(44.1kHz/16bit)を超える情報量を持つ音楽データで、まるでレコーディングスタジオやコンサートホールで聞いているかのような、かつてない臨場感を体感できます。
また、入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信する「4Kパススルー」に対応。ドルビービジョン(TM)などのフォーマットにも対応することで、多彩な4Kコンテンツが楽しめます。 


ワイヤレス再生を手軽に実現する「Bluetooth(R)」
Bluetooth(R)対応によりスマートフォン、PC、ウォークマン(R)などのBluetooth(R)対応のオーディオ機器に保存された音楽をワイヤレスで簡単に操作し、約10m以内の通信が可能なので、部屋中どこからでもお好きな音楽を快適に楽しむことができます。本機のBluetooth(R)スタンバイ機能をオンにしておけば、スピーカーの電源を切っておいてもBluetooth(R)機器で電源を入れられます。

ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC(エルダック)」
ワイヤレス環境に応じて選べる複数の伝送レートをサポートするLDACは、ハイレゾ音源を990kbps(従来のBluetooth(R)Audioの最大約3倍の情報量)の最大速度で伝送することで、ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質で再現します。LDACに対応した機器間では、さまざまな音源を高音質なサウンドで楽しめます。

テレビのリモコン信号をパススルーする「IRリピーター機能」
バータイプスピーカーの背面にIRリピーターを装備。テレビ用のリモコン信号を受信し、背面からテレビに向けて送信します。テレビの前に置いたときでも使いやすさを損なわず、快適にテレビ操作ができます。


HDMI端子を複数搭載し、さまざまな機器との接続が可能
4K HDR対応のHDMIの入力を2系統搭載。ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー、PS3/PS4などのゲーム機、衛星放送チューナー、ケーブルテレビチューナー、ビデオカメラなど、最大2つの機器と接続可能。テレビに接続する場合よりも、高音質なサウンドで臨場感豊かなサラウンドを楽しめます。

さまざまなジャンルに対応した「サウンドモード」
リモコンの「サウンドモード」を選択することで、コンテンツやお好みに合わせて選択できます。また、再生するコンテンツに合ったおすすめの音設定に自動的に切り替わる「オートサウンド」。その他 最適な低音を調整できる「サブウーファーボリューム」、「ナイトモード」、「ボイスモード」なども便利です

スマートフォンやタブレット用の操作アプリ「Music Center」
「Music Center」とはスマートフォンやタブレットから、「Music Center」対応の商品を操作するためのアプリです。Xperia(TM)などのAndroid(TM)搭載スマートフォンやiPhoneに「Music Center」をダウンロードすると、以下のことができます。


別売の専用リアスピーカーで、5.1chにカスタマイズ可能
専用リアスピーカー『SA-Z9R』を追加することで、より臨場感あふれる5.1chのリアルサラウンド環境にカスタマイズが可能。電源コードをつなげば、スピーカー間はワイヤレスで接続できます。また壁掛け設置にも対応し、さまざまなお部屋の環境に合わせた設置が可能。

自由なレイアウトができるワイヤレスサブウーファー
サブウーファーには部屋の隅やソファーの後ろにも置けるように、スピーカーケーブルの配線が不要な5GHz帯を用いたワイヤレス接続を採用しています。

 

ホームシアターシステム:プロモーションビデオ:HT-Z9F【ソニー公式】 1分1秒

 

 

ソニー商品詳細ページ

HT-Z9F「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応。3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで体感できる、ハイレゾモデル
HT-Z9F
ソニーストア価格:79,880円+税
(2018年6月9日発売) 先行予約販売中!
『HT-Z9F』商品詳細情報
SA-Z9RリアルサラウンドにカスタマイズできるHT-Z9F専用のリアスピーカー
SA-Z9R
ソニーストア価格:34,880円+税
(2018年6月9日発売) 先行予約販売中!
『SA-Z9R』商品詳細情報
 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「HT-Z9F」「SA-Z9Rには現在「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。

 

 

関連情報

「HT-RT5の特長って何?」疑問点にお答えします。... HT-RT5の特長って何? 本機はバーチャルではなく、バースピーカー1台、リアスピーカー2台、サブウーファー1台で構成されたリアルの5.1chシステムです。 スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続を採用することで、それぞれの電源を確保すれば、視聴環境にあわせて手軽に自由な設置が可能...
「重い!」「首が疲れないか?」ネックスピーカー『SRS-WS1』のレビュー... 音に包まれるような臨場感と振動による新たな音体験を実現 肩にのせるだけのウェアラブルネックスピーカー ソニーは、肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめる、ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』を発売します。スピーカーが首回りに配置されることで、...
SRS-HG1に関する疑問にお答えします。 世界最小のハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカーSRS-HG1のQ&A 再生時間 1:05 Q:前のモデルのSRS-X55との違いは? A:世界最小サイズ、ハイレゾ対応、エクストラベース機能、周波数帯域60-40,000Hz(X55は周波数帯域60-20,000Hz)、W...
パソコン用か!ハイレゾ音源セパレートタイプの高音質Bluetoothスピーカーシステム『CAS-1』... 新製品発表会で見てきました。コンパクトながら、ハイレゾ再生に対応。デスクトップなどの限られた設置スペースでも、臨場感ある音場を再現する「ニアフィールドリスニング」設計 スピーカー用とヘッドホン用として、それぞれ独立した専用のアンプ基板を採用することによって、スピーカーだけでなく、ヘッドホンでもさらな...
テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売... テレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムなサウンドバー『HT-S200F』、『HT-S100F』の2機種を発売します。 両機種ともに、テレビの前に置きやすいスリムなサイズです。高さは6.4cm、奥行きは10cm未満を実現しました。(奥行き:『HT-S200F』は約9.5cm、『HT-S10...
「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)... ブラビア「X9000F」シリーズとスペシャルマッチング。 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。 前後左右を中心...
ソニー サウンドバー HT-MT300/HT-MT500の疑問にお答えします... スリム&コンパクトのサウンドバーHT-MT500とHT-MT300のQ&A  Q  A HT-MT300/HT-MT500の共通の特長は? HT-MT300 HT-MT500 設置性の高いスリム&コンパクトなサイズと、インテリアに調和するデザイン。 バースピー...
ソニー、4Kの高画質ホームシアタープロジェクターなど3機種を発売... ソニーはホームシアタープロジェクターの新商品ESシリーズとして高画質な映像を家庭で楽しめるホームシアタープロジェクター3機種を発売します。 シアタールーム向け上位機種『VPL-VW515』およびリビングシアター向けベーシックモデル『VPL-VW315』では、小型ながらネイティブ4K(4,096x2,...
海辺でも使える高い耐久性と重低音を実現したEXTRA BASS™シリーズワイヤレススピ... 2018年4月24日 プレスリリース EXTRA BASSシリーズワイヤレススピーカーと ハイレゾの高音質のh.earシリーズも同時発売 防水・防塵(ぼうじん)性能に加えてさびに強く、海辺をはじめ屋内外問わず持ち運び、迫力の重低音を楽しめるEXTRA BASS(エクストラベース)シリーズ...
SRS-XB3を使ってみた 「すごいボリュームのスピーカー!」... SRS-XB3を使ってみました。こんな箱に入っています。 開梱します。 入っているのはACアダプターだけです。※取扱説明書などありますが このACアダプターが結構でかいです。コンセントタップのスペースをとります。やはり24時間持続できるバッテリーに対してはこれぐらいのサ...
Pocket

https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image.jpg?fit=626%2C320https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpスピーカーホームシアター今週のおすすめサラウンドバー,スピーカー,ホームシアター海外のみなさんのレビュー 2018年5月18日現在 このページのレビューの翻訳です  レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  幻のドアベルで迎えに行かされた、素晴らしいサウンド、さまざまな異なるモード、ハイエンドシステムほど高価ではない まずこのレビューは4.5星でなければなりません。それを表現する方法はありません。 それを5にすることについて検討しましたが、彼らは1箇所カットしました、私は気に入らずセットアップに影響を与えました。 つまり、入出力配列は2つ(HDMIの)と出力1つです。 入力は私が一番気にしていたものです。 ある種のマルチプレクサ(複数の信号を受け、それらを選択し出力する装置?)でこれを修正できるかもしれませんが、今は切り替えを行う必要があります、そしてROKU(米国で第1位のTVストリーミング)ストリーマーよりBlu Rayプレーヤーを使用したいのであれば、もっと苦労します。 そうは言うものの、これはサウンドの優れたシステムです。 ソニーは、VINE review(amazonの先取りプログラムで商品モニターのようなものでレビューする必要がある)のためにリアスピーカーを追加した、それは粋な計らいです。 私はそれらをつないで簡単なセットアップを実行した時、自動で接続せれたので手動で対処する必要はありませんでした。 セットアップのグラフィックは、リアスピーカーとサブウーファーの両方が接続されていることを示しました。 リモコンからサブウーファーとリアスピーカーの音量を独立してコントロールできました(左右ではなく、リアグループまたはサブウーファーグループです) これは想像以上にセットアップがはるかに簡単でした。 私はLG OLED 65インチのフラットスクリーンの3Dではないテレビを持っていて、背面のHDMI入力の1つにARCというラベルが付いていたので、私は運が良かったと思います。 これにより、光接続に頼らずにHDMI経由でハイレゾのサウンドを接続することができます。 このスピーカーバーにはHDMIケーブルが含まれていましたが、光ケーブルはありませんでした、過去にLGで光ケーブルの設定に問題があったので、ARCとラベルされていることに気づく前に少し心配でした、しかし必要ありませんでした。 2つのARC端子を付属のHDMIケーブルに接続し、ケーブルボックスと私のROKUを2つのスピーカーバー入力に接続しました。 簡単なセットアップで、サウンドモードと機能のテストを開始しました。 私は最高級のBluetoothイヤホンのセットを持っています、それは素晴らしくつながりました、もちろんつながった事ではなくサウンドのことですが、しかし簡単つながることを知って良かったです。 WIFIをセットアップするときは簡単でした、セットアップモードで、それは簡単で、単にローカルネットワークを示しただけで、自分のサブネットを選択し、一組のネットワークを実行、サブネットはそこにあるので、最終的には、私のルーターは時代遅れの傾向で、他のすべてのデバイスのパスワードを変更するのが嫌なので、私はただ新しいルータにサブネットを接続する必要があるだけで、それはうまく行きます。 Bluetoothでの他のやり方、私はラップトップに接続し、スピーカーシステムを通じてオンラインコンテンツをストリーミングすることができました。 数年前、Bluetoothは分析の仕様が劣っていましたが、今日はますます良くなっています。そのため、音質は優れています。 私は日本のアニメをたくさん見ます、それが理由で、Amazonのプライムをと同じく、良いアニメストリーミングサービスとサポートするため、ROKUを主要なデバイスとして使用しています。 アマゾンは独自のアニメストリーミングサービスを開始しようとしが失敗し、彼らがそれを放棄した時、契約されたアニメ番組の一部をプライムに転載したので、それらは現在はプライムサービスで無料で、同様にROKUを介して動作します。 郵便配達員は私に多くのパッケージを配達し、普通はドアベルを鳴らします、UPS(アメリカの運送会社)は午後9時にも納品することができ、彼らもまたベルを鳴らします。 昨日はサラウンドモードでアニメを見ていて、ドアベルを聞いたときに起き上がって部屋を横切って前ドアを開けました、しかし そこには何もなく誰もいませんでした。 私は椅子に戻ってアニメの見逃した分を巻き戻しました、その時に再びドアベルを聞きました、私はほとんど立ち上がりかけましたが、約1分ほど巻き戻すことに決めました。 案の定、アニメシリーズの中のドアベルは、ドアの近くの私の左にあったように空間的に位置づけられていました。 以前 2.1システムでビデオゲームを経験したことがあります、しかしLG独自のサウンドシステムを使用で、通常はそのような現実的な空間効果を感じることはありません(間隔をあける、または距離を感じる配置付けは、特別でない)。 時には、いくつかのストリーミングされたシリーズまたは再生されたDVDに聴覚同期に関する問題があります。 タイミングを少しずつ変更ができるこの機能があります。 それは現在のプログラミングでは同期していたので、私はそれを使って同期を解除しました。 私は声が遅れているのをビデオの口の動きに見ることで分かりました。潜在的に役立つ機能です。 この特定のサウンドシステムは、競争へのソニーの答えだと思う、彼らは非常に高価なシステムを持って、非常に良いにもかかわらず、他のハイエンドのサウンドバーと同じくらい高価なものではありません。 ここに、我々は最新の技術をサポートし、スーパープレミアム価格なしで素晴らしいサウンドの優れた5.1システムを手に入れます。 私の年齢では、聞いていないハイエンドのものがあることは分かっていますが、7.1、7.2、9.1や他の配列は過剰なものであり、多くの価値を追加せずにコストを追加するだけです。 これははるかに最高のサウンドシステムです、私は時代遅れですがKlipsch(音響機器メーカー)やBoston Acoustic(音響機器メーカー)のシステムを持っていました、しかし、まだ非常に良いです。 このシステムは非常に魅力的です。バーの上部には手動のコントロールがあります、ただし背面のハードワイヤードネットワーク接続とUSB入力は使用しません。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします

新着情報


2018年5月21日
NEW! 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3冠を達成

2018年5月18日
NEW! 新しいリスニングスタイルを提案するヘッドセット2モデルを発売

2018年5月16日
NEW! 「Wow!素晴らしいサウンド」ソニー SRS-XB3 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年5月12日
「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)

2018年5月9日
「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fのレビュー(評価)

2018年5月8日
「これなら良いんじゃないか?」バーチャルサラウンド技術で天井環境に依存せず立体的なサラウンド音場を、別売の専用リアスピーカーも

2018年5月8日
新型4Kブラビア全14機種「AIアシスタントサービスに対応予定」リモコンに話しかけ録画番組、インターネット動画、ニュースなどを確認

2018年4月25日
「今まで聞いたことのない最高の最高の」ソニー SRS-XB41 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年4月24日
海辺でも使える高い耐久性と重低音を実現したEXTRA BASS™シリーズワイヤレススピーカー発売

2018年4月24日
4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスク™レコーダー6機種