Pocket

高解像4240万画素、最高10コマ/秒連写、高速・高精度AFを約657gアルファ7RⅢ

アルファ7R III 42.4MPフルフレームミラーレス交換レンズカメラ
革新的な画像処理能力と効率の進化により、a7R IIIは高解像度42.4 MPのバックライトを備えたExmor R CMOSイメージセンサーと、最高10 fpsの印象的な撮影速度と、完全なAF / AEトラッキングと美しい4K HDRビデオ、広範囲の15段ダイナミックレンジ、ほとんどのフルストップのノイズリダクションを備えた高感度(写真は別売のFE2470GMレンズ付)

 

特長

素晴らしい42.4MPのフルフレーム解像度
42.4MPの高解像、裏面照射型Exmor R CMOSセンサーは、光の収集効率を飛躍的に向上させるために、センサーのシールガラスの表面にギャップレスのオンチップレンズ設計とAR(反射防止)コーティングを使用します。これにより、低ノイズ性能と広い感度域のダイナミックレンジで高感度が得られます。光学ローパスフィルタなしで解像度を最大限に高め、サイレントモードまたは連続モードで撮影しても14ビットRAWフォーマットを出力できます。これ以上、壮観なイメージのものはありません。

画像処理能力における進化の飛躍
a7R IIIには、イメージセンサの読み出し速度を効果的に倍増させる新しいフロントエンドLSIと、a7R IIに比べて処理速度を約1.8倍に向上させたBIONZ X処理エンジンが搭載されています。これらの強力なコンポーネントを組み合わせることで、より高速な撮影が可能になり、ISO感度100〜32000(静止画ではISO 50〜102400まで拡張可能)、低感度設定では15ストップのダイナミックレンジを実現します。これにより、すべての設定およびすべての撮影条件で、優れた総合性能が保証されます。

サイレントシャッターまたはメカニカルシャッターで最大10fps
アルファ7R IIIには洗練された画像処理システムが装備されていますので、最高72枚のJPEG / RAW画像や28枚の非圧縮画像を連続で正確なAF / AE(オートフォーカスと自動露出)トラッキングで最大10fpsで42.4MP画像をキャプチャできます。 RAW画像。この高速10 fpsモードでは、メカニカルシャッターまたは電子シャッターのいずれかを使用して、完全に静かな撮影が可能で、カメラの柔軟性が加わります。アルファ7R IIIは、ビューファインダーや液晶画面の遅れを最小限に抑えて、ライブビューモードで最大8fpsで連続撮影することもできます。これらの高速オプションは、動きの速い被写体を極めて正確かつ詳細な画像でキャプチャできるようにします。

 

信じられないほどのハイブリッドオートフォーカスシステム
アルファ7R IIIのアップグレードされたフォーカスシステムは、水平方向と垂直方向の両方で画像領域の約47%をカバーする399のフォーカルプレーン位相検出AF点と、画像領域の約68%をカバーする425個のコントラストAF点で構成されています(a7R IIと比較して400ポイントの増加)。組み合わされると、コントラストと位相の検出AFポイントの両方がハイブリッドAFシステムを構成し、ロックオンとロックオンのままでいるワイドで高速で信頼性の高いAFを実現します。このシステムは、約2倍の精度でトラッキングする低照度条件のa7R IIの約半分の時間でAFを取得します。評価の高いEye AF機能は、約2倍の有効性もあり、ソニーのアダプター付きAマウントレンズを使用する場合にも利用可能です。

世界最高5.5段、光学式5軸ボディ内手ブレ補正
高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、世界最高5.5段の補正効果を実現し、様々なブレに対して5軸でブレを検出し高い補正効果を発揮して、高解像性能を最大限に引き出します。静止画撮影中の手ブレ補正効果は、シャッターボタン半押しまたはピント拡大機能やMFアシストによる拡大表示中にライブビュー映像で確認することができます。さらにボディ内手ブレ補正は、すべてのEマウントレンズはもちろん、マウントアダプターを介して装着するAマウントレンズなどでも活用できます。加えて、動画撮影時も5軸で手ブレを高精度に補正します。

低振動高信頼シャッター
高速応答のコアレスモーターとブレーキシステムを備えたシャッターユニットのおかげで、ブレを起こす可能性のある前後のカーテンのメカニカルシャッター振動が最小限に抑制され、最大10フレーム/秒の高速連続撮影が可能になります。シャッターも静かで、50万回のシャッター・サイクルを超える耐久性がテストされています。低振動の高信頼性シャッターは、42.4メガピクセルの性能を最大化するのに役立ち、高速スタジオストロボで10フレーム/秒の撮影を可能にします。

 

ピクセルシフトマルチ撮影
新たに搭載しているピクセルシフトマルチ撮影機能は、ボディ内手ブレ補正機能を高精度に制御し、イメージセンサーを正確に1画素分ずつずらして計4枚の画像を撮影。その4枚の画像が持つ約1億6960万画素分の膨大な情報から1枚の画像を生成し、建築物や美術品などの細部の色や質感を忠実に再現することで、被写体の空気感までも表現することができます。通常は、各画素ごとにR・G・Bのうち1色分の色情報を得て、残りの2色分の色情報を周辺画素の情報から補間処理するのに対し、ピクセルシフトマルチ撮影では有効約4240万のすべての画素においてR・G・B全色情報を持つ画像が生成されるため補間処理が不要となり、色モアレ(偽色)の発生を最小限に抑え、より高精細かつ忠実な質感描写を実現します。「Imaging Edge」の「Remote」「Viewer」「Edit」ではピクセルシフトマルチ撮影に対応し、リモート撮影や撮影画像の合成、現像を行うことが可能です。

セキュアで汎用性の高いデュアルSDメディアスロット
2つのSDメディアカードスロットがスローおよびムービーストレージ用に用意されています(SDカードまたはメモリスティックの場合は1スロット)。カードスロットの下側がUHS-II互換であるため、書き込み速度が速くなります。両方のカードに同時に静止画や動画データを記録してバックアップしたり、RAW画像を1枚のカードに記録したり、JPEG画像を記録したりすることができます。静止画や動画を別のカードに記録することもできます。便利なバックアップのために、カメラ内でカード間でデータをコピーすることができます。ソニーSF-GシリーズUHS-II SDカードは、最大転送速度が必要な状況に最適です。

ビデオプロフェッショナル向けの高品質4K HDR
アルファ7R IIIは、フルフレームイメージセンサの全幅に渡って4K(3840×2160ピクセル)のビデオ録画を提供する、ビデオカメラとしては非常に優れています。Super 35mmフォーマットで撮影する場合、カメラはピクセルビニングなしでフルピクセル読み出しを使用して5K(15メガピクセル)の情報を収集し、それをオーバーサンプリングして、詳細な高さと深さで高品質の4Kフッテージを生成します。S-Log2とS-Log3はともにカラーグレーディングの柔軟性を高めるために利用可能ですが、HLG(Hybrid Log-Gamma)はHDR(High Dynamic Range)ワークフローをサポートし、HDR(HLG)真に生き生きした4K HDR画像。アルファ7R IIIはフルHDを120 fpsで最大100 Mbps で録画することができるため、フッテージを見直し、最終的にFull HD解像度の4倍または5倍のスローモーションビデオファイルに編集することができます。

 

長持ちのZ電池
大容量のNP-FZ100充電式バッテリーは、NP-FW50 Wシリーズバッテリーの約2.2倍の容量を持ち、アルファ7R IIで使用されているWシリーズの2倍以上のスタミナを備えています。オプションのVG-C3EM縦型グリップには2本の電池が収納されています。長時間のセッションには重大なスタミナが必要な場合は、NPA-MQZ1Kマルチバッテリアダプタキットを使用して最大4本のバッテリを収納できます。NP-FZ100はインフォリチウム技術もサポートしています。これにより、バッテリーの残量をパーセンテージ表示とカメラのLCD画面上の5ステップアイコンの両方で表示することができます。

強化された瞳AF
瞳 AFは自動的に被写体の目を検出してピントを合わせます。連続AFモードで動きのある被写体を撮影する場合でも、アルファ7R IIIでは、アルファ7R IIに比べて約2倍の効果があります。被写体がカメラから遠ざかるとき、顔が部分的に暗くなったとき、およびその他の困難な状況では、信頼性を高めるために顔検出も更新されました。

タッチAF搭載の3インチ1,440Kドットチルト可能LCDスクリーン
傾き調整可能な3インチ(1,440kドット)のXtra Fine LCDディスプレイは、群衆や地面に近い物体に簡単に写真を撮ることができます。また、異なる視点を得たい場合もあります。画面は上方107°で下方41°回転することができ直感的に操作できる便利なタッチAF機能を備えています。大型ディスプレイは、フォーカスと画像の詳細を簡単に確認できる独自のRGBWピクセル構造によってディスプレイの明るさをほぼ倍増させるWhiteMagic技術により、鮮やかな高品質の静止画像と動画を提供します。

 

海外のみなさんのレビュー


2018年5月21日現在

このページのレビューの翻訳です
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます


 素晴らしいカメラ、液晶画面のキズを気にしないなら

全体的に、あらゆる点で素晴らしいカメラ、耐久性を除いて。

私は非常にバックモニターに不満です、それは “それを見るだけで”傷がついてしまいます。
だから私は最初の1週間ほどで傷がついたと信じています、首の周りのカメラストラップを使ってカメラはジャケットに対し当てていただけです。
これは私が持っている他のすべてのデバイス(GPS、スマホ、タブレット、オリンパスカメラなど)がすべて傷がつきにくい非常に耐久性のあるスクリーンを使用していることを考慮すると私がこのような高価なカメラで期待していたものではなかった。
背面のLCDを使用している場合は非常に目立ちます。
言い換えれば、5年以上使った以前のカメラ(オリンパスEM5)より2週間でこのカメラで「磨耗」が増えています。
私はスクリーンプロテクターを手に入れました。これが問題であると見つけた他の人のウェブでの検索を行うこともできます。

カメラとして使うには、それを叩くことはできません。
風景写真の場合、それは本当に革命的です。

私が気づいたこと:
(1)センサーはとても良いです。HDRモードさえ不要です。
(2)高ISOでさえ、影領域でさえもほとんどノイズがありません。画像をひどく裁断し、問題なく大きなサイズで印刷します(通常は17×22以上で印刷します)。 2018-05-16


 これが気に入った

3年間 良い初心者用だったAPS-Cセンサーのニコンをを使用した後の最初のソニーのカメラです。
このカメラは速くて本当にシャープの画像です。
私は主に車の写真撮影を行います、止まている走っているに関係なく、カメラはそれをすべて処理できます。
ビデオ撮影も撮影し、低照度で素晴らしいです。
私は間違いなく他のソニーのカメラも、もう一度買うでしょう。 2018-05-16


 5つ星

たとえ この価格でも素晴らしい、支払う価値がある。 2018-05-14


 ニコンからソニーにジャンプ

このカメラのすべてがニコンより良い 2018-05-08


 5つ星

  2018-05-06


 非常にお気に入りのソニー

無条件にこのカメラが好き。 推奨します。 2018-05-03


  また、ボディと通信するソニーのフラッシュの…

ソニーα7RⅢは素晴らしいミラーレス一眼カメラです。
私はHasselblad、Rollei、Nikon、Mamiya、Cannonを持っていました。このソニーα7RⅢは逸品です。
これは、ニコンとキヤノンが作るフルサイズのボートアンカー(大きく重い?)よりも小さいのが便利です。
メニューは難しいですが、論理的にセットアップされている。
結果として得られる写真は42MPで非常に印象的です。
また、ボディと通信するソニーのフラッシュのいずれかをお勧めします。
私はF45RMを選択し、それ以上幸福になりえませんでした。
FEレンズ(特にGレンズ)は驚異的で、今やかなり幅広い選択肢があります。
一度あなたはソニーα7RⅢに参加すれば、あなたが振り返ることはないと思います。強くお勧めするカメラ。 2018-05-03


 シンプルに同クラス最高のミラーレスカメラです

シンプルに同クラスの最高のミラーレスカメラです。
超解像度、優れた光学式手ブレ補正、先駆的なリストが続きます。
ソニーの24-70mm Gマスターf2.8ズーム&ソニー – ツァイスTA 55mmプライム、ソニーの90mmマクロと組み合わせて あなたのセットは行く。
何、テレズームがない?
あなたはそれらの素晴らしく しかし重い70-200mmに大金を払うことが出来ます、または 70〜200mmの超大型レンズではなく、70-200レンズよりもはるかに安いITSレンズを搭載したソニーRX10Mark4を買うことができます! あなた次第です。 2018-04-28


 これまでに所有していた最高のカメラです

これは私がこれまでに所有していた最高のカメラです。
私は何年もソニーのミラーレスカメラを使ってきました。
このフルフレームカメラは、私の以前の2台のカメラよりもやや大きめですが、機能と解像度がほんの少し重くし、少し大きめのキャリングケースを使用する必要があります。
バッテリーはより大きく、容量もはるかに大きいので、写真を撮ったり撮ったりするときにバッテリー切れの危険性が少なくなります。
まだスペアバッテリーを手に入れるのは良い考えです。
(注:他のSonyカメラの小さな電池はこのユニットに適合しません)。 2018-04-21


 素晴らしいカメラ

これとGレンズかGMレンズをセットすると最高です! 2018-04-07


 RAWファイルについて教えてください

これは美しく うまく作られた製品、小さな驚異、パワフルですが、ソニー製のレンズFE 24-105で写真を撮って、Windows 10で写真をチェックするたびに、JPGファイルは完璧です、しかしRAWファイル見みると少し歪んだり、ピントがずれる? これは普通ですか?
また、Lightroomで もう一度RAWファイルを開くと完璧なのです。
この件で誰か私を助けることができますか? 2018-03-31


 5つ星

素晴らしい!
非常に良い品質で販売元は非常に応答性があります! 2018-03-30


 フルフレームの天国!

何と言えばいいだろう?
このカメラが大好き!写真が大好きで、リタイヤしていますので、私はこの芸術品を学び、楽しむためにさらなる時間があります。
このカメラの長所と短所を詳述したレビューがたくさんあります….なので別のものであなたを退屈させません。
たくさんのリサーチを行い、非常に役立つウェブサイトをいくつか見つけました。
1つは、適合したCanonレンズ(私は信頼できる5DMark IIとたくさんのLレンズを持っています)のための瞳 AFをfstoppers.comにテストするものとcolbybrownphotography.comであなたのカメラを設定するための提案を提供するものです。
唯一の欠点は、私が所有したいSonyレンズ(GM)のコストです。 2018-03-30


 最高

このカメラは、写真家の夢です。
私はしばらくの間にα7Rシリーズのカメラを手に入れたいと思っていましたが、これがリリースされたときに現金を放棄しなければなりませんでした。
まず最初に、これは皆がミラーレスで思うほどは小さくありません。
確かに私のCanon APS-C よりも大きいです。
APS-Cからフルフレームへの大きなアップグレード、尚且つ42メガピクセル。
オートフォーカスは素晴らしいです。
さまざまなフォーカスモードと美しい色が大好きです。天体写真撮影にも最適です。
添付の写真を参照してください。 2018-03-24


 35mmフルフレームカメラの現在の最高水準の技術

フォーカスがあまりにも遅く、レンズが普通であったため、私は過去にソニーをパスしました。
20年以上にわたりキヤノンを撮影した後、現在最高のフォーカスシステムを利用でき、ソニーは非常に優れたレンズを作っていると言うレビューを読んだ後にα7RIIIを試してみることにしました。
私はキヤノンよりも小さいカメラを得ることを望んでいましたが、それに関しては失望しました。
ボディはキヤノン5Dより少し小さいですが、レンズは実際には大きいか、より大きいです。
しかし、その失望は亡くなりました、Canonで私が考えもしなかった汎用性、良い品質を持っていることがわかったときに補って余りあるものです。
色はより正確です。CanonとLeicaが使っている別のCMOSセンサと常に調整しなければならないオレンジ色のキャストが少なくなっています。
写真はより精密な描写です。このセンサーはCanon 5Dよりもダイナミックレンジが広いので、写真の明暗の部分が吹き飛ばされることはありません。
新しいソニーのレンズは、キヤノンのレンズと同じか、またはより優れています。
私は12-24ズーム、24~70f2.8ズーム(相当するCanonレンズよりも大きい)、100~400ズーム、35f2.8、85f1.8で撮影しています。
フォーカスは速く、顔や目を追跡することに優れています。
これは、ビデオファインダーまたは関節式スクリーンを使用する場合にも当てはまります。
画面が明瞭に表現されているので、ファインダーを使って構図を決めるにはあまりにも厄介な場面でもカメラを配置して撮影できます。
キヤノンのライブショットで使用されるフォーカスはあまりにも遅く、しばしば不正確であり、画面ははっきりしていません。
写真は私が使った他のどのカメラよりも滑らかで現実的です、Leica Mは近いですが。
それは42 mpのセンサーのおかげかもしれませんが、優れたレンズも貢献しています。
カメラには手ブレ補正機能も組み込まれています。
私は400mmで非常に明確で精密な描写のショットを手に入れました。
私の唯一の不満は、ビデオファインダーが一眼レフほど明瞭ではないということです。
それも安くはありませんが、価値はカメラ本体の中とレンズの両方にあります。
それは防塵・防滴でいないので、雨の中で撮影する必要があるプロのための良い選択ではありません。 2018-03-24


 5つ星

素晴らしいカメラ 2018-03-22


 5つ星

この商品は本当に最高です。 2018-03-22


 5つ星

はい、これは私にとって写真やビデオの完璧なカメラです。 2018-03-15


 最新の…最高です! α7RⅢ

信じられないほどの高性能な剃刀のようにシャープなオートフォーカス、10Fpsの静止画撮影。
今はこれは私の頼りになるカメラボディです。
S-LOG 120fpsと混在するダイナミックレンジの14ストップ。
もうひとつのクールな機能がタイムラプス機能に組み込まれているため、写真やビデオ制作を改善したい人にとって、これは最高のオールアラウンドカメラです。
暗い場所でも非常に良いです。どんな写真家に持っている必要があります。 2018-03-13


 素晴らしいカメラ

このカメラのすべての機能を述べている約100万のレッスンとレビューをオンラインで見ることができます。

このレビューはただ私と私がカメラについて考える一般的な総括です。
と言う訳で
素晴らしいカメラ。
あなたが期待しているすべてのことをします。
あなたが完璧主義者であれば、一つの軽微な例外を備えて造りは優れています。
USBポートを覆うカバーはやや薄いもので、テーブルにカメラを置くときに気をつけなければドアを壊す可能性があることに気付きました。
それは、カメラのバッテリー寿命が大幅に改善されたと言われています。私は1つ予備ののバッテリーを購入しましたが、まだ使用していません(フィラデルフィア フラワーショーで1日過ごし、1つのバッテリーで十分でした)。
これはオートで使用するカメラではありません。
あなたが異なった照明案やレイアウトで撮るのが大好きなら、ポートレートを撮り、多くの写真を撮り、写真を撮るさまざまな方法を模索すれば、このカメラでは間違うはずがありません。
あなたがカメラに莫大なお金を費やしてオートで使用したい場合はSony RXシリーズに目を向けてください。
ビデオも優れていて、私はたくさんの事を使い始めました。
私は常に写真家でしたが、このカメラはビデオ領域ではるかに柔軟性があり、あなたがビデオブログを書くなら失望することはありません、私は素人のビデオ作家です。
現在、ソニー自社製レンズを持っています、あなたのコレクションの他のレンズを使用することはできますが、アダプターが必要であること、ソニーレンズと同様までには機能しないを覚えておいてください。
多くの企業で今このカメラがトレンドです。
あなたは納得する価格で素晴らしいレンズを見つけることができます。また、G-Masterラインですべてを楽しむこともできます。
また、位置データを追加するために電話とペアリングのブルートゥース機能が好きです。場所によって並べ替えるときに大いに役立ちます。
ワイヤレスで写真を携帯電話に転送すると、写真をすぐに手に入れることができます。
メニュー機能はまだまだ使いにくいですが、お気に入りのアクションを自動化して素早く素晴らしいショットを得るために十分なカスタムボタンがあります。
目と顔のオートフォーカスはすばらしく、試してみると失望することはありません。
あなたがこのカメラで予算オーバーなら、今月出てくる新しいα7Ⅲをチェックすることができます。
私はそれを必要としませんが、α7RⅢよりメガピクセルが少ない事と だいたい同じ付加機能で安いです。
次回のファームウェアアップデートで、このシリーズで何ができるのかを確認するのを待っています。
あなたは、このカメラをバッグに入れても問題ありません、しかしCanon/Nikonの愛好家だったなら、あなたのすべての機器を販売しないでください、ただその積み上げたものにアダプターを加えるだけで大丈夫です。 2018-03-09


 素晴らしい描写、不完全な機能性

あなたに、このカメラがいかに素晴らしいか、また驚くべき仕様を宣伝する必要はありません。
実際の撮影機能は間違いなく信じられないほど素晴らしいものです。
撮影スピードと鮮明な出力は、あなたが今までに購入したカメラボディ中でベストの魅力的な結果をもたらします。

しかし、R7Ⅲには欠点がいくつかあります、このようなハイエンドモデルではガッカリしています。
タッチスクリーンは、まずはピント合わせのためだけに機能します(なぜ?)、ダイヤルコントロールを使用してメニューを表示することは、まだ苦労しています。
また、ソニーがフルスクリーンチルトを実装していないことは驚くべきことです。
これは、多くの撮影状況を人間工学的に不快なものにしています(安価なHX90Vモデルには既にあります)。

テザリングはもう一つの大きな苦労です。
私はしばしばコンピュータ、モニター、またはスマートフォンに接続して撮影します。
モードを切り替える必要があるときに手動で設定をオンまたはオフにするためにメニューを通過する必要があるのは非常に不満です。
2018年のトップラインモデルが「うまくいく」と期待しています。これはしません。

別の厄介な機能は、不完全なS&Q(スロー&クイック)モードです。
ソニーは有名になって、アプリケーションストアの統合を取りやめました。
この新しいタイムモードはちょっとした作品ですが、これまでのモデルと比べて非常に欠けています。
ここでは、ファームウェアのアップデートがこれらの煩わしさのいくつかを修正し、カメラをプロレベルのモデルにすることを期待しています。 2018-03-07


 最高のミラーレスカメラ

私はスペックについて話す時間を費やすつもりはない。それはWEB上にあります。
これはスゴイです。α7Ⅲがプレスリリースされる3日前にこれを受け取りました。
はい、$ 1200以上高いですが、42mpは本当のMVPです。
私は自分の構図とクロップを完全にコントロールしています、私が欲しい何でも/何時でも、見事に鮮明な画像を得ることができます。
演色も磨かれています。強くお勧めします! 2018-03-06


 1.5か月で私は購入に非常に失望しまています

1.5か月このカメラを使って私はこの購入に非常に失望しまています。
定数ソフトウェアの問題。
常にデータの損失や破損したファイルに関する問題。
正直なところ、より良い写真を撮ってソフトウェアに問題のない玩具のようなα6000に戻って頼りにしています。
定数プログラムの問題はMacなどでは更新できません。タイムラプスなし 何でだ。
非常に失望したくさんのお金を無駄にした。
もし、誰かこれが買いたい人がいるなら私にオファーしてください。 2018-03-04


 気をつけて!本物のα7RⅢじゃない

私のカメラはα7RIIIではないようです。
特定の為にこれを手に取りましたが、これはα7RⅢのロゴがありません 「赤いR」のマークをつけたα7Rでした–良くてもα7RⅡです。
私は、これがアマゾンからの詐欺販売であると信じて、他の人に注意するように警告します。
アマゾンはこれを引き取る事が信じられないように思います、これを確認のためカメラ店に持っていきました。
アマゾンの返事待ちです。 2018-03-02

この意見に対し他の人からコメントが2つ付いていました
・α7RIIIは正面に完全なバッジがありません。 IIIはカメラの背面にありますよ。
・あなたの状況が分かりませんが、私の経験では、もし商品は記載通りでないならAmazonは配送料を払ってすぐに返品を受け取りますよ。


 あなたがいつも望んでいたデジタルカメラ。

素晴らしい画質、たとえ高ISOでも(大きいファイルサイズの準備ができています、たとえJPEGでも最大解像度で20MB近く)
非常に素晴らしい構築品質、コンパクトながら堅牢です。
”あなたの”カメラに仕上げられるボタンカスタマイズ機能をあなたは気に入るでしょう。
バッテリーはおそらくプロにほんの少しパワー不足ですが、写真家愛好家にとってはOKです。 2018-03-01


 Canon 5D Mark IVからSony α7RⅢに移行した人間から

私は長い間、キヤノンユーザーであり、私のすべてのキヤノンカメラを愛してきました(Canon T2i → Canon 5d Mark 3 → Canon 5d Mark 4)。
しかし、Nikon D800が登場して以来、特にセンサ技術を中心に、Nikonに遅れをとっていると感じました。
キヤノンのレンズに投資していたので、まだキヤノンと共に歩んでいました。
一方、ソニーは、ソニーアルファ7RⅡが発表されたときに大きな飛躍を遂げました。
しかし、フォーカス機能はCanonの標準まではなかったし、Sonyの重要な利点(優れたセンサー、優れたビデオ性能、手ブレ補正、電子ビューファンだー)にもかかわらず、私はCanonに留まっていました。
しかし、ソニーα7RⅢが発売されたとき、すべてが変わった。
仕様の上では、すべての点でCanonを打ち負かし、Canonが競わなかった重要な新機能(手ブレ補正、瞳フォーカス、4K Full Frameモード、Full HDでのスローモーション、ゼブラ/ピーキングなど)を持っていました。

Sony α7RⅢとCanon 5DM4を2ヶ月以上使用した後、私はCanonを販売し、Sonyを保有することに決めました。
私は主に風景、ポートレート、子供(急速に動く被写体)を撮影します、静止画は私にとっては非常に重要ですが、4Kでも多くのビデオを撮影します。

ここで私がキヤノンよりソニーを選んだ主な理由は次のとおりです。

a)ソニーのセンサー – 42MPは、Canonよりもはるかに細部の描写を分解します – ローパスフィルターの取り外しは、ソニーのさらなるシャープネスを引き出すのを助けます。
42MPを必要としない場合でも、大きなファイルからの切り取り可能性は大きなプラスです。

b)ダイナミックレンジ – 私はいつも自分の基準をカバーするためにキヤノンの露出で苦労しました(ETTR-ハイライト領域で露光をずらしできるだけ多くの光を捕らえることができるテクニック)ハイライトを吹き飛ばしたり、シャドウを押しつぶすような場合に備えて、HDRで撮ります。
α7RⅢでは、私はPPP10モードですべての風景を撮影します-カメラをこのモードにして、シャッター速度を下げます(より多くの光を取り込む-画像が明るくなる)ゼブラが見えるようになるまで(ゼブラが現れたらすぐにハイライトがクリッピングされていることを意味します)
基本的には、撮影時にJPG DRの代わりにフルRAWモードDRにアクセスできます(私はいつもRAWを撮影します)。
キヤノンは5Dmk3から5Dmk4でDRを大幅に改善しましたが、まだソニー(またはニコンD850)と同等ではありません。

c)ノイズ – 通常、MPが高いほど(ピクセルサイズが小さいことを意味します)、ノイズが増加します。
しかし、Sonyの42MPファイルはCanonの30MPファイルよりも綺麗です。
さて、違いは昼と夜ではありませんが、ノイズがなければはるかに多くの解像度が得られていることを考えると、それ自体 大きなプラスです。

d)フォーカス:ソニーはフォーカス部門でソニーのα7RⅢで大幅に性能を上げました。私の子供が走り回っている私の非科学的なテストでは、5D mk5と同じ数のキープ率です。
Canon 5Dmk5が速い動きにの最良のフォーカシング技術を持っているため、これは重要です。

e)瞳AF – これは真のゲームチェンジャーです。
ボタンを押すと、カメラは魔法のようにあなたの被写体の瞳を見つけ、くっつくきます。
すべてのレンズ、特に高速単焦点レンズでは、これはキヤノンよりもはるかに優れたキーパーレートを与えます。
あなたがポートレートを撮影すると、キヤノン(またはどんな一眼レフ)よりも大きな利点が得られます。

f)マニュアル AF – フォーカスピーキングやその他のマニュアルフォーカス補助を使用して、特に風景の場合、マニュアルレンズを非常に簡単に使用できます。
私はロキノン14mm 2.8(キャノンマウント – 私はMC11アダプタを使用しています)を持っています。
キヤノンでは、ソニーとは異なり、フォーカシング補助にアクセスすることができないため、マニュアルフォーカスは苦痛です。

g)ビデオAF – デュアルピクセルAF技術の導入により、キヤノンはビデオ中にオートフォーカスを提供する能力に大きな飛躍を遂げました。
私はSony α7RⅢがCanonのビデオオートフォーカス部門での性能に合っていることを知ってうれしかったです。

h)フォーカス マイクロアジャスト – フォーカス マイクロアジャストメントは、私がCanonに所有していたあらゆる単焦点レンズ(そしてさらにはズームレンズも)にとって必要不可欠でした。
壁に貼られたチャートの写真を撮るだけで私は夢中になりました。
そしてそれは一回ごとの努力(それゆえ私がやった)、それは行われなければなりませんでした。
α7RⅢを使用すると、位相とコントラストの組み合わせによるミラーレスボディが常に正しいフォーカスを見つけることができます。
良い厄介払い マイクロアジャスト

i)4Kビデオ – SonyはCanonよりもはるかに優れた4Kのビデオ品質を持っています。
Canon 4Kは約1.7倍のクロップで著しく障害を受けます(なので、あなたは本当にフルフレームの4Kビデオを得ることはありません-ノイズと被写体の分離という点で、それは大きな失望です)そして巨大なファイル(1分ごとに1GB以上) 。
それでも、ソニーの出力品質の方がははるかに優れています-よりシャープ、よりコントラスト、どちらもフルフレームモードで はるかに少ないノイズ(必須のクロップのためにCanonにはない)とスーパー35mmモード(これは、オーバーサンプリングのためにフルフレームモードでさえも少し上回る)。

j)35mmビデオモード – ビデオの場合、このモードを使用すると、レンズに2種類の焦点距離を実際に与えることができます-いかなる品質上のペナルティも伴わない。
さらに、今ではメニューでこのオプションを検索する必要はありません-簡単なトグルカスタムボタンでフルフレームと35mmモードを切り替えることができます。
私は写真には35mmモードを使用していませんが、本質的には42MPセンサから18MPのクロップを取ります-私はむしろ投稿でクロップしたいと思います。
もし、あなたが4Kビデオが大きい場合は、35mmモード(フルフレームモードで連動)はスイッチするのに十分な理由があるはずです-それは便利です。

k)ボディ内手ブレ補正(IBIS) – キヤノンの世界では、ISはたいへんな事でした-私は非常に気に入っているCanon 85mm 1.8のレンズを持っていますが手ブレ補正がありません。
私はシャッタースピードを少なくとも1/100にする必要があったので、フラッシュなしで屋内で使用するのはいつも心配でした – 今は、超高倍率のMPIXカメラですが、1/50または1/25で写真を撮ることができます。
手ブレ補正の技術は、ソニーのもう一つの大きな利点です – あなたはeBayから超古い(そして安い)レンズを選ぶことができ、ソニーに着けると安定します!

l)EVF(電子ビューファインダー )– 私はEVFに恋しています – ビューファインダーで画像プレビューを見て、写真を撮っている間にすべての追加情報を見ます、ビューファインダーでビデオを撮影します(私はそれを気に入っていますが、それがα7RⅢでこれ出来ることを忘れていると告白します)。
EVFの品質は素晴らしいです-キヤノンの伝統的な光学ファインダーが提供するものを何も見逃せません。

m)適合レンズ – 安価なシグマMC-11アダプタを使用して、私はすべての私のキャノンレンズをソニーで使用できます。
私はかなりのスピードでオートフォーカスを得るだけでなく、瞳AFのような機能も手に入れます。
私は、Canon 17-40L、Canon 24-105L、Canon 50mm 1.4、Canon 85mm 1.8、Canon 70-300mmLを使用しています、それらはすべてSigma MC-11でうまく動作し、すべて瞳-AFを提供しています。
いいえ、それらはソニー製レンズと同等の速いオートフォーカス体験を提供しませんが、彼らは間違いなく仕事をすることができます。
さらに、瞳 AFで、特にCanon単焦点レンズの精度は、Canonよりもソニーで優れています!

n)チルトスクリーン – ソニーが提供するチルトスクリーンは、地面近く、または頭より高い位置で写真を撮りたいときに非常に役立ちます。

o)バッテリー寿命 – これはソニーのカメラでは問題だったが、ソニーα9とソニーα7RⅢですべて変わりました。
私はCanon 5Dm4から得たものと同じバッテリー寿命をSony α7RⅢから得ています。

数少ないキヤノンでは優れているところ:

a)タッチスクリーンの実装 – キヤノンはこれまでにない優れたタッチスクリーンを持っています。非常に反応の良い、非常に直感的で、ビデオ、フォーカス、メニュー、プレイバックに働きます。
ソニーははるかに初歩的なものであり、タッチのフォーカスは許されているものの、メニューのナビゲーションはサポートしていません。

b)メニュー – キヤノンは非常に直感的なメニューレイアウトを持っており、あなたの周りを見つけるのはとても簡単です。
一方、ソニーは、混乱です。
彼らは多くのオプションを持っていて、それらのオプションはメニュー全体に無作為に振りかざされています。
唯一の救いは、ソニーが現在許可しているカスタムメニュー機能です – あなたが興味のある項目で独自のメニューを作成することができます。
これはキヤノンにも同様の機能があります(ソニーの利点ではない)、これなしでは、メニューの6ヶ月の短期集中コースなしではソニーは実施不可能なものに近い

c)演色- これは非常に主観的です – キヤノンは、特に肌の色調に関しては、演色ではしばしば事実上のゴールドスタンダードとみなされます。
同じレンズを持つ2台のカメラで生成される色が異なることは否定できない。
どちらがいいですか?
私はキヤノンが肌の色調に魅力を感じていると感じていますが、私の友人の何人かがブラインドテストでソニーを押しています。
RAWで撮影した場合(そうでない場合はどうしてですか?)、お互いにかなり近づけることができます。
しかし、これは頭に入れておく必要があるものです。

だから あなたはそれを持っている – ご覧のように、私のためのプロのリストははるかに短所を上回る。
このレビューが好きなら、「Like」を押すと、今後このようなレビューを書くことができます。ご質問があれば、お答えします。 2018-02-26


 カメラを賞賛し、誰にでも勧めるのみ

カメラは素早く到着し、綺麗に梱包され、全く新品でした。
私はただこのカメラを賞賛し、誰にでも勧めるのみ! 2018-02-14


 素晴らしいカメラ

すべてがウェブを通じて伝えられているとおりです。
私はキヤノン愛好家でしたが、交換することになるでしょう。
どちらのシステムも好きで、ソニーはこの42mp、重さとフォーカスシステムが大好きです。
シグマMC-11を使用で、私のキャノンレンズは、ほとんどソニー製として動作します。
色の再現性は問題はなく、編集で簡単に修正できます。 2018-02-11


 5つ星

なんと素晴らしいカメラ!なんと素晴らしい品質! 2018-02-08


 5つ星

このカメラが大好きです、写真を学ぶことがとても楽しいです。
まったくすばらしい趣味です。 2018-02-06


 5つ星

素晴らしい画質とオートフォーカスは、間違いなくあなた興奮させます。 2018-02-05


 素晴らしいが完璧ではない、メニューはまだ仕事が必要です。

これは私の4番目のソニーのカメラで2番目のフルフレームのカメラで、α7RⅡが最初です。
もしできるなら、これに4.5の星を与えたい。
第一に、これはソニーがこれまでに作った最高のカメラです。
それは、私がα7RⅡに持っていた ほとんどすべての問題を解決しています。
α7RⅡはしっかりしたビデオ、素晴らしい風景写真、人物撮影、プロダクトフォトカメラですが、カメラはあなたが信じるいくつかのすべてが素晴らしと言うことではありませんでした。

ハイブリッドシューターのα7RⅢの最も強力な機能は、カスタムモードでは写真モード、およびビデオの別のものにおいてカスタムキーを設定できる機能です。
最初にカメラを入手したとき、メリットについて懐疑的でしたが、最近ではNAMMショーのライブイベントをカバーするために使った後、私はα7RⅡに戻したいとは考えられませんでした。

電池寿命はソニーの発表よりもかなり長いです。
私は10fpsについては気にしませんでしたが、それでもいくつかのケースで有用であることが分かりしました。
これは、より少ない光にフォーカスする能力は、人生をより簡単にしました。
私は、オートフォーカスシステムが、光のレベルが下がるまで、またはカメラに向かったりカメラから遠ざかる物体を追跡するまで、その劇的な改善はないと思っていました。

しかし、ソニーの伝統でまだかなりのメニューに問題があります、複雑な問題ではないですが。
これらのカメラは必然的に設定の競合があり、時には意味をなさない理由で不満を持ちますし、カメラが問題の原因を説明しないため、より複雑なカメラの多機能な十得ナイフの学習曲線になります。ソフトウェアとコミュニケーションは、ソニーがまだ苦労しているところです。

最終的なの考えでは、もし、あなたが切り替えて、ビデオとスチル写真を半々または6対4の使用と考えるなら、これは買うことができる最高のカメラです。
そうでなければ、α6500をバックアップカメラとしてチェックすることをお勧めします機能の90%が価格の3分の1になります。 2018-02-01


 驚異的な多目的カメラ

ソニーは先進のテクノロジーを超小型ボディに収納し、しかもすべてが魅力的な価格でカメラ市場を支配し続けています。
ソニーのα7R IIIも例外ではなく、現在市場で最高のオールラウンドカメラとして多くの専門家によって考慮されています。
DxO Markは、このセンサーに100のパーフェクトな評価を与え、NikonのD850とそれを結びつけています。
中判の巨人Pentax 645ZとHasselblad X1D-50cを凌駕しています(ただし、これらの中判カメラは、高価な正札と限定されたレンズラインナップなど非常に多くの短所を有していて、さらには非常に大きなレンズがあれば貧弱な旅行カメラに向いているが、それは的外れです)。

ソニーのα7RIIIは、天候不良でも使用するための気密シールボディを備え、ほぼ即時のオートフォーカスで非常に迅速に動作し、ボタン操作からメニュー指定まで高度にカスタマイズ可能です。嫌うことはほとんどありません。
OLED電子ファインダーは、クリスタルクリアで、アクティブな設定のライブ表現から、ズームおよびフォーカスの覗き込みから、カメラ背面のライブビュー画面に見られるようなあらゆるものまで、あらゆる点で標準のファインダーよりも優れています。
ボタンのレイアウトは直感的で、タッチに反応します。
右上に指定された露出補正ダイヤルを持つと、他の複数のダイヤルに加えて、あなたの好みに合わせてカスタマイズすることができます。

カメラの短所の1つはタッチスクリーンです。
この機能は、適切に実行された場合の優れた機能ですが、実用的な機能よりも結果論に感じます。
タッチスクリーンはフォーカスを選択するためのものですが、その応答性と有用性は最高です。
うまくいけば、将来のファームウェアアップデートはこの面で改善され、その機能を向上させるだろうが、今のところ、写真撮影よりも宣伝にもっと役立っています。

Eマウントレンズのラインナップは、ますます多くの第三者メーカーがZeiss、Sigma、Rokinonなど、この新しいSonyラインのレンズを開発しています。
その多くは画質を犠牲にすることなくそうしています。
ソニーの自社生産のEマウントレンズは、幅広い品質と価格を提供します。
GMスタンプのソニーレンズは市場で最高の品質を誇っています。
それらはまた、最も高価なレンズです。
「G」ラインは、Gマスターラインの優れた品質ではありませんが、優れています。
すべての標準的なソニーのレンズは、GまたはGMの指定なしでは、このカメラの価値がないので、避けるべきです。
ソニーツァイスの言葉を使わずに、Eマウントレンズについて話すことはできません。
数十年のパートナーシップを通じて、ソニーとドイツのメーカーZeissは真に優れたレンズをいくつか創作してきました。

概して、あなたは失望しません。 2018-01-27


 勝利のためのピクセルシフト

α7SⅡからアップグレードし、アップグレードする価値があると言わなければなりません。
私はこのカメラを買うまで、オートフォーカスのファンではありませんでした。
ジョイスティックを使用すると、私が望むフォーカスエリアをピンポイントにすることが容易になり、それは完璧に正確です。

我々は完了した主に私のビジネスの改造プロジェクトを撮影するためにこのこれを買いました。
そのため、ピクセルシフトオプションには実際に便利なものがいくつかあります。
私はこれらの画像から大きなフォーマットの品質を得ることができます。
これは絶対に素晴らしいです。 2018-01-26


 持っているα7RⅡよりずっと優れてます

私はヘッドショット(上半身の写真)やその他の形式の人物撮影を撮ることで金の大部分を稼いでいるセミプロの写真家です。
α7RIIが作り出す画質は、45MPまたは50MPの中判カメラで生成された画質には若干足りませんが、α7RIIは優れた仕事をして、高解像度でシャープな肖像画を作り出すことができます。

しかし、私はまた、低光下のイベントやスポーツイベントなど、他のタイプの写真撮影をすることも求められています。
それは、α7RIIの性能が不足し、パフォーマンスが低下し、効率的に仕事を行うことができなくなってしまう場所です。
だから、私はスピードのためにα6500を購入し、α7RIIの欠点を補うために低光のためにD750を購入しました。

確かに、D750は、Sonyのが良い照明で作ることができるほどシャープな画像を生成しないかもしれませんが、20mmまたは70-200mmのTamrom搭載したD750は低照度のすべてのソニーより優れています–はい、α7RⅢ(つまり、新しいもの)も含め。

とにかく、Sonyは、自社レンズと優れたアダプターを備えた自社レンズでないレンズで超シャープな画像を生成しますが、ニコンと比較して低照度ではパフォーマンスが低い傾向があります。

α7RIIIに戻って、それがα7RIIとおそらく世界最高のオールラウンドカメラよりも優れている理由:

私は、α7RIIとα7RIIIが同じセンサーを持っていると言っていることを知っています。
それは多かれ少なかろうと正確かもしれませんが、実際には、センサによって捕捉されたデータ(光)を処理するのと同じ技術を持っていないという事実があり、この事実はセンサではなく、言い換えれば、センサーは網膜に似ており、プロセッサーは脳に似ています。α7RⅢの脳は、α7RIIの脳よりも優れています。

たとえば、私はフォーカスピーキング、マニュアルフォーカスアシストなどを使用するマニュアルフォーカスレンズを所有しています.α7RIIとα7RIIIの間のピーキングは、リンゴとオレンジのようなものです。α7RIIIのピーキングは私の考えでは2〜3倍優れているので、マニュアルフォーカスレンズで焦点を半自動焦点レンズのように釘付けすることができます。
さらにファインダーとLCDがよりクリアで、さらに優れています。それは大きな問題です。

他の例は、オートフォーカス機能(特に、瞳オートフォーカス)、ピクセルシフト、センサ安定化(5軸)である。これらの事はすべて大きな利点です。
あなたのセンサーがフォーカスを得ることができない場合、それはそのセンサーの良さがすべてではありません。

私が本当に好きないくつかの他のアップグレード:
フラッシュ同期ポートは、自分自身をフラッシュ/スタジオの写真家と呼ぶので、私には非常に便利です。
デュアルカードスロットは優れています。なぜなら、あなたが準備時間を失うリスクがなく、障害のあるカードでの撮影は一大事です。

私はビデオを撮影している場合を除き、延びたバッテリー寿命はクールですが、私には重要ではありません。
フレームレートの増加は素晴らしいです、私がジンバルに最も軽いボディーを置くことを望んでいない限り、私のα6500は私にとっては無用になりました。

一言で言えば、オールインワンのカメラを探しているなら、α7RIIIは価値があります。α7RIIにとっては、それは間違いなく多くの点で優れています。
α7RIIIは、α7RIIとα6500のすべての機能を備えているため、α6500を購入する必要はありません。

私は、α7RIIIを強くお勧めします、そしてサミーズカメラ(販売店)はパッケージ化された箱にFedEx経由で真新しい状態で私に出荷されました。 2018-01-25


 別格の画像とビデオの品質

私はキヤノンのボディとレンズに多額の投資をしているキヤノンの長年の愛好家ですと言って、このレビューの前置きをします。
しかし、最近の否定的なキャノンの経験と、キヤノンがソニーのようなセンサーに投資していないという私の感覚の後に、私はミラーレスの世界が私が将来的に投資したいところだったかどうかを見極めることにしました。
私は約1ヶ月間、α7R IIIと24-70レンズを手に入れました。
私は本当に吹き飛ばされていると言わなければなりません。
画質は私の5D Mark IVと5DSRよりも優れています。
ビデオの画質はすばらしく、カメラはちょうど使いやすく、私のCanonギアよりかなり軽いです。
特に瞳AFの機能はすばらしいです。
私はバックボタンのフォーカスを行い、次に再構成しますが、瞳AF機能を使用すると、カメラは正確に目を追跡し、結果は驚異的です。 2018-01-24 


 ファンタスティック

非常にコンパクト。素晴らしい画質。
私はこのカメラの技術革新が驚異的なので、Canonから移りました。
キヤノンは長年にわたって停滞しています。また、これはフルフレームではるかに軽いです。
学ぶのは簡単です。ステキなカスタムボタン。
あなたができるブラケット撮影の数が好き。 2018-01-24


 フジXT-2より良いか?

ソニーのa7RIIIは買う価値がありますか?
私たちは1分で分かります。

2016年末、FujiがXT-2をリリースしたとき、私はCanonからFujiに移りました。富士は私の世界を変えました。
それはミラーレスの世界に私を紹介しました。
私は決して一眼レフの生活に戻っていません!

私は1年間、XT-2で撮影し、すべての作品をインターウェブを介して投稿し、人々に魔法の能力を納得させました。
私はXT-2で商業的な仕事、企業ビデオ、代理店の撮影、個人的な仕事、家族の集まりなど、すべてを撮影しました。
タイでも私の新婚旅行。ああ、富士と私は素晴らしい思い出を一緒に作りました。「これは私が今まで必要としている唯一のカメラです」と私は一晩、フジを寝かせながら囁きました。

ああ、私は間違っていた。

それから数日が過ぎて。
「なあ、新しいソニーが出てくるのを聞いた?」
友人のエリックは私にメール送ってきた。
それは真夜中頃だったはず。
私たちの会話はいつも機材への欲望を中心にしているようだ。

「お前は富士を売ってそれを手に入れる?」と彼は私を怒らせた。

「まさか、」私は返した。「俺はまったく別のカメラは必要ない」と言い、私は まるで彼と私の両方を説得しようとしているようだった。

しかし、私は考え始めました。
最近、すべての私のキヤノンの機材を売っていたので、XT-2しか持っていなかった。
カメラボディを1つしか持っていないプロの写真家がいますか?
ソニーは良いカメラを作るという評判でした。
そして、α7RⅢには以前のバージョンよりも多くの改良が施されていたようです。
仕様をすばやく見て、たぶん私はそれが何を提供しているかを見ることができます。
害はない間違いないので大丈夫、間違いない?

20分後、私のラップトップのいたる所によだれを垂らさないように苦労して、カーソルは「カートに入れる」ボタンの上に置きました。「ダメもとでやってみるか」と私はカメラを予約注文していました。

それが11月5日でした。カメラが最終的に私のアパートに到着するまでには、驚くべき4週間待たなければならなかった。
それ以来、私はいくつかのポートレートの作品にそれを取り出して確認することができます:
このカメラは真面目な話、かっこいいマシンです。
上位5つの私のお気に入りの要素を見てみましょう:

1)42メガピクセル

分かってます。メガピクセルがすべてではありません。確かに、私は同意します。
しかし、42メガです?! それは深刻な解像力です?! 比較として、Fuji XT-2は24.3mpの場合、これは実際にはほとんどのカメラマンにとって十分です。
しかし、70%アップの解像度を持つことはまったく異常です。
RAW画像の詳細レベルは驚異的です。そして私は、写真の切り取りで品質を失うことを恐れなくて良いのが気に入っています。

2)120fps(スローモーション)

昨年ビデオに入って以来、特にbロールの映像では、slow-moクリップの撮影がとても面白かったです。
Fuji XT-2はビデオを非常によく扱います。長い撮影時間や大量の作業を必要な より深刻な仕事には理想的なカメラではないかもしれませんが、小さなギグ(ライブ)の場合は素晴らしいです。
そうは言っても、それが欠けているのは120fpsで撮影できることです。
私は自分にこの機能は必要ないと確信していましたが、私は本当は欲しかった。

α7RⅢに移ります。そのスローモア機能はバターのように滑らかで、品質は抜群です。
私は「S&Q(スロー&クイックモーション)」オプションを気に入っています。
カメラの低速モードで映像をキャプチャして再生することができます。もはや私は60fpsを撮影に捕らわれる必要はありません。

3)バッテリー寿命

私はα7RⅢを持っていないので、比較することはできません。
しかし、私はこれを言いたい、私は真剣にα7RIIIのNP – FZ100バッテリーに感銘を受けています。
私は外に出て2つのポートレートセッションを撮りました。合計で3時間を撮影し、10%も使用しませんでした!
富士XT-2のバッテリー寿命は悪くありませんが、ソニーのそれほど良いとは言えません。

4)瞳AF

みんな、これはまったくに大変革です。
瞳AFはこのカメラの前のXT-2にすでにありましたが、これはあまり好きではありません。再び、XT-2と比較すると、夜と日を比較するようなものです。
XT-2はあなたの被写体の目を特定するかもしれませんが、まったく動き回っていれば精度については忘れてしまいます。
一方、α7RIIIは、正確な精度で被写体の目に固定されます。彼らはタスマニアデビルのように回り込むことができ、彼らの目にはまだ焦点が当てられているという心の安らぎを得ることができます。印象的な恐ろしさです。

良い光のなかでは、私がしなければならないことは中央ボタン(eye-AFがデフォルトで設定されています)を押すだけ、私のポートレートのフォーカスをする心配は一度もありません。
私が問題を経験した唯一の時は、被写体の顔があまりにも上手く露出されず、カメラが彼らの目を「推測する」ときです。(時にはカメラが緑色の四角枠を背景のどこかに置いてしまうことがありますが、これは目に見えない幽霊の目に焦点を当てているように想像して恐ろしい)

5)10fpsで連続撮影

あなたがアクションを撮影するのが好きなら、これは本当の楽しみです。
あなたがα9(驚異的な20fpsで撮影)から来ていない限り、あなたは毎秒10フレームで連続して撮影できることに喜んでいるでしょう。
ポートレート写真家として、私はしばしば自然の動きを捕らえるために歩く、走る、飛び跳ねるように被写体に頼みます。
カメラが十分に速いフレームレートで撮影しないと、これらのショットを釘付けにするのは難しいことです。

α7RIIIはXT-2よりも1秒間に2フレームしか多く提供しませんが、ここでは本当に輝いています:eye-AFと連続シャッターの組み合わせ。これらの2つの機能は強力な組み合わせであり、意図的または予期しない動作に焦点を当てることを実質的に保証します。

肝心な点:

私は熱狂的なフジファンとして写真家の友人に知られていますが、ソニーのa7RIIIは文句のつけようがありません。私はそれを買うことに全く後悔していない。

SonyがXT-2に取って代わりますか?
それはあなたが撮影したものと、カメラで最も感謝している機能に依存します。
私の意見では、富士はカラーサイエンスで誰にも勝るものではありません。
彼らのベークインフィルムシミュレーションは、使用することの喜びです。
私は彼らのメニュー体系のシンプルさと、彼らのカメラボディのノスタルジックな構築が大好きです。

しかし、機能や仕様については、α7RIIIは克服するのが難しいです。
中規模の解像度、信じられないほど正確なアイオートフォーカス、そして10fpsでほとんどの動きをキャプチャする能力を備えたこのカメラは確実な勝者です。 2018-01-17

Kevin Kleitches 
ケビン・ティトゥス写真


 はち切れんばかりのテクノロジー-バッテリー寿命は情けない

このカメラは、私が愛していたCanon 7Dからの私にとって大きなアップグレードでした。
それは私の最初のフルフレームカメラ、そして私の最初のソニーです。
CanonレンズでMetabonesアダプターを使用しています。

このカメラの技術は、私のCanonにあったものをはるかに上回っています(そしてCanonsのアップデートされたものより)、どこから始めるべきか難しいです。
彼らは、さまざまな状況で撮影するのがどういうものかを明確に考えており、メニューやカスタム機能は本当に気が遠くなります。
私のお気に入りの中には、シャッター速度と絞り値を一定に保つ機能がありますが、あらかじめ定義された範囲内でISOを自動的に変化させます。
あなたが写真を一括して楽しむなら、これは本当に便利です。

私はまだこのカメラが私の写真技術を増やすことができるすべての方法を学んでいます。
一つの不満はバッテリーです。
私は5~6時間以上の撮影できていません。
私はバッテリーグリップを購入し、別料金を投資する必要があります。 2018-01-12


 4つ星

以前のモデルより重く、ISO400-800であっても非常に高いノイズ… 2018-01-10


 素晴らしいカメラ!!!

このカメラは特別な感じで、高級にも見えます。
α6000よりかなり重いという訳ではありません。
バッテリの寿命は7R2に比べて改善されています。
間違いなく私のお気に入りになります、前のα6000からの大きなアップグレードです。 2018-01-04


 優れたカメラ、非常にコンパクトですが、サイズにしては重い

優れたカメラ、非常にコンパクトですが、サイズに比べて重い。
配送の外箱の上にはテープが貼られていました、側面は貼っていませんそのため部分的に開いていました、箱の中をに小さな詰め物がありました。
カメラには満足していますが、出荷のパッケージを考える必要があります。
α7RIIIは私のα6000のレンズでうまく動作します。
レンズやアクセサリーは、バッテリーグリップからテレコンバーター、レンズに至るまで、キヤノンの同じアイテムより高価になることを予想してください。 2018-01-02


 筋金入りの写真家のためのベストカメラ

このカメラのレビューに入る前に、私のカメラの履歴を見てください、何しろ私がこれをどんな経験と比較しているかを知ることになるのですから。

私の最初のデジタルカメラはCanon Rebel XTi – > Canon EOS 60D – > Canon EOS 6D – > Sony α7Ⅱ – > Sony α7RⅢでした。
私はまた、ソニーα7RⅡと、EOS MやM3のような最近のCanonミラーレスカメラで撮影の経験もあります。

2016年11月、友人のα7RⅡを1週間借りて、6Dからソニーに切り替えました。
私はそれを気に入り、それは私のワークフローに完全に合っていました。すぐにファンになりました。そのカメラを毎日使っていました。
数ヶ月前のα7RⅢのプレス発表に話しを戻すと、アップグレードするのに最適な時期でした。

私の関心は写真ですが、仕事中のいくつかのプロジェクトでも4Kビデオを撮影できるようにしたいと考えていました。
今、1週間ちょっとα7RⅢの経験をしました。
少し変化した形状は私のための即時の改善です。
私の手は大きく、ソニーのミラーレスカメラはいつも握りにくいものでした。
少し深いボディは嬉しい変化です。
α9のために作られたGarizの皮のハーフケース(Gariz XS-CHA9BK)を選択しました、それは魅力的にフィットし、ちょっとした高さをカメラに加えるだけです。
大きな手の方にはハーフケースを強くお勧めします。それは小指を休めることになります。

このカメラの画質は驚くべきものですが、α7RⅡの少しの経験があり、それは変わりませんので、驚きはありません。
しかし、α7RⅡの経験のない人にとっては、これらのセンサーから得られるディテールに圧倒されます。

ビデオの品質は良いです、私はちょうど創造性のこの分野あらはじめ、学習しています。
しかし、フラットに撮影する能力は素晴らしいです。私はこの分野に進出できることに興奮しています。

バッテリーの寿命は素晴らしいです。
個人的にはポケットに予備の電池をいくつか持ち歩くことに問題はありませんでした。
α7RⅡと4個のバッテリーでアイスランドを1週間運転し、うまくいっていました。
しかし、このカメラは明らかにはるかに優れたバッテリーを持っています。
製造品質は、この価格帯のカメラからの期待どおりのものです。
装備は素晴らしく、ボタンはワンダフルな感覚です。

RAWサポートは、Lightroomを使っているので辛抱強く待っています。LightroomでカメラIDをα7RⅡに変更する簡単なEXIFハックがあります、それでも公式のサポートを待っている。
(これはAdobeの100%です、するべきです。)

ファインダーは美しいです。α7Ⅱから比べ、これは大きな違いになります。私はまだ、ビューファインダーか液晶画面かどちらを使うかどうかは決めていません、おそらく均等でしょう。
しかし、それでもビューファインダーは良いです、それは歓迎です。

最後に、オートフォーカス。これを説明することはできません。
私はA9の方が速いことを知っています。
CanonとNikonがより高速なカメラを持っていることを知っています。
しかし、私はこのようなオートフォーカスのカメラを使用したことはありません。
いつも私は、焦点を絞るのが素早くできるシングルフォーカスのセンターポイントそして、ただ構図を変えるだけで撮っています。
しかし、これは私が人生で初めてカメラで撮影したもので、迅速かつ正確に焦点を当てていると感じました。
私は速いレンズでたくさん撮影するので、フォーカスはとても重要です。
このカメラは完璧にそれを釘付けにします。
被写体の追随性能は驚くべきもので、瞳AFは信じられないほどです。

結論として、あなたがこれを読んだら、すでにこのカメラのすべてのYouTubeのレビューを見て、このページを100回訪れているでしょう。
もし あなたが これを持つ余裕があるなら、おそらく これを入手するでしょう。
できない場合は、おそらく これの為に貯蓄するでしょう。
たぶん、このレビューは誰かを助ける、それは私が望むすべてです。
皆さんお元気で、撮影を続けてください! 2017-12-12


 手ブレ補正は素晴らしく高ISOは向上しています

常識はずれ。
色彩は大きく改善され、AFは高速です。
手ブレ補正はうまく動作し、ISOは向上しました。
4Kビデオはうまくいきます。
サイズの節約を考えると、これはニコン850を押しのけ2017年のイヤーオブカメラです。 2017-12-07


 これまで作られた中で総体的に最高のカメラ..これまで、まさに驚異的

このカメラには同等品がありません!
高速10fpsと42MPの組み合わせは、顎を落とすことです。すでに驚くべきα7RⅡからのアップグレードの数は、あまりにも多くなりすぎて数にはなりません。
瞳AFは現在、ソニーのレンズだけでなく、キヤノンやニコンのレンズでさえも全く新しいレベルにあります。
デュアルSDカード。
あなたの時代遅れの大きなモンスターを残す言い訳はありません。革命に加わり、時代遅れの身体とセンサーを持つ他の企業、特にCanonにメッセージを送る時間。 2017-12-07


 おそらく今日の市場で最高のカメラ

私は3〜4年ごとにカメラをアップグレードするので、すべてのカメラが今までに所有した中で最高のカメラでなければなりません。
私は主にカメラ愛好家ですが、専門的な仕事もしています。
α7RⅢはその標準を簡単にクリアします。
視点から見ると、私は伝統的なSLRとDSLRの時代にソニー/ミノルタの長年の撮影をしていました。
SonyがDSLRフォーマットを放棄し始めたので、Nikon D750でNikonに移行しました。
2014年、ソニーのミラーレスを考えましたが、プラットフォームは時期ではないと判断しました。
フォーカスシステムは普通で、レンズラインアップは貧弱でした。
その後、私の主力カメラのD750購入から3年たって2017年後半 -私はアップグレードの気持ちに揺らいできました。
私はNikon D850を購入する予定でした。…しかし、潜在的な重さを恐れ始めました。
そして、ニコンから欠けている、本当に好きな おおくの素晴らしい機能がソニーが持っていることを知っていました。
だから私はニコンのレンズを売り切っていました…. そして今、α7RⅢで楽しく撮影しています。

そして、判決 – 私はそれが私が思っていた以上に大好きです。
私は高い期待を持っていて、それは私の期待を超えていました。

α7RⅢとNikon D850を検討しているなら、Nikonの経験とD850に関する広範な研究に基づいた私の基本的な比較レビューがあります。

ビューファインダー:OVF(光学)とEVF(電子)-
これはほとんどの人にとって大きな問題です。
EVFを使用する人がいます。
EVFを愛用している人は、「あなたが見ているものがあなたが得るものです」という側面を持ち、OVFに戻ることはできません。
ファインダー内の電気的なイメージを見たくないと主張するOVF信者がいます。
私は無関心です、どちらを使用しても満足しています。
しかし、一般的には、α7RⅢ EVFは素晴らしいです。
それは大きく(D850よりも大きい)、明るいです。
それは速く応答性があります。
あなたは簡単にOVFを見ていないことを忘れます。
EVFの唯一の欠点は、カメラの起動時です。
ニコンD850のようなカメラは、すでに瞬時に撮影する準備ができています。
α7RⅢとEVFは、カメラがスリープ状態になったときにオンにしたり、目を覚ますのに瞬間を必要とします。
非常に速く、古いモデルよりも速くなければなりません。
私は約1秒、間違いなく2秒以下であると言います。
しかし、最初にカメラの電源を入れて起動したときには、そこにあります。

画質:
そこに多くのレビューを見て、品質の違いはD850とα7RⅢの間で自明です。小さな解像度の違いは無意味です。
一般的に、α7RⅢの画質は単に驚くほど素晴らしいものです。
低照度/高ISO能力の面では、私はISO 6400-16000で最高の品質を得ています。
私の以前のSonyカメラと比較しても、JPEGレンダリングが大幅に改善されています。
私はいつもソニーのカメラのJPEGを嫌っていましたが…もはや。
また、RAWの撮影すると、非常に順応性の高いファイルで報いられます。

ボディ / 人間工学 –
これはDSLR愛好家によって最も引用された側面です。
ソニーのミラーレスカメラが「小さすぎる..持ち難い..ボタンが小さすぎる」と言う人もいます。
α7RⅢグリップは、Nikon D750グリップとほぼ同じです。
したがって、私の中くらいの手には、これは快適に保持することができます。
ボタンの配置とサイズが改善されました。それは本当に良い人間工学の快適なボディになっています。
トップLCDプレートはありません – それはD850支持の小さなチェックです。
製造品質は優れていますが、おそらくD850ほど丈夫ではありません。
私は軽い雨の中でα7RⅢを使用するのをためらうことはないが、豪雨ではD850の方がもっと快適でしょう。

以前のソニーのカメラは、電池の寿命がひどく悪かった–
1日で数百枚の画像を撮っていて、バッテリーは50%以下になっていない。私はバックアップバッテリーを1つ追加購入するつもりですが、あなたはめったにα7RⅢでそれを必要とすることはありません。

私にとって最も重要なのは –
それはNikon D850よりも約1ポンド軽い。
レンズと組み合わせると、比較的コンパクトなシステムになります。
私の背中と首はすでにD750からの改善を感謝しています。

オートフォーカス – これは重要です。
D850は、自社の主力スポーツカメラから得た素晴らしいオートフォーカスシステムを備えています。従来、ミラーレスオートフォーカスは劣っていました。
もはや。オートフォーカスはさまざまな手段で評価されますが、ほとんどの手段では、α7RⅢのオートフォーカスはDSLRより優れています。
これは、これまでD750よりも優れたオートフォーカスシステムです。
ニコンの偉大なオートフォーカスシステムは、ファインダーでのみ動作します。ビデオやLCDに頼ると、AFが非常に悪くなります。
ソニーはファインダーとLCDの間をシームレスに移動できる素晴らしいAFシステムを持っています。
それは超高速で、より重要なことに、超正確です。
正しく設定すると、Sonyのカメラで「瞳-AF」が表示されます。
これは素晴らしい機能です – 被写界深度が非常に狭い場合(背景がぼかす)、ほぼすべてのポートレート/人物で眼球に完全に焦点を当てます。
DSLRはバックフォーカスとフロントフォーカスの問題の影響を受けます。
焦点はしばしば1cmほど離れています。大したことではありませんが、高解像度では気付きます。
α7RⅢでは…あなたは完璧なフォーカスをより頻繁に入手します。
一方、フォーカスポイントはフレームの大きな部分をカバーしています。サムスティックとタッチスクリーンは、AFポイントを動かすのがとても簡単です(これは従来のソニーのカメラでは非常に面倒でした)。

α7RⅢのいくつかの他の機能と長所:
– ピクセルシフト –
一度に1ピクセルだけずらすことに基づいて4つの画像の合成を作成します。それは非常に制限された機能です。
完全に静止した被写体でなければならない。三脚で撮影する必要があります。
また、コンピュータ上でSonyソフトウェアを使用してイメージを結合する必要があります。
しかし、限られたケースで、これは通常の撮影で得られるよりも目立ってより良いディテールを達成する方法です。

-IBISおよびハイブリッド安定化。
私は手が安定していません。
シャープな画像を得るためには、ある程度の安定性やシャッタースピードが必要でした。
最近、多くのDSLRレンズが手ブレ補正されていますが、多くの超屈折レンズと単焦点ンズは補正なしです。
α7RⅢでは、すべてのレンズが手ブレ補正します。
いくつかに対しては、レンズとカメラのハイブリッドシステムです。
それらのレンズは、信じられない程 安定します。
私は105mmと1/10秒で簡単に撮影していました。12-24mmのレンズを12mmで撮影すると(このレンズは手ブレ補正がないので、カメラボディ内手ブレ補正のみです)、1/2秒で鮮明な画像が得られました。

– デュアルSDカード。超高速UHS-IIカードをサポートするカードスロットは1つだけのため、別のスロットでは速度が低下します。
私は “遅い”スロットのJPEG(小さいファイル)、RAWが高速スロットにします。これで、どちらもほぼ同じ速いスピードで書くことになります。

– カードに画像を書き込んでいる場合でもカメラはほとんど応答性があります- – 以前のソニーのカメラは、カードに書き込むときにほとんどロックされました。 α7RⅢは、ほとんどアクセス可能です。

– ライブビューで10 fps、8fps。
10 fpsで撮影すると、スライドショーの効果が得られます。
ビューファインダーは最後に撮った画像を表示し、動きの後の1/10秒を置きます。
しかし、ライブビューを維持しながら最小限のブラックアウトで8fpsを撮影することができます。

– サイレント撮影 – 8〜10フレームを含む。
カメラにポーズをつけていない人々を控えめに撮りたいですか?
顔検出、静かな撮影、8 fps …腰だめで連続撮影、あなたは素晴らしい素直なスナップ写真をたくさん撮れます。(またはストリート写真撮影など)。

– ブルートゥース経由のGPS位置タグ付け- – 簡単にあなたの携帯電話とセットアップし、その後、うまく動作します。

– カスタマイズ — D850のようなカメラは箱から出してより良いです。
ほとんどのボタンとメニューに大変センスがあります。
ソニーはカスタマイズに、はるかにオープンに許可しています。
数時間かけてボタン、FNメニュー、新しい「myMenu」をカスタマイズすれば、はるかに優れたカメラになります。
デフォルトのメニューは面倒で扱いにくいです。
しかし、一度カスタマイズすれば、あなたは素晴らしいレイアウトを持つことができます。

ソニーのレンズラインナップについて一言 –
しかしCanonとNikonよりも多少コストがかかります。
ほとんどのレンズの品質は一流です。
価格以外に10mmから200mmの間で撮影すると、本当に不平を言うことはありません。
超望遠撮影の場合、ソニーのラインナップはいくぶん限られています。

だから私のレビューは輝いています…
しかし、それはカメラにいくつかのネガティブがないと言っているわけではありません。ネガティブのほとんどは非常に小さなものです。

だから、特にD850のようなカメラに比べて、

ネガティブは:
– 両方のメモリカードを削除するのは難しい。
削除機能に入ると、選択した再生カードからの削除だけです。
2枚目のカードから削除するには、より多くのメニューオプションを選択し、選択したカードを変更する必要があります。

– 内蔵のインターバルメーターはありません。
あなたは微速度写真に安価な外部インターバルメーターを購入することができますが、実際に組み込む必要があります。

– 無損失圧縮オプションはありません。
ニコンは、RAWファイルの処理に関する豊富なオプションを提供しています。
ソニー圧縮または非圧縮だけを提供します。
圧縮されていないファイルは、ほとんどの用途では大きすぎます。
私は圧縮したものを支持します – 状況の99%で、あなたはイメージの品質を失うことはありません。
しかし、無損失の圧縮オプションがあれば良いでしょう。

– “スターイーター”の問題 – これはインターネット上で書かれたものです。
基本的には、天体を撮るとき…星が非常に小さい(1ピクセル)とき、カメラはそれらをホットピクセルと間違えて削除します。
1000個の星を見る代わりに、写真では950個しか見ることができません。私にとっては、なんの問題もない。
専門のアストロ写真家の場合は、問題になる可能性があります。

もう頭に浮かんできません、私は他の注目すべきネガティブを考えることはできません。カメラは本当に良いです。

素晴らしい瞳AFのために、これがあなたが買うことができる最高のポートレートカメラだと思う。
素晴らしい瞳AFとサイレント撮影とライブビューを組み合わせることで、あなたが購入できる最高のイベント/ウェディングカメラです。

画質、高解像度、ピクセルシフト – これは傑出した風景写真のカメラになります。
私はこれが風景写真カメラD850よりも優れているとは言えませんが、そこにはあります。

カメラのサイズを気にする人にとって、α7RⅢはまだ小さくありません。
しかし、比較で言えば、これはあなたに「大きさと重さ」の目立った量を減らすることができます。
最高の画質で一般的な使用でカメラを使いたい方には、α7RⅢをお勧めします。 2017-12-07 


 全く素晴らしい

素晴らしい、全く素晴らしい、キャノンから3年前にスイッチしました、決して振り返りません。
これ以上を望みません。
私のα7RⅡを欲しい方は知らせてください。
アドビがソニーの技術に追いつくのを待っています。 2017-12-06


 失望したカメラ

「Imaging Edge software(ソフト)」が正しく動作しません。
「ピクセルシフト機能」が正しく動作しません、結果としてノイズが追加されるだけです。 2017-12-06


 これを読んで涙を流さないで、すごいです。

言葉だけでは言い尽くせません!!
私はソニーのファンではありません。何年間もキヤノンのユーザーだったし、ニコンもその前使ってにいました。

センサーだけで入場料(ソニーへの移動)の価値があります。
以前に、このレベルのディテールを見たことがありません。
私はCanon 5Dを所有していました。

EVF(電子ビューファインダー)は本当に目からうろこです。
そして、あなたが以前に一度も使ったことのないなら、私はありません、これは 露出が分かる(数字等でなく映像で確認できる)だけではなく、信じられないほど明るく、はっきりしています。
郵便切手サイズで有機ELTVを見ると想像してください。
それは信じられないほどです。

はい、メニューは少し楽になるかもしれませんが、あまりにも多くのカスタマイズとたくさんの選択肢があり、ページが多いです。

それは安いわけではありませんが、ニコンとキヤノンの破局へのさらなる一歩です。

そして、私のレビューが「購入の確認済み」ではないことを心配しているならば(レビューを読む時よくありことです)、他のお店で購入しました、今年アマゾンから、だいたい90種類のものしか買っていませんでした(注:結構amazonから購入していると言う意味?)。 2017-12-06

注:このレビューはamazon.comでの購入ではないので、レビューに「購入の確認済み」の文字が入っていません、そのためこの説明になったのでしょう 


 信じられないほど!!!

元のα7からアップグレード、このカメラは信じられないほどです。
大き目なグリップで、ほんの少し大きくなり、素晴らしい写真を撮ることができます。
見られるディテールのレベルは注目に値します。 2017-12-05


 メニューのあと、これ以上のカメラはありません

私の想像を大きく超えて感動した。
私は7RⅡを所有していましたが、小さな修正がどれほど強大なものになるか考えていませんでした!
それはまったく完璧です(あなたがメニューを理解した後で) 2017-12-05


 これはα7Ⅱでなされるべきもの

キャノンはその栄冠に就いていて、α7RⅡが利用可能になった直後に、私はCanonの5Dシリーズから2015年にSonyにスイッチしました。
ソニーは優れたダイナミックレンジと優れた電子ビューファインダーを備えていましたが、α7R Ⅱには低消費電力のバッテリー、安っぽいコントロールボタン、本当にひどいメニューシステムがありました。
α7RⅡ(α7Ⅲ?)は、前のエディションで間違っていたものや欠けているものをほとんどすべて修正します。

アルファ7RⅢは、レーザーマンのマルチツール( 缶切り、ナイフなど付いたサバイバルツール)やスイスのナイフのようなものです。
静止画や動画を撮影するにしても、その機能を最大限に活用するのは大変ほど多くが出来ます。
直接の競合製品(Nikon D850、Pentax K-1、Canon 5D Mark IV)と同様に、優れた画像、取り扱いにおいて大きな柔軟性、低照度、アクション、および広いダイナミックレンジを提供します。
どんな人が使用する可能性があるよりも多くのカスタマイズオプションがあります。
これらの驚くべき「フルフレーム」カメラの間に「正しい」選択肢はありません。好きなのを選んでください。

最高の比較は、ソニーの前身であるα7RⅡとの比較です。

The Good:
7R IIの2倍以上の容量を持つバッテリ(ただし、一般的なフルフレームDSLRよりも若干低い)
鮮明で満足のいくコントロールとフォーカススポットを動かすためのジョイスティック(α7RⅡにはない)
アルファ9から移転された、はるかに合理的なメニューシステム 
フォーカスポイントを設定するためのタッチスクリーン(メニュー選択ではなく、フォーカスポイントのみ)
コンピューターへのデータ転送を高速化するUSB​​ 3.0およびUSB-Cポート
UHS-IIメモリーカードのサポートより速い内部読取りおよび書込み時間
高速処理および10ショット/秒のバースト速度をサポートするためのより大きなバッファー
リモート制御およびGPSデータ用のスマートフォンへのBluetooth接続
追加のカスタマイズ可能なボタンおよびカスタムメモリー設定

サクサクしたコントロールと改善されたメニューは、これらの機能に簡単にアクセスできるようにし、より良い慣れた撮影を実現します。

私の希望のリストにもなかった新しい機能があります:
センサは、1ピクセルの幅で左上、右上、下にシフトし、最大のシャープネスのために結合する4つの画像を生成できます。
これは、静止画シーン(風景や建築ショット)の三脚でのみ有効です。
しかしそれは適切な機能で、私は風景/建築の写真家です。

私はスチル写真家ですので、このカメラのビデオ機能は興味の対象ではありませんが、ビデオオプションのリストに基づいて、ビデオ作家の夢が実現するはずです。
ソニーが何十年にもわたってビデオカメラの経験を持っていることを考えると、理にかなっています。
今や、3回目の試行では、静止画機能が追いついています。

それほど良くない:
まだソニー独特の荒削りなところがいくつかあります。
(1)カメラをスマートフォンに接続するには、複数のステップが必要で、カメラと電話機の間で前後に反転する必要があります。
Wi-FiはBluetoothより複雑ではありませんが、命令は断片化して混乱します。オンラインヘルプガイドは謎めいており、複数のエントリを見る必要があります。
たとえソニーがセキュリティを維持するためのプロセスに苦しんでいても、一連の指示がすぐに利用できる単一の場所が必要です。
(2)印刷されたマニュアルにすべてのメニューオプションがリストされていますが、説明は簡潔です。
特定の状況に使用する設定については、マニュアルまたはオンラインヘルプガイドにはアドバイスはありません。
スポーツや家族のポートレートや風景のためにカメラを設定する方法がまだ分かっていない場合は、ガイドのマニュアルからどのように学ぶことはありません。
(3)「お気に入り」メニューでは、最も頻繁に使用するメニュー機能を選択できますが、すべてのメニュー項目を追加することはできません。

いくつかの機能が欠けている:
(1)メニュー選択を可能にする完全機能のタッチパッド
(2)ダウンロード可能なアプリケーションをサポートしないSonyの奇妙な決定のために失われたダウンロード可能な機能の中にある電子NDフィルタ。

このカメラを購入する場合は、マニュアルやオンラインのヘルプガイド(ソニーのサポートWebサイトからダウンロード可能)を1時間以上過ごしてください。
マニュアルやヘルプガイドを読んで、このような複雑なツールをカスタマイズすることは、それを最大限に活用するための鍵です。 2017-12-02


 素晴らしい

最初の印象…..ちくしょー、これは速いです。
数週間後に更新レビューを行います。 2017-12-02


 ついに完璧なカメラを手に入れました。私はLレンズのすべてを売って…

私はついに完璧なカメラを手に入れました。
昨年すべてのLレンズを売って、ソニーに移りました。
私は、α7RIIの正直なレビューで、私や多くの人がα7RIIに持った、多くの不満のため(キャノンに)戻ることに決めた、と投稿しました。
しばらくして、5DマークIVが出たら、再びそれを買いそれを保ち続けると決めました。
私は顧客の話を聞かないCanonの革新の無さに疲れました。
何千ドルもの費用のマイクロフォーカス調整レンズに疲れました。
私は昨年、100mm STFレンズを除いたソニー1.4単焦点とGマスター単焦点とズームレンズにすべて投資しました。
スポーツ用α6500も購入しました。これらの2台のカメラは私の写真の必要性をきれいにカバーしました。

今、私はα7RIIIを持っています。
私はすべての付加機能および正確な技術仕様に入ることはありません。
これを読んでいるほとんどの人が、すでに多くの詳細なビデオレビューの少なくとも1つを見ていると仮定します。
ほとんどのα7RIIユーザーが知りたいことは、私が知りたかったことなので記載します。
1.フォーカススピード – 太陽が暮れるか、屋内に入るとき、もはや神経質になったり、失望したりしません。
一般的にフォーカススピードは非常に速く、より信頼性があります。
しかし、私にとっては低照度の改善です。これだけで、ほとんどアップグレードする価値がありました。
2.バッテリーの寿命 – ただカメラをオンにするだけでバーを失うように見えるために、2~3時間おきに私のカメラバッグの別のバッテリーを手探りすることはありません。
バッテリーの寿命は、もっと良いと言わないまでもCanikon(キャノンとニコン)と変わりません。私にとってはアップグレードを保証するもう1つの機能です。
3.より明るく、より高解像度のEVFにより、手動でのフォーカスが楽しくなります。かなりな違い。
4.ジョイスティックは大歓迎です。それと他のボタンやダイヤルは、はるかに洗練され、プロフェッショナル(より良い言葉がないため)な感触を味わえます。
5.グリップサイズのごくわずかな増加は大きな違いを生み出します。
このカメラはちょうど良い感じです。
6.バッファ速度とプロセッサ速度の一般的な上昇は非常に顕著であり、歓迎です。
7.デュアルカードスロットは、スロット1がいっぱいになった場合に使用するスロット2を指定できるのことは素晴らしいです。私好みの使用
8.カスタマイズ可能なマイメニューを持っていることも、とても有難いです。
私が掘り下げて探そうとするメニュー項目の大部分は、今や、ボタンを押すまで。

****私にとって大きなこと。
これと私のα6500との間にFPSのフレーム差が2フレームしかないため、もはやバッグには2台のカメラが必要なくなりました。
α7RIIとα6500の両方を販売できることは、アップグレードのためのほとんどのお金を払ってくれます。
1台のカメラで解決することが、どれほどうれしいかわからない。
私のスポーツショットの多くは低照度のジムです。
α6500にはアンチフリッカーはありません。
α7RIIIは今やアンチフリッカーを持っていて、α6500マイナス2フレーム/秒よりも、状況的なスポーツ撮影の方が実際には優れています。私にとって大きな勝利です。
APS-C対フルフレームの被写界深度と知覚距離について議論する人もいます。
私は、レンズの選択と私のフレームにもっと注意してこれらの違いに適応するのが簡単だと思います。
今日、α7RIIIを屋内のバスケットボールの試合に使用し、まったく問題はありませんでした。
それは完璧に実行されました。α6500なしで変わりありません。

聞いたと思いますが、SonyはPlay Memoriesアプリケーションを削除しました。
この省略は、おそらく私と他の多くの人々は最大の不満です。
インターメーターを持ち歩くことは迷惑です。まったく意味をなさない。私はこの事ためにカメラに警鐘を鳴らしません。
警鐘はソニーに向けて。
ここでは、ソニーがファームウェアのアップグレードを取り戻すことを期待しています。
物の性質上、私はこれを大した心配なしに処理することができます。

憎しみよりも愛がある一方の、α7RIIの深刻な不満の多くに、頭を悩ますことはもうありません。
私はそのカメラ(α7RII)との愛情/憎しみの関係を持っていました。
しかし、私は憎むよりもはるかに多くの愛があったと言います。
それは間違いなく先駆的なカメラの足元を揺るがしていました。
自分自身や他の多くの人々がソニーのビジョンを信じて、次期モデルが少なくともそのほとんどを正すと信じていました。
私はすべてOKだと、あえて言います。
今は私のα7RIIIと「すべて大好き」の関係です。
このカメラは私の印象的な短焦点レンズとGMレンズの安定したものと相まって、カメラ涅槃(完成した境地)にさせます。
私は今まで人生で自分のニーズに合った完璧なキットを持っている気がしてたことは、ありません。
これが初めてです。
ソニーありがとう。これは私にとって大きな引き合いです。たとえあなたが値上げをしていても。;-)

***改善された手ブレ補正が知覚できる差を作っているとは考えにくいですが、離れて撮影するときには、私のRIIとRIIIの間に明確な違いがあります。
これは私の長い距離でのテストのすべてで一貫しています。
喜んでいますが、私はRⅡが平均以下のセンサーを持っていたのか、手ブレ補正がダメージを受けていたのかと不思議に思っています。
この焦点範囲では、レンズ自体の手ブレ補正がほとんどのはずです。
だから私は何を言いたいのか分からない。
これは、1.4倍テレコンバーターを装着した100-400 GMで撮りました。私は月が速く進むのでピクセルシフトを使いませんでした。 2017-12-02


 α7Rからの大幅グレードアップ

元のα7Rから大幅にアップグレード。
より速く、よりスマートなAF、より長い電池寿命、より明瞭で速いEVF。これはオリジナルよりも大きいですが、それをより快適に保持できることは良い交換条件です。
これは、クロップセンサーの他のブランドに比べてサイズがまだ小さいです。 2017-12-01


 

α7R III: 機能説明ビデオ【ソニー公式】

 

α7R III: ピクセルシフトマルチ撮影説明ビデオ【ソニー公式】

 

 

ソニー商品詳細ページ

有効約4240万画素の高解像、 最高約10コマ/秒高速連写、高速・高精度AF デジタル一眼カメラ
α7RⅢ(ILCE-7RM3)
ソニーストア価格:369,880円+税
α7RⅢ(ILCE-7RM3)商品詳細情報

 

 

対応アクセサリー


リチャージブルバッテリー『NP-FZ100』

ソフトキャリングケース『LCS-BBK』
image12
α7RⅢ対応の『その他のアクセサリー

 

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「ILCE-7RM3」には現在「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。

 

 

ソニーストアではこんなサービスも扱っています

新サービス「αあんしんプログラム」とは?
デジタル一眼カメラ“α”、レンズをお持ちの方にに「あんしん・快適な」ソニーストア限定のサービスです。
ご入会すると、「レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額」など、特典が受けられます。
さまざまなサービスを用意されていて、より安心・快適なカメラライフをサポートしてくれます。

 

ソニーショールーム、ソニーストア直営店舗で体験できます

「α7RⅢ」はソニーショールーム、ソニーストア直営店舗にて展示、販売中です。

展示中!
当店 サンエイのショップコード [2174001]を伝えて
「α7RⅢ」を実際に体験してください。※購入もできます。 体験できる店舗情報

 

 

関連情報

α7、α7R FAQ集小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答...  小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答 35mmフルサイズ"Exmor"CMOSセンサーを採用。ソニー独自の最先端プロセス技術で圧倒的な高解像度と高感度、低ノイズを実現しました。 「α7R」と「α7」の違いはなに? 今回それぞれのモデルのターゲットユー...
「すべて解消」ソニー2017年4月27日にフルサイズミラーレス一眼カメラボディ 『α9』 ILCE-...  2017年4月21日 プレスリリース 高い信頼性・操作性を求めるスポーツや報道のプロフェッショナルの使用を想定した一眼カメラ プレスリリースはこちら ソニー「デジタル一眼カメラα9」のページ ソニーのミラーレスシューターが待っていたスピードを実現する『アルファ9』 ミラーレスデジタルカ...
「余分の2ストップがあるので..」「カモン!ソニー!」α7Sm2(α7s2)のレビュー...   圧倒的な高感度・広いダイナミックレンジ、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正 ソニーデジタル一眼カメラ α7SⅡ ボディ ILCE-7SM2 高感度・広いダイナミックレンジを実現、4K動画記録、5軸ボディ内手ブレ補正も備えた35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ  ...
「明らかに痛い所を..」、「これ以上のフルサイズは..」α7RⅡ(ILCE-7RM2)のレビュー... 人気のILCE-7Rm2のレビュー 本体前面 本体後面 本体上面/側面 本体底面     海外のみなさんのα7RⅡの評価(ILCE-7RM2,α7R2 みんなの レビュー) 2017年12月19日現在 ...
Aマウントフラグシップモデルα99Ⅱ(ILCA-99M2)のすべてが分かる...   スピードと解像度を追求したAマウントフラッグシップ一眼 ソニーは、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」(ドイツ・ケルン)に先立ち、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(ILCA-99...
「マウントアダプターでAFのスピードが変わるの?」α7RⅡの疑問にお答えします... α7RⅡ(ILCE-RM2)のQ&A デジタル一眼カメラ「ILCE-7RM2」通称”α7RⅡ”の疑問にお答えします。 1)ソニーの正式の呼称は?  「アルファセブン アール マークツー」になります 2)α7RⅡはプロ用ですか?  いいえ、α7Rの後継機でα7S的な要素...
人気の一眼カメラα(アルファ)のレビュー集...   人気の一眼カメラのレビューを集めました フルサイズ Aマウント デジタル一眼カメラ ⇒α99Ⅱのレビュー フルサイズ一眼カメラ(Aマウント) α99Ⅱボディ Aマウントフラッグシップ ハイブリッド位相差検出AFシステム ソニ...
α5100はα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの良いところを合わせた新型一眼カ...  α5100コンパクトミラーレスは一言で言えばα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの2つの良いところを合わせた新型一眼カメラだと思います。 α5100は自画像を取るために180度を反転さ3 "LCDとともに、A6000などのオンチップ位相検出と同じ24.3MPセンサー &...
「軽く、小さい–しかし、それが唯一の…」α7Ⅱ(ILCE-7m2)のレビュー...  デジタル一眼カメラ α7 IIのレビュー さまざまなレンズで手ブレを補正する、世界初(*)フルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ 海外のみなさんのレビュー 2016年12月13日現在 このページのレビューです  使えない 失望し...
Pocket

https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/image16-1.jpg?fit=300%2C300https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/image16-1.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpデジタル一眼カメラ今週のおすすめα7,一眼カメラ高解像4240万画素、最高10コマ/秒連写、高速・高精度AFを約657gアルファ7RⅢ   特長         海外のみなさんのレビュー 2018年5月21日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  素晴らしいカメラ、液晶画面のキズを気にしないなら 全体的に、あらゆる点で素晴らしいカメラ、耐久性を除いて。 私は非常にバックモニターに不満です、それは 'それを見るだけで'傷がついてしまいます。 だから私は最初の1週間ほどで傷がついたと信じています、首の周りのカメラストラップを使ってカメラはジャケットに対し当てていただけです。 これは私が持っている他のすべてのデバイス(GPS、スマホ、タブレット、オリンパスカメラなど)がすべて傷がつきにくい非常に耐久性のあるスクリーンを使用していることを考慮すると私がこのような高価なカメラで期待していたものではなかった。 背面のLCDを使用している場合は非常に目立ちます。 言い換えれば、5年以上使った以前のカメラ(オリンパスEM5)より2週間でこのカメラで「磨耗」が増えています。 私はスクリーンプロテクターを手に入れました。これが問題であると見つけた他の人のウェブでの検索を行うこともできます。 カメラとして使うには、それを叩くことはできません。 風景写真の場合、それは本当に革命的です。 私が気づいたこと: (1)センサーはとても良いです。HDRモードさえ不要です。 (2)高ISOでさえ、影領域でさえもほとんどノイズがありません。画像をひどく裁断し、問題なく大きなサイズで印刷します(通常は17x22以上で印刷します)。 2018-05-16  これが気に入った 3年間 良い初心者用だったAPS-Cセンサーのニコンをを使用した後の最初のソニーのカメラです。 このカメラは速くて本当にシャープの画像です。 私は主に車の写真撮影を行います、止まている走っているに関係なく、カメラはそれをすべて処理できます。 ビデオ撮影も撮影し、低照度で素晴らしいです。 私は間違いなく他のソニーのカメラも、もう一度買うでしょう。 2018-05-16  5つ星 たとえ この価格でも素晴らしい、支払う価値がある。 2018-05-14  ニコンからソニーにジャンプ このカメラのすべてがニコンより良い 2018-05-08  5つ星   2018-05-06  非常にお気に入りのソニー 無条件にこのカメラが好き。 推奨します。 2018-05-03   また、ボディと通信するソニーのフラッシュの... ソニーα7RⅢは素晴らしいミラーレス一眼カメラです。 私はHasselblad、Rollei、Nikon、Mamiya、Cannonを持っていました。このソニーα7RⅢは逸品です。 これは、ニコンとキヤノンが作るフルサイズのボートアンカー(大きく重い?)よりも小さいのが便利です。 メニューは難しいですが、論理的にセットアップされている。 結果として得られる写真は42MPで非常に印象的です。 また、ボディと通信するソニーのフラッシュのいずれかをお勧めします。 私はF45RMを選択し、それ以上幸福になりえませんでした。 FEレンズ(特にGレンズ)は驚異的で、今やかなり幅広い選択肢があります。 一度あなたはソニーα7RⅢに参加すれば、あなたが振り返ることはないと思います。強くお勧めするカメラ。 2018-05-03  シンプルに同クラス最高のミラーレスカメラです シンプルに同クラスの最高のミラーレスカメラです。 超解像度、優れた光学式手ブレ補正、先駆的なリストが続きます。 ソニーの24-70mm Gマスターf2.8ズーム&ソニー - ツァイスTA 55mmプライム、ソニーの90mmマクロと組み合わせて あなたのセットは行く。 何、テレズームがない? あなたはそれらの素晴らしく しかし重い70-200mmに大金を払うことが出来ます、または 70〜200mmの超大型レンズではなく、70-200レンズよりもはるかに安いITSレンズを搭載したソニーRX10Mark4を買うことができます! あなた次第です。 2018-04-28  これまでに所有していた最高のカメラです これは私がこれまでに所有していた最高のカメラです。 私は何年もソニーのミラーレスカメラを使ってきました。 このフルフレームカメラは、私の以前の2台のカメラよりもやや大きめですが、機能と解像度がほんの少し重くし、少し大きめのキャリングケースを使用する必要があります。 バッテリーはより大きく、容量もはるかに大きいので、写真を撮ったり撮ったりするときにバッテリー切れの危険性が少なくなります。 まだスペアバッテリーを手に入れるのは良い考えです。 (注:他のSonyカメラの小さな電池はこのユニットに適合しません)。 2018-04-21  素晴らしいカメラ これとGレンズかGMレンズをセットすると最高です! 2018-04-07  RAWファイルについて教えてください これは美しく うまく作られた製品、小さな驚異、パワフルですが、ソニー製のレンズFE 24-105で写真を撮って、Windows 10で写真をチェックするたびに、JPGファイルは完璧です、しかしRAWファイル見みると少し歪んだり、ピントがずれる? これは普通ですか? また、Lightroomで もう一度RAWファイルを開くと完璧なのです。 この件で誰か私を助けることができますか? 2018-03-31  5つ星 素晴らしい! 非常に良い品質で販売元は非常に応答性があります! 2018-03-30  フルフレームの天国! 何と言えばいいだろう? このカメラが大好き!写真が大好きで、リタイヤしていますので、私はこの芸術品を学び、楽しむためにさらなる時間があります。 このカメラの長所と短所を詳述したレビューがたくさんあります....なので別のものであなたを退屈させません。 たくさんのリサーチを行い、非常に役立つウェブサイトをいくつか見つけました。 1つは、適合したCanonレンズ(私は信頼できる5DMark IIとたくさんのLレンズを持っています)のための瞳 AFをfstoppers.comにテストするものとcolbybrownphotography.comであなたのカメラを設定するための提案を提供するものです。 唯一の欠点は、私が所有したいSonyレンズ(GM)のコストです。 2018-03-30  最高 このカメラは、写真家の夢です。 私はしばらくの間にα7Rシリーズのカメラを手に入れたいと思っていましたが、これがリリースされたときに現金を放棄しなければなりませんでした。 まず最初に、これは皆がミラーレスで思うほどは小さくありません。 確かに私のCanon APS-C よりも大きいです。 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします

新着情報


2018年5月21日
NEW! 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3冠を達成

2018年5月18日
NEW! 新しいリスニングスタイルを提案するヘッドセット2モデルを発売

2018年5月16日
NEW! 「Wow!素晴らしいサウンド」ソニー SRS-XB3 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年5月12日
「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)

2018年5月9日
「このサウンドバーは本物です」HT-Z9Fのレビュー(評価)

2018年5月8日
「これなら良いんじゃないか?」バーチャルサラウンド技術で天井環境に依存せず立体的なサラウンド音場を、別売の専用リアスピーカーも

2018年5月8日
新型4Kブラビア全14機種「AIアシスタントサービスに対応予定」リモコンに話しかけ録画番組、インターネット動画、ニュースなどを確認

2018年4月25日
「今まで聞いたことのない最高の最高の」ソニー SRS-XB41 ポータブルワイヤレス ブルートゥース スピーカーのレビュー(評価)

2018年4月24日
海辺でも使える高い耐久性と重低音を実現したEXTRA BASS™シリーズワイヤレススピーカー発売

2018年4月24日
4K Ultra HD ブルーレイ再生対応のブルーレイディスク™レコーダー6機種