Pocket

2018年5月8日 プレスリリース

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X®に対応
臨場感あふれる3次元の立体音響をフロントスピーカーだけで実現するサウンドバー2機種を発売

 

立体音響技術「Dolby Atmos®」に対応したフラッグシップ機『HT-ST5000』が登場しました。そして、それをよりコンパクトなボディで実現した新モデル『HT-Z9F』がデビューします。
『HT-X9000F』は同日発表の4K液晶テレビ ブラビア『X9000Fシリーズ』の質感や形状に合わせたデザインを採用し、昨年発売したフラグシップの『HT-ST5000』に続き、音に包まれるような臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」対応のサウンドバーを拡充します。

SA-Z9Rさらに、『HT-Z9F』専用の別売の専用リアスピーカー『SA-Z9R』を追加することで、より臨場感あふれる5.1chのリアルサラウンド環境にカスタマイズが可能です。電源コードをつなげば、スピーカー間はワイヤレスで接続できます。また壁掛け設置にも対応し、さまざまなお部屋の環境に合わせた設置が可能です。

商品 型名 発売日
サウンドバー 『HT-Z9F』 6月9日
『HT-X9000F』
『HT-Z9F』専用リアスピーカー(別売)
(2本1セット)
『SA-Z9R』

プレスリリースはこちら

「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fの海外レビュー(評価)

 

ソニーストアの先行予約販売

サウンドバー 『HT-Z9F』 79,880円+税
サウンドバー『HT-X9000F』 59,880円+税
リアスピーカー 『SA-Z9R』(2本1セット) 34,880円+税

 

ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます

紹介した「サウンドバー」は、5月8日(火)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。

先行展示中!
当店 サンエイのショップコード [2174001]を伝えて
「サウンドバー」を実際に体験してください。※予約購入もできます。

 

 

関連情報

このブラビアには、どのサウンドバー/ホームシアターがおすすめ?... テレビの音が生まれ変わり、テレビ生活が一層楽しくなります。一般的には映画を見る法が使用するイメージがありますが、ソニーのホームシアターシステムあ映画の音を良くするだけではありません。 Buuetooth対応でスマホの音楽も高音質で再生でき、音楽再生器として使えます。この商品一つで様々な高音...
「重い!」「首が疲れないか?」ネックスピーカー『SRS-WS1』のレビュー... 音に包まれるような臨場感と振動による新たな音体験を実現 肩にのせるだけのウェアラブルネックスピーカー ソニーは、肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめる、ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』を発売します。スピーカーが首回りに配置されることで...
ソニー 4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発... 2018年4月3日 プレスリリース 「最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を拡充 4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」...
デジタル一眼カメラ αのユーザーをサポートする “α Plaza” を順次オープン... “α Plaza”オープン プロフェッショナルをはじめとした全てのαユーザーの創作活動をワンストップで支援-2016年12月8日- ソニーマーケティング株式会社は、プロフォトグラファー・ビデオグラファーから一般のお客様まで、デジタル一眼カメラ α™のユーザーの活動をサポートする “α Pl...
ソニー”普段使い”にも調和するスポーツ向けワイヤレスヘッドホン3機種発売... 左右独立型として世界初、ノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)を両立した『WF-SP700N』 2018年4月10日 プレスリリース ソニーは、左右独立型として世界で初めてノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)を両立した『WF-SP700N』を含む、日常的な使用シーンにも調和するスポ...
SRS-XB3ってどんなスピーカーかな? SRS-XB3はどんなスピーカーでしょうか?1)ワイヤレス 2)とにかく音が大きく出るスピーカー 3)重低音が得意 4)防水性能がある 5)長時間の再生が可能サイズ、重量:約211×80×83mm 約930g『SRS-XB3』メーカーページ 1)ワイヤレス(ブルートゥースの対応していない機...
SRS-LSR100 手元ではっきり「お手元テレビスピーカー」SRS-LSR100のレビュー「メチャ... ソニーの手元テレビスピーカーをテストしてみた。コンパクトな箱に入っています 箱の中身は お手元スピーカー、送信機(スピーカーの台になっています)、ACアダプター、マイクロUSBケーブル(長さ1.5m)、音声ケーブル(長さ1.5m)、光デジタルケーブル(長さ1.5m)、取扱説明書 ...
「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fのレビュー(評価)... 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応 3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで体感できる、ハイレゾモデル 海外のみなさんのレビュー 2019年1月7日現在 このページのレビューの翻訳です  レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  ...
「ワイヤレス、これなら簡単に設置できる」5.1chホームシアター4Kにも対応... 『HT-RT5』あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレス5.1chシステム(10月中旬発売予定)付属品:ワイヤレスリモコン(RMT-AH111J)、光デジタル音声コード(1.5m)、音場測定用マイク×1、AVマウス×1、単4形乾電池×2、壁掛けブラケット×2、ネジ×2このホームシアターは本...
4Kテレビもスマホでも楽しめる4Kハンディカム「FDR-AX60」「FDR-AX45」新発売... 2018年1月26日 プレスリリース ソニーは、高画質・高音質の4K映像と、スマートフォンでの再生・共有に適したショートムービーを自動編集※1することにより映像の楽しみ方を広げる、空間光学手ブレ補正機能搭載デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム®『FDR-AX60』と『FDR-AX4...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image43.jpg?fit=590%2C330https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/image43.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpスピーカープレス発表ホームシアタースピーカー,プレスリリース,ホームシアター2018年5月8日 プレスリリース   立体音響技術「Dolby Atmos®」に対応したフラッグシップ機『HT-ST5000』が登場しました。そして、それをよりコンパクトなボディで実現した新モデル『HT-Z9F』がデビューします。 『HT-X9000F』は同日発表の4K液晶テレビ ブラビア『X9000Fシリーズ』の質感や形状に合わせたデザインを採用し、昨年発売したフラグシップの『HT-ST5000』に続き、音に包まれるような臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」対応のサウンドバーを拡充します。 さらに、『HT-Z9F』専用の別売の専用リアスピーカー『SA-Z9R』を追加することで、より臨場感あふれる5.1chのリアルサラウンド環境にカスタマイズが可能です。電源コードをつなげば、スピーカー間はワイヤレスで接続できます。また壁掛け設置にも対応し、さまざまなお部屋の環境に合わせた設置が可能です。 商品 型名 発売日 サウンドバー 『HT-Z9F』 6月9日 『HT-X9000F』 『HT-Z9F』専用リアスピーカー(別売) (2本1セット) 『SA-Z9R』 プレスリリースはこちら 「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fの海外レビュー(評価)   ソニーストアの先行予約販売 サウンドバー 『HT-Z9F』 79,880円+税 サウンドバー『HT-X9000F』 59,880円+税 リアスピーカー 『SA-Z9R』(2本1セット) 34,880円+税   ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます 紹介した「サウンドバー」は、5月8日(火)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。 先行展示中! 当店 サンエイのショップコード を伝えて 「サウンドバー」を実際に体験してください。※予約購入もできます。    大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします