Pocket

 

高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル

 

最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシックモデル『α7 III』

新たに開発した有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®(エクスモアアール)と最新の画像処理システムを搭載し、ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7 III』。
高感度ISO204800、693点の像面位相差検出AF(オートフォーカス)、高精度・高追従な瞳AF、最高約10コマ/秒※3の高速連写、充電一回あたり最大710枚の静止画撮影を実現します。被写体を選ばず、高速に捉えてその一瞬を豊かな表現力で切り取ることができる、ソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”のベーシックモデル です。

 

特長

 

新開発の24.2MP BSIフルフレームイメージセンサー
新開発の24.2MP裏面照光式Exmor R CMOSイメージセンサは、イメージセンサの読み出し速度を効果的に倍増するフロントエンドLSIとペアになっており、α7IIと比較して処理速度を約1.8倍に向上させたBIONZ X処理エンジンが更新されました。これにより、低ノイズ性能と広い15ストップのダイナミックレンジで高感度が得られます。光学ローパスフィルタなしで解像度を最大限に高め、サイレントまたは連続モードで撮影しても14ビットRAWフォーマットを出力できます。まさに壮観な画像です。

画像処理能力における進化の飛躍
α7IIIには、画像センサーの読み取り速度を効果的に倍増させる新しいフロントエンドLSIと、α7IIに比べて処理速度を約1.8倍に向上させた最新のBIONZ X処理エンジンが搭載されています。これらの強力なコンポーネントを組み合わせることで、より高速な撮影が可能になり、100〜51200のISO感度を実現します(静止画のISO 50〜204800、低感度設定の15-stopダイナミックレンジまで拡張可能)。すべての設定とすべての撮影条件での優れた全体的なパフォーマンス保証します。

サイレントまたはメカニカルシャッターで最大10fps1
最新のシャッターチャージユニットの採用と画像処理システムの進化により、フル解像度で最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。最大177枚の連写持続性能で、撮り逃しが許されないシーンでも安心して撮影に臨めます。さらに、無音・無振動のサイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写が可能。静寂さが求められるシーンでも決定的瞬間を逃しません。また、メカシャッターのような振動が発生しないため、解像性能を最大限に引き出せます。

 

ハイブリッドオートフォーカスシステム
α7IIIは、画像領域の約93%をカバー、コントラストAF点425点、信頼性の高いEye-AFをカバーする693点の像面位相検出AF点で構成された世界クラスのオートフォーカスシステムを備えています。組み合わされると、コントラストと位相の検出AFポイントの両方が、ロックオンとロックオンのままでいるワイドで高速で信頼性の高いAFのための4D FOCUSハイブリッドAFシステムを形成します。この高度なシステムは、約2倍の精度でトラッキングする低照度条件のα7IIの約半分の時間でAF取得を実現します。高い評価を受けている瞳AF機能は、AF-Cモードを使用する場合、およびSonyのAマウントレンズをアダプタと組み合わせて使用​​する場合に約2倍有効です。

5段、5軸ボディ内手ブレ補正
5軸ボディ内手ブレ補正システムは、高解像度の撮影能力をサポートするように微調整されており、5段のシャッタースピードの利点でボディ内手ブレ補正

システムを実現しています。カメラの揺れは効果的に5つの軸で補正されます:ピッチとヨーは画質に全体的な影響が最も大きく、XとYのシフトは、高倍率で最も顕著であり、ロールは夜のショットや映画を台無しにする可能性があります。ライブビュー画像に手ブレ補正が適用されるため、動きの速い被写体をより簡単にフレームすることができます。静止画や静止画、マウントアダプターを介して取り付けられたAマウントレンズの効果的な手ブレ補正が図られています。

セキュアで汎用性の高いデュアルSDメディアスロット
2つのSDメディアカードスロットが静止画およびムービーストレージ用に提供されています(1つのスロットはSDカードまたはメモリスティック用)下部のカードスロットがUHS-II互換で、書き込み速度が速くなります。両方のカードに同時に静止画や動画データを記録してバックアップしたり、RAW画像を1枚のカードに記録して、JPEG画像を別のカード記録したりすることができます。静止画と動画を別のカードに記録することもできます。最初のカードがいっぱいになると、リレー録音が自動的に2枚目のカードに切り替わります。便利なバックアップのために、カメラ内でカード間でデータをコピーすることができます。ソニーSF-GシリーズUHS-II SDカードは、最大転送速度が必要な状況に最適です。

 

ビデオプロフェッショナル向けの高品質4K HDR
α7IIIは、フルフレームイメージセンサの全幅に渡って4K2(3840×2160ピクセル)のビデオ録画を提供する、ビデオカメラとしては非常に優れています。ビデオモードでは、α7IIIはピクセルビニングなしでフルピクセル読み出しを使用して、4Kムービーに必要なデータ量の約2.4倍を収集し、それをオーバーサンプリングして、詳細な高さと深さで高品質の4Kフッテージを生成します。S-Log2とS-Log3はともにカラーグレーディングの柔軟性を高めるために利用可能ですが、HLG(Hybrid Log-Gamma)はHDR(High Dynamic Range)ワークフローをサポートし、HDR(HLG)対応のテレビで真に生き生きした4K HDR画像を再生することが出来ます。α7IIIはフルHDを120 fps2で最大100 Mbpsで録画することができるため、フッテージを見直し、最終的にフルHD解像度の4倍または5倍のスローモーションのビデオファイルに編集することができます。

4Kの詳細、HDRの美しさ
4K HDR(ハイダイナミックレンジ)は、視覚的な深みとインパクトのある視聴者を驚かせるもので、従来の映画やテレビのようなものではありません。深い影から鋭いハイライトまで画像を再現する能力を備えた4Kハイダイナミックレンジ(HDR)は驚くべきものです。インスタントHDRを使用すると、複雑なポストプロダクションなしでハイダイナミックレンジをキャプチャすることができます。Hybrid Log-Gamma(HLG)録画はHDRをキャプチャしますが、HDRと従来のテレビの両方で美しく再生されます。多彩な機能を追加するため、カメラはS-Log3エンコーディングも提供します。

長持ちのZ電池
大容量のNP-FZ100充電式バッテリーはNP-FW50 Wシリーズバッテリーの約2.2倍の容量を持ち、ミラーレスカメラのα7IIIで、1回の充電で定格バッテリー寿命最長で710ショットになります。オプションのVG-C3EM縦型グリップ(別売)には2本の電池が収納されます。長いセッションでは重大なスタミナが必要な場合は、NPA-MQZ1Kマルチバッテリアダプタキット(別売)を使用してください。NP-FZ100はインフォリチウム技術もサポートしています。これにより、カメラのLCDスクリーン上のパーセンテージディスプレイと5ステップアイコンの両方でバッテリ残量を表示することができます。オプションのBC-QZ1バッテリチャージャーもチェックしてください。

 

自然なグラデーションのための16ビット処理と14ビットRAW出力
圧縮および非圧縮の14ビットRAW形式の両方がサポートされています。イメージセンサのアナログ – デジタル(AD)コンバータからの14ビットデジタル信号は、フロントエンドLSIおよびBIONZ Xイメージプロセッサによって16ビット形式で処理され、14ビットRAWデータとして出力されます。結果として、より滑らかでより自然なグラデーションが得られ、全体的な画像品質が向上します。エンハンスドBIONZ X画像処理LSIは、サイレント撮影または連続モードで撮影しても14ビットのRAW出力を可能にします。

ハイコントラスト263万ドットの有機EL 電子ビューファインダー
α7IIIは、高輝度を実現した233万9000ドットのEVF(XGA OLED)Tru-Finderを特長とし、伝説的なZEISS T *コーティングを採用して反射を大幅に低減し、両面非球面要素は0.78倍の優れた倍率コーナーからコーナーの透明度。カメラの電源を入れたときのEVF起動時間は、α7IIに比べて約40%減少しています。

922Kドット(約)3インチ(3.0型)チルトLCDモニター
この3インチ(3.0型)液晶モニターには、約922Kドットの高解像度と詳細な表示が可能です。モニターはタッチ操作をサポートするだけでなく、最大107度まで上方に傾斜し、最大41度まで下方に傾いて、柔軟な保持およびフレーミングを行います。

 

タッチAF機能
フォーカシングはこれ以上直感的になりません。タッチフォーカスを使用すると、LCD画面にタッチして目的のフォーカスポイントを指定することができます。フレームの端に近い被写体であっても、フォーカスポイントを再配置したり手動でシフトさせたりすることなく、即座に選択することができます。手動でピントを合わせるときは、モニタ上の任意のポイントをダブルタップして、そのエリアの拡大ビューを表示します。タッチAFは、ムービーを撮影するときにもフォーカスポイントをスムーズに変更できます。

強化された瞳AF
Eye AFは自動的に被写体の目を検出してピントを合わせます。連続AFモードで動く被写体を撮影しても、α7IIIでは特に改善されています。被写体がカメラから遠ざかるとき、顔が部分的に暗くなったとき、およびその他の困難な状況では、信頼性を高めるために顔検出も更新されました。

防塵・防湿設計の頑丈なマグネシウム合金ボディ
α7IIIボディの構造は、内部フレーム用の軽量で高剛性のマグネシウム合金だけでなく、トップ、フロント、リアのカバーにも備えています。グリップ部にはマグネシウム合金のフロントカバーが一体化されています。重い望遠レンズを使用しても剛性と耐久性を最大にするために、レンズマウントを固定しているネジの数を6つに増やしました。ボディ全体にシールが施され、埃や水分の侵入を最小限に抑え、厳しい環境で確実に機能させることができます。すべての主要なボタンとダイヤルには密封されていますが、メディアとジャックのカバーとエンクロージャーの端には二重保護用の蓋と溝のジョイントが付いています。レンズ、垂直グリップ、およびフラッシュユニットのジョイントにも最大限の防じんと耐湿性が維持され、システムの信頼性に優れています。

 

海外のみなさんのレビュー


2018年12月14日現在

このページのレビューの翻訳です 
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)


 価格帯で最高のカメラ

簡単に、2000ドルでベストのフルフレームミラーレスカメラ。
高速オートフォーカス、非常に優れたISO性能、クラス最高の画質。
 バッテリーの寿命は本当に良いです。華氏10-15℉の寒い季節に約600-700発のショットを撮れます。
画面とビューファインダーは低品質ですが、大きな問題ではないはずです。 2018-12-12


 これは怪物です

これは私の最初の「本物の」カメラであり、初めての写真撮影の経験です。
この機械は怪物です。私はすべての絵が出てくる方法が大好きで、私は学ぶほどのことがあります。私はこのことがもう少し知識と経験でできることを想像できません 2018-12-09


 間違いなく2018年のベストカメラ

1か月間 大好きでした…盗まれるまで!
まだこのjカメラを清算しています、でも絶対もう一度 購入します。2018-12-07


 素晴らしい価格

わぉ 2018-12-04


 オートフォーカスは状況を一変させるものです

何を言えばいいのか あなたはすでに聞いていますか?
これは2018年に無敵のカメラです。デジタル写真の機能と品質の新しい基準を設定しました。 2018-12-01


 このカメラが大好き

この購入に広範囲のリサーチを行い、選択に非常に満足しています。
私は手が震えるので、ほとんどどのようなショットも手持ちで撮ることができませんでした。
私は再び手持ちのショットをすることができます!
まともなショットを1/8秒に抑えて手に入れることができました。
私はすべてのキヤノンのギアを持っていました。
ミラーレスに変更することに決めたとき、それが高価であることを知っていました。
Sony 24-105 F4 Gレンズを身につけて、ほとんど独占的に使いしました。
またMetabones Vアダプターを購入し、CanonレンズをSony本体で使用するのに問題はありませんでした。
Canonのカメラに装着するよりもCanonのレンズから良い結果を得られると思います。
メニューが大変で学ぶのに時間がかかるのを認めますが、私はゆっくりとプロセスを進めています。
私はまだビデオを試していないので、私はそれについては話すことができません。 2018-11-28


 素晴らしいアップグレード

私はソニーα6500 それ自体素晴らしいカメラです(私はAPS-Cの軽量化を楽しんでいます – ハイキング用カメラ)からα7II(α7Ⅲの間違い?)に移りました。
α7IIIはそれ自体が楽しいアップグレードであることを証明しました:まだ十分に軽く(私が亡命者であったキヤノンシステムの奇妙なものではありません)、私の使用目的(家族の場面、風景、人物 )に非常にうまく機能するレンズとセンサーがあります。 2018-11-24


 大好きです

このカメラが大好き!!!
ハイブリッドシューターのα7SⅡからの大幅なアップグレード。 2018-11-17


 5つ星

あなたができる最高のミッドアッパーレンジカメラ。
私はCanonとSonyの両方を持っています。 2018-11-17


 ソニーα7Ⅲが大好き

キャノン60Dから来ました、ソニーのダイナミックレンジは驚くばかり。
これをキットレンズの28-70と一緒に購入しました、私はすでに風景のための古いキヤノン10-18を逃しています。
このためのレンズは安くありません、別途1300ドルは解決しません。
ほとんどすべての条件でピントが合います。
デュアルSDスロットも気に入っています。この新しいソニーのための有益なYouTubeのビデオがたくさんあります。
購入することを検討している場合は、見ておく価値があります。
私はキヤノンとニコンのミラーレス製品見ています、ソニーは特徴で簡単にそれらを打ち負かします。
私は大部分で風景を撮影しますが、これまでのところ私はSony α7IIIで得た結果に感激しています。 2018-11-08


 古いデジタルカメラからアップグレード

撮影から10年という非常に長い休憩を取った後、ミノルタ7Dを取り出し、スポーツ活動を撮影しようとしました。
すぐに、3 fps、6 mp解像度、高いISOノイズがこの仕事にはもう間に合わないことを認識しました。
長い研究の末、このカメラと共に行くことにしました、私は喜びそして、ミノルタのカメラ部門(またはそのようなもの)を引き継いで以来、ソニーがどのように進歩したのか驚きました。
カメラは初心者の写真家のためのものですが、一度それが提供する多彩な機能に精通すれば、あなたは別次元の場所にいます。
私は、豊富なメニューシステムのビデオをオンラインで見ることを強く勧めます。このカメラについてもっと多くのことが言えます… 

それを愛してください! 2018-11-07


 すげーカメラ。これ以 上何を望む?

カメラのこのめちゃカッコいいカメラを開発してくれてありがとう。
これは、写真家が自由に使える強力なツールです。
絶対に狂っているようなダイナミックレンジ…こんなにも大きい、Lightroomのスライダーでさえ維持することはできません。
非常に高いISO品質。100 ISOと1000 ISOの違いを知ることはできません。
巨大な柔軟性。瞳オートフォーカスは完璧です。高速。反応速度。このカメラからの美しい画像。私の古いα6000を震撼させます。非常に感動します。
“エントリーレベル”の写真家のために十分な以上に。
まじめな話、2,000ドルで、もう探す必要がない。 2018-11-05


 これは良いですか?

これより良いカメラは見つけられない。 2018-11-05


 オーバーヒート

あまりに簡単にオーバーヒート 2018-11-01


 このカメラが好き-無料のアドビーの情報はどこ?

このカメラは最高!
これのすべてが気に入っています! 2018-10-30


 素晴らしいカメラ

たとえ成長の余地がたくさんある趣味ためでもほんとに素晴らしい。
キヤノン40Dと入れ替えて、本当に満足しています。 2018-10-29


 小さくてパワフル

非常にパワフルなカメラ、サイズですこし珍しいです、これは小さく大変コンパクト。
バッテリーグリップは間違いなくボディに重量をもたらします。 201810-26


 価格でベストのミラーレスカメラ

気に入った。α7RⅢよりよいフォーカス 2018-10-24


 どこから始めれば…

短いバージョン:私はこのカメラを愛しています!

より長いバージョン:これは最初に撮影を開始したときに持っていたかっていたカメラです。
私が使用した他のカメラ(NikonとCanon)と比較すると、このカメラはとても使いやすく、撮影ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。
これは遠方からでも瞳を捉えることができるフォーカスの怪物です、たとえ遅いAFと知られている50mm 1.8でも。
自分のやり方で来るすべてのショットにピントを捉えることができるようになったので、今や自信を持っています。
バッテリーの寿命は改善しています。
私は最近(添付写真)イベントを約5時間撮りました。バッテリーは100%から80%になりました。
私はα7Ⅱで3つの電池を交換することが嫌いでした。

私が出席したディア・デ・ムエルトスのお祝いの場所で、このカメラをテストしたに写真が添付されています。

真剣に。ちょうどこのカメラを手に入れてください。
これを強く強くお勧めします。
私は再び撮影を開始することに興奮しています。 2018-10-22


 技術的なレビューではなく-使ってみて

この素晴らしいカメラの技術面には素晴らしい評価がたくさんあるので、私はそれについては述べません。
代わりに、先週にそれを使ったいくつかの個人的な経験を共有します。
私は28-70mmのキットレンズでカメラを買いました。
コスコから、128GBのSandisk Extreme SDカードを2枚買って入れました。
悲しいかな、スロット1はスロット2ができるうちにそれを読み取れませんでした。
カードを切り替えると同じ結果が得られたので、カードの問題はそうではありません。
そして私のα6000はカードを読むことができました。
インターネットで検索すると、これは128GBカードのα7Ⅲでよく見られる問題です。だから私は2枚のPNY 32GBカードを用意しなければならなかった。

カメラは軽量で、本当に好きです。
24-70mmペンタックスレンズと70-200mm TamronのPentax K-1から来て、私は携帯性を本当に感謝しています。
人間工学のためには、私は大きな手を持っているので、グリップはK-1がもっと快適だと言わなければなりません。
私の親指の下にAF-onボタンが自然に落ちます(私はいつもバックボタンを使用します)ダイヤルは簡単に制御できます。
逆に、α7Ⅲのフットプリントが小さいので、親指がAFオンボタンを「捜す」必要があり、フロントダイアルが操作しにくいことがわかりました。数回の試行の後、今設定に使用され、すべてのコントロールボタンとダイヤルでより自信を持って感じます。

私は、動きの速いオブジェクト(スポーツ、鳥など)の高速マルチフレーム撮影を試していないので、α7Ⅲを7DⅡと比較してどれほど良いと言う事は出来ません(どちらも10fpsあります)。
それに、α7Ⅲのキットレンズは、7DⅡの100-400mmIIの範囲とパワーが欠けています、それについての意見を後で残します。
ところで、私の手には7DⅡの方が良いグリップを持っています。

グリップに戻って – α7Ⅲとα6000を比較すると、α6000の方が溝がなく、BBF(AF-onボタンなし)を行う必要がないので驚くほど優れています。

全体的に、これまでのところα7Ⅲが大好きで、いろいろなレンズを持っていれば(旅行のために24-240mm、いくつかのGMレンズやローカル用途にTamron)よく使うでしょう。 2018-10-19


 素晴らしいカメラ、ソニーの充電器を購入しないでください

あなたがこれを見ているなら、おそらく既にレビューを見て、それを知っているでしょう。
しかし、2000ドルのカメラを充電器なしで出荷すると、100ドルで売ることができるようになります。
私は純粋な欲求で1つ星を獲っています。
長年に渡って多くのプロレベルのカメラを所有していましたが、今まで充電器なしで1台も受け取ったことはありません。

USB充電が利用可能ですが、それは狂ったほど遅いしどんなシリーズも実行可能なオプションではありません。
私は声明を出しています、私はソニーに数ドルの費用がかかるこの価格を支払うことを拒否します、このカメラに含まれていたはずの充電器が必要です。
皆同じことをして、多くのアフターマーケットの充電器を購入すれば、ソニーは何かを学ぶでしょう。 2018-10-15


 完璧

私が今までに所有していた最高のカメラを手にした。
すべての写真は100%自然光を使用して表示されます。Lightroom Classicで編集しました。 2018-10-04


 タッチキャプチャはありません

タッチキャプチャやシャッターがなければ、私はα7Rやα7Ⅲでお金を無駄にしたくない。
Sony – 象徴的な機能の1つを削除しました。修復されるまで待つ。 2018-10-04


 短所を凌駕する多くの長所

私はこのカメラが大好き!
しかし、いくつかの長所と短所があります

長所:
電池寿命 – 写真は1.5日ほどで終わります。ビデオは1日ぐらい
グリップ – 私は小さい手を持っているので、カメラは私の手には完璧です。
オートフォーカス – これはビデオで不思議ほど機能します、写真にいくつかの小さな欠陥があります。
演色 – 私は個人的にカメラから来る色の科学が大好きです。

短所:
防水や本当に耐水ではありません
ポートに入るための少し締まりのないドアは、特にショットガンのマイクを使用すると私を狂気にさせてしまいます。 2018-10-04


 α7Sからの素晴らしいアップグレード

素晴らしいカメラ。私は正直言って、α7IIIを私の第1世代のα7Sの替わりななる見なしていませんでした。
私はとてもうれしいです!
オートフォーカスが信じられません、Nikon、Sony、Leicaから過去5年間で所有していたものの中で最高のものです。
α9と同じオートフォーカスシステムを持っていることがわかりました。
センサーは違いますが、オートフォーカスは同じです。
冗談抜きに、エントリーレベルのフルフレーム一眼カメラとしてこれを販売しますが、機能はプロです。 2018-10-03


 以前のキヤノンユーザーからです、競争を勝ち抜いています。価格帯で最高のカメラ!!!

私は何年もCanonのユーザーでした。私はこのカメラを購入に懐疑的でした。
このカメラを紙で見ると、そのスペックは価格には驚くべきものです。
キヤノンは、同じ仕様のために少なくとも$ 800- $ 1000を請求するでしょう。

だから私はこのカメラを買って、キヤノンに沿って使って、キヤノンのレンズを装着しようと思いました。
キットレンズでカメラを購入していましたので、適合したキヤノンレンズと自社製のソニーレンズを比較することができました。
さて、新しいシステムを使いこなすには、メニューシステムを学んで、すべてのプログラム可能なボタンをカスタマイズして、私が望んでいた方法を数日かかっていました。
ソニーでは、カメラをカスタマイズするためのさまざまな方法をユーザーに提供しています。Canonはユーザーにそれほど自由を与えません。

私はMC-11アダプタを使ってSonyのCanonガラスを使って写真撮影はうまくいきしたが、ビデオのオートフォーカスは苦労しました。
ソニーα7IIIを数週間使用した後、私はシステムに非常に感銘を受け、ソニーに切り替えることにしました。
キヤノンがビデオ機能を向上させるのを待っていましたが私は十分待ちました、私はキヤノン製のガラスを販売し、Tamron 28-75 F2.8 Eマウントを含むソニー製のガラスを購入しました、これらはこれまで所有していたレンズよりもはるかに鮮明な驚くべきレンズです。
はい、私のキヤノン70-200 IS II 2.8よりもシャープです。私はもはやシャープネスを編集で追加する必要はなくなりました。

ソニーα7IIIは非常に多くの素晴らしい機能を備えた素晴らしいカメラです。
私が一番気に入っている機能の一部は、4Kフルフレームビデオ、1080p @ 120p、露出をリアルタイムで表示する電子ビューファインダー(驚くべきことで形勢を一変させます)、スポーツや野生生物に最適な秒当たり10フレーム、ダイナミックレンジの15ストップ、高速オートフォーカス、瞳オートフォーカス、およびフレームの大部分をカバーする何百ものオートフォーカスポイント。

ソニーはニコンとキヤノンの反対で昔の遺産に囚われません、革新の歴史が続くことを願っています。

私にとって、このカメラは素晴らしい価格で私のニーズをすべて満たしています。
完璧なカメラはありませんが、今はかなり近いです。このカメラを使うと、もっと撮影したいと思い、私が作成するのに役立つツール与えてくれます。
後悔のないキヤノンのユーザーから。 2018-09-29


 好きにならない理由がない

うれしい私はソニーに切り替えました。 2018-09-28 


 ソニー+シグマアート

私はシグマレンズを使用していますので、低照度でのAFはそれほど素晴らしくはありません(顔と瞳AF)。
バックスクリーンとEVFは私の意見では的確ではありません(露出、フラッシュ、手触り)。それ以外はこのカメラが大好きです。
α7Ⅲは、すべてのレンズ(Sigma Art 135mm、50mm、24mm)をより良くなりました。色はちょうどいいです、そして、これは写真の色が編集の前にカメラで大きく見えたCanon 5D Mark Ⅲから来ています、そして編集前の演色は素晴らしく見えます。 2018-09-27


 素晴らしい製品

私は本当にその製品が好きですが、それは高すぎます。 2018-9-27


 信じられないほどのカメラ!

私は5月初めからカメラを使っています。
なので この夏、私は本当にうまくカメラをテストし試してみることができました。
だから、私は今、ほとんどすべての分野でこのカメラが素晴らしいことが分かると言うことができます。
ソニーは将来の方向性をはっきりと示すこのカメラで何かを作り出しました。
オートフォーカス、低照度、処理、機能など、どこでもカメラは大きなスコアを得ることができます。明確な購入決定! 2018-09-23


 ベストカメラ

先行予約が終わった時にアドラマ(通販会社)からこのカメラを手に入れました。
余裕で、これまで使用してきた中で最高のカメラ。
ソニー製レンズの価格だけが欠点です。
しかし、もし実際あらゆるレンズをこのカメラに適応させることができれば。 2018-09-23


 このカメラシステムのためにキヤノンを離れる

素晴らしいカメラと付属のキットレンズはシャープです。
レンズがシャープでないと言っている人には賛成しません。
その速度は遅いですが、あなたは自身を1000以上ぶっ飛ばしてください、幻想的な$ 1,200.のレンズが撮ることができる所ならどこでも、このレンズで撮れます。
唯一ソニーの気に入らないのは、カメラのごみのストラップです…安い安い…それとソニーが作っている非常に高価なレンズです。
しかし、他の企業(シグマなど?)がソニーができないような(割安な?)レンズを作るように、助けが進んでいます。
ソニーが現在のものとは違ってニコンとキャノンのアダプターを思いつくことができれば素晴らしいでしょう。 2018-09-20


 キャノンからこのα7Ⅲに乗り換えて、これ以上の幸せはありません

この時点で、私は2~3か月α7Ⅲを使っており、約3000の画像を撮っています-主に家族、ペットと6か月の娘。
正直いままで撮った中でベストの画像と言います、そしてこのカメラは私の写真をまったく新しいレベルに昇華させるのに役立っています。
私は誰にでも今すぐにでもこれをお勧めします。

少しの背景とより詳細…

私は、最後のカメラ用に70D(APS-Cセンサー)を使用して10年以上の間、Canonの専用ユーザーでした。残念なことに、そのカメラにはすべてのレンズを微調整していたにもかかわらず、前後にピントがずれる問題がありました。
私は念のため3〜4枚追加して画像を撮ります、そのうちの1つがキーパー(残して置ける写真)になるようにするために。

今年の初め、フルフレームにすることに決めました、私にとってラッキーなことにソニーはα7Ⅲの機能を発表しました、それはキャノン/ニコンが何年も前に同じような価格で提供した機能のようなものでした。
プロとアマチュアからの長所と短所のレビューを数週間にわたって読んだあと、私は決心して、24-70GMレンズと一緒にα7Ⅲを注文しました。 
このソニーのカメラを2か月使って、私は最高に幸せです。

他のレビューで見つけられないかもしれないいくつかの長所と短所があります。

長所
– 瞳A​​F:広告は本物です!
瞳AFは(90%の時間)信じられないほどうまく動作し、人物を撮るのがとても簡単です。それをオンにすると、ほとんどの画像は非常にシャープで、被写体の目を拡大して自分の考えを見つけることができます。それは誇張ではありません!

– 優れた低光量性能:キヤノンでは、低照度の画像では高ノイズのため、ISO 1000以上をめったに撮りませんでした。α7Ⅲでは、まだフラッシュを購入していないので、常に10,000〜12,500の範囲で撮影しなければりませんでしたが、画像は処理後も見た目が驚くほど見事です。

– 後処理の時間が短縮:70Dと比較して、後処理が必要な画像が少なくて済み、処理時間が短縮されます。

– ファイルサイズ:ある時点で、私はα7(R)Ⅲを真剣に検討していましたが、今このカメラを選んだことをうれしく思います。
このカメラの50MBファイル(RAW圧縮されていないファイル)でさえ、すでに2014年のMacbook Proを少し遅く感じさせます。
α7RⅢの80-90MBのファイルが私のコンピュータに何をするのか想像もできません。

短所:
– ソニーのソフトウェアは価値がありません:RAW処理ソフトウェアには、写真管理、編集、リモート撮影アプリの3種類のアプリがインストールされています。
私はこのアプリを使用して痛みを感じるので、最初の週の後にアンインストールし、Capture One Proを購入しました。

– 内蔵フラッシュなし:私は個人的に内蔵フラッシュが必要だと思います。
ほとんどの低照度の状況では、バッグから70Dを取り出し、数秒でスナップを開始することができました。
現在、私は外部フラッシュを所有していませんが、過去の経験から、外部フラッシュを取り付けなければならない時には、はるかに時間がかかることがわかります。

そうは言っても、カメラは写真ですでに作った驚くべき違いのため、私はまだこのカメラの5つ星の評価しています。 2018-09-16


 5つ星

骨の髄まで悪、自分のを手に入れて! 2018-09-10


 すべての価格の価値があります

MC-11アダプターとCanonレンズで使用する。素晴らしいカメラ。素晴らしい写真。 2018-09-07


 キャニコン なに?! ソニー>すべて

以前のキヤノンのユーザーとして、ソニーα7Ⅲに変更して後悔はありません。何一つなし!
このカメラは、価格帯で最高です、文句なしに。
ほぼ完璧なオートフォーカスを持っており、暗いところでフォーカスが迷うことはありません。
私はカラーサイエンスに問題はありません(写真界のいくつかの苦情とは異なります)。
結論は、あなたが写真家であり、ワークフローが不可欠である場合、このカメラはスピードを上げることでしょう。うまくやる。
ポストカラー補正の時間を節約し、オートフォーカスで釘付けにしてより多くのキープを保ちます(たとえピントが合っていなくてもキープするキヤノンとは違って)、そしてあなたが普通か小さい手なら人間工学的に気分がいいです。

短所:
– 専用バッテリーチャージャーは付属していません。ソニー、これはばかげています! あなたは1つ買わなければならないでしょう。それは安いです。
– それは直前に、これのための機器を見つけることは難しいです。
何かが必要な場合は、使用する前によく知っておく必要があります。
たとえば、フラッシュのようなもの。
あなたの近所のカメラショップにあるとは思ってはいません(はい、私はまだそれを1つを持っています)、ソニー製のアクセサリーを見つけてください。おそらく、あなたはそれらをオンラインで購入するか、店にあなたのために取り寄せするよう依頼されるでしょう(あなたがニューヨークに住んでいない限り)。
あなたがアダプターを使用している場合、星空の結果はあまり期待されませんが、それでも良い結果が得られます。ソニー製レンズは私の個人的な経験から優れています。

私はキヤノン5D4 を無くすわけではまったくありません。 2018-09-01 


 予備レビュー:それが壊れる前に私が1時間持っていたカメラの最初の印象。

イベントの中で、私は非常に短い時間 カメラを持っていただけです。
キヤノンユーザーで、キヤノンレンズとロキノンだけを持っています。私が今使っているカメラはT5iなので、プロではありません。

ソニーについて私が好きなもの:
カメラは、昔の35ミリフィルムカメラのように丈夫で重い感じがします。私はその気持ちが好きだった。
私のCanon T5Iのものと比較して、センサーは巨大です。
Metabones Vのアダプタでオートフォーカスは、50mm 1.8で非常に高速でした。
ボケは素晴らしかったです。

α7IIIについて好きでないもの:
過去のキヤノンのカメラのから来て、このカメラはコンパクトカメラのように感じる。USBと外付けのマイクをカバーするドアは非常に薄いので、$ 2000ドルのカメラではないと感じます。
SDカードやバッテリーを収納しているドアでさえ、非常にもろいと感じます。
私のT5Iは400ドルのカメラで、はるかに頑丈な感じです。
バッテリーチャージャー付いていない。嘘だろうソニー?

それは私がこれまでに言うことができるすべてです。
要するに、私のカメラまたはmetabonesアダプターは欠陥があり、一度私がcaneraからmetabonesを取り外したら、カメラボディのレンズ接触が壊れていた。
同様に、完全に切り取られ、曲がった。だから、私は両方の商品の交換をして、レビューを更新します。 2018-08-31


 素晴らしいカメラ!

軽量で高品質のカメラです。それだけの価値がある。 2018-08-29


 買いやすい価格でプロレベル

過去に所有していた2つのCanon一眼レフと比較して、オートフォーカスのスピードと正確さの点で、それら圧倒します。低照度では、まだ試していないα7Sを除いて、低照度性能は消費者市場で見たことはありません。
私が買ったバージョンにはキットのレンズが付属しており、性能は良いです。
究極の低照度機能には最適ではありませんが、十分に信頼できます。
興味深いことに、キットのレンズには、更新可能なファームウェアもあります。
シグマMC-11アダプタを使用してCanonレンズを使用しました。
Canon 17-40mm f4LとCanon 70-200 f2.8Lはすばやく焦点を合わせました。
シグマ 8-16mmレンズはフォーカスが合っていましたが、APS-Cセンサー用です。
奇妙なことにキヤノン50mm/1.4とシグマMC-11とα7Ⅲのペアとペアになっており、房のコントロールが機能する前に1〜2分かかりますが、いったん開始するとこの組み合わせは夜を昼に変えます。
私はまたα5100で使ったソニーの35mm 1.8 OSSレンズを使用していますが、それは品質を犠牲にするAPS-Cモードにしてもまだ十分です。

Femxのフラッシュトリガーを使ってCanon 580ex Ⅱをこの(マニュアルモード/ HSSなし)で正常に使用することさえできます。

これを買った理由はビデオのためでした。4Kは素晴らしいですが、私は言う必要があります、それを稼働させるためにUHS-IIカードの代金を支払う予定です。
スロー&クイックモーションの設定は、slow-moにすばやく切り替えるのに適しています。

メニューシステムは少し多すぎですが、少なくともCanonには欠けている多くの機能が含まれています。バッテリー性能はかなり信じられないほどです。

全体的に見て、なぜこのカメラが過酷な環境で使わない限り、ほとんどのプロを満足させないのか分かりません。
その場合、おそらく防塵防滴は十分ではありません。
これのコンパクトなサイズはあなたが注意を引くことを望まないときにはいいです。 2018-08-27


 画像の品質

これまでで最高のカメラ! 2018-08-25


 5つ星

これのオートフォーカス傑出しています。娘の誕生日にプロの写真を撮りました。 2018-08-22


 レンズの問題

私はこのカメラを2018年7月下旬に受け取りました。
修理のためにレンズを2回送りましたが、今日はカメラとレンズの両方を送り返しています。3度目が魅力的になることを祈りましょう。
最初の数枚の写真はとても良かったです。
その後、レンズは合焦に失敗しました。私は修理のためにそれを送って、同じ状態が発生しました。2回目の修復の後、2週間後にレンズが再び故障することがありました。ソニーは、欠陥を修正されていないデザインを市場にリリースしました。 2018-08-20


 このミラーレスは価値がある

オーマイガー、このカメラは本当にすべてを行います!
メニューをスローグして正しく設定しますが、それが完了すると、それは夢です。私は非常に満足しています。 2018-08-14


 本当に素敵!α7M3は写真家としてのあなたの信頼を高めます。

私は2018年5月からα7Ⅲを持っていました。私は7月に家族の休暇中に良い品質の写真を撮りたかったのです。
このカメラは絶対にそれに見合った価値があります。私のような愛好家を助け、驚くべき写真を撮ります。(まだ勉強して練習しなければならない)カメラが大好きで、レンズは素晴らしいです。 2018-08-11


 完璧なカム

大好きです 2018-08-09


 ほぼ完ぺき

私はこのカメラのほとんどが好きです。
それは{自撮り写真」またはブログのための明確な画面を持っていれば完璧だろう。
私は彼らが写真のタイムラプスの特徴を保つことを望みます 2018-08-09


 メガピクセルの概念

グッドデイ、

私のメニューを見て下さい
「品質/画像サイズ1」
JPEGの画像サイズ:
10m L:10M
6.0m M:6.0 
2.6m S:2.6
α7Ⅲは24メガピクセルをサポートするフルフレームカメラです
なぜL:24Mの代わりにL:10Mですか?

あなたの製品の説明に記載されている24メガピクセルではない場合、私はこのカメラを返却/交換したいと思います。

答えてください。

ありがとう

待っています…

まちがっていますよ、以下が代表的なコメントでます

ジェームス  1日前
あなたのSony manual 1stを読んで、この愚かなことを言う前にカメラを知ってください。クロップモード(超35mmクロップ)を使用している10 mpを取得します。だから機能をオフにする!

ダン・ザ・マン 6日前
24メガピクセルのセンサー解像度は、24メガバイトのファイルサイズを取得するわけではありません。通常、JPEGは8メガバイトから10メガバイトのサイズになります。大きなファイルが必要な場合は、FEレンズで撮影し、カメラをフルセンサーに設定し、RAW(ソニー版ARW)を出力するように設定すると、大きなファイルが得られますが、これを行う理由があります。結論としては、他の人が言っているように、それが動作していないと不平を言う前にマニュアルを読んだり、カメラで本を買ったりしてください。がんばろう。

ソニーサポートUSA 10日前
こんにちはアマゾンのお客様、画像のサイズは、あなたのカメラに設定されているアスペクト比に依存します。詳細については、このリンクを参照してください。http://helpguide.sony.net/ilc/1710/v1/en/contents/TP0001667675.html。私はこれが役立つことを願っています


 素晴らしいですが私のキャノン一眼レフと比べてよいとは言えません

素晴らしいカメラ。話は終わりです。
速いフォーカス、シャープなイメージそして信じられないほどのビデオ品質。

つまり、これはキャノンの代わりになりません。Canon 1DXMK2とこのSony α7Ⅲ  / 55mm 1.8の両方を使用して、結婚式をこの過去の週末に撮影しました。
今はこのソニーは偉大な仕事をしましたが、私のキヤノンはより良い色でシャープです。私はキヤノンのカメラを捨て、ソニーだけで結婚式を撮ることはしませんでした。

ビデオの品質は素晴らしいです。優れた定常カムカメラになります。スローモーションは素晴らしいです。 ISO性能は1DXMK2と同等です 2018-08-05


 素晴らしい

必要なのは一言です。
素晴らしい!!!!!!!!  2018-08-05


 ワンダフルなオートフォーカスとビデオ能力の信じられないカメラ

素晴らしいオートフォーカスとビデオ能力を備えた信じられないほどのカメラ。
私はソニー製のα6300からアップグレードしています…このカメラより非常に良くなったことが多くあります。
センサーははるかに敏感なので、もはやフラッシュを使用する必要はありません。
それはソニー55mm / 1.8レンズ(信じられないほどシャープ)と非常によく動作します。
この組み合わせは素晴らしいです。
私はちょうどモントリオールの休暇から帰ってきて、素晴らしい写真をたくさん撮った(植物園は素晴らしい)。 2018-08-05


 シンプルに市場で最高のフルフレームカメラ

他のベンダーから入手しました。シンプルに市場で最高のフルフレームカメラです。
スピード、低照度、ダイナミックレンジ – すべてが目立ちます。
ミラーレスは未来です。 2018-07-28


  低光性能と機能性!

私はフルフレームにアップグレードしようとしていましたが、Canonに固執したいのか、ソニーでMirrorless側に移動したいのか分かりませんでした。
探していた時、ちょうどもっと研究しなければならなかった新しいソニーα7Ⅲについて誇大宣伝をしました。
私はα7Rとこれとの間で複数のレビューを読んだが、低照度の撮影と夜の撮影のために私はα7Ⅲ方により傾きました。
覚えておいて、私はクロップセンサーからフルフレームに移行しました。価格はCanonと比較してSonyに行くのは簡単な選択でした、しかし、あなたがレンズを買い始める時それが3番目のパーティーの会社まで高価になるだろうということに注意してください。
それらの同等のレンズに追いついてください。
私は、ちょっと、探査が好きになっている初心者です、そして、私がそれを取る前にショットを見るためにミラーレスカメラを持っていることは間違いなく助けになります。
私が掲載した画像には、Adobe Lightroomで少ししか編集していませんが、これは暗い空で太陽が沈んだ後に撮影されたものです。(長時間露光)。
私は間違いなくあなたが今のところただ1つに投資するならば、ソニーの24-105mm G OSSレンズをすべての目的としてお勧めします。お役に立てれば! 2018-07-27


 絶対的なモンスター

このカメラは、ミラーレスに移行したいスチル撮影者のための劇的な転換です。
基本的に市場にある任意のレンズをマウントすることができ、ISO 6400を過ぎても使える信じられないほどのRAWのショットを撮ることができる手頃な価格のフルフレーム静止画カメラ。
そして素晴らしい4Kビデオカメラ。
α7Ⅲは形成を一変させました、そしてソニーがカメラ市場を引き続き混乱させ、自己満足しているCanonとNikonをキックし続けるのを楽しみにしています。

以前のα7シリーズのカメラにはたった2~3時間で枯れてしまう厄介な電池がありました。
α9、α7RⅢおよびα7Ⅲは、1日中それを可能にする新しいバッテリー設計でそれを修正しました。
正直なところ、2000ドルで、あなたは非常に成功したプロの写真家になる必要があります。 2018-07-26


 価格的にベストのカメラ

優れた値打 2018-07-26


 素晴らしいカメラ

カメラは素晴らしいです。
これは私の最初のフルフレーム(キャノンではない)カメラです。
私はキヤノンで6年間撮影してきたので、このカメラは私には新しいシステムです。
最初の反応は、ソフトウェアが少し遅いということでした。メニューをスクロールするようなときなど。
速度を評価するなら10点満点で8.5をです。キャノンの設定をスクロールしていたときは、すべてが非常に速く流動的でした。
ソニーはやや反応が遅いが、酷くはない。
それ以外は、このカメラは素晴らしいです。
私はほんの数時間だけそれを持っていただけで、このことは信じられないほどです素晴らしいです! 2018-07-25


 素晴らしいカメラ

素晴らしいカメラ!!! 
素晴らしいバッテリー寿命!
ちょうど2本の電池で1日中4Kの映像を撮影することができます。 2018-07-22


 大好きです!

私はこのカメラについて十二分にほめることはできません。私ができるよりもはるかに優れたレビューがたくさんあります。

ソニーはこのカメラで別の成功を収めた… 

私は2つ買って、もう1つは3000ドルで売りました、そしてその人はそれを得て非常に喜びました。

4Kビデオ、フォーカス、バッテリー寿命、サイレントシャッター、すべてを気に入っています…私は$ 1000のレンズでレンズを置き換えましたが、それはF4レンズが必要だったからです。

私はこれで劇場の演劇を録画しました…そして劇場が暗くなった時…カメラは…あなたはそれを”色あせた”と言うもしれませんが、まだステージ上を移動するすべての俳優を見ることができます。
次回は露出をロックする必要がありますので、本当に薄れては黒くなります! 2018-07-21


 このカメラの宣伝は十分に受け入れられる

何を言うことができるだろう、このカメラについてのすべての宣伝は十分に価値があります。
他のすべての人とレビューがすでに言っていることに私が加えることができるものは何もない、確かにそれに値するので私は5つ星の評価を与えたいと思います。 2018-07-18


 α7Ⅱからの重大なステップアップ

過去3年間にα7Ⅱを使用しています。
α7Ⅲは天と地の違いです。

私の主な利点のいくつか:

オートフォーカス機能は魔法です。
私は最近、地元の見本市で急速に動くカーニバルの乗り物にフォーカスを当て、顔を追跡することができました。

バッテリ寿命が大幅に改善されました。
私は一日中(8時間)カメラの電源を入れ、そして写真を撮りました。800枚の写真の後、まだ55%でした。

高いISOノイズは美しいです。6400 ISOは非常に使いやすく、重要な粒子のペナルティなしに明るくすることができます。
私はオートISOでいくつかの画像を撮影し、見返してISO 10,000の画像を見て驚嘆しました。

あなたが迷っていて、すでにソニーのギアを持っているなら、あなたはこのカメラを手に入れるべきです。 2018-07-10


 5つ星

これまで最高のカメラ! 2018-06-30


 唯一の不満は、恐ろしい恐ろしいメニューシステムです

これはカメラの怪物です。
私が持っている唯一の不満は、恐ろしい恐ろしいメニューシステムですが、まったく、あらゆる角度から、Canon Mark 4を簡単に超えています。
この価格帯を中心にフルフレームを探している真剣な写真家には考える必要はありません。
サイレント撮影モードでは十分な話されていません、また、瞳フォーカスボタンを必ず設定して完全な魔法を受け取るようにしてください! 2018-06-25


 素晴らしいカメラ

嫌いな所はありません。 2018-06-24


 乗り換える

新しいフルフレームのカメラボディが必要でした。
また4KのHDビデオを持っていなければならなかった…私の他の唯一のオプション(Nikonユーザーとして)は、あなたが今見つけられないD850で、1200ドルも高価でした。
私はソニーにジャンプして嬉しいです。
今週は3枚の写真が撮り、写真は傑出しています。
特に、AFモードとISOを素早く見つけられるように、ボタンの設定をすべてするには、しばらく時間がかかります。

またvelloアダプターを持っていて、それは私のGポートレートレンズでうまくいきます。
もちろん、オートフォーカスを失いますが、誰かが自分のレンズで動作する電子アダプタを創ることを確信しています。

ビデオに関してはWOW素晴らしい、私の目は以前のようなものではないのでソニーのレンズを使うときは私にとってオートフォーカスがぴったり正確なのはそれだけで乗り換える価値があります。

B&H(通販サイト)キットには無料の充電器が付いています。 2018-06-23


 素晴らしいフルフレームカメラ

私は数日しかカメラを使っていませんが、本当にこれを試してみることに興奮しています。
私の他のカメラはα6000なので、私のヴィンテージレンズすべてに手振れ補正を持たせるのは素晴らしいです。
焦点距離にクロップファクタがなければ、数学は簡単です。
画質は素晴らしいです。私はそれがどんなシャープなのかは確かではありませんが、さまざまな照明条件でうまくいくようです。
私の古いフィルムレンズまで、画像ははるかに良く見え、切り取られていません。私の135 f2は、望遠鏡の代わりにポートレートレンズのように見えます。

メニューシステムははるかに充実しています。
約30ページのメニューがあります。これがあなたを圧倒しないようにしてください!
座って、そこに20分のYouTubeのビデオを見ると、あなたはそれをダイヤルインします。
すでにSony アルファモデルを所有している場合、それは同じように動作しますが、より多くのオプションがあります。

ボディサイズは実際にα6000よりも大きくはありませんが、もう少し重くなります。
ハンドリングは素晴らしいです!
私は古いCanon 50Dで持っていた前後のスクロールホイールを見逃していました。
これは、手動モードになっているときに、はるかに簡単なプロセスです。
4つのカスタムボタンもあり、α6000よりも2つ多いです。
そしてもちろん、ほとんどのボタンはあなたが好きなものにプログラム可能です。 2018-06-21


 素晴らしいスポーツ/結婚式のカメラ

このカメラは素晴らしいです!!! 素晴らしいAF 2018-06-20


 買いなさい、待ったかいがある

これは大変値打ちがある!
私はこのソニーのボディーの低照度性能によって驚かされました。
はい、これは私の最初のソニーのカメラなら、私はキヤノンを離れるのに十分です!
目の瞳フォーカスと顔の検出は、あなたが不正行為をしているような感情を抱かせるだけでなく、写真を楽しいものにします! 2018-06-20


 私の主な目的はビデオですが、世界クラスのカメラを持っていることを知る事は素晴らしい…

何年も何年もの間に注文しましたがAmazonでの私の最初のレビューです。
あなたがキャノンキラーを購入するのは難しいことではありません。
このカメラはすべてを行います、私の主な目的はビデオ用ですが、必要なときに私の指先に世界クラスの写真カメラを持っていることを知るのは素晴らしいことです。
私は、フルフレームカメラに切り替えること考えている誰にでもこれをお勧めします。
このボスは最高です! 2018-06-17


 24-70mm f2.8のソニーバージョンは実際にはキャノンよりも大きい…

グリップと24-70 f2.8,35 f2.8、Rokinon 35mm f1.4,55mm f1.8、85 f1.8のα7 IIとⅢを所有するソニーの大ファン。
過去もそして今もキヤノンの5DマークIVとCanon f2.8 Lのズームと単焦点で撮影しています。
明確にキヤノンに保持し、厳密に言えば休暇などソニーを使用します。
本質的に大きく重く速いズームの特にキャノンの人間工学を好んでいます。
ソニーのレンズの価格を考慮してください。
24-70mm f2.8のソニーバージョンは実際にはキャノンよりも大きい(小さいカメラ/レンズの目的を犠牲にしているので、ソニーを外します)そして、全てのソニー単焦点レンズのようによりコストがかかります。 2018-06-13


 素晴らしいもの

再びソニーの卓越性の証拠… 
クラシックでベーシックのモデルでタッチ機能を除いて、すべての操作で多くのアドバンテージ。
私はこれがベーシックなモデルだとは思わない。すばらしもの… 2018-06-04


 2018年6月時点クラスで最高-感動する

Canonのバックグラウンド(10Dで始まり、最新は7Dだった)から来ました – 私はまだ本当に魅力的なカメラ(特に現在の価格!!)α6000を持っていて、ソニーがカメラのこの怪物を紹介したときに、より大きなセンサー、ピクセルetc etcのフルフレームに渇望し始めました。
それは、私が望むすべてを一つのボディに組合せました – メニューシステムは最悪です。
タイムラプス機能の欠如は最悪です(私がα6000でうまくいったタイムラプスアプリを購入したアプリストア-その店は2018年6月3日現在でα7Ⅲに存在しません)。
なぜカメラのシャッタースピードが30秒で止まるのかは私には皆目わかりません….しかし…..もし、あなたが何をしているのかわかっていれば、このカメラの写真は大きな編集をしなくても恍惚とさせます。シャープさは驚くばかりです。
シグマMC11を使用すると、私の17-40 f4L、70-200 f4Lなど他のCanonレンズと同様、このセンサーの力で画像が急激に落ちてしまいます。
画像には緑が少し多すぎますが、望みたくない場合は簡単に修正できます。

あなたがフルフレームカメラ用の購入を考えた場合、このカメラは重要なカテゴリーでほとんど皆を圧倒します:全体的なノイズ、シャープネス、バッテリー寿命、ビデオ品質(オーマイゴット!)そしてサイズで競合するものは何もありません。
私の7Dを片手で持ち、もう一方でこれを持つと、7Dは30ポンド減量する必要のある太り過ぎの男のように感じます。

このカメラについて十分に伝えることができる何枚かの画像が私の代わりに話します。
これらは、後処理を最小限に抑えてほぼストレートの画像です。
あなたが決心して購入するなら楽しんでください! 2018-06-04


 もう一人のキヤノンの転向者

Canon 6Dからの切り替え….ガラスかカメラかどうかは分かりませんが、私は感動させられています。
ディテール、デッドフォーカス、顔検出、瞳AF、4kビデオ、スローモ…私の息子の目の反射の信じられないほどの明瞭さで自分自身が夢中なのが分かりました。
参考までに、私は6Dにほとんどシグマ・アート・レンズ(高品質ガラス)を使って撮影していました、そしてそれを全て処分してCL純正・ソニー・グラスとソニー85 1.8とソニー55 1.8と新しいタムロン28-75で購入することができました。

正直なところ、私はそこに出てより多くを撮影し、より良い写真家になりたいと思っています。
ソニーは、オプションとカメラに組み込まれたハイテクで、キャノン/ニコンを打ち負かし、あなたに良い結果をもたらし、撮影したいと思わせます。
あなたがそれを掴む余裕があれば… 2018-06-03


 素晴らしいです

本当に印象的。誰もが統計を知っている。
カラーサイエンスはやや改善されましたが、私はまだソニーをCanonとFujiの後ろに少しでも置きます。
エルゴスは大丈夫です、メニューシステムはそれほど悪くはありませんが、どちらかといえば良いことではありません。

要点は誰もこの価格帯でこの種の価値を提供していない。

誰もがフルフレームミラーレス市場で追いついているし、おそらく静かな時間になるでしょう。 2018-06-03


 真に夢のプライス

Nikonのイノベーションの欠如にうんざりしてしまったので、私はついにD7100を伸ばしました。
ニコンに何年も投資したことを念頭に置いて、レンズが非常に高価なソニーのようなすべての新しいシステムに切り替えるのは本当に難しい作業でした。

α7Ⅲは、このカメラが価格帯に配備されているすべての機能を考慮して変換しないことを不可能にしました。
この事が撮影したビデオや写真は、このカメラが持っているオプションの量だけでなく、私を感動させます。

それはいくつかの間抜けな欠点を持っています、そして、時々、私はこのカメラが、お互いに決して話していない複数の人々によって、独立して設計されているように感じます。
しかし、欠点は、あなたがこの価格帯で何を得るかを考えれば、狂気のメニューシステムが完全に受け入れられるようなものかもしれません。
私はこのカメラを十分に推奨することはできません。私はこのレビューで詳細には触れていません。30年近くの写真撮影経験を持っている人に、これを容易に達成できる価格帯期間に最高の「ハイブリッド」カメラを手に入れましょう。 2018-05-29


 XT2とα7Ⅲの比較

α7Ⅲが好き!
私はXt2と一緒に使っています… 私の意見は焦点が合っていて、低い光性能はXT2よりも優れています。
間違いなく夜にα7Ⅲを使用しています!
IQはα7Ⅲでも驚くべきことですが、私は富士よりも良い方法だと言うとは思いません。
このカメラでは電池の寿命がただ事ではないです。1つのバッテリーで、私はα7Ⅲで99%の時間です。XT2では、撮影するときに通常2-3個の電池を使用します。
フィルムシミュレーションと富士の56 1.2(ハハの富士を持っている人が知っているだろう)は、富士のプラスです。フジも小さいカメラですが、α7Ⅲは持ち運ぶときの感触が良くなります。

α7Ⅲは確かに全体的に優れたカメラですが、私はXT2を使って撮影する方法に慣れています(私はカメラの出し入れを知っていますが、その強みと弱点は分かっています。カメラ。XT2は、ポートレート/ストリート写真の場合は23 1.4、35 1.4、56 1.2、その他の場合は16〜35 GM、70〜200GMとペアになっています:) 2018-05-28


 キャノンに戻らないの?!??! 10年以上のキャノンとニコンのユーザー

OK、このことを把握することは難しいですが、私はキヤノンやニコンに戻るつもりはないと思います。

大きくて、基本的には、短所:

オートフォーカス – これは本当に本当に超えられないですが、このカメラのAFが最も大好きだと思いました。
私はあなたにいくつかの視点を与えるために、主に2枚の5D Mark IIIカメラを使用してポートレートを撮っていただけでなく、Nikon D750とAFを2台試してみました。
これらのカメラでは、オートフォーカスでは何の問題もありませんでした。
私はそれが欲しいときはいつでも、低い光の中でさえ、いつも働いていました。
ソニーα7IIIとシグマ・アダプター、シグマ・キャノン・グラスを使用して比較したところ、私は最も大成功を収めました。
ポートレートのセッションがゆっくりで/人があまり激しく動かない時ならいつでも瞳AFは素晴らしいです。
そのケースで私は多くのキーパーを手に入れます。
しかし私の作品では、本当は動きがあることが好きです。
動きが進行しているときに私はより自然な体のポーズを取得し、そしてこれらの条件で写真を撮っているときにレギュラーAFと瞳- AFの両方がうまくいきません。
カメラは急速に撮影しているときにピントを合わせることができますが、実際にはトレードオフのようです-ピントを合わせることも、撮影することもできますが…キヤノンとニコンのように同時に両方で優秀ではない。

私はそれについて非常に失望しています – それは私をフェンスに留めている1つのことです。

長所

このカメラの他のすべては素晴らしいです。

ここで特に興味深い点がいくつかあります:
1)ボタンのカスタマイズ性 – CanonとNikonのどちらよりもずっと優れています。
そしてそれはα7RIIよりも改善されました!:) 
2)ダイナミックレンジ、そしてファイルをプど引き出すことができるかは素晴らしいです。
飛行機の窓から外を誤って4ストップ(!!!)で撮った写真を下に貼り付けました
それは基本的に真っ黒で私の目は、かろうじて下の氷をわずかに見分けることができたが、ソニー、あなたは素晴らしいです、このファイルは素晴らしかった。
3)画像安定化は正当に驚くべきことです。私は約1/50秒で270mm(135 + 2倍エクステンダー)ハンドヘルドでハンドヘルドショットを行い、90%の時間でシャープな結果を手に入れることができます。
4)10FPSは私が肖像写真家として必要とする以上のものです….しかし、私はまあまあ好きです。:) 

結論… 
AFはハイフレームレート撮影で完璧な点では完全ではないので、私はまだ興味があり、キヤノンとニコンが出てくるものを見るつもりでいる。
このカメラは私にとって完璧なカメラの90%ですが、私の人生の残りの部分で簡単に撮影できます…しかし、AFが常に動きの速い/高いフレームレートの状況では完全に100%になります。 2018-05-24


 これが大好き

私は約3日間それを持ってます。今までのところ私の唯一の苦情は充電器が付いていないということです。付属のUSB充電器を使用し、カメラに直接接続する必要があります。 2018-05-17


 ベーシックモデル? これはベーシックモデルの値札でプロのツール以上の能力を持っています

これは私が待っていたフルフレームカメラです。
私は何年もライカカメラのユーザーでしたが、最近私はYouTubeチャンネルを開始して以来、ビデオ撮影の面でより多くのニーズがあります。
私はビデオのための私の必要性をすべてカバーすることができるカメラで、私のライカのレンズでも使用するのに良いフルフレームセンサーが必要です。
優れた4Kビデオ機能に加えて、優れた低光性能は多くの状況で本当に役立ちます。
私はもはやf2.8の高価なズームレンズを探していません、f4レンズは私のYouTubeビデオ制作に必要なすべてをカバーすることができます。
私はISO800までを使用すると確信しています(私はいつも私のスタジオをビデオのために明るくしてます、しかしスローモーションショットでは180程度シャッタースピードを保つためにISOを上げる必要があるでしょう)。
Leica Mレンズや私のような別のヴィンテージレンズを使用する予定がある場合は、アダプターを使用して50mm以上の焦点距離が得られることがわかりました。
35mm以上にする必要がある場合は、コーナーにケラレが生じることがあります。
各レンズの性能は、光学設計に応じて異なりますが、現代のレンズは通常より良く機能する。 2018-05-17


 プラスチック片の壊れたものを受け取った…

私が受け取ったカメラは、プラスチック片の壊れたものだった…センサーミスアライメントの問題のようなものです….アマゾンはそれを交換しますが、それが来るのに3週間かかるでしょう、それに加え私は2ヶ月待って壊れたユニット。非常に満足していません!

エラーを除けば…カメラはプラスチシックで安く、間違いなくよい仕事と思いません…これは、NikonとCanonと競合する多くの技術に支払う価格ですか? 2018-05-16


 キャノンキラー!これは間違いなく最高。

あなたは移動する選択肢を後悔しないでしょう。
できれば、あまり長く待たない望んでいました。とはいうものの、α7IIIは出ていませんでした。
私は5DmkⅡを持っていてそれを愛していました。
5DmkIIIはソニーが出てくるまでそれを愛していました。
ソニーがα7IIIが出てくるまで進化していくのを見ていました。
キヤノンは何もしなかった!それはさようならキヤノンでした。
良いビデオカメラを手に入れたいと思ったら、カメラで8000か33000を使うようキャノンから言われました。さて、キヤノンにお別れを言います。
瞳フォーカス
ボタンをカスタマイズ可能
シャープに鮮明に
ほぼ全フレームでフォーカスを取得。
すべてのショットの98%が使用可能。
キヤノンキラー。 2018-05-15


 本当に大好き、撮影するためにたびに興奮して…

もし、それがEFマウントならば… 🙂
本当にこれが大好き、撮影するためにたびに興奮して、私はそれをとり上げる。 2018-05-13


 間違いなく確かなオートフォーカス

間違いなくこのカメラを愛しています、オートフォーカスは「あり得ない!」そしてスローモーションのS&Q機能を気に入っています。
私の唯一の問題は

私の唯一の問題は、このカメラのせいで私のα7Sとα6300の映像を鈍く見せたので、どのソニーのユーザーはそこにいて、考える必要はありません…このカメラを買って、最高です、さらに良くなりました。 2018-05-12


 これは私のお気に入りのカメラです。キヤノンから切り替えま…

これは私のお気に入りのカメラです。キヤノンから切り替えました、これを愛しています。
品質とスピードは素晴らしいです。 2018-05-10


 それほど小さいカメラではありません!

私は第一世代のα7Rからアップグレードしました。
私はそこに大きな改善があることを知っていたが、おや、わー、すごい、すべてがはるかに良いです。
私はAAフィルタの欠如が恋しいと思っていたが、写真はかなり鮮明です。

このカメラがどれほど驚くべきかを詳細に分析したい場合は、プロのレビューを読んでください。

追伸 私のかわいい犬をチェックしてください! 2018-05-09


 間違いなく最高

これは間違いなく最高です。
カメラはもちろん価格帯で最高ですし、高ISOでも驚くほどの画像を生成することができます。
総合的には、6Dのキャノンからアップグレードされた素晴らしい購入…ソニーは少し前にイノベーションでキャノンを追い越し、そのカメラは今や一般的にはすぐれています。
キヤノンの愛好家から来ているので、あなたはこのカメラが良いことを分かっている!
私は約1週間半しか持っていませんでしたが、使用するのはとても面白く、間違いなく素晴らしい買い物デ価値があります 2018-05-03


  これを負かすのは難しい

優れたカメラ。驚くほどの価値があり、ポートレート写真家にとって理想的です。 2018-04-30


 価格に対しベストオールラウンドカメラ

私が期待して待っていたもののすべて そして それ以上。
そう、興奮し、私は、それを試すようになった。
それを買うのを待つことはできません。
メモリカードを読み込まないことについてレビューを書いた人に、最初 私のメモリカードも読み込まなかった、なので別のカードを手に入れました、うまく行きました!!!
カメラに2000ドルを使わうな だって、 ヘー!  20ドルのメモリーカードに引き止められる、ばかばかしい 新しいものを手に入れて下さい 。 2018-04-29


 5つ星

言うべき言葉がない、最高~ 2018-04-28


 私はすでにキャノンの機材をかなり販売して…

ちょうど5Dmk4からこの小さな怪物に移り、全く後悔していません、私はすでにキャノンのギアをかなり販売しています、これはキヤノンのオートフォーカスとカメラの機能を越えたものです、それは写真をとても楽しくさせ、ついに10年のキャノンでの撮影の後、私はあなたを去ろうとして… 2018-04-26


 少しの煩わしさを伴う素晴らしいカメラ

詳細に入る前に、人が触れない概要:
このカメラは素晴らしいです。
これは私の老化しているCanon 5D Mark IIIに置き換っており、その仕事をうまくやっています。
私にとって最大のメリットは、ボディ内手ブレ補正(SteadyShot)です。
これは、レガシーレンズやその他の非手ブレ補正レンズに最適です。
ソニーはこれを「ベーシック」モデルと呼んでいますが、「ベーシック」とは思えないものです。

さて、短所のいくつかについて、

メニューシステムは改良されています。これは、コヨーテの攻撃が、グリズリー(クマ)の攻撃よりも改善されているのと同じです。
メニューをSlogに、機能の設定、そしてメニューを再び開く必要がないようにカスタム設定をするまでにはしばらく時間がかかります。

フジカメラが大好きなのは、ダイヤルとノブが1つだけの設定になっていることです。
α7Ⅲにはモードに応じて2つのダイヤルがあります。露出補正ダイヤルとモードダイヤルがあり、スイッチに慣れるのにいくらか時間がかかります。
この問題は、α7Ⅲに固有の問題ではなく、私の願望だけのことです。

私はキヤノンの愛用者であり、ソニーのレンズは闇市場の腎臓とほぼ同じくらい入手可能です、私はキヤノンのレンズをα7Ⅲに適応させました。
手ブレ補正されていないレンズはデフォルトではボディ内手ブレ補正を使用していますが、手ブレ補正ありのCanon Lレンズは、レンズの光学的手ブレ補正をオフにしてもボディ内手ブレ補正の使用を妨げます。
SonyカメラのCanonレンズに関するマイナーな使い方についての不平を言っていることは分かっていますが、暗い環境で撮影することが多く、常に三脚を持てるとは限りません。

試してみると、このカメラを詳細な技術スペックに入らず購入しない理由がないとは思います。
この時点までに私がソニーのカメラで抱えていた最大の問題は、スターイーター(天体撮影で微光星がノイズと間違われてRAWの時点でリダクションされてしまう現象)であり、これはα7Ⅲに影響を与えていないようです。
もしあなたが2,000ドル持っていて、エントリーレベルのプロカメラが必要な場合は、a7Ⅲで間違いありません。 2018-04-26


 もとのα7よりはるかに良い

このカメラを3日間使っていますが、まだ私は山に行くことができません。
このレビューは以前のα7Ⅱオーナーとしての最初の印象に基づいています
– 私は2枚のSDカードが好きです。私はこれを長い間望んでいたので、2枚のSDカードに写真を保存すると同時に信頼性が向上しました。
– SDカードスロットがロックされているので、カメラを私のバッグから取り出すたびに誤って開けません。
– オートフォーカスははるかに現実的で、応答性があります。
– 大きくなったバッテリー=良くなったバッテリー寿命
– カスタム/お気に入りメニューは、あなたがいつも使う設定を覚えられない時には素晴らしいプラスです。 2018-04-26


 今の市場で最高のカメラ

今現在の市場で最高のカメラ。
私は第1世代a7シリーズからソニーを撮影しています、α7 <α7s <α7Ⅱ <α7RⅡと、そして今α7Ⅲ。
最初の2世代の間に、長時間のバッテリー寿命、デュアルカードスロット、優れたオートフォーカスなどの難しさがありました。α7RⅡは私のために多くの時間を費やしていましたが、それでもまだ欠けていて、私は第3世代がリリースされるときにそれらが満たされることを期待していました。
α9とα7RⅢがリリースされたとき、彼らがこれらの変更を実装したことを知ってうれしかったが、私のポケットはそれら2つのどちらもの予算にも十分な深さではなかった。

私は出るかどうかほとんど期待されていないα7Ⅲ発表の噂と希望に注目をしていました。
ソニーは場外ホームランを打ち、何とかしてすべての競争相手を吹き飛ばす、より崇高な目的のカメラをリリースしました。
このカメラは、今までカメラで望んでいたあらゆる空間を埋めています。
より良いタッチの実装とどちらのSDスロットもUHS-2になど、まだ違う方法で行うことができるいくつかのことも考えれますが、それらは他の人には必要かもしれませんが、私にはどちらも不満はありません。
大多数の人々のために、このカメラは はるかに手頃な(まだ高い)価格帯ですべてを行うことができます。
あなたが42mpまたは20fpsの必要性を持っていない限り、これは手に入れるべきソニーのカメラです。
それは私のバックアップカメラとして私のα7RⅡを配置し、演色と使う喜びが改善されているので、風景やポートレートのためにそれ以上にα7Ⅲを使用しています。
私はすべての技術的な機能などについて一日中とりとめなく しゃべることも出来ます。
長所:
-素晴らしい ほぼ全体のフレームをカバーするオートフォーカス
-大きなバッテリー
-前世代より改善されたカラー
-特定のモードで程度の良いかα7SⅡより良いα9&α7RⅢよりも優れ、素晴らしい低照度下パフォーマンス
-改善された人間工学
-改善されたメニュー
-タッチスクリーン フォーカス
短所:
-タッチスクリーンは、フォーカス使用のためだけに制限されている
– 1つのみUHS – 2スロット

私は最近カメラで撮影したいくつかの画像を添付しています。 2018-04-26


 素晴らしいカメラ – Canonからの切り替えに間違いなし!

私は6日間しか持たず、生涯にわたるキヤノンの愛用者として、まだ学習中ですが、これまでのところ、このカメラができることを気に入っています。
これまでの最大の驚きは、MC11アダプタを搭載した私のCanonレンズがSonyとのパフォーマンスの方が良いことでしょう。
事例としては、私のCanon 70-200 F2.8です。
私の7Dでは、フォーカスを微調整しても、このレンズはf4.5付近でしかシャープではありませんでした。
ソニーでは、今のf2.8でシャープな状態になっています―これは大きいことです、
このレンズを販売してタムロンにアップグレードする準備ができていて、彼彼らは彼らのネイティブのソニーのガラスを提供するときにタムロンにアップグレードします。

レンズの性能とは別に、高ISOショットは驚くばかりで、12,800であっても、私の7Dで1600よりも優れています。
コントロールと機能に慣れていくのには時間がかかるだろうが、私は可能なカスタマイズが大好きで、必要と思うコントロールで既にそれを微調整している。
セットアップする方法については数多くのビデオがあります、いくつかを見る時間を取ってください、それは時間の節約につながります。
また、APS-Cクロップをオンにするコントロールボタンを設定することを忘れないでください。
解像度は約30%低下しますが瞬時に50%のリーチを提供します、しかしポストプロセッシングクロップよりも優れています。 2018-04-23


 カメラを試してみたいと思っていますが読込を拒否して… 

このカメラを試してみたいですが、メモリカードの読み込みを拒否します。
しばらくの間、ソニーの既知の問題であるように見えます。
私はちょうどアップデートした新しいブランドにSony α7Ⅲが新しいカメラを無用にしてくれるメモリカードを読み込めないことにちょっとショックを受けました。 2018-04-20


 プロカメラマン用エントリーレベルカメラ

今は品不足なので、2018年4月に入手してうれしいです。
非常に素晴らしいカメラ、焦点速度は非常に速く、バッテリーのサイズは大きく、4Kビデオを作ることができ、タッチモニタとジョイスティック…..それは誰もが望む仕様であり、ソニーはそれらをすべてα7Ⅲの中に入れました。
そういうわけで需要は非常に強く、私の友人は彼のα7RⅡを急いで売却し、これを買いました。 2018-04-17


 5つ星

全く 良い! 2018-04-17


 このカメラはマジック!!!

あなた時間の節約のため、「バッテリーチャージャーがない!」と言って「1つ星」の評価をしたレビューはスキップしてください、みんなや私たちはバッテリーじゃなくカメラのレビューをしています…!!!
アマゾンでのバッテリーチャージャーの料金は….1個使いなさい。:)

とにかく、私の感想へ
私には素晴らしいカメラでもあるα7RⅡを持っています。私の視点は、基本的にα7Ⅲとα7RⅡを比較しています。

α7Ⅲのバッテリー寿命はミラーレスボディにとって最高です、それは充電なしで700 + jpgの画像を撮ることができます。
以前はα7RⅡでフル充電された5〜7個の電池を持ち運んでいましたが、もはやそれはありません!

フォーカススピードと瞳-AFはすばらしく正確です。
私は屋内で10歳の動きまわる子供をISO 6400からISO 12000までテストショットして、ショットの90%がフォーカスしていました。
貧弱な明かりのエリアで撮影でも まだ鮮明な画像を撮ってくれます、私にとってこれまでの流れを一気に変えてしまうようなカメラです。
α7RⅡで明るくない部屋で90%の画像をピントに合わせることができませんでした。

ISO性能、ただ DPレビュー(デジタルカメラとデジタル写真についてのウェブサイト)や他のサイトでのいくつかの例を参照するだけです。
私がlightroomでRAW画像を見ているとき、ISOは私に本当に衝撃を与えました。
あなたは問題なしで ISO 12000で撮影でき、カジュアルショットでは25000も使用できます。
これはα7RⅡの低光下を軽く上回るので、あえて私はこれがα7SⅡよりも低光下性能が良いと言います、α7SⅡやα7RⅡと比較して画像が鮮明で、α7Ⅲで色がぼやけることはありません。

新しいソニーのカラーもより優れており、カメラで作成された画像は鮮やかで力強く、そのセンサーはマジックです!

カメラは完璧ではありません…私が望むことが少しの問題があります。

メニューシステムはまだ非常に紛らわしいですが、α7Ⅱより優れています。

EVFとスクリーンの解像度は私が望むほど高くはありません。

スクリーンはビデオのユーザーのために裏返したり回転したりすることはありませんが(私はビデオを撮影しませんが)、まだいくつかの問題があります。
私はテストしていませんが、長時間撮影するとカメラが過熱する場合があります。

2000未満では、このカメラはあらゆるレベルで機能します。
私はそれを楽しんで、いくつかの驚くべき画像を得ることを楽しみにしています。 2018-04-13


 バッテリーチャージャーがなし

ソニーはお客を無礼に扱っている。2Kカメラ用のバッテリーチャージャーなし!

カメラは素晴らしいです。
良いことは、私は通常のAPA-C Eマウントレンズを使用できることです。
ビデオの場合:フルフレームとAPS-Cレンズの違いはありません。
私の驚きは、写真でさえ多くの違いがないことです。 2018-04-12


 5つ星

驚くばかり! 2018-04-11


 初期の観察

経験豊富で信頼できるカメラ専門家によって、この画期的なカメラにまもなく多くのレビューがされるでしょう。
これらのページには実際のユーザー、一度も見たことがない人、決して目にすることのない人、そして他のブランドやシステムの支持者、そしてまた このブランドの製品のメリットや欠陥ではなく、ブランドの忠誠心に基づいたによって無数の意見が述べられるでしょう。
私、私はキャリアフォトジャーナリストで真のプロギア(厳然たる)と、まだ ほとんど一眼レフの小さなセンサーモデルの消費者/愛好家モデルの間の橋渡しをしている このシリーズを使うα7シリーズのオーナーです。

私は働くプロの写真家として、α7Ⅲと十分な時間を過ごして、それに対して良い気分を味わって自分のα7シリーズと比較する機会を持ちました。
もちろん、2018年4月10日に発売される最終リリースの製品出荷に先立つ事前ユーザーの印象のどれも、彼らが最も推測と意見であるため、大きな意味を持ちません。
だから、いわゆるテスト画像やカメラ仕様に惑わされるのではなく、今ではよく公開され、文書化されています。実際の観察や、意思決定プロセスに役立つガイドラインを追加します。

私にとっては珍しいことですが、私は、この洗練されたレベルのカメラを買い物している人は、それらのことを知るのに十分な知識があり、それらを見つける場所があると信じているので、すべてのスペックとその意味とその仕組みについては詳しく説明しません。EXIF(写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマット)の特質のすべて、さらに重要なことに、撮影者が自分の写真に適用した後処理を知っていない限り、無意味なサンプル写真であなたを退屈させません。

したがって、私はこれを短くして、私が強く感じている欠けている一握りに焦点を当てます:

1.このカテゴリのカメラでオート/マニュアルフォーカスのための外部の専用オンボディマニュアルスイッチ(α9のような)が欠けている。
これはプレミアムの機能であってはなりません。これは、デジカメ以上のどのカメラにも必須機能です。

2.ソニーはすでに、その素晴らしいα9製品を持っていることを認識し、専用の外付けドライブセレクターノブを持ち越さないのも残念です。
それが簡単に手に入れられた機械式セレクタは、より基本的な愛好家カメラと、写真撮影を真剣に考える人のために設計されたカメラとの差別化です。

3.メニューシステムは「改良」されていますが、何らかの理由でソニーはメニューを考え、これまでにしたことのすべてを投げ捨て、まったく新しい新鮮なデザインから始めることを拒否しました。

4.タッチスクリーンは、エンジニアリング、マーケティング、ファイナンスの間の議論の結果を喚起し、結果は2千ドルのカメラにとって恥ずかしいものです

5.残りの人間工学と一般的なコントロールの配置、見た目は、もし互換性のあるレンズカメラがニコンFやCanon AE1のように見えなければならないという信念をあきらめられないなら、時代遅れです。
このカメラは、手近に持っているも同然のユーザーが見たり考えたりすることなく、頻繁に使用されるコントロールに関して、彼らはたびたび考慮する好機を逃したと言わねばなりません。

私は自分の意見を簡潔に保つことを約束しました。あなたが友人か親戚であって、このカメラを購入する必要があるかどうか尋ねるために私に電話した場合(あなたがその力と能力を習得する方法を知っている資格があると仮定して)、私の答えは無条件に「イエス」です。
私の意見では、すべてのことを考えれば、趣味として写真を真剣に考えている人や、これよりもビジネスでキャリアを始める人のために、交換レンズカメラのこれより良い選択肢はありません。

α7ファミリーのMkⅢ兄弟は革命的ではなく、むしろ進化的です。
次のMk IIの系統として、元のα7から始まった伝統を継承し、より適切な言葉のような革命的なサウンドと比較されます。
ソニーが最終的に金型を打破し、2006年にコニカミノルタの買収に何らかの形で取り組んでいこうとする足かせを解放するまで、世界はもう少し待たなければならないでしょう。
これは非常に多くの点で「ほぼそこにある」カメラです。
もし、あなたがキヤノンやニコンの「熱狂的なグレード」の一眼レフとの結婚から来ているなら、突然マーティ・マクフリーにになったような気分になりワープスピードで写真の未来に突き進んだように感じるα7Ⅲ、私を信じてください。

すでにα7シリーズを所有しており、最新のα7Ⅲで質の高い時間を過ごしています。
私はこれを買っただけで十分興奮していますか?
私が他の人から読んだことの不幸なことの一つは、必ずしもこれが画像品質の面で大きな利益をもたらすが使いやすさの面ではより優れているカメラになるわけではないガジェットや必要のない機能に多くの集中しているように思えることです。
私は印象的なオートフォーカス機能に感謝しますが、私の仕事と訓練のために、カメラが私のためにやってくれるよりも多く手動で焦点を合わせる傾向があります。
自動露出の強化と同じことですが、多くの撮影者にとって、改良がこのモデルにステップアップする大きな理由であることは間違いありませんが、私にとってはあまりありません。
バッテリ寿命を改善しましたか?
本音でいうと、もし あなたが生計のために写真を撮っているなら予備の電池を持っている、あなたが趣味としてやっているのであれば、1回のセッションで何回シャッターを切るのですか?
そして、1秒間の画像品質するためのバックアップ、私は誰もがキットレンズで撮影することでこのカメラが何ができるかを判断しないことを願っています。
互換性のあるレンズはすべてのα7シリーズに適合し、どのくらいレンズがこのカメラや他のカメラの画質に影響を与えるかを心に留めておいてください

α7シリーズは現在3つの異なるカテゴリーを網羅しています―この万能の万人向けモデル(ソニーが何らかの理由で「ベーシック」と呼んでいる)、超高解像度モデル、低照度撮影に最適化されたモデル。
あなただけが あなたのニーズに最も適したものを決めることができます。
私にとって、たった今、私の手にα7Ⅲともう少し時間を過ごす、今は正しい時であるか、次のα9がどのように見えるかを確かめるために待つか。
もし私がα7Ⅲを注文すれば、私は戻って実際の実地調査報告でそのギャップを埋めるでしょう。

私はこれがリリース日には不可能だった “実践的な”テストではないことを知っていますが、このうちのいくつかがあなたの判断を下すのに役立ってくれることを願っています。 2018-04-10


 

各部の名称

本体前面

①ON/OFF(電源)スイッチ/シャッターボタン
②前ダイヤル
撮影モードごとに必要な設定を即座に変更できます。
③リモコン受光部
④レンズ取りはずしボタン
⑤Wi-Fi/Bluetoothアンテナ(内蔵)
⑥内蔵マイク
動画撮影時はてでふさがないようにしてください。ノイズや音量低下の原因になります。
⑦AF補助光発光部/セルフタイマーランプ
レンズ取りはずし時

⑧マウント標点
⑨イメージセンサー
⑩マウント
⑪レンズ信号接点

本体後面

①アイピース
取りはずしかた
アイピース下部の爪を左右に開いて、上に引き上げる。

別売のアングルファインダーを取り付けるときは、アイピースカップを取りはずします。また、
MENU→撮影設定2→[FINDER/MONITOR]を
[ファインダー(マニュアル)]か[モニター(マニュアル]に切り換えてください
②ファインダー
③C3ボタン(カスタムボタン3)/(プロテクト)ボタン
④MENU(メニュー)ボタン
⑤モニター(タッチ操作時:タッチパネル/タッチパッド)
モニターを見やすい角度に調整して、自由なポジションで撮影できます。

⑥アイセンサー

⑦視度調整ダイヤル
ファインダー内の画面表示がはっきり見えるように、ご自身の視度に合わせて調整してください。視度調整ダイヤルが回しにくいときは、アイピースカップをはずしてから操作してください。

⑧MOVIE(動画)ボタン
⑨撮影時:AF-ON(AFオン)ボタン
 最盛時:(拡大)ボタン
⑩後ダイヤル
撮影モードごとに必要な設定を即座に変更できます。
⑪撮影時:AELボタン
 再生時:(一覧表示)ボタン
⑫マルチセレクター
⑬メディアスロットカバースイッチ
⑭撮影時:Fn(ファンクション)ボタン
 再生時:(スマートフォン転送)ボタン
この場端を押すとスマートフォン転送画面になります。
⑮コントロールホイール
⑯アクセスランプ
⑰撮影時:C4ボタン(カスタムボタン)
 再生時:(削除)ボタン
⑱(再生)ボタン

 

ソニー商品詳細ページ

α7 III最高約10コマ/秒高速連写、高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル α7Ⅲ(ILCE-7M3)
ソニーストア価格:229,880円+税
(2018年12
月3日現在)
『α7Ⅲ』商品詳細情報

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「α7Ⅲ」には「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。

 

一眼カメラとαレンズのキャンペーン情報

現在、一眼カメラ・αレンズを購入検討の方必見のキャンペーン情報です。
見逃して「しまった!」とならないように ぜひ一度 目をとおして下さい

 

 

関連情報

ソニー、世界最速のSDカードを発表 SF-GシリーズUHS-II SDカードは、最高299MB / sの書き込み速度を実現し、高速連続撮影と4K動画撮影に最適です 2017年4月下旬発売予定 SF-Gシリーズは、ソニー独自のファームウェアで最大299 MB / sの書き込み速度を実現し、世界最速のSDカードとなります。クイッ...
人気の「α9」、「α7RⅢ」、「α7RⅡ」が本日より大幅値下げ... 緊急告知!! 人気の一眼カメラが大幅値下げ     人気の一眼カメラ「α9」、「α7RⅢ」、「α7RⅡ」の3機種がプライスダウン α9(ILCE-9) プライスダウン  ソニーストア価格:498,880円+税→448,880円+税 ソニーストアの在庫と価...
【更新】「最終的にソニーとα9に決めて私は満足です」α9(ILCE-9)に対する海外のレビュー(評価...   「光を捉え続ける」革新的なシステムにより新次元の高速性能を実現。新たな撮影表現の可能性を広げるフルサイズミラーレス一眼カメラ 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3冠を達成 ソニーストアの在庫と価格を見る 海外...
ソニーα7Rシリーズのα7RⅢ(ILCE-7RM3)発表... 2017年10月25日 プレスリリース ソニーは、大幅に向上した画質と高速性能を約657gの小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7R III』を発売しました。 α7シリーズとして初めて独自のAFシステム4Dフォーカスに対応し、AF/AE追従 最高約10コマ/秒の高速連写...
「ついに完璧なカメラを手に入れた」α7R III(ILCE-7RM3)のレビュー(評価)【更新】... 高解像4240万画素、最高10コマ/秒連写、高速・高精度AFを約657gアルファ7RⅢ アルファ7R III 42.4MPフルフレームミラーレス交換レンズカメラ 革新的な画像処理能力と効率の進化により、a7R IIIは高解像度42.4 MPのバックライトを備えたExmor R C...
「さらばキャノン」「キットレンズは恐ろしい」α6000の(ILCE-6000)レビュー(評価)... 人気のアルファ6000のレビュー(評価)   海外のみなさんのレビュー 2017年7月13日現在 このページのレビューです レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  オートフォーカスは素晴らしい 私は2年間私のカメラを持っていて、このカメラの写...
「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3... ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞 『α9』(2017年5月発売)は、世界的に権威のある「TIPAアワード2018」のベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイスピード(BEST MIRRORLESS CSC PRO...
「GPSは搭載してるの?」「プロ用としてどう?」α6500のいろんな疑問にお答えします... α6500のいろんな疑問にお答えします   α6500のQ&A Q:イメージセンサーはα6300と同じか? α6300と価格差が大きいが、何が進化しているのか? どんな人に向いている? α6300と比較すると? A:α6500はα6300とイメージセンサーは同じです。 α6...
ILCE-7RM3(α7RⅢ)ってどう? Q&A     α7RⅢ(ILCE-7RM3)の特徴って? 本機は、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(エクスモアアール)を搭載し、有効約4240万画素ならではの解像力と、低感度時約15ストップ※1 の広いダイナミックレンジや最高ISO32000...
「ILCE-7RM2」30,000円プライスダウン ボディ販売価格を変更しました... ボディ販売価格を変更しました    デジタル一眼カメラ「ILCE-7RM2」ボディ 「ILCE-7RM2」 ソニーストア販売価格 258,880円+税 → 228,880円+税   「ILCE-7RM2」の販売価格を変更しましたのでお知らせいたします。...
Pocket

https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/03/image2.jpg?fit=640%2C366https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2018/03/image2.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラα7,一眼カメラ  高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル   最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシックモデル『α7 III』   特長              海外のみなさんのレビュー 2018年12月14日現在 このページのレビューの翻訳です  レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  価格帯で最高のカメラ 簡単に、2000ドルでベストのフルフレームミラーレスカメラ。 高速オートフォーカス、非常に優れたISO性能、クラス最高の画質。  バッテリーの寿命は本当に良いです。華氏10-15℉の寒い季節に約600-700発のショットを撮れます。 画面とビューファインダーは低品質ですが、大きな問題ではないはずです。 2018-12-12  これは怪物です これは私の最初の「本物の」カメラであり、初めての写真撮影の経験です。 この機械は怪物です。私はすべての絵が出てくる方法が大好きで、私は学ぶほどのことがあります。私はこのことがもう少し知識と経験でできることを想像できません 2018-12-09  間違いなく2018年のベストカメラ 1か月間 大好きでした...盗まれるまで! まだこのjカメラを清算しています、でも絶対もう一度 購入します。2018-12-07  素晴らしい価格 わぉ 2018-12-04  オートフォーカスは状況を一変させるものです 何を言えばいいのか あなたはすでに聞いていますか? これは2018年に無敵のカメラです。デジタル写真の機能と品質の新しい基準を設定しました。 2018-12-01  このカメラが大好き この購入に広範囲のリサーチを行い、選択に非常に満足しています。 私は手が震えるので、ほとんどどのようなショットも手持ちで撮ることができませんでした。 私は再び手持ちのショットをすることができます! まともなショットを1/8秒に抑えて手に入れることができました。 私はすべてのキヤノンのギアを持っていました。 ミラーレスに変更することに決めたとき、それが高価であることを知っていました。 Sony 24-105 F4 Gレンズを身につけて、ほとんど独占的に使いしました。 またMetabones Vアダプターを購入し、CanonレンズをSony本体で使用するのに問題はありませんでした。 Canonのカメラに装着するよりもCanonのレンズから良い結果を得られると思います。 メニューが大変で学ぶのに時間がかかるのを認めますが、私はゆっくりとプロセスを進めています。 私はまだビデオを試していないので、私はそれについては話すことができません。 2018-11-28  素晴らしいアップグレード 私はソニーα6500 それ自体素晴らしいカメラです(私はAPS-Cの軽量化を楽しんでいます - ハイキング用カメラ)からα7II(α7Ⅲの間違い?)に移りました。 α7IIIはそれ自体が楽しいアップグレードであることを証明しました:まだ十分に軽く(私が亡命者であったキヤノンシステムの奇妙なものではありません)、私の使用目的(家族の場面、風景、人物 )に非常にうまく機能するレンズとセンサーがあります。 2018-11-24  大好きです このカメラが大好き!!! ハイブリッドシューターのα7SⅡからの大幅なアップグレード。 2018-11-17  5つ星 あなたができる最高のミッドアッパーレンジカメラ。 私はCanonとSonyの両方を持っています。 2018-11-17  ソニーα7Ⅲが大好き キャノン60Dから来ました、ソニーのダイナミックレンジは驚くばかり。 これをキットレンズの28-70と一緒に購入しました、私はすでに風景のための古いキヤノン10-18を逃しています。 このためのレンズは安くありません、別途1300ドルは解決しません。 ほとんどすべての条件でピントが合います。 デュアルSDスロットも気に入っています。この新しいソニーのための有益なYouTubeのビデオがたくさんあります。 購入することを検討している場合は、見ておく価値があります。 私はキヤノンとニコンのミラーレス製品見ています、ソニーは特徴で簡単にそれらを打ち負かします。 私は大部分で風景を撮影しますが、これまでのところ私はSony α7IIIで得た結果に感激しています。 2018-11-08  古いデジタルカメラからアップグレード 撮影から10年という非常に長い休憩を取った後、ミノルタ7Dを取り出し、スポーツ活動を撮影しようとしました。 すぐに、3 fps、6 mp解像度、高いISOノイズがこの仕事にはもう間に合わないことを認識しました。 長い研究の末、このカメラと共に行くことにしました、私は喜びそして、ミノルタのカメラ部門(またはそのようなもの)を引き継いで以来、ソニーがどのように進歩したのか驚きました。 カメラは初心者の写真家のためのものですが、一度それが提供する多彩な機能に精通すれば、あなたは別次元の場所にいます。 私は、豊富なメニューシステムのビデオをオンラインで見ることを強く勧めます。このカメラについてもっと多くのことが言えます...  それを愛してください! 2018-11-07  すげーカメラ。これ以 上何を望む? カメラのこのめちゃカッコいいカメラを開発してくれてありがとう。 これは、写真家が自由に使える強力なツールです。 絶対に狂っているようなダイナミックレンジ...こんなにも大きい、Lightroomのスライダーでさえ維持することはできません。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします