Pocket

2018年4月3日 プレスリリース

「最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を拡充
4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売

ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」の対応機種を拡充します。
また、同様に最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。

 

型名 発売日 メーカー希望小売価格
(消費税は含みません)
『STR-DH790』 6月16日 44,500円
『STR-DH590』 4月21日 33,500円
『STR-DH190』  4月21日 22,500円
『SS-CSE』  4月21日 24,500円 /2台1組

 

ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます

紹介した「アンプ他」は、4月4日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。

先行展示中!
当店 サンエイのショップコード [2174001]を伝えて
「映画館の立体的な音響空間」を実際に体験してください。※予約購入もできます。 体験できる店舗情報

 

 

関連情報

新発売のホームラジオ『SRF-V1BT』に関するQ&Aです。... SRF-V1BTに関するQ&Aです。 ステレオスピーカー/内蔵バッテリーを搭載。スリムな縦型のホームラジオ ・ステレオスピーカー ソニーの据置型ラジオはこれまでモノラルスピーカーの商品が中心でしたが、本機はステレオスピーカーを搭載しFM放送などのステレオ音源をステレオ音質で再生でき...
ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」 注文が殺到しため、突然長期品切れ... ウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」突然長期品切れ(2018年3月9日) 3/4(日)TV番組(アメトークSP 家電芸人)にてウエアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」が取り上げられた影響で注文が殺到しため、突然長期品切れとなりました。 ウエアラブルネックスピーカー「S...
「ほとんど弱点なしで3Dサウンド」サウンドバーHT-ST5000のレビュー(評価)... 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(TM)」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド『HT-ST5000』 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X™」に新たに対応し、リアルな3次元の立体音響を実現...
システムステレオ「CMT-SX7」ご愛用のお客様へ使用中止のお願い... シリアル番号の確認お願いします ソニーよりの緊急連絡で 2015年7月より販売のシステムステレオ「CMT-SX7」において、電気部品の不具合により、下記の症状が発生する場合があるとの連絡がありました。  【症状】 音楽が正常に再生されずノイズが聞こえる。 人の耳では聞きとれない高...
「サウンドバーを買いたいと思っているなら これだ!」HT-RT5のレビュー... あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレス5.1chシステム* 電源コードの接続は必要です HT-RT5の購入者のレビューです 2016年1月30日現在 このサイトのレビューです  4つ星 良い製品、設定も簡単... 素晴らしいサウンド! 2016-01-30  ...
このブラビアには、どのサウンドバー/ホームシアターがおすすめ?... テレビの音が生まれ変わり、テレビ生活が一層楽しくなります。一般的には映画を見る法が使用するイメージがありますが、ソニーのホームシアターシステムあ映画の音を良くするだけではありません。 Buuetooth対応でスマホの音楽も高音質で再生でき、音楽再生器として使えます。この商品一つで様々な高音...
スリム&コンパクトで、インテリアに調和するデザインのサウンドバー2機種を発売 |ソニープレスリリース... 2017年1月27日 プレスリリース 手軽に置きやすいサイズで、臨場感あふれるサウンドを実現 『HT-MT500』『HT-MT300』ともに、バースピーカーとサブウーファーを従来機に比べて大幅に小型化。 バースピーカーとワイヤレス接続するサブウーファーは、縦横どちらでも置き方を選...
ソニー、4Kの高画質ホームシアタープロジェクターなど3機種を発売... ソニーはホームシアタープロジェクターの新商品ESシリーズとして高画質な映像を家庭で楽しめるホームシアタープロジェクター3機種を発売します。 シアタールーム向け上位機種『VPL-VW515』およびリビングシアター向けベーシックモデル『VPL-VW315』では、小型ながらネイティブ4K(4,096x2,...
「HT-RT5の特長って何?」疑問点にお答えします。... HT-RT5の特長って何? 本機はバーチャルではなく、バースピーカー1台、リアスピーカー2台、サブウーファー1台で構成されたリアルの5.1chシステムです。 スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続を採用することで、それぞれの電源を確保すれば、視聴環境にあわせて手軽に自由な設置が可能...
広帯域収音でハイレゾ音源収録に対応したコンデンサーマイク3機種発売... 2018年1月23日 プレスリリース プロフェッショナル向けスタジオ録音用マイクとしては26年ぶりに開発 ソニーは、20Hz~50kHzの広帯域収音により、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の収録にも適したスタジオ録音用コンデンサーマイクロホン『C-100』、エレクトレットコン...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/04/image.jpg?fit=626%2C370https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/04/image.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpオーディオプレス発表オーディオ,ホームシアター2018年4月3日 プレスリリース ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」の対応機種を拡充します。 また、同様に最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。   型名 発売日 メーカー希望小売価格 (消費税は含みません) 『STR-DH790』 6月16日 44,500円 『STR-DH590』 4月21日 33,500円 『STR-DH190』  4月21日 22,500円 『SS-CSE』  4月21日 24,500円 /2台1組   ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます 紹介した「アンプ他」は、4月4日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。 先行展示中! 当店 サンエイのショップコード を伝えて 「映画館の立体的な音響空間」を実際に体験してください。※予約購入もできます。    大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします