Pocket

新型アルファ58(SLT-A58)

159174-JP[1]1_1[1]
作品づくりも、思い出づくりも、この一眼からはじめよう。有効約2010万画素、デジタル一眼カメラ

オートフォーカス
ファインダーをのぞいて見ます
「すばやくピントが合いました」
  ※アイスタートAFをONにしておく必要があります

このカメラはファインダーを覗くだけで、ピントを合わせます。
さらに液晶画面を使った撮影でもピント合わせが早いです。
「こちらもすばやくピントが合いますね!」

 ファインダー、背面液晶どちらでの撮影でもオートフォーカスが早いので、動き回る子供や運動会の撮影にお勧めです ※α58は常に位相差AFセンサーを使った高性能AFです。
動くものに強いです

さらに「ロックオンAF」と言う機能があるので、
狙った被写体をしっかり捕らえて追いかけてくれます。
これまでのカメラではピントが合いにくかった動き回るお子さんの写真もジャストピントで残せます。

 

高速連写


image2_15[1] このダイヤルを「テレコン連写モード」にしてシャッターを押します
ピントを合わせ続けながら、1秒間に8枚も撮れます。
これは、高級機並みの連写性能です。

 

image_7[1]
このテレコン連写モードは、望遠をさらに1.4倍にして撮影できる機能です。
「運動会やスポーツシーンなど、遠くにいる子供の撮影にとても便利です。」

 

全画素超解像ズーム
さらにα58は、レンズのズームをカメラ側で最大2倍にできます
たとえば今付いている18-55mmの標準ズームだと最大110mmまで。
55-200mmの望遠ズームならなんと400mmまでズームできます。
ダブルレンズキットの場合は最大22倍ズームとして使えます
「遠くのお子さんを取るときもさらに顔のアップまで撮れます」

デジタルズームは通常画質が劣化しますが
ソニーの全画素超解像技術により2010万画素の解像感を保ったまま拡大できますので「きれいなまま、ズーム撮影ができます。」

 

高画質
 新開発の有効2010万画素「エクスモアCMOSセンサー」と「画像処理エンジン.ビヨンズ」とのマッチングが高画質を生んでいます。エントリークラスを超えた高画質な写真の撮影を可能にしています。
「夜景や夕焼けなど暗い場面も高画質で撮れます」
最上位機種のα99に採用されたのと同じ「エリア分割ノイズリダクション」機能を搭載しているのでISO100~16000の広い感度領域で高画質撮影できます。
               

そして連写した6枚の画像を瞬時に合成してさらにのいずお軽減する「マルチショットノイズリダクション」機能で最高ISO25600まで高画質に撮影できます。

 

操作
ファインダーは有機ELを使っていますのできれいです
光学式ファインダーと比べるて
ホワイトバランスや露出、ピクチャーエフェクトといった設定の効果を撮影前にファインダーで確認することができるのでイメージ通りの仕上がりを追求できます。
さらに、夜景でもファインダーが明るく見えるので夜景での構図も非常にやりやすいです。

 α58のファインダーは視野率100%で、また他社に比較してファインダー倍率も大きいのでとても見やすいです。さらに背面液晶は角度調整可能なバリアングル液晶なので体勢の厳しいローポジションやハイポジションもらくらくです。

 

その他
  背面液晶使用時でもフル充電で焼く700枚も撮影できます。(Mバッテリー対応)
 11種類のピクチャーエフェクトで特殊効果も楽しめます。
 すべてのレンズで手振れ補正ができます!(ボディ内臓手振れ補正)
 マルチインターフェイスシュー/マルチ端子 搭載

価格が同じ2種類のレンズキットつきのアルファ58が発売されています
 Wズームキット4と高倍率ズームキットです

 

ソニーストアで見る

以下はカメラ周り
    159175-JP[1]2_1[1]

 

  159176-JP[1]_1[1]

 

159177-JP[1]_1[1]

 

159178-JP[1]_1[1]

 

159179-JP[1]_1[1]

 ストアで見る

関連情報

「軽く、小さい–しかし、それが唯一の…」α7Ⅱ(ILCE-7m2)のレビュー...  デジタル一眼カメラ α7 IIのレビュー さまざまなレンズで手ブレを補正する、世界初(*)フルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ 海外のみなさんのレビュー 2016年12月13日現在 このページのレビューです  使えない 失望し...
α5100はα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの良いところを合わせた新型一眼カ...  α5100コンパクトミラーレスは一言で言えばα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの2つの良いところを合わせた新型一眼カメラだと思います。 α5100は自画像を取るために180度を反転さ3 "LCDとともに、A6000などのオンチップ位相検出と同じ24.3MPセンサー &...
「ソニーは、α99II でホームランを打つ」α99Ⅱのレビュー(評価)... 新開発ハイブリッド位相差検出AFシステムを搭載 ILCA-99M2   海外の皆さんのレビュー 2018年12月16日現在 このサイトの翻訳レビューです レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  12コマ/秒の最高のカメラ これらは素晴らしいカ...
「ミラーのある一眼レフってもう時代遅れ…」 α9(ILCE-9)への反応... 『α9』発表直後の2CHの皆さんの反応 2CHのみなさんの反応です。発表直後でいろんな面白いコメントがありました。参考になりますね。     ■ある人のコメント Sony A9 Hands on First Look - Amazing EVF - 20FPS RAW! NEW ...
「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3... ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞 『α9』(2017年5月発売)は、世界的に権威のある「TIPAアワード2018」のベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイスピード(BEST MIRRORLESS CSC PRO...
ソニー 一眼カメラ(APS-C)3選 「子供撮るならこれだ!!」... 子供さんの成長の中で、その瞬間はたった一度しかありません。 後悔のないカメラ選びを! 初めてレンズ交換のできる高画質の一眼カメラを考えたとき満足できる機種を決めるのに何を基準に選びますか? 「使いやすさ」「大きさ・重さ」「画質・写りのよさ」「価格」などではないでしょうか? 一方、被...
高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル『α7Ⅲ』(ILCE-7M3)新発... 2018年2月27日 プレスリリース ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α7 III』を発売します。 2018年3月2日10時、先行予約販売開始 商品詳細および予約ページはこちら フルサイズミラーレスベーシックモデル『α7Ⅲ』 35m...
Aマウントフラグシップモデルα99Ⅱ(ILCA-99M2)のすべてが分かる...   スピードと解像度を追求したAマウントフラッグシップ一眼 ソニーは、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」(ドイツ・ケルン)に先立ち、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(...
『α9』、『α7R III』、『α7 III』のソフトウェアアップデートを提供!... 『α9』、『α7R III』、『α7 III』のソフトウェアアップデート ソニーは、一眼カメラ『α9』の大幅なソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を実施します。 このアップグレードは、カメラの本質的価値・性能であるオートフォーカス(AF)や画質の...
ILCE-7RM3(α7RⅢ)ってどう? Q&A     α7RⅢ(ILCE-7RM3)の特徴って? 本機は、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(エクスモアアール)を搭載し、有効約4240万画素ならではの解像力と、低感度時約15ストップ※1 の広いダイナミックレンジや最高ISO32000...
Pocket

https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/09/159174-JP11_11.jpg?fit=400%2C300https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/09/159174-JP11_11.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラ一眼カメラ新型アルファ58(SLT-A58) 作品づくりも、思い出づくりも、この一眼からはじめよう。有効約2010万画素、デジタル一眼カメラ オートフォーカスファインダーをのぞいて見ます「すばやくピントが合いました」  ※アイスタートAFをONにしておく必要があります このカメラはファインダーを覗くだけで、ピントを合わせます。さらに液晶画面を使った撮影でもピント合わせが早いです。「こちらもすばやくピントが合いますね!」  ファインダー、背面液晶どちらでの撮影でもオートフォーカスが早いので、動き回る子供や運動会の撮影にお勧めです ※α58は常に位相差AFセンサーを使った高性能AFです。「動くものに強いです」 さらに「ロックオンAF」と言う機能があるので、狙った被写体をしっかり捕らえて追いかけてくれます。これまでのカメラではピントが合いにくかった動き回るお子さんの写真もジャストピントで残せます。   高速連写  このダイヤルを「テレコン連写モード」にしてシャッターを押しますピントを合わせ続けながら、1秒間に8枚も撮れます。これは、高級機並みの連写性能です。   このテレコン連写モードは、望遠をさらに1.4倍にして撮影できる機能です。「運動会やスポーツシーンなど、遠くにいる子供の撮影にとても便利です。」   全画素超解像ズームさらにα58は、レンズのズームをカメラ側で最大2倍にできますたとえば今付いている18-55mmの標準ズームだと最大110mmまで。55-200mmの望遠ズームならなんと400mmまでズームできます。ダブルレンズキットの場合は最大22倍ズームとして使えます「遠くのお子さんを取るときもさらに顔のアップまで撮れます」 デジタルズームは通常画質が劣化しますがソニーの全画素超解像技術により2010万画素の解像感を保ったまま拡大できますので「きれいなまま、ズーム撮影ができます。」   高画質 新開発の有効2010万画素「エクスモアCMOSセンサー」と「画像処理エンジン.ビヨンズ」とのマッチングが高画質を生んでいます。エントリークラスを超えた高画質な写真の撮影を可能にしています。「夜景や夕焼けなど暗い場面も高画質で撮れます」最上位機種のα99に採用されたのと同じ「エリア分割ノイズリダクション」機能を搭載しているのでISO100~16000の広い感度領域で高画質撮影できます。                そして連写した6枚の画像を瞬時に合成してさらにのいずお軽減する「マルチショットノイズリダクション」機能で最高ISO25600まで高画質に撮影できます。   操作ファインダーは有機ELを使っていますのできれいです光学式ファインダーと比べるてホワイトバランスや露出、ピクチャーエフェクトといった設定の効果を撮影前にファインダーで確認することができるのでイメージ通りの仕上がりを追求できます。さらに、夜景でもファインダーが明るく見えるので夜景での構図も非常にやりやすいです。  α58のファインダーは視野率100%で、また他社に比較してファインダー倍率も大きいのでとても見やすいです。さらに背面液晶は角度調整可能なバリアングル液晶なので体勢の厳しいローポジションやハイポジションもらくらくです。   その他  背面液晶使用時でもフル充電で焼く700枚も撮影できます。(Mバッテリー対応) 11種類のピクチャーエフェクトで特殊効果も楽しめます。 すべてのレンズで手振れ補正ができます!(ボディ内臓手振れ補正) マルチインターフェイスシュー/マルチ端子 搭載 価格が同じ2種類のレンズキットつきのアルファ58が発売されています Wズームキット4と高倍率ズームキットです   ソニーストアで見る 以下はカメラ周り               大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします