Pocket

2018年4月3日 プレスリリース

「最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を拡充
4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売

ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」の対応機種を拡充します。
また、同様に最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。

 

型名 発売日 メーカー希望小売価格
(消費税は含みません)
『STR-DH790』 6月16日 44,500円
『STR-DH590』 4月21日 33,500円
『STR-DH190』  4月21日 22,500円
『SS-CSE』  4月21日 24,500円 /2台1組

 

ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます

紹介した「アンプ他」は、4月4日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。

先行展示中!
当店 サンエイのショップコード [2174001]を伝えて
「映画館の立体的な音響空間」を実際に体験してください。※予約購入もできます。 体験できる店舗情報

 

 

関連情報

スリム&コンパクトで、インテリアに調和するデザインのサウンドバー2機種を発売 |ソニープレスリリース... 2017年1月27日 プレスリリース 手軽に置きやすいサイズで、臨場感あふれるサウンドを実現 『HT-MT500』『HT-MT300』ともに、バースピーカーとサブウーファーを従来機に比べて大幅に小型化。 バースピーカーとワイヤレス接続するサブウーファーは、縦横どちらでも置き方を選...
テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売... テレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムなサウンドバー『HT-S200F』、『HT-S100F』の2機種を発売します。 両機種ともに、テレビの前に置きやすいスリムなサイズです。高さは6.4cm、奥行きは10cm未満を実現しました。(奥行き:『HT-S200F』は約9.5cm、『HT-S10...
「小さな部屋で適正です」サウンドバー『HT-S200F』のレビュー手軽さは優先したいが、音にこだわり... こんなサンドバーが欲しかった コンパクトなボディにサブウーファーを内蔵。これ1本で臨場感豊かな音を楽しめるサウンドバー   海外のみなさんのレビュー 2018年10月10日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)...
「HT-RT5の特長って何?」疑問点にお答えします。... HT-RT5の特長って何? 本機はバーチャルではなく、バースピーカー1台、リアスピーカー2台、サブウーファー1台で構成されたリアルの5.1chシステムです。 スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続を採用することで、それぞれの電源を確保すれば、視聴環境にあわせて手軽に自由な設置が可能...
“大画面”の新しい提案。省スペースで4K大画面投写が可能な超短焦点4K HDRプロジェクター誕生... 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター 4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター 『VPL-VZ1000』 メーカー希望小売価格:2,200,000円 + 税 発売日:4月22日 ソニーは壁際の至近距離から100インチ、最大120インチの4K HDR映像を投写し、迫力あ...
システムステレオ「CMT-SX7」ご愛用のお客様へ使用中止のお願い... シリアル番号の確認お願いします ソニーよりの緊急連絡で 2015年7月より販売のシステムステレオ「CMT-SX7」において、電気部品の不具合により、下記の症状が発生する場合があるとの連絡がありました。  【症状】 音楽が正常に再生されずノイズが聞こえる。 人の耳では聞きとれない高...
家庭で高精細な映像を楽しめる4K HDR対応 プロジェクター2機種発売... ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR∗対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売し...
ホームシアターHT-CT370/IV300/XT1/BDV-N1Bに関するQ&A... ホームシアターのQ&Aを集めました。 Q A各モデルのターゲットユーザーは?◆『HT-CT370』(サウンドバーモデル)・設置しやすいバータイプを望むシアターエントリーユーザー・スマホやPC、タブレットPCの音楽をBluetoothを使ってリビングで手軽に再生したいユーザー◆『HT-XT1』(台座タ...
ホームシアターシステム HT-XT1 の商品紹介... テレビ周りをすっきり整理でき、HDMI接続でテレビとの連動操作も可能なテレビ台座タイプ テレビの下に設置できるボードタイプ。省スペースで手軽に使えるシアターシステムです。強度の高い木製ボディにサブウーファーも内蔵し、シンプルなワンボディにまとめました。テレビとの接続はHDMIケーブル一本。テレビのリ...
「S100Fサウンドバーの音が好き」「簡単に設定できます」HT-S100Fのレビュー(評価)... 手軽に置いて、テレビの音をグレードアップ。HDMI端子を搭載したテレビスピーカー   海外のみなさんのレビュー 2018年8月4日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  統合されたツイーターを備えたソニー...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/04/image.jpg?fit=626%2C370https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/04/image.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpオーディオプレス発表オーディオ,ホームシアター2018年4月3日 プレスリリース ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」※1に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X」の対応機種を拡充します。 また、同様に最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。   型名 発売日 メーカー希望小売価格 (消費税は含みません) 『STR-DH790』 6月16日 44,500円 『STR-DH590』 4月21日 33,500円 『STR-DH190』  4月21日 22,500円 『SS-CSE』  4月21日 24,500円 /2台1組   ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます 紹介した「アンプ他」は、4月4日(水)よりソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて、先行体験できます。 先行展示中! 当店 サンエイのショップコード を伝えて 「映画館の立体的な音響空間」を実際に体験してください。※予約購入もできます。    大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします