Pocket


ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。スマートノイキャンワイヤレス

 

WF-1000Xの特長

業界最先端のノイズ キャンセリング

コードレスと、業界をリードするノイズキャンセリングでノイズからもケーブルからも解き放たれます。

アダプティブサウンドコントロールによるスマートなリスニング

空港を旅している、混んでいる通りを歩いている、静かな場所にいるなど、自分の活動を自動的に検出します。

アンビエント・サウンド・モード

ソニーでアンビエントサウンドを調整する| ヘッドフォンアプリを接続して、移動中でもリッスンしているときでも、交通や告知などの重要な音を聞くことができます。

ヘッドフォンAndroid / iOS用のアプリを接続してサウンド設定を制御する

スマート自動設定でスマートリスニングを使用するにはAndroidまたはiOSアプリをダウンロードし、周囲のサウンド設定を制御し、イコライザでサウンドレベルを調整します。

真のワイヤレスデザイン

コンパクトでシンプルなデザイン。あなたの音楽に、邪魔なケーブルなしで。

装着性と固定される仕組み

人間工学に基づいた耳掛けは、ヘッドフォンを適切な位置に保ち、内部アンテナとフィッティングは、信号を一定のストリーミングで強く保ちます。

小さくても完璧にクリア

ヘッドホン内蔵の6mmのドライバーが澄んだ音を出力します。

急速充電で9時間のバッテリー寿命

充電可能なキャリングケースで最大9時間のバッテリー寿命をお楽しみください。15分の急速充電で3時間の音楽再生、75分のリスニング可能です。

 

バッテリー内蔵ハードキャリングケース

バッテリーの寿命を心配する必要はありません。携帯用ケースにヘッドフォンを置き、外出先で充電してください。

 

「WF-1000X」の海外のみなさんのレビュー

このページのレビューの翻訳です
レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます


 全てが素晴らしいですが。唯一…

私はすべてのヘッドフォンを試しました、これは素晴らしいです。
サウンドとノイズキャンセル機能が好きです。これはボースとエアポッドを破りました。
本当に大きさと素晴らしい音に感銘を受けました。アプリはOKです。私はカスタムEQの能力があったらと思います。プリセットはダメです。
接続は安定しています。
唯一の欠点。大きな挫折です。
バッテリーは3時間で宣伝されます。1.5~2時間もてば幸運です。
たぶん私は悪いのに当たったのでしょう。それを返品することを考えて、超安定接続とバッテリー寿命のためエアポッドに戻ってみましょう。
しかし、これらのソニーのサウンドはすばらしく、ノイズキャンセルは素晴らしいです! 2017-10-29


 これは素晴らしいです!

私はこれが大好きです、サウンドは素晴らしい!
音ははっきりとしていて、ペアにするのはとても簡単です。
ノイズキャンセリングは機能し、非常に多くをブロックしますが、小さなものであればすべてをブロックするとは期待しないでください。
また、安定した接続を優先させる機能が大好きです!
音質に優先順位を付けるとすばらしいことですが、時には、干渉が大きすぎることもあります。
その場合、ただ、スマホに近づけ、安定した接続にしてください。
それは、まだサウンドが素晴らしく機能的で、私のテストでは、機能は完璧に動作します!
私は安定した接続で切断したことはありませんでした。
これはとてもカッコよく見えます、チャージャーは他のものほど小さくはありませんが、決して大きなものではありません。
全体的に、素晴らしい音質、ノイズキャンセリング、安定した接続が、私がこれらのヘッドホンに惚れてしまった原因です。 2017-10-29


 ソニーは軌道に乗っている、ほとんど其処にある。

私はこれらのレビューを入力しているので、私はこれらのイヤホンを身に着けている、私は何を言えるだろう?
私はトップメーカーのすべてのイヤホンを試しました。ここではポジティブ、ネガティブ&将来どのような機能を欲しいかを考察します。

長所:
1 – このサイズで、本当に素晴らしい音を生成します。実際にすべての楽器を聞くことができます(これは本当に私に驚きの要因を与えました)。これまのところ、ソフトロック、ポップ、ダンス、ジャズ、そしてラテンを聞きました。

2.私は、電池が完全に無くなるまで身に着けていました。音量によっては約3〜3.5時間です。
私はまったく気にしていないと言わなければならない。私は現在、最初から着いていた来た耳のイヤーピースを使用しています他のサイズを試していません、これは手袋のようにピッタリ収まります。私は他のイヤホンを試し1〜2時間後に耳がかゆくなったり、不快感を感じたことを考慮してください

3 – 無条件にに充電ケースが好き、柔らかい金属のいくつかの種類のような高品質を感じます。
ソニーは本当にここで素晴らしい仕事をしました。イヤホンがクリップ(磁気ではない)に座っていると、イヤホンが充電中であることを示す赤いインジケータが表示されます。
充電ケースカバーを開くには、ポップアップしてから、きちんと傾けて戻す必要があります。
充電ケースは約1〜1.5時間でイヤホンを完全に充電することができます。

これらのイヤフォンはノイズキャンセレーション技術を持っています。これは非常にうまく動作していると言わざるを得ませんが、この小さなガジェットにはこれらの技術がすべて揃っていることを覚えておいてください。
音楽は中程度のレベルで演奏しているので、ここでは何もしません。
実際に有名なコーヒーショップに座っていて、80年代のクラシックロックを聞いていて、私の周りには何も聞こえません。

5 – 電話の呼び出し音はクリアです、これまで相手側の方達から苦情を受けていません。

短所-

1-私はこれらのイヤホンを毎日聞いていて約3日間持っていました。
公平に接続が断たれてしまったと言わねばなりません。私は何もしていません。
自分の地元の喫茶店、自宅のオフィス、店との間を歩いて歩いています。
1時間でおそらく2回の切断がありましたが、非常に迅速に再接続します。
何らかの理由で、左イヤホンが右イヤホンから切断されます。

2 – 電池の寿命は充電あたり約3〜3.5時間です。

3 – Sonyはここで私を驚かせました。なぜマイクロUSBを使い続けるのですか?
私は数ヶ月でMKllをリリースすると思います。

4 – これでビデオを見ることを考えないでください、遅延は3〜4秒というひどさです。
カモンソニー!本当に、2017年に??? あなたは楽々修正することができるはず。

mkⅡについて語ります、次のバージョンの希望リスト

1-バッテリ寿命の延長&バッテリ寿命の詳細「バッテリの高、中または低」の音声プロンプトは正確ではないため、残量をパーセンテージのようにする必要があります。
2-耐水
3-信頼性の高い接続
4-ビデオ同期の補正
5- USB C

これまでのところ、私はこのイヤホンを楽しんでいますが、2時間ほどここに座っていて接続を失っていません。
私の電池は中程度です、数値があれば分かるのに。
このサイズなので超快適で、あなたは音楽のディテールに感謝するでしょう。
音楽を聴くのを楽しむだけで4つ星を受け取り、ノイズキャンセルは非常に良いです。

あなたがこれらを買うなら、健康に楽しんでください。 2017-10-29


 使えません。左と右の耳の間の接続が失われます。

サウンドは常に、時にはほぼ毎秒 左と右の耳の間で中断します。
数分後、私はそれを箱に戻し、Samsung IconXのためにそれを返品しました。 2017-10-29


 それらはOKですが、多くは言いません…

私はBluetoothヘッドフォン/イヤフォンが未来の波であることを知っています、特に、アップルが電話機のプラグレセプタクルを引っ張ってAirPodを持ち出したからです。ソニープレミアムノイズキャンセルトゥルーワイヤレスヘッドフォン – ブラック(WF1000X / B) 、一歩後退している。

私が気づいた最初のことは、イヤホンだけだったとき、ソニーが「ヘッドホン」としてそれらを押し進め続けていたことです。他のイヤホンやヘッドホンと比較したいのは何ですか?数ヶ月前にレビューした以前のBluetoothペアよりも音質がはるかに優れていますが、数週間前にレビューしたヘッドフォンのBluetoothペアと音や機能は似ていません。
音量を調整したり、プレイリストを前後に移動したり、マイクをオン/オフしたりすることができました。
これらのSony WF1000X / Bイヤフォンは、ほぼ10年前にテストしたいくつかの異なるモデルの有線イヤホンと同じくらい良い音質ですらありません。

私がソニーWF1000X / Bと持っている主な問題は、あなたはそれらを調整するためにアプリを通す必要がありことです。
アプリにはさまざまな “イコライザー”の設定がありますが、どれもそれほど変わらないようで、イコライザーの設定を自分で設定することはできません。幸いなことに、その指示は単に「絵」であるので使うために、アプリを持っています。

私がテストした以前のBluetoothイヤホンよりも快適であると感じましたが、たとえそれを設定する方法がたくさんあると思っていたとしても、それは周りにシフトする傾向がありました、もし、あなたがシフトしないように十分にぴったり合うように設定した場合、あなたがあまりにも早く動いたら、それらはしばらくしてから傷つき始めた。

距離に関しては、Bluetoothソースから離れる事が出来ます、Samsung Tab Aの信号が素晴らしく、Sony WF1000X / Bは私の他の “より良い” Bluetooth機器のように4つの壁を通し75フィート離れて受けることができるのが分かりました。

充電池は3時間、場合によってはさらに数分持続し、ケースを使用して15分間で数回充電し、長く旅行した人にはそれを許してくれました。

結論
はるかに良い買い物を私がレビューしたBluetoothヘッドフォンを見つけました、これの半額で、しかも約30時間プレイしました。
だから、私のお勧めは、より高価なソニーのBluetoothイヤホンや低価格のヘッドフォンのいくつかを見ることです、これを取得しないでください。それらはOKですが、それはあまり言いません。
Androidアプリの最初のいくつかの指示の画像の説明とスクリーンショットの写真をアップロードしました。 2017-10-28


 優れたアイデアと機能を備えていますが、(エアポッドに比べて)

私は本当にこれらのヘッドホンを愛していました – ヘッドセットのコントロール機能、アクティブなノイズキャンセル、ヒントの素晴らしい選択など。
残念ながら、エアポッドはまだほとんどすべての部分でそれらを打ち負かしています。
将来的には製品を改善するためのファームウェアの更新が望まれます。私が持っていた最大の問題は次のとおりでした:

– 快適さ:イヤーピースはノイズ分離にぴったり合っていますが、緩んでいると落ちます。
また、本当に揺れて、少し汗をかくとき、音質を失います。
これらは一日中着ることができませんでした – 彼らは間違いなく乗り物での移動やジムだけです。おそらく、バッテリーの寿命が短すぎるため飛行機ではなく、あまりにも飛び出しています。

– 信頼性:デバイスが見えるとろろにない場合は、オーディオが中断するか、切断されます。右の耳は時々完全に失われ、左の耳だけになります。

– ケース:あなたは、イヤホンを強く押し込まなければなりません、上手く入ったように見えて実際には充電していない場合があります。

– アクティブノイズキャンセリング:ソニーやボーズのインイヤーヘッドフォンやイヤホンから期待されるレベルではありません。

私は本当にコンパニオンアプリで利用可能なすべてのカスタマイズが好きでした、しかし!私は自分のエアポッドの設定を微調整できることを願っています。
しかし、大きな変更がなければ、これは私の使用からそれらを置き換えることはないでしょう。 2017-10-28


 第一印象! 更新しました!

ほとんどの人が参照しやすいかもしれないなで、何枚か写真を撮りました。
ノイズキャンセリングであったワイヤレスイヤホンのペアを探していました。
私は耳入れたり耳にかぶせたりするヘッドホンで、1時間か2時間以上着用すれば不快に感じます。
騒音をキャンセルしたい主な理由は、飛行機のためであり、私が乗る飛行機は通常海外であり、これは最善の賭けのように思われるからです。
まだ、あまり試していません。

第一印象。音質はPowerbeats 3よりも良い、もしくはより良いと思われますが、音量は良いです。これはイコライザーがあり、サウンド出力を調整することができるので、アプリはいいです。接続性もかなり簡単でした。

私がこれを購入する前に見なかったことの一つは、防水性と耐性でした。ほとんどのワイヤレスイヤホンを想定していましたが、防水性と防水性はありません。
バッテリーの寿命は約3時間となっていますが、私には少し短いです。

私はこれらをもう少し使った後に更新しますが、今のところ私は製品に満足しています。
私が見つけた唯一の2つの欠点は、耐水性とバッテリ寿命です。
実際にそれが問題になるかどうかを知るために十分に使っていません。

数日間これらを使用した後、今は全体的な印象があります。

音質が良い、残念ながら、移動しながらかなり簡単に接続を失う。わずかな遅れがあるので、ビデオを見ている間に音が正確に一直線にならない。ノイズキャンセリングは大丈夫ですが、私が使った他のヘッドホンに比べて素晴らしいほどではありません。 2017-10-28


 AirPodの素晴らしい代替

AppleのAirPodの見た目が気に入らなければ、これは素晴らしい選択肢だと思います。
典型的な優れたソニーのデザインとパフォーマンス。
音質は良好で、ノイズキャンセルはうまく機能します。
特に、音声などの一部の音がノイズキャンセルを通過する機能があります。
私はまた、長い時間を着用して快適なのが分かりました。
iPhone SEとiPad Mini 4の両方でこれらを使っています。
ペアリングやBluetooth接続に問題はありません。
また、ノイズキャンセルモード、サウンドイコライゼーション、メディア再生などのイヤホン機能を制御できるiOSアプリ(iPhone向けですが、iPadでも動作します)があります。 2017-10-27


 別のソニーの勝者

私はテレビを見ている時、ソニーのワイヤレスヘッドフォンを長年使っています。
私はソニーよりも優れたヘッドフォンを見つけられませんでした。
このワイヤレスヘッドフォンのセットは、ソニーの品質の伝統を引き継いでいます。この最新セットは素晴らしいです。 2017-10-27


 製品の半分しか働かない

私はロンドンヒースロー空港で衝動からこの製品を購入しました。
したがって、私はそれに予備知識を持っていませんでした。
セールスマンは、それはノイズキャンセルを持っていると言い、そのような機能を持つ唯一のものでした。それは本当です。

私は電話通話中に使うために、この製品を購入しました。
問題なのは、左のイヤホンのみが通話中に働いているだけです!
私は効果的に製品の半分しか使用していません。
そして、私はあいまいでニッチな電話を使用していません:私はiPhoneを使用しています。したがって、これらのタイプの製品がすべて正常に機能している市場、すなわち2つのヘッドフォンでは、これは受け入れられません。

残りの機能は正常です。音質は良いですが、電池の寿命は約1.5時間です(ただし、3時間と記載されています)。接続性はやや信頼性があります。また、プロ側では、フィット感/快適さはかなりまともです。

ソニーはこの左右の問題を解決する必要があります。 2017-10-27


 ノイズ キャンセル、安定したブルートゥース接続と羽毛の軽さ傑出したサウンドの再現性

私は、シンプルなソリューションよりもユーティリティ、精度、信頼性が低い最新のものとして宣伝される製品、または未来のウェーブと呼ばれる製品をいつも怪しんでいました。
それは今までのワイヤレスヘッドセットに関する私の考えでした。
メーカーによっては、ヘッドフォンジャックのないハンドセットで問題を強いられているので、問題の選択肢を完全に取り除くことができます。
テザリングワイヤがないことを確実にするためには、移動および移動の携帯性がはるかに大きい。
具体的な選択肢として、バッテリーの寿命が限られていること、小さくて紛失するとか、頻繁に充電する別の装置ことを覚えておくべき、低音の忠実度、暴風雨での排水溝への流出やランニング中に耳から落ちる可能性!
技術進歩に偏見がないので、これらのソニーノイズキャンセリングイヤホンを1週間使用した後は、これがいくつかの注意点を払えば、その中で最高のものだと信じます。
それが到着した高級パッケージの最初の簡単な記載は、もちろんパフォーマンスとは関係ありませんが、それはプレミアムプレゼンテーションであり、細部への注意はソニーがそれらの重要でないものにも多くの考えを見せます。

箱の中には充電ヘッドを兼ねたヘッドフォンの収納ケースがあります。
一部の人は、大きすぎると説明していますが、個人的には、丸みを帯びたコーナーで約7/8 ×11/2× 4 というサイズで完璧なサイズと思います。
簡単に持ち運びできるほど小さく、あなたのバックパックの小さな折り畳みで消えたり、あなたのポケットから気づかれなくなったりするほど小さくはありません。
上部のフリップフロップはヒンジで開き、イヤホンは内側にしっかりと固定されています。
正しくそこに配置されていない場合は、本機の先端が赤く光り、点滅して色が消えます、それはクリックが所定の位置になるまでさらに押し下げる必要があることを示します。
USBコネクタケーブルが付属していて、奇妙なことにマイクロUSBであり、ソニーの最新の携帯電話が採用している新しいUSB-Cではありませんが、ケースの背面に取り付けられます。
イヤホンを取りはずして耳に挿入すると、声があなたに電源が入ったことを話し、バッテリーレベルが高いことがわかります。
本体は小さな甲虫に似ていて、不快で不自然に耳からぶら下がったインプラントかボディーアートのようなApple AirPodsより審美的に楽しい、私の目はより美しく見えます。
パッケージには、機能、安全性、快適性の鍵となる快適なフィット感を実験するために試すことができるさまざまなシリコンインサートが含まれています。
あらかじめ添付されているものは私の耳にぴったりのもので、数時間後でも軽くて快適なフィット感があったことを驚いていました。正直にそこにいるのを忘れていました
Bluetoothの接続はシームレスでNFCを介して簡単です、NFCの設定も簡単に行えます。
各イヤホンはそれぞれの底面に1つのボタンしかありません。左のイヤホンの音を素早く1回押すと、フルノイズキャンセリングモードからアンビエントサウンド(外音取り込み)モードに変わり、声があなたに伝わります。
携帯であれば安全のために声やその他の音を聞くことができます。
もう1回押すと、ノイズキャンセルが解除されます。
それを数秒間保持すると、イヤホンの電源がオフになります。
右のイヤホンにあるボタンを使用すると、通話に応答、そして電話を切ることもできます。
もちろん、主な疑問は音の再生であり、私の耳には、今まで使ったどんなワイヤレスヘッドフォンから聞いたより最高の忠実さでした、ピリオド。
幾人かのオンラインステレオビューアーの意見をサンプリングすると、これらが専門家の見解では最高の品種であると感じていたことを示していました。
音は強制されていない、もしくは重み付けされていない、または過度に歪んでいたり、過度ベース音ではがありませんでした。
私の耳元では、それはちょうど非常にピュアで実物そっくりの、サウンドミキサーの微妙なニュアンスを伝えました。
ノイズキャンセリングは、その性質上、イヤホンが外来ノイズを抑制するのに比べて大幅な違いはありませんでしたが、音楽を再生しなくても、純然たる隔離(密閉による)と静かさの差はありました。
私はいくつかの小さなソフトウェアの煩わしさのために半分の星を差し引くでしょう。
IKEAのようなインストラクションカードは、2つのアプリをダウンロードする必要があることを示しています。
1つはミュージックセンターと呼ばれ、もう1つはヘッドフォンコネクトで、画面アイコンに「ヘッドフォン」として表示されます。
最初に、2番目のアプリがWF-1000Xを特定し、いくつかのオプションを提供しました。
一つは、すべての中で最も非常に重要です。
それはあなたに高い音質の忠実度でより多くの感度の選択肢を与え、もう1つはあなたにもっと安定した接続を与えます。
最初は少しプレミアムサウンドを出すようでしたが、ドロップオフや切り離しの惨事でした。より安定したオプションを選択する必要があります。
問題は、レビューの過程で再ダウンロードした後で、そのアプリはもはや正しく動作しなくなり、既に接続されていてスムーズに動作していたにもかかわらず、接続が失敗したと言っていました。
アプリは最初にいくつかのサウンドオプションも提供していましたが、ほとんど同じ音であることがわかりました。
大きな損失ではありませんでした。ソニーのウェブサイトで何人かの人々が報告した別の迷惑は、右の耳のイヤホンが常に動作するとは限らないということでした。
私もこれに遭遇しましたが、電話のような理由で信号が途切れたときに、右のイヤホンを再開するには、その下側のボタンを1回押す必要があるかもしれません。右のイヤホンは再接続され、シームレスに操作されました。
どのように動作するのか分かっていれば、問題はありません。それ以外の場合は、電話を受けると左のイヤホンにのみ伝わることに注意してください。
これは、一部のユーザーにとっては問題になるかもしれませんが、過去には、ワイヤードイヤホンを使って電話をしたときに、自分の話を聞くことができ、奇妙な音を立てないようにとにかく1本のイヤホンを外していました。
その左のイヤホンを通した音は大きくて鮮明で、電話の人々は皆私の声が強くて自然なものだと言いました。
音量に関しては、イヤホンが音楽を聴きながら十分に多くを届けることがわかりました。
私はめったにボリューム上げませんでした、音量を半分以上上げても快適ではありません。
もう1つの欠点は、Apple AirPodは5時間を誇ります、収容できる大きいサイズのケースで9時間または10時間を提供しますが実際に、充電を必要とする前にイヤホンが3時間のサービスしか提供しないということです。
私のテストでは、再充電するように言われる前に、2時間45分の連続使用できました。
その右のイヤホンボタンを押すと、充電が高、中または低を教えてくれます、充電する必要があるときにも知らせします。
1つの良い点は、ケース自体がイヤホンを2回充電するのに十分な充電量を保持していることです。このケースではわずか15分でイヤホンに75分以上の寿命が与えられること、素晴らしい機能です。
私はこれらがおそらくあなたの居心地と軽さ、卓越したサウンド再生、ノイズキャンセルオプション、素早い充電器を兼ね備えた非常に丈夫なケースなので、瞬時に購入できる耳のイヤホンで最高のワイヤレスだと信じています。
主な短所は、わずか3時間で急速なチャージが必要なことと、そのたくましい価格です。
Bose SoundSportsはもう少しコストがかかりますが、ノイズキャンセル機能はありませんが、サイズと機能は同じです。
私は2つのBoseポータブルスピーカーを持っていてとノイズをキャンセルする耳のイヤホンよりも静かな快適さを持っていて、製品はすばらしいプレミアムなので、SoundSportsはおそらく比較に値するでしょう。
ウェブサイトでは、電話を受けると右のイヤホンのみが作動するようです、詳細は、Sonysと似ています、料金と使用時間もほぼ同じであることを示しています。 2017-10-26


 私は本当はこれに「5つ星」をつけたかった….

タイトルが示唆するように、私は本当にそこに高い評価を与えたいが、私は現実的であり、主観的にそれをレビューする必要があります。
私はすべての有名なブランド名の “本当のワイヤレスイヤホン”を所有しているか、所有していました、そしてといくつかのAmazonの無名ブランドの物を、悪いですか?
まず、これは、使用可能な最高の響きのスマートノイキャンワイヤレスです、明白に。
私は読みやすいようにセクションに分割します。

サウンド – 私が言ったように、最高のサウンド対このカテゴリの全てのもの(これは私のHD1との比較はフェアではない)。
サウンド・シグネチャーはかなり中立で、バスには少しのバンプがあり、そこにはいくつかのサブがあります。
ミッドは存在しニュートラルです。高値は鮮明ではっきりしていますが、過酷なポイントではなく、温かみがあり、うまくロールオフします。
欠点として、ホワイトノイズのような少量のヒスのを持ってます。
もともとANCだと思っていましたが、ANCをオフにしてもそれはまだ存在しています。
私はこれらをIPad Pro 10.5とiPhone 8 Plusに接続していました。AndroidデバイスやPCについては話すことができません。

フィット – これはすべての人に適しているはずです。
3セットのイヤーピースの小/中/大(より堅めのヨガマット材料に近いような)と余分にシリコーンチップの小小/中/大の4セット。
また、中型/大型の2組のフィッティングサポーターM,L(各2)を付属していますが、私は実際にそれらの違いに気づいていませんでした。
それはあなたの耳にかなりよく固定されています。
あなたが周りを何度も移動するときに少し不安を感じますが、それはそのままで、調整する必要はありませんでした。
これは運動のためのものではありませんので、耐水性ではありませんし、2回転や何かばかげたことにするためのものではありません、しかし普通の99.9999%の人には素晴らしいです。

バッテリー – 3時間は広告された時間であり、正確であることがわかりました。
ANCを完全にオフにすると、さらに絞ることができます。あなたがそれを格納するバッテリーケースは6時間の追加チャージのため、すべてが充電されている場合は合計で9時間です。

ANC-これはややこしいことです。アクティブノイズキャンセレーションには2つのモードがあります(モードをオフにすると3つのモードがあります)。
最初はフルですANC(アクティブ ノイズ コントロール)これは典型的なANCです。
機械、エンジン、道路騒音、背景の群衆騒音(レストランやコーヒーハウス)のような低周波数を主に遮断します。
もう1つはアンビエントモードです。これは低い周波数をブロッキングすることで機能しますが、音声やそれに近い騒音は入ります。それは実際には奇妙な感じです。なぜなら耳には何もないように聞こえるからです、伝統的なシーリングイヤホンとは対照的にすべての人が水中で響くようです。
実際にはかなりきれいで、このモードを頻繁に使用します。
もしあなたが店舗にいると周りの人の声が聞こえます、チェックアウトするときに外す必要はありません。
今、それを明確にすると、マイクからのノイズをあなたの耳に伝えて、それを増幅しません、あなたが音楽を本当に大きくするなら、あなたの周りの人の声は聞こえません。私は通常、人と話すときに音楽をミュートします。
オフモードは、耳を塞ぐ他の耳の耳栓のようなものです。
ANCの品質については、それはまったく問題ありません。
BoseやHD1のものほど良くはありませんが、悪くはありません。

接続性 – 私は、右の耳での中断での多くの問題を抱えていないし(左が主です)、デバイスに安定した接続があります。
それはあなたが音楽を開始したり停止したりするときに「ポップ」のようなことをしますが、その理由はわかりません。
私が本当に好きなことの1つは、充電ケースの外に出しても、電源をON/OFF出来る事です。
充電ケースをバッグに入れておき、本機を私のジーンズの5番目のポケットに入れ、使う時に電源を入れるだけ、それを、いつでもケースに戻すことができます。また、充電ケースに出し入れするときに電源もオン/オフします。

だからこの時点で、あなたはおそらくなぜ「3つ星」なのか不思議に思うでしょう?
YouTubeと動画の視聴には5/10〜6/10秒の遅延があります。これは、iPhone 8 PlusまたはiPad Pro 10.5のNetflix Appには存在しませんでした。
なぜなら、遅れを補うことができるからです。
バッテリーが低下するにつれて、わずかなホワイトノイズ効果が悪化します、本当に何故かわからないのですが、私が気づいただけでは、それは大したことではありません。。
私は「4つ星」のレビューの壁にいましたが、かなりの量のYouTubeを見ていて、ほとんどそれほどうまくいきませんでした、特に200ドルで、他の方法では音質はすごく驚くほど素晴らしいのです。これはちょっと悲しい。 2017-10-26


 アップルAirPodsと比較

私はAirPodの所有者であり、当初はSony WF 1000Xを好みましたが、製品にもっと時間を費やした後、私は自分の考えを変えました。

オーディオ:
これはソニーの中で最大の勝利です。ひとたびピッタリの密着の位置が見つかると、このフォームファクターで聞いたことのあるオーディオがはるかに優れて聞こえます。AirPodもとても良い音を出しました-期待したより良い-ソニーと同じくらい密着していませんでした。(これには注意が必要ですが、読んでください)
勝者:Sony 

ノイズキャンセリング :最初は、Sonysのアクティブなノイズキャンセルがかなり良いと思っていました。しかし、それらを使っている内に、今ここで話すANCは非常に少ないと信じています。静音効果は、主に耳の奥に先端を着けることから来ているように思えます。キャンセルよりも隔離(基本的に耳栓として機能します)。

ソニーがMDR-1000Xシリーズでノイズキャンセリングをどのようにうまく処理したかを考えれば、私はもっと期待していました。まるで同社のマーケティング担当者が、他の誰もそれがない市場で、技術者に「ノイズキャンセル」として売れるものを追加することを任せたかのようです。
まあ、基本的にはどれもそれを持っていないので、理由はNCをオン/オフするときの違いはほとんど聞こえないので。

しかし、AirPodはノイズ除去や隔離がないため、周囲の音をより多く聞こえます。
勝者:Sony 

快適さ:
Sonyはゆるく着用してもかなり快適ですが、このように装着すると多くの音質を失います。フォームやシリコンチップを耳に深く埋め込まない限り、最大のノイズキャンセル/隔離効果が得られます。私にはこれがほんの数分後に不快であると感じます。

AirPodは非常に快適で、あなたの耳にぴったりとぶら下がっています。あなたの耳は、Sonyとは違って、 “呼吸する”ことができます。
勝者:AirPods 

ルックス:
ソニーの白いプラスチックストローを使って大胆なファッション・ステートメントを作成しようとしているアップルの試みよりも、ソニーの若干突出した黒い本機が好きです。

ここでのAppleの利点は、同社の象徴的なステータスが、AirPodsのような変わったものをとり、時間の経過とともに「正常」に見えるようにする-純粋な文化的影響を通じて。
勝者:ソニー

バッテリー:
AirPodは1回の充電でもう少し長く続き、そのバッテリーケースではより多くの充電が行われます。しかし、私はソニーの総充電時間が多くの人々にとって問題であるとは見ていません:とにかくあなたの耳が必要とする休憩を取っている限り、それは1日中簡単に持続するはずです。
勝者:AirPods 

バッテリーケース:
AirPodのケースでは、より多くの充電できるだけでなく、ソニーよりもはるかに小さいです。ソニー製のメタルケースは高級感があり、フロントジーンズのポケットにも簡単にフィットします。
勝者:AirPods 

コントロール:
AirPodには、音楽を取り出したときに自動的に一時停止し、戻したときに自動的に再開するという素晴らしい機能があります。カスタマイズできるタッチコントロールもあります。ソニーはそれぞれの本体に1つのボタンを付けるので、少しだけコントロールすることができますが、「魔法」という錯覚は少しありません。
受賞者:引き分け

価格:
160ドルで、AirPodは40ドル安くなります。ソニーWF 1000Xは追加の機能がありますが、快適さの中から選択する(ゆるく装着)と高品質のオーディオとまともなNC(耳の奥に詰める)のどちらかを選択すると、AirPodに軍配が上がるようになります。
勝者:AirPods  2017-10-25


 私の耳にフィットして落ちない、音が素晴らしく、中断や出入りがない、Bluetoothは遠くまで有効、ワイヤーなし!

最後に、私の耳にフィットする、素晴らしい響きの究極のBluetoothイヤホン。
私はこのタイプのイヤフォンのいくつかのブランドを経験しており、過去にはとても失望していました。
本機は素早く充電され、耳にフィットし、音の途切れがなく素晴らしいサウンドです。
また、電話を別の部屋に置いていて、音は家の他の部屋にも伝わります。私が最後に試したイヤフォンは、リビングルームから私の台所に入ることさえできなかった。
本機は私の耳に完全にフィットし、飛び出したり、落ちたり、緩んだりしたりしません。
全く、ワイヤが全然ない、それはとても楽しいです。
これはUSBポートに接続して、本機が充電器の中に収まって充電台で充電出来ます。
約1時間半で充電できるように思います。迅速かつ簡単に自分の携帯電話の Bluetooth に接続し、終わればスグにオフに出来ます。
本機はダウンロードできるアプリ(何をするかわからない)がありますが、私がしたいのは電話を聴くだけなのでアプリなしで接続されています。
私はそのアプリが提供しているものを見るでしょうが、これはアプリなしでも10の評価のうち10で満点です。
私はこれらを強くお勧めします、そして、高価ですが、価値があります。
また、これは小さく、他のもののようにあなたの耳から突き出て奇妙に見えません。 2017-10-25


 良いサウンド、良いバッテリー寿命、良い(素晴らしいではない)ノイズキャンセルと “ボディブロック”。

全体として-良い!もし出来るなら3.5星にします。

a)ランニングまたはエクササイズ: – 2つの大きな理由から、強烈な(汗ばむ)活動には使用しないでください。防水性はなく、携帯電話をポケットに入れておくと、絶えず中断されます。

b)旅行:- 3時間以上の旅行では再充電する必要があるため、その後は格付けが低下します。

c)歩行: – 接続元があなたのポケットにない場合は素晴らしい。携帯電話があなたのポケットの中にある場合、あなたの頭を回すたびに中断されます

d)清掃やプロジェクト作業のような家庭では:あなたの電話が同じフロアに置かれている場合は、30フィート以上の範囲で利用できます。これは本当に素晴らしいことです。ノイズキャンセリングで静かにしたり、周囲の音が聞こえるようにすることができます。

:私はこれらでテストしました。

1)ギャラクシーノート8 
2)ギャラクシーS7エッジ
3)iPhone 6プラス
4)iMac 
5)サムスンスピン9

ペアリングが容易でした。彼らはNFCとペアリングすることができますが、私はそれを試しませんでした。
標準的なBluetooth設定は簡単で、癖はありませんでした。最初は、iMacに問題があり、耳障りな音がしましたが、すぐにんなくなり、2度としませんでした。

彼らは、Android、iPhone、およびPCの両方でうまく動作します。あなたの携帯電話にイコライザ機能がある場合は、音が平均よりも優れています。それは3つのモードがあります:

a)アンビエントサウンド:周囲の音が強調され、聞こえるようになります。(これは、iPhoneやAndroid用の「Sony Headphones App」を使用してさらに詳細に管理することができます)
b)デジタルノイズキャンセレーション:ホワイトノイズは電子的にミュートされます。
c)オフ

左イヤホンには1つのボタンのみで、モードの変更、電源オン/オフ、ペアリングのセットを行います。
右のイヤホンには、同じ場所に曲のスキップするだけでなく、停止、再生を制御するのボタンがあります。
それは、耳からイヤピースを外すことなく簡単に操作できます。

最初は、これらは快適に思えましたが、最小の耳の先端のオプションさえも、数時間後には少し不快でした。
どれか私の耳の形状の適合するならわかります。それは7つが付属しています。1組はより厚く硬いS、MとLのより厚いセット、第2組は薄く軽いS、M、またはLでより軽い、より薄い先端である(片方の耳につき2組)。

充電ケースは望むよりも少し大きいですが、それが含まれており、完全に2回、合計9時間、イヤホンを充電します。
私はそれより少し少なくなっています – 約8〜8.5時間ですが、音量を高くしてサウンド機能をたくさん使っています。
ケースを開けたときにバランスわるく、ひっくり返ります。ケースの外装は金属です。それは内部のイヤホン決定的に影響するために二重のヒンジ式です。外部メーターはありません。イヤホンは充電時に赤く点灯し、充電すると消灯します。ケースには、充電中であることを示す小さな赤色のライトがあります。充電されても消えます。イヤピースは軽く「スナップイン」され、ケースの蓋でしっかりと保持されます。

ボリュームは100%接続されたデバイスによって制御されます。イヤホン自体には音量コントロールはありません。

場合によっては、ボリュームによっては十分ではないものもあります。
音量が数値的に測定した場合、8は良好な音量、かなり高い音量、9は「大音量」、10は「ちょっとした大きすぎる」であり、これらは最大で8.5である( 理にかなっていると思います!)。

イヤホンの中には、ユニットが耳に入っていると鳴り外すと再生を止めるものもあります(例:Samsung iconX)。
これはこれを感知することができませんが、私には問題ではありません。

電話はまったくOKです。ある人は聞くのが少し難しいと不平を言います。
あなたは、音が左の耳から出てくることを知っている必要があります、そして、私はそれを変える方法がないことを知っています。

アプリは残念です。バッテリーの詳細な読み込みと詳細な周囲ノイズ機能の管理は続けますが、提供されているイコライザーの設定が嫌いです。それは私はすべてひどいと思った。
幸いなことに、私の通常使う電話機(ノート8)には、イコライザーツールが内蔵されています。あなたの選択もしくは、あなたは活動のタイプか、あなたがいる状況に基づくデバイスの選択をする「Adaptive Sound Control」という機能があります。

別のサイトでは、あなたの身体が信号をブロックする「ボディーブロッキング」についての苦情を見ました。
私は頭を左右に回して歩いている間のみこれを体験しています。頭を多かれ少なかれ続けた場合、それは問題ではありませんでした。
私はそれをGear Fit 2 Proに接続してみました。ボディのブロッキングの問題が止まりましたが、ボリュームを制御する方法はわかりませんでした。

汗や雨のためではありません。エクササイズや、 “雨に歌えば”はしないでください!

頭を回すときあなたのポケットの中であなたの携帯電話で歩いている間の中断、アプリケーションのイコライザー、わずかな平凡なノイズキャンセル、独立した充電レベルのインジケーター、およびわずかな不快感のため「星1つ」減らしました。 2017-10-24


 

 

 

充電方法

充電ケースを電源コンセントにつなぐ

付属のマイクロUSBケーブルとUSB  ACアダプターを使用します。
本機を充電ケースにセットする

①②の順番でセットします。
充電ケースを充電しているときは、本機と同時に充電します。
満充電に要する時間
本体L側/R側:約1.5時間
充電ケース:約3時間
外出先で本機を充電する
充電ケースには充電式電池が内蔵されていますので約2回分の充電が可能です。

電源オン/オフ

電源をオンにする
充電ケースから取りはずすと自動的に電源オンになり、青いランプが点滅します

充電ケースにセットすると自動的に電源がオフになり本機のランプが点灯し充電を開始します
本機のボタンを押してオンにする
充電ケースから取り外しているときは、本機のボタン操作で電源をオンにできます

L側のボタンとR側のボタンを青ランプが点滅するまで押し続けます(約2秒)
電源オフにするにはL側のボタンを青ランプが点滅するまで押し続けると(約2秒) R側も連動して電源が切れます。

ブルートゥース機器登録(ペアリング)モードにする

本機を充電ケースにセットする
①②の順番でセットします。
本機L/Rが充電ケースにロックされていることを確認してください 。
L側を充電ケースから取り外し、電源をオンにする
R側は取り外さないでください。
L側の電源が自動的にオンになります。青ランプの点滅を確認してください。

L側のボタンを、青と赤のランプが交互に点滅するまで押し続ける(約7秒)
本機がペアリングモードになります。

音楽を聴く

接続機器で音楽を聴く
対応するブルートゥースプロファイル:A2DP、AVRCP

フッティングサポーターを耳のくぼみにこていします。下図のように、本機を斜めに耳に当ててから、前方を持ち上げて、はめ込みます

R側のボタンを押して操作する

再生/一時停止:短く1回押します
次の曲の頭出し:短く2回押します
前(または再生中)の曲の頭出し:短く3回押す

音量を調節する
音量調節は接続機器側で行ってください。ききによっては 調節できないことがあります。その場合はスマートホン用アプリSony|Music Centerをインストールし、アプリ上で音量調節してください。


通話をする

対応するBLUETOOTHプロファイル:HSP、HFP
本機は全指向性マイクを搭載しています。マイクの位置を意識せずに通話ができます。
 L側/R側のどちらのボタンを押しても操作できます。着信音や通話音声はL側から聞こえます。

電話をかける
スマートフォンや携帯電話から発信します

電話を受ける
本機から着信音が聞こえたら、ボタンを押します。電話がつながります。
着信音や通話音声はL側から聞こえます。

電話を切る
ボタンをもう一度押します。

音量を調節する
音量調節は接続機器側で行ってください。機器によっては音量を調節できないことがあります。その場合はスマートホン用アプリSony|Music Centerをインストールし、アプリ上で音量調節してください。


ノイズキャンセリング機能を使う

本機の電源を入れると、必ずノイズキャンセリング機能がオンになります。

ノイズキャンセリング機能をオフにするには
L側のボタンをくり返し押して、ノイズキャンセリング機能をオフにします。

ボタンを押すたびに次のように切り替わります。切替わったことを4知らせる音声ガイダンスがL側から聞こえます。


周囲の音を聞く

音楽再生中に常に周囲の音を聞きたいときは—外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)

本機の左右に内蔵されているマイクにより周囲の音を聞き取りやすくし、周囲の音を確認しながらの音楽を楽しむことができます。

ノイズキャンセリング機能がオンの状態で、L側のボタンを押す

外音取りこみ機能(アンビエントサウンドモードになります)

外音取りこみ機能(アンビエントサウンドモード)の設定を変更するには

Sony|Headphone Connectをインストールしたスマートホンと本機をブルートゥース接続して、外音取り込み機能の設定を変更できます。

外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)を解除するには

L側のボタンをくりかえし押して、ノイズキャンセリング機能をオフかオンにします。

ボタンを押すたびに次のように切り替わります。切り替わったことを知らせる音声ガイダンスがL側から聞こえます。

 

ソニー商品詳細ページ

WF-1000Xノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。スマートノイキャンワイヤレス
WF-1000X
ソニーストア価格:24,880円+税
(2017年10月10日現在)
『WF-1000X』商品詳細情報

 

My Sony ID 登録すれば直後にWelcomeクーポンがもらえます!

新規ID登録時に、ソニーストアの定期クーポンを「希望する」に設定すると、登録完了後すぐに「Welcomeクーポン」として、定期クーポンと同じ内容をプレゼントされます。
新規登録後すぐにソニーストアをご利用になる場合でも、クーポンを使ってお得に購入できます。
なお、Welcomeクーポンの有効期間終了後は、6カ月ごとに定期クーポンが届きます。

 

ソニーストアなら長期保証が無償で付きます!

「WF-1000X」には現在「3年ベーシック保証」が付いています。
メーカー保証(1年間)と同等の内容で「プラス2年」での3年間保証です。
また、追加料金がかかりますが「3年ワイド保証」「5年ベーシック保証」「5年ワイド保証」などもあります。
※すでにソニーID登録済み会員で以前の購入金額により「5年ベーシック保証」「3年ワイド保証」などが無償になる方もあります。

 

選べるヘッドホン&スピーカーキャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間中にウォークマン®NW-ZX300/A40シリーズと対象のヘッドホンもしくはスピーカーを購入して申し込むと、5,000円をキャッシュバックがあります。
詳細はこちら

 

下取りサービスを使っておトクに買い替え!

ご不用になったヘッドホンなどの、下取り金額をアップ中です!
期間:2018年1月12日(金)10時00分まで
詳細はこちら

 

 

Pocket

https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/image4-1.jpg?fit=600%2C350https://i0.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/image4-1.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpヘッドフォンヘッドホンノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。スマートノイキャンワイヤレス   WF-1000Xの特長   「WF-1000X」の海外のみなさんのレビュー このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)  全てが素晴らしいですが。唯一... 私はすべてのヘッドフォンを試しました、これは素晴らしいです。 サウンドとノイズキャンセル機能が好きです。これはボースとエアポッドを破りました。 本当に大きさと素晴らしい音に感銘を受けました。アプリはOKです。私はカスタムEQの能力があったらと思います。プリセットはダメです。 接続は安定しています。 唯一の欠点。大きな挫折です。 バッテリーは3時間で宣伝されます。1.5~2時間もてば幸運です。 たぶん私は悪いのに当たったのでしょう。それを返品することを考えて、超安定接続とバッテリー寿命のためエアポッドに戻ってみましょう。 しかし、これらのソニーのサウンドはすばらしく、ノイズキャンセルは素晴らしいです! 2017-10-29  これは素晴らしいです! 私はこれが大好きです、サウンドは素晴らしい! 音ははっきりとしていて、ペアにするのはとても簡単です。 ノイズキャンセリングは機能し、非常に多くをブロックしますが、小さなものであればすべてをブロックするとは期待しないでください。 また、安定した接続を優先させる機能が大好きです! 音質に優先順位を付けるとすばらしいことですが、時には、干渉が大きすぎることもあります。 その場合、ただ、スマホに近づけ、安定した接続にしてください。 それは、まだサウンドが素晴らしく機能的で、私のテストでは、機能は完璧に動作します! 私は安定した接続で切断したことはありませんでした。 これはとてもカッコよく見えます、チャージャーは他のものほど小さくはありませんが、決して大きなものではありません。 全体的に、素晴らしい音質、ノイズキャンセリング、安定した接続が、私がこれらのヘッドホンに惚れてしまった原因です。 2017-10-29  ソニーは軌道に乗っている、ほとんど其処にある。 私はこれらのレビューを入力しているので、私はこれらのイヤホンを身に着けている、私は何を言えるだろう? 私はトップメーカーのすべてのイヤホンを試しました。ここではポジティブ、ネガティブ&将来どのような機能を欲しいかを考察します。 長所: 1 - このサイズで、本当に素晴らしい音を生成します。実際にすべての楽器を聞くことができます(これは本当に私に驚きの要因を与えました)。これまのところ、ソフトロック、ポップ、ダンス、ジャズ、そしてラテンを聞きました。 2.私は、電池が完全に無くなるまで身に着けていました。音量によっては約3〜3.5時間です。 私はまったく気にしていないと言わなければならない。私は現在、最初から着いていた来た耳のイヤーピースを使用しています他のサイズを試していません、これは手袋のようにピッタリ収まります。私は他のイヤホンを試し1〜2時間後に耳がかゆくなったり、不快感を感じたことを考慮してください 3 - 無条件にに充電ケースが好き、柔らかい金属のいくつかの種類のような高品質を感じます。 ソニーは本当にここで素晴らしい仕事をしました。イヤホンがクリップ(磁気ではない)に座っていると、イヤホンが充電中であることを示す赤いインジケータが表示されます。 充電ケースカバーを開くには、ポップアップしてから、きちんと傾けて戻す必要があります。 充電ケースは約1〜1.5時間でイヤホンを完全に充電することができます。 これらのイヤフォンはノイズキャンセレーション技術を持っています。これは非常にうまく動作していると言わざるを得ませんが、この小さなガジェットにはこれらの技術がすべて揃っていることを覚えておいてください。 音楽は中程度のレベルで演奏しているので、ここでは何もしません。 実際に有名なコーヒーショップに座っていて、80年代のクラシックロックを聞いていて、私の周りには何も聞こえません。 5 - 電話の呼び出し音はクリアです、これまで相手側の方達から苦情を受けていません。 短所- 1-私はこれらのイヤホンを毎日聞いていて約3日間持っていました。 公平に接続が断たれてしまったと言わねばなりません。私は何もしていません。 自分の地元の喫茶店、自宅のオフィス、店との間を歩いて歩いています。 1時間でおそらく2回の切断がありましたが、非常に迅速に再接続します。 何らかの理由で、左イヤホンが右イヤホンから切断されます。 2 - 電池の寿命は充電あたり約3〜3.5時間です。 3 - Sonyはここで私を驚かせました。なぜマイクロUSBを使い続けるのですか? 私は数ヶ月でMKllをリリースすると思います。 4 - これでビデオを見ることを考えないでください、遅延は3〜4秒というひどさです。 カモンソニー!本当に、2017年に??? あなたは楽々修正することができるはず。 mkⅡについて語ります、次のバージョンの希望リスト 1-バッテリ寿命の延長&バッテリ寿命の詳細「バッテリの高、中または低」の音声プロンプトは正確ではないため、残量をパーセンテージのようにする必要があります。 2-耐水 3-信頼性の高い接続 4-ビデオ同期の補正 ...大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします