Pocket

失敗せずに花火を撮る

thema_15_01 [1]
焦点距離:28mm(35mm判換算) / F値:14 / シャッター速度:23秒

花火のシーズンがいよいよやってきました。いつも失敗する花火の撮影なんて難しくてムリ・・・と思っていませんか? 実は、花火は手順通りにやりさえすれば簡単に撮れてしまうのです。写真に撮った花火は、目で見たよりも鮮やかで繊細!花火撮影にチャレンジしてみましょう。

 

用意するもの

カメラ・レンズの他に、花火撮影では三脚が必需品です。また、リモコンがあればよりキレイな写真を撮ることができます。予備のバッテリーもあったほうがおすすめです。雨具やシート、虫よけも必需品。夏場は水分補給も大切です。 youi

おすすめズームレンズ

img_01_01 [1]  img_01_02 [1]
⇒ソニーストアで価格を見る    ⇒ソニーストアで価格を見る

 

 

img_07 [1]

まずカメラの設定をしよう

花火を撮影するときは、通常の被写体とはちょっと違う設定をする必要があります。

暗い会場であわてて設定するのではなく、できれば明るいうちに設定を終えておきましょう。事前に一度練習しておけば、安心ですね。

 

 

 

img_08 [1]M(マニュアル)、BULB(バルブ)に設定

撮影モードをM(マニュアル)に変えたうえで、シャッター速度をBULB(バルブ)に設定します。BULBに設定すると、シャッターボタンを押している間中シャッターが開きっぱなしになり、ボタンを戻すとシャッターが閉じます。何秒でも自由にシャッターを開くことができるので、打ち上がってから花火が開くまでを写し取ることが出来るのです。

 

 

img_09 [1]絞り値はF11〜F16

絞り値(F値)はF11ぐらいが基本ですが、花火の明るさに合わせて、F11〜F16ぐらいの間で絞りを変えてみましょう。

 

 

 

img_10 [1]長秒時ノイズリダクションはOFF

数秒間シャッターを開いたままにする花火の撮影では、ノイズリダクション処理に時間がかかります。処理中はシャッターが押せないため、花火の撮影でこれを「入」にしておくと、次々と打ち上がる花火を撮り逃がしてしまいます。そのため、花火の撮影の際には長秒時ノイズリダクションを「切」にします。

 

 

img_12 [1]ピントはマニュアルフォーカス

暗い夜空の場合、オートフォーカスではピントがほとんど合わないため、MF(マニュアルフォーカス) にしてピント合わせをします。ピントを合わせる場所を夜空にすると合わせにくいので、花火が上がる付近の建物などを目標にしてピント合わせをします。

※「ピーキング機能」を使ってさらに正確にピント合わせをすることもできます。

 

 

リモコンを使う

三脚にカメラを固定していても、BULB(バルブ)撮影では、シャッターボタンを押し続けて戻す際に、カメラブレを起こすことがあります。そこで、カメラに触れずにシャッターが切れるリモートコマンダーを使うと、カメラのシャッターボタンを押しっぱなしにすることがなく、ブレが軽減されます。リモコンを使うには、撮影前に、コントロールホイールの左側のドライブキーを押して、「リモコン」に設定します。

R1

リモートコマンダー
RMT-DSLR2
ストア価格:2743円+税(送料無料)2014年8月2日現在
⇒ソニーストアで在庫を見る

 

R2

リモートコマンダー
RM-VPR1
ストア価格:5886円+税(送料無料)2014年8月2日現在
⇒ソニーストアで在庫を見る

 

いざ!撮影

img_20 [1]
撮影場所は決まりましたか? 三脚にカメラをセットして始まるのを待ちます。空が暗くなって最初の花火が打ち上がったら、いよいよ撮影開始。胸が高鳴る瞬間です!

 

構図を決めて三脚を立てる

img_15 [1]
手持ちでテスト撮影をしてみて、大まかに構図を決めたら、三脚にカメラを固定します。三脚のネジをしっかり締めること、三脚の脚を3本とも完全に開くことが大切です。撮影のときはカメラが上向きになっているため、液晶画面が可動する一眼カメラなら、とても楽に撮影に集中することができます。

 

ワンポイント! 広角か望遠か・・・構図を工夫してみましょう

img_16 [1] img_17 [1]
広角なら周囲の夜景も一緒に写ります。中望遠で撮影。花火の迫力が出てきました。

img_18 [1] img_19 [1]
もっと望遠で迫ってみました。    水面への写り込みに注目して撮ってみました。

img_20 [1]
ひとつの画面に、2つの花火を入れる構図です。

 

「ドン!」という発射音でシャッターボタンを押す

花火が開いてからシャッターボタンを押すと、花火の中心の爆発点や打ち上げの軌跡が写りません。打ち上げの軌跡から撮ると、花火が花と茎のようにキレイに写ります。軌跡から写すには、ドンという発射音と同時にシャッターボタンを押すのがコツです。
H-1
2時間の

 

シャッターを開いているのは4秒〜10秒ぐらい

花火が上がったら、リモコン側のシャッターボタンを1回押してください。それでシャッターが開きます。数秒後花火が消えたところで、もう1回同じボタンを押すとカメラのシャッターが閉じます。どれだけの時間シャッターを開いているかは自由ですが、4秒から長くて10秒程度できれいに写せます。あまり長くシャッターを開いていると露出オーバーになるので注意しましょう。
※適切なシャッター速度は、花火の大きさや花火との距離で変わってきます。撮影しながら調整してみてください。

4時間

3時間

 

動画で復習しましょう 

【オススメ動画】デジタル一眼カメラαで写真撮影を楽しむ・・・花火大会の彩りを撮る

関連情報

α5100はα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの良いところを合わせた新型一眼カ...  α5100コンパクトミラーレスは一言で言えばα6000のフォーカス性能とNEX-5のコンパクトサイズの2つの良いところを合わせた新型一眼カメラだと思います。 α5100は自画像を取るために180度を反転さ3 "LCDとともに、A6000などのオンチップ位相検出と同じ24.3MPセンサー &...
Aマウントフラグシップモデルα99Ⅱ(ILCA-99M2)のすべてが分かる...   スピードと解像度を追求したAマウントフラッグシップ一眼 ソニーは、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」(ドイツ・ケルン)に先立ち、9月19日に欧米市場に向けて発表したレンズ交換式デジタル一眼カメラα™ Aマウント最上位機種『α99 II』(...
ホームネットワークを設定する【設定方法】サーバー製品を設定する... ホームネットワークを設定する【設定方法】サーバー製品を設定する ブルーレイディスクレコーダーをお使いの場合 サーバー製品の設定を行い、プレーヤー製品からサーバー製品にアクセスできるように設定します。設定方法については、下記の手順をご覧ください。 ※ここでは例として、BDZ-AT950Wの画面を...
皆既月食を一眼カメラで記録しよう ソニーのα!... 皆既月食の移り変わりをαで記録しよう! 10月8日(水)の18:00過ぎから徐々に月が欠けてきて、19:54頃に月は完全に太陽の影に入り込みます!皆既食中の月の色は黒ではなく「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。ぜひこの月食の変化をαで撮影してみましょう! 皆既食の拡大 ...
「これの後に決して他のカメラを望みません」フォトグラファーの要求に応えるカメラ α77Ⅱ... フォトグラファーの要求に応えるカメラ α77Ⅱ 79点位相差AFセンサー(15点クロス)を搭載し、新AFアルゴリズムを採用することで優れたAFの精度と追従性能を実現した、有効約2430万画素 大型APS-Cイメージセンサー搭載のレンズ交換式デジタル一眼カメラ『α77 II』。 野鳥や鉄道...
「NW-ZX2」本体ソフトウェア アップデート方法(Ver 1.01)... 「NW-ZX2」本体ソフトウェア アップデート方法(Ver 1.01) 当ページでは最新バージョン(Ver 1.01)のアップデート方法を説明します。(アップデート内容の確認はこちら) Wi-Fi経由によるアップデート、「Media Go」によるアップデート、「x-アプリ」によるアップデ...
「α9」カメラグランプリ2018対象受賞記念プレゼントキャンペーン... 日本一のカメラ”の称号『α9』カメラグランプリ大賞受賞記念 α9カメラグランプリ受賞を記念して、 α7シリーズ第3世代を対象としたユーザープレミアムプレずんとキャンペーンが実施されます。   プレゼント内容 ①ステッカー  ・カメラボディ(α9) 線図 ・カメラロゴ(α...
「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞することで、『α9』は世界有数の写真・映像関連の賞における3... ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』 「カメラグランプリ2018 大賞」を受賞 『α9』(2017年5月発売)は、世界的に権威のある「TIPAアワード2018」のベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイスピード(BEST MIRRORLESS CSC PRO...
ソニールームリンクの使用方法 ソニーショップ店員の「そうだったのか!」: ホームネットワーク設定 ブルーレイディスクレコーダーで広がるネットワークの楽しみ方を紹介します ソニーのルームリンク対応ブルーレコーダーが1台あればほかの部屋にある複数のブラビアからでも使えるようになると言う「おいしい機能」です ...
α7、α7R FAQ集小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答...  小型フルサイズ一眼カメラ”α7”、”α7A”に関するソニーの回答 35mmフルサイズ"Exmor"CMOSセンサーを採用。ソニー独自の最先端プロセス技術で圧倒的な高解像度と高感度、低ノイズを実現しました。 「α7R」と「α7」の違いはなに? 今回それぞれのモデルのターゲットユー...
Pocket

デジタル一眼での花火大会の撮り方https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/thema_15_011.jpg?fit=560%2C373https://i1.wp.com/www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2014/08/thema_15_011.jpg?resize=70%2C70konishi@sanei.ne.jpHOW TOデジタル一眼カメラHOW TO,一眼カメラ,講座失敗せずに花火を撮る 焦点距離:28mm(35mm判換算) / F値:14 / シャッター速度:23秒 花火のシーズンがいよいよやってきました。いつも失敗する花火の撮影なんて難しくてムリ・・・と思っていませんか? 実は、花火は手順通りにやりさえすれば簡単に撮れてしまうのです。写真に撮った花火は、目で見たよりも鮮やかで繊細!花火撮影にチャレンジしてみましょう。   用意するもの カメラ・レンズの他に、花火撮影では三脚が必需品です。また、リモコンがあればよりキレイな写真を撮ることができます。予備のバッテリーもあったほうがおすすめです。雨具やシート、虫よけも必需品。夏場は水分補給も大切です。  おすすめズームレンズ    ⇒ソニーストアで価格を見る    ⇒ソニーストアで価格を見る     まずカメラの設定をしよう 花火を撮影するときは、通常の被写体とはちょっと違う設定をする必要があります。 暗い会場であわてて設定するのではなく、できれば明るいうちに設定を終えておきましょう。事前に一度練習しておけば、安心ですね。       M(マニュアル)、BULB(バルブ)に設定 撮影モードをM(マニュアル)に変えたうえで、シャッター速度をBULB(バルブ)に設定します。BULBに設定すると、シャッターボタンを押している間中シャッターが開きっぱなしになり、ボタンを戻すとシャッターが閉じます。何秒でも自由にシャッターを開くことができるので、打ち上がってから花火が開くまでを写し取ることが出来るのです。     絞り値はF11〜F16 絞り値(F値)はF11ぐらいが基本ですが、花火の明るさに合わせて、F11〜F16ぐらいの間で絞りを変えてみましょう。       長秒時ノイズリダクションはOFF 数秒間シャッターを開いたままにする花火の撮影では、ノイズリダクション処理に時間がかかります。処理中はシャッターが押せないため、花火の撮影でこれを「入」にしておくと、次々と打ち上がる花火を撮り逃がしてしまいます。そのため、花火の撮影の際には長秒時ノイズリダクションを「切」にします。     ピントはマニュアルフォーカス 暗い夜空の場合、オートフォーカスではピントがほとんど合わないため、MF(マニュアルフォーカス) にしてピント合わせをします。ピントを合わせる場所を夜空にすると合わせにくいので、花火が上がる付近の建物などを目標にしてピント合わせをします。 ※「ピーキング機能」を使ってさらに正確にピント合わせをすることもできます。     リモコンを使う 三脚にカメラを固定していても、BULB(バルブ)撮影では、シャッターボタンを押し続けて戻す際に、カメラブレを起こすことがあります。そこで、カメラに触れずにシャッターが切れるリモートコマンダーを使うと、カメラのシャッターボタンを押しっぱなしにすることがなく、ブレが軽減されます。リモコンを使うには、撮影前に、コントロールホイールの左側のドライブキーを押して、「リモコン」に設定します。 リモートコマンダー RMT-DSLR2 ストア価格:2743円+税(送料無料)2014年8月2日現在 ⇒ソニーストアで在庫を見る   リモートコマンダー RM-VPR1 ストア価格:5886円+税(送料無料)2014年8月2日現在 ⇒ソニーストアで在庫を見る   いざ!撮影 撮影場所は決まりましたか? 三脚にカメラをセットして始まるのを待ちます。空が暗くなって最初の花火が打ち上がったら、いよいよ撮影開始。胸が高鳴る瞬間です!   構図を決めて三脚を立てる 手持ちでテスト撮影をしてみて、大まかに構図を決めたら、三脚にカメラを固定します。三脚のネジをしっかり締めること、三脚の脚を3本とも完全に開くことが大切です。撮影のときはカメラが上向きになっているため、液晶画面が可動する一眼カメラなら、とても楽に撮影に集中することができます。   ワンポイント! 広角か望遠か・・・構図を工夫してみましょう   広角なら周囲の夜景も一緒に写ります。中望遠で撮影。花火の迫力が出てきました。   もっと望遠で迫ってみました。    水面への写り込みに注目して撮ってみました。 ひとつの画面に、2つの花火を入れる構図です。   「ドン!」という発射音でシャッターボタンを押す 花火が開いてからシャッターボタンを押すと、花火の中心の爆発点や打ち上げの軌跡が写りません。打ち上げの軌跡から撮ると、花火が花と茎のようにキレイに写ります。軌跡から写すには、ドンという発射音と同時にシャッターボタンを押すのがコツです。   シャッターを開いているのは4秒〜10秒ぐらい 花火が上がったら、リモコン側のシャッターボタンを1回押してください。それでシャッターが開きます。数秒後花火が消えたところで、もう1回同じボタンを押すとカメラのシャッターが閉じます。どれだけの時間シャッターを開いているかは自由ですが、4秒から長くて10秒程度できれいに写せます。あまり長くシャッターを開いていると露出オーバーになるので注意しましょう。 ※適切なシャッター速度は、花火の大きさや花火との距離で変わってきます。撮影しながら調整してみてください。   動画で復習しましょう  【オススメ動画】デジタル一眼カメラαで写真撮影を楽しむ・・・花火大会の彩りを撮る大阪サンエイは直販ストアの買い物をサポートします