Pocket

ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売します。

『VPL-VW745』は、レーザー光源システムZ-Phosphorを搭載しながら、従来のレーザー搭載モデルより約40%※3小型化を実現したモデルです。『VPL-VW245』は、お求めやすい価格ながら4K HDRの映像美を存分に楽しめるモデルです。

商品名 型名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格
4K HDR ホームシアタープロジェクター 『VPL-VW745』 ブラック 12月9日 1,700,000円 + 税
『VPL-VW245』 ブラック、プレミアムホワイト 10月21日 550,000円 + 税

プレスリリースはこちら

 

 

関連情報

「素晴らしいサウンド&簡単なセットアップ」サウンドバー HT-X9000Fの海外のレビュー(評価)... ブラビア「X9000F」シリーズとスペシャルマッチング。 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。 前後左右を中心...
ホームシアターHT-CT370/IV300/XT1/BDV-N1Bに関するQ&A... ホームシアターのQ&Aを集めました。 Q A各モデルのターゲットユーザーは?◆『HT-CT370』(サウンドバーモデル)・設置しやすいバータイプを望むシアターエントリーユーザー・スマホやPC、タブレットPCの音楽をBluetoothを使ってリビングで手軽に再生したいユーザー◆『HT-XT1』(台座タ...
「小さな部屋で適正です」サウンドバー『HT-S200F』のレビュー手軽さは優先したいが、音にこだわり... こんなサンドバーが欲しかった コンパクトなボディにサブウーファーを内蔵。これ1本で臨場感豊かな音を楽しめるサウンドバー   海外のみなさんのレビュー 2018年10月10日現在 このページのレビューの翻訳です レビューは随時、追加されます(新しい順に表示されます)...
「ほとんど弱点なしで3Dサウンド」サウンドバーHT-ST5000のレビュー(評価)... 「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(TM)」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド『HT-ST5000』 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X™」に新たに対応し、リアルな3次元の立体音響を実現...
「ワイヤレス、これなら簡単に設置できる」5.1chホームシアター4Kにも対応... 『HT-RT5』あらゆる音をリアルサラウンドで楽しめるワイヤレス5.1chシステム(10月中旬発売予定)付属品:ワイヤレスリモコン(RMT-AH111J)、光デジタル音声コード(1.5m)、音場測定用マイク×1、AVマウス×1、単4形乾電池×2、壁掛けブラケット×2、ネジ×2このホームシアターは本...
ホームシアターシステム HT-XT1 の商品紹介... テレビ周りをすっきり整理でき、HDMI接続でテレビとの連動操作も可能なテレビ台座タイプ テレビの下に設置できるボードタイプ。省スペースで手軽に使えるシアターシステムです。強度の高い木製ボディにサブウーファーも内蔵し、シンプルなワンボディにまとめました。テレビとの接続はHDMIケーブル一本。テレビのリ...
“大画面”の新しい提案。省スペースで4K大画面投写が可能な超短焦点4K HDRプロジェクター誕生... 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター 4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター 『VPL-VZ1000』 メーカー希望小売価格:2,200,000円 + 税 発売日:4月22日 ソニーは壁際の至近距離から100インチ、最大120インチの4K HDR映像を投写し、迫力あ...
「HT-RT5の特長って何?」疑問点にお答えします。... HT-RT5の特長って何? 本機はバーチャルではなく、バースピーカー1台、リアスピーカー2台、サブウーファー1台で構成されたリアルの5.1chシステムです。 スピーカーケーブルの配線が不要なワイヤレス接続を採用することで、それぞれの電源を確保すれば、視聴環境にあわせて手軽に自由な設置が可能...
4Kの高解像度で、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した高画質4K HDRホームシアタープロジェ... 商品名 型名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 4K HDRホームシアター プロジェクター 『VPL-VW855』 ブラック 11月17日 3,000,000円+税 『VPL-VW555』 ブラック、プレミアムホワイト 10月20日 ...
このブラビアには、どのサウンドバー/ホームシアターがおすすめ?... テレビの音が生まれ変わり、テレビ生活が一層楽しくなります。一般的には映画を見る法が使用するイメージがありますが、ソニーのホームシアターシステムあ映画の音を良くするだけではありません。 Buuetooth対応でスマホの音楽も高音質で再生でき、音楽再生器として使えます。この商品一つで様々な高音...
Pocket

https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/09/image17.jpg?fit=570%2C200https://i2.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/09/image17.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpプロジェクターホームシアタープロジェクター,ホームシアターソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR∗対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネル※1を搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品2機種を発売します。 『VPL-VW745』は、レーザー光源システムZ-Phosphor™を搭載しながら、従来のレーザー搭載モデルより約40%※3小型化を実現したモデルです。『VPL-VW245』は、お求めやすい価格ながら4K HDRの映像美を存分に楽しめるモデルです。 商品名 型名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 4K HDR ホームシアタープロジェクター 『VPL-VW745』 ブラック 12月9日 1,700,000円 + 税 『VPL-VW245』 ブラック、プレミアムホワイト 10月21日 550,000円 + 税 プレスリリースはこちら    大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします